1820年代まで王室厩舎があったこの地を1830年から50年かけて改築して造られたのがトラファルガー広場。1843年以来、6mのネルソン提督の像(6m)が44mに及ぶ花崗岩の円柱から広場を見下ろしている。台座にはフランス軍の大砲を溶かした銅板のレリーフが埋め込まれていて、主に1805年10月21日のトラファルガーの海戦が描かれている。(参考文献:望遠郷〔同朋舎出版〕)



■ 16:30-18:00 ナショナルギャラリー、ナショナルポートレートギャラリー
ナショナルポートレートギャラリーでは、教科書などでおなじみの歴代国王や女王などの肖像画を見ることができる。
訪れたとき、ちょうど1クラスの小学生が見学に来ていて、肖像画を模写していた。よくあることらしく、ギャラリーの館員が子供達に紙を配り、皆、床に座り込んで絵を描いていた。一人、とても上手な子がいたのが記憶に残っている。(←ナショナルポートレートギャラリーは22日に訪れた)

■手帳には 「18:03 Ponti's ピカデリーサーカス」とだけ書かれている。
ネットで調べたら、イタリアンレストランらしい。食べたものも感想も書いていないのは、既に食べることに興味を失っていたらしい。

■ Piccadilly Circus -(地下鉄)→ Russel Sq. (£1.30)
■ 19:00 ホテル着
帰り道、食料品店でビール(£0.79)、オレンジ(£0.25)、ポテトチップス(£0.89)を購入。