このサイトに関して




  • 2018/10/17
    ブログを更新しました。
    2018/04/20
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。




    ■特設コーナー















    台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会



    okinawanokoe




    ■ご利用上の注意
    記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。





各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


(´-`).。oO(ブログ主のつぶやき)

覚書メモや雑記など 要するに、分類できない記事です。記事が増えたら、他のカテゴリに独立・再分類させる場合があります。

2018/10/12

【日本式教育】エジプトで導入された背景は?

先日、 『「日本式教育」の学校、エジプトで35校開校』というエントリーを書きましたが、偶然、この背景を伝えるニュース動画(YouTube)を見つけました。

元のタイトルは不明ですが、動画は「エジプト 小学校に日本式の教育手法導入へ」と銘打たれた1分半ほどの短いものです。

後ほどJICAの記事をご紹介しますが、発端は、2015年1月、エルシーシ大統領が、エジプトを訪問した安倍晋三首相に、日本の教育への強い関心を示したことだそうです。

メディアがあまり積極的に報じない理由が分かった気がします。coldsweats01

YouTubeの動画には放送された日付等は書かれていないのですが、ニュースは2016年頃のもののようです。

下は、覚え書きとして、動画のナレーションを書き取ったものです。

 

 

 

 

 

中東のエジプトでは、5年前に起きた民主化運動「アラブの春」のあと、社会の混乱や経済の低迷が続き、特に若者への教育が課題になっています。

 

Egypt01

 

こうした中、エジプト政府は規律や協調性を重んじる人材の育成を強化しようと、今年から各地の小学校に日本式の教育手法を導入していくことを決め、22日、首都カイロで日本の専門化を招いた教育セミナーを開きました。

セミナーでは初等教育が専門の國學院大學の杉田洋教授が、教員が児童と対話しながら問題解決へと導いていく学級会の仕組みなど、日本式の教育手法などについて説明しました。

 

セミナーに参加した教員の育成に携わる大学講師などは、授業時間が日本よりも少ないエジプトのカリキュラムなどに日本式の教育手法をどう反映させるかといった課題について意見を交換していました。

 

Egypt03

 

 

エジプト教育省の担当者は、押しつけではなく、教員の皆さんに納得してもらいながら導入を進めていきたいと話していました。

 

Egypt05

 

エジプト政府はJICA(国際協力機構)の協力を得て、まずは12の小学校に日本式の教育手法の導入を進めることにしています。

 

Egypt06

 

この時は12校の予定だったのが、先日のニュースでは35校に増えていたのは、実際に導入した後にその効果が理解されたのだと想像されます。

 

以下は、JICAのサイトからの引用ですが、日直が大人気とは意外です。ブログ主なんて、面倒くさくて嫌だったのですが。coldsweats01

 

日本式教育をエジプトの子どもたちへ——健やかな発達と学力向上のカギは「特別活動」 (リンク先に画像有り)
2016年10月20日

子どものころ、誰もが学校生活で経験した掃除や日直。それら学級活動を中心とした、教科授業以外の「特別活動(以下、特活)」が、エジプトで広がろうとしている。特活は、身体的、情緒的、また知的側面からもバランスのとれた発達を目的とした、日本式教育の基本構成要素だ。

人気は「日直当番」、なぜ?

2015年1月、エルシーシ大統領が、エジプトを訪問した安倍晋三首相に、日本の教育への強い関心を示したことが、エジプトへの日本式教育導入の発端。「アラブの春」以降、政情不安や経済低迷といった状況に直面してきた同国では、国の未来を担う子どもたちへの教育が大きな課題となっている。

これを受けJICAとエジプト教育・技術教育省(以下、教育省)は、同年10月から2校の小学校において、手洗い、日直当番、掃除、体力測定、計算ドリルを使った5分間補習など、日本の学校で行われている10の活動を試行的に導入した。

特に好評だったのは、日直当番。エジプトでは成績の良い子どものみが学級のリーダーとして先生の手伝いなどを行う傾向にあったが、日直になれば、誰もが一日のリーダーになれる。そのことが子どもたちはうれしくて、順番を楽しみに待っているという。

掃除については、「子どもを働かせるべきではない、子どもがやることではない」という考えから、当初は保護者の反対の声もあった。しかし、子どもたちが家庭でも掃除を始めたことで、理解が得られた。

特活はエジプトにきっと根付く——。こうした試みから、特活が同国でも有効性があるものと期待されている。さらに、各教科を能動的に学ぶ基礎を養えることから、学力向上のカギとしての可能性にも期待がかかる。

現在、特活を取り入れたJICA初の技術プロジェクトとなる「学びの質向上のための環境整備プロジェクト」を準備中だ。

教諭も意欲大!「すぐに取り組みたい」

JICAと教育省は、新学年のスタートに先立ち、2016年9月19~22日の4日間にわたり、特活の実践に向けたセミナーを首都カイロで開催した。教育省は、試行対象校を12校に拡大する方針。その教諭、日本式教育に関心を寄せる大学関係者など、延べ300人参加した。

本セミナーには、日本の教育委員会や文部科学省において特活の指導に当たってきた國學院大學の杉田洋教授を招へい。参加者からは、「すぐにでも取り組んでみたい!」などという積極的な声が多数上がり、大好評のうちに終了した。

指導する教諭が、日本の特活を参考に、エジプトに適するように構想し、定着させることができるか。子どもたちがよりよい人間関係を築き、自らが問題を解決する力を養っていくために、JICAはそのプロセスを支援していく。

 

【追記】こちらのニュース動画は当初12校でスタートしたモデル校の一つ。公立の小中一貫校のレポートです。

 

以前は半数が遅刻していた coldsweats01 のが、朝礼を行うことで時間を守る習慣が付いてきたとか、最初は嫌だった掃除も友達と一緒にやると楽しいと感じたり、廊下などの共用の場を掃除することの意義を理解しているようです。(しかし、エジプトで、しかも校舎内も土足のままですから、砂埃が大変ですね。)

また、学級会では遠足の行き先を決めるのに意見を言い合い、最後は多数決で決めるのですが、少数派の子どもは最後まで納得せず、学級会の運営の難しさにも直面します。

 

 

 

 


 

2018/10/11

「日本式教育」の学校、エジプトで35校開校

公開: 2018/10/11 13:16  最終更新: 2018/10/12 17:35  

ちょっと良い話だと思ったのでご紹介を。

 

先日、BS1の朝の海外ニュースを観て知ったのですが、エジプトに日本の教育システムを取り入れた学校が開校したそうです。

なかなか面白い試みで、物や金だけでなく、海外に日本のノウハウを伝えて貢献するという良い話だと思うのですが、ネットでざっと探したところ、ニュースになっている様子はありません。

番組で知った範囲では、日直や掃除といった制度(現在は「特別活動」と言うそうです。)と言った制度だけでなく、例えば子供用の低い洗面台とか、一人用机(エジプトでは長机が一般的)といったものも取り入れており、番組では机を移動させてグループ学習を行っている映像などが映し出されていました。

 

 

 

 

下はこれに協力しているJICA(ジャイカ)のニュースリリース。

 

https://www.jica.go.jp/press/2018/20181004_01.html

「エジプト・日本学校」35校が開校:日本式教育をエジプトへ本格導入
2018年10月4日

エジプト・アラブ共和国において、日本式教育を取り入れた「エジプト・日本学校」(注1)(初年度は幼稚園と小学校一年生が対象)35校が9月23日に開校し、10月3日から授業が開始されました。

 

20181004_egypt

 

エジプトの学校教育においては、児童数の急増による教室の過密化、暗記や試験偏重主義、実技や実験機会の不足等、様々な課題を抱えています。

JICAは2017年に技術協力「学びの質向上のための環境整備プロジェクト」を開始し、エジプトの児童が学校で社会性を醸成できるよう、エジプト教育・技術教育省と協働し、日本の特徴的カリキュラムである「特別活動(特活)」の導入準備を進めてきました。具体的には、日本の小学校で実践されている特活のうち、特に学級会や学級指導を、首都カイロ近郊の公立学校12校に試験的に導入しました。

エジプト教育・技術教育省は、この取り組みをもとに、日本式教育を取り入れたエジプト・日本学校35校を9月23日に開校しました。これらの学校では、学級会、学級指導、日直、掃除といった特活を実施するほか、学校施設においても、広い教室面積、児童一人ひとりに一組の机とイス、屋内外の運動用スペース、実技教科用の特別教室、職員室等、各所に日本式の要素を取り入れています。今後、児童の社会性醸成に寄与する実技教科や学校行事の充実など、日本式教育の更なる拡充を図るほか、円滑な学校運営に欠かせない職員会議の導入などを進めていく予定です。

なお、JICAは初等教育のみならず、就学前教育、技術教育、高等教育等を含め、包括的にエジプトの教育分野に協力しています。


(注1)
JICAは、2018年2月21日、エジプトとの間で、「エジプト・日本学校支援プログラム(エジプト・日本教育パートナーシップ)」を対象として円借款貸付契約に調印。
財政支援を通じてエジプト政府が進めるエジプト・日本学校の開校に向けた政策実施・制度構築を促すことにより、エジプトにおける日本式教育の導入を推進し、教育の質の改善及び若者の能力強化を図るもの。

 

日本人は当たり前と思っているシステムですが、掃除のために机を協力して移動させたりすることで協調性が養われたり、生徒が全員平等に日直をやることで責任感を持ったりと、「読み書きそろばん」だけでない学習効果もあるのでしょう。

番組では低学年の女の子が楽しそうに洗面台で手を洗っていました。

尤も、全てが新品でピカピカなので、それだけでも嬉しいでしょうね。

 

関連記事: 【日本式教育】エジプトで導入された背景は?

 

 

ところで、数年前、ブログ主の母校(小学校)の校舎が新築になったときに見学会をさせて貰ったことがあります。

洗面所の話題が出たので、その時に写した写真を少々ご覧に入れます。

 

2013_school01  

 

廊下に並んだ水道にみかんネットみたいな石鹸を入れるのは今も変わらないのですね。でも、ブログ主の時代はタイル貼りだった流しはステンレス製になって、角も丸く、安全面も考慮しているようです。

 

驚いたのはトイレ。昔はやはりコンクリートの打ちっ放しの床で、冷たくて暗いイメージのトイレがバリアフリーで、こんなに明るくおしゃれになっていました。

 

2013_school02

 

2013_school03

 

これなら「花子さん」は住みつきそうにはないですね。

 

 

 

 


 

2018/10/09

【語源】history(歴史)とstory(物語)、story(階)

今日(10月9日)の虎ノ門ニュースを観ていたら、「ヒストリーの語源はストーリー」という発言がありました。

別に揚げ足を取ろうと言うつもりはなく、ブログ主は人の話は鵜呑みにはしないので、複数の辞書にあたってみました。

その結果、間違いと言うほどのことではありませんが、history(歴史)とstory(物語)はどちらかが語源というより、「二重語」(姉妹語)なのだということが分かりました。

「二重語」とは聞き慣れない言葉ですが、同語源の語で語形と意味が異なる語です。英語において、この2つの語の語源はラテン語の「historía」(歴史、物語)です。

二重語の他の例としては英語の「shirt」(シャツ)と「skirt」(スカート)があります。

これはどちらも「短い」という語から派生した語で、シャツは「短い上着」という意味で、「short」(短い)とも同根。

 

「history」の原義は「調査で得た知識, 過去を知ること」で、基本となる概念は「知識」です。

 

ところで、辞書を引いていて知ったことがあります。

「story」にはもう一つ、「(建物の)階」という意味があります。

例えば、She lives in a two-story [two-storied] house.(彼女は2階建ての家に住んでいる)の様に使い、「何階建ての」の「階」の意味です。なお、「何階に(ある)」と言うときは「floor」を使い、My office is on the first floor.で、米語なら「私のオフィスは1階にある」(イギリス英語なら「2階にある」の意/イギリス英語では「1階」は「the ground floor」と呼ぶ)です。

 

辞書を引いたお陰で、なぜ「階」を表すのに「story」が使われるようになったのか、というのを初めて知りました。

「中世の建築で、各階の別を示すための装飾として、窓にそれぞれ異なった歴史物語を描いたことから」、階のことを「story」と呼ぶようになった、のだそうです。

なるほど。「two-story house」は「2つの物語が描かれた家」ということなのですね。

 

下はブログ主がスイスで撮った建物の壁絵ですが、こんなイメージでしょうか。

 

1997_sw02

 

下は2枚の写真を上下に合成したもの。

 

1997_sw01

 

 

 

 


 

2018/09/30

デモクラシーとデマ(デマゴギー)

公開: 2018/09/30 12:30  最終更新: 2018/10/01 9:18(語句のミス…○デマゴーグ、×デモクラシー の訂正)  

今回は雑談です。

昨日放送されたチャンネル桜の『日本よ、今...闘論!倒論!討論!』(※1)を観ていたら、面白いやり取りがありました。

パネラーのお一人の川口マーン惠美氏が、「EUがイギリスのEU離脱の国民投票をやり直せなどと言っているが、EUの都合いい結果が出るまで国民投票をやれというのか? 民主主義とは何か?どこまでが民主主義で、どこから全体主義か分からなくなっている。」という趣旨の発言をしたところ、藤和彦氏が「民主主義というのは第一次世界大戦で初めてプラスの=ポジティブな=意味に転じた。それまではマイナスの意味だった。」と発言し、どなたかが、「(民主制じゃなくて)『民衆制』」と仰っていました。

 

 

 

 

これは偶然にもつい最近ブログ主もふと気になって調べていた言葉でした。

下は広辞苑の「民主主義」の説明。

 

みんしゅ‐しゅぎ【民主主義】
(democracy)語源はギリシア語の demokratia で、 demos(人民)と kratia(権力)とを結合したもの。権力は人民に由来し、権力を人民が行使するという考えとその政治形態。古代ギリシアの都市国家に行われたものを初めとし、近世に至って市民革命を起こした欧米諸国に勃興。基本的人権・自由権・平等権あるいは多数決原理・法治主義などがその主たる属性であり、また、その実現が要請される。
山路愛山、社会主義管見「第一の要件は―を土台にした政府を作ることである」

広辞苑 第六版 (C)2008  株式会社岩波書店

 

「demos」というのは、古代ギリシアの「区、市」という行政区を指す言葉と同時に、そこに住む「市民、民衆、平民階級、大衆、庶民」という意味です。(研究社 新英和大辞典 第5版より)

「democracy」はそれと「kratia」(権力)と結びついた語、というのは広辞苑の通りで、ギリシア語の「demokratia」が英語のデモクラシー(やドイツ語の「Demokratie」)の語源です。

 

ブリタニカ国際大百科事典によると、もう少し詳しい説明があり、一部を引用すると、

 

民主主義は、古代においては愚民政治ないしは暴民支配を意味するものとして、しばしば嫌悪され、望ましい政治形態として受け入れられるに至ったのは近代においてである。

 

と、パネラーの方が仰っていたとおりのことが書かれています。

近代以前、君主政治は貴族政治の国も多く、民主主義が根付いたのは近代、というのは不思議ではないのですが、原義はこれほどまでネガティブな言葉だというのは想像しませんでした。

 

暴民とは「騒動・乱暴をはたらく人民」のことですが、昨今、国会前で騒いだり、総理の街頭演説を妨害したりと、一部の“市民”は、まるで近代以前の暴民支配に戻そうとしているかのようです。

そしてそれを扇動しているのが朝日新聞や東京新聞、沖縄二紙のようなメディアやリベラル系と言われる野党議員。

ありもしない「総理の関与」を捏造し、少なくとも、1年以上「モリカケ」をやっても犯罪性を証明できないにもかかわらず、いまだに新聞や野党議員は騒ぎ立てています。

ブログ主は朝日新聞のサイトでユーザー登録しているので、メルマガで1日に数回ヘッドラインを送ってきます。有料会員ではないので全文は読めませんが、自殺した近畿財務局のご遺族のインタビューとか、「モリカケ議員の今」(民進党の福島のインタビュー)、みたいな記事をいまだに連日のように掲載しています。

 

このように、あることないこと=デマ=で愚民を煽動しようとしているわけですが、この「デマ」という言葉、意味は辞書で引くまでもないのですが、“明解さん”によると、日本語の「デマ」はドイツ語由来の言葉、「デマゴギー」だと分かります。

 

デマ[1]
〔← ド Demagogie〕
(一)△扇動的(謀略的)な悪宣伝。
(二)自分の利益のためにする(でたらめの)悪口や うわさ話。
「デマが飛ぶ」
「デマを飛ばす」
「とんでもないデマだ」

新明解国語辞典 第七版 (C) Sanseido Co.,Ltd. 2013

 

「デマゴギー」は英語では「demagogy」ですが、これも元はギリシア語。

「(デマを用いる)煽動政治家」、「民衆煽動家」の意味では「デマゴーグ」(英:demagogue/独:Demagoge)になります。

 

もう気づかれたかと思いますが、語頭の「dem-」は「democracy」と同様に「demos」が語源です。

「デマゴーグ」(←訂正前は「デモクラシー」となっていました)の語源は「demos」+「agōgós」で、「agōgós」とは「導く者」(=leader/独:Führer)を意味する言葉。つまり、「民衆の指導者」で、「古代ギリシアの民主政治において、その声望および弁舌によって民会の決議に影響を与えて政治を左右する者」の意味でした。(ブリタニカ国際大百科事典より)

 

デマゴギーの意味が現代のようなデマになり、ネガティブなものになったのはいつかは分かりませんが、デマゴーグは元は中立的な言葉だったようです。

 

ブログ主がデマとかデモクラシーとかの語源を調べたのは、最近観た別の動画(※2)がきっかけでした。

URLなどは後述しますが、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子さんが動画の中で話された「ギリシャの雄弁家 デモステネスの演説と時代背景」というを観たからです。

デモステネスという人物は、広辞苑によると、

 

デモステネス【Dēmosthenēs】
古代ギリシアの政治家・弁論家。マケドニア王フィリッポス2世の侵略に対し、アテナイ市の自由・独立を守るため、親マケドニア派のイソクラテス・アイスキネスと対立し、三つの反フィリッポス演説を行なったが、のち、民会で死刑判決を下されて自殺。(前384~前322)

 

で、まさしく本来の意味でのデマゴーグ。

番組では『プルターク英雄伝』という本から、古代ギリシアの英雄からデモステネスを選んで紹介していました。

 

ここにデモステネスと対比してデマネスという人物が登場します。

実はブログ主はこれを観て、「デマの語源はデマネス?」と思って調べ始めたのでしたが、上述の通り、この想像は外れていました。coldsweats01

 

番組では我那覇さんが朗読する部分がテキストで紹介されており、現代の日本にも通じる興味深い話なので是非全編をご覧になることをお薦めしますが、画面のキャプチャで一部をご紹介します。

 

20180928_ookinawa03_1

20180928_ookinawa03_2rvsd

20180928_ookinawa03

20180928_ookinawa03_3

 

ここでデモステネスの政敵のデマデスという人物が登場します。彼は弁舌だけならデモステネスを凌ぐと言われていましたが、その人格の違いでデモステネスは後々まで弁論家として語り継がれ、一方デマデスのことは誰も口にしない、という内容です。(画像省略)

 

20180928_ookinawa03_4

20180928_ookinawa05

20180928_ookinawa06

 

さて、現代のデマデスは誰でしょうか。

一見、弁が立つように見えて、愚にも付かないことを3時間もダラダラとしゃべり続けた立憲民主党の代表がいましたが...

また、現代のニコデマスは?

保守と革新にどちらにも受け入れられようとしつつ、長いもの(中国)に巻かれようとしていた前沖縄県知事でしょうか。国を売ろうとする親中派の議員は国政与党にもいますが。

 

動画では本の朗読の前に我那覇さんが説明していますが、日頃、演説をする機会が多いために、勉強のためにこのような古人の演説を学んでいるそうです。

動画では前後しますが、この我那覇さんの朗読を聞いた(読んだ)後に彼女の街頭演説を是非お聞き下さい。

 

20180928_ookinawa02

 

* * * *

 

【※1】 

【経済討論】トランプと世界経済の行方[桜H30/9/29]

https://youtu.be/K23x7Ul736U

パネリスト:
 川口マーン惠美(作家)
 高橋洋一(嘉悦大学教授・「政策工房」会長)
 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)
 藤和彦(経済産業研究所 上席研究員)
 三橋貴明(経世論研究所所長)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 渡邉哲也(経済評論家)
司会:水島総

 

【※2】 

チャンネル桜 【我那覇真子「おおきなわ」#38】「帰れ!帰れ!」野次・罵声~実況!これが「オール沖縄」の正体だ![桜H30/9/28]

司会:我那覇真子(「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員・チャンネル桜沖縄支局キャスター)

①県知事選投票日前、最後の宜野湾キャラバン
②Stop!!世論誘導選挙街頭宣伝中に起こった左翼妨害行為
③我那覇真子、県庁前での演説(13:49あたり~
④ギリシャの雄弁家 デモステネスの演説と時代背景

 

 

 

 

 


 

2018/08/19

お中元の由来-なぜ中元に贈り物を贈るの?-

公開: 2018/08/19 20:51  最終更新: 2018/09/15 9:57  

ふとしたきっかけで、「お中元」について調べてみました。そのきっかけとは後述します。

と言うか、本当はそちらの話がメインなのですが...。

暑いこの時期にちょっとした怪談話のような動画(台湾のCM)のご紹介です。

 

まずは、中元の由来から。

 

そもそも、中元とは道教(※)の三元と呼ばれる節会の一つで、上元(正月15日)と中元(7月15日)と下元(10月15日)とあり、上元は小正月とか女正月という形で日本に定着し、小豆粥を食べて邪気を祓うという風習になっていますが、下元は定着しなかったそうです。

 

 

 

 

※どう‐きょう【道教】 ダウケウ

中国漢民族の伝統宗教。黄帝・老子を教祖と仰ぐ。古来の巫術や老荘道家の流れを汲み、これに陰陽五行説や神仙思想などを加味して、不老長生の術を求め、符呪・祈禱などを行う。後漢末の五斗米道(天師道)に始まり、北魏の寇謙之(こうけんし)によって改革され、仏教の教理をとり入れて次第に成長。唐代には宮廷の特別の保護をうけて全盛。金代には王重陽が全真教を始めて旧教を改革、旧来の道教は正一教として江南で行われた。民間宗教として現在まで広く行われる。→太上老君(たいじょうろうくん)  →元始天尊

広辞苑 第六版 (C)2008  株式会社岩波書店

 

そして「中元」については、本来は、「善悪を分別し、人間を愛して罪を許す神の誕生日」として祝うものだったのが、シナにおいて仏教の盂蘭盆会(うらおぼんえ)と習合して祖先崇拝の信仰に連なる行事となった(「ブリタニカ国際大百科事典」より)そうです。この辺は辞書によって微妙に説明が異なるのですが、「日本で盂蘭盆会と混同された」と説明する事典もありました。(「平凡社マイペディア」など

となると、別々に伝わり、日本で再び結びついたのでしょうか。

実際、日本のお盆の行事は、盂蘭盆会が更に民間の祖霊信仰と結合として現在のような形になったのは江戸時代とされているそうですが、伝播や変遷ははっきりしておらず、異説が多いようです。

いずれにしても、中元はお盆と結びついていることは確からしく、「盂蘭盆会の仏前に供える品物を贈る」もので、かつては白米や麺類、菓子、果物などの食品を贈ったものが、今日では「供物」の意味より「交際」の意の方が強くなったそうです。(「ブリタニカ国際大百科事典」より

となると、仏教行事に盂蘭盆会由来の「お盆」が、贈り物に「中元」の名前が残ったように思えます。(※)

 

※その後、沖縄の孔子廟裁判の原告側弁護士の話を聞いて納得したのですが、そもそも仏教発祥の地のインドでは、「輪廻転生」という考え方なので、死後、何年、何十年とに渡って、お盆に地上に戻ってくるという考えはありません。仏教が中国に渡ったときに布教のために儒学の「考」の精神-先祖を敬う-という精神世界と融合したのだそうです。従って、日本の仏教には“儒教が乗っかっている”形になっています。

 

 

こんなことを調べたきっかけは台湾の「中元」の習慣を知ったからで、まずはこのCMをご覧下さい。

 

 

なぜに貞子が!?と思われるでしょうが、台湾では特に、中元は「無縁仏の霊を供養する」意味があるそうです。

 

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201608150006.aspx
台湾のお盆 中元節の普渡、お供え物にはすしやピザも 外国人の霊を供養

2016/08/15 16:40

(台北 15日 中央社)旧暦7月15日は中元節。今年は8月17日にあたる。この時期が近づくと、台湾では家や会社の前などにお供え物を並べ、線香を上げたり、紙銭を焼いたりする光景がよく見られるようになる。無縁仏の霊をまつる“普渡”の儀式だ。そのお供え物からは、台湾人の慈悲深い心を感じ取ることができる。

▽台湾最大の年中行事

一年で最も大規模な民俗行事である中元節。民俗学者で台中教育大台湾文学科の林茂賢副教授によると、かつて漢民族が台湾にやって来た際、多くの人が台湾海峡で溺死し、無事たどり着いた後も異なる民族間による争いや疫病が発生し、先人たちはこの地を開発するために大きな犠牲を払ってきた。そのため、中元の普渡が盛大に営まれるようになったという。

(以下略)

 

そして、近年、全聯というスーパーが、販促のためのCMをこの時期放送し、工夫が凝らされていると話題を集めているそうで、2013年版のCMでは貞子が無縁仏として使われたようです。

洗面器が出てくるのは、霊が汚れを洗い落とせるようにとのことで、中元には3本の線香とともに洗面器と洗面用具を供えるのも習慣だそうです。

 

Chugen02

Chugen03

Chugen04

Chugen05

 

今年も3種類のCMを用意したのですが、その一つが物議を醸して放送を中止するという騒ぎがあったそうです。

 

それがこちら。(3つ連続して流れますが、問題となったのは3つ目のCM)

 

 

1つ目は日本統治時代の日本語教育がなされていた母子という設定で、日本語で供養に対する感謝の言葉を述べています。死者という設定なので、机の上に姿が映っていません。

 

Chugen06

 

2つ目は外省人(第二次世界大戦後に大陸から渡ってきた)のおじいさんだそうで、途中、左側の壁に影が映りますが、それは椅子の影だけでおじいさんの影はありません。

 

Chugen07  

そして問題のCMは、国民党による政治的弾圧が行われた戒厳令下の1981年に不審死をした陳文成という男性を彷彿させるとネットで話題になり、自粛することになったそうです。

 

Chugen08

 

このCMでは男性の背後に鏡がありますが、男性の姿は映っていません。そして、鏡には彼がが亡くなった「民国70年」の文字が入っているので、同社は否定したそうですが、実際にこの人物をイメージしているのでしょう。(髪型や顔など、雰囲気の似た俳優を起用しています。)

日本語をしゃべる母子、外省人、国民党による戒厳令下の白色テロと、台湾の近代の歴史を象徴しているのですね。

いずれにしても、幽霊話仕立てになっているCMで、かなり凝っています。

 

http://japan.cna.com.tw/news/afav/201808080006.aspx

戒厳令下で不審死の青年を連想?大手スーパー中元節CM打ち切りに/台湾
【社会】 2018/08/08 19:46

(一部引用)

今年のCMでは、日本統治時代に教育を受けた母親や戦後、中国大陸から台湾に渡った高齢男性などが登場。これらの無縁仏が中元節に感謝する様子が描かれた。そのうちの1人として登場したワイシャツ姿の青年が、国民党による政治的弾圧が行われた戒厳令下の1981年に不審死した陳文成氏を連想させるとの声が上がった。外見の特徴が似ていることや、人物の背後に置かれた鏡に陳氏が亡くなった「民国70年」の文字が入っていることなどがインターネット上で相次いで指摘された。

陳文成氏は1950年、現在の新北市林口で生まれた。台湾大学で数学を専攻し、卒業後は米国で博士号を取得。渡米後、台湾の民主化運動に深い関心を示し、反体制派機関誌「美麗島」に寄付を寄せた。1981年、台湾に帰省した際、公安当局に呼び出され、翌日台湾大学で遺体で発見された。陳氏の死に関する真相は未だに明らかにされていない。

 

 

 

 


 

2018/07/12

骨密度は鍛えないと高まらない

このところ、腰痛が悪化し、そのせいか脚まで異常があり、整形外科にかかっています。そのために座ってPCに向かうのもしんどい状態だったのですが、このことは本題ではありません。(ただ、誰かの役に立つかも知れないので、この件は後述します。)

結局、大きな病院でMRIなどの検査を受けた方がいいということになり、紹介状を貰って受診したところ、MRIと腰椎(ようつい)の骨密度を調べた方がいいということになり、次回、その検査をすることになったのですが、最初にかかった近所の整形外科でも骨密度は測って貰っていて年相応の正常値だったので、「え、骨密度って部位によって異なるんですか?牛乳飲んでもダメなんですか?」と質問したところ、「骨密度は鍛えないと高くならないよ」という答え。

例えば、「蕎麦打ちをする職人さんは腕の骨密度がものすごく高い」のだそうです。

ブログ主が先日計って貰った骨密度は左腕の肘から下なので、“それはそれ、これはこれ”なんですね。

骨密度を高めるには、運動することなのだそうです。

 

そこで、腰椎を鍛えるにはどんな運動がいいのかと質問すると、例えば、「かかとを上げて降ろす」、「ピョンピョン跳ぶ」と言われました。

従って、こういう動作を日頃している方は腰椎も強いのだと思います。

 

 

 

 

それにしても、今回教訓として分かったことは、どこか1箇所で骨密度を測っても当てにならない、ということです。

 

 

ところで、ブログ主の状態ですが、3週間ほど前に軽いぎっくり腰のような症状が出て、寝返りを打ったり、床や椅子に座った状態を保つ時に腰に痛みがあり、これは鎮痛剤等で誤魔化していました。(病院に行っても、どうせ鎮痛剤と湿布薬しかくれないし。)

ぎっくり腰の治りかけくらいの痛さなので、せいぜい2週間もあればおおかた治るだろうと、しばらく様子を見ていたら、10日前くらいから脚に痺れを感じるようになり、家の中を歩き回る程度なら平気ですが、500mくらいの距離を歩くと、脚が痛くて立っていられない状態に。

これはまずいと近所の整形外科に行ったのですが、レントゲンを撮ったら、腰椎の椎骨がかなりつぶれていました。

丁度いい画像があるので、ご紹介します。

 

20180712

 

ブログ主の場合、下から3番目の椎骨(ついこつ)が「トラブルを抱えると」にあるイラストの状態でした。

3~4年前にもぎっくり腰になったことがあり、その時に撮ったレントゲンでも若干つぶれていたのですが、昨年12月末でもたいして変わらない状態。しかし、先日撮ったレントゲンでは更につぶれていたのです。

となると、この7ヵ月ほどの間に何かがあったはずですが、激しい運動とか重いものを運ぶ仕事するといった覚えは全く無いのです。

だから、大病院の医師が腰椎の骨密度を調べる必要があると判断したのですね。(腕の骨密度では判断できないと。)

 

 

取り敢えず、腰の痛みはだいぶ和らいだのは幸いですが、脚の痺れがある間は外出もままならないのが困ったものです。

1週間後にMRIと骨密度の検査をすることになったので、取り敢えずはその結果待ちです。

 

 

 

 


 

2018/07/02

【世界遺産】『潜伏キリシタン』と『隠れキリシタン』

6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)が世界文化遺産に登録されることが決定しました。(ユネスコのサイト『Hidden Christian Sites in the Nagasaki Region』はこちら。但しドキュメント等は未整備。)

ブログ主は世界文化遺産に対してもはや権威など感じておらず、今回もあまり興味がないので、新聞記事などは目を通していましたが、見出しなどに使われる『潜伏キリシタン』という言葉が気になっていたものの、そのままにしていました。キリスト禁教下のキリシタンは『隠れキリシタン』と習ったけど、最近はそう呼ぶのかな、程度で。

しかし、ここに来て、急に『潜伏キリシタン』の定義を説明し始めたので、『隠れキリシタン』と『潜伏キリシタン』は違うのだと知りました。(下は世界遺産登録を報じる7月1日付読売新聞)

 

 

 

 

Hidden_christian01  

左上の用語解説に注目。

 

潜伏キリシタン: 禁教期に寺院の檀家や神社の氏子となってキリスト教信仰を密かに続けた人々を指す。これに対し、明治期に禁教が解かれた (ブログ主註:1873年)後もカトリックに合流せず、禁教以来の信仰を続けた人々は「かくれキリシタン」と呼んで区別している。

 

いや、ちょっと待て、と思わず言いたくなります。

赤字の部分は(も)一般的には『隠れキリシタン』でしょう。歴史用語を勝手に変えるなと。

そして個人的には禁教令撤廃後にもこうした隠れキリシタンと同じ信仰のしかたを続けた人々がいたことのほうが興味があるので、これは後ほど補足します。

 

もう一つ、改めて気づいたのですが、「17世紀~19世紀の約250年におよぶキリスト教禁教期」が対象なのですね。つまり、秀吉のバテレン追放令からではなく、徳川家康、家光による1612年、13年の禁教令以降の期間です。高山右近(キリシタン大名)が追放されるのはこの直後(14年)です。

 

尤も、当初は単に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の登録を目指して活動していました。

イコモス(審査機関)に禁教期に絞るべきという指摘がなされ、それを受け入れたのですが、わざわざ数々の遺産を「キリスト教の弾圧」の側面だけに矮小化して評価するというのは、「軍艦島」が「徴用工」問題にすり替えられたことの二の舞になりかねません。

 

ブログ主の言いたいことは5月11日付産経新聞の『【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら〈25〉】 世界遺産もいいけれど…』(文化部・桑原聡記者)に書かれているので、リンクを貼り、ここでは随筆に引用されたそのモンテーニュ「随想録」からの一節をご紹介します。

 

第1巻56章 「祈りについて」

“我々は神を呼んで我々の悪事に助力させる。神を不正に引きずり込む。”

 

キリスト教伝来(1549年/織田信長の時代)から秀吉のバテレン追放令(1587年)のあたりの歴史のおさらいは上の『モンテーニュとの対話』に書かれていますが、我々日本人は、日本に於けるキリスト教を考える場合、「大航海時代」にあって、おめおめと西欧諸国の植民地などならなかったのみならず、ルイス・フロイス(ポルトガル出身のイエズス会士。インドで司祭となり、1563年(永禄6)来日。)を召し抱えたり、キリスト教を仏教弾圧に利用したりするしたたかさを誇るべきです。たとえ世界文化遺産として評価されなくても。

島原の乱も大規模な農民一揆というのが本質だと思います。

 

下は、5月5日付読売の、イコモスが世界遺産登録をユネスコに勧告した時(5月4日)の記事の一部ですが、ここでも森太記者がブログ主の言いたいことを言ってくれているのでご紹介します。

 

Hidden_christian04

 

さて、ブログ主が世界文化遺産よりも関心を持った「かくれキリシタン」(禁教解除後も潜伏した信徒)ですが、昭和初期までその習慣は続き、現在でもごく少数の組織は残っているそうです。

これは7月2日付読売夕刊に詳しく説明されていたのですが、「外海(そとめ)の出津(しつ)集落」は禁教後も隣の佐賀藩の飛び地という場所で、佐賀藩の取り締まりが緩かったそうで、寺請制度(江戸時代、庶民がキリシタンをはじめ幕府禁制の宗教・宗派の信徒ではなく檀家であることを、その檀那寺に証明させた制度。)の元、曹洞宗の天福寺を建て、信徒を檀家にしましたが、ここではキリスト教の信仰は黙認されていたそうです。

禁教令が解かれ、前述のように『潜伏』であることをやめた者とそのまま『かくれ』であり続けた者が出たわけですが、記事によると、『かくれキリシタン』であり続けた大きな理由が「潜伏期の信仰の形を捨てないことが先祖への供養の形になる」からだそうで、ここで、おや?と思いました。

キリシタンとは言っても、先祖崇拝と融合した独自の信仰だったようです。

そして、後に『かくれ』をやめた人々の多くは、教会ではなく仏教に帰依していったそうです。天福時のご住職に記者がその理由を尋ね、このように答えています。「寺のお陰で先祖が長年の信仰を守れたからだと聞きます。」

世界遺産の登録を報じる記事の中でこれが一番心に残りました。

 

 

 

 


 

2018/06/06

【国際戦略総合特区】JR東・品川-田町間の新駅とは?

JR東が品川-田町間の新駅の名前を募集するとのこと。

駅ができることは以前どこかで読み、なんでこんな短い区間に新駅を?と思った記憶がありますが、今日の産経朝刊で『山手線の新駅名を公募 JR東日本、今冬発表』という記事(記事後述)を目にして、そもそもこの再開発の目的は?とと思い調べてみました。

このエントリーの目的はこれに関する情報をまとめておくものです。

 

最初に見つけたのが日経の記事で、「国際戦略総合特区」に指定されているのだと知りました。

 

 

 

 

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0403L_U2A100C1CR8000/
山手線の新駅構想が前進 品川-田町間  国が特区指定

2012/1/5付

20120105_nikkei  JR東日本の品川―田町駅間の新駅構想が本格的に動き出す。国が昨年、この地域にある車両基地の跡地をアジア地区の本社や研究開発拠点を目指す「国際戦略総合特区」に指定。2014年度にも新駅設置に向けた工事に着手する。JRや東京都、港区などは03年からこの地区に新駅を設置する前提で再開発計画を検討しており、今回の特区指定で事業化が大きく進展しそうだ。

 山手線の新駅は1971年に完成した西日暮里駅(東京・荒川)以来30駅目。JR東日本は上野駅を終着点とする宇都宮線など3路線を東京駅まで延伸したうえで、東海道線と直通運転する「東北縦貫線」を運行する計画だ。運行後、この地区にある車両基地が不要になるため約10ヘクタールをオフィスビルなどに転用する。

 品川―田町駅間は約2.2キロメートルと山手線内で最も長い。JR東海は隣駅の品川駅(東京・港)にリニア新駅を設置する計画で、京浜急行電鉄も羽田空港までの鉄道を運行している。国内外への利便性の高さで「都内最後の大型開発」として人気を集めそうだ。

 ただしJR東日本は東日本大震災により東北地方で不通区間を抱えており、復旧には多額の費用が必要となる。これらの復旧を急ぐとすると「14年度の新駅着工は難しい」(JR東日本幹部)との見方があり、新駅の着工年度は遅れる可能性もある。

 

国際戦略総合特区について説明する前に、官邸HPを見ると、特区としては「国家戦略特区」と「総合特区」は別立てになっており、「総合特区」の中に「国際戦略特区」と「地域活性化総合特区」があります。「(官邸HP「総合特区」、「総合特区一覧」参照)

上のサイトによると、総合特区は“産業の国際競争力の強化及び地域の活性化に関する施策を総合的かつ集中的に推進することにより、我が国の経済社会の活力の向上及び持続的発展を図る”もので、国際戦略特区は大都市に限定されたものです。

このJR品川車両基地跡地は国際戦略総合特区の一つ、「アジアヘッドクォーター特区」の一部で、下のような構成になっています。

 

Asia_headquarter01

 

ブログ主の住む川崎にも国際戦略総合特区があります。ブログ主は国家戦略特区だと勘違いしていましたが、「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」(神奈川県、神奈川県横浜市、川崎市)だそうで、川崎市の特区はキングスカイフロントと名付けられています。

ちょっと話はわき道に逸れますが、「キングスカイフロント」とは多分、地名の「殿町」に由来しており、殿町は上杉憲幸の館があったことに由来しています。

閑話休題。

アジアヘッドクォーター特区の説明を以下に転記しておきます。

 

【目標】
東京が日本全体の経済成長を牽引し、アジアの拠点としての地位を維持するため、IoT、ビッグデータ、AI等の第4次産業革命関連技術を有する外国企業、資産運用業やFinTech企業といった金融活性化に資する金融系外国企業を中心に誘致するとともに、外国企業と都内・国内企業とのビジネスマッチングの活性化を通じて、経済効果を日本全体に波及させていく。

【取組概要】
東京が日本全体の経済成長を牽引し、アジアの拠点としての地位を維持するため、規制の特例措置や税制・財政・金融上の支援措置等を活用しながら、①誘致・ビジネス交流事業、②ビジネス支援事業、③生活環境整備事業、④BCPを確保したビジネス環境整備事業の4つの事業を特定国際戦略事業として位置付け、グローバル企業のアジア統括拠点と研究開発拠点の誘致に係る取組を行っていく。

 

新駅は東京五輪が開催される平成32年に暫定開業の予定だそうで、キングスカイフロントの例を出したのは、エリア名をつけて、そのエリア名にちなんだ名前をつけた方がいいと思う。あるいは駅名がエリア名になるのでもいいけれど。応募する人は「国際戦略特区」ということを意識した名前を考えて欲しい。

 

【関連記事】

https://www.sankei.com/life/news/180605/lif1806050016-n1.html
山手線の新駅名を公募 JR東日本、今冬発表

2018.6.5 15:51更新

 JR東日本は5日、山手線と京浜東北線の品川-田町間に建設している新駅(東京都港区)の駅名を公募すると発表した。同社が駅名を募集するのは初めてで、今冬にも発表する。

 30日まで、パソコンやスマートフォン、郵便はがきで受け付ける。応募数による決定でなく、全ての名称を参考にして選考するという。

 JR東によると、山手線の新駅は昭和46年開業の西日暮里駅以来で、30駅目。東京五輪・パラリンピック開催直前の平成32年春に暫定開業する。

 品川-田町間は2・2キロあり、新駅は品川駅の北900メートルの場所。駅舎は新国立競技場の設計を手掛けた建築家の隈研吾氏がデザインした。本格開業は36年の予定。

 

 

 

 

 


 

2018/05/07

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という詐欺ハガキにご注意を

郵便受けに下のようなハガキが入っていました。

 

20180430_kenpou04

 

裏面を読むとギョッとするけど、身に覚えはないし(だから、直接じゃなくて「貴方の利用されておりました契約会社、もしくは運営会社側」の契約不履行云々と書いてあるのだろうけど)、表面の宛名書きはいかにも家庭用のアプリで作ったようなものだし、官製はがきだしで、見るからに怪しいものです。

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という文言で検索したら、「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」、「総合消費料金未納分訴訟最終告知通知書」など、バリエーションがあるようで、検索したらすぐに分かりますが、ネットを使えない高齢の家族だけで住んでいる家庭など、注意しておいてあげた方がいいかも知れません。

 

念のために、最寄りの警察署にも報告をしておきましたが、このエントリーも注意喚起として書きました。

 

 

 

 


 

2018/04/20

【ブログ主覚書】ブログの表示形式変更

ブログ主の書く記事は長く、画像が多くて重いので、トップページには3記事までしか表示していませんが、最近、更新頻度が高いので、少し前の記事に遡るのが面倒になってきました。

そこで、試みに、トップページ表示する記事数を15~20程度にし、各記事、最初の150~200文字くらいのみ表示するように変えてみます。(この記事を公開後作業)

使いづらければ元に戻します。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り | 我が町 | 【cocolog】 cocologの楽しみ方 | 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 | 【cocolog】Request URI too Largeエラー | 【cocolog】webページの活用 | 【cocolog】アクセス解析・SEO | 【cocolog】カテゴリの管理 | 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 | 【cocolog】マイフォトの活用 | 【cocolog】今更きけないココログ | 【cocolog】画像の管理 | 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック | 【IT】 パソコン・インターネット一般 | 【IT】win8/win8.1 | 【IT】 Excel条件付き書式 | 【IT】 Excel/Word一般 | 【IT】Excel/Wordでお絵かき | 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる | 【IT】@niftyマイキャビ | 【IT】フリーソフト | 【IT】CANONプリンタ MG7130 | なんちゃってドールハウス1 | なんちゃってドールハウス2 | ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 | ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 | ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い | ┗【HowTo】ボンド水 | ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 | ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 | ┗ 【HowTo】椅子の作り方 | ┗ 【HowTo】畳の作り方 | ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る | ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る | ┗【HowTo】template Maker | ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック | ┗【HowTo】筆の洗浄 | ┗【HowTo】資材・塗料の整理 | ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ | ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る | ┗【テーマ別】ハロウィン | ┗【テーマ別】クリスマス | ┗【テーマ別】クラインガルテン | ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) | ┗【テーマ別】公園のカフェ | ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット | ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス | ┗【テーマ別】パン屋 | ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) | ┗【テーマ別】正月 | ┗【テーマ別】節分 | ┗【テーマ別】端午の節句 | ┗【テーマ別】夏の風物詩 | ┗【テーマ別】中秋の名月 | ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド | ┗【道具】おもちゃの機織り機 | ┗【道具】デジタルスケール | ┗【道具】パイプカッター | ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル | ┗【道具】ヘッドルーペ | ┗【道具】リューター | ┗【道具】粘土工作の道具 | ┗【道具】粘土用ニス | ┗【道具】撮影ボックス | ┗【素材】スイーツデコソース | ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード | ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 | ┗【素材】デコモール | ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 | ┗【素材】フローラルテープ | ┗【素材】ミラーシート | ┗【素材】モデナペースト | ┗【素材】レジン | ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 | ┗ 【分野別】家具 | ┗ 【分野別】キッチン用品 | ┗ 【分野別】食器・容器 | ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 | ┗ 【分野別】本・雑誌 | ┗ 【分野別】 庭・ガーデン | ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー | ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ | ┗ 【分野別】植物 | ┗ 【分野別】おせち料理・和食 | ┗ 【分野別】洋食・中華 | ┗ 【分野別】和菓子 | ┗ 【分野別】洋菓子・パン | ┗ 【分野別】飲み物 | ┗ 【分野別】野菜・果物 | ┗ 【分野別】その他食品 | 100円ショップで見つけたもの | 【プチ工作】100均アイテムリメイク | 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ | 【プチ工作】未分類 | 外国語の学習 | 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 | 【生活】地デジの対策 | 【生活】災害/東北関東大震災関連 | 【生活】金融・投資・税金 | 【生活】豆知識・その他覚書 | 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) | ガーデニングっぽい何か | (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) | 【マスコミ・メディア】 | 【政治】 テロ等準備罪 | 【政治】 加計学園問題 | 【政治】 加計学園問題(愛媛県文書) | 【政治】 加計学園問題(文科省メモ) | 【政治】森友問題 | 【政治】北海道・その他 | 【政治】北海道(アイヌ問題) | 【政治】沖縄 | 【歴史戦】尖閣諸島・竹島 | 国連の実態 | 【政治】北朝鮮拉致 | 【政治】朝鮮半島 | 【政治】中国 | 【政治・その他】台湾 | 【政治】その他の国際問題 | 【政治】学園浸透スパイ事件とその時代 | 【政治】憲法9条・改憲 | 【政治】その他 | 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 | 【社会問題】その他 | 【電力・エネルギー問題】 | test | スポーツ | 住まい・インテリア | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ