このサイトに関して



  • 画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。


    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。

    2017/05/22
    ブログを更新しました。



各種ノウハウ集



管理人ポータル

大師小同窓会関連








  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


(´-`).。oO(ブログ主のつぶやき)

覚書メモや雑記など 要するに、分類できない記事です

2017/05/25

【テレビ朝日捏造報道】2017/05/24 報道ステーション【加計学園問題】

2017年5月24日放送の報道ステーションでまたもや由々しき捏造報道がありました。

 

Kakegakuen01

 

どうしても、今治市の獣医学部誘致を目的とした国家戦略特区の提案と獣医学部(京都府内)の新設を提案した京都府と京都産業大学を同レベルに扱って、今治市を優先させたように印象操作したいようです。

しかし、今治市は長年(2007年から15回)国家戦略特区(当初は構造改革特区)として、獣医学部の新設を提案しており、2016年1月に特区の指定を受けました。

一方、京都産業大学は2016年に京都府内に獣医学部の新設を提案し、諮問会議の前段階のワーキンググループでヒアリングを受けただけです。(2016年10月18日/国家戦略特区諮問会議に上げられることなく終了。)

この辺りの話は 前回の記事『【ブログ主覚書/加計学園問題】なぜ加計学園は獣医学部新設を認可されて京都産業大学は認可されなかったのか』に書きました。

 

もし、今治市への認可の過程が不透明と言うのなら、2016年1月以前を追求すべきで、その時点では提案もしていない京都府と京都産業大学を一緒に論じるのはおかしいのでは?

 

 

 

この記事に使用している画像はご自由にコピー&配布してくださって結構です。

 


2017/05/23

【ブログ主覚書/加計学園問題】なぜ加計学園は獣医学部新設を認可されて京都産業大学は認可されなかったのか

先日来より、この問題に興味を持ち、個人的に調べています。

多くのニュースで、京都産業大学の獣医学部の設立が却下されて、加計学園(の運営する岡山理科大学)の今治での獣医学部が認可されたのか、という同一の土俵で取捨選択されたかのように報じられているので、経緯などをまとめてみました。

 

最初に結論めいたことを書いてしまうと、

今治市は“獣医学部の誘致を目指して、国家戦略特区の指定を求めた”のに対し、京都府と京都産業大学は“文科省によって抑制されている獣医学部の新設・定員増抑制解除を求めた”

という異なった申請なので、今治市が先に国家戦略特区の認定を受け、その後で京都産業大学が申請したが、2校目(2学部目)は認められなかったただけという話です。

愛媛県と今治市が岩盤規制をこじ開けて1学部の新設枠が今治市にできたということ。早くから加計学園が協力を申し出ていて、今治市も加計学園の誘致を見込んでいた(というか、来てくれる大学の当てもなく提案など考えられない)が、公募はオープンに行っています。

京都産業大学は京都府と共に学部の新設を提案していたので、公募に応募することはありえません。

まるで、1学部の枠を巡って加計学園と京都産業大学が争ってたかのように印象操作してるのはマスコミの捏造です。→『【テレビ朝日捏造報道】2017/05/24 報道ステーション【加計学園問題】

 

背景

過去の記事に書いたように産業動物医師が不足しているにもかかわらず、ペット向け獣医は増え続けているため、獣医を増やしたくない獣医学会とその既得権益を守る一部の政治家により、長年、獣医学部の新設は許可されていませんでした。所謂、“岩盤規制”というものです。

それを、規制緩和を進める政府により、ようやく、獣医学部空白地帯の四国が国家戦略特区として獣医学部の新設が許可されました。地元と一部政治家の努力によるものです。

 

下は、ブログ主の購読している2紙の時系列の表です。国家戦略特区の認定時期が、2015年12月と2016年01月とズレがあるので、2つ並べ、後述する京都府の「創薬分野等新たなニーズに対応する獣医学部の設置について」という資料から得た情報を右に付け加えました。

Kake18

 

 

今治市は2007年から獣医学部の新設を求めていた

読売の表にあるように、今治市は2007年から2015年まで計15回、獣医学部新設を求めて構造改革特区(当時)の申請を行ってきました。

この間、過去の記事に書いたように、2010年(平成22年)には民主党政権下で民主党加藤敏幸議員が四国の産業獣医師不足を訴え、赤松農水大臣も対処する旨発言しています。

2015年12月(2016年01月?)に、今治市が国家戦略特区の指定を受けました。

2015年6月22日には民進党の玉木雄一郎議員が獣医師会総会内でこれを阻止するよう努力する旨発言したのは過去の記事に書きました。つまり、彼の力は及ばなかったわけです。

 

2016年11月には、国家戦略特区諮問会議が特区内での獣医学部新設を認めます。

ここで、内閣府の国家戦略特区の各会議の構造を見てみます。(下は画面キャプチャ)

Kake19

 

これを見ると、国家戦略特区ワーキンググループでヒアリング等を受けた後、国家戦略特区諮問会議へと送られることが分かります。

愛媛県・今治市のヒアリングは平成27年6月5日に行われており、その議事録は下記ページにて公開されています。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h27/hearing_teian.html

 

2017年11月、事業者公募にて加計学園を認定します。

 

京都府と京都産業大学は2016年10月に獣医学部の新設(綾部市内)のために、抑制の解除を求めた

京都府と京都産業大学は2016年(平成28年)10月17日に「新たな獣医学部・大学院研究科の設置のための抑制解除」を求めてワーキンググループでヒアリングを受けています。その議事録は内閣府の下記ページで公開されています。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/hearing_t.html

これ以外に、京都府の「創薬分野等新たなニーズに対応する獣医学部の設置について」という資料が公開されています。

www.pref.kyoto.jp/seisakuteian/documents/281125_25.pdf

下は、PDFキャプチャ

Kake20

これ以降の経緯は不明(※)ですが、諮問会議に持ち上げされることなく終了しています。

 

要するに、過去の記事(→カテゴリ『加計学園に見るマスコミの捏造』 )で見てきたように、民進党・高井祟志等の尽力で、ようやく今治市が獣医学部新設を認められた後に、京都産業大学も新設を求めた話で、特区以前に認められなかったわけです。

 

【※追記】朝日新聞のサイトの記事『加計計画「できない選択肢ない」 内閣府要求の日時記録』(2017年5月18日04時57分配信)に下のような時系列が提示されています。

As20170518000063_comm

これによると、2016年11月に「特区諮問会議(議長・安倍首相)が「空白地位」に限り新設認める方針」とあり、これにより、「京都府・京産大が新設を断念」とあります。そこで、国家戦略特区諮問会議の議事録(←左記サイトの第25回 平成28年11月9日の項)を閲覧したところ、この中でこのような決定は見当たりませんでした。

一方、これに関連して興味深い文書が見つかりました。(www.oka-vet.or.jp/281205.pdf) 『「国家戦略特区における追加の規制改革事項について」の決定に伴う告示改正に関する意見募集の周知及び同募集への対応について』と題された、平成28 年11月28日付の日本獣医師会会 長 藏内勇夫氏の名前で出されたものです。宛先は、「地方獣医師会会長 各位」です。

この中で、

ところが、11月9日に開催された第25回国家戦略特区諮問会議において、「国家戦略特区における追加の規制改革事項について」の中で、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う。」ことが決定されました。

と書かれています。国家戦略特区諮問会議の議事録には直接このようなことは言及されていませんが、“「空白地位」に限り”というと一致します。

この文書には更に、

更に、今回の今治市に係るものと想定される国家戦略特区諮問会議決定を契機として、他の国家戦略特区又は特区以外の地域においても獣医学部の新設が次々と認可されるような事態は、何としてでも阻止しなければなりません。

とも書かれています。

改めて国家戦略特区諮問会議議事録(第25回)を読むと、“「空白地位」に限り”というより、“空白地帯を念頭に置く。”、“新たに特区を指定することは考えていない”という趣旨の発言が見受けられます。テレビ朝日など、一部のメディアは“急に条件を変えて、京産大を閉め出した”という言い方をしていますが、先の発言はちょっとニュアンスが違うのではないでしょうか。

結果は獣医学会の希望通りになっています。

個人的には、こんなに“岩盤規制”が固く、直前(2016年1月)にようやく数十年ぶりに獣医学部新設が許可されたばかりで、それをよく知っている京都府や京都産業大学が2ヵ月後の3月に申請する方が不自然に感じるのですが...(暴言かも知れませんが、“加計学園だけ”が認可されたように見せるためのアリバイ作り?と考えてしまいます。)

 

 

この記事に使用している画像はご自由にコピー&配布してくださって結構です。


 

2017/05/22

【テレビ朝日捏造報道】報道ステーションで加計学園の資料は2枚だけというのは嘘

5月18日放送の報道ステーションで、新たに獣医学部の設立を目指す加計学園と、時期は異なるが過去に名乗りを上げた京都産業大学とで、何故、加計学園に軍配が上がったか、という内容の報道がありましたが、捏造が発覚しました。

 

加計学園がたった2枚の資料しか提出していないように見せかけたが...

映像では、京都産業大学が提出した応募資料がA4版で20枚、一方、加計学園はたった2枚の資料しか提出されていないのに...というナレーションと共に、下のような映像が流れます。

Kake12

 

Kake13

 

こんな杜撰な資料なのに、といいたいのでしょうが、これは実は正しい資料では無く、今治市の商工会議所が参考に作成した資料でした。実際に加計学園が提出した資料は28枚あります。(後述)

また、この報道の流れだと、まるで今治(特区)に進出を応募したのが京都産業大学と加計学園の2校で、かたや20枚、かたや2枚の資料で2枚が勝ったようなミスリードをさせています。(京都産業大学は新たに獣医学部を新設したい(建設予定地は京都府綾部市)という別個の申請です。また、そもそも20枚や28枚の資料だけで決定されるわけがありません。)

5月22日の参議院予算委員会でに共産党・小池晃議員が新たな資料と工程表のようなものを出してきましたが、今治の場合は特区の申請であり、大学の誘致とセットなのは当然で、工程表は必要でしょう。

 

森ゆうこ議員の「MARS」発言部分は悪質な切り貼り

番組ではその後、自由党森ゆうこ参議院議員が国会で質疑している映像が流れ、MERSと書くべきところをMARSとなっていると、スペルミスを指摘します。これも杜撰さを強調したいのでしょうが...

Kake14  

しかし、本物の提出資料は『内閣府地方創世推進事務局』のサイトでで公開されていて誰でも見ることができます。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/hiroshimaken_imabarishi/imabari/dai2_shiryou.html

 

下は上記サイト画面のキャプチャです。 

Kake15

 

実際に商工会議所の資料を開いてみると...

Kake16

 

スペルミスが見られ、報道ステーションが映していた資料と同一だと分かります

が、驚くことに、右上に「今治商工会議所」の文字が見えます。つまり、この資料を撮影する際、この文字を見ているはずなのに、あたかも加計学園がこの資料を提出したかのように見せるため、映像ではアップにして、 「今治商工会議所」が画面に入らないようにしているのです。

 

ちなみに、森議員の上記発言は『第193回国会 農林水産委員会 第7号』 (2017年4月11日)でのもので、こちらで議事録を読むことができます。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0010/19304110010007a.html

発言部分をキャプチャしたのはこちら。(画像が別ウィンドウで開きます。) 

通告なしでの発言(←不意打ちで失言などを引き出す質疑のテクニック)ではありますが、ここでは単にスペルミスを指摘しているだけで、しかも、「国家戦略特区の今治部会で、分科会、平成二十八年九月二十一日に今治市から提案されたこの二枚の資料なんですけれども」と今治市が作成した資料と明言しています。

この時点では“今治市が国家戦略特区として獣医学部を誘致したい”という段階なので、加計学園は関係ありません。

それをテレビ朝日はこの発言だけ切り取ってニュースに使用したのです。

 

 

自民党憎し?安倍憎し? 何がこんなに捏造を報道するモチベーションになっているのかは知りませんが、子供じみた手法で、あまりに視聴者を馬鹿にしています。

 

今治市の長年の努力を政争の具にした民進党とマスコミ

 

また、政争に利用されて、長年の悲願をメチャクチャにされた愛媛県今治市が気の毒になります。

こちらは今治市の『「構造改革特別区域」について』と題したサイトです。(→http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kouzoukaikaku_tokku/) ここに公開されているだけでも10年前から特区の指定を受けようと、様々な企画提案を続けてきたことが分かり、いかに悲願だったのか理解できます。

【関連記事】 

 

これを読むと分かるのは、今治市は昭和50年(1975年)から大学の誘致を目指して活動。42年越しの悲願が要約叶うところでした。

 

 

 

この記事に使用している画像はご自由にコピー&配布してくださって結構です。


 

【偏向報道】日本テレビの報道・情報番組が偏向な理由【バンキシャ!、ミヤネ屋、他】

この記事は『【加計学園問題の本質】安倍政権潰しと加計学園潰しの二兎を追う者は一兎をも得ず』から独立させました。

 

民進党・玉木雄一郎議員の公設秘書・渡辺満子氏は元日本テレビプロデューサーであり、玉木議員のメディア戦略を担当している。また、首相・自民党総裁だった大平正芳の孫娘。(玉木議員の妻が大平正芳の親戚だった縁とのこと。/玉木雄一郎Wikipediaより)

夫はコンテンツ製作会社・日テレアックスオン(AX-ON)の取締役会長・渡辺弘氏。

 

 

Kake10

 

渡辺弘氏は、元・日本テレビ放送網取締役専務執行役員で、日テレアックスオンのトップ。

日テレアックスオンは、深層NEWS、真相報道バンキシャ!、news every、NEWS ZERO、情報ライブミヤネ屋、スッキリ、等、日本テレビの報道・情報番組を一手に製作している、日本テレビホールディングス株式会社の100%子会社。

 

Kake11

 

従って、日本テレビの報道・情報番組で民進党に不利な報道は行われません。

 

 

この記事に使用している画像は子自由にコピー&配布してくださって結構です。


 

2017/05/21

【加計学園問題の本質】安倍政権潰しと加計学園潰しの二兎を追う者は一兎をも得ず

この記事はブログ主の覚え書きとして、加計学園の問題をまとめておくものです。

 

このところ、愛媛県今治市に設立予定の加計学園(岡山)を巡って、首相の友人と言うことで“特別な忖度”があったのではないか、と一部野党が追及しており、その“証拠”(?)とされる怪文書まで現れました。

この件で産経新聞WEB版で『追及側の民進党、玉木雄一郎氏、獣医師連盟から100万円献金 「規制改革の邪魔しているだけじゃ」 民進議員が「獣医学部新設」を国会で陳情の過去も』という記事が公開されています。(URL:http://www.sankei.com/politics/news/170521/plt1705210005-n1.html

 

 

 

 

記事は長いのですが、後半は衆議院議事録(平成28年4月26日『地方創生に関する特別委員会』)の転載なので、要約すると、

 

  • この追及の先鋒となっている民進党の玉木雄一郎議員が2012年(平成24年)に日本獣医師会より百万円の献金を受けている。
  • 父親が香川県獣医師連盟の副会長をしており、弟も獣医であること。
  • 民進党・高井祟志衆院議員(岡山県選出)が平成28年4月の衆院の地方創生に関する特別委員会で「今治に獣医学部の新設を」と請願していたこと。

 

を報じています。

ソースは後半にまとめるとして、この件に関しては、「獣医師は足りている」と主張し大学新設に反対する日本獣医師会から利益供与を受けた議員が、“産業動物医不足解消をめざし、獣医大学の空白地であった四国への大学設立”を邪魔をしている、という構図です。

しかも、その手法が真偽も不確かな怪文書というお粗末なもの。(なお、この文書をほぼ事実とお墨付きを与えている北村直人元衆議院議員は獣医師であり、現在、日本獣医師会顧問)

どうやら、この背景には産業動物を診る獣医師は不足しているにも関わらず、ペットを扱う獣医師の増加を防止したい日本獣医師会の意向があるようです。

ついでに(?)安倍政権を攻撃しようとしたところ、そもそもは民主党(民進党)議員の要請であった、という“二兎を追う者は一兎をも得ず”どころか、またもやブーメランであったということです。

 

以下、ソースを列挙します。

 

2017年01月30日付 日本獣医師会 会長短信「春夏秋冬(42)」 「獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」

国家戦略特区諮問会議で「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う。」という規制緩和に憤るという内容の発言。

http://nichiju.lin.gr.jp/test/html/aisatsu/shunkashuutou/log42.html
(平成29年1月30日 公益社団法人 日本獣医師会 会長 藏内勇夫)

 

 

2011年05月19日付 民進党玉木雄一郎氏のブログ『動物保護に取り組むわけ 』

http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10897029715.html

自身の「父と弟は獣医です」、「特に、父は産業動物の獣医として、長年、牛や豚を診てきました。」と告白している。父親とは香川県獣医師会副会長の玉木一将氏。

 

『第72 回 通常総会の開催 - 日本獣医師会』会議報告

 

平成27年(2015年)6月22日(月)の総会内での玉木議員の発言

Kake04
PDFよりキャプチャ

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06808/a2.pdf

 

民進党玉木雄一郎氏の平成24年収支報告書

平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けていた。

http://openpolitics.or.jp/pdf/370301/2012.pdf

この件を含めて、自身のブログ、2017年5月23日付記事『私が質問したのは、日本獣医師会の既得権益を守るためか? 』で、「関係法令に基づいて適切に処理されており、何の問題もありません。」と反論しています。

しかし、“100万円寄付したかもしれない”というだけで首相夫人の籠池家との親密さを強調、誹謗するのに、“実際に100万円受け取った”ことは問題ないの一言で済ますのでしょうか。

そう言えば、首相夫人には、Facebookなんかで反論せずに記者会見を開けと迫っていたのに、自分はブログで反論。笑止千万です。

 

2016/04/26  『第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第13号(平成28年4月26日(火曜日)) 第13号』 平成28年4月26日(火曜日) 議事録

この中で、民進党・高井祟志衆院議員が、四国への獣医学部の設立を要請。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/028719020160426013.htm

Kake01
上は議事録(PDF)のスクリーンショット

 

2010年(平成22年)1月27日参議院予算委員会 議事録

「第174回国会 予算委員会 第17号」の中で、民主党加藤敏幸議員が四国の産業獣医師不足を訴えている。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/174/0014/main.html

平成22年1月27日議事録: http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/174/0014/17401270014002.pdf

Kake02
上は議事録(PDF)のスクリーンショット

 

これに続く赤松農水大臣(民主党)は、ペットブームで小動物、犬や猫を扱う獣医師は増えているが産業動物を診る獣医師はますます不足していく見通し」と発言。

Kake03
上は議事録(PDF)のスクリーンショット

ちなみに当時は鳩山内閣。

 

 

2017/05/19 フジテレビ『ユアタイム』

YouTubeにupされた音声のみなのでURLは省略。

玉木雄一郎議員が出演。俳優・別所哲也氏から怪文書の内容に関し、「(そもそも本物だとして)違法なんですか?」と質問されて言葉を濁し、再度、「で、違法なんですか?」と突かれて違法では無いとの発言。

また、それに先立つ5月17日(水).  「BSフジLIVE プライムニュース」 に出演し、文書の真偽の程は分からない旨発言。役所ではこのような“詠み人知らず”の文書はよくある、という希薄な根拠のみ示した。

 

その他、新たな情報があれば加筆修正します。

 

 

 


 

5月19日民進党加計学園疑惑調査チーム愛媛・今治市を訪問

(動画よりキャプチャ)

Kake05

Kake06

Kake07

Kake08

Kake09_2

閉店ガラガラ

 

動画: http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00358734.html

 

真相報道バンキシャ!等、日テレのニュース番組で加計学園問題を正しく報道しない理由

 

この記事は別記事『【偏向報道】日本テレビの報道・情報番組が偏向な理由【バンキシャ!、ミヤネ屋、他】』にしました。

この記事に使用している画像はご自由にコピー&配布してくださって結構です。


 

2017/05/16

【ブログ主覚書】憲法9条を読んでみよう

2017年5月3日付読売新聞に掲載された安倍首相のインタビューをきっかけに改憲を巡っての議論がなされています。

後述のように、直接的には9条の1項と2項を残したまま、3項以降で新たに自衛隊の存在を明記するという趣旨の発言が波紋を広げているわけですが、1項と2項という短い条文も読んだことがない国民が少なからずいるというのに驚きます。(“なんとなく”反対する派はこれでしょう。)

 
  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
     
  2. .前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

子供が読んでも、自衛隊の存在に疑問を持つでしょう。自衛隊は「陸海空軍その他の戦力」に当たらないのかと。 2項の前提となる1項も、「国際紛争を解決する手段」としか書かれておらず、特に“侵略の手段”などと限定するものではありません。

これに加筆(加憲)で自衛隊の存在を明記するということは、但し書きみたいになるのかと想像しますが。

 

Yomiuri_200170503_1

 

Yomiuri_200170503_2

 

個人的には、そんなことをするなら、1項2項を自衛隊の存在と矛盾しないように書き換えた方がよいと思いますが、“加憲”が落としどころなのかも知れません。ということで、加憲案には消極的賛成。少なくとも、議論すらできない状態から脱せられたのは感慨深いことです。

 

【追記】※この項書きかけ

BSフジ プライムニュース(2017年5月16日 『「9条に自衛隊明記」 首相発言で論議加速化 改憲のあるべき姿とは』 

出演:  西修 駒澤大学名誉教授 /井上達夫 東京大学大学院法学政治学研究科教授(リンク先はWikipedia)

 

西修氏改正私案(第9条を残し、米国式に憲法改正条項を付け加える)

第9条の2

  • ① 日本国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、自衛隊を保持する。
  • ② 自衛隊の最高の指揮監督権は、内閣総理大臣に属し、自衛隊の行動については、政治統制の原則が確保されなければならない。
  • ③ 自衛隊の編成および行動は、法律でこれを定める。

 

解説(書きかけ)

 

 

 


 

2017/03/16

【自作宅配ボックス】なんちゃって宅配ボックスを設置してみた/日本郵便への届け出の必要性について

近年の通販消費の拡大で、宅配荷物が業者の処理能力を上回っているようです。

主な原因は、荷物の数の増大ももちろんですが、配達時間帯の集中や不在持ち帰りによる負担が大きいとか。

特にヤマト運輸ではAmazonの荷物が約2割を占めているそうですが、最近は、身近で買えるにもかかわらず、重たい水や米、嵩張る紙おむつなど、サービスの割に送料がタダみたいなものなので、通販を利用する人が急造しているという話です。

 

 

 

 

下の画像は拾いものなのですが、まあ、これを見て分かるのは、通販の便利さは、日本の場合、ロジスティクス分野の発達、あるいは宅配業者の過剰なサービスの賜物なのですよね。アメリカのように、不在なら庭先に放り投げていく、などということもないし。

 

Amazon_england
(画像が大きくて全て表示されない場合は、画像の上で右クリックして表示されるメニューから別タブで開いて下さい。)

 

ブログ主は、それほど通販を利用する方ではないので、受け取れるよう調整して注文しています。また、クロネコメンバーズ(※)にも登録しているので、ヤマト運輸に限定されますが、歳暮や株主優待品のような不意に送られてくるものも事前にメールで発送の通知が来るし、なるべく待機して1回で受け取っていることの方が多いのですが、それでも配達予定時刻の数時間は拘束されるので、マンションのような宅配ボックスがあれば便利だろうな、と思っていました。

 

※ヤマト運輸のネットサービスで、登録しておくと、荷物を引き受けたときにメールで通知される他、ネットで配達日時の変更も可能で、ネコポスのような郵便受けに投函される荷物も、投函後にメールが来るので、何度も郵便受けを覗く必要がありません。

また、ブログ主は利用していませんが、「マイカレンダー」という機能もあって、受け取れる曜日や時間帯を登録していて、配達時間をその時間帯に自動的に変更してくれるサービスも利用できます。

(まぁ、こんなふうに便利な仕組みを作って不在防止などに努めているので、もう限界を超えているのでしょう。)

 

宅配ボックスは市販されていて、受領印を押せる高機能のものから、折りたたみ式でワイヤーなどでドアノブや格子などに結びつけておくだけの安価(5,000円程度)で簡易なものから色々ありますが、見た目や価格など、あまり好みに合うものが見つかりません。

 

 

そこで色々調べてみたら、結構市販品を利用して自作している例が見つかったので、ブログ主も作ってみることにしました。

 

自作品で多いのが、

“木製のガーデン収納庫や樹脂製の小物入れ(ガーデンストッカーのような商品名)にワイヤーを付けたり重たいレンガなどを入れておき、中に印鑑と南京錠を入れておく”

という方法です。

勝手に判を押して貰って、荷物を入れた後、南京錠を掛けて貰うようです。(開錠する鍵は当然家の中)

 

 

ブログ主が参考にしたのは、下の商品の仕様説明のページです。

 

 

(↑の商品は売り切れのようで、商品画像が表示されなくなりました。商品ページ自体は生きているようで、仕様説明は閲覧することができます。)

ベンチタイプのストッカーはあまり収納スペースが大きくないのと、開閉することを考えると、上に物を載せることができないので、物置のような収納庫を選びました。

こんなの↓。

 

Takuhai_box01  

 

【類似商品】

 

 

Takuhai_box06

 

上は商品の画像を使って加工しましたが、自宅に置いたのは左の画像です。

割と安い製品で品質はそれほど良くなく、特に塗りが1度塗りくらいだったので、組み立ててから腐敗を防止する保護塗料を塗りました。(以下の画像は塗料を上塗りする前。)

これに、南京錠を掛けられるよう、掛け金を付けました。

Takuhai_box03

 

中には荷物を置くスペースを残して、それ以外のスペースに庭で使うような道具を入れているだけなので、普段は施錠せず、南京錠とシャチハタは物置の中に放り込んであります。(あ、ATOKが教えてくれましたが、社名はシ“ャ”チハタじゃなくて、シ“ヤ”チハタなんですね。キヤノンと同じ理由でしょうね。)

 

Takuhai_box02

 

物置の上には、こんな立て看板。

 

Takuhai_box04

 

我ながら完璧! と、自画自賛。

 

まだ実際に使って(使われて)いませんが、次に宅配便を受け取るときに説明しておこうと思っています。

 

ところで、日本郵便の場合、届け出をしないと宅配ボックスに入れてくれないという話を聞いたので、メールで問い合わせしてみたところ、下記のような回答が来ました。(一部抜粋)

 

この度、お問い合わせいただきました、宅配ボックスへの 配達につきましては、お客様より事前に、配達担当局窓口にて 『指定場所配達に関する依頼書』をお届出いただくか、 もしくはご利用条件を満たしている宅配ボックスである場合は、 依頼書のご提出がなくとも、ご不在時には宅配ボックスへの 配達を行っております。

※なまもの、クール《冷蔵、冷凍》等、宅配ボックスへのお届けができない郵便物等もございます。

なお、お住まいの設置の宅配ボックスが ご利用条件を満たしているか等につきましては、大変お手数とは存じますが、 お住まい地域の配達を担当する○×郵便局(代表電話番号:■■■■■■)】へ、 直接、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

“利用条件を満たしている”宅配ボックスとは、多分本格的な(宅配ボックスごと、あるいは壊されて盗難されないような)ものなのでしょう。また、地域の担当郵便局毎の判断というのは、周囲の環境によるのでしょう。

とりあえず、 『指定場所配達に関する依頼書』は出さずに様子を見てみることにします。

【追記】その後、在宅時にJPからの宅配物を受け取ったときに見てもらったところ、次回、不在の時には使ってくれるとのことでした。

 

Key_hook

また、南京錠の鍵を探し回らなくて済むよう、端材(かまぼこ板等)でキーフックも用意しました。(リンク先は該当記事)

 

 

 


 

2017/02/05

【Mapionキョリ測】ウォーキングルートの距離を地図上で計る

最近、ウォーキングを始めたので、歩いたルートの距離を測れないかな?と思って探したら、「Mapionキョリ測」というサイトをを見つけました。(→https://www.mapion.co.jp/route/

 

だいたい直感的に使えるのですが、こんな感じ↓でルートをなぞることで距離を測れます。

 

Mapion01

 

 

 

ユーザ登録すると、ルートを100まで登録できるようですが、とりあえず距離を測るだけなら、ユーザ登録の必要もありません。

 

スマホアプリなら、GPS機能を使って距離を測ったり記録を付けられるものがありそうですが、このサイトなら、歩いてみようと思うルートの距離をあらかじめ測るというような使い方もできそうです。

 

ちょっと使ってみて分かったのは、道路に沿って自動的にルートが描かれるわけではないので、スタート位置をクリックした後、最終目的地をクリックで指定したら直線ルートと距離が表示されます。

そのため、起点から曲がり角に行くたびにクリックしてルートを描くという方法か、スタート位置(下図-①)と最終目的地(②)を結んだ直線の途中をドラッグしてルートを道路に沿うよう修正(③)していきます。

 

Mapion02

 

道路に沿う必要が無いということは、公園の中を突っ切ったりする場合も、手動でルートを描けることになります。

 

 

また、ルートの距離を測るという使い方だけでなく、性別や年齢、体重を指定すると消費カロリーを計算したりする機能もあり、自分の歩くペース(時速)を入力することで、より正確な所要時間も予測できます。

なお、ルートのURLをブログなどに貼り付けることもできます。

「URL」というアイコン(メニュー)をクリックするとタグが表示されるので、「ブログに貼る」という欄のタグをコピーして、ココログなら「HTMLの編集」に切り替えて貼り付けます。

 

Mapion03

 

記事編集画面にはなにも表示されませんが、「確認」ボタンでどのように表示されるか確認できます。↓ (閲覧者のブラウザ側はAdobe Flashを有効にする必要があります。)

 

 

 

上の「大きな画面で見る」と言うボタンをクリックすると別ウィンドウで最初に貼った画像のルートが表示されます。(ただ、年齢とか体重とかもそのまま表示されるようで...coldsweats01 念のため書いておくと、設定してある内容はデフォルト値のままです。)

 

 

 


 

2016/12/19

トイレを表す絵文字(ピクトグラム)は日本で生まれたものだった

この記事はブログ主の覚え書きです。

Pictogram_toilet

トイレを表す絵文字(ピクトグラム)と言えば、男女のシルエットのマーク。

今では日本のみならず、デザインは多少異なれど、様々な国で見かけます。

これが日本で生まれたというのはご存知ですか?

これは10月13日付けの日経に掲載されていたコラム『 Pictogram_toilet を生んだ11人の侍』で知りました。

そもそもこのコラムは2020年の東京オリンピックに関連して、オリンピックの競技を表すピクトグラムの始まりを説明するもので、現在、どのオリンピックでも当たり前のように目にする競技のシンボルは、1964年の東京オリンピックが最初で、これに合わせて各施設を表すシンボルマークは若手デザイナー達が作り上げたそうで、記事のサブタイトルは『ピクトグラム、64年大会のレガシー』(【ブログ主註】legacy:遺産、遺物)となっています。

 

 

ブログ主は気になった記事やもう少し掘り下げて調べてみたい記事などはしばらく捨てずに保存しておくのですが、これもそんな記事の一つです。

 

ヒントは『家紋』から!?

国際オリンピック委員会(IOC)はフランス語と英語が公用語で、この2言語での表記が義務づけられいますが、これでは日本人には分からない、また、日本語も外国人にはほぼ通じないと、競技と必要最低限の施設の意味が分かるようにと、東京五輪アートディレクターを務めた勝美勝氏がシンボルマークを作ることにしたとのこと。

なんと、ヒントになったのは日本伝統の『家紋』だそうです。

既に競技シンボルは山下芳郎氏が五輪前年までに完成させていましたが、食堂、トイレ、バス停などと言った施設シンボルは作られてはおらず、これでは選手村内でも混乱が生じかねないと気づいたのは大会直前。ピクトグラムを作るために当時20~30代の若手グラフィックデザイナー11人が集められたのは64年2月だったそうです。

田中一光氏、横尾忠則氏、宇野亜喜良氏、福田繁雄氏等、後に大家となった新進気鋭のデザイナーが参加しています。(リンクはWikipediaの各項)

なお、オリンピックのこのようなシンボルマークは東京オリンピック以前にもありました。しかし、言語のバリアを取り除くというコンセプトで各種シンボルマークが統一して作られたのは東京オリンピックが初でした。(参考:『The History of the Olympic Pictograms: How Designers Hurdled the Language Barrier』/オリンピックのピクトグラムの歴史: デザイナーはどのようにして言語という障害を乗り越えたか』@Smithsonian.com)

1964年東京オリンピックのピクトグラム

 

記事には11人のデザイナーによる共同作業の様子が書かれていました。

“まず、「お題」を出す。一斉に11人が絵を描き、それぞれの絵について議論、一つのシンボルに落とし込む。”

「食べる」、「着替える」という行為を絵で説明すると複雑になりシンボル化しにくいようなものは、、五輪全体の統一感を重視し、亀倉雄策氏がデザインした五輪エンブレムから逸脱しないように作っていったそうです。

Tokyo 1964 Summer Olympics logo

 

トイレのシンボルマークはマリー・クワントのドレス!?

最終的に35種類の施設を表すマークが完成しましたが、トイレはドレス姿の女性とスーツ姿の男性をイメージしています。

 

「ドレスは当時最先端のマリー・クワントのミニスカートを参考にした。このトイレマークが後に世界中に広まったのには驚いた。」

と思い出話を語るのはまとめ役だった道吉剛氏。

手元にソースとなる記事が見つからないのですが、他の新聞記事で、これらシンボルマークの権利は自由に使って貰いたいと放棄したというのを読んだ記憶があります。だからこそ世界共通のマークとなったのでしょうか。

当時はデザインにはほとんど予算はなく、彼ら若手デザイナー達はほぼ無報酬で仕事をやり遂げたそうですが、代わりに開会式の席が全員分用意されたとのことです。

 

昨今の2020年東京五輪を巡るゴタゴタを見るにつけ、当時の日本人の気概や気骨はどこにいってしまったのだろうと思います。

 

 


 

2016/12/10

【科学】秋の紅葉だけではない、春の新芽に赤い葉があるわけ

この記事はブログ主の覚え書きです。

日経新聞土曜版に子供向けの解説記事があるのですが、10日付けの紙面で、植物の紅葉のメカニズムについて解説がなされていました。

紅葉(黄葉も)は葉の色素の増減、ということはブログ主も知っていたので、へぇと思ったのは、

植物が生きるのに必要だと思っていた日光が葉にとって害をなす場合があるということ。

これが、カエデ(モミジ)など新芽の赤い植物があることの説明でした。

 

“紅葉や紅葉は緑色の色素(クロロフィル=緑色の色素)が減るため”

植物の葉が通常緑色をしているのは、クロロフィル=葉緑素があるせいですが、葉緑素を含む葉緑体は光合成を行います。

光合成とは根から吸い上げた水と空気中の二酸化炭素、日光より行われるわけですが、冬になると、クロロフィルが減り、元々あった黄色い色素が目立つようになったり(黄葉)、新たに赤い色素が作られる(紅葉)からですが、例えばイチョウの黄葉はカロテノイドという黄色い色素のせい、モミジの紅葉はアントシアニンという赤い色素のせいです。

 

Image_green_leaves

 

ではなぜ、クロロフィルが減るのかというと、記事によると、

“寒い季節は光合成の能力が下がって、夏と同じように光を使い切れなくなるよ。その時余分な光が当たると、葉を傷めてしまう。この光から葉を守ろうと、アントシアニンを作って光を遮ろうとしていると言われているよ。”

子供向けに「森羅万象博士」が説明してる形なのでこのような口調です。

ちょうど、人間が強い光から目を守るために濃い色のサングラスをかけるようなもの、という説明でした。

 

Image_red_leaves

 

ブログ主にはちょっと、余分な光が葉を傷めるというところが理解できないのですが、落葉のメカニズムの説明をしているサイトがありました。(またまた、東大農学部の子供向けのサイトなのですが...coldsweats01

 

“落葉は、寒さが厳しい冬か、水分の乏しい乾季に起こります。葉には、光合成を行う働きの他に、根から吸い上げた水分を葉の気孔から蒸発させる働きがあります。寒さが厳しく水分を十分の吸収することができない冬に葉を落とすのは、水分不足で枯れてしまわないためです。”

 

光合成を行うより、水を蓄える方が大事、という理由なんでしょうか?(ここは素人考えなので正しいかどうかは分かりません。)

 

“新芽が赤い植物があるのはなぜ?”

記事によると、カエデ(モミジ)の新芽が赤いのも、アントシアニンで余分な光を遮り、傷つきやすい新芽を強い日差しから守るためなのだそうです。

 

“ポインセチアが赤くなるのはなぜ?”

他にも、メカニズムの話ではありませんが、ポインセチアの葉が赤くなる理由も説明されていました。理由というか、“戦略”と言った方がいいかも知れません。

 

Euphorbia pulcherrima redfox1

 

ポインセチアは日の当たる時間が短くなると葉(正確には、葉が変形した包葉/苞葉〔ほうよう〕)が色づくのですが、これは中心に咲いている黄色くて目立たない花の代わりに虫をおびき寄せるためと言われているそうです。

 

一方、よく生け垣に使われるカナメモチ(バラ科の常緑小高木)は春に葉が赤くなりますが、この詳しい仕組みはまだ分かっていないそうです。

Photinia glabra4

 

 


 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り | 我が町 | 【cocolog】 cocologの楽しみ方 | 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 | 【cocolog】Request URI too Largeエラー | 【cocolog】webページの活用 | 【cocolog】アクセス解析・SEO | 【cocolog】カテゴリの管理 | 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 | 【cocolog】マイフォトの活用 | 【cocolog】今更きけないココログ | 【cocolog】画像の管理 | 【IT】 パソコン・インターネット一般 | 【IT】win8/win8.1 | 【IT】 Excel条件付き書式 | 【IT】 Excel/Word一般 | 【IT】Excel/Wordでお絵かき | 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる | 【IT】@niftyマイキャビ | 【IT】フリーソフト | 【IT】CANONプリンタ MG7130 | なんちゃってドールハウス1 | なんちゃってドールハウス2 | ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 | ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 | ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い | ┗【HowTo】ボンド水 | ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 | ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 | ┗ 【HowTo】椅子の作り方 | ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る | ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る | ┗【HowTo】template Maker | ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWordのテクニック | ┗【HowTo】筆の洗浄 | ┗【HowTo】資材・塗料の整理 | ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ | ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る | ┗【テーマ別】ハロウィン | ┗【テーマ別】クリスマス | ┗【テーマ別】クラインガルテン | ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) | ┗【テーマ別】公園のカフェ | ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット | ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス | ┗【テーマ別】パン屋 | ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) | ┗【テーマ別】正月 | ┗【テーマ別】節分 | ┗【テーマ別】端午の節句 | ┗【テーマ別】夏の風物詩 | ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド | ┗【道具】おもちゃの機織り機 | ┗【道具】デジタルスケール | ┗【道具】パイプカッター | ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル | ┗【道具】ヘッドルーペ | ┗【道具】リューター | ┗【道具】粘土工作の道具 | ┗【道具】粘土用ニス | ┗【道具】撮影ボックス | ┗【素材】スイーツデコソース | ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード | ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 | ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 | ┗【素材】フローラルテープ | ┗【素材】ミラーシート | ┗【素材】モデナペースト | ┗【素材】レジン | ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 | ┗ 【分野別】家具 | ┗ 【分野別】キッチン用品 | ┗ 【分野別】食器・容器 | ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 | ┗ 【分野別】本・雑誌 | ┗ 【分野別】 庭・ガーデン | ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー | ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ | ┗ 【分野別】植物 | ┗ 【分野別】おせち料理・和食 | ┗ 【分野別】洋食・中華 | ┗ 【分野別】和菓子 | ┗ 【分野別】洋菓子・パン | ┗ 【分野別】飲み物 | ┗ 【分野別】野菜・果物 | ┗ 【分野別】その他食品 | 100円ショップで見つけたもの | 【プチ工作】100均アイテムリメイク | 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ | 【プチ工作】未分類 | 外国語の学習 | 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 | 【生活】地デジの対策 | 【生活】災害/東北関東大震災関連 |  ┗龍田小・中のAmazon欲しい物事件 | 【生活】金融・投資・税金 | 【生活】豆知識・その他覚書 | 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) | ガーデニングっぽい何か | (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) |  ┗加計学園問題に見るマスコミの捏造 | test | スポーツ | 住まい・インテリア | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

我が町!大師の情報

  • 現在外部サイトの内容を当ブログ内に移転作業中です。
    外部サイトの『大師の歩き方』はこちらから。
    2014/10/25 10月後半から11月にかけて、川崎駅周辺では「いいじゃん川崎」(10/18、19)、ハロウィンパレード、市民祭りなど、気軽に参加できるイベントが目白押しです。

    大師の歴史・町名の由来

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ