最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


【国際】徴用工問題(軍艦島)

特に『緑なき島』問題

2023/12/29

【軍艦島の真実】NHK、軍艦島元島民との面談を許否【緑なき島】

軍艦島に関しては久々〔2023/06/22以来〕のエントリーです。

NHKの昭和30年に製作・放送したドキュメンタリ映画『緑なき島』の坑内シーンでは、韓国に誤った端島炭鉱のイメージを植え付けました。

 

20201117_gunkanjima05
▲『緑なき島』のキャプチャ

 

明らかに端島とは思えない褌一丁の作業姿から、端島以外の炭鉱あるいは炭鉱跡などで演出した映像を挿入したと思われますが、NHKはそれを認めず、元島民との面会もNHK会長は拒否したようです。

 

* * * *

https://www.sankei.com/article/20231228-4IVXEG7Q5ZMVHDNOI53JGA6ZNY/
軍艦島元島民との面談「恐れながら辞退」とNHK 問題進展せず
2023/12/28

「軍艦島を巡る状況は、何も進展していない」。NHKが昭和30年に放送した番組「緑なき島」の炭坑映像が、朝鮮半島出身者が非人道的待遇を受けた証拠として韓国のテレビ番組や展示などで使われている問題で、長崎市の端島(通称・軍艦島)の関係者は、そう嘆く。〔...

番組の炭坑映像は、坑道の狭さや裸同然の作業員の様子などが「端島炭坑と異なる」と元島民らから指摘されている。NHKは韓国KBSに番組映像を提供し、子会社はDVDを一時販売。結果的に映像は「地獄島」のような印象作りに利用され、元島民の名誉を傷つけている。

NHKは元島民らの求めに応じて行った検証の結果として令和3年12月、「映像が端島炭坑以外のものであるとの結論には至らなかった」と報告した。〔...

* * * *

 

『緑なき島』の炭鉱シーンは、既にCGや博物館の人形といった二次創作物まで生み出しています。

しかし、実際の端島の坑内、作業風景は、それとは全く異なるものでした。〔下記ポスト参照

 

 

  

* * * *

 

ところで、下の画像はいつの時代の炭鉱だと思われますか?

 


20231229_gunkan02

 

この画像は、和田好幸氏のサイトから、画面のキャプチャでお借りしたもので、大きな画像は左記リンク先で見る事ができます。

『緑なき島』の炭鉱シーンを彷彿させますが、これは昭和22年(1947)に撮影された常盤炭鉱の写真だそうで、ドキュメンタリー映画が撮影される、たった8年程前です。

NHKの当時のスタッフはこのようなイメージを炭鉱に抱いていたのかも知れません。

上記写真には「褌一丁で常盤炭鉱を視察する商工省・水谷長三郎大臣 1947.06.30」というキャプションが付けられていますが、眼鏡を掛けた男性が水谷大臣です。

 

ブログ主は、誤った端島炭鉱のイメージは必ず払拭しなくてはならないと思っています。

ただ、端島を ”地獄島” などと歪曲するのは、褌一丁の作業姿だけでは無いと思っています。

戦争直後の浮浪児を収容した牢屋のような写真をイラスト化して軍艦島の絵本に使ったり、恐らく偽物と思われる元朝鮮人労働者の証言、更には一般的な自称元徴用工が証言する、「給料が貰えなかった」、「食事が不十分だった」、「殴られた」などという奴隷労働のイメージ...、これらが総合して、端島のイメージを歪めていると思います。

 

NHKに ”やらせ” を認めさせる事は重要ですが、それができた後、KBSに使わせている映像や博物館が無断使用している映像の使用差し止め、CG等の二次創作物をどうするか...。

結局は、端島炭鉱は実際には『軍艦島の真実』さんがポストしているような近代的で安全管理の行き届いた職場であり、端島での暮らしはこうだったという事を情宣する方が早いのではないでしょうか。

『緑なき島』以外の映像資料があるのかどうかは分かりませんが、実際の端島の姿を発信する動画などは作れないものでしょうか?

国から費用が出ないのであれば、クラウドファンディングに協力する人は多いでしょう。

 

 

  


 

 

 

 

2023/10/12

【反日】長崎の「岡まさはる記念長崎平和資料館」、生前のセクハラ問題で休館へ

まずは、一時休館を報じる読売の記事をご紹介します。

 

https://www.yomiuri.co.jp/national/20231009-OYT1T50066/
長崎の牧師が生前に「性暴力」、活動伝える平和資料館休館へ…運営側「被害者に寄り添い対応」名称変更も検討
2023/10/09 10:29

 朝鮮人被爆者の実態調査などに取り組んだ元長崎市議で牧師の岡正治氏(1994年7月に死去)が生前、知人女性に同意なく抱きつくなどの行為をしたことが分かったとして、岡氏の活動などを伝える同市西坂町の「岡まさはる記念長崎平和資料館」は8日、10日から一時休館することを明らかにした。館の名称変更や岡氏に関する展示内容の見直しなどを検討する。

 同館によると、岡氏は1994年、自宅を訪れた知人女性に突然抱きつくなどの行為をしたという。女性は2020年、インターネット上で被害の内容を公表。〔※ https://note.com/utss2020/n/n0555d6414bf7〕 調査していた同館側は9月、女性の主張を認め、女性に文書で謝罪した。〔以下略

* * * *

 

現在、同館HPはトップページに10月10日付けで「当資料館はしばらく休館いたします」(理事長 崎山昇、理事会一同)という告知を出しています。

https://www.okakinen.jp/
このたび、私たちが資料館の名前に冠している平和運動家の故・岡正治が、生前、性暴力に及んでいたことが、被害者の方の証言により明らかになりました。
理事会の中には2020年の時点で情報を得ていた者がいたにも関わらず、対応がこのように遅れたことについて、資料館として深く謝罪いたします。...

 

資料館の展示内容は検索したら簡単に見つかるとは思いますが、例えば『テレビにだまされないぞぉⅢ』ブログの下記エントリーとか、

 

『軍艦島の真実』公式アカウントのツイート〔Xに代わり、今は「ポスト」と呼ぶ〕を見れば分かります。

 

 

 

こんなところが修学旅行の訪問先になっている(た)のですから、呆れます。

 

※このエントリーは取り敢えず「【国際】徴用工問題」に分類しておきます。

 

  


 

 

 

2023/06/29

【緑なき島】産経新聞と異なり的を射た時事通信の記事

ブログ主は最近の『緑なき島』を巡る『産経新聞』の報道を批判してきました。

このNHKの記録映画は最初から昭和30年当時の端島の記録映画と謳っており、問題となる炭鉱内部の映像が昭和30年製のKodak社製フィルムで撮影されている事などどうでもいい事で、端島の元島民の方々が批判しているのは、そのシーンが、(戦前も含めて)端島ではあり得ない作業風景、つまり、実態とかけ離れた再現シーンである事であり、NHKがそれを頑なに認めない事です。

そして、NHKがその映像を韓国『KBS』に使わせた結果、KBSは ”戦前の過酷な強制労働” のイメージとして悪用している事です。

NHKやKBSの欺瞞は「30年製のフィルムで撮影」というだけでは覆せない 事なのに、産経がその事を強調しすぎた為に、まるで、”NHKが戦前の映像として再現シーンを捏造した” かのように多くの人を誤解させてしまいました。

 

ブログ主はこの数日、産経の稚拙な記事に囚われているあまり、『時事通信』の6月19日付け記事を見落としていましたが、時事通信はまともな記事を書いていました。

 

そもそも、両方の記事の発端は、6月19日の自民党外交部会と「日本の名誉と信頼を確立するための特命委員会」がNHKを招いて行った合同会議であり、どちらの記事も、自民党の有村治子議員に対する取材をソースにしているのですが、できあがった記事はポイントが異なります。

 

以下は時事通信の記事です。

 

 

この時事通信の記事は簡潔且つ的を射ています。

 

下は産経の記事の再掲。(赤枠部分は早い版には無く、後から付け足したもの)

 

20230620_sankei13rvsd
▲2023/06/20付け産経(13版)...赤枠部分は早い版には無かった

 

『「強制労働」撮影は戦後』などというタイトルを付けていますが、『緑なき島』内で、その「強制労働」に見えるシーンは戦前の映像だなどとは言っていません。

 

20230625_midorinakishima_s
▲「当時の島の人々の暮らし豊かな様子を伝える。」と説明。
昭和30年当時の記録映画だと分かる。

 

産経は韓国との『歴史戦』では良い仕事をしているのですが、時々誇大広告のような見出しをつける事があります。

ラムザイヤー教授の論文も、慰安婦と抱え主との契約をゲーム理論で説明しただけなのに、「性奴隷では無かった!」みたいなタイトル〔〕を付けました。まあ、論理的にはそうなるのですが、論文のポイントはそこではありません。

※文章は青山学院の福井義高教授が書かれた物ですが、見出しは産経が付けたのでしょう。

ブログ主はこのセンセーショナルな取りあげ方が、教授が攻撃された一因だと思っています。

 

ところで、産経はオピニオン欄(『主張』)で、『軍艦島の映像 NHKは歪曲正す放送を』という論説文を書きました。相変わらず「昭和30年製のフィルム(で撮影)」に拘っているようですが、”NHK映像は時期〔※撮影時期の事だけでなく撮影場所も、旧島民らが「端島炭坑ではない」と疑問視している。” と書きました。撮影時期ではなく、「端島炭坑ではない」事こそ重要です。

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

  


 

 

 

 

2023/06/25

【緑なき島】この映画は戦前ではなく昭和30年の端島の日常を描いたもの【産経のチョンボ?】

軍艦島の日常を描いた『緑なき島』について、SNSで発信している方々が何故『戦前の記録映画』だと勘違いしているのか理解できました。

早い版の紙面記事は、そう理解されてもしかたがない書き方だったのです。

下の黒田成彦長崎県平戸市長のツイートで知りました。市長は産経の紙面の記事を添付してツイートされています。

長崎の端島炭鉱(軍艦島)での「戦時の強制労働」を裏づけてきたNHKの映像は、戦後捏造されていたことが明らかに。
これは朝日新聞の慰安婦捏造報道に並ぶ罪ではないか?
NHKは直ちに経営幹部が謝罪会見を行うべき。誰の指示で何のために作ったか、制作経緯も明らかにして欲しい。(記事は産経新聞)
午後0:33 · 2023年6月20日

 

※下の記事よりも、後述の「13版」の記事をご覧下さい。

20230620_sankei
▲黒田市長が添付した記事

 

これが現時点(2023/06/25 4:17)で、

7,339件のリツイート 304件の引用 1.8万件のいいね

と反響を呼んでいます。

 

一方、下はブログ主の手元にある産経の記事(6月20日付け「13版」)です。

黒田市長が添付している記事と違い、赤枠の部分が追記されています。Web版も同様です。

 

20230620_sankei13rvsd
▲13版

 

赤枠の部分を読めば、戦後(昭和30年当時)の記録映画だと分かります。下はWeb版。

20230620_sankei_web_rvsd
▲Web版

 

おそらく、早い版の記事では誤解されると思って追記したのでしょう。

もしかしたら、Web版も後からこっそり追記したのかも知れません。通常はWeb版の方が紙面より早く公開されますから。

 

もちろん、戦前だとしても、褌一丁で作業していた訳ではないのですが、「昭和30年製のフィルム」というだけでは、「褌一丁の作業員」がヤラセ映像である事の証明にはなりませんし、戦前にこのような作業が行われていなかった事の証明にもなりません。

* * * *

 

あらためて問題を整理しておくと、ブログ主も『緑なき島』の全編を見た訳では無いのですが、観た方の説明では、映画自体は当時の軍艦島の日常を描いた良い記録映画だそうです。

 

20201117_gunkanjima04
▲『緑なき島』がNHK総合で放映されたのは昭和30年(1955年)11月17日

 

しかも、「当時(製作当時=昭和30年頃)の島の人々の暮らし豊かな様子を伝える。」と説明されています。

 

20230625_midorinakishima_s
ツイッター経由で頂いた画像

 

しかし、炭鉱内の映像部分は(おそらく)想像で作ってしまった。

 

20201117_gunkanjima05
▲『緑なき島』のキャプチャ

 

この前近代的な作業風景を韓国KBSが ”戦時中の徴用工の作業風景” として悪用しました。

しかし、この様な服装・装備・炭鉱内部は、たとえ戦前であっても端島炭鉱ではあり得ません。『緑なき島』が全体的には良い映画と評価されるのであれば、当時、悪意を持ってこのような映像を作ったとは思えず、現在、韓国に悪用されている事は当時の製作スタッフとしても不本意なはずです。

もちろん、彼等に非が無いとは言いませんが、より多く批判すべきは、この映像をKBSに使わせて、使用差し止めを端島の元島民の方々から要請されても対処しない現在のNHKの姿勢だと思います。

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

2023/06/23

【緑なき島】KBSは2010年には『緑なき島』の映像を入手していた

Twitterのフォロワーの方から、2010年放送のKBSのドキュメンタリ番組を教えて頂きました。

KBSのVOD(ビデオ・オン・デマンド)のサイトには以下の様な説明があります。〔機械翻訳〕

https://vod.kbs.co.kr/index.html?source=episode&sname=vod&stype=vod&program_code=T2009-0419&program_id=PS-0001107596-01-000&broadcast_complete_yn=&local_station_code=00&section_code=05
[41回] 歴史スペシャル
2010.08.07

[地獄の島軍艦島] 日本の西端にある港町、長崎から 4kmほど離れた場所にある島、端島。 野球場2つを合わせた大きさに過ぎないこの小さな島は、見た目が軍艦に似ていることから軍艦島と呼ばれる。 1974年以降、無人島になった島は廃墟となったまま、醜く放置されている状況。 ところが70年余り前、朝鮮人強制動員被害者たちにとってここは地獄島、または監獄島と呼ばれた。 そこには海底炭鉱で過酷な労働に苦しめなければならなかった彼らの血と涙と恨みがこもっているが…

 

20230623_hashima_kbs01
▲ https://youtu.be/n93WV4h9yxQ

 

上記キャプチャで分かる様に、既にこの時点で『緑なき島』の映像が使われています。

ちなみに、このシーンは、採掘現場に裸電球が使われているのはあり得ないと指摘されている部分です。坑道内では使われても防爆ランプという特殊なランプが使われるそうです。

 

『緑なき島』の映像を含むDVDはこの時点では発売されていません。

 

20201117_gunkanjima03
▲DVD発売は2015年11月30日

 

2010年が最初かどうかは分かりませんが、既にこの頃からNHKはKBSに映像資料を提供し、反日プロパガンダに加担していた事になります。

【追記】ただ、映像資料を貸し出す時に、(NHK内部の運用方法がどういうものかは分かりませんが、)例えば、NHK内部に常駐しているKBSが資料データベースから見つけ出して、貸し出しを依頼し、資料室も、目的を知らずに貸し出した、みたいな事はあったのかも知れません。もちろん、意図を分かってて積極的に資料を探す事から加担していた可能性もありますが。

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

2023/06/22

【緑なき島】「NHKは非を認めた」←勘違い&叩く所が間違っている

前々回前回エントリーと、軍艦島(端島)を扱った昭和30年のドキュメンタリ映画『緑なき島』について書きましたが、NHKが認めたのは、「裸で這いつくばりながら採掘作業している映像部分は〔〕昭和30年製のフィルムで撮影された」という事だけです。

 

20201117_gunkanjima04
▲『緑なき島』がNHK総合で放映されたのは昭和30年(1955年)11月17日

 

20230625_midorinakishima_s
▲「当時の島の人々の暮らし豊かな様子を伝える。」と説明。
昭和30年当時の記録映画だと分かる。

 

その部分を韓国が勝手に ”強制徴用” や ”強制労働” のイメージ、つまり、戦前のイメージとして使っているわけで、このドキュメンタリ番組自体は普通に昭和30年頃の端島の島民の生活を描いているだけ です。

 

その当時の映像ならあり得ないような姿、端島炭鉱内とは思えない場所の映像が、他の部分と同じ昭和30年に撮影されたという事を認めただけで、NHKは、今のところ、”ヤラセ映像” と認めた訳でも無いし、非を認めてなどいません

問題は、ほぼ捏造(演出)だと分かったのにそれを認めない現在のNHK韓国に流出した経緯の調査や使用差し止めをさんざん端島側がNHKに依頼し、国会でも追及されているのに、不誠実な対応をしている現在のNHKです。

 

SNSでの反応を見ると、勘違いしている方が多いようです。

 

端島側の説明によると、『緑なき島』全体としては端島を貶めるようなものではなく、むしろ、良い作品だそうです。

だとすると、当時の製作スタッフは、悪意を持ってそのような映像を作ったのではないはずです。

前々回のエントリーでご紹介した会議の中で、どなたかが、「端島の人達はこんなに大変な思いをして日本の産業を支えているんだという事を強調したかったのではないか?」と仰っていましたが、仮にそうだとすると、「よかれ」と思ってやった演出が、60年も経ってこのように悪用されている事は不本意では無いかと思います。

 

もちろん、捏造は捏造ですから、当時の製作スタッフに過失が無いとは言いません。しかし、彼らの過失を「1」としても、「9」は、韓国に悪用されたまま放置して何も対処しない現在のNHKにあります。

ちょっと叩くポイントがずれているのではないかと思い、このエントリーを投稿しました。 

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

2023/06/21

【軍艦島】NHKの映像が昭和30年に撮影された事は分かったが、最終目標は元島民の名誉を回復する事

前回のエントリーで、昭和30年(1955年)11月17日にNHKで放送された『緑なき島』が、問題の採掘作業映像も含めて30年製のフィルムで撮影されたと書きました。

『産経新聞』の記事の前回引用しなかった部分にはこうあり、NHKが認めたものです。

(フィルムの事は)19日に開かれた自民の外交部会と日本の名誉と信頼を確立するための特命委員会の合同会議に、NHKの山名啓雄専務理事が出席し、明らかにした。
会合後、特命委の委員長を務める有村治子参院議員は記者団に「放送されたフィルムについてNHKから『戦後作られたものだ』と確認を取った」と説明。「韓国の複数のメディアで目的に沿わない使われ方をされているのは、日本の国益や歴史認識に関わってくる」とも述べた。

 

今、「産業労働研究会」の皆さん(端島島民側)は、詰め将棋のような作業をしています。NHKを追い詰め、こちら側はつけいられる隙が無い様、理論武装しています。

有村治子議員はツイートで、

時系列をたどれば、「(戦時中の)地獄のような端島の炭鉱強制労働」という韓国の主張の論拠には、(戦後撮影された)このフィルム映像が使えないはず

 

と仰っていますが、「昭和30年に裸で這う様に作業してたなら、当然戦前も」となり得ます。だから、まずはNHKにあの映像がヤラセだと認めさせる必要あります。

これには、おそらく、昭和22年のNHKのニュース映像(作業員はきちんと作業着を着てキャップランプを付けていた映像)が役立つとは思います。〔下図〕

 

20230620_hashima01

 

 

しかし、最終目標は「元島民の名誉を回復する事」であり、「韓国があの映像を使ってデマを振りまくのを止めさせる事」です。

 

NHKと韓国KBSは提携していて、映像などを融通し合っています。無断で『緑なき島』の映像を使うとは思えないので、NHKも了解済みでしょう。但し、その経緯は説明されていません。

仮に、NHK相手に訴訟を起こして、KBSの映像使用停止の申し入れをNHKにさせる事を約束させても、相手が従わないければ、今度は韓国の司法に訴える他無いかも知れません。

動画(会議)でも、そのことは話し合われていましたが、映像自体は既に著作権切れとなっています。

更にこんな映像(↓)に至ってはお手上げです。

 

20230621_hashima01

 

これは一筋縄ではいきません。

政府レベルでも動く必要はありますが、民間企業(メディア)が勝手にやっている事だと言われるのは目に見えています。

有本香さんが仰ってたような、国民から賛同者を募って支援部隊を作るとか、ようは、大きな問題にして行く必要があると思います。

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

2023/06/20

【軍艦島】産経新聞:NHKの軍艦島映像、フィルムは戦後製

本題に入る前に...

『軍艦島の真実 朝鮮人徴用工の検証』というYouTubeチャンネルは、言われ無き誹謗中傷を受けている端島(軍艦島))の元島民の証言や、NHKが製作したDVD『緑なき島』の(おそらく捏造映像と思われる)炭鉱内作業の映像の検証などを行っていますが、昨日、産業労働研究会という会議の様子を撮影した2本の動画がupされました。

どちらも3時間を越す動画で、何となく見始めましたが、地味なタイトルとは対照的に、どうやってNHKを訴えるかという戦略会議です。

参加されている面々も豪華で、炭鉱の専門家や弁護士の他には、(以下、敬称略)櫻井よしこ、有本香、花田紀凱(はなだ かずよし/『月刊HANADA』編集長)といったジャーナリストに、原英史(元国家戦略特区WG座長)、和田政宗(参議院議員)、杉田水脈(同左)、等々 。

皆さん、NHKに突かれる穴を無くそうと、「軍艦島の真実」側の資料を厳しくチェックしたりと、大変熱い議論で、一気に見てしまいました。

この研究会は3回行うそうで、3回目は『緑なき島』が韓国のプロパガンダに与えた影響を検証するそうです。

 

この『緑なき島』の映像が何故問題なのかと言うと、服装規定の厳しかった端島ではあり得ない ”褌一丁” でヘッドランプ〔〕も無いヘルメット姿の坑夫が、これも天井の高い端島ではあり得ない、這う様な姿勢で狭い坑道を移動し、ツルハシで石炭を採掘するという坑内作業の映像が、韓国の韓国KBSや国立日帝強制動員歴史館で使われ、更に韓国の様々なメディアで ”強制徴用” のニュースでイメージ映像として使われている事です。〔※正しくはキャップランプと呼ぶそうです。

そして、韓国はこのイメージを海外にまで宣伝するので、南ドイツ新聞など、海外メディアにも影響を与え、”奴隷労働” と認識されてしまっています。

 

20201117_gunkanjima05
▲『緑なき島』のキャプチャ。

 

ここからが本題ですが、上の映像は 昭和30年(1955年)製のフィルム を使って撮影されたことが分かりました。

仮にNHKが「この部分だけ、戦時中の映像を挿入した」と言ったとしても、それは成り立ちません。(そのような言い訳を封じたと言う事)

 

* * * *


NHKの軍艦島映像、フィルムは戦後製
2023/6/19 20:42

昭和30年に長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)を取りあげたNHK番組「緑なき島」を巡り、NHK幹部が19日の自民党会合で、坑内とされる映像の撮影に使われたフィルムは放送と同じ年の30年製だったと説明したことが分かった。坑内映像は韓国のテレビ局などが、朝鮮半島出身者が戦時中に軍艦島で強制労働させられた証拠の一つとして使用している。終戦から10年後に撮影された映像だと裏付けられたことで、韓国側の主張の一端が崩れることとなる。

複数の関係者が明らかにした。19日に開かれた自民の外交部会と日本の名誉と信頼を確立するための特命委員会の合同会議に、NHKの山名啓雄専務理事が出席し、明らかにした。〔後略

* * * *

 

昭和30年(1955年)の映像と言うことは、少なくとも、朝鮮半島出身労働者がいた頃の様子ではありません。

 

20201117_gunkanjima03
▲DVD発売は2015年11月30日

 

20201117_gunkanjima04
▲『緑なき島』がNHK総合で放映されたのは昭和30年(1955年)11月17日

 

しかも、「当時(製作当時=昭和30年頃)の島の人々の暮らし豊かな様子を伝える。」と説明されています。

 

20230625_midorinakishima_s
ツイッター経由で頂いた画像

 

下の、NHK所有の別の端島のニュース映像は昭和22年(1947年)に撮影されたものですが、この時ですら、きちんと作業着を着て、ヘッドランプ付きのヘルメットを付けています。

 

20230620_hashima01

 

なぜ、昭和30年の作業員が裸で作業する必要があるのでしょう?

 

坑道の中では爆発防止の特殊なランプが使われ、採掘現場にはそれも無い為、作業員が身につけたヘッドランプが頼りだったそうです。従って、ヘッドランプを付けていない作業員を撮影するのは不可能。通常のカメラですら、フラッシュが引火する可能性がある為に防爆ライト付きカメラで無いと撮影不可だったそうです。

となると、『緑なき島』の坑内作業部分の映像は、どこか別の場所で撮影された蓋然性がかなり高くなります。

 

ちなみに、上の画像は、坑内で撮影できた証拠だとNHKは国会で主張したそうですが、『軍艦島の真実』のツイートによると、「場所はおそらく「二坑底坑道」。竪坑ケージを降りてすぐの所」だそうで、下の画像は『軍艦島の真実』サイトからキャプチャしたものですが、竪坑(たてこう)とは 地表から坑内へ垂直に設けた坑道施設の事だそうです。(要するにエレベーター)

つまり、採掘現場ではありません。

20230620_hashima02

 

問題の映像に関しては、NHKは「昭和30年以前の他の炭鉱映像を精査したが、同じ映像は無かった。(他の炭鉱の映像が紛れ込んだ物ではない。)従って、この映像は端島で撮影された物と思われる。」と国会で主張しています。

他の炭鉱映像ではない、端島で撮影された物とは到底思えない...。となると、ヤラセ映像 の蓋然性が益々高まりました。

 

オラオラ、NHK、首を洗って待ってろ!www

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win10 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】IR 【国内政治】外国人労働者 【国内政治】一般 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(ハンセン病問題) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 沖縄(首里城火災) 【国内】あいちトリエンナーレ 【国内】教科書問題 【国内】東京オリンピック 【国内】統一教会 【国内】在日韓国・朝鮮人 【国内】その他国内問題 【歴史戦】一般 【歴史戦】領土問題一般 【歴史戦】領土問題(北方領土) 【歴史戦】領土問題(尖閣諸島) 【歴史戦】領土問題(竹島・日本海・対馬) 国連の実態 【国際】『韓国「反日主義」の起源』読書メモ 【国際】北朝鮮・総連・朝鮮学校 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】徴用工問題(佐渡金山) 【国際】徴用工問題(軍艦島) 【国際】慰安婦問題(挺対協・正義連) 【国際】朝鮮人陸軍特別志願兵 【国際】韓国・反日種族主義 【国際】韓国・輸出管理 【国際】韓国・関東大震災 【国際】韓国・韓紙 【国際】韓国一般 【国際】韓国人ブログ・YouTube 【国際】韓国(歴史問題) 【国際】韓国(歴史問題)3.1独立運動 【国際】韓国(現代) 【国際】韓国(金正恩のリムジン密輸) 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 武漢肺炎・新型コロナウイルス 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】熱海土石流 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ