最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


【国際】韓国・反日種族主義

2019/10/11

【反日種族主義】11月14日、文藝春秋社より発売(予約受付中)

文藝春秋社の公式サイトに既に掲示されていました。

装丁は原著とは異なるようで、副題も付いています。

『反日種族主義』日韓危機の根源

李栄薫
定価:本体1,600円+税
発売日:2019年11月14日

 

【ネットショップ】Amazon、楽天

 

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

反日種族主義 日韓危機の根源 [ 李 栄薫 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/10/12時点)


 

 

ヨドバシカメラは現在(2019/10/12 10:54)予約を終了したようです。

 

文藝春秋社の解説(黒田 勝弘)

 


韓国人による“壮大な自己批判”の試み『反日種族主義』は一読の価値あり!
タブーに挑んだソウル大元教授が指摘する“慰安婦シンドローム”とは?
黒田 勝弘

以下、見出しのみ引用

  • 「虚偽の反日公式史観」と戦ってきた元ソウル大教授
  • “慰安婦シンドローム”の背景にある心理とは?
  • 虚偽だった「吉田清治証言」のことも紹介
  • 「日本の“良識的知識人”にも責任がある」

 

 

  


 

 

 

2019/09/14

アムステルダム市長がインドネシアの植民地経営を反省したかのような欺瞞

Twitterのタイムラインを眺めていたら、評論家の加藤清隆氏のこんなツイートが。

 


https://twitter.com/jda1BekUDve1ccx/status/1172490405079683074
アムステルダム市長が「本当に悪いのは、侵略に権力を振るっていた西欧人の方。日本は戦いに敗れたが、東亜の解放は実現した」と言っているそうだ。発言の真偽は確かめようもないが、もし事実ならありがたいことだ。これは「歴史修正主義」ではない。「歴史の真実」だ。
午後9:41 · 2019年9月13日

 

そこで、ブログ主はこのソースを調べて見たら、どうやら、アムステルダムの通りにオランダの植民地支配と戦った指導者達の名前をつけるという決定したらしく、しかし、インドネシアのメディア『ジャカルタ・ポスト(The Jakarta Post)』に、この決定を痛烈に批判する記事(意訳「何故、アムステルダムは反植民地主義のリーダーとしてスカルノを無視するのか」)を見つけました。(記事後述)

簡単にその批判の内容を書くと、人選に問題があるというのです。例えばスカルノ元大統領が入っていません。更には、これはむしろ、「旧態依然とした植民地支配の枠組みを維持するもの」とまで言って批判しています。

 

加藤氏は「もし事実なら」と書かれているので、断定しているわけではありません。が、このような有名人がツイートすると、「イイネ」ボタンが押され、どんどん拡散されていきます。

ブログ主がジャカルタ・ポストの記事を示して、これは手放しで礼賛してはいけないとリプライで警告しても、恐らくほとんど読まれないでしょうから、ここ(拙ブログ)に記録しておくことにします。

 

ジャカルタ・ポストの記事は「Histori Bersama」という、2016年9月20日にロッテルダムで設立された機関の創設者であるMarjolein van Pagee氏(女性)が寄稿したものです。

「bersama」という言葉はインドネシア語らしく、調べたところ「一緒(に)」という名詞(副詞)のようで、「オランダとインドネシアとの間で共通の歴史認識を」という趣旨の活動を、双方の資料の翻訳をして紹介するといったことを通して行っているようです。

ここまで書けば、もうお分かりだと思いますが、オランダ側とインドネシア側の歴史観が一致しているはずがありません。

市長が謝罪の言葉を述べたとしても、通りの名前の人選を見れば、オランダの歴史観にとって都合のよい名前だそうで、心から反省しているのか、眉に唾を付ける方が良さそうです。

 

ブログ主は『反日種族主義』が話題になった頃から気になっていたことがあります。

「日本=悪」というドグマ(教条)が崩れることによって、アイデンティティが崩壊するのは韓国だけではありません。連合国も同じなのです。

反日の牙城である韓国にイ・ヨンフン教授が空けた一穴は、連合国側にとって許しがたいものではないでしょうか。

『反日種族主義』や李承晩学堂の行っている活動が世界でどれほど注目されているかは知りませんが、場合によっては、イ教授は韓国の「反日種族主義者」以上の大きな敵を作ってしまう可能性があります。

 

何故、アムステルダムは反植民地主義のリーダーとしてスカルノを無視するのか

まず、この記事から、アムステルダムが27の通りの名前に植民地支配に抵抗した男女の名前をつけることを決定したと言うことが分かります。そして、その内の10人の名前はオランダの史観に立った人選だと批判しています。

脚注を読むと、Pagee氏はもっと長いオランダ語の記事をoneworld.nlというサイトにも寄稿したそうです。

 


https://www.thejakartapost.com/academia/2019/09/04/how-amsterdam-ignores-sukarno-as-anticolonial-leader.html
How Amsterdam ignores Sukarno as anticolonial leader

Marjolein van Pagee
Founder of the Histori Bersama Foundation

Recently the city of Amsterdam proudly announced that 27 streets in the new neighborhood in IJburg would be named after men and women who fought colonial rule. Two-thirds of these streets will be named after people who fought against the Dutch colonizer in Suriname and the Caribbean, one-third will be named after individuals from Indonesia, officially the “Dutch East Indies” during colonial times. A closer look reveals that the selection of the 10 Indonesian names illustrate the Dutch colonial mindset, which, due to the lack of Indonesian representation, keeps old power structures intact.

Strikingly the selection of Indonesian names is by no means in proportion to the actual size of this former colony. The Dutch East Indies was the largest region ever colonized by the Netherlands for such a long period, and from where the largest profits came. The fact that most of the street names are Surinamese and Caribbean gives the false impression that these were the Netherlands’ most important colonies, while it is more a matter of a lack of Indonesian representation.

That lack of representation becomes clear from observations that the Indonesian founding father Sukarno, the republic’s first president, is not honored with a street name. How is it possible that the most anticolonial and anti-imperialist Indonesian president has been ignored?

The name selection appears to be based on a recommendation from the Royal Institute of Linguistics, Geology and Ethnology (KITLV), which nominated 22 Indonesian names. Subsequently, its director Gert Oostindie highlighted 10 of his personal preferences. Sukarno was skipped on his advice, as can be seen in the final selection of the municipality.

The municipal Public Space Naming Committee largely followed Oostindie’s recommendation of Indonesian names, adopting seven names from his “top 10”. Only three were not selected – Sutan Sjahrir, Muhammad Hatta and Poetiray - and two names not highlighted by Oostindie were chosen anyway (Pattimura and Diponegoro).

The KITLV’s long list also immediately shows the old Dutch, colonial spelling. Are the experts unaware that Indonesia has long replaced “oe” with “u” and “tj” with “c”? Spelling sometimes differs per person but Sukarno, for example, had indicated that he preferred the “u” in his name. When using “oe” it shows the clinging onto the colonial era and reveals the Eurocentric view of the initiative.

The KITLV recommendation illustrates the Dutch problematic relationship with the colonial past. Oostindie chose the first Indonesian vice president Hatta over Sukarno, though neither made the final selection. Unlike the Dutch criminalization of Sukarno, Hatta was generally praised for his moderate attitude and his willingness to negotiate with the Netherlands.

In December 1949, just after Hatta became prime minister of what was then the United States of Indonesia, he signed the transfer of sovereignty in Amsterdam. This agreement forced Indonesia, in exchange for independence, to take over the debts of the colony worth 4.5 billion guilders (US$2.5 billion). Thanks to Hatta, the Netherlands received nearly 4 billion guilders from Indonesia up to 1956, money used to finance the Dutch postwar reconstruction.

 

The Netherlands received nearly 4 billion guilders from Indonesia up to 1956, money used to finance the Dutch postwar reconstruction.

 

The same can be said about the politician Sjahrir, selected by the KITLV. Under his name it is written that: “He was an acceptable discussion partner for the Netherlands when he negotiated the Linggadjati Agreement ( 1946 ).”

One controversial political figure to be honored with a street name is the communist Tan Malaka. For the Netherlands this is a safe choice as the struggle and suppression of Indonesian communist groups is portrayed as an internal struggle, of Indonesians against Indonesians, as if the Netherlands has nothing to do with that.

In the accompanying letter of the recommendations, Oostindie apologizes for the unequal gender ratio of his advice. Yet, Indonesian history clearly shows that the anticolonial resistance produced numerous female fighters too, such as the Acehnese Cut Nyak Dhien.

Equally striking is that the most anticolonial writer in Indonesia, Pramoedya Ananta Toer, did not make the final selection. Ignoring the real anticolonial figures is exactly the problem of these white Dutch attempts to “do something” with the Netherlands’ enormous colonial debt.

Whereas political right-wing groups mostly act defensively when the colonial past is brought up, the dominant idea among leftists is that something must be done to deal with past Dutch human rights violations.

From the city of Rotterdam, the same KITLV received 248,000 euro ($271,221) in research money to examine the city’s history of slavery. Oostindie is also one of the project leaders of the national research project of “Independence, decolonization, violence and war in Indonesia, 1945-1950”, which costs the Dutch taxpayer 4.1 million euro.

The criticism of the latter project has been largely ignored. Worse, such expensive studies would never have existed if non-white activists had not put the topics on the agenda for decades. Now they have to watch from the sidelines how the white elite conducts research and receives lots of money.

What these predominantly white, “left” attempts share is that they are half-hearted and therefore support falsification of history. Ignoring Sukarno continues earlier Dutch propaganda that always depicted him as an extremist, a womanizer, even a fascist who collaborated with the Japanese.

If Amsterdam Mayor Femke Halsema really wanted to make an anticolonial gesture, why did she ask a white man like Oostindie for advice? Amsterdam newspaper Parool reported that the National Institute of Dutch Slavery organized a panel discussion last May with representatives from a number of grassroots organizations that apparently agreed to the list. If Indonesian representatives were involved they would never have agreed to sideline Sukarno.

For example, why didn’t they consult Jeffry Pondaag, an Indonesian living in the Netherlands, who chairs the KUKB (Committee of Dutch Honorary Debt)foundation, the only one in our country who represents Indonesian war victims and which has successfully sued the Dutch state for years? Or why didn’t they ask Michael van Zeijl and Christa Soeters — both members of the former Dutch East Indies diaspora — who have initiated discussions about the above street names under the title De Grauwe Eeuw (the gray century)?

Or why didn’t officials contact the Indonesian journalist Joss Wibisono, who lives in Amsterdam and previously questioned why the Netherlands still has no Sukarno Street?

By not honoring Sukarno with a street name, the white Dutch leftists show the true colonial face of the Netherlands, maintaining old colonial power structures. Perhaps the municipality can correct this historical mistake by renaming the entire neighborhood. The “Sukarno district” seems a proper statement to me.

***

Dutch historian. The original, longer Dutch version of this article was published on oneworld.nl.

Disclaimer: The opinions expressed in this article are those of the author and do not reflect the official stance of The Jakarta Post.

 

 

  


 

 

 

2019/09/13

【書籍/反日種族主義】イ・ヨンフン教授の外国人記者クラブでの会見詳録

去る10日、『反日種族主義』の筆頭著者のイ・ヨンフン教授がソウル外国人記者クラブにて会見をされました。

『李承晩TV』には記者会見の動画(반일종족주의 외신기자간담회 - 이영훈 교수)がupされていますが、さすがに講義とは違って、字幕&翻訳ではほとんど理解できません。しかし、FNNの渡邊康弘ソウル支局長の詳しいレポートがFNN Primeのサイトに掲載されています。

分かりにくいと思われるところは渡邉氏が補則解説もしてくれているので、記事が消えない内にご一読されることをお薦めします。

 


『反日種族主義』主著者が初めて語る…韓国の「絶対不変の敵対感情」

韓国が直面する「アイデンティティの混乱」とは?

  • 韓国独立は韓国人によるものではなく日本とアメリカが衝突した歴史的事件の結果
  • 韓国人は日本に対して絶対不変の敵対的感情を持っている
  • 日本は朝鮮半島統治でドイツのようなジェノサイドは行っていない



『反日種族主義』主著者が語る慰安婦問題…韓国の「シャーマニズム的非科学性」

異例のベストセラーの背景に韓国社会の変化はあるのか

  • 韓国の定説をことごとく否定「慰安婦20万人説に根拠は無い」
  • 「奴隷・拉致・監禁・暴力・無給は韓国人の偏見だ」
  • 「賛同する政治勢力がすぐに現れるかは悲観的だが30年後には変わるだろう」

 

この本はまだ日本語訳は出ていませんが、上に書かれた「三行まとめ」の歴史的事実(結論)は、日本人なら誰でも知っていることです。

過去にもこうした事実を指摘する本、例えば『帝国の慰安婦』(朴 裕河著/2013年)がありますが、『反日種族主義』は、証拠となる統計的数字や資料を提示しているので、より説得力があるのでしょう。

しかし、それだけでない何かがこの本にはあると、今まで動画などで断片的に得た知識から感じます。

書いてあることは従来の価値観から言うと「反韓」的なのに、そう取られないのは、イ教授の言葉に、この国の現状を憂え、そのためには身の危険を冒してでも今訴えないとならないという強い意思が伝わってくるのでしょう。

実際に、動画につけられたコメントを機械翻訳で読んでみると、「本日も、素晴らしいお話をありがとうございました」、「苦しいですが、乗り越えていきます」、「暗黒の時代に一筋の光を見ています」という調子の、まるで「法話」かなにかにお礼を言っているようなコメントが数多く並んでいます。

誤解を恐れずに書けば、「亡国の危機に現れた救世主」のような信奉ぶりで、イ教授ならなんでも「真理」を教えてくれるかのように、「次は○○(ex. 旭日旗)について教えて下さい」とお願いするようなコメントも見かけました。

一人で何冊も購入して、知り合いや、反文在寅デモの際に周囲に配ったり、こうなると「布教」のようにも見えてきますが、実際に「この本が100万冊売れれば韓国は変わる」と信じて(あるいは、そこに希望を託して)、「100万冊運動」のようなこともやっているようです。

 

ブログ主がこの本について興味があるのはそこです。

入手したら真っ先に読んでみたいのが、プロローグ「嘘の国」ととエピローグ「反日種族主義のカルマ」で、恐らく韓国人の読者はここに、厳しい言葉の中に「慈愛」を見いだしているのではないかと想像しています。

 

上に提示した記事の中から、ブログ主が印象に残った部分を抜き書きしておきます。

 

「反日種族主義」という言葉の説明です。

 


「反日種族主義を簡単に定義すれば、それは無条件に絶対不変の敵対感情を指す」「韓国人はまだ中世的な善と悪の観念で、日本との関係を認識して評価している。 私の孫娘が幼稚園に行ってきたある日私に話した。『おじいさん、日本は私たちの敵だよ』と。 今韓国の小学校で全教組(※韓国の教職員の組合)の教師を通じて日本に対してどんな教育がなされているのか、皆さんには現場をチェックしてみることを望む」「悪の、敵の教育が行われている。 洗脳を通じて伝えられる不変の敵対感情. それが種族主義の核心だ」


『反日種族主義』で主張される日本統治を認めてしまえば「日本=悪」が揺らぐ。一方「日本=悪」をドグマにして、「絶対不変の敵対感情」を抱いたままでは、先進的な社会の基本である「隣国との友好協力関係」が途絶える。このジレンマを乗り越えられる政治家・リーダーが、保守にも革新にもいない事が、韓国のアイデンティティを混乱させているという事なのだろう。

 

「中世的な善と悪の観念」という事に関しては、過去のエントリー『【産経】韓国はなぜ約束守れない/「春秋の筆法」とは』も参考になるかと思います。

 

「反日種族主義」で韓国社会は変わるのか?、との問いに、その兆しを感じているとし、以下のような発言をされています。

 


「1948年に大韓民国が建国され、以後70年間韓国人は自由民主主義と市場経済体制の恩恵を受けて暮らしてきた。この自由民主主義と豊かさにより、思想と生活における不自由を感じなくなった、少なくない数の自由な市民階層が成熟したと考えている。彼らは新しい歴史観、歴史解釈を渇望していたのだ。この本が彼らの精神的な欲求を満たす役割を果たしたと考えている」
この本の内容を理解する政治勢力が近い将来に現れるかといえば悲観的だが、30年以内に登場することになるでしょう。その時まで大韓民国が存続するならば、私たちは新しい希望の道をひらけるはずだ」

 

日本人は知っています。

文在寅氏は悪魔のような人間ですが、この国では、たとえ「保守」勢力が政権を奪い返しても、所詮は「反日種族主義」的なものであることを。

3品目の輸出管理強化云々が話題になったときには、与党も野党も、リーダーが一緒になって反日感情をむき出しにし、櫻井よしこ氏など、言論テレビで落胆していたのを覚えています。

多くの普通の韓国人にとって当面の敵は文在寅氏とか曺国氏なのでしょうが、それを倒せたとしても光は見えないのです。

ブログ主が韓国国民に対して日本人として申し訳なく思うのは、こうした韓国を創り出した責任の一端が日本の左翼にあることです。この本ではそのことにも言及しているはず(少なくとも動画では実名や本の名前を挙げて批判しています)なので、日本の中にいる「種族主義者」(何故か、同じ種族=日本人に槍や弓を向けている)に対する「悪魔祓い」の書にもなり得るという希望を抱いています。

  

 

  


 

 

 

2019/09/05

【反日種族主義】韓国大手ネット書店のレビューと内容紹介

以前書いたように、韓国にはAmazonがないそうで、yes24.comというネット書店(?)の商品ページにユーザーレビューが集まっているようです。

現時点で150件以上集まっていて、下の画像は2日程前のものですが、両極端な評価(左のグラフ)です。

 

20190903_rheesyngman_review

 

レビューを翻訳して読んでみましたが、星1つの低評価は、実際に本を読んで書いたとは思えないものがほとんどでした。

最近よく機械翻訳で韓国語のコメント等を読んでいて気付いたのですが、自然な日本語になるのはやはり元の文も良い文であるようです。

このような本の書評を書くくらいの人は知的レベルも高いと言うことなのでしょう。後ほどご紹介する出版社レビューも、意味が分かる程度には機械翻訳されています。

右側のグラフは年齢別の評価(10~50代)のようです。

 

ここでは省略しますが、本文の一部も引用されています。一つだけご紹介すると、「竹島」の項からは以下のような文が引用されていました。

 


p.170より

1951年8月、米国務省は韓国政府には、次のように返信しました。読めば背筋が寒くほど正確な答えでした。独島、別の名前では、竹島あるいはリアンクール岩(Liancourt Rocks)と呼ばれることに関連して、私たちの情報によると、通常の人が住んでいないがバウィト塊は韓国の一部として扱われたことがなく、1905年以来、日本島根県隠岐隱岐島の管轄下に置かれていた。韓国は、以前には決してこの島に対する権利を主張していなかった。

 

そう言えば、ユーザーレビューの中には「独島の説明は間違いであって欲しい」というコメントもありました。

  

以下、かなりの長文ですが、商品ページに書かれていた出版社の書評(と言うか、紹介文)を機械翻訳したものを貼り付けておきます。

 

出版社のレビュー

今、私たちは

今この国は、経済、政治、社会のすべての面で、いつ可視化するか分からない可能性の危機だ。そのため、青年のための良質の雇用が減っている。最低賃金の過激な印象は、自営業者や零細商工人の存立を脅かす庶民の暮らし向きはさらに難しくなっている。政府は、このすべての結果を十分に予測できる悪性の政策に固執している。韓国経済の実態と特質を知らない素人執権勢力が分配志向と規制一変の政策に固執しているからである。

政治状況はさらに暗鬱である。 2014年の歳月号沈没して以来、韓国の自由市民は想像もできなかった膨大な災難を経験した。今もそのことを回顧すると、精神が錯乱である。大統領の弾劾につながった一連の政治過程は、無能で無責任な政治家が権力をキャッチすれば、大きな混乱を招いかを教科書的によく見せてくれた。これは、今後数年間で、つながる巨大な葛藤とそれに伴う破局を予見している。

社会はどうか。まさにこの国は嘘天地ある。偽証罪と誣告罪が日本の千倍にもなる。各種保険会社機米国より百倍も飛び交っている。政府支援金の3分の1が詐欺でだらだら漏れている。民事訴訟の人口あたりの件数は世界最高である。韓国人の息は嘘が表れているという。このような主張にほとんどの韓国人はため息に同意するしかない。一日一日、それ苦しみ、生きているからだ。嘘に寛大な堕落精神文化は、この国の政治と経済を停滞の沼へと導いていく。 2019年の韓国はまだ国民すべてに憂鬱な日々である。

嘘をつく個人、嘘をつく社会、横たわっている国

どの社会が嘘の寛大であれば、その社会の底辺には、それに相応する集団心が不変の傾向に流れるようになる。それは一言で物質主義だ。お金と地位こそすべての幸福の根源という価値観は、お金と地位のためなら手段と方法を選ばない行動原理、こんなことが唯物論である。物質主義文化は嘘に対して寛大である。韓国社会がユナンヒド物質主義的なことは、すでにいくつかの研究者によって、複数の指標で指摘されているものである。

より長期的巨視的な視野で物質主義の源を追求し入ると韓国の歴史と一緒に古いシャーマニズムを出会う。シャーマニズムの世界で善と悪を裁く絶対者神はない。シャーマニズムの現実は裸の物質主義と肉注意である。シャーマニズムの集団は、種または不足である。種は隣人を悪の種に感覚する。客観的ノンビョンが許可されていない不変の敵対感情である。ここは嘘線として奨励される。嘘は種を結束するトーテムに役割を果たしている。韓国人の精神文化は大きく言って、これらのシャーマニズムに緊迫している。

このような韓国社会の形質が対外的に日本との関係に達する大変激しい種族主義に噴出される。非常に古くから日本は敵の国であった。反日種主義の底辺には、そのように、歴史的に形成された敵対感情が敷かれている。中国の敵対感情は、歴史的に希薄した。だから反中種族注意とすべきことはない。むしろ、中国については、朝鮮王朝がそうだったよう事大主義の姿勢をとることが多い。中国が厄介な言っても怒りず、厄介なことをしても参考過ごすのが常である。韓国の民族主義は自由な個人とカテゴリがない。二隣国を接する態度もその未熟な世界観により著しく不均衡である。韓国の民族主義を種族注意化召し正しいと主張する理由がここにある。

反日種主義は、1960年代から徐々に成熟している途中、1980年代に至って爆発した。自律の時代に至って物質主義が満開したものと共通の傾向であった。反日種主義に便乗して韓国の歴史学界は、多数の嘘を建てた。この本大韓民国危機の根源「反日種主義」が告発するいくつかは、すべての嘘の一部に過ぎない。嘘は再び反日種族注意を強化した。過去30年間、韓国の精神文化は、そのような悪循環だった。その間韓国の精神文化はますます低レベルに墜落した。

巨大な文化陣営に突っ込む

韓国の民族主義は、西洋で勃興した民族主義と区別される。韓国の民族主義は自由、独立した個人とカテゴリがない。韓国の民族は、それ自体で一つの集団であり、一つの権威であり、一つの身分である。だからではなく種族というこの正しい。隣国の日本を細かく(歲歲)の敵で感覚する敵対感情。あらゆる嘘が作成され広がること、このような集団心によってだ。すぐ反日種の注意である。これは抱いて線が国の先進化は不可能である。先進どころか後展開する。嘘の文化、政治、学術、裁判はこの国を破滅に導くものである。そのような危機意識的にこの本は、大韓民国を代表する学者6人全身で反日種主義、その巨大な文化力の陣営に突進すること集大成された。

北ソムリエ

韓国の反日主義と偽りで積み上げたバベルの塔である。だからこの本は韓国人たちに非常に不便であり、さらに抵抗感を与えることもできる。しかし、イ・ヨンフン教授など、著者一同は、あくまでも研究によって検証された事実に即して、既存の通念を批判し、自分の主張を展開した。この本に不満を抱く人は、この本の主張が、結果的に現在の日韓対立状況で、日本を味方だと非難するかもしれないが、著者らは、調査を職業とする研究者として学者的良心に基づいて、この本を間伐確信している。著者らは、立場を異にするこれらの本の学術的批判を歓迎し、この本の韓国知識社会の真剣な検討を願っている。

日本の植民地支配に対する韓国人の通念を正面否定

本はプロローグと本文3部とエピローグで構成されている。 1〜3部それぞれ11章、9章、第5章、合わせて25開場で、プロローグとエピローグまで加え、合計27開場ある。 「プロローグ」では大韓民国が嘘の国になったことトンバク(痛駁)で、国が破滅することができるという危機意識から、この本を読むことを要請する。

1部「種族主義の記憶」は韓国人が日本の植民地支配とその後の韓日協定をどのように間違って覚えているかどうかを扱った。たとえば韓国人たちは趙廷来の小説「アリラン」のように、何の根拠もなく、日本の土地調査事業や展示労務動員時の朝鮮人の土地を奪い、朝鮮人を利用虐殺したと信じて、米が輸出されたことを米を奪われたことで考えられて、募集と官斡旋など、基本的に文字で仕事を見つけて日本に渡ったことを強制的に動員されて、奴隷のように働きたことで見ている。また、売国的屈辱的な韓日協定のために植民地支配に対して正しく補償ができない受けた覚えている。このような記憶が反日主義が育つ土壌となった。

2部「種族主義の象徴と幻想」は反日種族主義の形成と拡散に関するもので、白頭山神話、独島問題と亡国の責任の問題、過去の歴史の清算問題を扱った。特に白頭山は韓国と北朝鮮の両方に民族の発祥の地であるだけでなく、「白頭血統」に象徴される北朝鮮新体制の土台であること、の帝国に至るまで一度もその存在を認知していなかった独島を、まるで朝鮮王朝が領有してきたように川岸すること、日帝残滓清算という名分で構成総督府庁舎を撤去して大韓民国の歴史を削除こと、反民族行為者の処罰問題を親日派処罰にすり替えて、大韓民国の建国勢力を親日派と罵倒したこと、反日種の注意の欄民族段階に至っていなかった種レベルの対外敵対感情ということなどを主張した。

3部「種族主義の牙城、慰安婦」は反日種族主義の強力な本拠地である日本軍慰安婦問題の真実を暴いたものである。挺対協など韓国の慰安婦活動家が助長した「日本軍慰安婦=強制動員された性奴隷」説は事実と符合せず、朝鮮王朝の身分的性支配の制度として寄生私日本で公娼に再編されたバーは彼の展示期日本軍この群慰安所として活用したのが日本軍慰安婦制度ということを明らかに。 「強制連行」と「性奴隷」は、事実根拠がないのに、それでも挺対協など慰安婦活動家の宣伝扇動のための慰安婦問題が増幅されて、韓日間の外交関係が破綻の危機に直面するべきでも明らかにした。

「エピローグ」で、シャーマニズムと物質主義、集団主義に捕獲された韓国の精神文化が種族の注意を生み、これは対外関係では近隣諸国の中で、日本だけ敵対的な反日種族主義で爆発したが、国民の多数が、このような巫女のジンホングトに捕らえ捕らえられは大韓民国は衰亡するしかないという強力な警告を発した。

例えば、趙廷来の小説「アリラン」には、日本が土地調査事業を行う際駐在所長が、それに抗議する朝鮮農民を即決処分に銃殺したか、日本末、日本の飛行場建設に朝鮮人を動員したり工事が終わると、1千人の朝鮮人労務者を虐殺したもので叙述したが、実際にそんなことはなかった(本1章)。小説とは何の話や建設出しすることができるわけではない。また、下の画像の写真のように、多くの韓国人が日本憲兵や警察、管理が朝鮮の少女を強制的にドラッグが慰安婦にしたと知っているが、ワン(元)慰安婦の数が少ないの証言しかないだけであり、多くは募集ウォンの不正雇用勧誘私の両親、親戚、知人による人身売買で慰安婦に行ったものであった(本23枚、25枚)。

労働者も強制動員(徴用)されて賃金も受けられず、奴隷のように酷使されたかのように知られており、その画像に応じた強制徴用労働者像全国いたるところに立てられているが、これも事実ではない。強制徴用された朝鮮人労務者の写真として小学校6年生の社会科の教科書に載せ写真は実は1920年代北海道の開拓土木現場で奴隷のように働きた日本人たちの写真だった。日本人労働者の人物をモデルにして、ソウル竜山駅の前をはじめ、全国各地に強制徴用労働者賞を立てている。偽の写真で日本の強制労務動員を批判しているわけである(本第5章)。

日本の植民地支配に対する韓国人の記憶は事実に基づいたものではない。数十年間の数多くの韓国近現代史研究を通じて、日本の植民地支配について多くの事実が明らかになったが、韓国史の学者たちと教育者反日種の注意のフィルタを介して反日種主義に合致する事実や虚偽のに教科書を書いて、国民の集団記憶を再生産してきた。これで、この記憶にメスをあてる時になった。

日本との対立を増幅させ、日韓友好協力関係を破綻見通し

このように誤った記憶に現在韓日間過去の歴史をめぐる葛藤が助長?激化している。 2018年10月、韓国の最高裁判所は昔日本製鉄(株)を承継した日本企業新日本株金(株)の解放前、朝鮮人労務者を徴用したことに対して、1人当たり1億ウォンの慰謝料を賠償するよう判決したが、これに対して、日本政府が1965年の韓日協定で両国間の、両国国民間の一切の請求権が消滅したと対抗して立つこと両国間の深刻な対立が起こった。

韓国最高裁の判決は、最高裁判事が解放前の日韓間の労働移動の実態と李承晩政府以来の日韓請求権協議の歴史を十分に知らないまま、植民地支配の被害を賠償するよう命じた、収拾不可能な大事故というのが、この本の主張している(プロローグと10章)。請求権協議の議題は、植民地支配の被害賠償ではなく、日韓間の債権債務、請求権の相互調整であり、苦労して13年ぶりに妥結を建て、その後50年間の協定を遵守してきた、いきなり韓国最高裁が日本企業に植民地支配の被害を賠償するよう命令を下したので、これは請求権協定を廃棄するという宣言にほかならない。まさに平地風波としないことがない。

また、ムン・ジェイン政府は専任朴槿恵政府が日本安倍政府と結んでいた慰安婦協定を2018年12月、事実上廃棄することにより、日韓の対立を調整不能状態にした。日本軍が慰安所を設置し、その運営を管理監督した点で、日本が日本軍慰安婦問題に一度の責任がある。そこで、日本政府が謝罪して慰労金を支給しようとしたにも関わら、韓国の慰安婦運動団体が頑として彼を拒否し、ムン・ジェイン政府はフルタイム政府の合意も裏返し廃棄した。これ慰安婦問題は全く解決の糸口を見つけることができなくなった。日本軍慰安婦よりもはるかに深刻な解放後、韓国軍慰安婦と民間慰安婦と米軍慰安婦問題には目を閉じて、唯一の日本軍慰安婦だけを問題視してきた慰安婦運動団体の行動は決して正当化できない(21〜23枚と25枚) 。

日本の植民地支配とその後の日韓関係のために、今日韓国人の既成通念をこの本では、正面否定する。今日ほとんど韓国人が学校のカリキュラムやいくつかの映画、各種の歴史の本で触れたように「日本が植民支配35年間韓国人を抑圧、搾取、収奪、虐待し、それその後、日本は彼反省、謝罪していない」と考えている。しかし、この通念が事実に基づいがないことを、この本は、通知いる。

 

 

  


 

 

 

 

【李承晩TV】『19. 大韓民国 解体、 反日種族主義の業報(完)』を観て

最新の「李承晩TV」の日本語字幕付き動画がupされていました。

 


【李承晩TV】19. 大韓民国 解体、 反日種族主義の業報(完)

 

この動画は「歴史」問題の講義ではなく、現政権や昨年の大法院での所謂「徴用工裁判」について、イ・ヨンフン教授が批判する内容です。

このエントリーでは、この動画の内容を論じるのではなく、コメント欄にブログ主が書いたことをコピペして保存しておきます。(コメントを保存する際、何度かエラーが出たので、保存されていない可能性があるため。あるいは重複して書き込んでしまったかも知れません。)

 

以下、コピペ。

 

昨年の大法院による「徴用工裁判」判決の問題は、「歴史」の問題ではない。

字幕に「日帝の朝鮮支配は不法であり、日帝の朝鮮支配は微風良俗に反すること」という大法院の判断がでてくるが、そもそも、「日帝の朝鮮支配は微風良俗に反すること」というのは、現代の韓国の憲法に照らし合わせての判断である。

しかし、1910年の「日韓併合」時にそんな憲法はなかった。

「併合」が朝鮮人(韓国人)にとって屈辱的だという感情は当時にもあっただろうが、「併合」は手続きに則り行われたもので、国際法上は「合法」だった。

それを現代の憲法や法律で「遡及」して裁くというのでは、法治国家とは言えない。


最近(8月29日)でも、文在寅大統領は「一度の合意で、過去の問題を終わらせることはできない」と発言した。日本人としてはこの発言に驚きを禁じ得ない。(記事後述

つまり、一度合意しても、何度も話を蒸し返してもいいと思っている。これは果たして文在寅大統領だけの問題なのだろうか?


「日韓基本条約」を締結するために、日本は韓国に対し、合計5億米ドル(無償3億米ドル、有償2億米ドル)及び民間融資3億米ドルを「経済協力支援」などの名目で支払った。(韓国と日本は戦争していないので「賠償金」ではない。)

ここにコメントを書いていらっしゃる方はご存知のように、「日韓基本条約」に付随する「日韓請求権協定」は日韓双方が合意したものだ。しかし、韓国は、事ある毎に、日本に「謝罪と賠償」を求め、日本政府は人道的な見地から「慰安婦」に対して「和解金」を支払い、謝罪もしてきた。

これは文在寅大統領だけではない、過去、何十年にも渡って行われてきたことだ。

これでは、「韓国(人)には『約束』を守る」という概念がないと思われてもしかたがない。

産経新聞にこのような記事があった。(【朝鮮半島を読む】韓国はなぜ約束守れない 「遡及法」がまかり通る国→ブログエントリー『【産経】韓国はなぜ約束守れない/「春秋の筆法」とは』参照)


これによると、

 

  • 韓国では政権が代わると「歴史の立て直し」(ヨクサ パロ セウギ)が行われるが、彼等の歴史観は「どれが悪くて、どれが善かった」という善悪の価値をつけて語られる。
  • 韓国人は「約束を守る」ことよりも「それが正しい(オルバルダ)かどうか」が優先される。

 

だそうだ。私にはこれが正しいかどうかは分からないが、これを読んで納得した。


日本人にとって、「韓国人は日本が嫌い」でも構わない。

しかし、理解できないのは、数々の「子供じみた嫌がらせ」だ。

例えば、

  • 世界中の旭日旗に似たデザインに対する言いがかり(徐 坰徳教授)、観艦式での旭日旗拒否や、「李舜臣」の旗を揚げる嫌がらせ
  • 天皇に対する侮辱発言(文 喜相議長)
  • 日本の自衛隊機に対する火気管制レーダー照射事件(日本に証拠を突きつけられたら、次々と論点を変え、謝罪もしない)
  • 対馬の仏像窃盗事件(韓国浮石寺の主張がまかり通るのは信じられない)


数え上げたら切りが無い。

残念ながら、多くの日本人は韓国に対して「うんざり」しているのが実情だ。小野寺五典・前防衛大臣が、「韓国に対しては『丁寧な無視』をするのがよい」と発言したが、それに共感する日本人は多い。

私は、この李承晩TVや『反日種族主義』に啓蒙され、正しい歴史認識を持つことは、韓国人にとって「大きな一歩」だと思っている。これがもっと多くの韓国人に共有されれば、「歴史認識」の違いによる問題点は改善されるだろうと期待している。

しかし、上に挙げた何か一つでも、例えば「旭日旗に対する侮辱」を韓国人自身がやめさせるでもしない限りは、「まともな国」と見なすことはできない。

日本がなぜ今まで韓国に対して甘かったか?

それは「李承晩TV」の他の講義で知った方も多いと思うが、日本は戦後、長い間、東アジアで唯一の先進国且つ自由主義の国だった。だから、同じ自由主義を共有できる国として、韓国に期待してきた。(台湾は長い間国民党政権で『白色テロ』の国だった。)

「ホワイト国」指定にしても、本来はそのレベルではなかったのだが、日本の通産省(現在は、経済産業省)が輸出入管理の方法をが指導して、所謂「下駄を履かせた」ものだ。「立場」を与えれば「大人」になると期待して。

日本にとって、韓国以外の国は、と言うと、中国、ロシア、北朝鮮と危険な国ばかりである。台湾は価値観を共有できる国だが、中国との関係もあり、例えば軍事的に協力することは難しい。

日本はアジアにあってずっと「孤独」だったのだ。

日清戦争により、朝鮮は一度は独立した。これで自主独立してさえいれば、日本は日露戦争をすることも、「併合」することもなかった。しかし、常に「事大主義」によってロシアや清にすり寄ってきた。

大東亜戦争(第二次世界大戦)の終結後、朝鮮半島は2つに分かれたとは言え、独立した。しかし、再び、文在寅大統領は北朝鮮にすり寄ろうとしている。

朝鮮(韓国)は、日本の期待を何度裏切るのか...

 

【FNN】文大統領「一度の合意で過去終わらせられず」 日本を強く批判


https://www.fnn.jp/posts/00423159CX/201908291220_CX_CX
文大統領「一度の合意で過去終わらせられず」 日本を強く批判
2019年8月29日


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「一度の合意で、過去の問題を終わらせることはできない」と発言し、日韓請求権協定などで問題は解決済みと主張する日本政府を強くけん制した。

文大統領は、29日に行われた閣議の冒頭で、「一度反省を言ったので反省は終わったとか、一度合意したからといって過去の問題が、すべて過ぎ去ったのだと終わらせることはできない」と述べ、一度の合意で歴史問題は解決しないとの考えを示した。

日本政府は、日韓請求権協定や日韓合意などで、いわゆる徴用工や慰安婦の問題は解決済みと主張していて、両国の認識が真っ向から対立した形。

また文大統領は、輸出最優遇国から除外されたことについて、「日本は正直でなければならない。経済報復の理由さえも正直に明らかにしていない」と批判した。

 

 

  


 

 

 

 

2019/09/02

【(自称)徴用工裁判】7月17日付朝鮮日報が「日本に賠償の責任なし」と報じていた。/『反日種族主義』出版は文藝春秋社から?

たまたま見つけた朝鮮日報の記事。

機械翻訳ですが、概ね自然な日本語なので、そのまま読んでも差し支えないかと思います。リード部分(冒頭の要約部分)だけでも十分です。

内容は掲題の通りですが、その調査委員会に文在寅と当時の首相で現「共に民主党」(与党)の代表が参加していたのですから、この記事を読んだ人達はコメント欄に怒りをぶつけています。

 


http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/07/17/2019071700078.html
「強制徴用補償は1965年の請求権協定に含ま「盧武鉉政府当時官民共同委で結論出した事案
入力2019.07.17 01:45 | 修正2019.07.17 09:18

2005年イ・ヘチャン首相が委員長、ムン・ジェイン民政首席は委員として参加
被害者7万2631人に6184億支給
[日本の経済報復]

韓日関係を「前後(ブログ主註:戦後?)最悪」の状態で運転してきた強制徴用被害者の賠償問題は、2005年8月、盧武鉉政府当時官民共同委員会が「1965年韓日請求権協定に反映された」と発表した事案である。

当時、官民共同委員会は、7ヶ月余りの間数万ページに達するの資料を綿密に検討した末「韓日協定で、日本から受けた無償資金3億ドルの強制徴用補償金が含まれていたと思う」という結論を下した。 ただし、1975年、韓国政府が被害者補償をしながら強制動員負傷者を対象から除外するなど、道義的次元で補償が不十分だったと判断し、これは2007年特別法を制定して、政府の予算に慰労金と支援金を支給する措置につながった。 官民共同の上に当時の大統領民政首席だったムン・ジェイン大統領が政府委員に、内閣総理大臣であったとともに、民主党→共に民主党)イ・ヘチャン代表が委員長として参加した。

 

20190717_chosun01

画像キャプション:14年前の共同委会議に出席した李首相と文シニア - 2005年8月イ・ヘチャン(右端)当時総理大臣(現加え、民主党代表)が、政府中央庁舎で「韓日会談文書公開の後続対策関連民・官共同委員会」の会合を主宰している。 一番左は、当時青瓦台民政首席で共同委員会、政府委員として活動していたムン・ジェイン大統領。 /連合ニュース

 

官民共同委員会は、2005年1月40年間非公開だった韓日協定文書が公開されたことをきっかけに発足した。 当時強制徴用被害者の文書公開の要求を裁判所が受け入れたのだ。 盧武鉉政府は混乱を防ぐには次元で首相・閣僚など政府の人事と各界の専門家を網羅した「韓日会談文書公開の後続対策関連官民​​共同委員会」を発足させた。

争点の一つは、「国家間の交渉で、個人の請求権が消滅されるのか」だった。 共同委員会」白書」によると、ドア大統領(→文大統領/「文」だけ翻訳すると必ず「ドア」になる)は共同委員会会議で「個人の参加や委任がない状態で、国家間の協定で個人の請求権をどの法理に消滅させることができるかどうかの検討が必要である」という意見を出した。 イ・ヘチャン代表は、2005年3月寛勲討論で「賠償問題は政府間の交渉では、韓日協定としたステップが過ぎて行った個人の賠償請求の一部については、議論が多い」とした。

官民共同委員会の結論は、「1965年協定締結当時諸般の状況を考慮すると、国がどのような場合にも、個人の権利を消滅させることができないという主張をするのは難しい」ということだった。 共同委員会は、強制徴用と関連して「政府が日本に戻って法的被害補償を要求することは信義則上困難である」とも述べた。 個人請求権は生きているが、65年の協定に基づいて行使することは困難趣旨であった。 代わりに、盧武鉉政府は、被害者の補償に焦点を当てた。 2007年特別法で追加報酬手続きに着手し、2015年までに徴用被害者7万2631人に6184億ウォンが支給された

当時の発表に強制徴用賠償問題は終わったという認識が固まった。 韓国政府も「強制徴用問題は請求権協定で終了されたもの」とは、立場を維持し、裁判所も関連訴訟において同様の趣旨の判決を下したそうするうちに2012年5月、最高裁で「韓日協定があったとしても、個人請求権を行使することができる」は、破棄差し戻し判決が出た。 当時主審だったギムヌンファン判事は「建国する心情で判決文を書いた」とした。 以後2018年10月、最高裁はその判決を確定した。

司法と行政の判断が衝突する状況が起こったのだ。 外交交渉を必要とする、日本を相手に、政府は、「三権分立に基づいて司法判断に関与することができない」という立場を維持した。 8ヶ月の「対立」は、日本の経済報復につながった。 新ガクス前駐日大使は「米国などでは、司法が外交問題には政権の立場を聞いて慎重な判断を下す「司法自制」の伝統があり、韓国ではそれが「司法壟断」になった」と話した。

 

これは、西岡力氏がかねがね説明していることと同じで、例えば、下の動画(#77)では上記記事と全く同じことを解説しています。

 


【夢を紡いで #77】でっちあげの徴用工、昔の自分をも欺いた韓国政府-西岡力氏に聞く[桜R1/8/2]

【夢を紡いで #78】当然だった韓国のホワイト国除外、拉致被害者救出の可能性があるのは安倍総理のみ-西岡力氏に聞く[桜R1/8/9]

 

記事に、

当時の発表に強制徴用賠償問題は終わったという認識が固まった。 韓国政府も「強制徴用問題は請求権協定で終了されたもの」とは、立場を維持し、裁判所も関連訴訟において同様の趣旨の判決を下した。 そうするうちに2012年5月、最高裁で「韓日協定があったとしても、個人請求権を行使することができる」は、破棄差し戻し判決が出た。

とありますが、

2012年、李明博大統領(2008年2月25日- 2013年2月24日)の時に調査結果を覆す判決がありました。これは、まず「自称・徴用工被害者」が日本で訴訟を起こしたが棄却されたので韓国であらためて裁判を起こしたものですが、2009年に釜山高裁で棄却したものを2012年に大法院(最高裁)が差し戻しをしています。

 

Pn20170825_03

その後、釜山高裁で原告勝訴の判決がでますが、朴槿恵大統領に政権が移り、大法院での判断を止めていたものを、2018年に日本企業に賠償を求める判決が出ました。(上の図は2017年のプライムニュースのものなので、「係争中」となっている。)

朴大統領は正しい判断をしていたわけですが、その後弾劾されて文在寅政権になり、最高裁長官に子飼いの判事を据えて裁判を進めさせ、上記の判決結果がでました。また、裁判を止めていたという理由で前最高裁長官が逮捕されたのは記憶に新しいところです。(下記記事)

 


https://www.sankei.com/world/news/190124/wor1901240014-n1.html
韓国前最高裁長官を逮捕、徴用工訴訟介入疑惑で地検
2019.1.24

 【ソウル=桜井紀雄】韓国最高裁が朴槿恵(パク・クネ)前政権の意向でいわゆる徴用工訴訟の確定判決を故意に先送りしたとされる疑惑で、ソウル中央地検は24日、職権乱用などの疑いで、前最高裁長官の梁承泰(ヤン・スンテ)容疑者(70)を逮捕した。最高裁長官経験者の逮捕は初めて。(以下略)

 

  

ところで、ブログ主は掲題の記事のコメント欄も150件近く翻訳して読んでみたのですが、8:2~9:1くらいの割合で現政権を批判しています。

当の文在寅がこの調査委員会にいたのですからそれも当然で、「痴呆症政権」という言葉も見られました。

ただ、殆どの人が2005年の調査結果については知らないようで、「これ本当?」とか「もし、これが本当なら」と前置きをして文在寅大統領を批判している人もいました。

記事に対して否定的な意見は「朝鮮日報は韓国の新聞なのか!」という調子で、感情的に受け入れられないと言った感じです。

 

しかし、たかだか14年前の国家的プロジェクトで出した結論なのに、国民が全く結論を知らないというのも驚きますが、恐らく、徹底的に報道管制を敷いたのでしょうね。

実際にこの時に収集した写真などの資料はきちんと本にまとまられており、イ・ウヨン先生はこれが一級の資料になっていると仰っていました。

“奴隷のように”こき使われていたはずなのに、写真館でコスプレして写真を撮ったり、炭鉱前で撮影した集合写真などはどう見ても健康で屈強な朝鮮人の男達です。

 

なお、『反日種族主義』の日本語翻訳版ですが、8月25日付ハンギョレ新聞の記事(タイトル機械翻訳:日本の極右代弁「反日種族主義」...恥ずかしい日本の駅進出←しかし、凄まじいタイトル )によると、日本では文藝春秋社から出版されるようです。

韓国での出版記念パーティーでは文藝春秋の社長も出席していました。

記事によると、そもそも、李承晩TV(YouTube番組)での講義を元に先に日本での出版交渉があったようで、早くから日本語化も始めていたようです。(校正も必要ですが、日本人読者向けに訳注のようなものが追加されると思うので、単純に翻訳しただけでは出版できないでしょうが。)

ハンギョレは反日的なメディアとして知られていますが、『知りたくなる韓国』(有斐閣/浅羽祐樹氏等共著)によると、70~80年代に軍事政権により大手新聞社を解雇された記者が中心となって設立された新聞社とのこと。

  

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/27

【韓国】文在寅政権を理解するキーワードは「反韓」

韓国政府がGSOMIAの破棄を決定したことは、日本がフッ化水素などの3品目の輸出管理を厳格化したり、韓国をホワイト国から除外したりしたことの対抗策だと捉えている節がありますが、それは誤りです。

輸入企業がきちんと輸入品を管理していることが分かれば日本が輸出許可を出すことは、既に2件のサムソン向けの輸出を許可したことでも分かります。

なのに、韓国政府が国内企業の利益を考えて輸入管理を厳格に行う方向に向かわないのは何故か?

文在寅やこの政権を支持する労組のような従北派は、そもそも、南朝鮮(韓国)単独で国が成立したことが不満で、それを認めた戦後の「西側」体制を恨んでいるのです。

政権の本当の敵はアメリカです。

従って、その体制で生きながらえた財閥も敵、南側単独で独立させた李承晩や日本と妥協して国を発展させた朴正煕のような指導者も敵、敗戦国なのにアメリカの傘の元に西側面をしている日本も敵で、「反日」はそのシンボリックなものなのです。

我々日本人は、国(韓国)を壊すようなことをまさかやろうとしていないだろうと考えていますが、日本にも「反日」はいるではありませんか。

立憲民主党とか共産党とかが政権を取ったと思えば理解できるでしょう。

文在寅政権は本気で国を破壊しようとしているのです。

 

以下は、以前のエントリーに追記したことですが、再掲します。

 


韓国左派の歴史観

ところで、今朝(8月23日)の産経新聞『正論』コラムは西岡力氏が寄稿されていました。(『韓国変質、登場したアンチ反日』)

そこに書かれている韓国、特に左派・従北の歴史観をご紹介します。

これはよく西岡力氏がネット番組などで説明されていることですが、なぜ左派が反日をしつつ、一方で「ライダイハン」での反韓活動をするのか、ということが分かると思います。

 

  • 80年代以降、各界格層に「反韓史観」が急速に拡散。
  • 韓国という国は日本統治期に協力した親日派とその後裔が支配層に君臨している汚れた国で、武装独立闘争をした金日成が親日派を全面的に処断した北朝鮮こそ民族の正統性を持つ。
  • この歴史観により、例えば、韓国近代化を果たした朴正煕大統領は日本の陸軍士官学校を卒業した親日派。

 

保守派の「反日」は歪んだ「愛国心」の現れですが、まあ、理屈としては分からないではありません。一方、左派の「反日」は「反韓」と同根のものなのです。

【2019/08/24追記】統一日報(在日韓国人による新聞)に参考となる記事があったのでご紹介します。

 


http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86321&thread=01r02
立証された韓日GSOMIAの効用
反日と反米はコインの両面
2019年08月01日

(一部引用)
日本と米国は、中・ロや金正恩の挑戦には沈黙しながら反日のみを煽る文在寅のため苦心している。文在寅は、すでに韓米同盟からの離脱を決心したかのように行動している。文在寅はトランプ大統領にインド太平洋戦略に積極的に協力するという約束を簡単に捨てた。文在寅は、甚だしくは反米人物として有名な自分の外交安保特別補佐官の文正仁を駐米大使に内定した。米国が文正仁へのアグレマンを拒否すれば、これを韓米同盟離脱の口実として利用するつもりだろう。
文政権の反日は、反日を装った反米だ。文政権の核心がGSOMIAの廃棄を匂わせるのは、韓米同盟から離脱を示唆するものだ。米国は、文政権の限界をテストし、様々な抑止策を講じている。ボルトン補佐官が、韓国の在韓米軍駐留費の支援金を大幅に引き上げる踏み絵を突きつけたのもそういう次元と言えよう。

 

上記記事は8月1日付ですが、その後、文正仁氏は辞退をしたそうです。しかし、辞退とは表向きで、アメリカ側から拒否されたのだろうと、統一日報は報じています。(8月15日付『駐米大使候補を忌避人物に認定』)

なお、「アグレマン」という言葉は英語で言えば「アグリーメント」(agreement=同意)のフランス語ですが、辞書によると「アグレマン」として「特定の人を外交使節に任命するに先立って、派遣される相手国が与える同意の意思表示。(―を求める)」という説明があるので、外交用語になっているようです。

 


 

韓国の場合は、国民に元々ある「反日」感情を利用すればいいので、国民の支持を得やすいと考えての「反日」ですが、その究極の目的は「南北統一」であり、その手段の一つとしての「反日」です。

 

『反日種族主義』で目覚めた韓国人が言っているのは別に「親日」ではありません。「アンチ『反日』」です。

彼等は全教組(日本で言えば日教組)の反日歴史教育が事実に基づかない事に気付き、惨めだけれど歴史の事実に目を向けようとしています。それは、反日教育の目的を理解したからです。

ブログ主が「韓国」という国には匙を投げても、そういう人達は応援しようと考えるのは、日本の反日勢力にもその責任があること、日本人だって程度の違いこそあれ、目覚めたのはつい最近のことで、保守は「日教組」や「文科省」的なものと戦ってるからです。

日本でも沖縄など、かなり「主体思想」派に汚染され、韓国からもそういう輩が頻繁に来ていますが、その元凶も韓国国内のチュサッパ。目覚めた韓国人が国を変えられれば、沖縄や日本国内に巣くう反日にもダメージとなると思うからです。

韓国国内の少数派の意見を無視して「韓国人は~」と単純化するなら沖縄も「反日」になってしまいます。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/25

【李承晩TV/反日種族主義】日本の歴史を講義する動画

最近、少しずつ『李承晩TV」の韓国語版(日本語字幕のない動画)を自動翻訳の字幕で観ているのですが、日本統治時代だけではなく、様々な講義を行っているようです。(字幕の付け方はこちらのエントリーの『外国語のYouTube動画を自動翻訳の字幕付きで視聴するには』参照)

 

たまたま見つけた動画は「한국인들의 반일감정, 그 역사적 뿌리」(Google翻訳:韓国人の反日感情は、その歴史的ルーツ)というシリーズ(1、2)では、統治以前の日韓の歴史を扱っていました。

 


한국인들의 반일감정, 그 역사적 뿌리 (1)

 

1は日本の歴史の講義で、16世紀の織田信長の時代から始まります。

日本が16世紀には世界に門戸を開き、ヨーロッパの学問を吸収し、江戸時代には一般国民にも本が普及していた、というような内容で、どうも韓国では「日本は韓国よりも30年進んでいる」(←この根拠は不明)とされているらしく、しかし、「実はその差は300年だ」という講義でした。

日本がヨーロッパの国々との交易で輸出していたものは豊臣秀吉が朝鮮から連れ帰った陶工の作る陶磁器しかないような説明には苦笑してしまいましたが、特に九州の各藩がこうした交易により利益を得るだけで無く教育を普及させたり、殖産興業を行っていたりという説明は、日本人なら予備知識があるのでおおよそ理解できます。

2は朝鮮史で、こちらは殆ど予備知識がないので理解できませんでしたが、シナ(主に清)に隷属していた歴史です。

 

当然ですが、その時代の韓国の歴史を知っている日本人はほとんどいないのと同様、韓国人視聴者にとっては初めて学ぶ日本の歴史で、朝鮮半島との違いに少なからずショックをうけているようでした。

例えば、コメントはこんな感じ。

 


(Google翻訳)韓国の歴史も多く歪曲されていますねどこにも触れていないファクトを知り、ありがとうございます
本当に情けない朝鮮でしたね世の中やほとんど二百年を他国の王の祭祀をささげなんて...現実感は着実に行方不明になったね、今もそう。この国の民はいつ目覚める突進。息苦しいです。良い講義感謝!

 

少し前にブログに書いた『チャンネル桜』の韓国からのレポートで、李承晩TVで学んだ男の子が相当ショックを受けてたと宮本さんが仰っていましたが、こういうことだったのだと理解ができました。

上で「清に隷属していた」と書きましたが、日本人の感覚だとそうですが、「華夷秩序」の歴史観では朝鮮は「小中華」、日本を「弟」のように見下しているのが普通で、しかも歴史教科書には「日本に対して○○を教えてやった」とか「伝えてやった」みたいなことばかり書いてあるのですから、事実を知って、実際の日本との差に愕然としたのでしょう。

 

このエントリーは、別にそういう韓国をバカにするために書いているのではありません。

李承晩学堂の動画や『反日種族主義』の存在が、ブログ主が想像していたよりもずっと韓国政府や一部の人達にとって「危険」で「敵視」されるものだということが分かったからです。

それにしても影響力大きさに驚きます。

やはり、どのような迫害に遭っても事実を追及しているイ・ヨンフン教授やイ・ウヨン先生の真摯さ、高潔さによるものでしょうか。

 

「この本が100万部売れたら韓国は変われる」というコメントも見かけましたが、日本で出版されて、日本でもたくさん売れたら(絶対に売れると思いますが、韓国は意外と日本のブームが逆輸入されるので)何かかが起こるのではないでしょうか。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/20

【(自称)徴用工問題】韓国国内の「強制徴用」の定義とは?/韓国区内補償の時系列まとめ

先週、BSフジ・プライムニュースにイ・ウヨン先生が出演されたときも話題になっていましたが、韓国でよく使われる「強制徴用」という言葉は「徴用」自体がある程度「強制」を含んだ言葉なわけで、変な造語です。

取りあえずはこの言葉を受け入れて、「強制的に動員された」と理解したとしても、日本と韓国ではその意味合いが異なります。

 

このエントリーでは、事実(日本側の「募集」、「官斡旋」、「徴用」)と、韓国側の補償状況を時系列にまとめておくことにします。

 

下に、まず、事実を時系列に並べてみます。(西岡力氏の論文と1959年7月13日付朝日新聞記事より/青字は徴兵に関する出来事を追加)

これによると、日本側の認識は1944年9月~45年3月までの7ヶ月間が「強制的に動員した」期間で、その実数は245名です。この間、自主的に職を求めて日本に渡ってきた労働者は多数おり、現在日本に住む在日コリアンはその子孫ということです。

在日コリアンの約9割は朝鮮半島の南部、現在の韓国出身者と言われています。多くは元農業従事者などで、慣れない炭鉱の仕事を嫌って逃げた者ものも多く、それらは「自由労働者」と呼ばれます。(戦後は不法滞在だが、国交回復の際に結ばれた日韓基本条約の付属協約である「地位協定」によって2世までは永住許可を得ている。)

 

1938年4月 国家総動員法1939年

1938年4月 【朝鮮】韓国人陸軍特別志願兵制 開始

1939年7月 内地では「国民徴用令」による大々的な労働者の動員(朝鮮では徴用令は発動されず)

1939年9月 【朝鮮】「募集」形式での動員~1942年1月

1942年2月 【朝鮮】「官斡旋」(総督府の行政機関が前面に出ての動員)

1942年4月 【台湾】「徴兵制」実施

1942年5月 【朝鮮】「徴兵制」実施

1944年9月 【朝鮮】法的拘束力のある「国民徴用令

1945年3月 【朝鮮】朝鮮と内地間の連絡船がほぼ欠航となり、「国民徴用令」による動員は7ヶ月間で合計245人

 

Chouyo_2

 

一方、韓国側では、盧武鉉政権時に行った調査により、「強制徴用」の範囲は1931年~45年までとされています。

下は、韓国国内で行われた補償金(慰労金)の支払いを時系列に並べたもので、まずは、朴正煕政権以降(1971年~)を見てみます。(ソースは後述)

 

1910年 日韓併合

 : : :

1965年 日韓請求権協定 韓国政府が日本政府から韓国側の請求権の金額を一括受領

1971年1月 対日民間請求権の申告法 制定

  • 申告対象9件の内8件は日本銀行券や日本国際、生命保険などの財産関係、1件のみが「軍人、軍属または労務者で召集または徴用され1945年8月15日以前に死亡した者」つまり被徴用死亡者が対象で負傷者は対象とならず

1971年5月21日~72年3月20日 申告の受付

  • 財産関係131,033件、人命関係142,820件が受理された。

1974年4月12日 請求権補償法 制定

1975年~77年 補償金支給 

  • 財産関係は66億2900万ウォン、死亡者に25億6,560万ウォン(30万ウォン/一人)支給された。30万ウォンは当時の軍警死亡者の水準を採用。総計91億8,769万ウォン。

 

これを見ると、日本人なら恩給を貰えたはずの軍属の負傷者は漏れていますが、被徴用者と死亡者への補償(但し、韓国の水準での支払い)は概ね完了しています。

しかし、韓国内では大きな誤解があるようで、それは、「無償3億ドルが全て補償金に充てられるべきという勘違い」が元になっており、そのため、朴正煕が大半を横取りしたという批判です。

被徴用者への25億6千万ウォンが無償3億ドル(1974年のレートで1,452億ウォン)の内1.8%に過ぎないので「雀の涙補償」と批判されているそうですが、日韓の請求交渉で日本側の被徴用者補償額は7,700万円(500万ドル超=1974年のレートで24億2千万ウォン)と見積もられたので、ほぼその額と一致した額が補償に充てられているのが分かります。

また、個人ではありませんが、請求権を持ったいくつかの金融機関(朝興銀行、農協、水協、金融組合連合会など)に対しては補償しなかったそうです。

 

負傷者や行方不明者が補償を受けられないことに対しての批判が継続されたので、盧武鉉政権が2004年に強制動員真相究明法制定、2005年~2015年末迄の約10年をかけて強制動員の被害者申告を受け、強制動員実体に関する調査研究を官民共同で行いました。(この委員会の政府側委員に文在寅)

以下、その経緯です。

 


2005年2月 同委員会発足

  • 軍人、軍務員、労務者、慰安婦など約228,000名の被害申告受付開始

2007年12月 国外強制動員犠牲者などの支援法 制定

2010年3月 「対日抗争期 強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援に関する特別法」制定

  • 真相究明法、犠牲者支援を統合したもの
  • これにより、新たに補償金を支給(1975年~77年に補償金を受けた死亡者からは30万ウォンの現在価値相当額234万ウォンを控除)
  • 未収金1円あたり2,000ウォンの未収金支援金として支給、生存者に対しては医療支援金を支給。
  • 2015年までに6,088億ウォンが支給された

 

この2010年の統合法で問題があるのは、補償対象者の定義と範囲です。

以下は、後述する動画の字幕を書き写します。(句読点を修正)

 


国外強制動員被害を「満州事変(ブログ主註:1931年)以後太平洋戦争に至る時期に日帝によって強制動員され、軍人、軍務員、労務者、慰安婦などの生活を強要された者が受けた、生命、身体、財産などの被害」と言いました。

また、国外強制動員犠牲者を「1938年4月1日から1945年8月15日の間に日帝によって、軍人、軍務員、労務者などで国外に強制動員され、その期間中、または国内に帰ってくる過程で死亡したり行方不明になった人、または大統領令で定めた負傷で障害を受けた人」と定めました。

 

要するに前段は「生存者」、後段は「死亡者と負傷者(障害者)」を表します。

時期の開始日が1931年と38年で異なりますが、労務者に限っても、1944年9月~1945年3月までの「国民徴用令」以外の自由意志で渡航した時期も"強制制があった”という定義になってしまったのです。

つまり、韓国政府が勝手にその"枠”を広げたので、これは韓国国内の問題であると共に、ここ迄で補償は終了しているはずです。

 

以前のエントリーにも書きましたが、昨年の韓国大法院(最高裁)判決の原告4名は国民徴用令による「徴用工」ではなく、時期的に「募集」に応じて朝鮮半島から内地に来た単なる労働者ですが、韓国国内の定義では「強制徴用」ということになります。

ここに前述のエントリーから、各原告の状況を再掲します。

  • 原告4人のうち2人は、1943年9月頃、旧日本製鉄(現・新日鐵住金)が平壌で行っていた工員募集の公告を見て応募し、面接を経て合格。大坂の製鉄所で訓練工として労役に従事した。
  • もう1人の原告は、41年、大田(てじょん)市長の推薦で動員され、日本に渡って、釜石製鉄所で労役に従事した。
  • 原告最後の1人は43年1月頃、群山府(現・韓国群山)の指示を受けて募集され、八幡製鉄所で業務に従事した。

 

BSフジ・プライムニュースでのイ・ウヨン氏の説明によると、原告4名の内、生存者は1名で、上記のどれがその方かは分かりませんが、よくニュースなどで映される老人ということになります。そして、彼の未収金は「5日分の賃金」だそうです。

韓国内では政府が日本から一括して受け取っているのだからと、政府に補償金を請求する原告もいます。しかし、彼らの場合は請求できる日本企業が既に現存しないといった理由からです。

 

以下は、西岡氏の論文や韓国国内の補償状況を説明した李承晩TVの動画で、上記の説明のソースです。上で見てきたように、韓国政府は十分すぎる範囲で補償を行っており、今、賠償を求めている韓国人は既に何度か補償金をもらっているか、2010年に何らかの理由で対象外になった人たちのはずで、動画はそれを批判しています。

 


歴史認識問題研究 第2号

12. Never ending story ー"賠償!賠償!賠償!"

 

上記説明と重複しますが、大法院判決後の読売の記事(2018/11/02付)を再掲します。

 

20181102_yomiuri01

 

【追記】朝鮮日報:強制徴用被害者遺族「日本から受け取った請求権資金、私たちの分をください」と憲法訴願


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/15/2019081580014.html
記事入力 : 2019/08/15 09:59
強制徴用被害者遺族「日本から受け取った請求権資金、私たちの分をください」と憲法訴願

 日帝強占期に日本軍に連行された強制徴兵の被害者遺族が1965年の韓日請求権協定で韓国政府が日本から受け取った対日請求権資金のうち、被害者の分が支給されないのは違憲だとする憲法訴願を申し立てた。

 日帝の強制徴兵による被害者の遺族83人は14日、「大韓民国政府が受け取った対日請求権資金で遺族に補償する内容の立法を行わないのは違憲だ」とし、憲法裁判所に憲法訴願を申し立てた。

 原告が主張する対日請求権資金とは、韓国政府が1965年の韓日請求権協定で日本から受け取った5億米ドル(2億米ドルの借款含む)を指す。当時韓国政府が日本に要求した8項目の補償リストに「戦争による非徴用者の被害補償」が含まれていたにもかかわらず、強制徴兵の被害者にいかなる補償もなされなかったというのが原告の主張だ。

 韓国政府は強制徴兵による死者、行方不明者には2000万ウォン(約174万円)、負傷者には2000万ウォン以下の範囲で慰労金を支給したが、慰労金ではなく、立法を通じ、強制徴兵被害者の被害程度に応じた補償金を支払うことを求めた格好だ。

 遺族らは「強制徴兵された被害者は対日請求権資金に対する直接的な請求権を持っているにもかかわらず、政府は被害者に(補償金を)支払うことなく、経済協力資金として使ってしまった。国が強制徴兵被害者の命の価値を横領したものだ」と主張した。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/18

【韓国】反日デモより規模が大きかった反文在寅デモを黙殺/イ・ヨンフン教授告訴される

8月15日の韓国の光復節では大規模な反日デモが行われたという報道を日本のテレビでも報道していました。しかし、同じ場所で「反文在寅デモ」がもっと大きな規模で行われていたということはほとんど報道されません。

と思っていたら、今朝(8月18日)の『日曜報道 THE PRIME』(フジ/7:30~)では現地で取材して報道していました。しかし、まともに報道したのはこの番組くらいではないでしょうか。

これは韓国でも同様で、8月16日放送の『言論テレビ』で洪熒(ホン・ヒョン)氏が仰るには、韓国メディアは親北で極左の民主労組の傘下の言論労組に牛耳られているのでほとんど報じられなかったとのことです。

 

文演説の真意は腹の底から「反日反韓」
独裁文在寅退陣デモに市民10万人が集結!


櫻LIVE】第356回 - 西岡力・麗澤大学客員教授/洪熒・元駐日韓国大使館公使 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

(YouTubeのプレビュー版では冒頭の12分位を公開しています。無料で観られる本放送は金曜9時から。有料会員ならいつでも動画を観ることができます。)

 

日曜報道では、取材した松山キャスターも「見た感じでは反日デモより反文在寅デモの方が多い」と言っていましたが、西岡力氏によると、主催者の1団体は参加者数を30万と発表したが、西岡氏とも近い別の団体は少なくとも10万と見たと話したそうで、一方の反日デモは主催者発表が10万で、実際はそれよりかなり少なかったと言うことです。(篠原常一郎氏の情報では主催者発表30万人で実際は5万人。更にこの動画で篠原氏は文在寅の光復節スピーチで「我が政府が推進している【人間中心】、相互繁栄の...」にチュチェ思想を感じ取っています。)

反日デモは光化門の前の広場だけだったのに比べ、反文在寅デモは光化門から崇礼門 (南大門)までの通りを埋めたということで、距離を調べたら凡そ1.7Kmくらいあるので、数倍の規模と言ってもよいでしょう。(フォンさん「20倍!」)

この辺りまではYouTubeの動画で見られると思います。

 

話が前後しますが、今回のテーマは「反文在寅の大きなうねり」とでもいうようなもので、『反日種族主義』のイ・ヨンフン教授の近況も取り上げていました。左翼や左翼メディアからの攻撃がますます激しくなっているようです。

 

ブログ主はたまたま李承晩TVの最新の動画(韓国語版)を見ていたので、告訴されていることは知っていたのですが、その罪状を聞いて呆れてしまいました。(韓国語版の動画を日本語字幕で観る方法は後述)

 

20190816_rheesyngman01

 

一つは、イ教授が親日のレッテルを貼られているので、「自分の家系は臨時政府に関わった人間のもの」と発言したことで、革命家を冒涜しているという罪、もう一つは元慰安婦や徴用工の人たちの名誉を傷つけたという罪。

更に、経歴詐称で批判されているとのことですが、この理由も滑稽なもの。

イ・ヨンフン教授は名門ソウル大学の教授を定年退職されたそうですが、ソウル大学では15年間教授を務めると自動的に名誉教授の称号を与えるそうで、実際に教授は15年には4ヶ月ほど足りずに名誉教授の資格は得ていないのですが、メディアなどが紹介するときにはソウル大学を定年退職したような教授は名誉教授の称号で呼ぶという慣習があるらしく、勝手に肩書きをつけられているのだそうです。

つまり、教授の預かり知らないところで付けられた肩書きで批判されているとのことです。

また、少し前に韓国の公営放送が教授を追いかけ回して、あまりにしつこくマイクを向けるので小競り合いになったそうですが、その場面も何度もテレビで流され、この件でも最近告発されたとのことです。

 

洪氏が主幹を務める『統一日報』にこのことが書いてあるので一部引用します。

 

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86359&thread=01r04
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
「反日の竹槍を打ち壊し、反文在寅の竹槍を掲げよう」
2019年08月15日

(一部引用)
今、文在寅・主思派政権の偽善と邪悪が国内外に知られた。このとき、彼らの反日種族主義が攻撃されたのだ。
文政権と左派は当初は無視する姿勢を取ったが、韓国のメディアが114に及ぶ参考文献を収録しているこの重要な著作を紹介する書評を出さないにもかかわらず、『反日種族主義』がベストセラーになるや、著者らを威嚇している。李栄薫教授と共著者たちが危険にさらされている。ついに扇動メディアを動員して暴力的に妨害し始めた。公営放送のMBCが、その急先鋒に立った。
MBCは李栄薫教授に無理やりインタビューを強要し、これを言論の自由と言い、彼らの行動を正当化する捏造放送までした。MBCなど左翼の主張は、韓国人として本当に恥ずかしく慨嘆すべきことだとする。左翼媒体は文在寅の家族関係などは全く報道せず、タイに逃れた娘家族は追跡せず、反日種族主義の著者たちを攻撃している。

 

洪氏によると、左翼がイ・ヨンフン教授を攻撃すればする程「英雄」となっているそうです。

 

外国語のYouTube動画を自動翻訳の字幕付きで視聴するには

これは、自動字幕機能を使い、更にそれを日本語に翻訳しつつ見るので、完璧ではないのですが、李承晩TVでは7割くらいは理解できます。(自分の持っている知識と、想像力を最大限活用する必要がありますが。)

方法をメモしておきます。

  1. 動画の右下にある歯車のアイコン(設定)をクリックして「字幕 オフ」を選択(クリック)。
  2. 「韓国語(自動生成)」を選択。
  3. 再び「設定」をクリックし、「字幕 韓国語(自動生成)」をクリックするとメニューに「自動翻訳」という項目が追加されているのでそれをクリックすると言語が選べる。
  4. 字幕の色や文字の大きさは「字幕」メニューの「オプション」で変更できる。(この設定は一度設定すると記憶される模様)

 

Google翻訳を使って外国語のサイトをまるごと、あるいは文章を翻訳する

なお、動画に付けられたコメントなどはGoogle翻訳で「韓国語」→「日本語」に翻訳すれば、元の文章があまり砕けたものでなければ、意味が分かる程度には翻訳されます。

下の画像は既にGoogle翻訳の画面が表示された状態ですが、Googleのトップページ等にある「Googleアプリ」(①)メニューから「翻訳」(②)を選択すると下の画像のような画面(③)が表示されます。

翻訳元と翻訳先の言語を指定(④)して、翻訳元の文章や文字列を貼り付ければ(⑤)自動翻訳されます。

 

20190816_rheesyngman02

 

なお、経験から言うと、韓国語→日本語(あるいはその逆)では否定文は苦手のようです。韓国語もおそらくそうなのでしょうが、日本語では英語のような明示的な否定語がないせいか、訳してみて、文脈上、否定形になるはずの文が肯定文になることがしばしばあります。

一度、自分で書いた日本語の文章を韓国語に翻訳してから、再度日本語に変換してみたことがありますが、そのときに否定文が肯定文になってしまったのを経験しました。
 

 

反日デモの報道(産経)

 

https://www.sankei.com/world/news/190815/wor1908150019-n1.html
雨の中、抗議集会 光復節の韓国 安倍首相糾弾のロウク集会も
2019.8.15

【ソウル=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の15日、韓国では歴史問題や日本政府による輸出管理厳格化などをめぐり日本を批判する抗議集会や行進が、各地で行われた。

 首都ソウルの天候はこの日、朝から雨。ソウル市庁前の広場では複数の市民団体で構成する「強制動員問題解決と対日過去清算のための共同行動」が、いわゆる徴用工問題について日本に抗議する集会を開いた。集会参加者らはレインコートを着たり傘を差したりして「日本は謝罪せよ!」「安倍(晋三首相)は謝罪せよ!」などと気勢を上げた。

 集会には元徴用工だったと主張する男性らも参加。亡くなった元徴用工らの遺影を掲げ、日本大使館前まで行進し、徴用工問題の解決を求める署名を大使館側に渡した。

 ソウル中心部の光化門広場では、極左労組の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)が全国労働者大会を開催。夕方からは労組など750余りの市民団体共催の、安倍晋三首相を糾弾するロウソク集会が開かれた。集会では、日本政府の輸出管理厳格化を「経済報復だ」と批判し、これに対抗して韓国で展開されている日本製品の不買運動への参加を訴えた。

 また、この集会は、反日ではなく「反安倍」を訴えるものであることを強調。「NOアベ」と記されたプラカードやロウソクをともした紙コップを手に、安倍首相を「アベ!」と呼び捨てにし、「アベは退陣せよ!」などと叫んだ。さらに、日本国内の反安倍政権勢力との市民同士の連帯を訴えた。

 関係者は、このロウソク集会への参加者を10万人ほどと予想していたが、実際の参加者は目標を下回ったようだ。

 

 

  


 

 

 

 

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win10 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】外国人労働者 【国内政治】一般 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 沖縄(首里城火災) 【国内】その他国内問題 【国内】あいちトリエンナーレ 【歴史戦】一般 【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海 国連の実態 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】慰安婦問題 【国際】韓国・反日種族主義 【国際】韓国・輸出管理 【国際】韓国一般 【国際】韓国(金正恩のリムジン密輸) 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ