最新情報

  • 2022/02/28
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


【国際】韓国一般

2022/06/24

【湖南平野】熊本利平と李永春〔이영춘/イ・ヨンチュン〕博士

前回のエントリーで、湖南平野が小説『アリラン』〔著:趙廷来〕の舞台になっており、その小説のストーリーに沿って、韓国人の「共通の記憶」が形成されたという事を書きました。

この『アリラン』について、『反日種族主義』の中で李栄薫(イ・ヨンフン)博士はこのように書いています。「小説『アリラン』はその実在した歴史を、幻想の歴史、つまり虐殺と強奪の狂気にすり替えました。」

金堤市にはこの小説の世界を再現したアリラン文学村〔2012年開園〕というテーマパークがあり、小説の舞台を再現しているそうで、調べて見たら、ハルビン駅を小さくした建物が建っていて、伊藤博文暗殺シーンも再現されていました。〔銃弾で撃たれた箇所にライトが点くらしい

 

前回ご紹介した記事に、湖南平野で農場を経営した熊本利平が李永春〔이영춘/イ·ヨンチュン〕医師を小作人のための無料診療所の為に招いたという事が書いてありました。

 

20220624_kumamotorihei01
▲金堤の『アリラン文学村』竹山駐在所の前庭にある「熊本利平公績善不忘碑」

 

李永春博士や熊本利平の足跡を調べていたら、面白い記事があったので、今回はそれをご紹介します。『「彼らの図書館」はどうやって「私たちの図書館」になったのか』〔原題:'그들의 도서관'은 어떻게 '우리의 도서관'이 됐나〕というOhmynewsというメディアの記事です。

タイトルは、熊本利平(1880~1968)と李永春医師(1903~1980)2人がそれぞれ群山に図書館を残したことを意味しています。

その記事によると、熊本農場は沃溝郡〔現在は群山市に統合〕、金堤、扶安、井邑、完州の5郡26面にまたがっていたそうです。〔複数の農場や施設を持っていたという意味。

 

20220623_zenrahokudo_map

 

以下、記事より、熊本利平 の足跡が分かる部分を引用して機械翻訳します。

記事に書いていませんが、壱岐市立支国博物館のサイトによると、熊本が朝鮮に渡ったのは24歳の時だそうなので、満年齢だと1904年頃になりますが、前回ご紹介した記事によると、1902年に農場支配人の資格で朝鮮に来て、1903年から全羅北道沃溝郡博面内沙里と泰仁郡禾湖里一帯の土地を買い入れて農場を開設したあります。

いずれにしても、日韓併合(1910年)よりも前で、日露戦争〔1904年2月~1905年9月〕の前、あるいはさ中ですが、1904年5月には熊本のように朝鮮に進出した農場主達が群山農事組合を設立しています。〔「日本人地主の土地集積過程と群山農事組合」李圭沫 著〕

 

1935年2月、熊本利平は自分の個人農場を「株式会社熊本農場」に変え、代表取締役となった。 株式会社だったが、会社の持分の90%以上を熊本が所有している。 自身は日本と朝鮮を行き来しながら農場を徹底的に管理するために次弟を監督として置いた。 熊本の科学的営農は収奪と搾取の極大化のための方便だった。

朝鮮で大金を稼いだ熊本は、自分のイメージを改善するため複数の学校に学資金を寄付した。 1923年長崎壱岐高等女学校設立時に1万円を寄付し、1931年から10年間京城帝国大学に毎年3千円ずつ寄付した。 成城学園高等学校創立時も5年間相当な資金を支援した。

1918年2月からは群山初等学校出身を支援するために群山教育会に奨学金を寄付した。 1919年には「輔仁会」という奨学団体を作り、朝鮮人と日本人留学生を支援した。 日本による植民地時代発行されたいくつかの『人名録』には熊本に対する評価が残っている。

別の記事によると、「輔仁學舍」という朝鮮からの留学生を受け入れる寮のような物を造り、1920年5月には第1学舎が東京市外落合村に設立されました。

彼の富と功徳は朝鮮人収奪の結果だった。 金堤アリラン文学村の前庭には「熊本利平功績先不忘碑」が立っている。 1924年凶作がひどくなると、この一帯の土地を持っていた熊本が種子を提供したことに感謝の意を表する碑石だ。 熊本はなぜ種子を提供したのだろうか。 彼の種子提供も、収奪のためだった

収奪のために種子を提供とは、ずいぶんと酷いことをしたようです。(白目

李永春医師が熊本農場の診療所医師になったいきさつも書かれていました。

>熊本利平は、自分の農場内に「診療所」(病院)の設立を構想した。 小作人が健康であってこそ、より多くの収穫を出すことができると考えたためだ。 当時、群山は朝鮮農民による小作争議が多く起きた。 日本農場主の収奪が苛酷だったためだ。

>日本で模範農場とされた熊本農場は、1930年代初めに小作争議がしばしば起きた。 増産を前提に小作料を高めたため、小作人は目標達成のためにさらに熱心に働くしかなかった。 「開発による収奪」、「収奪のための増産」を追求した彼の農場経営は「熊本型地主」と呼ばれた。

>熊本農場は小作料も高かったが、増産のために貸した肥料から差益をまた取った。 農場の方針を破れば悪口と殴打が続いた。 「模範農場」という彼の農場経営が、どれほど苛酷な搾取に基づいたかが分かる。 朝鮮小作人にとって熊本農場は「悪徳農場」に過ぎなかった

>小作争議が頻繁に起きると、熊本はこれを揉み消すつもりで農場に診療部と慈恵診療所の設立を計画した。 ムチとニンジンを一緒に構想したのだ。 そのために農場で働く小作人の世話をする「朝鮮人医師」を求めた。 熊本はセブランス医学専門学校で病理学を教えていた李ヨンチュンに農場医師の座を提案した。

1935年に京都帝国大学で朝鮮人としては初めて医学博士号を取得した李永春は、帰国した彼は、セブランス専〔セブランスはミッション系の医学専門学校〕で学生を教えており、そこに熊本から診療所で働いて欲しいと打診されたようです。

熊本に条件を一つ提示した。 診療を始めて10年になる年に「農村衛生研究所」を設立してほしいと提案したのだ。 「先予防、後診療」を通じて疾病問題を解決しようとした李永春は、研究所設立を通じて朝鮮農村の衛生問題を根本的に改善しようとした。

熊本利平は、群山だけでなく、他にも2箇所、診療所を開き、セブランス出身の朝鮮人医師を雇います。

日本に住んでいた熊本は、年に2、3回、朝鮮を訪れるときに滞在するための家を1920年代に建てますが、李永春はここに住んでいました。この別荘は、

床にはチーク木材を、壁には白頭山のカラマツを、窓にはステンドグラスを使用した。 1920年代熊本がこの家を建てる時にかけた費用は、朝鮮総督官邸の建築費用に匹敵したという。

研究所設立の約束は、終戦により熊本が帰国してしまったために果たされませんでした。しかし、李永春はその後も熊本が貸し与えていた別荘に住み続け、群山で診療を続けて、1948年に「農村衛生研究所」を設立します。彼が住んでいた家は、後に全羅北道有形文化財200号に指定されます。

熊本は群山の図書館にも寄付をしたようで、以下のような記述があります。

熊本利平の寄付で転機を迎えた郡山図書館は、郡山府立図書館時代を経て、解放後「郡山市立図書館」となった。

 

以上、暴力と搾取に満ちた熊本農場の経営実態をご紹介しました。(おしまい)

 

 

  


 

 

 

 

2022/06/23

【韓国】「日帝強占期 収奪現場」という案内板が立つ村

韓国の南西部にある全羅北道金堤市群山市全州市には肥沃な平野が広がり、現在は湖南平野と呼ばれているようですが、日本統治時代には全州平野と呼ばれていました。現代でも韓国の穀倉地帯と言われています。

 

20220623_zenrahokudo_map

 

ここは併合以前から複数の日本人企業家が土地を購入して農場経営をしており、特に1920年代に大規模な治水事業が行われてからは肥沃な平野が誕生します。そのため、内外から人〔朝鮮人と日本本土からの日本人〕が移住し、日本家屋も多く残っているのですが、ここは現在では、「日帝強占期の収奪現場」として、”過酷な植民地支配” のシンボル的場所となっています。

 

20220623_phileyoungchoi20220621_01

▲全羅北道の井邑市 禾湖里〔理は誤り〕にある案内板/画像はPhile Young Choi氏のFacebook(2020年6月21日付け投稿)よりキャプチャさせて戴きました。

検索したところ、同じく「日帝強占期 収奪現場」と書かれた別の看板の画像もあったので、日本統治時代の建物などが残る場所に建てられているのだと思います。

  

このイメージを決定づけたのは大河小説『アリラン』(1994年)や『太白山脈』(1989年)で知られる趙廷来(チョ・ジョンレ)氏で、氏が2015年に出版した『道:趙廷来写真旅行』にこのような文があるそうです。「〔機械翻訳〕稲作のため日本による植民地時代開始から最後の瞬間まで、凄絶に収奪されたのが金堤を中心とした湖南平野であり、アリランはその話から始まっている。

そう、湖南平野がこの小説の舞台なのです。

この『アリラン』が韓国人に与えた影響を、Wikipediaより引用します。

現代韓国史を描いた『太白山脈』は700万部が売れたベストセラーで、韓国人の現代史観に与えた影響という点では、日本の司馬遼太郎が日本人の日本近代史観に与えた影響に匹敵するものであり、『アリラン』は350万部を売り上げた[5]。『太白山脈』は韓国人の対北朝鮮観に影響を与え、『アリラン』は韓国人の対日観に影響を与えた。李栄薫は著書『反日種族主義』で、『アリラン』を「狂気に満ちている増悪の歴史小説」と批判しているが[5]、『アリラン』を大勢の韓国人は「歴史」として認識し、大勢の青年が「民族の受難」を思い浮かべ、涙を流しながら『アリラン』を読んでおり、その民族主義は反日の底辺となり、文在寅政権は中年になったその青年たちに支持され、趙廷来の影響力は文在寅政権になってから更に大きくなりつつある[5]。

 

正直に言って、こういうの見ると、歴史問題の一つや二つ解決されたとしても、韓国人の「日本人観」や「歴史観」は変わらないと思います。

  

この湖南平野の歴史についてはもう少し調べて、その内にまとめたいと思っていますが、ここでは、『전북의소리(全北の声)』〔恐らく、全羅北道のローカルメディア〕の記事を機械翻訳してご紹介しておきます。〔キーワードとなる固有名詞にマーキングしました。これらについて、後ほど詳しく調べる予定です。〕

 

* * * *

https://www.jbsori.com/news/articleView.html?idxno=3947
【企画特集】未完の親日清算(18)
2021.05.02

井邑地域の親日残滓2番目の編として忠烈祠の李舜臣遺影と新泰仁邑〔邑(村)は行政区域にある禾湖〔ファホ〕慈恵診療所、田植農場事務室をはじめとする禾湖里〔ファホリ〕一帯の日帝強占期収奪現場を順に紹介する。

特に、禾湖里一帯は日帝強占期に地域農民が血と汗を流して生産した米と農産物が日帝によって収奪された代表的なところで、多くの親日残滓が残っている。

中略・・・韓国の英雄李舜臣の肖像画を描いた画家、張遇聖(チャン・ウソン)氏は親日派という批判をしている。

禾湖慈恵診療所〔画像省略
井邑市新泰仁邑花湖里766-4

1935年に建てられた禾湖慈恵診療所は、熊本農場の小作人のための無料診療所である。 セブランス医専出身の李永春〔이영춘/イ·ヨンチュン〕博士が1934年熊本利平に会った後、農場の医師として降りてきてここで診療をした。

熊本利平(1880~1968)は長崎県出身で1902年農場支配人の資格で朝鮮に入ってきた。 1903年から全羅北道沃溝郡博面内沙里と泰仁郡禾湖里一帯の土地を買い入れ農場を開設し、以後「株式会社熊本農場」を1937年に創設した。

穀物生産が豊富で井邑、金堤、扶安に行く交通の要地だった禾湖里地域に農場事務室、大型米倉庫5棟、管理人社宅、合宿所、花湖診療所などを建てた。 当代農場に所属する診療所の姿を見せる建物だ。

田植農場事務所〔画像省略
井邑市新泰仁邑花湖里333(出典:国立アジア文化殿堂)

井邑にある日本人地主の事務室だ。 在村地主だった田植太郎は商業区域に近いところに2階建ての家を建て、1階は自分の農場事務室で2階は生活用品として使用した。

田植太郎は1913年、東洋拓殖株式会社を通じて朝鮮に移住した。 花湖に定着して殖産銀行から低利で金を借りて小作農たちに貸した後、金を返せない人々の土地を強制的に奪い財産を増やした。

高利貸し業でお金を集めて農地を買い入れた後、25町歩の土地を所有し農場管理人を5~6人置いて50人余りの小作人を従えた大地主になった。 再調整日本人地主の農場事務所を見ることができたが、現在ダウエ農場事務所は所有者によって撤去された状態だ。

花湖里日帝強占期の収奪現場〔画像省略・・・上掲の「日帝強占期 収奪現場」の案内板と同じ物
井邑市新泰仁邑禾湖里入口

井邑市新泰仁邑花湖里に親日残滓が特に多い。 その理由は日帝強占期当時、ここは「植民地の中の植民地」と呼ばれるほど日帝と縁が深い地域だ。

花湖里一帯は本来、村の周辺に広い平野が広がっており、食べ物が豊富な豊かな地域で、井邑、金堤、扶安をつなぐ交通の要地だった。 ところが日帝強占期当時、日本は我が国を永久的に植民地化するために東洋拓殖株式会社を筆頭に農業移民政策を積極的に実施し、そのうち禾湖里は政策初期移住地に選定され多数の日本人が移住し大規模農場が開設された。

禾湖里の多くの農地や敷地所有権は熊本利平など多くの日本人に移転された。 このような過程の中で自営業だった土着民は小作農に転落してしまった。

熊本利平が禾湖里地域に建てた農場事務室や米穀倉庫などは有名な親日の残滓として今も残っている。 ここで地域農民たちが血と汗を流して生産した米は日帝によって収奪され群山港を経て日本の手中に入った

* * * *

 

この記事に出てくる李永春〔이영춘/イ·ヨンチュン〕博士は、「韓国のシュバイツァー」と呼ばれているそうで、日本統治時代に京都大学に留学して博士号〔1935年〕を取得しています。

その後〔同年〕、熊本農場の診療所医師となりました。熊本利平は彼に自分の別荘を住宅として貸していたそうで、その建物も文化財に指定されています。

それにしても、米を収奪していた朝鮮人のために無料の診療所? 書いていて矛盾を感じないのでしょうか?

尤も、そう質問したところで、ブログ主には答えは分かっています。「効率よく収奪するために小作人の健康管理をしたのだ」と言うでしょう。鉄道や学校に関しても、韓国人はそのように答えますから。

 

このエントリーの続きを書いたら、ここにリンクを貼ります。

 

  


 

 

 

 

2022/06/21

【GSOMIA】韓国側が言う「GSOMIAの正常化」とは何? 青山繁晴議員のブログと6月14日のNHKの記事から推理

GSOMIAとは「日韓秘密軍事情報保護協定」の事で、互いに知り得た軍事機密情報を漏洩しないという協定です。

これに関し、尹錫悦(ユン・スンニョル)政権の朴振(パク・ジン)外交部長官〔=外務大臣に相当〕はブリンケン米国務長官と会談した際、「GSOMIAを正常に運用すべき」と発言したと報じられています。〔6月14日付けNHKの記事後述

これを聞いて、多くの人は首を傾げたはずです。なぜなら、韓国は日本の輸出管理厳格化〔2019年7月~〕に反発して「破棄」をちらつかせながらも、ギリギリでその失効の「停止」を決定したからです。つまり、現在は継続中です。

協定は、1年ごとに自動更新されることとなっており、終了させる場合は更新期限の90日前(8月24日)までに相手国へ通告することとなっている[7]。2019年8月22日に韓国が協定の破棄を決定し[8]、日本側に伝達したが、アメリカ合衆国からの継続要請を受諾する形で、協定失効前日の2019年11月22日に開催した国家安全保障会議で協定失効通告の停止を決定した[9][10]。〔Wikipedia『日韓秘密軍事情報保護協定』より〕

但し、現在、韓国は「破棄を猶予している」いう表現を使い、「いつでも終了できる」と主張してきました。

このことから、「正常化」とは、「いつでも終了できる」という発言を撤回するだけでは?と、ブログ主のように考える方も多いと思いますが、そうでは無いようです。

 

以下は、自民党の青山繁晴参議院議員の6月16日付けブログからの引用です。

韓国は ( 日本の頭越しに ) アメリカとの防衛大臣会談で、日韓GSOMIA ( 軍事情報に関する包括的保全協定 ) の復活を依頼したが、レーダー照射事件を韓国が解決しないと、GSOMIAへの復帰もあり得ない。

 

継続しているはずのGSOMIAの「復活」とはどういう意味でしょう?

 

そこで、6月14日付けのNHKの記事『米韓外相会談で韓国外相「GSOMIA 正常に運用すべき」 』からGSOMIAに関する複数の発言を拾ってみます。

まず朴振外相の発言

パク外相はムン・ジェイン(文在寅)前政権が一時、破棄すると通告した日本との軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて「北の脅威に対応するため、安全保障に関する協力と情報共有日本との関係同様できるだけ早く正常化することを望む」と述べて、北朝鮮への対応のためにもGSOMIAを正常に運用すべきだという考えを示しました。

松野博一官房長官

「日韓の間の安全保障分野における協力と連携を強化し、地域の平和と安定に寄与するものと認識している。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返すなど、現下の厳しい安全保障環境を踏まえれば、本協定が引き続き安定的に運用されていくことが重要だ」

岸信夫防衛相

「現場ではしっかり機能しているとは思うが、さらなる円滑な運用に向けて相互の意思疎通が行われることを期待している」

林芳正外相

「地域の平和と安定に寄与するものと認識している。北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返すなど、現下の厳しい安全保障環境を踏まえると、協定が引き続き安定的に運用されていくことが重要だ」

また、協定のもとでの日韓間の情報共有に、現状、何らかの支障が出ていると考えるか問われたのに対し「韓国側とは必要に応じてGSOMIAのもとで適切に情報共有を行っていく考えだが、具体的な状況については答えは差し控える」と述べるにとどめました

 

最後の林外相の発言とNHKの書き方が意味深ですね。おそらく、「情報共有が円滑に運用されていない」状態なのでしょう。

考えたら、GSOMIAの破棄を外交カードに使うということは、「いつでも機密情報を漏洩することができるんだぞ」と脅しているようなものです。そんな国に軍事機密情報を渡すことができるでしょうか?

多分、今まで貰えていた情報を、日本から貰えない状態なのでしょう。

 

もう一度、青山議員の書いた文を見てみます。

韓国は ( 日本の頭越しに ) ...GSOMIAの...復活を依頼した」とあります。要するに、日本に謝罪して、従来通りの運用をして下さいと言えばいいものを、アメリカに言いつけた(泣きついた?)のです。

そして、韓国に対する信頼回復の条件も書かれています。「レーダー照射事件を韓国が解決 」。

レーダー照射事件は2018年で、おそらくは北からの脱北者、それもかなり重要な人物を、北朝鮮の依頼で身柄を確保しようとしていたのでしょう。その現場を監視した自衛隊の哨戒機にミサイル発射の照準を合わせて脅したのです。

この年には済州島で行われた観艦式での「旭日旗拒否」事件もありました。

それに加えて、GSOMIAの外交カード化です。

安全保障の面で韓国は完全に日本の信頼を失ったのです。

 

そう言えば、尹錫悦氏がまだ大統領に就任する前の4月に韓国からやってきた政策協議団に対して、岸信夫防衛相がレーダー照射事件に言及しました。この時にもGSOMIA運用改善の要請があったのか、あるいは、それ以前から、韓国軍が不満を伝えていたのかも知れません。

2018年の韓国海軍による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題など防衛当局間の懸念を解決するため、次期政権のリーダーシップに期待する意向を伝えた。面会終了後、防衛省が明らかにした。〔産経:岸防衛相、日韓当局間の解決に期待 代表団と面会

 

日本に謝罪だけはしたくない韓国側は米国になんとかして貰おうと思った...こんなところではないでしょうか。

 

最後に、これは日本のメディアが報じているかどうかは分かりませんが、朴振外相の「GSOMIA正常化」発言に対して韓国記者団から質問された相星孝一駐韓日本大使は、「GSOMIAならすでに正常稼働しているのに何か問題でも?」という返しをした事が報じられています。〔6月14日付け『シンシアリーのブログ』より

そう、GSOMIA自体は正常に稼働してるのですよ。正常にねw 〔情報を渡すとは言ってない〕

 

  


 

 

 

2022/06/17

【こそ泥国家】「文化財差押え免除法」が市民団体の反対で立法できない国【対馬の仏像窃盗事件】

ブログエントリーとはしませんでしたが、15日、10年前に仏像を盗まれた対馬の観音寺の田中節竜住職が、韓国政府側の「補助参加人」として控訴審に出廷し、あらためて仏像の返却を求めました。次回の裁判は8月17日だそうです。

仏像を盗んだのは窃盗団ですが、浮石寺が仏像の所有権を主張して、韓国司法がそれを認めた事により、国家が窃盗団となりました。

そして、これにより、フランスや台湾等が、韓国への美術品の貸し出しを拒否しました。

実は、このような事態を受けて、「文化財差押え免除法」を議員立法で制定する動きはありました。しかし、郷土史家などの団体が反対のキャンペーンをし、取り下げてしまいました。

以下、2018年の記事を引用して、補足をします。

 

* * * *

https://n.news.naver.com/mnews/article/020/0003126600?sid=103
原題:佛 이어 일본-대만도 “유물 대여 못하겠다”
フランスに続いて日本と台湾も「遺物貸与はできない」
2018.02.06

[東亜日報] 世界最古の金属活字本である直指心体要節(1377年刊行)に続き、日本と台湾にある高麗仏画など他の文化財も「立法不備」で国内展示が失敗に終わる危機に瀕していることが追加で確認された。 最近、国会が世論の顔色だけをうかがって「一時的差し押さえ免除法」発議を放棄したことによる影響が海外文化交流にまで広がる様相だ。

5日、国会教育文化体育観光委員会と国立中央博物館によると、今年高麗建国1100周年を迎え、12月に「大高麗展」を開催するため、日本国内の高麗仏画を持ち込む案を国立中央博物館が日本文化庁と最近協議した。 日本文化庁は「ほとんどの高麗仏画は日本各地の寺院が持っているが、対馬仏像判決以後、韓国への貸与を敬遠している。 韓国が差し押さえ免除法を制定して返還を担保してこそ、彼らを説得することができる」と明らかにした。

昨年1月、大田(テジョン)地裁は2012年、韓国人窃盗団が対馬の寺院から盗んだ金銅観音菩薩坐像に対し、日本の寺院の返還要求を退け、忠清南道瑞山(チュンチョンナムド·ソサン)の浮石寺(プソクサ)に渡すよう判決した。 当時、日本政府は「明白な盗難品を返還しないのは国際法にも反する」と遺憾を示した。 この判決後、日本だけでなく韓国文化財を所蔵する他国の博物館や美術館も韓国への文化財貸与を避けている

これに伴い、文化体育観光部と国立中央博物館が「博物館および美術館振興法改正案(一時的差し押さえ免除法)」を議員立法で推進したが、共に民主党パク·ギョンミ議員が1日法案発議を放棄した。 6月の地方選挙を控え、各地域で発言権のある一部の在野史学者らが、市民団体を通じて反対世論づくりに乗り出したことを負担に思ったのだ。

高麗仏画は計160点ほどが現存するが、このうち日本だけで約130点、米国と欧州に10点、韓国に約20点が残っている。 高麗仏画の精髄を鑑賞するには、日本側の協力がカギとなるわけだ。

国立中央博物館が大高麗展のために接触した台湾国立古宮博物院は、より強硬な立場を明らかにした。 古宮博物院は「台湾国内法上差し押さえ免除法がない国には遺物貸与が原則的に不可能だ」と知らせてきた。 国立中央博物館は高麗と交易が最も頻繁だった中国宋の遺物を並んで展示する案を推進している。 高麗と宋の交流が及ぼした文化的影響を一目で比較してみようという趣旨だ。

文体部によると、米国や日本、英国など、多くの国々は海外文化交流を促進するレベルで、文化財差し押さえ防止を規定した国際条約に加入したり、別途の国内法を制定した。 例えば、米国、英国、カナダは連邦法または州法で差し押さえ防止規定を設けている。 日本は「海外美術品公開促進法」を別途制定し、差し押さえ防止を保障している。 チェコ、オーストリア、ベルギー、フィンランドは差し押さえ防止国際条約に加入し、同様の内容の国内法も可決した。 韓国のように列強から文化財侵奪の経験を持つギリシャは差し押さえ防止のための国際条約に加入している

ソギョン大学のソン·ボングン教授は「差し押さえ免除条項は国民の文化享有権保障のために必須」として「世界的傾向とかけ離れて私たちだけが差し押さえ免除法制定を先送りすることは深刻な問題」と指摘した。

国会内でも一部反対があるが、差し押さえ免除法を可決させる必要があるという世論が徐々に頭をもたげている。 国会教文委幹事を受け持っている民主党のユ·ウンヘ議員は「直指心体要節の国内展示は国民的関心事であるだけに差し押さえ免除法立法を積極的に検討する」と話した。

* * * *

 

「多くの国々は海外文化交流を促進するレベルで、文化財差し押さえ防止を規定した国際条約に加入したり」と書いていますが、韓国もこの国際条約に加入(受諾/Acceptance)しているんですよ...。

この条約は『文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約』という1970年のユネスコの条約です。

しかも、2002年9月9日に「受諾」した日本よりも早い1983年2月14日に韓国は「受諾」しているのです。〔一覧表:https://en.unesco.org/sites/default/files/liste_etats_partis_convention_1970_en.pdf〕〔正確には、「受諾書の寄託」(deposit of the instrument)と言う。

 

20220621_tora8_butsuzou01

 

尤も、台湾は、対馬の仏像窃盗事件とは関係なく、差押えを防止する法律がない国には貸し出さないことになっています。故宮博物院の所蔵物を他国に貸し出して、そこで中国に差押えをされる危険性があるからでしょう。日本が「海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律」を2011年3月25日成立〔9月15日施行〕させたのはこの為です。

 

それにしても、このような法律の制定に反対するというのが理解できません。

しかし、韓国という国は、元々そのような国なのです。以下、『韓国窃盗ビジネスを追え―狙われる日本の「国宝」』(菅野朋子 著/2012年)の説明文を引用して終わります。

長崎県壱岐島の安国寺、兵庫県の鶴林寺……日本各地の寺院から次々と盗まれる高麗仏画や経典。それらは韓国で高額で売買され、一部が堂々と国宝に指定されたという疑惑も。「元々は我々のもの、取り返して何が悪い」と開き直る古美術商や、彼らからの注文を受け暗躍する窃盗団たち。竹島だけではない、日韓の“火種”に迫る。

 

 

  


 

 

 

 

2022/06/15

【韓国】歴史歪曲は左派だけなのか?ー李承晩の山口県亡命受け入れ要請

最初に概要を記します。

朝鮮戦争勃発後すぐに釜山まで追い詰められた韓国政府は、米国を通じて山口県への亡命政府の受け入れを要請しました。国連軍(米軍)の仁川上陸後に形勢が逆転したので実現はしませんでしたが。

この事は山口県史にも具体的に書かれており、また、日本側の外交文書でも明らかで、韓国の公共放送KBSが2015年6月にスクープをしたのですが、「李承晩記念事業会」等、様々な保守派の団体から「屈辱的」だという批判が起こりました。李承晩が「卑怯者」かのように報じたと言う理由だそうです。

これにより、放送局側の責任問題となり、KBS幹部が降格させられたそうですが、KBSはその後番組内で「放送介入」だと、異例の反論をしました。

KBSのTVニュースが、李承晩を侮辱するようなニュアンスを加えて放送したのかも知れませんが、現在も残っている日本語の記事を読む限りは、事実を報告しているだけのように思えます。

もし、気に入らない報道を大声を上げる事で封殺しようとしていたとしたら、ラムザイヤー論文を「妄言」だと言って葬ろうとする左派とどこが違うのでしょうか。

以下、関連する報道を見ていきます。

 

* * * *

【KBSのスクープ】

6月25日は北朝鮮が南進した日。

http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=55261
李承晩政権 韓国戦争勃発直後に日本への亡命を打診か
Write: 2015-06-25 10:45:19 / Update: 2015-06-25 15:20:01

韓国戦争が起きた1950年、当時の李承晩(イ・スンマン)政権は、日本政府に対し、6万人規模の亡命政権を山口県に樹立することを打診し、日本が「韓国人避難キャンプ」をつくる計画を立てていたことが KBSの取材で初めてわかりました。

KBSの取材陣が山口県庁図書館で確認した文書「山口県史」によりますと、韓国戦争勃発2日後、日本外務省は山口県知事に、「韓国政府が6万人規模の亡命政権を山口県に樹立したいとしている」 と知らせ、可能かどうかを尋ねたということです。

これに対し、当時の田中知事は、「日本国民も配給が不足している状態であるため難しい」と答えましたが、しばらくして、韓国人5万人を受け入れる内容の「非常措置計画書」をまとめたということです。

李承晩政権の亡命要請に関する記述は、韓国戦争勃発から2週間足らずの1950年7月7日に作成された「アメリカ軍政記録」にも記されています。

それによりますと、田中知事は、山口県に20の避難キャンプを作り、臨時テント1か所に200人ずつ、合わせて250のテントに5万人を受け入れるという計画を立て、アメリカ軍政に提出し、予算の支援を求めたということです。

当時、山口県は「朝鮮情報室」という別途部署を設置し、韓半島の情報を詳細に記録した「朝鮮情報」という文書を総理など政府閣僚に報告していました。

当時、「朝鮮情報室」は、韓国戦勃発の2日前、北韓が韓国を侵略する危険があるという内容の報告書を日本政府に提出しています。

 

【韓国での騒動を報じる産経の記事】

https://www.sankei.com/article/20150919-77RBSWVTZRPNNCNM5E6XZK4ZCE/
朝鮮戦争直前「韓国の亡命政権、難民に備えよ」…国防意識高めた山口県 楽観する国とは別に情報収集
2015/9/19

記事は、朝鮮戦争勃発以前から山口県に韓国人が不法入国してくる事から警戒心を強め、知事直轄組織の「朝鮮情報室」を創設して独自に情報を収入していた事や対照的に楽観的な吉田茂政権、万が一亡命政府を受け入れざるを得ない場合にも備えていた事などを書いた後、李承晩の要請があった事は事実だと書いています。

朝鮮戦争勃発前、「そのとき」に備えて現実的な対応に取り組んだ地方自治体がある。半島と地理的に近い山口県だ。韓国の李承晩政権の日本亡命と難民流入対策として、独自に情報収集を進めていた。

田中の悪い予測が的中した。外務省から山口県に至急電報が入ったのだ。「韓国政府が6万人の亡命政権を山口県に作ることを希望している」(山口県史)

「米国の外交関係」(国務省編)の「1950 Korea」などによると、開戦2日後の25年6月27日、ムチオ在韓米大使が、アチソン国務長官にこう打電していた。亡命先には山口県のほか、米・ハワイも選択肢にあった。

 

そして、最後にKBSの報道に対する韓国国内の反応について報じています。

日米双方の物証にもかかわらず、韓国側では李承晩政権の日本亡命要請について「屈辱的」との受け止めが広がっている。

韓国テレビ「KBS(韓国放送公社)」が今年6月に李承晩政権の亡命構想を放送したところ、「屈辱的報道」との批判が起き、KBS幹部が降格させられる事態に発展した。

韓国大手紙「ハンギョレ新聞」によると、韓国国内の保守系団体がKBS本社前で「李(承晩)大統領を卑怯な亡命企画者として人民裁判にかけた」と抗議活動を行うなど、事実関係とは違う次元で波紋を広げている。

李承晩政権が山口県への亡命を検討した事実について庄司氏は、当時の戦況と国際情勢を総合的に判断すれば、「亡命することは恥ずべきことではなく、李承晩の権威を汚すものではない」と語った。

 

【KBSの反論を報じるハンギョレ新聞】

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/21253.html
KBS放送、保守陣営が反発する「李承晩亡命」で異例の反論報道
登録:2015-07-07 19:04 修正:2015-07-08 07:12

ハンギョレは日本で言えば朝日新聞のような左派メディアです。記事はKBS側の主張のみを報じています。

(前略)先月24日、KBS『ニュース9』は「李承晩政権が朝鮮戦争勃発直後に日本政府に対して韓国国民6万人の亡命意志を打診し、日本は韓国人避難キャンプの計画を立てた」という内容が書かれた文書を単独報道した。 この日KBSが公開した文書は、日本の山口県の公式歴史記録と当時の米軍政庁の記録だ。 報道がされると保守団体は直ちに反発した。 従北左翼清算団、滅共山岳会、反国家教育清算国民連合などの保守団体は先月30日、KBS本館前で「KBSが李承晩(元)大統領を卑怯な亡命企画者として人民裁判にかけた」として示威を繰り広げた。李承晩記念事業会関係者は、KBS報道本部長に会い直接反論を要請した。保守指向のKBS共栄労組も25日に批判声明を発表した。(後略)

* * * *

 

しかし、あれだけ反日しておいて、いざとなったら、6万人受け入れてくれとか、どんだけずうずうしい男なんだw

李承晩に関しては、日本人が解説しているものはかなりバイアスがかかっていたり、作り話の部分もあると思っています。しかし、韓国右派の、称賛一辺倒の姿勢も疑問に思っています。ブロガーのシンシアリーさんも「無能な政治家」、「国父に相応しいのは、まだ、朴正煕の方」という評価で、その根拠は分かりません。韓国人・日本人に限らず、李承晩について書かれたもので、是々非々で論じているものはまだ見た事がありません。

韓国保守は、米国に亡命中に3つの大学で博士号を取得した事や李承晩が行っていたロビー活動とかを熱心に語りますが、朝鮮半島に戻って以降、特に大統領として何を成し遂げたのかとなると、ブログ主が感心するようなエピソードがないのです。まあ、大抵は、得意の英語を駆使した巧みな外交術、みたいな話です。

 

  


 

 

 

2022/06/13

【韓国】柳寛順(ユ・グァンスン)はジャンヌ・ダルクだったのか?(2)

前回のエントリーでは「柳寛順(ユ・グァンスン)とされている女性は『窃盗犯』の女性だったのではないか」、少なくとも、「梨花女子大学の学生・柳寛順とは別人では無いか」という疑問が呈されている、という事を書きました。

ブログ主も、最初はその説に説得力があると思って書いていたのですが、どうしても腑に落ちない部分があり、その事をこのエントリーに書くつもりでいたのですが、その為に更に調べて行く内に事実が分かってきました。

腑に落ちない部分というのは、前回のエントリーに書いた「国史編成委員会に保存されているこの女性の受刑者記録によると、1920年9月28日に窃盗の罪で3ヵ月の刑期が宣告され、3ヵ月後の1921年1月3日に釈放されたと記録されている。」という、「柳寛順=窃盗犯」説と、日付などの事実誤認です。「柳寛順=窃盗犯」とはあちこちで見かけるので、柳寛順という女性が窃盗犯だと分かる証拠を見つけたいと思ったのが、今回、柳寛順について調べ始めたそもそものきっかけです。

下図は前回ご紹介した『恥ずかしい過去』さんの動画のキャプチャですが、前述のように、字幕に書かれていることは間違いなのですが、それが分かったのは、前回のエントリーを書いている途中で画面に映っている書類を見つけたからです。

 

19200928_02

  

* * * *

結論から書くと、窃盗犯の女性は未だに不明です。しかし、あの写真の女性は梨花女子大学の学生・柳寛順で間違いなく、「保安法違反 騒擾」の罪で懲役3年の刑に服している途中で死にました〔1920年(大正9年)9月28日〕。

但し、韓国で巷間言われているような、遺体に拷問の形跡があったいう証拠も無ければ、拷問が行われていたという証拠もありません。韓国人にとっては、これが重要でしょう。”17歳の少女が刑務所で日帝に陵辱され、手足を切り落とされたあげくに殺された。” という悲劇性が彼女をジャンヌ・ダルクに仕立て上げたのです。〔参考:カイカイ反応通信『韓国人「17歳だった柳寛順が日本人から受けた拷問があまりにもひどすぎた件」

 

しかし、実際の彼女は3.1独立運動と呼ばれる騒擾事件〔3月1日は契機で、1年間くらい各地で散発的な暴動があった〕に加わり、懲役刑を受けた一人に過ぎなかったのです。

前回のエントリーで書いたように、彼女が世間に知られたのは1947年です。彼女が亡くなったのは1920年9月28日ですが、その時に死亡記事すら出なかったのは、当時は「その他大勢」の一人に過ぎなかったからでしょう。

そして、李承晩政権時代の反日キャンペーンのために彼女を見いだした時、彼女を悲劇のヒロインにしたいがあまり、話を ”盛りすぎた” のです。そして、元々忘れ去られていた女性だったので、彼女に関する情報〔生年月日や家族構成、身長等〕には誤りが多く、後に何度か訂正された事も彼女を「作られたヒロイン」だと疑う人達の根拠となっていました。

そういう意味では、日帝に残虐に殺された『愛国烈士』柳寛順” は架空の人物というのは間違いではありません。

 

* * * *

 

ブログ主が「柳寛順・架空説」に疑問を持ったのは、写真の貼ってあるカード〔前回エントリー参照〕の裏面の画像を見つけたからです。ここに「窃盗犯」と書かれていれば納得できたのですが、違いました。

ここには職業や罪状、量刑、判決日などが記載されています。

 

19200928_01

▲上図は画像検索をしていて拾ったのですが、出典は、国史編纂委員会韓国史データベース→日帝監視対象人物カード→柳寛順で見つかるそうです。

 

これを見ると、罪状は「保安法違反 騒擾」で刑は「懲役3年」。判決の言い渡し日は「大正8年(1919年)7月4日」です。〔詳細は下表参照

”懲役3ヵ月の窃盗の罪を犯した女” ではありません。 

 

19200928_03
▲上記表はこちらの論文のP.135よりキャプチャして転載。

 

ここで疑問に思うのは、「貞洞女子高等普通学校生徒」という職業と、出獄年月日及びその事由に「大正10年1月3日 満期」と書かれていることですが、前者は、貞洞には当時梨花女子大学しか女学校がないので梨花女子大学の誤りと分かり、後者は、出所予定日で、これも記録があって分かったのですが、高宗の息子、​李垠(り・ぎん/イ・ウン)皇太子と万子(まさこ)様のご成婚による恩赦(予定)日でした。

 

身長の謎も解けました。

下の画像は、受刑者記録カードの写真の貼ってある面の右上部分です。

 

19200928_04

 

当初、身長は「169.7cm」とされており、その後、「151.5cm」に訂正されていました。この訂正は、「柳寛順でっち上げ説」の立場の人達にとっては、その根拠になっていたのですが、最初に「5尺6寸」と読んだからで、後から「5尺0寸」の誤りだと気付いたのです。

このカードを書いた人の字は独特ですが、「6寸」の「6」と「指紋番号」の下段の番号「78865」の「6」とは別の数字だと分かります。

一方、上段の番号「87767」の「6」のように見える数字は、丸めた部分がそこで終わらず、もう一度小さな丸を書いていて、下段の「6」とは明らかに異なります。この上段の数字は「6寸」の「6」とよく似ています。恐らく、これも「0」なのでしょう。

 

なお、彼女の受刑者記録カードが見つかったのは1965年3月なので、身長に関する錯綜はその後に起こった事だと思います。

 

19200928_07_19650226

 

実は、ここまで辿り着くのに、Twitterで助けて下さった方がいます。また、このエントリーで書いている事は、ほとんどが、以前も紹介したことがある『百年歴史』さんのブログで分かった事です。『百年歴史』さんは、わざわざ公文書館に足を運んで裁判記録のコピーも入手されています。

 

例えば、「墓が無くなってしまった」という事。

2つ目のブログエントリーに墓地の画像があるので、画面をキャプチャしてお借りします。

 


19200928_05

 

土まんじゅうが累々としているだけの状態で、墓標など殆ど無く、これなら「流れて分からなくなってしまった」のも納得できます。このようなことも現代の感覚で「墓地」をイメージしていたら絶対に想像がつきません。

別の言い方をすれば、1947年に彼女の存在が知られ、その後映画が作られて、”『愛国烈士』柳寛順” のイメージが大衆に根付くまで、誰も彼女の墓の事などさほど気にかけていなかったということでしょう。独立後に急に関心が高まり、「墓は?」という事になって、「流れてしまった」と関係者が答えたというだけの話だと思います。

 

「事実は小説よりも奇なり」とは言いますが、事実を知ってみれば「なんだ、こんなもんか」と思う事の方が多いものです。

 

「懲役3ヵ月の窃盗犯」は、恐らく誰かが言い出したのがコピペするかのように拡散され、事実だと流布されて来たのでしょう。また、受刑者記録カードの裏面を同じように読み違えているままブログやYouTubeで公開している例がありますが、日本人でも読み取れないような癖のある字を韓国人が読めるとも思えず、これもコピペによるものでしょう。

 

 

  


 

 

 

2022/06/12

【韓国】3.1独立運動のジャンヌ・ダルク柳寛順(ユ・グァンスン)は架空の人物!?(1)

3.1独立運動(万歳事件)や、この騒動を代表する柳寛順(ユ・グァンスン)という女性については以前も書いた事があるのですが、「柳寛順は作り出されたヒロイン」という疑念を抱いている韓国人はいるようです。一方、彼女は反日の象徴として、例えば、「尊敬する独立運動家は?」とか「お札の肖像画にしたい人物は?」というアンケートを採ると、必ず上位に来るほど、依然として韓国国民に人気があり、2年ほど前にも柳寛順を題材にした反日映画『抵抗』が作られました。

彼女は、”梨花女子大学の学生で、3.1独立運動で逮捕され、強姦など激しい暴力に遭ったあげく、3年の求刑がなされ、裁判所の椅子を裁判長に投げつけたために法廷侮辱罪で7年に刑期が延長され、拷問により18歳(数え歳)で獄死(1920年9月28日)した” 事になってる独立運動家です。〔7年の刑期は誤りと後に訂正されている。彼女は控訴せずに3年の実刑を受け入れて服役していた。

 

유관순 일제감시대상인물카드
▲画像はWikimediaより直接表示

上掲の写真が発見されたのは1965年。柳寛順収監写真の発見を伝える新聞記事は、1965.3.26付け「東亜日報」3面に「柳寛順写真、治安局で発見」というもの。

 

◆柳寛順「偽者」説

逮捕後に作成されたカードに書いてある事を確認しておくと、名前は柳寛順、生年月日は明治35年(1902年/光武6年)12月11日、3.1独立運動は1919年3月なので、逮捕当時は17歳(数え歳)身長5尺6寸(約170cm)と書いてあるように見えます。

従って、柳寛順という女性が逮捕されたのは間違いないのですが、この写真の女性は、窃盗の罪で懲役3カ月の処罰を受けた別の女性ではないかという疑惑があります。この後ご紹介する動画で検証していますが、柳寛順に関するエピソードは捏造されたもので、この女性が「梨花女子大学の学生・柳寛順」とは別人ではないかと考える根拠は、

  • 拷問されたと言うが、そのような記録は無く、一般的に西大門刑務所で拷問が行われていたとする根拠も無い。遺体を引き取った知人も拷問の形跡を見たとは言っていない。
  • 写真の髪型が쪽머리(チョンモリ/額を出して髷を結う髪型=側髪〕で、既婚女性の物。当時、未婚女性は髪を縛るだけだった。
  • 国史編成委員会に保存されているこの女性の受刑者記録によると、1920年9月28日に窃盗の罪で3ヵ月の刑期が宣告され、3ヵ月後の1921年1月3日に釈放されたと記録されている。〔この記述には問題あり。この件、別エントリーにする予定
  • 柳寛順の遺体を引き取って埋葬したという知人の証言が信用できない。埋葬記録もなく、墓もない。
  • 柳寛順のものとされている写真は何枚かあるが、同じ写真の背景が合成されているものもある。
  • 生年月日や家族構成など、何度か訂正されている。
  • 柳寛順の身長は151.5cmとされている。〔13歳頃の写真を見ると、比較的大柄という程度なので、151.5cmというのは妥当。
  • 柳寛順が独立運動家として宣伝されたのは1947年になってからで、11月26日に故郷の忠清南道に3.1運動独立記念碑が建ったのを翌日『東亜日報』が報じて大衆が知る事となった。1948年には映画が作られ、彼女のイメージが固定した。死亡したとされている頃に新聞報道もない。

といった点です。

あと、ブログ主が付け加えたいのは、上記の写真は「拷問されたために顔がむくんでいる」とされているのですが、整形しない韓国女性の平均的なルックスはこんなものだと思いますw

 

1947年に彼女が急に愛国烈士としてクローズアップされた事が分かりますが、この背景はWikimedia『柳寛順』の「親日派による祭り上げ・誇張疑惑」にあるように、親日認定されていた梨花女子大が自校に独立運動家が欲しくてでっち上げたという疑惑があります。

この背景には、当時の李承晩政権が親日狩りのような事をすると同時に、民族主義で国をまとめるために独立運動家を欲していた、と言う事があります。

その為、「大韓民国は親日派が作った正当性の無い国」という歴史観を持つ左派の方がむしろ「親日派が作った英雄」だとして、2014年頃には多くの歴史教科書から柳寛順の記述が削除されました。このことは、当時、「陣営の違いによって教科書の記述が影響されるのはおかしい」といった論調で、保守系の『朝鮮日報』などが批判的に報じています。

 

冒頭に書いたように、「柳寛順は作られたヒロイン」だと疑っている韓国人は、陣営を問わず結構多くおり、2019年、文在寅政権下で、最高等級の建国勲章を追加叙勲された事を批判するの人も多いようで、YouTubeやブログ等で「柳寛順の真実」を告発してる方は結構います。

問題は、これだけ疑惑があるのに、メディアや歴史家が無視して、積極的に誤解を解かない事です。

韓国の憲法前文に「3.1独立運動の精神を継承する」と書かれています。

3.1独立運動も過大評価も良いところ〔→ブログ記事『3.1独立運動の真実』〕なのですが、反日が国是となってしまった国では、このまま勘違いさせておく方が都合が良く、こうした捏造が積み重なって、”日帝に占拠されていた時代、我が民族は抵抗していた” という『共通の記憶』を根底にして、「憎悪の再生産」が行われているのです。

ブログ主が「反日教育は左派のせい」とする保守派を批判するのは、これを始めたのは李承晩だからです。

李承晩政権時代に、「反民族行為処罰法」で、併合時代に向上心を持って努力しただけの人達を敵視し、日本時代を懐かしむ庶民の声を封殺し、日本人蔑視の教育をしたことで、民族主義に基づくレイシズムが植え付けられた事が全ての始まりだと思うからです。

この民族主義的反日種族主義が根底にあるため、その後も歴史を捏造し、捏造された歴史が新たな憎悪を生むといった悪循環が止まらないのです。

ブログ主は、韓国保守派が李承晩を無謬〔=誤りが無い〕の人のように称賛し、是々非々でないのが不思議なのですが、知識人でさえ、韓国では「善・悪の『二元論』」となってしまうようです。

次回は、この「偽者説」について、もう少し詳しく検証します。

  

 ▲韓国保守系youtuber,恥ずかしい過去TV和訳、作られた英雄
注:この動画には一部誤りがあります。その部分の解説は次のエントリーで。

 

 

  


 

 

 

2022/06/08

【韓国】「ネイマールが韓国戦に出場しないなら、日本戦にも出るな」という秘密条項

「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる」

これは、日本で有名な韓国の諺です。

この諺が本当にあるのか、あっても韓国で一般的なのかは知りませんが、恐らく、日本人からすると、韓国人の性格(嫉妬心)を良く表していると思って有名なのでしょう。他にも、「従兄弟が土地を買うと腹が痛い(사촌이 땅을 사면 배가 아프다)」という諺があります。

 

先日(6月6日)に、日本とブラジルの親善試合がありました。

その前の6月2日には、韓国で韓国とブラジルの試合があり、ブラジルチームの招致に成功したプロモーター(マッチ・エージェント)が、その秘話みたいな事をインタビューで話していたのを、ブログ主は『湿TV』さんの動画で知りました。

 

▲直接リンク:https://youtu.be/eR0645nATDQ

 

動画でも紹介されているとおり、元記事は2022/06/05付け『中央日報』です。〔날강두 악몽…"뭐라고?" 브라질 기겁한 네이마르 비밀조항

簡単に記事の背景と問題の箇所の要約をご紹介すると、

2019年に韓国がユベントスを招待したところ、目玉のロナウド選手が出場せず、ファンが怒って訴訟騒ぎになりました。今回はその失敗を繰り返さないように、ブラジルチームの目玉であるネイマール選手の出場を義務づける契約を結んだという事です。ただし、それ以外にも条件があり、それは、「もし、韓国戦にネイマールが出場しない場合、日本戦にも出場不可」という契約です。

 

この件を教えてくれたのは、韓国人の湿TVさんなので、「韓国人は~」と ”十把一絡げ(じっぱひとからげ)” にはしたくありませんが、八把か九把を ”一絡げ”くらいにはしてもいいのではないかと思っています。

実際に、この動画のコメント欄に、「韓国人がネイマールを見られず、日本人が見られたら悔しいじゃないか」という正直な反論がありました。また、「この条件は嘘くさい」という反論もありました。

しかし、これが嘘だとしても、自慢話になるというところが問題だと思うのです。

韓国人が日本人を嫌ったり見下すのは歴史教育のせいだ、というのは理解します。しかし、嫌いな相手にとことこん嫌がらせをして、それが自慢話になるというのは、また別の話だと思うのです。

歴史問題の一つや二つを解決したからと言って、日韓両国民が仲良くなれるというのは幻想だと思っています。

 

 

  


 

 

 

2022/06/03

韓国は何故ロケットを作れないのか?

昨年打ち上げに失敗〔韓国によると、「半分成功」らしいですが 〕した「ヌリ」号の第2回目の打ち上げが行われるそうです。

韓国のロケット開発はロシアに技術移転を受けて始まったもので、”枯れた” 技術なので、設計図通りに作れば成功していたでしょうが、それをベースに独自開発しているので、宇宙まで飛ばす事すら時間がかかりました。

別に、馬鹿にしているわけでは無いのですが、韓国人が未だにロケットを飛ばせない理由は、下の記事にもヒントが隠されています。

 

* * * *

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220525004000882
韓国初の国産ロケット 6月15日に2回目の打ち上げ
記事一覧 2022.05.25 15:39

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部は25日、韓国初の国産ロケット「ヌリ」の2回目となる打ち上げを6月15日に実施すると発表した。当日の天候などにより日程が変更される可能性もあり、同月16~23日を予備日に設定した。科学技術情報通信部と事業主体の政府機関、韓国航空宇宙研究院の関係者でつくる「発射管理委員会」はこの日、打ち上げ場所の南部の羅老宇宙センター(全羅南道高興郡)で会議を開き、日程を確定した。

 打ち上げ時刻は当日確定する。2021年10月21日の最初の打ち上げと近い午後3~5時となる見通しだ。

 来月打ち上げるヌリには、ヌリの性能を確認するための重量180キロの衛星と4基のキューブサット(超小型衛星)が搭載される。昨年の1回目の打ち上げでは機能を持たない1.5トンのダミー衛星だけが搭載されていた。

 発射管理委員会はこの日、打ち上げの準備状況を現場で確認した。前回の打ち上げでは飛行中に3段目のエンジンが予定より早く停止し、ダミー衛星を目標軌道に乗せられなかった。科学技術情報通信部によると、今回は同様の問題が再発しないよう技術的に改善した。(以下略)

* * * *

 

前回は1.5トンのペイロード〔=運搬能力=重量で表される〕で、それを放出して軌道に乗せる部分で失敗したと発表しました。この部分は韓国の独自開発です。

改善するなら、この1.5トンのペイロードを成功させるための改良をすべきところを、今回は180kg+α、つまり、0.2トン程のペイロードに変えたという事は、3段目の改良ができなかったと言う事です。

 

ご存知の通り、日本は、世界から嘲笑されながらも、糸川英夫教授が鉛筆のようなロケット〔ペンシルロケット〕から研究し、自力で技術を蓄積してきました。

韓国がゼロから始めないのは、まあ、しかたがないでしょう。しかし、上述したとおり、宇宙まで飛ばすだけなら技術は持っているはずです。

3段目を改良したら積載重量を減らす事になったというのは、目的と手段が逆転しています。

これが韓国が未だにロケットを飛ばせない理由だと思います。

 

韓国が自動車生産大国の一つになれたのは、エンジンという核心技術を移転して貰ったからです。

韓国人がよく言う「ベンチマーク」〔本来は測量用語の「測量における水準点」から「目標」の意味で使われる〕は、先行する技術を模倣したり盗んだりする事。「日本をベンチマークして...」などと言いますが、宇宙技術に関しては、日本が遙か上を行っているので「ベンチマーク」できないのです。

 

 

  


 

 

 

2022/05/30

【韓紙】「溜め漉き」と「流し漉」

前回のエントリーでご紹介した『Wow!Korea』記事〔=国立山林科学院の記事〕は誤訳以外にも誤解を招く点があるので、補足のためにエントリーします。

誤訳を訂正したり、読みやすく漢字表記に変えた上でその箇所だけ抜き出して再掲します。

 

* * * *

(前略)同院とチョ・ヒョンジン韓紙研究所は、文献と現地にある実物の調査を通じて、この「簀(す)」と「漉桁(すきげた)」は、紙をすく技法の1つ「溜め漉き」用の道具であり、韓紙の製作にもこの技法が使われていたことを明らかにした。

 

1933_kanshi01

 

紙をすく際はまず、2人が「漉桁」の縦方向に沿って向かい合った後、「簀」の両端に、長さ120センチメートル、縦と横が2.5センチメートルの角材を1つずつ置き、両手でつかむ。その後、水に混じった紙の原料を足踏みで漉くと、角材2つとすだれの両端にある木材2つが、囲み枠として作用する。水が簀を通過しつつ、原料は簀の上に残るという仕組みだ。

韓紙の技法は「流し漉き」以外、とくに伝わっているものはない。現在さまざまな工房が使う「溜め漉き」の手法は、日本の植民地時代に普及が進んだ日本式の技術となる。

* * * *

 

「流し漉き」と「溜め漉き」という2つの製法の違いは後回しにして、製法に絞って見ると、朝鮮では「流し漉き」が伝統的製法であり、日本統治時代に「溜め漉き」が普及したので、現代の韓紙工房で見られる「溜め漉き」は伝統的ではない、と言う事になりますが、「溜め漉き」に置き換わってしまったように誤読する可能性があると思いました。

 

前回のエントリーでもご紹介した論文にも、伝統的製紙法で、楮を原料とし、その楮の繊維を絡ませるのに適した漉き方、つまり漉き桁を揺り動かす「流し漉き」の技法を持つのは韓国と日本ぐらいである。 とあり、どちらも1936年のダード・ハンターの著書を根拠にしているので、同じはずですが、日本統治以前は「流し漉き」であったと書かれています。

現代の「韓紙」は伝統的な「流し漉き」と日本から伝わった「溜め漉き」が混在しているわけですが、更に誤解を招きそうなのが、現在、「流し漉き」によって作られる「韓紙」が朝鮮時代のままなのか?、というと違うからです。

 

ここで、この2つの製法の違いですが、「流し漉き」は、恐らく多くの日本人が紙漉きというと思い浮かべる方法です。

原料の溶け込んだ水に何度も「簀」をくぐらせて、揺らしながら厚みを増して水を切る、という方法ですが、あの水に粘度があるのは「トロロアオイ」が使われているからです。トロロアオイを使う製法は日本統治時代に朝鮮に伝わりました。

※ダード・ハンターは朝鮮にも「流し漉き」があったと書いていますが、『越前和紙の里 卯立の工芸館』のサイトには、流し漉きは奈良時代の終わりから平安時代の初めに、ねりの発見とともに開発された日本独特の漉き方。 とあり、この「ねり」とは植物粘質物、即ちトロロアオイのような植物なので、朝鮮の「流し漉き」には「ねり」を使わなかったと思われます。

 

もう一度繰り返すと、李氏朝鮮時代には「流し漉き」で紙を漉いていましたが、その厚さは均等では無く、2枚(以上)を重ねて打つ事で、厚く丈夫にした〔但し、絵を描くような用途には適さない〕紙が伝統的な「朝鮮紙(韓紙)」でした。

 

1933_kanshi02
現代の「伝統的な『韓紙』製造」風景
wasa@11ukのページ』というブログで見つけた動画です。
動画「Making hanji: Korean papermaking by Shin Hyun Se」の直接リンクはこちら

 

朝鮮の「流し漉き」もまた、日本統治時代に進化したのです。

 

もう一方の「溜め漉き」は、原料液を一回だけ汲んで、そのまま〔あるいは揺らして〕水を切る方法です。幾つか画像を見てみましたが、桁(枠)の部分が厚くなっていて、一度で多くの繊維質をすくい取れるようにしてあるようです。

 

Tamezuki0

 

上の画像は、『Future Learn』というサイトの「製造方法:漉き方」というページの動画をキャプチャした「溜め漉き」の作業風景。この動画では、同じ原料液を使って、「流し漉き」と「溜め漉き」の両方を実演しています。

 

 

  


 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win10 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】IR 【国内政治】外国人労働者 【国内政治】一般 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(ハンセン病問題) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 沖縄(首里城火災) 【国内】あいちトリエンナーレ 【国内】教科書問題 【国内】東京オリンピック 【国内】その他国内問題 【歴史戦】一般 【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海・北方領土 国連の実態 【国際】『韓国「反日主義」の起源』読書メモ 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】慰安婦問題(挺対協・正義連) 【国際】朝鮮人日本兵 【国際】韓国・反日種族主義 【国際】韓国・輸出管理 【国際】韓国一般 【国際】韓国(金正恩のリムジン密輸) 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 武漢肺炎・新型コロナウイルス 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】熱海土石流 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ