最新情報

  • 2022/02/28
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海・北方領土

領土問題

2022/04/19

【竹島】「竹島のアシカを絶滅させたのは韓国人」という証拠の記事

韓国では、竹島のアシカを絶滅させたのは日本人という事になっているそうです。

それを論破する記事を『キムチわさび』さんが動画にしてくださいました。

 

 

産経新聞は2016/7/4 付けで『「アシカ絶滅は日本のせい」は捏造…韓国の定説に韓国紙が異議、乱獲し精力剤にしたのは自国だ』という記事を書いていますが、この中で言及されている2つの韓国語の記事を見つけたのでメモしておきます。

まず、この記事のネタ元と言える記事、2016年6月13日付『慶尚毎日新聞』のWeb記事「독도 강치」(独島アシカ)という記事。そしてもう一つは、2012.08.20付『中央日報』の「'독도 침범' 日함정, 민간수비대 사격에 놀라… 」(「独島侵犯」日本艦艇、民間守備隊の射撃に驚き…)という記事です。

後者は、1954年頃、民間人が「独島義勇軍守備隊」を結成して日本人漁民を死傷させたりしていた事が書かれており、「釜山のヤンキー市場に行って、アシカ1頭を与えて拳銃と小銃を手に入れた。」という記述があるので、この頃まではアシカがいたことを示しています。

以下、最初の記事の冒頭部分を機械翻訳でご紹介して終わりとします。

韓国の記者にしては珍しく良心的です。

 

* * * *

補足は緑字で追加。多少日本語として不自然でも理解に影響が無いと思われる翻訳は機械翻訳ママ

http://m.ksmnews.co.kr/view.php?idx=140905

独島は昔からアシカの天国だった。 数万頭が群れをなして独島に平和に暮らしていた真の独島の主人だった。 しかし、現在、アシカは絶滅している。

多くのメディアや学界では、日本の植民地時代、日本の漁師たちの乱獲で絶滅したと定説のように予想している。

事実ではない。 正さなければならない。 韓日間の独島紛争が日増しに激しくなっているこの時、韓国の恣意的な歴史記録は、韓国にとってややもするとわなになる恐れがある。 1945年の光復(クァンボク=日本植民地支配からの解放)後、1950年代初めから半ばまで独島を守っていた独島義勇守備隊員たちの証言でも、当時、アシカが少なくとも700頭あまり住んでいた。

この事実は、洪淳七 独島義勇守備隊長の手記「独島は誰の土地なのか」でも正確に記録されている。 李承晩(イ·スンマン)大統領の特別指示で全数調査した結果だ」と述べた。

続いて1960年代、独島を守っていた警察関係者、漁民の証言でも数百匹のアシカが生息していたということを筆者は直接聞いたことがある。

1970年代初め、独島工事の関係で出入りした鬱陵島住民のチョン某氏も、当時数百頭が住んでいたという。

当時、アシカに対して無知だった私たちは、アシカの海狗腎〔生殖器(強壮剤に用いる)〕や肉を得るために銃で、網で捕獲し、甚だしくは水上に浮かんだアシカに向かって東島の頂上で機関砲で射撃練習もした。 川魚を捕まえてプルコギパーティーも開き、生け捕りにして鬱陵島に持ってきた。 現在シャンゾンしている〔住民の金某氏は、60年代に警察署長の頼みで海狗腎の身を乾かし、麦米2俵も受け取ったという。 独島義勇守備隊員たちも海狗腎の身を政府高官、軍将官たちに上納したと証言している。

独島で強制的にアシカが姿を消したのは70年代初めから半ばだと推定している。〔以下略〕

 

 

  


 

 

 

2021/12/23

韓国が東海を宣伝する理由【箱バン金さんの動画より】

韓国人YouTuberの箱バン金さん(以下、金さんと呼ばせて頂きます)が「日本海呼称問題」に関する動画を作って下さいました。

金さんが仰っているように、「日本海か東海か」という論争は(日本海であることが)当たり前過ぎて、動画で論破する必要もない話なのですが、興味深い情報があるのでご紹介します。

この動画では韓国が「東海(トンヘ)」を言い出した頃の状況をまとめられており、それだけでも観ておく価値があります。〔動画のフレームが表示されない場合はこちらから〕

 

 

ブログ主が注目したのは、韓国が「東海」を主張し始めた時期です。

動画(2:36~)では、以下のように説明されます。

韓国は、1991年、韓国と北朝鮮が国連に同時加盟した後の1992年、第6回国連地名標準化会議(UNCSGN)で初めて東海の国際的通用名称である日本海について政府レベルで国際社会に公式に異議を唱えた

とあります。そこで、1992年8月30日の報道を調べると...

 

20211223_nihonkai_19920830article

 

南北、日本海名称変更、国連軍司令部共同補助」というタイトルで、本文には以下のように書かれています。

韓国と北朝鮮は28日、国連本部で開催中の第6回国連地名会議で、朝鮮半島と日本海にある海を「日本海」と呼ぶ事は誤りだと指摘し、その名称の再調整を求めた(...)また、北朝鮮代表団は日本海という呼称は植民地支配と関連性があると言った。

つまり、南北二カ国が共同して主張していたのです。

金さんの指摘は、「韓国は建国当時から反日であったが、主敵を北朝鮮から日本に切り替える作業を本格的に始めたのは80年代後半から90年代にかけてだった」で、この頃の動きをまとめてくれています。

韓中国交正常化(1992年)、慰安婦集会開始、鉄杭神話(日帝が朝鮮の精気を衰えさせる為に、地脈に鉄杭を埋め込んだというデマにより、国家プロジェクトとして鉄の杭を抜いて回った)、朝鮮総督府の建物爆破、そして「東海」呼称。

そして、動画にはありませんが、90年代初頭(金泳三政権)に日本語彙の排除が行われます。〔ex. 「国民学校」(小学校のこと)→「初等学校」への言い換え『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』崔碩栄 著〕

「日本海呼称問題」については、1989年頃から既に韓国世論を煽動する動きがあったとして、動画では当時の新聞記事が次々に紹介されます。但し、「日本海」でなければ何でも良いのか、「日本海を○○に変えよう」の「○○」の部分は「東方海、昌海、オリエント、清海」と様々で、とにかく「日本海」を地図から消す事が目的だったようです。

 

ここで、当時の韓国の政治状況を確認すると、先日逝去された全斗煥大統領から盧泰愚大統領に代わり、1987年6月29日に「民主化宣言」がなされます。(盧泰愚大統領までは元軍人)

これにより、思想的な取り締まりが緩み、韓国内の左派が活動しやすくなった、とは、元朝鮮大学校教授の朴斗鎮(パク・トゥジン)先生の説明です。朴斗鎮先生の動画の内容は、ブログエントリー『【慰安婦問題】挺対協の正体』にまとめてあります。

鉄杭神話や朝鮮総督府爆破は盧泰愚の次の金泳三大統領で、朝鮮総督府についても風水的に良くないという理由で、狂信的な反日主義者でした。「日本をしつけ直す」と言ったのも金泳三。韓中国交正常化自体は盧泰愚の時ですが、金泳三の時代に中国に傾倒していきます。ついでに言うと、IMF通貨危機も金泳三で、日本の資金援助にストップをかけたのはペンタゴン(米国防総省)で、理由は、中国に軍事情報が筒抜けになっていたから、というのは真田幸光氏。〔2019/09/05 BSフジ『プライムニュース』

 

一般的に、1991年8月の朝日新聞による慰安婦報道がきっかけで日韓の関係が、特に歴史問題でこじれた、と考えがちですが、これら、1980年代後半~90年代にかけての動きを見ると、慰安婦問題は「手段」の一つであると考えるべきでしょう。「日本海呼称問題」もその一つ。

朴斗鎮先生によると、1987年6月29日に韓国が「民主化宣言」すると、韓国国内の親北派の活動が活発化し、1987年8月の広島・長崎の「原水爆禁止世界大会」で、李愚貞(イ・ウジョン)〔※〕氏が当時の社会党・清水澄子氏と共に、北朝鮮と連携することについての秘密会談を持ちます。韓国ではまだ表立って活動できなかったので、日本は格好の密談場所だったようです。これ以降、日本の社会党や朝鮮総連、韓国左派、北朝鮮が連携を始めます。

李愚貞:72年からキーセン観光反対運動を推進。 朴正熙、全斗煥 政権時代に反独裁·民主化運動とキリスト教フェミニズム運動を主導した韓国女性運動の大母と呼ばれる女性。この名前で検索すると、社会党の清水澄子とか土井たか子の名前が一緒に出てくる。

20211223_iujon01 20211223_iujon02

  

日本海の呼称については、実際、多くの韓国人が日本海で正しいとは知っています。騒いでいるのは主にVANKの連中です。となると、VANKの正体も薄々分かりますね。

 

 

  


 

 

 

2021/11/28

【韓国】韓国メディア、「米国立公文書館に『対馬は韓国領土』だという記録があった」!?

公開:2021-11-28 19:47:17  最終更新:2021/11/30 7:21(加筆)

韓国のCBSノーカットニュースが、11月19日付けで『米国機密図書、対馬を韓国の島に分類』という記事を出しました。〔記事後述〕

米国立公文書館(NARA)に所蔵されている『JANIS』というシリーズの文書で韓国を取り扱っていて、そこに「対馬が韓国に含まれる」という記述がある、という内容です。

これに関しては、日本在住の韓国人YouTuber「箱バン金さん」が、「寝言は寝てから...」という動画で見事に論破し、更に、韓国の古文書に「対馬を外国(=日本領)と見なす」叙述が幾つもあることを解説してくれています。

竹島の話題の記事の韓国人のコメントを読むと、必ずと言ってよい程、「日本が独島の領有を主張するなら、我々は対馬の返還を求めよう!」といったコメントが共感を集め、韓国人が本気で “対馬は韓国の領土” と思っている事が分かり、ブログ主など、「こいつら、ええかげんにせえよ!」と憤りますが、軍事評論家でも、台湾有事の際にどさくさに紛れて韓国軍が対馬に侵攻するかも知れないと、憂慮している方もいます。

韓国人は「事実はどうでもいい」人達なので、ブログ主は馬鹿馬鹿しいと笑っていられない状況であると思っています。

 

国立図書館:Joint Army-Navy Intelligence Study of Korea, Regional Summary, JANIS 75, April 1945, Chapter 9-11

『対馬』の項は上記本のコマ番号「56」に記載されている。(但し、動画で提示された箇所とは違う。下図参照)

 

20211119_janis75_04

 

◇ ◇ ◇ ◇

この『JANIS 75』については、簡単に種明かしをすると、第二次世界大戦中にアメリカが日本を幾つかの地域に分割して、人口などを報告書にまとめたもので、下図の如く、日本列島が複数に区分されている事からも、たまたま、対馬を韓国、というか、朝鮮半島と同じ報告書に含めたものです。そもそも、第二次世界大戦中は朝鮮半島は「日本」ですから、「KOREA」という表記も便宜上でしょう。

 

『JANIS』シリーズの分類(箱バン金さんの動画よりキャプチャ)

20211119_janis75_01

 

『JANIS 75』表紙

20211119_janis75_02

 

詳しい解説は動画を見て頂くとして、このエントリーでは、幾つか重要な事をメモしておきます。

 

◆『JANIS 75』の対馬に関する記述

動画では該当箇所をキャプチャして紹介していますが、その英文を写し取り、和訳しておきます。

F. Tsushima

Tsushima, a group of islands between Korea and Japan, is part of Japan proper and a under the jurisdiction of Nagasaki Prefecture. The civil administration of the islands is conducted through the branch office (shicho) in Izuhara, on Kamino-shima. Under this office there are 2 districts, governed from Izuhara and from Sasuna on Shimano-shima, in each of which places there is a police station.(以下略)

和訳:

F. 対馬

対馬は韓国と日本の間にある島々で、日本の一部であり、長崎県の管轄下にあります。対馬の民政は、上島(かみのしま)の厳原(いづはら)にある支庁で行われています。この支庁の下には、厳原と下島(しものしま)の佐須奈(さすな)の2つの地区があり、それぞれの地区には警察署があります。(以下略)

※過去には南部を上島、北部を下島と呼んだこともあったが、現在は万関瀬戸より北部を上島(かみじま)、南部を下島(しもじま)と呼ぶ。 〔Wikipedia『対馬』より〕

※ノーカットニュースの記事では、「proper(形・副:適切な)」は「property(名:所有物)」の誤記では無いかと書かれており、ここでもそのように訳した。

 

◆対馬を韓国領だと言い出したのは誰か?

動画では1948年の李承晩と解説されており、大統領として公式に声明を出したのは李承晩で正しいのですが、それより前、1945年10月15日付けで鄭文基という人が「対馬島の朝鮮所属と東洋平和の永続性」という論文(?)で、対馬の領有を主張しているそうです。

 

当時の新聞記事(箱バン金さんの動画よりキャプチャ)

20211119_janis75_03

我々は日本に、対馬を韓国に返却するよう要求するつもりだ。対馬は上島及び下島の二島から成り、韓日両国の間に位置する韓国の領土であるが、350年前、日本が不法的に奪取したのだ。」(箱バン金さんの動画の字幕より)

 

『奇怪な対馬韓国領説』(島根県のサイトにあるPDFより)

91

 

上の韓国語の記事は、1948年のものだそうで、こちらの『対馬侵略工作』というサイトに書かれていますが、これ以外にも李承晩は対馬の領有を度々主張しているようです。

下の記事にあるように、「応永の外寇」(1419年)が対馬領有の根拠で、これについては、以前のエントリーでも説明しています。なお、『談論風発』で検索した所、恐らく「山陰中央新報」のコラムだと思われます。(「談論風発」のロゴが一致)

 

◆韓国の古文書の記録

箱バン金さんは、李承晩の「350年前」という言葉から、1600年頃の高麗史を確認してくれていますが、

『宣宗実録81巻』の1596年の記述には「対馬の倭」(倭とは朝鮮人が呼ぶ日本人)、1605年の記述には「日本国対馬島太守平議智」。更に遡って、『世宗実録4巻』の1419年に、「対馬は本来朝鮮の土地だが、ただ窮地〔=僻地〕であり、狭くてむさ苦しいので、倭人の居留を放置したら...」という記述があり、これが「応永の外寇」つまり、朝鮮人から見たら対馬征伐の際に、上王が言った言葉です。箱バン金さんは、更に遡って古い記録を調べてくれていますが、対馬を日本と見なす記述しかありません。

一例だけ挙げると、「1051年 日本の対馬から本国の逃亡者3名を押送してくる。」という記録があります。

 

20211119_janis75_05

 

ブログ主は、そもそも李承晩の「350年前」も適当に言った事だと思います。この人は、反日は反日でも、“小児的”な反日です。

 

◆ノーカットニュースの記事機械翻訳

https://www.nocutnews.co.kr/news/5660080
[単独]米軍機密島嶼、対馬を韓国の島に分類/原文:[단독]미군 기밀도서, 대마도 한국 섬으로 분류

ワシントン=CBSノーカットニュース、クォン·ミンチョル特派員
2021-11-19 14:56

核心要約

  • 日本、米国で独島領有権紛争を再び試み
  • 対馬島が韓国の領土という証拠も数え切れないほど
  • 米軍秘密図書、韓国編の対馬も登場

写真1.〔画像省略〕米国JANIS75巻の韓国編、第1冊の人口編に登場する韓国地図。 左上に「韓国人口密集地域」というタイトルが見え、左下に済州島が続いて右下に対馬島(Tsushima)が鮮明に印刷されている。 済州島の海岸沿いに人口が密集しているように、対馬の上下に人口密集地域が表示されている。 出典:アメリカ国立文書保管庁、NARA

日本政府が、金昌竜(キム·チャンリョン)警察庁長官の独島(ドクト、日本名·竹島)訪問の機会に、長年の独島領有権紛争化を試みている。

日本が独島領有権を主張し始めたのは、第2次世界大戦敗戦国の日本の地位を定義したサンフランシスコ平和条約締結過程の文句を、日本が恣意的に解釈してからだ。(関連記事参照)

しかし、対馬を韓国(Korea)の島に分類した第2次世界大戦当時、米国の機密冊子が発見され、興味を集めている。

対馬は釜山から49キロ、日本九州から147キロ離れた面積700平方キロメートルの島だ。 独島より3700倍も大きい。

対馬を韓国の島に分類した本は第2次世界大戦中に米国陸海軍合同情報組織である「JANIS」が世界各地で遂行する米軍の軍事作戦に必要な情報を盛り込んで発刊された機密冊子の一冊だ。

「JANIS」シリーズの第75巻で、韓国に関する内容を盛り込んでいる。 2冊に編綴されている本のタイトルは「KOREA」(Including Tsushima and Quelpart)だ。

韓国語で言えば「韓国(対馬島と済州島を含む)」だ。

写真2.〔前掲の表紙の画像〕JANIS75巻1冊の表紙。 韓国領土区域の下側に済州島と対馬島が鮮明に表示されている。 出典:NARA

CBSノーカットニュースが米国文書管理記録庁(NARA)から確保した第1冊の表紙には「非登録機密」という文句が刻まれている。

序文には「この研究の目的は、我々が韓国で遂行するかもしれない軍事作戦計画に基づくすべての必要な具体的な地形学的情報を出版物として提供するためのもの」と記述されている。

本のタイトルにすでに「対馬島」が明示されているように、781ページで構成された本の全般に韓国のすべての地形説明に対馬島が主要記述されている。

本には概要、軍事地理、海岸と上陸地域、気候、港施設などが順に説明されているが、各項目別の地図も大変精巧に印刷されている。

写真3. 〔画像省略〕JANIS75巻1冊の地図。 左は海岸区画で、右は上陸地点だ。 両地図とも対馬島がやはり明確に表示されている。 (NARA)

まず、第1章の概要項目の「主要交通ルート」の便には、南部の中心地として釜山(プサン)、大邱(テグ)、鎮海(チンヘ)、麗水(ヨス)が明示されており、続いて南海の最大の島として対馬と済州島が説明されている。

人口と政府項目内の軍事地理編には、韓国内の少数(several)の大きな島と数百の小さな島しょが紹介されているが、ここでも鬱陵島、対馬、済州島を代表的な島として指摘されている。

写真4.〔画像省略〕JANIS75巻1冊の地図。 韓国を立体模型で描いているが、ここにも対馬島が大きく現れている。 写真4.JANIS75巻1冊の地図。 韓国を立体模型で描いているが、ここにも対馬島が大きく現れている。(NARA)

ただこの本1章42ページ「人口と政府」編には対馬が日本領土という説明も登場する。

「人口と政府」編は人口、労働力、政府組織、政治要因、安全および公共秩序の順に述べられており、最後に対馬島についての説明が添えられている。

そこには「韓国と日本の対馬は日本のproperの一部であり、長崎県の司法管轄」と書かれている。

ここで「proper」は叙述上名詞だが当該単語は名詞としては使われない。

米国メリーランド州に住むある米国人資料調査員は「文脈上、所有という意味の"property"という単語が間違って使われたものとみられ、"日本所有"と読める」と話した。

これは本書の中で対馬を韓国の島として一貫して記述しているのとは相反する記述だ。

写真5. 〔画像省略〕JANIS75巻1冊の地図。 韓国の地図を衛星の形で表現した。 釜山(プサン)の麓に対馬島が表示されている。 出典:NARA

矛盾する説明が同じ本に登場する理由は、この本が様々な情報をまとめたためと見られる。

この本は序文で「1945年3月1日までワシントンで得られるすべての資料を集大成した」と明らかにしている。

そして、海軍作戦参謀処、陸軍情報処、海軍情報処、気象庁、空軍など11の政府機関の情報を網羅していると説明した。

このため、ある情報は対馬を韓国領土に分類した反面、ある所は韓国の領土に分類しながらも「日本所有の部分」と表示したものと推定される。

実際、韓国政府も一時、対馬が韓国の領土だと公式に問題提起をしたことがある。

1949年1月、李承晩(イ·スンマン)大統領が新年の記者会見で、対馬の返還を日本に求め、さらに1951年4月にも米政府に対馬領有権を公式に主張した。

「世宗実録」や「東国輿地勝覧」などには、対馬が韓国の領土という記録が少なくない。

国内の歴史学界では、朝鮮時代に対馬を空けておいたため、19世紀後半、日本の明治政府が対馬を日本に編入させたと見ている。

※取材支援:韓国言論振興財団

 

 

  


 

 

 

 

2021/10/03

【竹島】竹島日本領 英豪も認識 サンフランシスコ条約時【 山陰中央新報】

李承晩以来韓国が不法占拠している竹島の日本帰属を示す新たな公文書が見つかり、近々ネット上にも公開されるとの事です。

以下、 山陰中央新報のデジタル版より引用。

 

◇ ◇ ◇ ◇

https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/102089(Yahoo版
竹島日本領 英豪も認識 サンフランシスコ条約時 公文書で判明
2021/10/2 04:07

 戦後、日本の独立と領土が決まった「サンフランシスコ平和条約」で、米国に加えて英国とオーストラリアも竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))を日本領と認識していたことが両国の公文書などで明らかになった。政府は条約調印70年を記念して9月28日から東京・霞が関の領土・主権展示館で複写の展示を始め、近くネットでも公開する。

 条約では日本が放棄すべき地域を「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」と明記。これに対して韓国は3島だけでなく「独島も含まれる」と解釈し、領有権を主張している。

 政府の委託事業で見つかった新たな資料は、条約の作成過程で、英国が竹島を日本領とする米国案に同意したことをオランダ代表との会合で示した公文書(1951年5月)や、オーストラリア外務省が釜山駐在の外交官に宛てた電報(同年7月)など

 電報では韓国側がオーストラリアに対し、条約で日本が放棄すべき地域に「独島」を入れるよう要請する際に不正確な位置を伝えたため、韓国の主張を評価できなかったことを示す内容という。

 これまで、米国が竹島を日本領と認識する複数の資料が存在していたが、韓国側は「米国のみの見解で条約を結んだ連合国の総意ではない」と主張。今回の発見は韓国の主張を覆すものとなりそうだ。

 展示を企画した内閣官房領土・主権対策企画調整室の斎藤康平企画官は「条約の交渉過程で竹島の領有権について、日本の立場の正しさをより客観的に説明する史料が確認された」と話した。企画展は12月5日まで。

◇ ◇ ◇ ◇

 

韓国が証拠にもならない古地図 -大抵は鬱陵島のすぐ左隣に于山島が表示されおり、これを独島と主張 ー を持ち出す理由は、ブログ主はこう考えています。

左派は、李承晩の手柄にしたくない(古来から朝鮮のものという主張)、右派は李承晩の蛮行に触れて欲しくない。だから、右派の韓国人は、「独島の事でいちいち騒ぐな」と言っています。騒げば騒ぐほど不利になる事を知っているからです。

しかし、韓国は不法占拠しているが故に、常に「竹島は自国領」と主張する必要があります。9月24日付け産経新聞『竹島を考える』(下条正男)によると、海洋警察隊の宿舎や有人灯台、漁民宿舎などを建てて内外にアピールしている事こそが「不法占拠の証し」と書いています。スプラトリー(南沙)諸島も同様で、中国は次々に施設を建設しているのは、そうしたもので既成事実化しようとしているのだそうです。

 

ブログ主は、古地図で騒ぐ韓国人よりは、竹島を領有していなかった事を知っていて自国領だと主張する韓国保守の方が厄介だと思っています。(画像は李承晩TV「『反日種族主義』の出版2周年を迎え (2021/06/29)」24:09辺り~)

 

20211003_takeshima01
20211003_takeshima02

独島は、李承晩大統領が、米国と日本に対して、新生大韓民国の独立意思を明らかにし、彼の“国格”を固守するための、政治的・軍事的決断であり、決行で生まれた韓国の新領土だ。

 

もちろん、意見が一致する部分では韓国保守派とは共闘すべきだと考えます。

 

 

  


 

 

 

 

2021/06/20

【対馬】韓国・昌原市で第17回『対馬島の日』

「エビデンス? ねーよそんなもん」。これは朝日新聞編集委員の高橋純子記者の名(迷)台詞ですが、これを地で行くのが韓国人。最近は、対馬を本気で韓国領と思い込んでいる韓国人が増えています。

竹島問題が話題となると、記事のコメント欄に必ず「我々も対馬の領有権を主張しよう!」といった類いのコメントが見られます。

そして、今年も昌原市で第17回『対馬島の日』の記念式が開かれました。〔記事後述〕

 

以前のエントリーでご紹介したとおり、韓国の保守でさえ李承晩による竹島の不法占拠は正当化するのですから、いわんや一般の韓国人をや。

以下の記事は2019年9月22日付け山陰中央新報「談論風発」

 

20190922_tsushima

 

併合期の朝鮮総督府の官僚である鄭文基や李承晩等が言い出したことであり、2005年以降は現在の昌原市が毎年「対馬の日」で気炎を上げています。

山陰中央新報の記事を読むと、鄭文基の勘違いや李承晩の領土欲で、対馬が韓国領であるという根拠はないのですが、証拠など韓国人が多いので、看過できません。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

韓国経済新聞の記事。

https://www.hankyung.com/politics/amp/202106195394Y
「対馬島は韓国の土地」昌原市17回目の「対馬の日」記念
入力 2021.06.19 13:57 修正 2021.06.19 13:57

慶尚南道昌原市(キョンサンナムド·チャンウォンシ)が条例を定めて記念する「対馬の日」が17年目を迎えた。

昌原(チャンウォン)市「対馬の日」記念事業推進委員会は19日午後、市役所第3会議室で第17回「対馬の日」記念式を行った。
パク·チュンチョル「対馬の日」記念事業推進委員長は「対馬は取り戻すべき我が領土という点を今後も広く知らせていく」と念を押した。

出席者たちはまた、日本の東京五輪組織委員会が公式ホームページに独島を日本領土と表記したことを糾弾する手ピケットを持ってスローガンを提唱した。

2005年3月18日、旧馬山市議会(現統合昌原市議会)は全国市郡議会では初めて「対馬の日条例」を作った。

昌原市は李従茂将軍が対馬島を征伐するため馬山浦(現在昌原市馬山合浦区)を発った6月19日を「対馬の日」と定め、毎年記念式典を開催する。

 

 

  


 

 

 

 

2021/06/18

【竹島問題】竹島の描かれていない地図を見て喜ぶ文在寅【文大統領 スペインの図書館で竹島領土主張】

スペインを訪問中の文在寅大統領が独島が描かれている地図を見て「我が国の領土である証拠」と喜んでいるという報道がありました。〔記事後述〕

問題の地図は、下の「朝鮮王朝全図」ですが、いつものように、鬱陵島と于山島が並んでいる地図で、現在の竹島の位置ではありません。

 

20210617_takeshima01
20210617_takeshima02
陸地に近い方の島が「于山島」

 

この地図の正体は、2021/06/17付けのシンシアリーさんのブログ『千山島(スペインの地図にある『于山島』の誤記)』に分かりやすく書いてあるので、ここでは省略して、こうしたものを論破しても、竹島問題は解決しないということを書きます。

まず、韓国人は「実効支配している韓国の方が有利」だと知っています。

最早、地図などどうでもいいのです。

彼らは、更に実効支配の正当化のために証拠が欲しいだけです。尤も、史料や歴史を調べれば調べるほど韓国が不利になるので、賢い人は「これ以上騒ぐな」と思っています。

李承晩TVでも度々竹島をテーマとした講義をしますが、200年前の話はしても、70年前の話はしません。どのような経緯で韓国が竹島を実効支配したのかを解説すると、それは李承晩の不法行為に言及することになるからです。

コメント欄も、〔李承晩TVを見ているような韓国人なので〕口では「正しい歴史を学ばなければならない」とか、偽善的なことを書いていますが、その一方で李承晩を称賛しているのです。

ブログ主は、まだ、慰安婦問題や徴用工問題の方が日本人と韓国人の間の相互理解が竹島問題よりは可能性があると思います。

後者は領土問題なので安易に発言できないのは理解できますが、反日種族主義者を批判する人が反日種族主義者を称賛するのは皮肉です。

 

【追記】この地図の件に関する李宇衍(イ・ウヨン)博士のFBのコメントです。〔機械翻訳ママ〕

朝鮮王朝は土地面積を調査した。 所有者も併せて調べた。 土地に対する税金、当時は「結税」と呼ぶものを徴収するためだった。 その全国合計を結摠(けっそう)という。 戸と口も調べた. これも大動勢と軍役を課すためだった。その全国の合計を戸口摠数とした。 今、現君と称えられた正祖は、結、戸、句を一つ一つ把握するために最も努力した王だった。
独島は島ではなく岩だ。 農業をしていて水が多くて人は住めない. 今でも国際的にはアイルランドではなく、リアンクルといわれる。 この二つの岩石を朝鮮王朝が本来の領土と認識したということは幻想だ。 日本の徳川幕府も同じだっただろう。 朝鮮王朝が独島近く一隻の船送り、調査したんだろう? 近代的な国土概念ができてからは無主物先占、先に拾うのが主だった。 日本は欧米の国際法的領土概念に朝鮮王朝、大韓帝国より数十年早く目覚めた。 日本が先に独島を拾って入れた。
李承晩(イ・スンマン)大統領は李承晩(イ・スンマン)ラインを描いて果敢に、日本の反発を無視しては、独島を大韓民国国土に編入した。 李承晩ラインを越える日本漁船は拿捕され、船と日本語夫は抑留、拘禁された。 日本人漁師の死亡者も多かった。 朝鮮が500年間関心すら与えなかった出来事が、瞬く間に起きた。 ちなみに朴正熙政権は、李承晩ラインを越えて拿捕、抑留、拘禁された日本人とその船舶に対する補償なしに韓日協定を成立させた。 いずれにせよ、李承晩ラインによる国益が大きかった。 今もそうだ。
口をつぐんで、日本が何と言っても黙っていればいい。 新規施設を作ったり、国軍訓練も愚かなことだ。 そのような行為をせず、それぞれ自分の領土であると主張することを許可しようというのが、1965年の韓日協定だった。
独島をめぐるショーは、国内人気用であるだけだ。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

下は日テレの記事です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/13372f1e6f91b31511296213394cd59cbfcd32eb
文大統領 スペインの図書館で竹島領土主張
6/17(木)

画像省略〕スペイン上院図書館で地図を閲覧する文大統領(提供:韓国大統領府)

韓国大統領府によりますと文大統領は16日、スペイン議会で演説後、上下両院の議長とともに上院図書館を訪ねました。図書館では18世紀にフランスの地理学者が製作した地図、「朝鮮王朝全図」を閲覧。竹島が「朝鮮王国」領土として描かれているとして、文大統領は「独島(竹島の韓国呼称)が韓国の領土であることを示す貴重な史料だ」と強調しました。

地図には、島の名前が「Tchian Chan Tao」と記載されていますが、これについて韓国大統領府は当時の竹島の呼称「于山島」を「千山島」と誤った上で中国語式の発音で表記したものだと説明。「当時、于山島(竹島)と鬱陵島がすべて朝鮮の領土だったことを明確に示している」と主張しました。

竹島をめぐっては東京オリンピックのホームページの日本地図に表示されているとして、韓国国内で東京オリンピックのボイコットの検討を求める声も出ていますが、韓国外務省は「不参加までは検討していない」と明らかにしています。

文大統領自身が外遊先で竹島に言及することで、韓国国内でくすぶる強硬意見にも配慮する狙いがあるものとみられます。

 

  


 

 

 

 

2021/06/13

【尖閣諸島】尖閣出漁の寄付(クラウドファンディング)に1700万円超集まる

石垣市の漁師でもある仲間均市議が、尖閣諸島海域での動画配信を含めた諸経費を、400万円を目標にクラウドファンディングで募ったところ、現時点(2021/06/13 8:43)で1700万円を越えました。(募集は6月30日まで)

 

 

仲間氏が撮影した動画は、しばしばニュースなどに使われています。

影響力のあるYouTuberなどが広報した結果でもありますが、この数字は、尖閣に関して弱腰な国に対する失望感の表れでもあると思います。

 

以下、八重山日報の記事を引用します。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

https://yaeyama-nippo.co.jp/archives/15849
尖閣出漁、寄付1500万円超 仲間市議「国民の思い感じる」
2021/6/13

(前略) 「微力ながら応援しています」「日本国民のため頑張ってください」「自分の国は自分で守る。この当たり前の覚悟を多くの日本人が持つことで、この国はきっと変わると信じます」―。クラウドファンディングのサイトには、12日午後11時半ごろ、寄付者による1390件以上の応援コメントが並ぶ。
 寄付は全国から集まり、寄付額は1人5000円~1万円がほとんどだが、中には100万円を出した人もいた。(中略)

1995年、尖閣諸島に初上陸してから26年。政府による上陸禁止後も「尖閣周辺で漁をすることが領土を守ることにつながる」という信念から出漁を継続し「パトロール」と称して航行する中国海警局船と対峙している。

 石垣島から尖閣諸島まで約170㌔。1回の漁で燃料費、エサ代、氷代など20万円以上の費用がかかる。海警局船は尖閣の中国領有権を主張するため、接近や追尾などで日本漁船の操業を故意に妨害しており、水揚げができないと赤字に陥ることも珍しくない。

 尖閣海域で漁をする漁業者は近年、激減しており、石垣島でも仲間氏を含め数えるほど。仲間氏は9日にも石垣港から尖閣を目指したが、エンジントラブルで帰還。相当な額の修理代を覚悟したところだったという。

 クラウドファンディングは、スタッフに勧められ初めて取り組んだ。漁の様子を全世界に中継することで、日本漁船に迫る海警局船の動きをけん制する狙いがある。

 寄付額は目標の400万円を開始から2日でクリアし、1千万円を超えたあとも分単位で伸び続けた。スタッフも「予想外の反響」と舌を巻く。尖閣情勢に危機感を抱く国民がサイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)であることを物語る。

 寄付者の熱い思いを背に、仲間氏は8月ごろ、機材をそろえて尖閣海域に出航する。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

記事にもあるように、現在、政府関係者以外の尖閣への上陸は国が許可せず、石垣市が命名した字名「登野城尖閣」を示す行政標識を設置する為の上陸もさせてもらえません。

また、チャンネル桜の水島社長が所有する漁船での漁も、漁業従事者の資格を持つ者が乗船しているにも関わらず、遊覧客のような扱いをされ、海上保安庁が邪魔をして20海里外に出ることもできません。毎回、一緒に出航した、漁師だけが乗る漁船のみ漁をして、その様子を撮影、チャンネル桜で公開しています。

これらは中国大使館の指示に従っています。

そして、こうしている間に、毎日のように中国海警の船が我が物顔でパトロールしています。

実は、魚釣島には灯台(もどき)が設置されており、定期的に海上保安庁がメンテナンスをしていますが、この行動は一切公表されないため、唯一、日本の実効支配を誇示できる方法は、漁師がそこで漁をし、動画を公開することだけになっているのです。

 

以下は、尖閣ツツジさんのツイートより画像をお借りします。

@SenkakuTsutsuji
1969年の中国の地図。産経から。1970年に初めて尖閣や魚釣島の地名を考察した論文が出ます。石油欲しさに領有を主張し始めた当初、中国は地名由来に頭が回らなかったのです。
「尖閣」は沖縄県立師範学校教諭の黒岩恒先生の命名ですので、中国が使うのはおかしいです。

 

20210613_senkaku_map

 

 

  


 

 

 

 

2021/06/07

【尖閣諸島】台湾の領有主張を論破する

たまたま台湾の「尖閣諸島」の帰属認識に関してTwitterで議論、というかやりとりしたので、過去のブログ記事のインデックスも兼ねて、まとめの意味でエントリーしておきます。

台湾の歴史観は基本的には蒋介石の中華民国(中国国民党)の歴史観を引きずっているので、尖閣諸島に関しては「古来よりシナのもの=我々のもの」という認識です。要するに「古来よりシナのもの」の部分の認識や根拠は中共(中華人民共和国)と同じで、その「シナ(清)」の正当な後継を中共と台湾(中華民国)とで争っているので、どちらも尖閣の領有を主張しているわけです。

もう少し正確に書くと、中共は清朝の時代に台湾と共に付属する尖閣も施政下に納めたので、「台湾も尖閣も(清朝の後継である)オレのもの」という考えです。

要するに、下の1と2までは台湾と中共が一致していて、3だけが対立しています。

  1. 尖閣は台湾に付属する
  2. 清朝時代に清は台湾を施政下に納めた
  3. 台湾は中国のもの(中共)/大陸側も中華民国のもの vs. 台湾はサンフランシスコ条約で独立した(どちらも台湾人の主張)

 

そして、台湾(当時は国民党)も中国も、尖閣の領有を主張し始めたのは、尖閣周辺に地下資源があると分かった1970年代からです。それまでは、例えば台湾で作られた地図(1965年)には尖閣が沖縄、即ち日本に属するという境界線が引かれていました。〔後述〕

従って、石垣市が尖閣の島々の字(あざ)名を「登野城(とのしろ)尖閣」と変更した2020年6月22日(効力は10月1日から)の際には台湾政府(民主進歩党)が非難声明を出しています。〔→ブログエントリー『【尖閣諸島】石垣市が尖閣の住所を「登野城」から「登野城尖閣」へ。中国が反発するかと思いきや台湾が...』参照〕

 

但し、民主進歩党は「反国民党」で発足した若い政党なので、日本との歴史問題には基本的には無知です。日本との良好な関係を続けたい一方、公式見解や尖閣の漁場が欲しい漁業関係者や国民党支持者との板挟みになっていて、尖閣問題はあまり触りたくないというのが現状でしょう。

実際に、台湾が清の後継を主張すると台湾独立派の考えと矛盾が生じるのです。

台湾独立派の考え方は、「サンフランシスコ条約で日本は台湾の領有を放棄しただけで、日本はどこにも“返還”はしていない。日清戦争で割譲した時の清は存在していないので、台湾は独立国としてスタートした」という論理です。こういう人達は現在の国民党の党旗である「青天白日満地紅旗」も否定しています。

 

Tawan01

左上の「青天白日」は国民党のシンボル

 

ついでに言えば、中国は「日中共同声明」(1972年9月)で中国は、「台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部である」ことを日本が認めたと主張していますが、日本の立場は「それを理解する」としただけで、認めていません。

 

昨年来の中共による香港の弾圧、そして次は台湾だという緊張感が続いている今はともかく、それ以前の平和な時は、中国との経済関係を重視する経済界やその恩恵を受ける台湾国民と「台湾は台湾だ」という独立派のどちらからも、その時々のイシュー(論点)により蔡英文政権は批判されていました。

蔡英文政権としては、“あちらを立てればこちらが立たず”みたいな状態なのです。

これらは台湾国内の問題なので日本人がとやかく言うことはありませんし、蔡英文政権が尖閣の領有問題を曖昧にしている以上、殊更に敵対する必要もありませんが、「台湾との間にも『尖閣問題』はある」という認識を日本人は持たなければなりません。

台湾を論破すること即ち中国を論破することになるからです。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

台湾の尖閣に対する公式見解

台北駐日経済文化代表処の発表:中華民国の釣魚台列島をめぐる領有権に対する主張と「東シナ海平和イニシアチブ」
発信日時:2014-01-16

尖閣は元々清のものであり云々と書かれています。

 

台湾や中国が尖閣の領有を主張する根拠

先に、歴史認識や根拠は中共と同じと書きましたが、その一つは『順風相送』という「永楽元年」(1403年)に書かれたと中共や台湾が主張する書物で、実はこの本の後半部分(尖閣の領有を示す根拠となる部分)は後から付け加えられたものなのです。〔→ブログエントリー『【尖閣諸島】石垣市が尖閣の住所を「登野城」から「登野城尖閣」へ。中国が反発するかと思いきや台湾が...』参照〕

もう一つは中国側が領有権を主張する根拠とする清代の役人が記した台湾の地理書『台海使槎録(たいかいしさろく)』(1722年)です。しかし、これに記された「釣魚台(中国や台湾の尖閣諸島の呼び名)」は尖閣ではないことが分かる史料がありました。石井望・長崎純心大准教授の発見です。

* * * *

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171118/soc1711180016-n1.html
尖閣領有、中国の根拠「否定」する公式文書あった 台湾名の「釣魚台」は別の島
2017.11.18

【一部引用】同書では「山後(台湾東部)は大洋なり、北に山有り、釣魚台と名付けらる、大船十余を泊すべし」と記載され、中国側は「釣魚台」が尖閣諸島を指すと主張している。

 だが、1970年に台湾政府が発行した公式の地理書「台湾省通志」は、「台海使槎録」に明記された「釣魚台」を台湾東南部の「台東県の島」と認定し、尖閣諸島ではないことが記されていたという。

* * * * 

 

『台海使槎録』に関しては政府の『尖閣諸島 研究・解説サイト』の「台湾の一部分としての釣魚台はどこにあるのか」(平野 聡/東京大学法学部教授) にも詳しく書かれていますが、やや気に入らないのは、このサイトは内閣官房に属していながら、「本サイトに掲載する資料等は、政府の委託事業の下で有識者の助言を得て、調査・収集及び作成したものであり、本サイトの内容は政府の見解を表すものではありません。」などと注意書きを書いて責任を逃れていることです。

 

尖閣諸島が沖縄に属することを示す1965年の台湾の地図

 

Senkaku_taiwan_1965map02

地図全体の画像は前述のブログエントリーにあり。

 

1919年に中華民国が石垣村に贈った感謝状に「沖縄県八重山郡尖閣列島内和洋島」の記述

 

20200824_senkaku_arimura01

詳細はブログエントリー『【尖閣諸島】1919年に中華民国が石垣村に贈った感謝状に「沖縄県八重山郡尖閣列島内和洋島」の記述【領土・主権展示館】』参照

 

陳水扁総統時代の元副総統である呂秀蓮氏が「尖閣諸島は沖縄に属する」と発言

詳細はこちらのブログエントリーに書きましたが、2020年6月の発言です。

ただ、この方の認識も誤りがあり、「下関条約で台湾本島とそれに付属する尖閣も日本に割譲されたが、サンフランシスコ条約で台湾本島と澎湖諸島のみ中華民国に返還された(ので、尖閣は日本のまま)」という考えです。

尤も、この際、蔡英文政権は問題を回避せず、歴史研究タスクフォースを作って歴史を再検証すべきだと仰っています。

 

その他にも参考となる資料があれば追記しますが、一旦公開します。

 

 

  


 

 

 

 

2021/02/06

【尖閣諸島】5日、八重山漁協所属の「第一桜丸」と「恵美丸」が尖閣諸島海域での漁業操業へ出港

昨日(2月5日)、八重山漁協所属の「第一桜丸」と「恵美丸」が尖閣諸島海域での漁業操業へ出港しました。

このエントリーは後ほど加筆修正をするつもりですが、出航前のトラブルを書いておきます。

第一桜丸は『チャンネル桜』の水島社長がオーナーの船で、本来はチャンネル桜関係者や自民党の長尾たかし議員が乗り込む予定でした。

 

20210205_chsakura01

 

しかし、事前に水産庁に提出した計画書のようなものに対し、水産庁から待ったがかかりました。

乗船リストに記載されていた人達は、政治活動だという判断からです。それは過去に「尖閣周辺で漁業活動をすることが実効支配を意味する」と言った水島社長の発言や、過去に尖閣に上陸したことなどによるものです。

思いだして下さい。

昨年11月に来日した中国の王毅外相は、25日、記者団に対し、「偽装した漁船が繰り返し敏感な海域に入っている。このような船を入れないようにすることが大事だ」などと発言しました。

つまり、チャンネル桜関係者の漁船を「偽装漁船」呼ばわりしていたのです。

水産庁の判断はこの王毅外相の発言を肯定したことになります。

昨日、出港前に海上保安庁の出港前のチェックも完了し、3時過ぎにいよいよ出発か、と思われた所でストップがかかりました。

 

20210205_chsakura02

 

チャンネル桜が事前に提出した計画書の乗組員に許可が下りなかったと書きましたが、乗船リストから外されたメンバーの代わりに、同じチャンネル桜のメンバーで、尖閣に行ったことがない人達を代わりに行かせようとし、オーナーの水島社長と雇用契約を結んで、乗組員としたのですが、その代わりのメンバーに対して難色を示したのです。

 

この指示は当然水産庁(あるいはもっと上の政治家か?)によるものですが、海保の職員は「漁業者か漁業従事者でないと...」(=漁業従事者と認定された者でなければ20海里以上行けない)と言うだけ。「誰が漁業従事者と認定するのか?」と聞いても、海保では判断できず、その判断は水産庁と答えるのみ。

 

完全に海保は板挟みなのですが、そこで水産庁に電話しても「漁業従事者かどうかの確認は(自分では)できない」というだけ。

そりゃ、何を持ってして漁業従事者と呼ぶかなんて規定があるわけではありません。一般的に、漁船が、例えば漁師見習いなどを乗せるのに、いちいち水産庁に認可など取りません。

尖閣諸島という特殊な場所で漁をするために、話を通しておこうと、本来はしなくてもいい計画書を気を利かせて提出しただけです。ある意味、これが仇(あだ)になったのですが、要するに、水産庁というか政府は中国に気を使って、チャンネル桜関係者を行かせたくないわけです。

 

遅れること約5時間、最終的に水産庁が「追加の2名は『漁業従事者』とは認められない」と海保を通じて伝えてきて、漁師さん達だけで出航しました。

 

20210205_chsakura03

 

 

 

そもそも、特定の思想信条があったら尖閣諸島周辺で漁業活動してはいけないのでしょうか?

今回の政府の対応は今後問題となるでしょう。

 

なお、本来は、漁に行かない人達は別の船で20海里まで一緒に行き、そこで見送る予定でしたが、出航が遅れて撮影もできないため、今朝、あらためて出航しました。

  

  

 

  


 

 

 

2021/01/31

【韓国】韓国人「対馬は韓国のもの」の根拠とは?

竹島の件が韓国で話題になると、NAVER(日本で言えばYahooニュース)等の記事のコメント欄に、「我々も対馬の領有を主張しよう」という意見が書かれ、それに「イイネ」が多く押されます。

あまりにもこれを頻繁に見かけるので、何を根拠に言っているのだろうと思って調べたところ、岡本隆司 ・京都府立大学文学部教授の書かれた記事がWedgeInfinityのサイトに見つかりました。 以下、一部を引用します。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/3107
盗難仏像返還差し止め
対馬も「我が領土」
慕華侮日の韓国
2013年8月26日

岡本隆司 (京都府立大学文学部教授)

(前略) では、なぜ対馬を韓国が領有することになるのか。そこには歴史が関わる。最も古いものでいえば、15世紀に朝鮮王朝が対馬に遠征した、いわゆる「応永の外寇」というのが、その根拠の1つだったりする。しかし大きく作用しているのは、江戸時代の長期的な情況だろう。

 江戸時代といえば、朝鮮通信使がたびたび来日し、日・朝が善隣の関係にあったといわれる時代。その同じ時期、最も朝鮮半島と交流の密だった対馬が頻繁に送った使者は、釜山の居留地につくと、必ず朝鮮国王に見立てた位牌に拝礼をしていた。これを「肅拜(しゅくはい)の儀」という。

 右の図がそれを描いたもの。対馬の人々はこの儀式をやらなくては、釜山で居住生活することが許されなかった。対馬が自分たちに属していた、という韓国の根拠は、このような慣行にある。

韓国や中国が持つ世界観「華夷秩序」

 当時、君主のところに臣下が挨拶にいく儀礼を「朝貢」といい、中国王朝と周辺国との間にあった慣行である。朝鮮王朝も中国の明朝・清朝に大がかりな朝貢を行っていた。

 朝貢をすれば、臣礼をとったに等しい。その国なり君主なりは、朝貢を受ける側の下位につくことになって、「藩属」とよばれる。したがって朝鮮王朝は、中国の「藩属」「属国」だった。その朝鮮からみれば、自国の王に拝礼した対馬は「藩属」にあたる。(後略)

 

20210131_tsushima01

「東莱府使接倭使図」屏風・「草梁客舎」

「草梁客舎」は対馬人居留地の一施設。その内部中央に朝鮮国王の位牌「殿牌」が置かれ(写真では、左手中段の建物の中央の屋根の下に配置)、まわりに朝鮮側の関係者が居並ぶ。対馬側の関係者は、離れた位置でその「殿牌」を跪拝している。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

応永の外寇とは、「応永26年(1419)朝鮮王朝の大軍が対馬を侵略した事件。日本の海賊集団倭寇に悩まされ、その根拠地とみて来襲したものとされる。」(広辞苑)で、元寇(1274年、1281年)以来の高麗軍の侵略ですが、これによって対馬が高麗のものとなったわけではありません。

これより古く、朝鮮の三国時代、朝鮮半島の南部は倭人が支配しており、対馬は交通の要所となっていました。白村江の戦い(663年)後、日本側は新羅や唐の侵略に供えて九州や対馬に水城(※みずき/土塁・水濠)を築き、防人を配置するなどしており、それが前述の侵略にも役立ちます。

 

※日本書紀に「天智(てんち)三年(664) 対馬嶋(つしまのしま)、壱岐嶋(いきのしま)、筑紫国(つくしのくに)などに防(さきもり)と烽(とぶひ)を置く。また、筑紫(つくし)に、大堤(おおつつみ)を築きて水を貯えしむ。名づけて水城という。』とあります。その意味は対馬、壱岐、筑紫の国などに防衛のために兵士を派遣し、通信手段のためにのろし台を設置した。また、筑紫に大きな堤防を築いて、水を貯えさせた。水城という名をつけた。となります。(福岡県大野城市のサイトより)

 

上の文章によると、シナ同様に中華思想の朝鮮との貿易は「朝貢」の形式をとっており、対馬からの使者もそれに倣った儀礼を行っていたという。

岡本教授の文章を続けて読むと、“「属国」「藩属」というタームはその最たるもので、朝貢儀礼を行う国と、近代国際関係で主権を失って従属した存在とが、まったく同じ字面で表現された。”と書かれており、対馬と朝鮮の関係は前者なのですが、韓国人は後者だと考えているのでしょう。

おそらく、清と朝鮮のような関係しかイメージできないのだと思います。

明が衰退し、後金(後に清)が台頭し、朝鮮に属国となるよう求めますが、これを拒み、丙子胡乱と韓国では呼ばれる「丙子の乱」で徹底的に打ち負かされます。これで過酷な朝貢を科せられるのですが、その内容は、とても交易と言えるものではなく、屈辱的な条件での従属を強いられます。(Wikipedia『丙子の乱/戦後』の項参照)その有名な例が、女性を貢ぎ物として捧げる「貢女」です。

「朝貢関係にあっただけで宗主国の領土」という理屈なら、朝鮮(韓国・北朝鮮)は中国のものになるはずですが、敢えて韓国人の理屈を想像すれば、“朝鮮は(日清戦争で日本によって)清から独立したのに対し、対馬はそうした経緯も無く、現在日本が領有している”ということなのだと思います。

韓国人は、日本政府(明治政府)が「中国の琉球を無理矢理編入した」と思っているようですが、これでその謎と教え諭す際のポイント(友好関係か属国かの違い)が分かりました。

 

 

  


 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win10 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】IR 【国内政治】外国人労働者 【国内政治】一般 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(ハンセン病問題) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 沖縄(首里城火災) 【国内】あいちトリエンナーレ 【国内】教科書問題 【国内】東京オリンピック 【国内】その他国内問題 【歴史戦】一般 【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海・北方領土 国連の実態 【国際】『韓国「反日主義」の起源』読書メモ 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】慰安婦問題(挺対協・正義連) 【国際】朝鮮人日本兵 【国際】韓国・反日種族主義 【国際】韓国・輸出管理 【国際】韓国一般 【国際】韓国(金正恩のリムジン密輸) 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 武漢肺炎・新型コロナウイルス 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】熱海土石流 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ