最新情報

  • 2023/01/13
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


【国際】慰安婦問題(挺対協・正義連)

2023/01/07

【慰安婦問題】韓国検察、元正義連の尹美香(ユン・ミヒャン)に懲役5年を求刑/colabo、ドイツの慰安婦像の後援も

準詐欺罪など8つの罪で起訴された尹美香(ユン・ミヒャン)の裁判が結審したそうで、各社報道がありました。急に裁判が動いたのは、12月30日付けエントリー〔日韓両国でNPO団体への公金支出にメス?【colabo問題】〕で書いたように、尹錫悦政権が市民団体への公金補助にメスを入れたからではないかと思っていますが、どうでしょうか。

取り敢えず、記録としてエントリーしておきますが、一般の韓国人とは異なり、日本人の関心は、「慰安婦問題」という巨大な詐欺劇が、韓国人の前にどれ程明らかにされるかで、尹美香一人を ”トカゲの尻尾切り” しただけでは意味がないと思っています。

また、最高裁まで争う間に政権が交代すれば、その尻尾切りさえも行われない可能性があります。

 

話題が逸れて恐縮ですが、現在日本のネットで大騒ぎになっているcolabo問題も、colaboあるいは仁藤夢乃氏を断罪して終わってもしかたがないと思っています。政府も含めた「公金横流しスキーム」のようなものがあり、そのグランドデザインを描いた所まで追及されるかどうかが重要です。

colaboを擁護している人達も、庇いきれなくなったら ”尻尾切り” するのではないかと思っていますが、こちらの方は現在進行形でcolaboの疑惑が次から次へと暴かれている状態なので、もう少しかかるでしょう。

具体的には、例えば最近、昨年の8月に仁藤夢乃氏が正義連の水曜デモに参加した際、「colabo」名義で寄付をしていた事が分かりました。これは正義連に対してだけで無く、ドイツの慰安婦像への後援の名目で寄付をしています。

https://womenandwar.net/kr/account/?mod=document&uid=1635
[정의연] 2022년 8월 후원해주신 여러분 고맙습니다. 〔[正義連] 2022年8月、後援してくださった皆さん ありがとうございました。

「일시후원」(一時後援)と「독일 평화의소녀상 후원」(ドイツ平和の少女像の後援)に「일본COLABO」(日本COLABO)の名前がある。

 

話を元に戻すと、後述する記事には書かれていませんが、今回もう一人、正義連理事の裁判も結審しています。

共に起訴された正義連理事であり元韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)常任理事のキム被告(48)には懲役3年を求刑した。〔1月7日付け『中央日報』:韓国検察、尹美香議員に懲役5年求刑…「元慰安婦のためのお金、小遣いのように流用」

 

韓国国民の一般的認識は「正義連は可哀想なハルモニを利用した悪い奴ら」で、たとえ、「日本や世界を相手にした詐欺劇」だと気付いていても、日本が有利になる事には見て見ぬ振りをすると思っています。

正義連が潰れたとしても、韓国政府は「反日カード」として慰安婦問題を利用し続けるでしょう。

 

* * * *

https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2023010780008
尹美香議員に懲役5年求刑、慰安婦支援団体への寄付金横領で
2023/01/07 10:22

起訴から2年4カ月

 従軍慰安婦被害者のハルモニ(おばあさん)の吉元玉(キル・ウォンオク)さんが認知症を患っていることを利用して、吉さんが韓国国民からの募金として受け取った1億ウォン(現在のレートで約1100万円。以下同じ)のうち7920万ウォン(約830万円)を正義記憶連帯(正義連)等へ寄付・贈与させた「準詐欺」の罪などで起訴された尹美香(ユン・ミヒャン)議員に、韓国検察が懲役5年を求刑した。「準詐欺」とは、相手の心身障害を利用して財産上の利益を得る犯罪を指す。

 ソウル西部地裁刑事11部(裁判長:文炳賛〈ムン・ビョンチャン〉部長判事)は6日午後、準詐欺および詐欺、寄付金品法違反、業務上横領、業務上背任など合わせて8つの罪で起訴された尹議員に対する結審公判を開いた。尹議員が2020年9月に起訴されてから2年4カ月を経ての結審だ。なお、判決の言い渡しは来月10日に行われる。

 公判で検察は「尹議員などは長期間にわたり何ら罪の意識もなく、補助金を受ける要件をきちんと備えていないにもかかわらず虚偽の書類を提出する等の手法を通して補助金を受け取り、必要に応じてハルモニを登場させて寄付金を集め、流用した」と求刑理由を説明した。また「尹議員は個人口座で寄付金を集めて自分のカネのように使ったり、団体の資金を流用したりすることもあった」「ハルモニよりも団体や被告人らの活動の方を優先視していた」と糾弾した。

 尹議員はこの日、自らの立場を書面で表明し、「検察の不当な起訴で家族や周辺の人々は皆、極めて苦しい思いをした」「裁判での正しい判断を望む」と主張した。

 一方、裁判結果とは関係なしに、尹議員は国会議員としての残りの任期1年4カ月を全うする可能性が高い。この事件は大法院(最高裁に相当)まで行く可能性が高いからだ。一審の裁判を終えるだけで異例にも2年以上かかり、法曹界では「任期を終えてから判決が出ても意味がない」という批判が多かった。

 

 

  


 

 

 

 

2023/01/01

【慰安婦像】米アトランタに2体目の慰安婦像設置決定

昨年8月に、アトランタの韓人会の敷地に慰安婦像を設置する事を議決するも、新旧の理事長で構成される「元・現職韓国人会長懇談会」の半数(5名)が異議を唱え、計画を保留した、というニュースがありました。〔2022/08/12付けエントリー参照〕

再度、定期総会に諮られて、7割の賛成で設置が決定したとの事です。

以下、記事の機械翻訳ですが、前回のエントリーでご紹介した記事と同様、『CBSノーカットニュース』が報じており、調べたら、キリスト教系のネットメディアだそうです。

 

* * * *

https://www.nocutnews.co.kr/news/5872821
アトランタ少女像、韓国人の30%が反対の中で建設を確定
ワシントン=CBSノーカットニュース クォン·ミンチョル特派員入力 2022年12月31日 13:03
韓国人の70%の賛成で設置最終確定

一部の元韓国人会長らの反対でブレーキがかかった米ジョージア州アトランタに建てることになっていた2番目の平和の少女像が、結局建設されることになった。

アトランタ韓人会は29日(現地時間)、韓人会館で300人余りが参加した中で定期総会を開き、第2少女像の韓人会館内建設可否を案件として上程した。

少女像建設の件は7月、韓人会理事会承認を経て光復節に合わせて韓人会館に建設することにしたが、一部の元韓人会長が反対を表明し漂流してきた。

韓人会は少女像の建立問題で公聴会を一度開いた後、同日の定期総会で表決に付した。

同日の総会で出席者たちは起立して賛否の意思を明らかにした。

韓人会側は7対3の割合で賛成が反対よりはるかに多かったと伝えた。

韓人会はこのような総会の表決結果によって少女像の建設を確定した。

少女像の建立を主導したアトランタ平和の少女像建立委員会のキム·ベクギュ委員長は、少女像除幕式の日程を近く確定して発表すると明らかにした。

これまで少女像の建立に反対する勢力は、この問題が尹錫悦政府になって造成された韓日政府の対話ムードに役立たないなどの理由を提示したという。

 

  


 

 

 

 

2022/12/19

【ヨーロッパの反日】チョ・ドクウォン(조덕원)という人物に見る欧州での反日活動(1)概略

日本人は、直接関係のないアメリカやヨーロッパでどうして慰安婦像が建てられたり反日活動が行われるのか、不思議に思うと思います。

アメリカでは元々は中華系のロビイスト団体〔「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)〕によるものだと言われてきました。尤も、韓国国内でも、盧武鉉政権の頃辺りから、北朝鮮が工作員を送り込む必要が無いくらいに従北主義者の韓国人が増えたように、現在では韓国人(or 韓国系アメリカ人)主体で行っているのでは無いかと思われます。

北米にこれを仕切るような韓国人がいるのかどうかは不明です。しかし、ヨーロッパにはそういう韓国人がいます。それがチョ(趙)・ドクウォン(조덕원)という人物とその妻です。

このエントリーではこの人物について概略を述べようと思います。

 

少し話は脱線するようですが、以前のエントリーで、沖縄で反基地活動を行う韓国の団体「民衆民主党」について書きました。これの青年部と呼べるのが「反日行動」という団体で、ソウルの旧日本大使館前にある慰安婦像を守っているのが彼らです。

では、この民衆民主党の前身は、と言うと「コリア連帯」という組織です。コリア連帯の幹部達が組織したと言えます。

そして、この「コリア連帯」の前身は「統合民主党」という政治組織です。この統合民主党は朴槿恵氏が大統領になる選挙で文在寅を支持をした人達であり、それが叶わないとなると、朴槿恵大統領を引きずり下ろす事に精力を傾けた組織ですが、朴槿恵政権で非合法とされて解散させられました。

趙ドクウォンという人物は一貫してこの系列の組織で活動していた従北の活動家で、同氏の妻、黄(ファン)・ヘロという女性と共にフランスに移住して、欧州での従北・反米・反日活動の中心となってきました。彼らの活動組織は、金柄憲(キム・ビョンホン)所長等が今年6月にベルリンで反慰安婦像のデモを行った時に相手側の「コリア協議会」と共にいたドイツ人達「平壌で会いましょう」と書かれたTシャツを着た老人〕とも繋がります。

コリア連帯も韓国政府により解散させられましたが、この残党が現在「民衆民主党」の主要人物となり、韓国内の米国大使館前で「反帝国主義」を掲げて抗議活動をしたり、その一部が慰安婦像を守っているのです。

 

欧州にも主体思想主義者がおり、2018年にはフランス上院の職員であるブノワ・ケネディ(Benoit Quennedey)という人物が逮捕されました。

 

20181126_benoitquennedey_2014

▲画像は2014年。元慰安婦と共に座った尹美香(ユン・ミヒャン)の背後にいてモザイクがかかっていないのがブノワ・ケネディ(Benoit Quennedey)氏。右端がチョ・ドクウォン氏。

 

彼と密接な関係があったのがチョ・ドクウォン夫婦であり、2014年には尹美香(ユン・ミヒャン)が親北の若者〔「希望ナビ(ナビ=蝶々)」〕や元慰安婦を連れて欧州で研修のようなことを行っていますが、フランスでこれを迎えたのがブノワ・ケネディ氏であり、韓国で服役・恩赦後にフランスに逃亡したチョ・ドクウォン夫婦です。

 

前述のように、彼らが直接北朝鮮の指令で動いているかは不明です。もはや、工作員を送り込まずとも北の思惑通りに動く人間がいるのは欧州も同じかも知れません。

 

今回は、ソースを提示する事を敢えて避け、なるべく簡潔に全体像を提示しましたが、反米活動、慰安婦、尹美香夫婦、挺対協を支持する希望ナビ、欧州の反日団体、沖縄の反基地活動の一部、etc.は「北朝鮮」というキーワードで繋がっているのです。

 

追って、もう少し詳しい記事を書く予定です。

 

 

  


 

 

 

 

2022/12/16

【日本大使館前デモ】正義連の水曜デモを保護する警察

毎週の事なのでいちいちブログには書いていませんが、毎週水曜日、正義連の水曜集会を終わらせようと、複数の保守系団体が旧日本大使館前にある慰安婦像周辺でカウンターデモを行っています。

集会を開く場所は事前に予約する必要があり、現在は殆どの舗道を保守系団体が占めている為、水曜集会は離れた場所で集会をしています。

下は直近の集会場所を示した地図です。〔別の地図(日本語)

 

20221216_wednesday01

 

日本大使館は、既に以前の場所から北側の「ハの字」型のツインツリータワーのA棟(左側のビル)に移転済みで、「日本大使館跡地」と書いた場所は空き地です。慰安婦像は道路を挟んだ反対側に日本大使館と対峙するように建てられたというわけです。

 

金柄憲所長ら「慰安婦法廃止国民行動」の皆さんは、大抵「オンマ部隊」が予約した聯合ニュース本社ビルの前で集会を開いてから、水曜集会に向かい合う場所に移動して集会を開こうとするのですが、この2週間ほどは警察が邪魔をして立ち入らせません。

恐らく、水曜集会の真横で集会をさせない為だと思われますが、その理由がおかしいのです。

フリージャーナリストの朴舜鍾(パク・スンジョン)氏が、①鍾路警察署のマニュアルと②金柄憲所長が提出したデモ申請書の画像をTwitterに上げてましたが。それをGoogleレンズで読んだところ、①には「大使館などの100m以内は集会を禁じる」という趣旨の事が書いてあり、②には却下理由として「大使館の100m以内だから」という趣旨の事が書かれていました。

①は「ウイーン条約 第二十二条2項」を意識したものだと思われます。

 

ウィーン条約 第二十二条2項

「外交関係に関するウィーン条約」(昭和39年条約第14号)第22条第2項「接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。」

 

②の却下理由。〔機械翻訳ママ

ㅇ貴団体が申告した集会場所は集示法時法第11条第5号に規定している「国内駐在外国の外交機関や外交使節の宿舎<駐韓日本大使館>警戒地点」から100m以内の場所に該当し、集会による関連施設の機能侵害などが懸念されます。

- 駐韓日本大使館では大使館周辺の集会·デモで公館の業務が妨害されているとして、党署に協力要請をしました。 (21.12.7、外交使節担当官-8004)

 

100mの距離をツインタワービルの壁からとすると慰安婦像がギリギリ100m以内ですが、上の地図を見れば分かるように、むしろ、「慰安婦法廃止国民行動」が確保している場所は大使館から離れた場所にあります。

それに、それを言うなら、元々の慰安婦像の設置も、その周辺での水曜集会もウイーン条約違反です。

相変わらず、慰安婦像は何の許可も得ていない「反日行動」という団体が居座ったままで、警察はむしろ彼らを保護しています。

現在の韓国の地方自治体首長は左派が多く、警察署長クラスは前政権の時に任命されたのでこうなります。

 

* * * *

【参考:政府答弁書】

第180回国会 答弁書第一二七号 平成二十四年六月八日

参議院議員佐藤正久君提出在韓国日本大使館前における「慰安婦像」に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。


参議院議員佐藤正久君提出在韓国日本大使館前における「慰安婦像」に関する質問に対する答弁書

一から五までについて

 在大韓民国日本国大使館前に設置されたお尋ねの「慰安婦像」については、政府としては、大韓民国政府に対し、累次にわたり、「慰安婦像」の設置は日韓関係に好ましくない影響を与えるとともに、外交関係に関するウィーン条約(昭和三十九年条約第十四号)第二十二条2に規定する公館の威厳の侵害等に関わる問題でもあると考えており、「慰安婦像」を早期に撤去すべきである旨申し入れてきている。お尋ねの大韓民国政府の対応と同条約との関係については、今後の外交上のやり取りに支障を来すおそれがあることから、お答えを差し控えたい。〔以下略

 

 

  


 

 

 

2022/12/15

【李宇衍博士】朴裕河教授はどんな歴史と向き合っているのだろうか(3)慰安婦

前回のエントリーの続きです。

 

* * * *

補足は緑字で追加。多少日本語として不自然でも理解に影響が無いと思われる翻訳は機械翻訳ママ

http://www.pennmike.com/news/articleView.html?idxno=59223#reply

Ⅲ.慰安所が「文字通りの『奴隷』状態」だったかな?〔※記事では「Ⅱ」となっている

次に第3章慰安婦問題だ。 慰安婦の動員と慰安所での生活については、過去の『帝国の慰安婦』のような立場だ。 慰安婦になる経路は多様で、官憲による強制連行が一般的に行われない「構造」〔※구조:「救助」と翻訳されたが「構造」と修正〕であり、慰安所では「文字通りの『奴隷』状態」だったと話す。 少なくともこれに限っては、「広い意味での強制」や「構造的強制」を主張する中央大学の吉見義明の見解と似ている。 著者はこのような判断に直ちに反発する。 問題を単純化しすぎて議論を白黒の極端に追い込むということだ。 その代わり、多様な形態と側面を調べることを注文する。

学問は個別事例やその特殊性を列挙するだけでは成立できず、要約と分類が出発であり基礎となる。 上で述べたように、著者自身も「構造」をたびたび強調していないか? 問題の多様な側面と複雑性を追求すると共に、それを貫く制度と構造を把握し、多くの事例が持つ一般的な性格を議論することがすべての学問の課題だ。

評者は慰安婦を戦場の性労働者と把握する。 彼らは例外的な場合を除けば強制連行された性奴隷労働者ではなく、前払い金を受け取り雇い主(業者)と長期労働を契約した性労働者だった。 最近、韓国社会で大騒ぎの中心に立つようになった米ハーバード大学のラムザイヤー教授は、「連携奉公契約(年季奉公契、indentured servitudecontract)が、戦前の政府管理(許可制、義務的健康診断、集娼形態と移動制限)の下で売春業を営んでいた公娼や戦時慰安婦が雇い主と結ぶ契約関係の特性であることを明らかにしたことで、慰安婦が奴隷ではなく長期契約労働者だったことを間接的に主張した

この内容の重要性とラムゼイアの主張が韓国社会に起こした波紋を考えると、著者がこの問題を本格的に扱わなかったことは理解し難い。 もしかしたら一般的な構造や制度の把握をできるだけ避けようとする著者の学問的態度·方法と関係があるのかもしれない。

慰安婦はもちろん個人差はあるが、他の職種に比べてかなり高い収入が保障され、その金で朝鮮にいる家族に送金し、工廠と同様に前払い金を償還したり工廠よりはるかに短かった契約期間が終了すれば朝鮮に帰国したり契約を延長した。 それに対する具体的で豊富な証拠を『日本軍慰安所管理人の日記』(2013、アン·ビョンジク訳、イ·スプ)で見つけることができる。〔※リンク先はAmazonの商品ページ/訳者も構成も韓国語版とは異なる

戦闘現場から近くて移動に危険が伴うため、移動の自由は事業主の引率や許可を受けなければならない制限があったが、これは軍人、軍属、看護部などはもちろん、戦前工廠も同じだった。 終戦と共に稼いだお金を紛失したり、軍票があっという間に価値がなくなる不運に見舞われた慰安婦もあったが、それは終戦以前に帰還した人々とは関係ない。 このような点で、著者が「奴隷状態」という根拠が気になる。 公娼も奴隷状態だったと思うのだろうか。

慰安婦 関連して、本書にある新しく有益な叙述の中に挺対協(現正義連)の北壊支援と彼らとの協力が挙げられる。 北朝鮮が慰安婦問題解決を目標に掲げた「従軍慰安婦および太平洋戦争被害者補償対策委員会」は「事実上政府の一部」であり、国連で挺対協などとともに慰安婦問題を訴えた日本の「朝鮮人強制連行真相調査団」も代表は「北朝鮮国籍」だった。

1991年1月、平壌で開かれた第1回日朝国交正常化交渉で、北朝鮮は慰安婦問題を提起し、補償措置を要求した。 北朝鮮は国連でも日本の「良心的」弁護士や挺対協など慰安婦運動団体と連帯して慰安婦問題を提起した。 北朝鮮も慰安婦運動を始めたのだ

挺対協と北朝鮮担当機構は1991年5月に東京、その11月にソウル、1992年9月に平壌で会議を開いた。 双方は「緊密に協力する関係」であり、国連人権委員会でも年に2回は会ったという。

尹美香(ユン·ミヒャン)前政対協代表は1992年8月、早くも「北朝鮮では政治的に日朝国交正常化交渉を進めながら、戦争犯罪賠償を確実に受けようとしている。 今はいつにも増して南北双方が日本から挺身隊問題に対する真相究明を促し、賠償を受けるのに十分な主体力量が用意されている時だ」と話した。 主事派的宣伝のエーテルが濃い言辞だ。

挺対協が朝鮮-日本を植民地-宗主国関係ではなく「交戦国」論理を取り入れた背景には、慰安婦問題を利用して日朝国交正常化交渉で北朝鮮の交渉力を増大させる意図があったと著者は主張する。 多くの読者がこの程度でユン·ミヒャンの夫と義姉が逮捕、処罰された1993年の「兄妹スパイ団事件」を思い出すだろう。

* * * *

 

ブログ主が朴裕河教授の『帝国の慰安婦』を読んだのはかなり前で、今、手元にも無いのですが、当時、韓国人が書いた物としては画期的だとは思ったものの、慰安婦を「(帝国の)被害者」とするスタンスには違和感を覚えたことを記憶しています。

今でも、そのスタンスは変わっていないようです。

以前、李宇衍博士のFacebookでこの寄稿文の元となった投稿を読んだ時、どなたかが、確か『反日種族主義』の李栄薫(イ・ヨンフン)博士の言葉だったかと思いますが、「朴教授は歴史に文学的にアプローチする」というコメントを書いていました。前回のエントリーでご紹介した徴用に対する彼女の分析はまさしくこれだと思います。

 

続き

 

  


 

 

 

2022/12/11

【慰安婦問題】オーストラリアのクイーンズランド大学に慰安婦壁画登場

まずは『聯合ニュース』の記事をご紹介します。

 

* * * *

https://www.yna.co.kr/view/AKR20221208107000371?section=culture/performance-exhibition
호주 퀸즐랜드대에 '평화의 소녀상' 벽화 등장
オーストラリアのクイーンズランド大学に「平和の少女像」壁画が登場
2022-12-08

ハンホ日報提供〔※オーストラリアのハングルメディア

(ソウル=聯合ニュース)ワン·ギルファン記者= 豪州ブリスベンにあるクイーンズランド大学に「平和の少女像」壁画が登場した。

壁画は最近、クイーンズランド大学女性学生会館の出入り口の片方の壁面に描かれたと、9日、ハンホ日報が伝えた。

同大学総学生会の学生新聞編集長であるユン·ジウ学生と純粋美術を専攻するオーストラリアのリリー・ガリ学生が協業して設置された。

ユン編集長は連合ニュースとの通話で「オーストラリアクイーンズランド州労働党の応援と『シドニー平和の少女像連帯』の助けで壁画を設置した」とし「もう一度日本軍慰安婦問題の深刻性に気づき歴史意識を共有する契機になればと思う」と話した。

彼は8月、シドニーで開かれた「2022シドニー世界日本軍慰安婦記念日」行事に参加した時、ブリスベンにも平和の少女像を建設してほしいと考え、それに雰囲気を喚起するために大学内の壁画を描くことになったと付け加えた。

約5ヵ月間、大学当局を説得した末、大学の正式承認を得て描いた壁画には、涙を流す少女の姿、希望を表す蝶、空の椅子などが盛り込まれている。

日本の武力の前で無残に崩れてしまった日本軍慰安婦被害者たちの悲しみと彼らの希望に向けた羽ばたきを表現したという。

* * * *

 

これで分かるのは、

  • 政治家〔クイーンズランド州労働党〕にもロビー活動をしている事、
  • オーストラリア国内の韓国人は組織的に活動しており、8月にはシドニーで慰安婦関連の行事が行われた事、〔恐らく、金学順(キム・ハクスン)が初めて告白した8月14日を記念するもの〕
  • いずれはブリスベンにも像を建てる計画がある事

です。

 

ソース元の『ハンホ日報』〔Hanho daily〕の記事には、壁画が描かれたのは、女学生会館の内部、入り口を入ってすぐの壁だと書かれています。美術家の学生が描いたにしては下手くそな絵です。

 

20221208_prostitutes01
▲ハンホ日報の記事よりキャプチャ

 

以下はハンホ日報からの引用ですが、彼は2019年からこういう活動をしているようです。

https://www.hanhodaily.com/news/articleView.html?idxno=72729
브리즈번에 ‘평화의 소녀상 벽화’ 등장
ブリスベンに「平和の少女像壁画」が登場
2022.12.08
2019年ブリスベン交通信号制御器に描かれた少女像の絵が翌日除去された。 当時、クイーンズランド大学生たちが5年間放置された旭日旗の絵を問題視して市当局に問題を提起し、これに他の絵で埋めても良いという返事を受けて平和の少女像の絵を描き入れたが、「政治的なテーマ」という理由のためにすぐに消された前例がある。 

 

今年7月のドイツのカッセル大学の例といい、最近は海外に居る韓国人学生を利用して、大学の構内に像を建てていく計画が進行しているように思われます。

公共の場と違って、日本政府の手が出しにくいからでしょうか。

 

 

  


 

 

 

2022/12/03

【慰安婦問題】韓国内の「反・慰安婦団体」の行程表(予定表)

毎週水曜日に旧日本大使館前にある慰安婦像の周りで行われるデモ合戦、つまり、正義連の水曜集会と、それに対抗する幾つかの保守団体のデモの事ですが、これについては、かねがね疑問を持っていました。

「疑問を持つ」とは、「やっても無駄だと疑問視している」という意味では無く、「何を(当面の)目標にしているのか」がよく分からなかったのです。

もちろん、大きな目標としては「反日種族主義」の打破や、韓国人の、慰安婦問題に対する誤解を解いて反日洗脳を(部分的にでも)解く事でしょう。

しかし、喩えて言うなら、「富士山に登る」という目標は聞かされているが、今、どこをどういう風に進んでいるのかが分からないような ”モヤモヤ感” を感じていました。

確かに旧日本大使館前は象徴的な場所で、あそこで活動する事に意味が無いとは言いませんが、相手は聞く耳を持たない連中で、彼らに対して「慰安婦の真実」をいくら説いても、そこは時間の無駄ではないかと思っていたからです。

そこで、いつも金柄憲(キム・ビョンホン)所長の動画に字幕を付けて下さるFujichanさんの動画に質問してみました。質問と言っても、単にブログ主の素朴な疑問を呟くようなコメントですが。

そうしたら、わざわざ金柄憲所長からお返事を頂きました。

以下、そのやり取りをそのまま転記します。

 

* * * *

daishi100〔ブログ主
寒い中、お疲れ様です。水曜集会はずいぶん人が減ったそうですね。
ところで、ふと思ったのですが、「工程表」(予定表)のようなものはあるのでしょうか。正義連を追い出し、像を守っている反日行動の連中を追い出し、次に、像を撤去せよと言う集会を開く? 「そして、像だけが残った」みたいな状況にならないのだろうか?と。あの像は、正義連が撤去を申し出さない限り、撤去されないのだろうか? おそらく、尹美香が逮捕されて裁判が進めば、正義連はかなり弱体化(or 終わる)のではないかと思うのですが、当面の目標は正義連の解散なのだろうか?

 

국사TV〔金柄憲所長
당장의 목표는 수요시위 중단이고, 그 다음은 위안부운동단체와 여성가족부에 대한 국정조사입니다. 국정조사에서 사기행각이 드러나면 정의연 해체, 소녀상 철거는 우리 운동을 하지 않더라도 자동으로 해결될 것으로 생각합니다. 그리고, 최종 목표는 초중고 모든 교과서에 수록된 위안부 관련 서술을 완전 삭제하는 것입니다. 쉽지는 않겠지만 서둘지 않고 목표를 위해 쉬지 않고 나아가겠습니다. / 当面の目標は水曜デモの中止で、その次は慰安婦運動団体と女性家族部に対する国政調査です。 国政調査で詐欺行為が明らかになれば、正義記憶連帯の解体、少女像の撤去は私たちの運動をしなくても自動的に解決されると思います。 そして、最終目標は小中高のすべての教科書に収録されている慰安婦関連の記述を完全に削除することです。 簡単ではありませんが、急がずに目標のために休まずに進みます。

 

daishi100
친절한 답변 감사합니다.지금까지 행선지를 알 수 없는 등산로를 동반해 걷는 것 같은 불안한 기분이었지만 구체적인 이정표(milestone)가 보여 안심했습니다.〔コメントのハングル部分は日本語からの機械翻訳
----------
ご丁寧な返信、ありがとうございました。今まで、行き先の分からない登山道を同伴して歩いているような不安な気分でしたが、具体的な里程標(milestone)が見えた事で、安心しました。

* * * *

 

李宇衍(イ・ウヨン)博士によると、現在の正義連の会長は、尹美香(ユン・ミヒャン)のような、行動力とか企画力はあまり無いようで、目立つ活動と言えば水曜集会をマンネリ的にやっているだけのようです。

先日も野党議員と一緒に、慰安婦に対する名誉毀損を処罰する法律を求める記者会見をしていましたが、その動画の再生数もパッとしません。尹美香の詐欺や横領が発覚してからは、国民の関心は確実に薄れているようです。

最近は、水曜集会も以前のように大勢の若い女性や小学生などが参加することもなく、仲間内でやっているような状態です。従って、寄付金もあまり集まらないのではないかと思います。これはある意味、尹美香の ”功績” です。

しかし、女性家族部〔日本で言うと、内閣府男女共同参画局のような目的の省〕を通じて活動資金を得ており、この女性家族部がまた正義連の ”逆・天下り” コースとなっていて、ほぼ正義連と一体化しています。また、フェミニズムの総本山のような存在で、その政策は、国民、特に若い男性から批判が多く、大統領選挙期間中に尹錫悦(ユン・ソニョル)大統領候補がFacebookに「女性家族部解体」と書いたら、男性の支持が増えたほどです。尤も、当選したら公約から取り消してしまいましたが。

 

金柄憲所長や李宇衍博士など、日本の反日左翼とは異なり、祖国を愛しているのに「売国奴」呼ばわりされるのは本当にお気の毒です。

 

▲日本で『赤い水曜日』が多く売れれば、金柄憲所長の活動資金になります。

 

元々、慰安婦問題が1年や2年といった短期間でどうにかなると思っている日本人はいないでしょう。しかし、最初の ”一里塚” は見えてきています。

 

 

  


 

 

 

2022/11/26

【韓国】「日韓併合不法論」はどこから来たのか?

最近、李宇衍(イ・ウヨン)博士が朴裕河・世宗大名誉教授の近著である『歴史と向き合う 日韓問題―対立から対話へ』〔毎日新聞出版 (2022/7/11)〕の書評のようなものを何回かに渡ってFacebookに書かれていました。この本は、毎日新聞の連載をまとめたもので、韓国語でも『역사와 마주하기』(歴史と向き合う)という同じタイトルで8月31日に出版されているので、韓国語での出版作業も同時期に進められていたのでしょう。

本来ならば、自分でこの本を読むべきですが、ここでは、11月17日付けの李宇衍博士の投稿をご紹介します。

それは、2018年の所謂 ”徴用工” 裁判の大法院判決に繋がる「日韓併合不法論」もまた、1990年代の初期に唱えられ始めたという事が書かれています。

ブログ主が様々な情報をまとめると、1987年の盧泰愚大統領候補による民主化宣言〔※盧泰愚氏は翌年大統領就任〕以降、活動しやすくなった韓国左派が、しかし、まだ監視の目が厳しい韓国国内ではなく、日本を舞台に朝鮮労働党と接触し、それを朝鮮総連や社会党が仲介して、90年代には更に日韓の左派が加わって活発に工作をし始めた、というのが大雑把な流れだと思います。

その目的は、11月21日付けエントリー『【慰安婦問題】日韓離間工作』でご紹介した論文〔※有馬哲夫教授とラムザイヤー教授の共著〕によると、「北朝鮮のミサイル・核開発から目を逸らす為」との事ですが、その手段の一つ、あるいは別の目的が、「韓国の赤化・傀儡化」であり、韓国の反日を利用した「韓米同盟の弱化」であると思います。更には「日本の軍事力増強の妨害」。日本国内の ”弱い輪” である沖縄には従北勢力が堂々とやって来て反基地活動を行っていた事は前回エントリーしました。

韓国人の ”情緒” のコントロールのしかたなど、同じ民族である北朝鮮にはお手のものでしょう。

 

* * * *

〔緑字はブログ主の補足。機械翻訳に誤字・誤訳の修正以外は、多少日本語として不自然でも機械翻訳ママ。〕

IV〔※書評シリーズの「4」という意味〕、 [韓日併合不法論]、[日本-韓国、ドイツ-ユダヤ人という組み合わせ]、[日本軍事的脅威論]
第4、5章にも様々な注目すべき叙述がある。 第一に、「韓日併合不法論」が1990年代から初めて提起されたという事実だ。 韓国ではソウル大学のイ·テジン〔※李泰鎭〕教授がこれを主張する本を1995年に発刊し、日本でも戸塚悦郎弁護士がこの問題を提起した。 戸塚氏は慰安婦問題を国連に持ち込み、1996年に人権委員会が「クマラスワミ報告書」を作成、採択するのに大きく貢献したが、評者から見れば「慰安婦問題のグローバル化」の先頭走者であり、現「慰安婦性奴隷説」の創始者である。

著者の脚注を確認すると、戸塚が「韓日併合不法論」を提起したのは1993年だ。 1993年、盧泰愚(ノ·テウ)元大統領は日本メディアとのインタビューで、「慰安婦問題は日本メディアが韓国人の反日感情に火をつけたことだ」と述べた。 韓国の反日は日本が始めたことだということだ。 日本の反日左派「良心勢力」は慰安婦問題を急造して韓国に輸出し、互いに両国を行き来しながら共同活動を行い、国連、北米、欧州などの国際舞台に進出した。 「韓日併合不法論」も同様ではないか疑ってみるべきだ。

著者の紹介によると、戸塚は「韓日併合不法」を主張することで朝鮮-日本関係を植民地-宗主国関係ではなく「交戦国」関係に置き換え、それで国際法上合法行為と認められる戦時徴兵や徴用さえも不法行為と規定し賠償を要求できる根拠を提示した。 それと共に慰安婦制度を「強姦」ではなく、交戦国国民に対する「人道に反する罪」、すなわち「戦争犯罪」として治罪できる論理的前提を作った。

雲をつかむ論理だが、韓国の裁判所はこれを受け入れた。 2018年10月30日、最高裁は4人の韓国人が日本新日鐵住金を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、被告が原告に1億ウォンずつを賠償せよと判決し、韓日関係を1965年国交正常化以後、最大の危機に追い込んだ。 この時、最も重要な判決論理が「日本政府の韓半島に対する不法植民支配および侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的不法行為を前提とする強制動員」ということだ。 2021年1月8日、元慰安婦ペ·チュンヒ他11人が日本政府を相手取って起こした訴訟で、ソウル中央地裁が原告勝訴を判決する際も、「日本帝国の韓半島と韓国人に対する不法な植民地支配および侵略戦争の遂行と直結した反人道的な不法行為」という論理が適用された。

今、韓国人は植民地末期の戦時動員をドイツのユダヤ人に対する反人倫的犯罪行為と似ていると考える認識·感情を持っている。 しかし、人々は自分のどんな考えがいつからどのように出てきたのかについては普通考えてみない。 著者はこのような考え方は2000年代に現れ始め、戸塚がかつて1990年代にこのような考え方を提起したという。 今も韓国人は「ドイツは謝罪して賠償したのに、日本はなぜしないのか」と話す。 ドイツ·ベルリンに慰安婦銅像を建てる時も、ドイツ人がユダヤ人に持つ罪意識に訴え、結局成功した。 朝鮮人をユダヤ人に比べるのは歴史的事実に照らしてみると、もちろん荒唐無稽なことだが、それはすでに国民の常識と情緒になってしまった。

著者は日本を「戦犯国家」と認識し、現存する軍事的脅威と見なす雰囲気も1990年代初めに慰安婦問題が突出した後のことだと説明する。 それまでは1965年の国交正常化当時でも漠然と「文化的侵略」を憂慮する水準〔※程度?〕だったということだ。

* * * *

 

ブログ主が何度か書いているように、第三者的立場であるラムザイヤー教授の論文さえも「妄言」と言って聞き入れる余地の無い韓国人を啓蒙できるのは韓国人しかいません。従って、その作業は金柄憲所長や李宇衍博士などにお任せするしかありませんが、今後は、慰安婦の真実(歴史的事実)だけでなく、北朝鮮による工作としての側面を明るみに出していく必要があると思います。

 

  

  


 

 

 

2022/11/23

【慰安婦問題】ソウルの慰安婦像の周りでピケを張る「民衆民主党」党員は沖縄でも反基地活動をしていた

以下は『夕刊フジ』の記事です。

https://www.iza.ne.jp/article/20221122-LMQ2GF2RBJPUXGI6JCARSYA2X4/
慰安婦運動の背後に北朝鮮か 日本大使館前の少女像守る「大学生団体」は従北政党メンバー 韓国人ジャーナリストが欺瞞性を激白
11/22(火) 17:00

韓国人ジャーナリストが、慰安婦運動の欺瞞(ぎまん)性を激白した。ソウルの日本大使館前に設置されている「平和の少女像」を守る活動を行っていた「大学生団体」が、「従北」の政党メンバーだと明らかにしたのだ。朝鮮半島の赤化統一に野望を燃やす北朝鮮が日米韓の連携を崩す材料の一つとして、慰安婦運動を利用している可能性があるという。

北朝鮮はいまだに統一をあきらめていない。韓国の安全保障を支える日米との協力関係を崩すことで、自分たちの目標を達成したいと思っている。その方法の一つが慰安婦運動だ

韓国で慰安婦運動の問題点を追及するフリージャーナリスト、朴舜鍾(パク・スンジョン)氏は夕刊フジの取材に対し、北朝鮮の狙いをこう読み解いた。〔以下略

 

朴舜鍾氏は、11月16日に行われた「慰安婦問題を巡る日韓合同シンポジウム」でこの件について講演をされました。下の動画です。〔プレゼン資料(p.36~):https://i-rich.org/wp-content/uploads/2022/11/2022.11.16_Symposium.pdf

 

 

 

日韓情報(ゆんばん)少女像守り反日行動の正体(フリーランス記者パクスンジョン)

 

朴舜鍾氏のプレゼンをかいつまんで言うと以下のようになります。

彼らは、最初「反安倍反日青年学生共同行動」と名乗っていましたが、現在は「反日行動」と名乗り、慰安婦像を守るために座り込みをしています。

一見、義憤に駆られた若者が行動を起こしたように見せかけて、実は従北の「民衆民主党」の党員であり、その前身は「自主統一と民主主義のためのコリア連帯」と言って、2016年に国歌保安法上の利敵団体と認定されました。〔夕刊フジの記事には「自由統一と~」と書かれていますが、「自主統一と~」が正しい。

共同代表のチェ・ドクウォン氏は、1992年に「朝鮮労働党中部地域党事件」で逮捕・投獄され、1999年に大統領特別赦免で釈放された人物です。

  

調べたら、民衆民主党は沖縄にも反基地活動のために来ていました。〔民衆民主党のサイト:http://pdp21.kr/?cat=279

下の画像は、サイトを機械翻訳してキャプチャしたものです。

 

20221123_pdp_in_okinawa01

手にしているプラカードには「民」と漢字で書かれたロゴが確認できます。

 

20221123_pdp_in_okinawa02

 

彼らの目的は北朝鮮のために日米韓の三角同盟を壊す事にあるのは間違いないでしょう。

 

  


 

 

 

2022/11/22

【慰安婦問題】日韓離間工作

前回のエントリーで、「動機となるものは何が先かは分かりませんが、〔大韓航空機爆破事件で〕拉致問題がクローズアップされたことで、北やそのシンパによる日韓離間工作の激しさが増したのではないか思います。」と書きました。

この意味は、「慰安婦問題は日韓離間工作の手段であり、その動機は拉致問題だけではない」という事なのですが、有馬哲夫教授やラムザイヤー教授は、『Comfort Women: The North Korean Connection』(『慰安婦問題と北朝鮮コネクション』August 8, 2022)という論文を書き、慰安婦問題を「北朝鮮のミサイル・核開発から目を逸らす為」の手段と論じていますが、いずれにしても、目的は、日本と韓国が北朝鮮を共通の敵として結束するのを妨害するためです。

このエントリーでは、これに関連した『Japan Forward』の2つの記事をご紹介します。

  1. 慰安婦問題と北朝鮮コネクション〔2022/10/26、有馬哲夫〕
  2. 「偽りの歴史」を暴く〔2022/11/21、Japan Forward編集部〕

 

1は前述の論文を要約した物で、動機はともあれ、「慰安婦問題は、基本的に北朝鮮の日韓離間プロパガンダ工作」と結論づけています。2は更にそれを総括したような内容です。是非、ご一読下さい。

1で言及されている朴斗鎮(パク・トゥジン)先生の考察は、下記のエントリーにまとめてあります。

 

 

  


 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win10 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】IR 【国内政治】外国人労働者 【国内政治】一般 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(ハンセン病問題) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 沖縄(首里城火災) 【国内】あいちトリエンナーレ 【国内】教科書問題 【国内】東京オリンピック 【国内】その他国内問題 【歴史戦】一般 【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海・北方領土 国連の実態 【国際】『韓国「反日主義」の起源』読書メモ 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】慰安婦問題(挺対協・正義連) 【国際】朝鮮人日本兵 【国際】韓国・反日種族主義 【国際】韓国・輸出管理 【国際】韓国一般 【国際】韓国一般(歴史問題) 【国際】韓国一般(現代) 【国際】韓国(金正恩のリムジン密輸) 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 武漢肺炎・新型コロナウイルス 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】熱海土石流 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ