最新情報

  • 2019/06/14
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


┗ 【分野別】洋食・中華

2017/08/12

【ドールハウス工作】 No.352 ミニチュアフード:焼きソーセージ、ビール、フルーツ、他

今回ご紹介するミニチュアは以前作ったものばかりですが、友人にプレゼントするために組み合わせてみたので、記録として記事にしておきます。

こんなの↓。(画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。) 

 

Miniature_dining_tabe_and_chair01

 

下に敷いている黒い台のようなものは100均のコレクションケース(キューブ型)の土台部分です。

焼きソーセージとザウアークラウト、茹でジャガイモの付け合わせ、野菜サラダ、パン、果物の盛り合わせ(ブドウ、洋梨、オレンジ)、それとビールです。

 

テーブルは、 こちらの記事(No.291)で材料や作り方等をご紹介しています。また、基本的な椅子の作り方はNo.132で解説しています。

 

テーブルの上のミニチュアフードは過去にご紹介したものばかりですが、簡単に説明すると...

 

食器類(ビールグラスや皿、サラダボウル、ナイフとフォーク)は安価な市販品です。

包丁はアルミテープを三つ折りにしたもので刃を作り、粘土で柄を作りました。

ビールはレジンで、食べ物は樹脂粘土(メインにダイソーのものを使い、質感を変えるためにもうモデナやモデナソフトも混ぜています。)です。

食べ物は基本的にはカラー粘土を混ぜてベースとなる色を付けますが、ソーセージやパンの焼き色とか洋梨の点々とかは上から絵具で色を付けています。
 
ブドウの枝は細い銅線を縒って、木工用ボンドに茶色っぽい絵の具を混ぜたものを塗って肉付けし、粘土で作った粒を付けています。

パンは小麦粉ベースの粘土(パン粘土)に少しベーキングパウダーを練り込んでオーブントースターで焼いています。(こうすると、中に気泡ができて本物っぽくなります。) 焼き色はアクリル絵具でつけ、数切れカットし、カット面を見せるようにしています。

 

 

 

 


2016/12/20

【ドールハウス工作】 No.307 ミニチュアフードをフォトフレームに飾る【100均フォトフレーム】

最近作ったミニチュアフードや作り置きしてあったミニチュアを使って、こんな風にフレームに仕立ててみました。

 

Miniature_food_frame01

 

このフォトフレームは100円ショップ・セリアで見つけたもので、サイズは11cm角。

フレームの材質は塩化ビニル樹脂だそうですが、赤は色合いがシックでいい色だと思ったので使ってみました。100均フォトフレームには珍しく、ガラスが使われていました。

 

 

 

別の角度からもう一枚。

 

Miniature_food_frame02

 

フォトフレームの処理

ガラスや裏に付いている留め具などを取り除きます。

裏板(MDF素材)と同じ厚さにカットした白ボール紙にチェックの布を貼ったものを裏板に貼り、それをフレームに貼り付けました。

ここでは布を貼りましたが、台紙に英字新聞や紙ナプキンを使ってデコパージュしたり、台紙の代わりにコルクシートを貼ったりして、様々なアレンジが考えられます。

フレームの上部に飾ったクリスマス風の飾りについては次項でご紹介します。

 

ミニチュアの作り方

ここで使ったミニチュアフードの作り方は過去の記事でご紹介しています。

 

 

ローストチキンの皿は市販の磁器製のもの、それ以外は2mm厚バルサで作っています。皿のショップはこちら(No.300)の記事でご紹介しています。

 

フレームに飾ったクリスマス飾りで、もみの木のような植物はプリザーブドのグリーンでタチカズラというものです。

短くカットしてフレームに直接ボンドで貼り付けています。

オーナメントは下記を参照して下さい。

 

 

 


 

2016/11/23

【ドールハウス工作】 No.303 朝食のミニチュア/ベーコンエッグ/樹脂粘土「レジックス」

朝食シリーズで作ったベーコンエッグです。

Miniature_bacon_and_egg01

ミニチュアフードは他の回と同様、基本的には本の通りなのであまり詳しくは説明できませんが、ベーコンは本の通り、レジックスという粘土を使用してみました。

この粘土はデンプンを主原料とした樹脂粘土で、モデナやグレイスと同様、硬化前の色は白ですが硬化すると半透明になります。硬化後はモデナのように黄色味がかることはありません。

今回、この粘土を使ってみたのは、硬化後に弾力性が強く残るという理由です。詳しくは本に説明されていますが、硬化した後でも堅いもので強く押すと焼いたベーコンのようにデコボコというか波を打ったようにできるというのですが、果たしてその通りになりました。ただ、モデナも硬化後に弾力性が残るので、モデナでも良かったのかも知れません。

 

【作り方ワンポイントメモ】

ベーコンの赤身の部分はレジックスに、ダイソー赤+黄土+白を混ぜたもので着色し、脂身の部分はレジックスをそのまま使っています。(粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。)

卵は白身に白+レジックス、黄身は白+黄+黄土で作っています。

黄身の上には木工用ボンドに白のアクリル絵具を加えたものを塗って、加熱後の膜を表し、白身の周囲は針でギザギザを付けたあと、アクリル絵具で焦げを表現しています。

ジャガイモはNo.300で説明したものをカットしてアクリル絵具で焼き色をつけました。

 

【参考図書】

ミニチュアフードは下の図書を参考にしましたが、手持ちの材料(粘土等)を使っているため、作り方など、少しアレンジしています。粘土の着色は絵具ではなく、ダイソーの樹脂粘土を使っているのはこれまでの通りです。

 

【使用したミニチュア食器】

 

磁器製で5枚入りですがかなり安価なものです。

最近のミニチュアフードの作品ではだいたい同じショップで購入した食器を使っているのですが、リーズナブルな値段な上に送料も無料です。

但し、海外からの発送なので場合によっては20日以上かかります。梱包が簡素なので一度、商品が割れていたことがありましたが、対応はきちんとしていました。

 

 


2016/11/20

【ドールハウス工作】 No.302 ミニチュアフード/ローストチキン

久しぶりにカネゴン登場。

Miniature_roast_chicken01

 

カネゴンがまたお友だちを見つけたのかな?

 

 

Miniature_roast_chicken02

 

( ゚д゚) えっ...

 

 

Miniature_roast_chicken03

 

ああ、ビックリした!

 

て、冗談はさておき、ローストチキンのミニチュアを作ってみました。通販のカタログのクリスマス特集を見て作ってみたくなったからです。

お皿は市販品で直径は約3.5cmです。(お皿についてはNo.299をご参照下さい。)

 

【作り方ワンポイントメモ】

チキンは白+黄土の粘土で胴、もも、手羽の部分を作って組み立て、表面をステンシルブラシで叩いて凹凸をつけます。(粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。ステンシルブラシの使い方はNo.295で説明しています。)

トマトは赤の粘土に少量の黄土を混ぜ、モデナを加えて透明感を加えました。

ヘタは緑+黄土+モデナの粘土を下のようなレザークラフト用の星型シェイプパンチ(小)で抜いて作りました。

ニスに関しては、ローストチキンは照りを出すために全体につや出しニス、トマトは赤い部分にのみツヤ出しニスを塗っています。

チコリ風の葉っぱはアイスランドモス(=アイランドモス/ジオラマ素材ならライケンという呼び名)を使っています。フラワーアレンジメントに使うプリザーブドのものなので緑色ですが、時間が経つと色が抜けるかと思い、緑の絵の具で着色しています。

なお、鳥(カラス?)のミニチュアは100円ショップ・セリアで購入したものです。

 

 

 


2016/11/02

【ドールハウス工作】 No.300 焼きソーセージ、ビールのミニチュア(Miniature Bratwurst, Sauerkraut Kartoffeln u. Bier)

この記事(No.300)まではカテゴリ「なんちゃってドールハウス1」、No.301以降は「なんちゃってドールハウス2」に分類しています。

 

ミニチュアフードは材料(食材)を作るところまでが面倒ですが、完成させるのは器に盛るだけなので簡単です。

で、今回は朝食を離れてドイツっぽいものをと、焼きソーセージ、ザウアークラウト、そして茹でジャガイモのミニチュアを作ってみました。(朝食ではありませんが、この記事はカテゴリー『朝食』に分類しています。)

こんなの↓。

Miniature_bratwurst_d

もちろんビールは欠かせません。

更に画像を数枚...

 

メインの皿。

Miniature_bratwurst01  

サラダ。

Miniature_bratwurst02  

ビールには、以前100円ショップ・セリアのUVレジン「クリアイエロー」を使いましたが、今回は「イエローアンバー」(琥珀色)を使いました。こちらの方がビールらしい色です。泡の部分は同じくセリアのレジン「ホワイト」。(詳しくはこちらの記事『【ドールハウス工作】 No.281 生ビールのミニチュア』をご参照下さい。)

個々の食材は後述のドールハウス教本も参考にしましたが、この本にはソーセージの作り方は載っていません。

そこで、ちょっと作り方を考えて、セリアの「きかるねんど」(木粉粘土)という粘土を使って作ってみました。

これは単独で使うと素焼きの陶器のような風合いでピンクがかった薄茶色になるのですが、これにモデナ、ダイソー樹脂粘土の赤ほをんの少量加えて、更にダイソーで買った砂絵の砂(茶色)を加えてみました。砂絵セットは確か、玩具コーナーで見つけました。

(粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。)

Miniature_bratwurst03

 

 

パン(ゼンメル/小型の白パン)はパンのミニチュアを作ったときの余りです。

マスタード(辛子)はモデナペースト(No.280参照)に黄土色のアクリル絵具、砂絵の砂(茶)を混ぜたものですが、モデナペーストの代わりに木工用ボンドでもいいかと思います。おねんどおねえさん(前回記事参照)もクリームなどはボンドで作っています。ただ、木工用ボンドの方が硬化すると透明に近くなるので、絵具の色は濃く出るかと思います。

ザウアークラウトは白+黄土の粘土を薄くのばした後、カットしたときに縮れた雰囲気になるよう波打ったような折り目を付けて、硬化してからハサミで細く切りました。

茹でジャガイモはモデナ+白+黄+黄土で。火が通った状態の透明感を表すのにモデナを使っています。

上から振りかけたパセリのみじん切りはジオラマ用のパウダーを使いましたが、フラワーアレンジメント用のグリーンモス(水苔に着色したようなもの。ダイソーにも売っています。)を細かくしてもいいのではないかと思います。

【参考図書】

 

【食器類】

食器類は市販のものです。

左からメインの皿、サラダの皿、パンの皿。パンの皿はプラスチックで、それ以外は磁器です。

カトラリーはナイフ・フォーク・スプーンが各4本ずつ入ったもの。ビールグラスは右のプラスチック製の食器セットに入っていたもの。このセットはものによっては1/12スケールよりは大きい気がしますが、色々なものが入っていて面白いと思います。

バリ(金型の合わせ目などにできる出っ張り)があるのですが、まあ、安いので。リューター(No.196参照)で削って修正しました。白の砥石辺りを使えば、ピンポイントで削れます。

 

ミニチュア工作の記事は今まで大分類『なんちゃってドールハウス』カテゴリに属していましたが、記事数が多くなりすぎたので、2つに分けることにします。

No.1~300までのミニチュア工作記事は『なんちゃってドールハウス1』、No.301以降の記事は『なんちゃってドールハウス2』カテゴリに分類します。

 

 


2016/10/24

【ドールハウス工作】 No.299 朝食のミニチュア/キッシュ/100均のディスプレイケースに飾る

前回の記事でテーブルの上に載っている朝食です。

Miniature_quiche_morning_set_e

下はメインの皿のクローズアップ。

Miniature_quiche

キッシュ、シーザーサラダ(レタス、トマト、パプリカ、ブロッコリー、ゆで卵におろしたチーズをトッピングしたもの)、それとニンジンのマリネです。

ミニチュアフードは下の図書を参考にしましたが、手持ちの材料(粘土等)を使っているため、作り方など、少しアレンジしています。粘土の着色は絵具ではなく、ダイソーの樹脂粘土を使っているのはこれまでの通りです。

 

ミニチュアフードの作り方に関してはほぼ本の説明の通りなので、詳しい説明はできませんが、参考になることをいくつか...

キッシュの皮(?というのかな)は、濃縮のドリンクの素みたいなものが入っていた容器(コーヒー用のミルクのポーションよりやや大きなもの)を型に使っています。予め、皮の高さに合わせて浅くなるようカットしておくと使いやすいと思います。

これは応用すればタルトにも使えます。(下は3年くらい前の画像を転載したもの。)

Strawberry_tart_m

(お皿はアクセサリーパーツの「ミール皿」と呼ばれるものを、丸カン部分をカットしたもの)

卵は黄身の部分はマットな雰囲気を出すために軽量粘土+黄+黄土で色づけしたものを使い、白身はつるんとさせたかったのでモデナ+白を使いました。(粘土の表記についてはNo.268の記事、粘土の種類についてはNo.269の記事をお読み下さい。)

コーヒーとオレンジジュースはデコソースをそのまま使いました。デコソースに関してはこちらの記事(No.293)にてご紹介しています。

 

今回、プレゼント用に数セット作ろうと思っていて、見栄えを良くしようと、食器類はコップを除いて市販のものを利用しました。下はここで使用しているミニチュア食器の一覧です。

大皿は磁器で直径3.4cm。カップはプラスチック製、カトラリーはステンレス製でどれも安価なものです。オレンジジュースの入ったコップの材料はこちらの記事(No.222)でご紹介しています。キッシュが載っているカッティングボードは2mm厚バルサで作りました。

 

ミニチュアフードが載っている台はバルサで作ったもので、天板(2mm厚バルサ)のサイズは7cm×7cm四方。それ以外は3mm厚バルサで2cmの幅なので、高さは2.2cmということになります。

これは友人にプレゼントするのにダイソーで買ったディスプレイケース(商品名はコレクションボックス ミニキューブ←後述)に飾って貰えるよう作ったものです。

 

 

■ダイソーのディスプレイケース(コレクションボックス・ミニキューブ)

下はカバーを付けたところ。

Miniature_morning_set_base02

下はサイズです。

Miniature_morning_set_base03_size

 

ミニチュアフードはもう少し続きます。

 

 


その他のカテゴリー

同窓会・同窓生便り 我が町 【cocolog】 cocologの楽しみ方 【cocolog】 新システム対応 【cocolog】FC2拍手ボタンを記事に貼る方法 【cocolog】Request URI too Largeエラー 【cocolog】webページの活用 【cocolog】アクセス解析・SEO 【cocolog】カテゴリの管理 【cocolog】ココログにfaviconを設置する方法 【cocolog】マイフォトの活用 【cocolog】今更きけないココログ 【cocolog】画像の管理 【cocolog】知っていると便利なHTMLテクニック 【IT】 パソコン・インターネット一般 【IT】win8/win8.1 【IT】 Excel条件付き書式 【IT】 Excel/Word一般 【IT】Excel/Wordでお絵かき 【IT】Excel/Wordで画像の背景を透過させる 【IT】@niftyマイキャビ 【IT】フリーソフト 【IT】CANONプリンタ MG7130 なんちゃってドールハウス1 なんちゃってドールハウス2 ┗ 【HowTo】塗料・塗装道具 ┗【HowTo】クリヤーボンドの希釈 ┗【HowTo】クリヤー系ボンドの違い ┗【HowTo】ボンド水 ┗ 【HowTo】テーブルの作り方 ┗ 【HowTo】レンガ壁の作り方 ┗ 【HowTo】椅子の作り方 ┗ 【HowTo】畳の作り方 ┗【HowTo】100均フォトフレームで壁掛けドールハウスを作る ┗【HowTo】100均フォトフレームで飾り台を作る ┗【HowTo】template Maker ┗【HowTo】ミニチュア製作に役立つWord/Exceのテクニック ┗【HowTo】筆の洗浄 ┗【HowTo】資材・塗料の整理 ┗ 【テーマ別】『大草原の小さな家』シリーズ ┗【テーマ別】『ローラの小さな家』を作る ┗【テーマ別】ハロウィン ┗【テーマ別】クリスマス ┗【テーマ別】クラインガルテン ┗【テーマ別】八百屋(greengrocer) ┗【テーマ別】公園のカフェ ┗【テーマ別】朝食・モーニングセット ┗【テーマ別】木骨の家/ビアハウス ┗【テーマ別】パン屋 ┗【テーマ別】田舎のパン屋(1) ┗【テーマ別】正月 ┗【テーマ別】節分 ┗【テーマ別】端午の節句 ┗【テーマ別】夏の風物詩 ┗【テーマ別】中秋の名月 ┗ 【道具】ノコギリ・カッティングガイド ┗【道具】おもちゃの機織り機 ┗【道具】デジタルスケール ┗【道具】パイプカッター ┗【道具】ピンバイス、ミニドリル ┗【道具】ヘッドルーペ ┗【道具】リューター ┗【道具】粘土工作の道具 ┗【道具】粘土用ニス ┗【道具】撮影ボックス ┗【素材】スイーツデコソース ┗【素材】スチレンペーパー、スチレンボード ┗【素材】ダイソー樹脂風粘土、その他粘土 ┗【素材】デコモール ┗【素材】ドールハウスでよく使う木材 ┗【素材】フローラルテープ ┗【素材】ミラーシート ┗【素材】モデナペースト ┗【素材】レジン ┗ 【ドールハウス関連書籍レビュー】 ┗ 【分野別】家具 ┗ 【分野別】キッチン用品 ┗ 【分野別】食器・容器 ┗ 【分野別】ソーイング・手芸 ┗ 【分野別】本・雑誌 ┗ 【分野別】 庭・ガーデン ┗ 【分野別】ガーデン小物・ファニチャー ┗ 【分野別】植木鉢・コンテナ ┗ 【分野別】植物 ┗ 【分野別】おせち料理・和食 ┗ 【分野別】洋食・中華 ┗ 【分野別】和菓子 ┗ 【分野別】洋菓子・パン ┗ 【分野別】飲み物 ┗ 【分野別】野菜・果物 ┗ 【分野別】その他食品 100円ショップで見つけたもの 【プチ工作】100均アイテムリメイク 【プチ工作】牛乳パック・日本酒パックで簡単カルトナージュ 【プチ工作】未分類 外国語の学習 【生活】大掃除・中掃除・小掃除 【生活】地デジの対策 【生活】災害/東北関東大震災関連 【生活】金融・投資・税金 【生活】豆知識・その他覚書 【野鳥観察】バードフィーダー(鳥の餌台) ガーデニングっぽい何か (´-`).。oO(ブログ主のつぶやき) 【マスコミ・メディア】 【毎日新聞】チャイナウォッチ 【国内政治】 テロ等準備罪 【国内政治】 加計学園問題 【国内政治】 加計学園問題(愛媛県文書) 【国内政治】 加計学園問題(文科省メモ) 【国内政治】森友問題 【国内政治】外国人労働者 北海道(アイヌ問題) 北海道(一般) 沖縄・裁判(その他裁判) 沖縄・裁判(孔子廟裁判) 沖縄(一般) 沖縄(基地問題) 沖縄(歴史) 【歴史戦】一般 【歴史戦】尖閣諸島・竹島・日本海 国連の実態 【国際】北朝鮮一般 【国際】北朝鮮拉致問題 【国際】徴用工問題 【国際】慰安婦問題 【国際】韓国一般 学園浸透スパイ事件とその時代 【国際】中国 【国際】台湾(一般) 【国際】台湾人日本兵戦後補償請求訴訟 【国際】その他 憲法9条・改憲 皇室制度 【政治】未分類 【社会問題】 龍田小・中のAmazon欲しい物事件 【社会問題】その他 【電力・エネルギー問題】 test temp スポーツ 住まい・インテリア 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ