最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【慰安婦問題】『反日種族主義 「慰安婦問題」最終結論』(朱益鍾 著 2024/6/12)のレビュー | トップページ | 【韓国】李氏朝鮮を代表する風俗画家の絵が盗難、所蔵していた団体は4年後の今になって盗難届 »

2024/06/17

【慰安婦問題】柳錫春(リュ・ソクチュン)元延世大教授裁判 ー 「強制連行」の証拠を提示できない検察

「慰安婦は売春の一種」発言で挺対協(挺身隊問題対策協議会、現「正義連」)や反日団体、元慰安婦などから名誉毀損で訴えられた柳錫春(リュ・ソクチュン)元延世大教授の裁判ですが、既に過去のエントリーに書いた様に、一審では部分勝訴しています。

簡単にまとめると、

  1. 「慰安婦は強制連行ではない」という趣旨で発言した部分は、慰安婦一人一人に向けた発言では無いとして無罪
  2. 「挺対協が統合進歩党や北朝鮮と連係した」と主張した部分は無罪
  3. 「挺対協が慰安婦お婆さんたちを日本軍に強制動員されたように証言するよう教育した」という趣旨の発言に対しては挺対協に対する名誉毀損が認められて有罪。罰金200万ウォン。

 

これに対し、検察が控訴しました。しかし、次回公判の目処が立ちません。

それは、上記1の「慰安婦は強制連行ではない」に対抗する強制連行の証拠を検察が提示できずにいるからです。

本来はそれで終わりのはずですが、高裁はそれに配慮して、次回の公判スケジュールを決めないという、ウルトラC(←古いかw)の対応をしたのです。

韓国社会一般には未だに強制連行の ”証拠” として通用する「河野談話」ですが、さすがに司法レベルでは、あれはあくまでも政治的な談話であり、証拠にはならない事が分かっているのです。

その意味で、ブログ主は柳錫春教授の裁判は非常に重要だと思っています。

いつ、司法と検察がギブアップするのか... 。

尤も、国民感情を恐れて、このままズルズルと公判を引き延ばすだろう事が心配ではありますが。

 

反日慰安婦団体等が論者として一番頼りにしているのは恐らく吉見義明教授ですが、その彼さえも、強制連行は否定しており、「本人の意思に反した」、「外出の自由が無かった」、「報酬が支払われなかった」等の理由で ”広義の強制性” や ”性奴隷” 論を主張しています。

前回のエントリーでご紹介した朱益鍾(チュ・イクジョン)博士は既に動画でそれらを論破していますが、今回、本にまとめた事で、柳錫春教授のような、不幸にも理不尽な訴訟を起こされる方にとって強力な味方になるでしょう。

だいたい、敵に囲まれた外地(戦地)で、軍の目に届く範囲外に女性が勝手に出歩く方が危険です。その為に、定期的な休養日には兵士がピクニックなどに連れ出してあげてたのですから。

 

参考までに、月刊正論 2023-09-29 発売号 〔令和5年(2023年)11月号〕の西岡力教授の論文、『「慰安婦の嘘」との闘い ソウル集会の意義』の一部を添付します。

2023年9月以前に書かれたものなので、その後の柳錫春教授の裁判や朴裕河教授の裁判の結果を追記しました。

 

20240617_ianfu_seiron01

 

 

  


 

 

 

« 【慰安婦問題】『反日種族主義 「慰安婦問題」最終結論』(朱益鍾 著 2024/6/12)のレビュー | トップページ | 【韓国】李氏朝鮮を代表する風俗画家の絵が盗難、所蔵していた団体は4年後の今になって盗難届 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【慰安婦問題】『反日種族主義 「慰安婦問題」最終結論』(朱益鍾 著 2024/6/12)のレビュー | トップページ | 【韓国】李氏朝鮮を代表する風俗画家の絵が盗難、所蔵していた団体は4年後の今になって盗難届 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ