最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【慰安婦問題】『慰安婦=性奴隷説反論マニュアル』 動画 | トップページ | 【花見】1936年、昌慶苑で花見を楽しむ朝鮮人と日本人【百年歴史さんの動画】 »

2024/04/09

【竹島】呼称問題:なぜ、「松島」と呼ばれていた竹島が「竹島」と呼ばれる様になったのか?/幻の島「アルゴノート島」

竹島の問題をややこしくしている原因の一つに、日本では、以前は鬱陵島(うつりょうとう/ウルルンド)を「竹島」または「磯竹島」と呼んでおり、現在の竹島を「松島」と呼んでいたのに、ある時から、鬱陵島を「松島」、現在の竹島を「竹島」と変えた事があります。

なぜ名称を入れ替えたのか?、結論から言えば、19世紀半ば頃にヨーロッパで作られた地図には鬱陵島=「松島」と記されている事が多かったので、島根県に竹島を編入する際、それに合わせたのです。

これには、「アルゴノート島( Argonaut)」という、実在しないのに、朝鮮半島と鬱陵島の間にある(とされた)島も関係します。これは、ヨーロッパ人が鬱陵島を測量した際にずれが生じた為で、2つの鬱陵島ができてしまったのです。

 

下図の左側は長久保赤水(ながくぼ せきすい)の作成した『改正日本與地路程全図』(1780年・部分)。これには「磯竹島」(鬱陵島)と「松島」(竹島)が描かれています。 

※茨城県の高萩市が地図のレプリカを販売しているようです。

 

 

 

◆1700年代末に生まれた幻の島「アルゴノート」

1787年、フランスの航海家ラ・ペルーズが 鬱陵島を「発見」、これを「ダジュレー(Dagelet)島」 と命名しました。続いて、1789年にはイギリス の探検家コルネットも鬱陵島を「発見」しましたが、彼はこの島を「アルゴノート (Argonaut)島」 と名付けました。
しかし、ラ・ペルーズとコルネットが測定した鬱陵島の経緯度にはズレがあったことから、そ の後にヨーロッパで作成された地図には鬱陵島が別の2島であるかのように記載されることと なりました。 〔cf. 外務省『竹島の認知』〕

 

 

このように、18世紀末~19世紀半ばのヨーロッパの地図では、日本海に浮かぶ鬱陵島が「ダジュレー島」と「アルゴノート島」という2つの島に ”分裂” しました。

これを日本人が知る事となるのは、1840年に、シーボルトが発行した地図によってです。彼は日本の地図も把握していたので竹島を認識していました。

 

◆1840年のシーボルトの日本地図

彼の地図では「アルゴノート島」(左)が「タカシマ」,「ダジュレー島」(右)が「マツシマ」と記載されました。 〔下図/cf. 外務省『竹島の認知』〕

 

20240409_siebold01
▲開国 明治政府による近代国家建設〔領土・主権対策企画調整室〕よりキャプチャ

 

 

これにより、それまで「竹島」や「磯竹島」と呼ばれてきた鬱陵島が「マツシマ」とも呼ばれる混乱を招きます。

1863の英国海軍の地図でも「タコシマ」(アルゴノート島)、「マツシマ」(鬱陵島=ダジュレー島)、リアンクール島(竹島)が描かれています。

 

 

上図/下の勝海舟『大日本国沿海略図』(1867)の拡大画像は国土地理院にサイトにあります。竹島は「(リ?)エンコヲルトロック」と書かれているいるようです。

 

◆1905(明治38)年、竹島の編入に際して、竹島を「竹島」と命名

以下は、島根県『竹島の「真実」と独島の《虚偽》』- 第1回『「日本の公式地図に独島は存在しない」のは当然』より引用します。

 

... 江戸時代に松島と呼ばれていた竹島が、欝陵島の呼称であった竹島と命名されたのも、理由があってのことである。それは竹島が島根県に編入される際、新島の命名を問われた隠岐島司の東文輔が、次のように具申し、それが採用されたからである。

「欝陵島ヲ竹島ト通称スルモ、其実ハ松島ニシテ、海図ニ依ルモ瞭然タル次第ニ有之候。左スレハ此新島ヲ措テ他ニ竹島ニ該当スヘキモノ無之。依テ従来誤称シタル名称ヲ転用シ、竹島ノ通称ヲ新島ニ冠セシメ候方可然ト存候」

 東文輔は、「欝陵島は江戸時代まで、竹島と通称してきたが、海図では欝陵島が松島と表記され、それが一般化している。海図に描かれた松島は欝陵島なので、新島にはこれまで欝陵島の呼称としてきた竹島を付けるべきである」と、具申したのである。東文輔が「欝陵島ヲ竹島ト通称スルモ、其実ハ松島」としたように、1894年に発行された『新撰朝鮮国全図』の松島も、一島からなる欝陵島のことだったのである。...

 

* * * *

なお、竹島編入(1905)の翌年に島根県が視察団を送り、ついでに鬱陵島を訪問して鬱島郡守の沈興澤(シム・フンテク)等と記念撮影をしています。その時に郡守は初めて日本の竹島編入を知り、道庁に報告書を上げるも、朝鮮側は何の抗議もありませんでした。

cf. 島根県『杉原通信「郷土の歴史から学ぶ竹島問題」』- 第19回鬱島郡守沈興澤と島根県調査団

 

  


 

 

 

 

« 【慰安婦問題】『慰安婦=性奴隷説反論マニュアル』 動画 | トップページ | 【花見】1936年、昌慶苑で花見を楽しむ朝鮮人と日本人【百年歴史さんの動画】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【慰安婦問題】『慰安婦=性奴隷説反論マニュアル』 動画 | トップページ | 【花見】1936年、昌慶苑で花見を楽しむ朝鮮人と日本人【百年歴史さんの動画】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ