最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【書籍】『在日・強制連行の神話』(鄭 大均著、2004/6/22) | トップページ | 【韓国語に於ける日本語】日本語語彙を「日帝残滓」と言うけれど... »

2024/02/15

【”徴用工”裁判】元挺身隊の甥の嫁でも原告になれるとは...

所謂”徴用工” ... 韓国では ”日帝強制動員被害者” と呼ばれますが、朝鮮半島出身労働者の裁判は、2018年10月に最高裁で勝訴した裁判を「一次訴訟」、この裁判の2012年の原審差し戻しで、「我も我も」と提訴した裁判はまとめて「二次訴訟」と呼ばれます。

 

20221026_pn20170825_03rvsd

 

既に一次訴訟の判例があるので、二次訴訟も次々と勝訴しているのはご存知の通りです。

今回は、原告...と言っても元挺身隊の遺族ですが、イ・ギョンジャ(이경자)という女性を取りあげてみたいと思います。

この人は2023年12月28日に勝訴が確定しましたが、日本企業の払う賠償金で無いと受け取らないと主張しています。

 

20240213_teishintai02

 

挺身隊の裁判については、@ETakaquさんという方が詳しく調べて「X」で発信して下さっていますが、これを非「X」ユーザーともシェアしたいと思い、エントリーにしました。

 

* * * *

イ・ギョンジャ氏の義理の叔母は崔貞禮(さい ていれい/チェ・ジョンレ/日本名:山本貞禮)さんと言い、金香南(キム・ヒャンナム)さんや金淳禮(キム・スンネ)さんと共に、1944年12月7日、17歳という若さで東南海地震でお亡くなりになりました。この時、同じ三菱重工名古屋航空機製作所で挺身隊として働いていた梁錦徳(ヤン・クムドク)氏や李東連(イ・ドンリョン/2020年5月、90歳で死去)氏等は助かり、後に日本で裁判を起こします。

故人〔※李東連氏〕は日本の支援団体(「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」)、太平洋戦争犠牲者光州遺族会(会長イ·グムジュ)の助けにより1999年3月1日日本政府と三菱重工業を相手に名古屋地方裁判所に訴訟を提起したが、2008年11月11日10年間の法廷闘争の末に日本最高裁判所で敗訴した。 〔朝鮮日報(2020.05.07):일제 근로정신대 동원 피해 이동련(90) 할머니 별세

 

 

 

右側の動画によると、日本のテレビ局が36年前(1988年放送との事)にイ・ギョンジャ氏を取材していますが、1回目と異なり、2回目の取材ではあまり話したくない様子です。

と言うのは、日本の取材を受けた事をKBS(韓国放送公社/日本のNHKのようなテレビ局)が放送したところ、親族から「嫁のくせに...」と怒られたからだそうです。

イ・ギョンジャ氏の夫は崔貞禮さんの姉の息子で、下の動画にも声だけ登場します。

  

 

  

順禮さんは、妹が挺身隊として日本に行く事を両親が反対していた話などをした後、ふと、「こうして取材されると、何か良い事でもあるんでしょうか?」と言い、息子(貞禮さんの甥)が「もう過ぎた事だから...」と口を挟みます。すると、「黙っていなさい。補償でも出るんでしょうか? 日本に対する望みはありません。できれば妹の慰霊碑でも...」と言います。

この時、イ・ギョンジャ氏が横でこのやり取りを聞いていたのかどうかは分かりませんが、何となく、日本のテレビ局の取材が「裁判」の火を点けてしまったように思えます。

と言うのは、後述しますが、ナレーションでは「(挺身隊被害者?の)6人」と言っており、「名古屋三菱・朝鮮女子 勤労挺身隊訴訟を支援する会」のサイトには5名分の本人調書しかなく、崔順禮さんゆかりの人は裁判に参加していない様子だからです。

 

日本のテレビ局は更に貞禮さんの兄の家も訪ねます。応対したのは兄の奥さんです。

  

  

義理の妹の貞禮が亡くなった昭和19年当時、自分の意思で日本に渡った主人と広島にいました。

細かい事ですが、この言い方は、夫が先に日本に来ていて、後から妻を呼び寄せたようなニュアンスを感じます。

貞禮さんが日本に来たがったのも、広島にいる兄夫婦は朝鮮にいるよりは稼いでいたとか、順調な生活を送っていたからではないでしょうか。

動画で奥さんは、「実家から義理の妹が亡くなったという知らせがあったので、見に行ってくれと言われて名古屋に行ったところ、全ては終わった後で、遺骨(但し、遺髪のみ)は実家に送った後だった」という趣旨の事を言います。

妹を日本に行かせた日本人校長の事も話しますが、特に批判はしていません。

あの子はあまりにも頭が良すぎたので、校長先生も日本行きを勧めたのでしょう。結局、その頭の良さが悲劇を生んでしまったのです。

更に、「日本の人達は私達に良くしてくれました。...」と、日本に好印象を抱いていた様子。

 

20240213_teishintai01

  

長女の順禮さんも、兄夫婦も特に当時のことを恨んでいない様子。

貞禮さんの身内が存命中なら、挺身隊訴訟に参加しなかった理由が何となく分かります。

 

* * * *

「名古屋三菱・朝鮮女子 勤労挺身隊訴訟を支援する会」のサイトには2003年(平成15年)5名の本人調書〔※PDF〕があります。崔貞禮さん関連の原告はいません。

https://teishintaisienkai.com/newpage2.html

  • 金中坤さん〔地震で亡くなった金淳禮(キム・スンネ)さんの兄〕
  • 朴海玉さん〔(パク・ヘオク)本人/2022年2月16日、91歳で死去〕
  • 金惠玉さん〔金恵玉(キム・ヘオク)本人/2009年7月25日、78歳で死去〕
  • 梁錦徳さん〔(ヤン・クムドク)本人〕
  • 李東連さん〔(イ・ドンリョン)本人/2020年5月、90歳で死去

 

この内、存命中の梁錦徳(ヤン・クムドク)氏は財団による弁済を拒絶しています。また、元挺身隊という人の中には本人かどうか怪しい人がいることをe_takaquさんは指摘していらっしゃいます。

これらの調書は一読の価値がありますが、取り敢えず、ここで一旦終了します。

 

 

  


 

 

 

 

« 【書籍】『在日・強制連行の神話』(鄭 大均著、2004/6/22) | トップページ | 【韓国語に於ける日本語】日本語語彙を「日帝残滓」と言うけれど... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】『在日・強制連行の神話』(鄭 大均著、2004/6/22) | トップページ | 【韓国語に於ける日本語】日本語語彙を「日帝残滓」と言うけれど... »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ