最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【竹島】1908年の韓国人(大韓帝国)の地図【『百年歴史』氏のブログから】 | トップページ | 【韓国】『安倍晋三回顧録』、韓国で発売 »

2024/02/18

『日本のイメージ 韓国人の日本観』(鄭大均 著)読書メモ(2)植民地世代とハングル世代

以前のエントリー『【韓国語に於ける日本語】日本語語彙を「日帝残滓」と言うけれど...』に引き続き、『日本のイメージ 韓国人の日本観』(鄭大均 著/中公新書/ 1998/10/25)の読書メモです。

「第二章 世代の裂け目」では、「植民地世代」、「ハングル世代」と、日本統治時代の記憶や名残のある時代の世代と、それがすっかり消えた世代に分けて論じられています。

 

* * * *

※ページはKindle版故、目安としてください。〔〕内は筆者(ブログ主)による補足。

植民地世代

植民地世代に共通するのは、日本統治期に普通学校に通ったとか、日本の活動写真や漫画に夢中になったとか、日本人と喧嘩をしたというような体験で、それは当然の事ながら郷愁を伴う物である。(p.64) 〔しかし、〕解放後の彼等に期待されたのは植民地時代への郷愁を自らに禁ずるという態度である。(p.75)

この自己葛藤をオイディプス・コンプレックスに喩えるのは言論学者の崔禎鎬(延世大学教授 33年生)である。(p.75)

この世代が過去を語る時、より一般的に見て取れるのは、反帝国主義や反植民地主義という解放後のPC(ポリティカル・コレクトネス=政治的適正)に沿って植民地世代時代を語るという態度で...(p.80)

  

ハングル世代

彼等は、社会化の過程で、否定的な日本人のイメージをよく刷り込まれており、植民地世代が経験する自己葛藤や自己懐疑からは比較的自由である。(p.82)

〔著者が韓国の大学で日本語を教えていた時に女子大生が書いた作文 ... 日本人同級生と接して自分の中の「日本人観」が揺らいだという内容 ... を引用して、〕この女子大生に見て取れるのは、むしろ、規範との葛藤であるが、その種の葛藤がより劇的に経験されるのは、ハングル世代が日本を経験した時である。(p.88)

一方には、日本体験をとおして、日本の否定性を発見する者もいる。KBSの東京特派員として90年代初の日本を体験した田麗玉〔1959年生/『悲しい日本人』(原著:『日本はない』)の著者〕は...。(p.90) 懐疑主義や対抗意識は、氏のようなハングル世代のエリートには広く共有されたもので、それは自尊や自己肯定の感覚と表裏一体のものである。

〔田麗玉のような〕新しいタイプの韓国人が出現し始めたのは80年代後半以降のことであり、この時期は韓国ナショナリズムが昂揚した時期であると共に、日本においては「共生論」という名の多文化主義が台頭し始めた時期でもある。(p.93)

* * * *

 

以下にご紹介するのは、2024年1月29日付け『産経新聞』の「正論」コーナーに掲載された荒木信子氏の寄稿文です。

荒木氏はこの本(『日本のイメージ 韓国人の日本観』)と同様な手法で書かれた『韓国の「反日歴史認識」はどのように生まれたか: 終戦から朝鮮戦争までの南朝鮮・韓国紙から読みとく』(草思社、2023/3/31)の著者です。ちなみに、拉致問題の荒木和博 拓殖大学海外事情研究所教授の奥様でもあります。

この記事を引用するのは、上記「植民地世代」、特に軍政期に通じる事が書かれているからです。

 

* * * *

20240129_araki01
20240129_araki02

* * * *

 

軍政期(米軍占領下の3年間)の南朝鮮では、対日協力者のような人々は縮こまり、海外から共産主義者や独立運動家が戻り、後者は知識層でもあったので言論界も彼等が牛耳り、『反日』がポリコレとなります。これは米国の宣伝にも合致するものでした。

しかし、一方で、町には日本食の食堂など日本の痕跡がまだ多く残り、それを享受していました。また、メディアは日本で今流行っている映画を紹介したりして、南朝鮮の人々は今ではもう手の届かない日本文化を外から眺めていました。

小見出しに「過去と相似する韓国の反日」とありますが、今とよく似ていると思います。

 

ブログ主の印象ですが、荒木和博氏と信子氏とでは日韓関係に対する見方が少し違う様に思えます。

荒木和博教授はよく、「韓国人は日本の文化が好きだし、何だかんだ言って本当は日本が好きなんだ」みたいな事を仰るのですが、ブログ主はそれには異論があります。

それはあくまでも 韓国より優れている/美味しい/面白い/美しい/SNSで自慢できる、etc. ”日本文化” を消費・享受したいという欲望であり、社会全体のポリコレ統制が緩むか厳しくなるかの違いで、欲望を露わにするか隠すかの違いだと思っています。

尤も荒木教授は、慰安婦問題など個別具体的な問題に対して仰っている訳ではないのですが、どこか楽観的に聞こえます。

彼等には強固な民族主義があり、それは理屈ではない ... 慰安婦問題に見られる様に、事実は既にいくらでも提示されているのに、大部分の人はそれに目を向ける以前に、生理的・感情的な部分で拒絶している様に思えます。まぁ、これはブログ主が動画や記事のコメント欄に(まさか日本人が読んでいるとは思わずに)書く本音から感じる事で、定量的に示す事はできませんが。

従って、荒木信子先生が文章の最後を結んでいる、「『解決』できるとはとても思えない」に同感です。

ただ個々には、実証主義的な韓国人はおり、そういう方々がSNSやYouTubeなどで発信できるくらいには寛容にはなってきているのは確かです。

  

  


 

 

 

« 【竹島】1908年の韓国人(大韓帝国)の地図【『百年歴史』氏のブログから】 | トップページ | 【韓国】『安倍晋三回顧録』、韓国で発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【竹島】1908年の韓国人(大韓帝国)の地図【『百年歴史』氏のブログから】 | トップページ | 【韓国】『安倍晋三回顧録』、韓国で発売 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ