最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【朝鮮学校】三重県に「自主的財源をもって学校運営を行います」と誓約書を提出してた朝鮮学校 | トップページ | 【外務省】「日本外交文書デジタルコレクション」閲覧方法 »

2024/01/29

【乙未事変】閔妃暗殺の実行犯は...

閔妃(びんひ/ミンビ)とは李氏朝鮮26代の国王高宗の妃で、義理の父である大院君を退けて閔氏一族による政権を立て、権勢をほしいままにした人物で、日清戦争後、ロシアに擦り寄り日本を排斥しようと企んでいた所、1895年10月8日に暗殺されます。〔乙未事変(いつびじへん)〕

在朝鮮国特命全権公使であった三浦梧楼が計画を立て、実行したのは日本の大陸浪人や朝鮮の訓練隊...と言われていますが、例の如く、韓国では「日本人に殺された」としか習わないようです。

ちなみに、閔妃の生涯は美化されて、韓国では悲劇のヒロイン「明成皇后」となっています。

  

閔妃とされる写真はいくつか残っていますが、閔妃ではないという説もあり、顔は分かりません。一つ言える事は、朝鮮という国を傾けた最大の要因の一つが閔妃とその一族で、多方面から恨みを買っていた事は間違いありません。

ここでは、元訓練隊の大隊長だった禹範善(ウ・ボムソン、う はんぜん)という人物 ... 後に高永根(コ・ヨングン)という刺客に殺害されるのですが ... が、酒席で「往年、王妃を殺したのは自分である」と言っていたのを、小村寿太郎外務大臣が林権助公使宛に伝えているので、それをご紹介します。

 

史料は、『日本外交文書デジタルアーカイブ』ー「第36巻第1冊(明治36年/1903年)」で閲覧できますが、文書に辿り着くまでを説明するのは別のエントリーとすることにし、ここではキャプチャした外交文書のみ提示します。

 

1903年9月25日付 小村寿太郎外務大臣から林権助公使宛
『禹範善殺害ノ陰謀露顕ノ件』

20240129_binhi02

 

なお、これは『朝鮮半島の歴史: 政争と外患の六百年』(新潮選書)や『朝鮮王公族―帝国日本の準皇族』(中公新書)などの著書で知られる新城道彦教授の、『高永根による禹範善暗殺の裏面―淳妃嚴氏の密通と陞后問題―』という論文がネタ元です。

以下、該当箇所引用(P.9)

乙未事変に関与して日本に亡命していた禹範善は大阪で尹孝定(ユンヒョジョン)や兪相範(ユサンボム)とともに酒を酌み交わし、旧事を談じていた。尹孝定とは独立協会の元幹部で、1898年に安駉壽とともに高宗の譲位を図った人物である。計画が失敗に終わると安駉壽にしたがって日本に渡り、朴泳孝が神戸に作った朝日新塾30で教師をつとめるなどしていた。禹範善は朝日新塾の塾頭だったので、ふたりは同僚であった。兪相範は韓国からの留学生である。

尹孝定宅で開かれたこの酒席で禹範善は「往年王妃〔閔氏〕ヲ弑セシハ自分ナリ」と口走ってしまい、それが禍して命を縮めることとなる。これを聞いた尹孝定が「禹〔範善〕ヲ殺害シテ韓廷ニ貢献シ依テ以テ自家ノ計ヲナサン」と目論むようになったからである。禹範善の首をあげることで前科を帳消しにして一族の名誉を回復し、あわよくば韓国皇室の許しを得て無事帰国しようとしたのであろう。

* * * *

 

禹範善について若干補足します。〔この項、『祖国の英雄を「売国奴」と断罪する 哀れな韓国人』(金文学 著)を参考

禹範善が閔妃暗殺に参加した時は、朝鮮軍訓練隊の第2大隊長を務めていました。しかし、開化派の勢力が弱体し、身の危険を感じた禹範善は日本に逃れます。

禹は酒井ナカという女性と結婚し、1898年、禹長春が生まれます。1900年に一家は広島の呉に転居しますが、3年後の1903年11月に高永根に暗殺されました。長春、6歳の時です。

本書では「高永根は閔妃の寵愛を受けていた」と説明されていますが、実は、そのような忠誠心から高永根は禹範善を暗殺したのではない〔彼もまた王室から睨まれていて、禹範善暗殺を手柄にして帰国したかった〕... というのが、新城道彦教授の論文です。

禹長春は東京帝大を出て、白菜やキャベツといったアブラナ科の品種改良を行い、李承晩政権に請われて韓国に行き、後に「韓国近代農学の父」と呼ばれる様になります。

 

 

  


 

 

 

« 【朝鮮学校】三重県に「自主的財源をもって学校運営を行います」と誓約書を提出してた朝鮮学校 | トップページ | 【外務省】「日本外交文書デジタルコレクション」閲覧方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【朝鮮学校】三重県に「自主的財源をもって学校運営を行います」と誓約書を提出してた朝鮮学校 | トップページ | 【外務省】「日本外交文書デジタルコレクション」閲覧方法 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ