最新情報

  • 2023/12/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【関東大震災】(3)朝鮮人・日本人双方が被害者であり加害者【横浜寶生寺の朝鮮人慰霊碑の嘘】 | トップページ | 【光復】「光復」を巡る、韓国右派と左派の滑稽な争い »

2023/08/21

【併合時代】野口遵(のぐち したがう)

下の画像は、ある韓国人の方がX(旧Twitter)に、「これのどこが搾取なのだ...」と書いてポストしていたもので、内容は尹致昊(ユン・チホ)の1941年1月18日の日記です。(原文は英語)

 

20230821_19410118_noguchi01

本文機械翻訳: 咸鏡北道〔※現 北朝鮮の日本統治時代の行政区画〕に位置する窒素会社および合弁会社の設立者であり、日本最大の企業家の一つとして5万人以上の労働者を抱える野口氏〔野口遵/のぐち したがう〕が最近、社会福祉事業に使ってほしいと3000万円を寄付した。 そのうち500万円は日本に留学中の2万人の朝鮮学生を世話するために使われる予定だという。 この金額は日本人個人が公共の有益のために出した寄付額の中で断然最大額だ。 多数の朝鮮人が毎日新聞社で会合を開き、野口氏の寛大な厚意にどのように感謝を表現すべきかについて話し合った。

 

Shitagau Noguchi
▲野口遵(Wikipediaより表示)

  

野口遵は日本統治時代の朝鮮の歴史には欠かせない実業家の一人ですが、念の為調べた所、野口研究所のサイトに同様の内容が書かれていました。該当部分だけ引用します。

https://www.noguchi.or.jp/about_noguchi.php?lang=ja

「おれの全財産はどのぐらいあるか」。1940年(昭和15年)2月、野口が京城(現ソウル)で病に倒れたとき、側近をまくら元に呼んで調べさせた後、こう語ったという。
 「古い考えかもしれんが、報徳とか報恩ということが、おれの最終の目的だよ。そこでおれに一つの考えがある。自分は結局、化学工業で今日を成したのだから、化学方面に財産を寄付したい。それと、朝鮮で成功したから、朝鮮の奨学資金のようなものに役立てたい」
 こうして私財3000万円(現在の価値で約300億円)のうち、2500万円で化学工業を調査研究するための「財団法人野口研究所」が設立され、500万円を朝鮮総督府に寄付して「朝鮮奨学会」の原資とした。日本にも古今、富豪と呼ばれる人は数多いが、全財産を投げ出してまで社会貢献を志した例は、あまりないのではなかろうか。 〔日本経済新聞-20世紀日本の経済人61飛翔編(2000年3月6日)-より〕

 

野口遵は1944年1月15日逝去します。享年72歳でした。

寄付された500万円は朝鮮人留学生奨学金に寄付され、現在の「公益財団法人朝鮮奨学会」に続いています。

 

ちなみに、Wikipedia「野口遵」の韓国語ページはありません(笑)

 

 

  


 

 

 

« 【関東大震災】(3)朝鮮人・日本人双方が被害者であり加害者【横浜寶生寺の朝鮮人慰霊碑の嘘】 | トップページ | 【光復】「光復」を巡る、韓国右派と左派の滑稽な争い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【関東大震災】(3)朝鮮人・日本人双方が被害者であり加害者【横浜寶生寺の朝鮮人慰霊碑の嘘】 | トップページ | 【光復】「光復」を巡る、韓国右派と左派の滑稽な争い »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ