最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国】「親日画家」が描いた春香の絵なので変更します!→「コレジャナイ」 | トップページ | 【軍艦島】NHKの映像が昭和30年に撮影された事は分かったが、最終目標は元島民の名誉を回復する事 »

2023/06/20

【軍艦島】産経新聞:NHKの軍艦島映像、フィルムは戦後製

本題に入る前に...

『軍艦島の真実 朝鮮人徴用工の検証』というYouTubeチャンネルは、言われ無き誹謗中傷を受けている端島(軍艦島))の元島民の証言や、NHKが製作したDVD『緑なき島』の(おそらく捏造映像と思われる)炭鉱内作業の映像の検証などを行っていますが、昨日、産業労働研究会という会議の様子を撮影した2本の動画がupされました。

どちらも3時間を越す動画で、何となく見始めましたが、地味なタイトルとは対照的に、どうやってNHKを訴えるかという戦略会議です。

参加されている面々も豪華で、炭鉱の専門家や弁護士の他には、(以下、敬称略)櫻井よしこ、有本香、花田紀凱(はなだ かずよし/『月刊HANADA』編集長)といったジャーナリストに、原英史(元国家戦略特区WG座長)、和田政宗(参議院議員)、杉田水脈(同左)、等々 。

皆さん、NHKに突かれる穴を無くそうと、「軍艦島の真実」側の資料を厳しくチェックしたりと、大変熱い議論で、一気に見てしまいました。

この研究会は3回行うそうで、3回目は『緑なき島』が韓国のプロパガンダに与えた影響を検証するそうです。

 

この『緑なき島』の映像が何故問題なのかと言うと、服装規定の厳しかった端島ではあり得ない ”褌一丁” でヘッドランプ〔〕も無いヘルメット姿の坑夫が、これも天井の高い端島ではあり得ない、這う様な姿勢で狭い坑道を移動し、ツルハシで石炭を採掘するという坑内作業の映像が、韓国の韓国KBSや国立日帝強制動員歴史館で使われ、更に韓国の様々なメディアで ”強制徴用” のニュースでイメージ映像として使われている事です。〔※正しくはキャップランプと呼ぶそうです。

そして、韓国はこのイメージを海外にまで宣伝するので、南ドイツ新聞など、海外メディアにも影響を与え、”奴隷労働” と認識されてしまっています。

 

20201117_gunkanjima05
▲『緑なき島』のキャプチャ。

 

ここからが本題ですが、上の映像は 昭和30年(1955年)製のフィルム を使って撮影されたことが分かりました。

仮にNHKが「この部分だけ、戦時中の映像を挿入した」と言ったとしても、それは成り立ちません。(そのような言い訳を封じたと言う事)

 

* * * *


NHKの軍艦島映像、フィルムは戦後製
2023/6/19 20:42

昭和30年に長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)を取りあげたNHK番組「緑なき島」を巡り、NHK幹部が19日の自民党会合で、坑内とされる映像の撮影に使われたフィルムは放送と同じ年の30年製だったと説明したことが分かった。坑内映像は韓国のテレビ局などが、朝鮮半島出身者が戦時中に軍艦島で強制労働させられた証拠の一つとして使用している。終戦から10年後に撮影された映像だと裏付けられたことで、韓国側の主張の一端が崩れることとなる。

複数の関係者が明らかにした。19日に開かれた自民の外交部会と日本の名誉と信頼を確立するための特命委員会の合同会議に、NHKの山名啓雄専務理事が出席し、明らかにした。〔後略

* * * *

 

昭和30年(1955年)の映像と言うことは、少なくとも、朝鮮半島出身労働者がいた頃の様子ではありません。

 

20201117_gunkanjima03
▲DVD発売は2015年11月30日

 

20201117_gunkanjima04
▲『緑なき島』がNHK総合で放映されたのは昭和30年(1955年)11月17日

 

しかも、「当時(製作当時=昭和30年頃)の島の人々の暮らし豊かな様子を伝える。」と説明されています。

 

20230625_midorinakishima_s
ツイッター経由で頂いた画像

 

下の、NHK所有の別の端島のニュース映像は昭和22年(1947年)に撮影されたものですが、この時ですら、きちんと作業着を着て、ヘッドランプ付きのヘルメットを付けています。

 

20230620_hashima01

 

なぜ、昭和30年の作業員が裸で作業する必要があるのでしょう?

 

坑道の中では爆発防止の特殊なランプが使われ、採掘現場にはそれも無い為、作業員が身につけたヘッドランプが頼りだったそうです。従って、ヘッドランプを付けていない作業員を撮影するのは不可能。通常のカメラですら、フラッシュが引火する可能性がある為に防爆ライト付きカメラで無いと撮影不可だったそうです。

となると、『緑なき島』の坑内作業部分の映像は、どこか別の場所で撮影された蓋然性がかなり高くなります。

 

ちなみに、上の画像は、坑内で撮影できた証拠だとNHKは国会で主張したそうですが、『軍艦島の真実』のツイートによると、「場所はおそらく「二坑底坑道」。竪坑ケージを降りてすぐの所」だそうで、下の画像は『軍艦島の真実』サイトからキャプチャしたものですが、竪坑(たてこう)とは 地表から坑内へ垂直に設けた坑道施設の事だそうです。(要するにエレベーター)

つまり、採掘現場ではありません。

20230620_hashima02

 

問題の映像に関しては、NHKは「昭和30年以前の他の炭鉱映像を精査したが、同じ映像は無かった。(他の炭鉱の映像が紛れ込んだ物ではない。)従って、この映像は端島で撮影された物と思われる。」と国会で主張しています。

他の炭鉱映像ではない、端島で撮影された物とは到底思えない...。となると、ヤラセ映像 の蓋然性が益々高まりました。

 

オラオラ、NHK、首を洗って待ってろ!www

 

※このエントリーは『【国際】徴用工問題』カテゴリとは別に『【国際】徴用工問題(軍艦島)』カテゴリに(も)分類しています。

 

  


 

 

 

 

« 【韓国】「親日画家」が描いた春香の絵なので変更します!→「コレジャナイ」 | トップページ | 【軍艦島】NHKの映像が昭和30年に撮影された事は分かったが、最終目標は元島民の名誉を回復する事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国】「親日画家」が描いた春香の絵なので変更します!→「コレジャナイ」 | トップページ | 【軍艦島】NHKの映像が昭和30年に撮影された事は分かったが、最終目標は元島民の名誉を回復する事 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ