最新情報

  • 2023/12/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【図書】『日本人はどのように森をつくってきたのか』コンラッド タットマン(Conrad Totman)著 | トップページ | 【韓国】小学生用教科書に見る『慟哭のポプラ』 »

2023/04/24

【台湾・朝鮮】1933年(昭和8年)に朝鮮を視察した台湾人【キムチわさび動画】

1933年10月4日、台湾から3名の視察団が朝鮮に向け出発しました。『キムチわさび』の動画で紹介される記事〔下図〕はその日の『台湾新民報』に掲載されたものです。

 

20230424_19331004_taiwan

 

台湾が記録した本当の朝鮮 /대만 학자가 목격한 진짜 조선(2023/04/23)

 

オリジナルの新聞記事画像は中央研究院臺灣史研究所のサイトにありますが、その記事と、彼らが朝鮮見たものを2023年1年10日付けで『中央廣播電臺』(台湾国際放送)が韓国語で紹介しました。〔上記サイトには視察中の3人の写真もあります。

キムチわさびさんの動画は、正確に言えば、その台湾国際放送の記事を紹介するものです。〔記事後述

Wikipedia『台湾の歴史』によると、1933年当時は、日本国内で大正デモクラシーが勃興する時期に台湾でも地方自治要求が提出され、... 台湾議会設置請願運動となって展開された。しかし、これが実った時期は、日本統治時代末期の1935年であった。この1935年に地方選挙制度が施行されるようになり、台湾においても地方選挙が行われ地方議会が開かれることとなった。 という時期で、彼ら3名は所謂民族運動の活動家で、台湾の自治権を拡大するための参考に、朝鮮の実情を視察に訪れました。

 

普通なら、彼らが朝鮮で見た事、即ち、日本の朝鮮統治の実情を視聴者に伝えるだけでしょうが、キムチわさびさんの動画は、台湾人の地に足の付いた民族運動を伝えるのが目的です。

一国がそのまま併合(実際は併呑)された朝鮮と、清が日本に割譲した台湾とでは国民の感情や意識も異なるのは当然ですが、原住民が主体とは言え日本に激しく抵抗した台湾人が、その後は概して理性的に権利拡大運動を行っていたという事が朝鮮とは異なる、という趣旨です。

但し、朝鮮人でも、「今は実力を蓄える時期」という現実的な運動家もいました。そういう人々は「親日家(=売国奴)」の一言で片付けられ、歴史に埋もれてしまっているだけです。

 

以下、台湾国際放送の記事を機械翻訳でご紹介します。

 

* * * *

https://kr.rti.org.tw/radio/programMessageView/programId/28/id/3398
1933年台湾3人の朝鮮訪問
2023年1年10日

前略〕昭和8年の1933年10月、台湾の楊肇嘉(1892-1976)は、葉榮鐘(1900-1978)、葉清耀(1880-1942)とともに釜山を皮切りに大邱、京城、金剛山、元山、盛興、平壌まで計13泊14日間朝鮮の主要都市を訪れました。

日帝治世下で台湾の地方自治と文化発展を念願し、積極的に実践した楊肇嘉は1930年8月に「台湾自治連盟」を設立し、台湾と日本を行き来しながら活発に活動していました。 3年後の1933年、台湾総督府内務局長の小濱淨鑛(1886~1948)は、楊肇嘉に、自分が朝鮮の地方自治の実情を調査するために朝鮮を直接視察し、台湾でも近いうちに朝鮮で行う方法を模倣して実施することを暗示する話を伝えました。 すると、楊肇嘉は朝鮮で実施している地方自治制度が気になり、直接調査する必要性を感じ、台湾自治連盟第13回理事会議で葉清耀、葉榮鐘とともに朝鮮を直接訪問し視察することを決定します。 同年10月3日に台中を出発し、4日に基隆で客船瑞穗丸に乗って台湾を出発した3人は、10月8日に釜山を皮切りに京城を経て平壌まで朝鮮の主要都市を訪れました。

楊肇嘉をはじめとする台湾3人の朝鮮訪問の目的は明らかでした。 朝鮮の地方自治制度を他山の石とし、台湾の地方自治制度の設立と発展に役立てるものです。 楊肇嘉とともに朝鮮を訪問した葉榮鐘は、自分の日記で次のように述べています。 「台湾が朝鮮より先に植民地になったにもかかわらず、学校制度、帝国大学設立、地方自治制度、徴兵制実行など政治制度設立の側面では主に朝鮮がリードし台湾は遅い。 今回の視察の目的は、朝鮮の先進経験を研究するためだ」と。

3人は10月8日日曜日、釜山に到着しました。 慶尚南道内務部長の官邸を訪問し、慶尚南道議会議員を歴任した金章泰(キム·ジャンテ,1886-1956)と対談しました。 同じ日、釜山発の汽車に乗って大邱に行った3人は大邱の夜の街を散歩し、当時大邱が釜山よりずっと賑やかだという記録を残しました。 それとともに商業地区には日本人が多いが、朝鮮人も少なくないとして、朝鮮人の購買力がかなり高い印象を受けたと記しています。

翌日の10月10日、彼らは大邱発の夜汽車に乗って京城に向かいます。 翌朝7時に京城に到着し、午後に日刊紙『東亜日報』社長の宋鎭禹(ソン・ジンウ、1890-1945)と会います。 『東亜日報』だけでなく『京城日報』や日本の新聞『大阪朝日』や『大阪毎日』新聞の京城支局も訪問、当時の朝鮮の主要マスコミ各社を訪れ、主要人物に会いました。 12日の夕方には東亜日報社長の宋鎭禹がこの3人を連れて明月館に行き、妓生の歌や踊りを観戦したという記録もあります。 1903年に開業した明月館は宮廷料理を民間に披露した料理店であり、様々な部類の主要人物が活動していた食堂でした。 先週ご紹介した舞踊家の崔承喜(チェ・スンヒ)も当時ここの常連だったと言われています。

13日には『東亜日報』の職員の助けで朝鮮人が直接経営する京城の中央高等普通学校と京城紡織株式会社を訪れました。 翌日の14日には永登浦の方に移り、農家数戸を直接訪問して農民の実際の生活も探訪しました。 15日夕方、京城発金剛山行きの汽車に乗って北へ向かいます。 18日午前まで金剛山で登山し、九龍の滝、海金剛、金剛山の4大寺院である神渓寺などを訪れたということです。 金剛山には一度も行ったことのない私が1930年代、台湾人の陳述と記録を通じて金剛山の姿を描いてみることができて面白いです。 葉榮鐘は自分の日記で、同行した楊肇嘉が太った体格から金剛山への登山を苦しまれており、海金剛〔巨済島 海金剛(ヘグムガン):韓国名勝2号に指定されているは想像していたほどそんなに良くないなどと率直な心情を残したりもしました。

18日に汽車で金剛山を出発して到着した元山の朝鮮人市場ではとても汚くて貧しい朝鮮人たちを見て、19日には成興から京城に向かう汽車の中では朝鮮人である江原道知事の威厳を見て驚いたということです。 最後に20日に開城を発ち平壌入りした彼らは道庁に行き、財務部長や地方課長と会い、平壌所在の商工会議所の朝鮮人副会長とも対談し、妓生学校、貧民村も訪れました。

楊肇嘉、葉榮鐘、葉清耀は朝鮮の主要都市を訪れ、各地方都市の政界の要人から朝鮮の庶民の日常まで、同じ植民地であった朝鮮の側面を隅々まで視察したことが分かります。

朝鮮視察に関して楊肇嘉は次のように述べています。 朝鮮の主要人物や民間の自治団体は、地方自治を獲得するために訪れた隣国台湾の「闘士」を温かく歓迎し、自分たちは法案制定から細則を実施し、実際に各界各層に漏れなく適用する具体的な業務を学ぶことに余念がなかった。朝鮮視察を終えた楊肇嘉は、すぐに日本の東京に行き、中川健蔵(1875-1944)当時の台湾総督と小浜浄鉱内務局長に報告し、日本の首相、斎藤実(1858-1936)にも報告しました。しかし、残念ながら、日本の陸軍省は、台湾の地方自治はまだ時期尚早であるとして、すぐに許可を与えませんでした。 同年11月、楊肇嘉は台湾に戻り、「朝鮮自治制度考察報告書」を作成し、台湾の人々も参考にできるようにし、翌年5月に自分が設立した「台湾自治連盟」を日本の東京に本部を移転し、日本国内の台湾人の積極的な参加を促し、日本政府を刺激しようとしました。

当時、台湾地方自治制度の設立に情熱を注いだ両者は朝鮮だけでなく満州国、フィリピンなどの成り行きでリアルタイムで注目しました。 そんな中、彼らの朝鮮訪問が歴史的に重要な理由があります。 1930年以前、台湾の主要日刊紙『臺灣日日新報』に掲載された朝鮮関連記事は、主に「コメ輸出競争者」「抗日運動」「暴動」「暴民」などの否定的な側面が多かったです。 そのため、朝鮮を助力者とした台湾知識人の態度はかなり注目する必要があります。

朝鮮訪問を終えて翌年の1934年5月、再び日本に行った楊肇嘉は、日本に台湾同胞の数が急増しているのを発見し、東京報知新聞社大講堂で日本在住の台湾人1000人余りを集めて「台湾同郷会」の開会式を開催しました。 そして日本に留学中の台湾音楽家、江文藝、高慈美などを招待し、彼らを連れて同年8月に郷土訪問演奏会を行うことにします。 1933年秋、釜山を皮切りに京城を経て平壌まで朝鮮を巡回し、朝鮮の地方自治を視察した楊肇嘉は翌年夏、台湾の主要音楽家たちを率いて台北、台中、台南など台湾の7都市を巡回し、各都市の主要公会堂で音楽会を行いました。

参考文献

  • 葉榮鐘, 《葉榮鐘日記。 上冊》, 臺中市: 晨星發行, 2002, 65-69。
  • 楊肇嘉, 《楊肇嘉回憶錄。 二》, 臺北市 : 三民書局, 1970, 275-280。
  • 黄善美「日本による植民地時代台湾知識人に映った朝鮮」、「中国語中文学」73、2018、339-361。

 

 

  


 

 

 

« 【図書】『日本人はどのように森をつくってきたのか』コンラッド タットマン(Conrad Totman)著 | トップページ | 【韓国】小学生用教科書に見る『慟哭のポプラ』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【図書】『日本人はどのように森をつくってきたのか』コンラッド タットマン(Conrad Totman)著 | トップページ | 【韓国】小学生用教科書に見る『慟哭のポプラ』 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ