最新情報

  • 2023/12/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【”徴用工”問題】季節の風物詩「竹島の日(2月22日)→3.1節(独立運動記念日)」の反日デモに今年は徴用工裁判まで加わったw | トップページ | 【甲申事変の首謀者洪英植】(2)近代を夢見て二度死んだ洪英植 »

2023/02/24

【甲申事変の首謀者洪英植】(1)背景

売国奴高宗』の著者で『朝鮮日報』の記者であるパク・ジョンイン氏のコラム等で、洪英植〔홍영식/ホン·ヨンシク〕という人物を詳しく知ったので、ブログ主の覚え書きとして、エントリーしておこうと思います。

彼は韓国の近代郵便の父とも言える人物ですが、「郵政総局(郵征総局)」の設立の日にクーデターを起こして殺され、その為に朝鮮の郵便制度は10年遅れました。

 

20230223_koushin02

 

甲申事変の舞台、郵征総局

20230223_koushin03

▲火災で焼失する以前の郵征総局建物の全景(現在の郵征総局=逓信記念館

 

そのクーデターとは「甲申事変」ですが、本題に入る前に...。

韓国の歴史、特に併合(1910年)前の30年ほどを見ると、何度か腐敗した体制を変えようと反乱やクーデターが起きています。よく、「歴史に if はない」と言うのは、逆説的に「もし~だったら」と想像する事が多いからだと思いますが、「もし、これらの反乱が成功したら?」あるいは「どうしたら成功できただろうか?」と考え始めても、結局は「成功するはずがない」という結論に達してしまいます。

というのは、まず、王である高宗や妻の閔妃、父の大院君が腐敗や時代遅れの政策を良しとしており、抵抗する者があれば簡単に外国勢力を引き入れ、その力で反対派をねじ伏せてきたからです。いくら改革派が国を良くしようと考えても、彼らは実力的には圧倒的に無力でした。

韓国では最近、朝鮮末期や大韓帝国を再検証する書籍が出版されたり、動画で解説されており、それを観た視聴者は日本と比較して、「なぜ日本にできて朝鮮は自力で文明開化ができなかったのだろう?」と自問自答しているようですが、そもそも、封建制で地方も自立して知識階級でもある武士の層が厚かった日本と、絶対君主による中央集権制で知識を上流階級が独占していた朝鮮とでは違いがありました。また、日本は権力(ex. 江戸幕府)と権威(天皇)が分かれていたので、権力が交代するだけだったのに比べ、朝鮮では王に権威と権力が集中し、王家に対抗しうる勢力はありませんでした。読者や視聴者は一生懸命答えを見つけ出そうとしていますが、突き詰めると「国のシステムが違う」という身も蓋もない答えになります。

 

改革派のクーデターとして、日本でも有名なのは「甲申事変(政変)」(1884年12月4日)でしょう。金玉均ら開化派が起こした反乱ですが、郵政総局の開局式典で、改革派が出席していた守旧派を殺すという形で行われました。

 

20230234_koushin01

▲1884年、甲申政変の主役たち。写真左から朴泳孝(パク・ヨンホ)、徐光範(ソ・グァンボム)、徐載弼(ソ・ジェピル)、金玉均(キム・オクキュン)。年齢は甲申事変時のもの。

 

しかし、文字通り三日天下に終わり、ある者は殺され、ある者は日本公使館に逃げ込んで亡命します。この時に捕らえられたのが洪英植홍영식/ホン·ヨンシク〕で、彼は処刑された後に、更に陵地刑〔※死体を切り刻む刑〕という野蛮な刑に処せられました。

三日天下だった甲申内閣での洪英植の役職は左議政でした。No2に当たるので、現代で言えば副首相です。

間違いなく甲申事変の中心人物なのですが、すぐにこの世を去ってしまったので、この事件が語られる時に彼の名前に言及される事はほとんどありません。

 

時は流れ...現在ソウル市内に再建された「郵政総局」には彼の胸像が飾られ、功績が称えられています。

 

時代を少し遡ると、甲申事変の2年前に壬午軍乱(1882年7月23日)という軍人たちの暴動がありました。日本の支援の元、軍隊をの近代化を進めていた閔氏勢力、つまり外戚勢力に対する、これに反発をつのらせた旧軍隊の反乱で、怒りの矛先は閔妃一族と日本に向かいます。彼らは日本公使館を襲い、公使館職員などを殺害します。また、大院君を担ぎ出して一度は閔氏を追い出しますが、結局反乱を鎮圧したのは清軍で、これにより、更に朝鮮に対する清の介入が深まり、閔妃一族も復権します。こうした状況の中で甲申事変は起きたのでした。

これで分かるように、当時は清に比べて、朝鮮半島における日本の存在感や影響力は小さなものでした。日清戦争が起こる12年前の事です。

その2年後に起きた甲申事変の時も閔妃側の要請で出兵した清国軍が反乱者を掃討し、この時、日本軍150名だけで清国兵1,300名と戦わざるをえず〔Wikipediaより〕、福澤諭吉の命を受けて新聞を作るために漢城に滞在していた井上角五郎も日本公使などと共に命からがら逃げ出しています。

 

次回、パク・ジョンイン氏のコラムをご紹介ます。

 

 

  


 

 

 

« 【”徴用工”問題】季節の風物詩「竹島の日(2月22日)→3.1節(独立運動記念日)」の反日デモに今年は徴用工裁判まで加わったw | トップページ | 【甲申事変の首謀者洪英植】(2)近代を夢見て二度死んだ洪英植 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【”徴用工”問題】季節の風物詩「竹島の日(2月22日)→3.1節(独立運動記念日)」の反日デモに今年は徴用工裁判まで加わったw | トップページ | 【甲申事変の首謀者洪英植】(2)近代を夢見て二度死んだ洪英植 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ