最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【日帝強占期】仁川の「旧三菱社宅」を文化財登録へ | トップページ | 【江華島条約】江華島条約は不平等条約ではない、だと? »

2022/12/22

【安重根】映画『英雄』に対する韓国人の反応-無知と欺瞞、どちらが罪深いだろうか?

韓国で安重根を描いた映画『英雄』が公開されたそうで、『朝鮮日報』にレビューが書かれていました。記事は長くて大した内容では無いので後回しにしますが、ブログ主はこの記事の韓国語版を探して、そのコメント欄を読んでみました。

 

朝鮮日報は韓国内の政治に関しては保守的〔尤も、日本に関する記事は、他のメディアと大差ない〕なので、朝鮮日報の記事に直接コメントを書くような韓国人は比較的理性的です。

そして、そのコメント欄は、安重根が本当は英雄でも何で無い事を知っているコメントが優勢でした。

そうです。日本人の多くは、韓国人が無知だから安重根を英雄視していると思いがちですが、韓国人は安重根に関する史実を結構知っているのです。その上で、黙っているのです。

一般人がネット記事のコメント欄に書くくらいなので、学者などは史実を知っているはずです。ブログ主が以前検索したところ、安重根が伊藤博文を誤解から暗殺した事を書いている記事を見つけられました。但し、ブログ主が使ったのはGoogle、韓国人はNAVERの検索エンジンを使いますから、フィルターがかけられている可能性は多いにありますが。

 

韓国人YouTuberの『キムチわさび』氏が、この映画『英雄』を取りあげていました。

 

反日英雄に熱狂する理由/안중근은 정말 당신의 영웅인가요?

 

だいたい上に書いたような韓国人の誤解を解く内容で、伊藤博文と安重根、どちらが朝鮮人のことを考えていたか?という話です。

動画の中で紹介される史料〔伊藤が、「朝鮮は朝鮮人の物だ」と考えていた事〕は、新渡戸稲造の『偉人群像』〔昭和6年(1931年)出版〕の「第二十七章 伊藤公」からの引用で、新渡戸稲造が伊藤博文の家を訪ねて聞いた話です。

オリジナルは国会図書館のデジタルアーカイブで公開されています。〔下記URLの162-170コマ あたり。

 

しかし、前述のように、実は韓国人の多くは薄々事実を知っているのです。

「無知な事」と「嘘だと知っていて黙っている不誠実さ」、どちらが恐ろしいと思いますか?

 

ブログ主は嫌韓を広めようとこういう記事を書いている訳ではないのです。

韓国人の大多数がどういう人達なのかを知らないと、韓国で嘘と戦っている方達がどれほど困難な道を選んだのかを知ることができないと思うからです。

以前、ブログ主は金柄憲(キム・ビョンホン)所長に対して、旧日本大使館前はともかく、それ以外の慰安婦像の所でデモをするならば、人通りの多い街中(まちなか)で街宣をした方が効果的なのではないか?と意見を伝えた事があります。慰安婦像は公園等の人通りの少ない所に建っている事が多く、周囲には殆ど人はおらず、その動画の再生回数も伸びないからです。

所長からは、デモをした事が正義連に伝わる事が目的だと、その時は、ブログ主にはあまり釈然としない説明が返ってきましたが、考えて見たら、街中で慰安婦の真実を伝えたら、命が幾つあっても足りません。

旧日本大使館前で、聞く耳を持たない人達相手にカウンターデモをする事も無駄では無いかと思った事もありますが、ある意味、正義連や反日行動を守る為に大勢の警察官がいるから一番安心してデモをできる場所なのです。

 

* * * *

https://www.chosun.com/culture-life/culture_general/2022/12/09/VNIPF4R5IZBPTOUOPMALTXCBLY/
1909년 하얼빈의 총성… 안중근도 관객도 숨을 죽였다
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/12/16/2022121680075.html
1909年、ハルビンの銃声…安重根も観客も息を殺した
2022/12/18 06:26

【映画レビュー】『英雄』
伊藤博文を狙撃した英雄の実話
『国際市場で逢いましょう』のユン・ジェギュン監督、8年ぶりの復帰作

 映画が始まると、そこは1909年2月のロシアの雪深いシラカバの森。安重根(アン・ジュングン)=チョン・ソンファ=と独立軍関係者らは祖国のために戦おうと誓い、断指をする。その血を集めて「大韓独立」と太極旗に書く。「われわれのときの声が、眠る森を覚ますように/暗いこの世を覚ますはず/忘れまい、きょうを」

 映画『国際市場で逢いましょう』(2014)で観客1426万人を集めたユン・ジェギュン監督が、8年ぶりに戻ってきた。ミュージカル映画『英雄』は、合唱「あの日を記憶して」で始まる。原作は、安重根義挙100周年に合わせて2009年にLGアートセンターで初演されたミュージカル『英雄』だ。ユン監督は、1909年にハルビンで伊藤博文を撃った安重根が、狙撃を図ったときから死刑判決を受けて死を迎える瞬間までの、最後の1年間をカメラに収めた。

 歌と物語。骨格はそのままだが、外見は異なる。ミュージカルが見せることのできない近景と遠景、裏話が目の前で展開する。母親・趙瑪利亜(チョ・マリア)=ナ・ムニ=と家族を残して故郷をたった大韓帝国義兵大将安重根は、ウラジオストクで禹徳淳(ウ・ドクスン)=チョ・ジェユン=、チョ・ドソン=ペ・ジョンナム=、劉東夏(ユ・ドンハ)=イ・ヒョヌ=、マ・ジンジュ=パク・チンジュ=と共に狙撃の準備をする。明成皇后に一時仕えたことのある宮女ソルヒ(キム・ゴウン)は、正体を隠して伊藤博文に接近し、「彼が間もなくハルビンを訪れる」という秘密情報を独立軍に伝えた。闇と雪を貫いて走ってくる汽車に、標的が乗っているのだ。

 独立軍は日本の警察に追われ、同志を失っていく。追撃の場面は張り詰めた緊張感を帯びているが、ギョーザ店で歌う「腹ぺこの青春」は喜劇的な中休みのようだ。ユン・ジェギュン監督らしく、ユーモアのコードは多少子供っぽい。しかし、皆が結末を知っているこの悲劇の重みを減らしてくれる役割を果たしている。同志の葬儀を挙げる教会で安重根が「祖国は一体、われわれにとって何ですか?」と独白するときの様子は、英雄ではなく苦悩する人間を見せてくれる。

 遂にハルビン駅に汽車が到着する。28歳の青年にして3児の父である彼は、歓迎の人波から抜け出し、拳銃の狙いをつける。バン、バン、バン! 伊藤博文が倒れるところで、時間は水あめのように伸びる。だが「大韓帝国万歳!」が聞こえ、恐ろしい法廷の場面が突進してくる。安重根が伊藤博文を狙撃した理由を堂々と明かすときは「誰が罪人か」という合唱がこだまする。趙瑪利亜は息子に死に装束を送り「命乞いをせず、国のためにそのまま死になさい」と手紙を書く。断言するが、このときの母の歌に、涙をこらえることはできないだろう。

 この映画は、今年の年末唯一の韓国産ブロックバスターだ。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』と1週間違いの12月21日に公開が始まり、正面からの勝負を選択した。113年前のウラジオストクを再現するためラトビアでロケを行い、ハルビンは陜川と平昌のセットで再現した後、視覚特殊効果(VFX)で形にした。歌は大部分、ライブで収録した。ミュージカルの舞台を踏んだ俳優チョン・ソンファの歌唱力と演技力はもちろん、画面いっぱいの安重根のクローズアップと対面できる。

 『英雄』は、胸の熱くなる実在の人物の物語だ。国を失った暮らしがどういうものか、見当をつけるのは難しいが、この映画はその悲劇を間接体験させてくれる。一部の場面では心臓が早鐘を打つだろう。2014年のセウォル号事件直後、『バトル・オーシャン 海上決戦』と李舜臣(イ・スンシン)が国民的無力感に染み入ったように、梨泰院雑踏事故を経験して英雄が恋しい時期という点は、ヒットの後押しになるとみられる。ただし、一般の観客がミュージカル映画の異質さを克服できるかどうかは未知数だ。

 安重根の首に縄がかけられる最後の瞬間、観客も息が止まる。死を超越するこの場面で安重根が歌う名曲「丈夫歌」は「丈夫が世に生まれ/大きな志を抱いたのだから/死すともその志を忘れまい/天に向かって誓ってみる」と続く。映画が終わっても耳に残り、忘却から覚めさせるメロディーだ。安重根の遺体はまだ韓国に戻ってきていない。未来を変えてくれる英雄を待ちながら、肝心の、こんにち韓国をかくあらしめてくれた英雄のことは忘れていた。

朴敦圭(パク・トンギュ)記者

 

 

  


 

 

 

« 【日帝強占期】仁川の「旧三菱社宅」を文化財登録へ | トップページ | 【江華島条約】江華島条約は不平等条約ではない、だと? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日帝強占期】仁川の「旧三菱社宅」を文化財登録へ | トップページ | 【江華島条約】江華島条約は不平等条約ではない、だと? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ