最新情報

  • 2022/08/27
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国国防次官】「公式的には、レーダー照射はなかったというのが我々の立場」←ん? | トップページ | 【北朝鮮】李相哲TV:朴斗鎮×李相哲、旧統一教会と北朝鮮、三代続く深い関係【補足】 »

2022/09/03

【徴用工問題】日本で35年間稼いだ金が現在の価値で40~70億ウォン(4~7億円)

日本統治時代に日本で稼いだ現金を朝鮮に持って帰り、大金なので銀行に預けたところ、存命中に引き出すことができず、息子がなんとか引き出したいとしているが、銀行が「現金保管証」が真偽不明として支払いを渋っている、という記事がありました。

為替レートや利息、物価上昇等を勘案すると、現代の価値で100億ウォン(約10億円)というのが話題になっていますが、元金は1万2220円 で、35年間かけて貯めた金額です。

元慰安婦の文玉珠(ムン・オクチュ)氏が慰安婦として働き、3年ほどで貯めた預金額が25,245円で、いかに慰安婦が高給取りだったのかが分かりますが、彼女は「1000円もあれば大邱(テグ)に小さな家が買える」と語っていたので、1万2220円でも現在価値にして数億円といったところでしょうか。記事によると、40~70億ウォンの価値だそうですが、まあ、妥当な数字だと思います。

35年間というと、新卒で入社したサラリーマンが定年退職まで勤め上げた年数とほぼ同じです。

楽な仕事ではなかったでしょうが、日本に来た労働者がいかに大金を稼いでいたかが分かります。

これが奴隷労働?

以下、朝鮮日報の記事の機械翻訳です。

 

* * * *

多少日本語として不自然でも理解に影響が無いと思われる翻訳は機械翻訳ママ

https://www.chosun.com/national/national_general/2022/09/03/7HLA27TO3VDEJKTUC46342U74A/
할아버지가 日서 막노동으로 벌어온 돈…100억 됐는데 못 받는 사연
祖父が日本で労働して稼いだお金…100億になったのに受け取れない理由。

入力 2022.09.0313:03
キム·ギュジョン氏が保管した「100億価値」の現金保管証/聯合ニュース

1940年代、朝興(チョフン)銀行(現新韓銀行)に預けた金を3代も受け取れずにいる家族の事情が伝えられた。 この家族は現在価値100億ウォンと推定される現金保管証を所有しているが、真偽可否が確認されないという理由で支給を拒絶されたという。

3日、連合ニュースによると、慶尚北道醴泉郡(キョンサンブクド·イェチョングン)の金ギュジョン氏(79)は、父親が朝興銀行に残した巨額の金を数十年が経っても引き出せずにいる。

事情は日本による植民地時代にさかのぼる。 キム·ギュジョン氏の父親の故キム·ジュシク氏は14才だった1910年、日本に渡り肉体労働生活を始めた。 彼は1945年に解放されると、苦労しながら一銭ずつ貯めておいた日本円を持って帰国した。

キム·ジュシク氏は翌年、朝興銀行醴泉郡支店に1万2220円を預け「現金保管証」を受け取ったという。 この保管証には「1946年3月5日、朝興銀行豊川支店のパク·ジョンソン支店長が醴泉郡普門面美湖洞に住むキム·ジュシク氏の日本ウォン1万2220円を受け取って保管することを証明する」「他人が所有権を侵害することはできない」という字句が書かれている。 金氏のサインと朝興銀行の職印も証書に含まれた。

キム·ジュシク氏は、韓国戦争後、朝興(チョフン)銀行を訪れ、預けた金を引き出そうとした。 しかし、銀行は戦争で残った資料が多くなく、システムが不備だという理由で出金日を延ばしたという。 その後、朴正熙(パク·チョンヒ)政権の時は、経済開発のための外貨資金が必要で円の出金が難しく、このような国内事情で金ジュシク氏は金を返してもらえなかったという。 結局、キム·ジュシク氏は他の地域で稼いだ金を最後まで一銭も受け取れず、1969年に花瓶で亡くなった。

倉庫の中に眠っていたキム·ジュシク氏の現金保管証は1982年に発見された。 彼の息子のキム·ギュジョン氏は母親に事情を伝え聞き、父親の恨みを晴らすために乗り出した。

金ギュジョン氏は1980年代初めに訪問した朝興銀行のある国庫担当代理官に「ウリィ銀行のものが正しい」とし「100億ウォン以上を払わなければならないが、(巨額を)引き出すためには財務部の許可を受けなければならない」という話を聞いたと主張した。 20日後、キム·ギュジョン氏は金融当局に問い合わせたが、以前とは異なる回答が返ってきた。 「現金保管証の真偽を確認できない」という内容だったという。

現在、高齢になったキム·ギュジョン氏に代わって、彼の末娘A氏が乗り出している。 A氏は最近、金融監督院と06年に朝興銀行と合併した新韓銀行などに苦情を出したという。 1946年の1万2220円の現在価値は40億~70億ウォンと推定される。 為替レート、物価上昇、貨幣改革などを考慮して評価した価値だ。 これに76年間積み立てられた銀行利子まで合わせれば、返してもらう金額は100億ウォンを超えるものと推算される。

新韓銀行側は困惑しているという立場だ。 新韓銀行の関係者は同日、朝鮮ドットコムに「『現金保管証』は現在銀行で使われている様式ではなく、過去の資料にも残っている記録を見つけることができなかった」とし「真偽を確認することができず困っている」と話した。

* * * *

 

【追記】コメント欄は、銀行の不誠実さを批判するものが多く、また、そんなに稼げたはずがないというコメントもありましたが、中にはこういうコメントもありました。

キム·ジヒョン
2022.09.03 15:19:49
強制徴用されたと学んで大きくなったのに、それでは一銭も受け取れないのが正しいのではないですか。 あのお金を返せば強制徴用が嘘になってしまいませんか。 強制徴用ではなく、ただの海外就職になっちゃうんですが
共感 44
非共感 2

 

  


 

 

 

 

« 【韓国国防次官】「公式的には、レーダー照射はなかったというのが我々の立場」←ん? | トップページ | 【北朝鮮】李相哲TV:朴斗鎮×李相哲、旧統一教会と北朝鮮、三代続く深い関係【補足】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国国防次官】「公式的には、レーダー照射はなかったというのが我々の立場」←ん? | トップページ | 【北朝鮮】李相哲TV:朴斗鎮×李相哲、旧統一教会と北朝鮮、三代続く深い関係【補足】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ