最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【佐渡金山】自民党議員(佐藤正久氏、小野寺五典氏)が岸田文雄首相に忖度?【プライムニュース】 | トップページ | 【”徴用工”問題】「強制労働」は forced to workかforced laborかの違いではない »

2022/02/07

【韓国語】「座席(좌석)」と「磁石(자석)」の区別がつかない?

ハングルが劣っていると言うつもりはなく、「言葉」に興味があるブログ主には面白い話題だったので、メモしておきます。

 

金柄憲所長がSNSで、中央日報のある記事のタイトルを、「今は磁石座席も区別できない記者がいる」と、話題にしていました。

そのタイトルとは、『 "뒷자석 아기 자고있어요"…캐나다가 놀란 제네시스의 혁신』というもので、誤字を添削した上で翻訳すると、『後部座席の赤ちゃんスヤスヤ」…カナダが驚いたジェネシスの革新』と書きたかったようなのですが...

ジェネシスというのは現代(ヒュンダイ)自動車の高級車種ですが、どういう意味かと思って調べたら、この記者は「後部席」なら「뒷석」と書くべき所を「뒷석」(後部席)と書いているようです。

これが何で「磁石と座席も区別できない」になるのかと言うと、「뒷」=後(部)を取り除いて、「좌석」(jwasok)や「자석」(jasok)だけだと、前者は「座席」、後者は「磁石」の意味だからです。

発音は、日本人の私が聞くと、ほとんど区別ができないのですが、SNSの他の方のコメントを読むと、どうやら、発音が似ているから書き間違えたのではなく、韓国人の少なからずが、後部座席を「後ろのの席」だと誤解しているようです。「優先者席」(韓国では「弱者席」のように言うらしい)からの類推だとのことです。

ある方がコメントで、「カナダ人が驚く前に、韓国人がビックリだよ」と書かれていたのには笑ってしまいました。

 

時々、ハングルの同音異義語を区別するために、日本語のルビのように、「좌석(座席)」のように括弧書きで漢字を書いている記事を見かけますが、この件は同音異義語の問題ではなく、ハングルでは概念を理解しにくいので言葉が乱れていく、という問題です。

日本語では誤変換に気付かないというミスがあり、これは表音文字の韓国語(ハングル)では起こりませんが、上記のような例は日本語ではまず起こらないミスでしょう。

ただ、日本語は一つの漢字が複数の音を持つので、耳慣れない単語だと、思い込みで間違った漢字を使ったり、調べないと正しい漢字で書けないという事は良くあります。また、表示される変換候補から、正しい漢字を選べないという事もあります。地名や人名といった固有名詞では特にそうですね。

敢えて、この例と似たような現象を日本語に探すと、「○ 的を射る」と「× 的を得る」のような、誤解が定着した例かなと思います。「的を得る」がどれ程許容されているかは分からないのですが、「的を得る」“も” 正しいと主張する人はネットで見たことがあります。

ことわざ辞典の解説:「当(とう)を得(え)る」「要領を得る」などとの混同から「的を得る」とするのは誤り。「× その分析は的を得ている」「× 的を得た発言」「○ 当を得た答え」

 

 

  


 

 

 

 

« 【佐渡金山】自民党議員(佐藤正久氏、小野寺五典氏)が岸田文雄首相に忖度?【プライムニュース】 | トップページ | 【”徴用工”問題】「強制労働」は forced to workかforced laborかの違いではない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【佐渡金山】自民党議員(佐藤正久氏、小野寺五典氏)が岸田文雄首相に忖度?【プライムニュース】 | トップページ | 【”徴用工”問題】「強制労働」は forced to workかforced laborかの違いではない »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ