最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【事大主義と主体思想】韓国ではなぜ「親日=極右」なのか?【2022年2月14日プライムニュース】 | トップページ | 『韓国「反日主義」の起源』雑記9 - 朝鮮ファンタジー歴史ドラマの起源 »

2022/02/20

【慰安婦問題】尹美香夫婦による「慰安婦問題」の乗っ取り工作

2020年06月15日付けの『文春オンライン』の記事、『「お金をあげるから事務所に来なさい」慰安婦支援団体がいかに日本政府の調査を妨害したか』に、興味深い事が書かれていたのでブログにメモしておきます。

筆者の赤石晋一郎氏が、初期の頃に慰安婦問題等の日韓の問題に関わって来た臼杵敬子氏を取材したものです。

 

1990年代、韓国に於いて、慰安婦問題は2つの団体が中心となっていました。

一つは「太平洋戦争犠牲者遺族会」(以後、「遺族会」)で、もう一つは「挺対協」(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」、通称「正義連」)です。

臼杵敬子氏は、「遺族会」に寄り添って活動してきた方で、「遺族会」の共同代表の梁順任(ヤン・スニム)氏は、元朝日新聞記者、植村隆氏の義母としても知られています。

臼杵氏によると、1993年頃、尹美香(ユン・ミヒャン)氏は挺対協の幹部、夫の金三錫(キム・サンソク)氏は「遺族会」の事務局長をしていたと言うのです。但し、金三錫氏は、三か月あまりで退任し逃げだしたそうです。

 

金三錫氏がどのような人物か、記事から引用します。

金三錫氏は民族解放派とか、セクトだとかいう噂が付きまとう人物で、遺族会事務局長を辞めた後の1993年、北朝鮮の工作資金を受け取ったとして、妹とともに軍事機密漏洩などの罪で起訴、服役しています。この兄妹スパイ疑惑は再審請求により、国家保安法違反は認定されましたが、その他は無罪となりました。

 

この2つの団体の性格の違いは、「遺族会」は、元慰安婦だけでなく、太平洋戦争犠牲者の補償金を日本政府から取ることが目的。従って、日本での元慰安婦裁判は、主に「遺族会」と日本の弁護士が共同で行っていました。一方の「挺対協」は、元々はキリスト教系・フェミニズム団体で、人権問題として慰安婦問題を扱う団体です。

但し、これは表面上で、「遺族会」は、日本政府から補償金を取ってやると言って、会費をだまし取って摘発されたことがあります。謂わば、手数料商売。〔下図参照〕 「挺対協」は北朝鮮と日本の親北組織(社会党や朝鮮総連)と連携して、日韓離間工作をするための組織です。従って、挺対協は、慰安婦問題を終わらせる事を阻止する立場の団体です。

 

20110509_sankei
2011年5月9日 産経新聞:「日本から補償金」3万人騙す。韓国の団体幹部ら摘発
※2014年2月、梁順任氏は 証拠不十分で無罪

 

『文春オンライン』の記事によると、1993年春、ジュネーブの国連人権会議にこの2つの団体が参加したとあります。日本の戸塚悦朗弁護士の発案です。

この時、尹美香夫妻が、方や、挺対協の事務局長として、方や、遺族会の事務局長として、ジュネーブに来ていたのだそうです。そして、後に、元慰安婦の女性達に、「お金を上げるから事務所に来なさい」と言って、挺対協に囲い込んだ、というわけです。

サーカスには芸をする熊が必要です。尹美香夫妻は熊を全て手元に置くことが金になると考えたのでしょう。

 

* * * *

以下、記事に書かれている事柄を時系列に整理しておきます。

 

1990年6月 韓国太平洋戦争犠牲者遺族会のメンバーが、問題を訴えるために釜山からソウルまでを徒歩で500キロの大行進

  • 臼杵敬子氏、遺族会共同代表(当時)の梁順任(ヤン・スニム)氏と出会う。

1992年 戸塚悦朗弁護士等、ジュネーブ・国連人権委員会で慰安婦問題などを提起

1993年 再び、国連人権委員会で慰安婦問題などを提起

  • 尹美香夫妻がジュネーブに同行。一緒の部屋に宿泊。
  • 挺対協側は、梁順任(ヤン・スニム)氏に対し、「英語もできないのに、何しに来た」と侮辱。
  • 間もなく、金三錫氏は「遺族会」を退任。

1993年7月 日本政府、慰安婦問題への取組を本格化

  • 記事より: 在韓日本国大使館・参事官だった武藤正敏氏は、まず挺対協と交渉を始めました。挺対協は「日本政府は調査をしろ」等と訴えていたので、日本政府として元慰安婦の聞き取り調査を行いたいと打診したのです。しかし「日本は信用できない」と言って挺対協は調査を拒否した。武藤氏はその後、遺族会に話を持ち掛けました。梁氏から相談された私〔引用者註:臼杵敬子氏〕は「当然、やるべきだ」と即答しました。
  • 調査は龍山(ヨンサン)にある遺族会の事務所で、7月26日から30日までの5日間で行われ、金学順さんや金田きみ子さんを始めとする16名の元慰安婦が参加。
  • 挺対協は「日本政府の真相調査を受けるな!」とピケを張り、反対デモ。
  • 臼杵敬子氏、元慰安婦から、「『250万ウォンあげるから、日本政府の調査に協力しないと誓約書を書け』と挺対協から言われた」という話を聞く。

1993年8月 河野官房長官が「慰安婦関係調査結果発表に関する内閣官房長官談話」、いわゆる河野談話を発表

 

 

  


 

 

 

 

 

« 【事大主義と主体思想】韓国ではなぜ「親日=極右」なのか?【2022年2月14日プライムニュース】 | トップページ | 『韓国「反日主義」の起源』雑記9 - 朝鮮ファンタジー歴史ドラマの起源 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【事大主義と主体思想】韓国ではなぜ「親日=極右」なのか?【2022年2月14日プライムニュース】 | トップページ | 『韓国「反日主義」の起源』雑記9 - 朝鮮ファンタジー歴史ドラマの起源 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ