最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【寄稿/李宇衍】「慰安婦」問題と反日種族主義:2021年ソウル、二つの判決 | トップページ | 【ラムザイヤー教授の反論文】(1)ラムザイヤー論文騒動を振り返る »

2022/01/06

マーク・ラムザイヤー教授の、論文批判に対する反論『Contracting for Sex in the Pacific War: A Response to My Critics』

取り急ぎ、反論文(PDF)が見つかったのでURLを掲載します。

https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=4000145

以下に概要を機械翻訳したものもコピペします。(内容は精査していません)

* * * *

International Review of Law & Economics (IRLE) (2020)の「太平洋戦争における性の契約」において、私は日本と韓国の娼婦たちが働いていた売春宿と交わした契約の背後にある経済論理を探った。私が説明しようとした契約条件の中には、多額の初期支払いと最大限のサービス期間を結びつける方法があった。私は、これらの契約条件やその他の契約条件を、古典的な経済的ジレンマに対処するものとして解釈しようとしたのである。
この論文は、多くの批判を浴びた。しかし、私の経済分析に反論する人はほとんどいなかった。実際、ほとんどの評論家は、私の論文の焦点であり、IRLEに掲載された根拠であったにもかかわらず、契約条件に関する私の分析にさえ触れていない。
それどころか、一部の批評家は、私が実際の売春契約を調査していないことに不満を述べた。私の実際の論文の読者は、私が実際の契約のデータセットを持っていると主張したことがないことをご存じでしょう。私の知る限り、実際の契約で戦争に耐えられたものはほとんどない。私が依拠したのは、論文の中で明らかにしているように、政府文書、戦時中の回想録、新聞広告、慰安所会計士の日記の要約などからの売春契約に関する情報である。
他の批評家は、私の論文の引用の正確さ、関連性、解釈に関して、主張する誤りを長いリストにしてまとめた。以下、これらの主張に対して反論する。これらのほとんどは、まったく間違いではありません。ごく一部は間違いであるが、契約条件の分析には影響しない。
ほとんどの批評家は、慰安婦制度の不道徳性を強調しています。特に、一部の評論家は、一部の女性が騙されて慰安婦になり、慰安所売春宿の経営者に騙されたり、その他の虐待を受けたりした事実を私が無視したと主張しています。実際の拙稿を読まれた方は、これらの点について私が言及したことをご記憶だろう。
評論家の多くは、朝鮮半島で日本軍によって多数の朝鮮人女性が強制的に徴用された(銃を突きつけられたり、意に反して連行されたりした)と主張している。私のIRLE論文はこの問題を扱っていませんが、私はこの回答でそれについて述べます。この主張は誤りです。朝鮮人女性は、朝鮮半島の日本兵によってプログラム的に強制的に慰安所労働に徴用されたわけではありません。強制的に徴用されたという同時代の証拠書類はありません。1945年の終戦後、35年以上にわたっても証拠はない。1980年代後半になってようやく、一部の韓国人女性が強制徴用されたと主張し始めたのです。
重要なのは、1983年に吉田清治という日本人作家がベストセラーになった本で、彼と一群の兵士が銃剣を突きつけて韓国人女性を強姦し、性的奴隷として送り出したと主張していることだ。1996年に出された国連の有名な「朝鮮人女性の徴用に関する報告書」は、この本に依拠している。この本をきっかけに、少数の朝鮮人女性が、以前は違う証言をしていたにもかかわらず、自分は徴用されたと主張するようになったのである。吉田は生前、この本がすべて捏造であることを認めていた。吉田の捏造は、ニューヨーク・タイムズ紙をはじめ、アジアや海外で大きな注目を集めた。
慰安婦問題は、吉田の詐称から始まったのである。しかし、この驚くべき決定的な捏造については、私の評論家の多くが日本や韓国の専門家であり、間違いなく知っているにもかかわらず、誰一人として言及していないのです。

 

 

  


 

 

 

 

« 【寄稿/李宇衍】「慰安婦」問題と反日種族主義:2021年ソウル、二つの判決 | トップページ | 【ラムザイヤー教授の反論文】(1)ラムザイヤー論文騒動を振り返る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【寄稿/李宇衍】「慰安婦」問題と反日種族主義:2021年ソウル、二つの判決 | トップページ | 【ラムザイヤー教授の反論文】(1)ラムザイヤー論文騒動を振り返る »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ