最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【慰安婦問題】『帝国の慰安婦』の著者 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】李宇衍博士のワーキングペーパー:朝鮮の特殊事情 »

2022/01/21

李宇衍博士のワーキングペーパー『Ramseyer’s Paper, Criticism against it, and Counter-criticism for it』

タイトルは「ラムザイヤー論文、それに対する批判、それに対する再反論」とでも訳したらいいのでしょうか。

李宇衍博士ご自身が所属されている落星台経済研究所のサイトに、working paperを掲載されました。

公論化するための叩き台のような論文です。

PDFのURLは上手く貼れないので、そのサイトのリンクをご紹介します。

「20220120_WP2022-02.pdf」をクリックするとPDFをダウンロードすることができます。〔あるいは、ブラウザの別タブで開くことができます。

やや意訳していますが、working paperの章立ては以下の通りです。

Ⅰ.序論、Ⅱ.国内外の反日種族主義者の反応、Ⅲ.ラムザイヤー論文のポイント、Ⅳ.批判に対する反論、Ⅴ.身売り契約について&慰安婦達はどこから来たのか、Ⅵ.総括

Ⅴ章の、「慰安婦達はどこから来たのか」というのは、ラムザイヤー論文のシンポジウムに李宇衍博士が寄せたビデオメッセージでも仰っていたことで、慰安婦はどのような経緯で日本軍慰安婦になったのか、という考察をされています。

ブログ主はざっと一読しただけなので、再読してからもう少し詳しく書こうと思いますが、朝鮮の独特な事情を解説されています。

朝鮮では長らく「ノビ〔=奴婢〕の売買」、即ち人身売買が行われていた事、「身売り〔=年季奉公〕」は人身売買とは違う事、朝鮮社会では取引に於いて必ずしも紙の契約書は必要では無かった事〔〕を解説し、慰安婦の供給源には、①親による「身売り」、②既存の売春婦の慰安婦への移行の2つが一般的だったと主張されています。

※李宇衍博士もこのworking paperで書いておられますが、そもそも「契約(行為)」には必ずしも「契約書」は必要なく、お互いの同意があれば成立するものです。

また、Ⅳ章では、慰安婦契約に於いては紙の契約書があった事実も述べられていますが、これは2021年3月7日付けJBpressに、『朝鮮人業者と契約し慰安所を転々とした慰安婦の証言』と題して同様の内容で寄稿されています。

この記事には『「契約書がない」というラムザイヤー論文に対する批判への反証』というサブタイトルがつけられており、元慰安婦の女性の、(前借金の連帯保証人として)親や祖父母の押印を貰ったという証言から、「紙の契約書」はあった、とするものです。

また、彼女は、転売禁止という約束だが、自分は不器量でこの店では儲けられないから、別の店に転売して欲しいと頼んだ話もしています。つまり、彼女は「契約」という意識があったのです。

 

NEXT

 

 

  


 

 

 

 

« 【慰安婦問題】『帝国の慰安婦』の著者 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】李宇衍博士のワーキングペーパー:朝鮮の特殊事情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【慰安婦問題】『帝国の慰安婦』の著者 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】李宇衍博士のワーキングペーパー:朝鮮の特殊事情 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ