最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国】外貨準備高の内、流動性資金は6%【YTN】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】『太平洋戦争における性サービスの契約』を日本語で読む(1) »

2022/01/11

【軍艦島の真実】高島村の朝鮮人労働者の生活【『長崎附近の朝鮮村』1922. 6. 8. 東亞日報】

『軍艦島の真実』のサイトの「関連資料ライブラリー」に様々な資料があり、そこに朝鮮の新聞記事も掲示されています。

少し分かり難いのですが、ページの上部にある「書き起こし」というタブをクリックすると、掲載されているコンテスト(記事画像)を書き起こしたもの(朝鮮語記事の場合は日本語訳)も表示されます。その内の、「朝鮮人坑夫はいつから犠牲者になったのか-100年の軌跡」というトピックの扉の画像にもなっている『東亜日報』の記事の訳文をご紹介します。1922年(大正11年)6月8日付け記事です。

 

19220608_gunkanjima_toanippou

 

記事に高島村とありますが、端島(軍艦島)は現在の行政区では長崎市の高島地区という4つの島の一つで、その中で最も大きい島が高島で、ここにも高島炭鉱があったので、恐らく、ここで生活している朝鮮人の生活を紹介するものだと思われます。〔高島町観光サイト

端島に暮らしていた朝鮮人労働者の生活が窺い知れる記事です。

 

3「長崎付近の朝鮮村」(『東亜日報』1922年6月8日付)

 朝鮮人労働者を500余人も使用するという三菱炭鉱会社の現況に触れてみようと、ある日の午後、記者は長崎市の高島村に向かった。船に乗り、朝鮮の単位で約50里[1里は400m]進んだところに見えてきたのは、樹木が生い茂る島の炭鉱の煙突からもくもくと立ち上がる煙である。ここには朝鮮人が170名ほど住んでいるが、彼らは皆、社宅に入っているため住宅の問題で困ることはない。一日しっかり働けば2円の給料を受けとるが、食事は会社で準備するものを実費40銭出して食べればよいし、衣服は労働者なので大した出費にはならない。本人さえしっかりしていれば、お金を貯めることもできるので、ここに来て2、3年で500~600円を貯め、故郷に送った者もいるという。妻子を連れてきた労働者の中には、その息子たちを現在、尋常小学校に入学させているが、成績がとてもよく、特に語学の才能があって、10歳そこそこの子供なのに、流暢な日本語でお母さんの通訳する子供もいる。

高島村からもう少し先に行くと二子島という島がある。ここにも朝鮮人坑夫が200名近くいるが、生活水準は先に記した高島村と変わらない。ここからさらに朝鮮の単位で10里ほど離れたところに、総坪数が1万坪程の小さな島がある。端島という島だ。ここにも朝鮮人が180人ほど住んでいるが、昼には深さ100尋(ひろ)余り[尋は両手を左右にのばした長さ]もある石炭洞窟の中で仕事をし、夜には社宅に帰って寝る生活だ。彼らの中には社宅から離れて暮らす家庭も何軒かあり、ここではなんと朝鮮のチマ・チョゴリを来た朝鮮人婦人が食事の支度をしている。(男たちはといえば)、昼は300尺[90.9m]にもなる深い洞穴の中で危険な石炭採掘の仕事をし、夜は広大な海の寂しげな波の音を聞きながら過ごす。

 故郷を離れて暮らす彼らの胸中や如何? 炭坑で働く人に聞いてみた。他郷で暮らす歳月は耐え難いというが、われわれにとっては、なんでこんなに歳月が過ぎるのが早いのかと思う。朝鮮からやって来たのが数日前だったような気がするのに、いつの間にか6年にもなった。朝鮮もおそらくずいぶん変わったでしょう。学校もたくさんできたし、学生が多くなったでしょう? 時々故郷からくる友達の手紙をみると、本当にうれしい知らせが多い。ここでは、自分が頑張って仕事をしさえすれば、食べる心配もなく、朝鮮にいたときには、警察官による虐待が我慢できなかったのに、ここではそんなことはない。子供たちは皆、尋常小学校に送っているから日本語はうまいが、朝鮮語ができないので、家ではなるべく朝鮮語を使うようにしています。一日2円稼ぐ人は、石炭穴倉の中に入って仕事をしている人です、外で働いている人は1円20~30銭しか稼げません。

 ここに来ている人は、慶尚南北道出身者が一番多く、その次は全羅南北道出身者、その次が忠清道出身者で、京畿道出身者はほとんどいません。ここでは数百円のお金を貯めると、故郷に帰る人が多いという。生活が困難であるために来たとしても、昼のあいだ土窟の中で働き、夜のあいだ、寂しげに繰り返す波の音を聞きながら、過ぎ去った日々を思いだす彼らの顔には、一言では形容しがたい物悲しい光が宿っていた。

 

 

  


 

 

 

« 【韓国】外貨準備高の内、流動性資金は6%【YTN】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】『太平洋戦争における性サービスの契約』を日本語で読む(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国】外貨準備高の内、流動性資金は6%【YTN】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文】『太平洋戦争における性サービスの契約』を日本語で読む(1) »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ