最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 「住民投票条例」は氷山の一角。「自治基本条例」に潜む革命思想(松下圭一理論)/「こども庁」は左翼政策 | トップページ | 【新型コロナ】2020年8月に東京の一般サラリーマンの46%以上が抗体を持っていた【K防疫 vs. J防疫】 »

2021/12/14

【韓国】「朝鮮人には愛国心はなく民族的本能だけがある」

興味深いコラムを見つけたので、ご紹介します。

日本でも有名な、イザベラ・バードの(1831/10/15~1904/10/07)『朝鮮紀行』を読んだ韓国『毎日経済』のノ・ウォンミン(노원명)という韓国人記者のコラムです。

Wikipediaによると、彼女は、1878年に日本の東北や北海道を訪れ、その紀行文は『日本奥地紀行』として出版され、朝鮮を訪れたのは1894年~(3年間に4回)で、日清戦争(1894~95年)の頃の朝鮮を見ている事になります。なお、韓国では彼女の事を結婚後の姓でビショップ夫人と呼ぶのが一般的のようです。

 

* * * *

https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2021/12/1130727/

"조선인에겐 애국심은 없고 민족적 본능만 있다" [노원명 칼럼]
「朝鮮人には愛国心はなく民族的本能だけがある」 [ノ·ウォンミョンコラム]

ノ·ウォンミョン記者
入力 : 2021.12 09:19:01

19世紀イギリスの旅行家イザベラ·ビショップは1894年から1897年まで4回にわたって韓国に長期滞在した経験をもとに「朝鮮とその隣国」という有名な旅行記を残した。 本は韓国近現代史の専攻者によって隅々まで分析されており、一般人の中にも読んだ人が少なくない。 私は最近になって読んだが、旅行紀的な楽しみよりも、120年前の朝鮮人と極東の情勢に対する著者の冷静な評価が実感された。

ビショップは当時アジアで唯一「文明国」扱いを受けた日本に対して全般的に友好的だ。 それは、韓国人読者を多少不快にさせる恐れがある。 例えば次のようなところだ 「中国宗主権の陰の下で、朝鮮の両班(ヤンバン、貴族階級)たちは貴族的な生活の雰囲気で強圧と独裁の無限な機会を享受してきた。朝鮮の農民は和洋の教育を通じて自分たちが最終収奪対象というのが必然的な運命ではないという点や市民権、法の前での平等権、財産を保護できる権限を与えられたという点を少しずつ悟っている。

今、韓国で市民権、法治主義、私的財産権のような近代性の基本価値を韓国に移植した主体が日本だと主張すれば、「植民地近代化論者」というレッテルがすぐに付いてくる。 「土着倭寇」と言われるかもしれない。 私は今の自分の話ではなく、日清戦争を前後して朝鮮を4回深く観察したイギリス人の主張を伝えるのだ。

ビショップの主張は続く。 「(日清戦争後3年間)中国との従属関係が終わり、日本が勝利したことで中国の軍事力は決して崩れないという朝鮮の信頼は崩れ、政治的に腐敗した(中国と朝鮮の)二つの体制の同盟は断絶した。 両班と庶民の区分は、奴婢制度とともに、少なくとも文書上では廃止された。 野蛮な処罰と拷問も廃止され、便利な貨幣が現金に代わり、向上した教育制度が実施され、訓練された軍隊と警察が創設された。

どうだろう、帝国主義援助国出身の旅行家が、日本の帝国的野心を無視してとんでもない賞賛を並べたのか。 あるいはそうかもしれない。 しかし、日清戦争以前に朝鮮が清の属国であったこと、日清戦争後の下関講和条約によってこの従属関係が公式に終了したということは客観的事実だ。 韓国の歴史教科書は、この事実を正しく教えない。 教科書は、朝鮮の体制矛盾には目を向けず、その結果、朝鮮を実際よりも美化している

韓半島で「独立」という言葉が大衆的に使われ始めたのは、ビショップが旅行記を書いた頃だった。 1896年に独立協会が結成され,間もなく独立新聞が発刊された. 中国の使臣を迎接していた「永殷門」が現在の独立門に変わったのも1897年のことだ。 この時の独立はもちろん、中国からの独立を意味する。 本来、独立した者は独立という言葉を使う必要がない。 日清戦争以前の朝鮮は、独立した国ではなかった〕のである

※ブログ主註:江華島事件をきっかけに結ばれた日朝修好条規(江華島条約/1876年)では、第1条に「朝鮮は自主の国であり、日本と平等の権利を有する国家と認める。 」と書かれているが、日本側が「独立国」と明記するよう主張したのに対し、清国の属邦を自認する朝鮮は応じなかった。

ビショップは日清戦争後、日露が角逐する韓半島情勢に対してこのように助言している。 「朝鮮は独力で支えられず、そうした困難な状況が解決されなければ、朝鮮は日本やロシアの保護下に入らなければならない」。ご存知のように、実際にそのようになった。 ビショップの次の文章が特に私の胸を打つ。 「どのように使うか分からない独立性という贈り物を朝鮮は日本からもらった 朝鮮は数百年独立状態だったが、ある日突然、日本に侵奪されたのではなかった。 朝鮮の独立は非常に短く、それは日本が日清戦争で勝ったために与えられた贈り物だった。」 ビショップはそのように見ている。

独立という贈り物をどうすることもできず、右往左往する朝鮮の朝廷の様子を、ビショップでは次のように記述している。 「(俄館播遷で親露派が勢力を得た状況で)宮内府と王の側近は再び最も醜い方法で売官買職を始めた。 この悪習は誰も牽制しないが,最も悪辣な慣習だった. 膨大な官職を握っている王は公金を私費で流用し、自分の身辺が安全で日本の干渉もなくなると、自分の王朝の過去の弊習に復帰した。

※ブログ主註:俄館播遷(露館播遷)=李氏朝鮮の第26代王・高宗がロシア公使館に逃亡し、朝鮮王朝が主権を事実上放棄・喪失した事件。

ビショップは、朝鮮人の非衛生、無礼さに対して嫌悪感を表す時が少なくないが、基本的にその潜在力を認め、次第に嫌悪から愛情に見方が変わっていく。 しかし、彼女の観察は時には短刀のように冷酷かつ正確だ。 「朝鮮の人々には本当の意味としての愛国心はないが、強い民族的本能がある」。 近代的国民主義ではなく原始種族主義に基づいた排他的性格のことであろう。

私はこの点で、現代韓国人は果たして違うのかと考えてみる。 韓国人に種族的本能以外に愛国心というものがあったことがあるのかという疑問だ。 韓国現代の歴史教科書は、民族意識は過剰だが、大韓民国という国家の偉大性、固有性については曖昧だ。 大韓民国が朝鮮と植民地を克服した全く新しい体制、真の意味で韓半島に入った最初の国民国家という事実に背を向ける。 そのため愛国心は発現しにくく、民族にも及ばない種族主義が幅を利かせている


偏狭、慣例、自負心、気取った、労働を軽蔑する誤った偽善、利己的個人主義、寛大な公共精神と社会的信頼の破壊、2000年の慣習と伝統による精神的·肉体的奴隷根性、偏狭な知識、浅い道徳心···」ビショップは朝鮮の立ち遅れた教育制度が育てる人間型の特徴を大まかに要約した。 この120年間の奮闘を通じて、韓国人はこの中で多くの欠点を克服した。 韓国人はもはや労働を軽蔑することもなく、奴隷根性に縛られてもいない。 --ところで偏狭さはどうか。 利益の範囲が家族の枠を超えない利己的個人主義は変わったのか。 公共精神と社会的信頼は拡張されたのか

世の中の変化の速度は日増しに速くなっている。 その中でも、ゆっくり変わるものもあれば、なかなか変わらないものもある。 私は遅れて読んだビショップの『旅行記』を通じて、120年間で何が変わり、何があまり変わっていないのかを推し量ってみた。 そして、あまり変わらなかったことで、ちょっと背筋が寒くなった

[ノ·ウォンミョンオピニオン部長]

* * * *

 

この記者のように冷静に自国民を分析できる人には、現在の韓国は生きにくい社会だろうなあと思います。

ところで、一つ、ブログ主が指摘したい事があります。

朝鮮人(韓国人)が集団で「愛国心」を持った時期があった事を、この記者は忘れています。いや、知らないのかも。

それは、大東亜戦争の時です。

朝鮮人という民族の枠を越えて、日本人として戦勝報道に歓喜し、真の皇国臣民になろうとしていました。破竹の勢いで勝ち進む...少なくとも、国民がそう信じていた自国に貢献しようとして、兵役を求め、志願兵の募集に殺到しました。

 

194101_yakushin_no_nippon
朝鮮黄海道黄州郡兼二浦での奉祝風景(画報『躍進する日本』1941年1月号)

 

韓国「反日主義」の起源』を読むと、日本の勝利の暁には、もし、朝鮮人が戦争に参加していないと、肩身が狭いという気持ちもあったように思われます。また、軍人になる事は立身出世でもあったので、そうした野心も抱いたのかも知れません。

尤も、事大主義の彼らは、日本の敗戦と同時に、敗戦国民の汚名から必死に逃れようとする訳ですが...

 

 

 

  


 

 

 

 

« 「住民投票条例」は氷山の一角。「自治基本条例」に潜む革命思想(松下圭一理論)/「こども庁」は左翼政策 | トップページ | 【新型コロナ】2020年8月に東京の一般サラリーマンの46%以上が抗体を持っていた【K防疫 vs. J防疫】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「住民投票条例」は氷山の一角。「自治基本条例」に潜む革命思想(松下圭一理論)/「こども庁」は左翼政策 | トップページ | 【新型コロナ】2020年8月に東京の一般サラリーマンの46%以上が抗体を持っていた【K防疫 vs. J防疫】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ