最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【拉致問題】「拉致の可能性を排除できない行方不明者872人」という数字 | トップページ | 【韓国】Kシャインマスカット(K샤인머스캣) »

2021/12/06

【新型コロナ】日本の第5波は何故見事に収束したのか?

ブログ主は単に、「ワクチン接種が教科書通りの効果があった」のではないかと漠然と思っていました。海外、例えば、英国やイスラエルといった先進国でも、ワクチン接種が進む(=免疫を得る)事ににより、一時的には感染者数を減らす事に成功しているからです。

専門家ではないので、自分の知識でこれを説明する事はできませんが、納得できる専門家の意見があったのでご紹介します。

小野昌弘氏という英国在住の免疫学者・医師で、時々日本のテレビにもリモートで出演されるので、ご存知の方も多いかと思います。

寄稿文のタイトルは『デルタの「死滅・自壊」が第5波収束の原因ではないといえる理由』(Yahoo!/11月11日)というもので、ブログ主は知りませんでしたが、「デルタが「死滅」「自壊」して第5波が収束したという話が流布」していたそうで、それに反論するものです。

ここでは、第5波収束の原因について述べられている部分を引用します。

 

* * * *

ワクチンが効果を示すとき、重症化の抑制とともに、感染の確率も相当程度減らす。だからワクチンで免疫ができている人が相当程度増えると、人から人への感染の連鎖をあちこちで断ち切ることができる。

さらに重要なこととして、コロナに対する免疫がもっとも強力になるのは、ワクチン接種をした人がコロナに感染したその直後であることも分かっている。ワクチン接種なしで感染したときも一時的な免疫はできるが、これでは免疫の減衰が早く、治癒後にワクチン接種が必要になる。

つまり大流行を自粛で抑制にかかったタイミングでちょうどワクチン接種をようやく広く行き渡らせられたことが今回の第5波の収束を形作ったと考えられる。別の言い方でいうと、自粛で人と人との接触が制限されて流行が広がりにくくなったところで、多くの地域でワクチンあるいは感染(あるいはその両方)による免疫を持つ人がふえたおかげで免疫が盾になって人と人の感染の連鎖が切れた。これが流行の収束を後押しした可能性は高い。

* * * *

 

これを読んで、ワクチン接種状況を調べて見たのが下の図です。本当は、新規感染者数のグラフと合わせられれば良かったのですが、そういうグラフが見つからなかったので、ワクチン接種状況のグラフに書き込みました。

 

20211202_graph

 

ワクチン接種状況はこちらの『Our World in Data』のサイトから、感染者数のグラフは『Worldometer』のサイトを参照しています。比較として、他国(米・英・独)のグラフも表示しました。

6月24日はだいたい第4波と5波の中間地点で、実際に上昇傾向を見せるのは7月上旬(10日頃)からです。

ワクチン接種の開始は他国より遅れましたが、4ヵ月という比較的短期間で一気に接種が進み、人口の7割に達しましたが、英国やドイツは現時点でも7割弱(68%位)に留まっています。

ちなみに、ブログ主も第5波真っ只中の9月・10月にワクチンを接種しました。それ以前は、何度か予約を取ろうとしては最寄りの接種所では一杯だったのですが、「40~50代限定・夜8時まで・土日も可」というので予約が取れました。政府から“尻を叩かれ”ていたのだと思いますが、自治体も努力しました。

 

短期間で接種率が増えただけに、理論的には、現時点では日本人は、ほぼ一様に強い免疫力を保持しているはずです。それを証明するのは、重症患者数や死亡者数の低下です。

下は『Worldometer』の日本のページから得た感染者数(上)と死者数(下)のグラフですが、第5波は第3波や第4波に比べて死亡者数が減っています。なお、第4波の5月19日の死者数が227名と突出しているのは、神戸市が3月1日以降の人数をまとめて報告したからです。〔神戸新聞NEXT:神戸市、コロナ死者121人をまとめて発表 業務逼迫で確認進まず(5月18日)〕

 

20211208_covid19_graph01
20211208_covid19_graph02

 

それに加えて、ウィズコロナ(規制解除:10月25日頃~)が始まっても、基本的にはマスクは着用して、恐らく、習慣となった手洗いや消毒も皆続けている事でしょう。また、日本は他国と違って、土足の文化ではありません。

免疫力が高まったとは言え、発症や重症化を抑えるだけでウイルスを伝播しない訳ではないので、「他人に移さない」努力を続けているのが日本人です。

こうした、現在考えられる最上の“防疫マニュアル”に沿って(偶然の部分もありますが)実行した日本の現状を、「謎だ」と言っている方が、ブログ主には「謎」です。

 

 

  


 

 

 

 

« 【拉致問題】「拉致の可能性を排除できない行方不明者872人」という数字 | トップページ | 【韓国】Kシャインマスカット(K샤인머스캣) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【拉致問題】「拉致の可能性を排除できない行方不明者872人」という数字 | トップページ | 【韓国】Kシャインマスカット(K샤인머스캣) »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ