最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【熱海土石流】地質学者「造成で尾根が削られたことが原因」 | トップページ | 【軍艦島】産業遺産情報センターの展示にユネスコが「強い遺憾」決議!? »

2021/07/15

【台湾/バカ】日本の『防衛白書』、ようやく中国と台湾を分離/某国は表紙の武将の絵にいちゃもんw

本日(2021/07/15)の虎ノ門ニュース『【DHC】2021/7/15(木) 有本香×加藤康子×居島一平【虎ノ門ニュース】』でも取りあげましたが、日本の『防衛白書』で、昨年まで目次や地図で台湾を「中国」のカテゴリーに入れていたのが、ようやく分けられました。

以前からクレームが寄せられていた件です。

以下は、台湾研究フォーラムの永山英樹会長のTwitterからお借りした画像ですが、このことを台湾の『自由時報』も歓迎しています。

 

20210715_taiwan01
左は昨年までの防衛白書で、「中国の配置と戦力」の地図に台湾が含まれていた。
目次も昨年は「第2章 中国/1.全般...4.台湾の軍事力など」と中国扱いだった。

 

20210715_taiwan02
自由時報の紙面(こちらのツイートより

 

『防衛白書』は防衛省のサイトからバックナンバーを含めてダウンロードできます。

しかし、もしこれが、親台湾の岸信夫防衛大臣に代わったからだとしたら、防衛大臣が交代したら、戻ってしまう可能性があります。今後も、防衛白書は注視していく必要があります。

 

* * * *

 

韓国の話題は“オチ”みたいな話でどうでも良いのですが、いつものように「竹島」に関する記述で騒いでいます。

更に今回は更に表紙にも噛みついているようです。

 

20210715_bouei01
表紙に収まらない馬の尻尾は裏表紙にあります。

 

なお、この絵の作者は西元祐貴氏だそうで、以下、毎日の記事より引用。

墨絵を描いたのは陶墨画アーティストの西元祐貴氏。同室によると、日本らしさを発信するというコンセプトから墨絵が候補に挙がり、「躍動感」や「力強さ」を特徴とした作品を展開する西元氏に墨絵を依頼することにした。

 

最後に、韓国の聯合ニュースの記事の機械翻訳をご紹介して終わります。

 

https://www.yna.co.kr/view/AKR20210712163300073
「平和憲法の国」防衛白書の表紙に騎馬武者が登場..適切性をめぐる議論が広がる模様
記事入力 2021.07.13 午前 10:30 記事原文スクラップ

防衛省関係者「日本らしさ·防衛意志の表現」…。昨年は富士山·梅

(東京=聯合ニュース)2020年(左)と2021年版の日本防衛白書の表紙絵。 2021年の防衛白書は、表紙の絵として好戦的なイメージを漂わせる『馬に乗った侍』の墨画を使っている。

特派員·金浩準(キム·ホジュン)=13日、閣議で採択された2021年版の防衛白書の表紙には、武士が馬に乗っている様子を描いた墨画が登場した

好戦的な印象を与える騎馬武士を防衛白書の顔として登場させた意図に関心が集まっている。

これについて防衛省関係者は「日本らしさを表現する観点で墨画作業をした」と説明した。

日本の若者や外国人も防衛白書に簡単にアプローチできるよう、日本を代表する墨画作家と一緒に作業したという。

この墨画を描いた西元祐貴作家(34)は躍動性と強さを追求する作品で有名で、躍動的な人物をうまく表現するという。

防衛省関係者は「国を守る意志と強さ、強固な防衛意志などを表現することができ、このようなデザイン作業をした」と説明した。

昨年の防衛白書は、富士山のように見える山や梅で、日本らしさを表現したとすれば、今年の防衛白書は、騎馬武士の強力さを誇示するかのように表したことになる。

過去の防衛白書の表紙は、自衛隊の装備や幾何学的な模様が多かった。

2021年防衛白書の表紙(画像省略

戦国時代から飛び出したような好戦的な侍が侵略戦争敗戦の結果として「平和憲法」を持つようになった日本の防衛白書の表紙として適切かどうかをめぐって議論が提起される可能性もある。

一方、日本の戦国時代は100年以上内戦が絶えなかった時期で武士たちが大活躍した。

戦国時代を統一した豊臣秀吉(1537~1598)は、好戦的な武士の不満を外に向け、自らの権力を強化するため文禄·慶長の役を起こし、朝鮮に莫大な人命被害を与えた。

 

声を揃えて、「ば~か」と言ってやりましょうw

 

 

  


 

 

 

« 【熱海土石流】地質学者「造成で尾根が削られたことが原因」 | トップページ | 【軍艦島】産業遺産情報センターの展示にユネスコが「強い遺憾」決議!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【熱海土石流】地質学者「造成で尾根が削られたことが原因」 | トップページ | 【軍艦島】産業遺産情報センターの展示にユネスコが「強い遺憾」決議!? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ