最新情報

  • 2021/01/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ラムザイヤー論文】特別寄稿・李宇衍博士:『契約』はあった【ペン&マイク】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文・保坂祐二・金柄憲所長】既に場外乱闘の模様を呈してきた慰安婦議論 »

2021/03/07

【ラムザイヤー教授】金柄憲所長:『契約』はあった【メディアウォッチ】

ラムザイヤー教授の論文に関しては、日本では(少なくともマスメディアは)全く静かですが、韓国ではテレビニュースなどで連日のように伝えているようです。その内容は、高名な学者が論文を批判したというもので、それならまだ少しは分かりますが、米国の韓国人団体が三菱製品の不買運動を始めたとか、ハーバード大学で抗議集会を開くとか、そういった類いのものです。

 

20210306_harvard01
現地時間6日午後、ハーバード大の門前で気勢を上げる韓国人の皆さん

 

そうそう、「光復会」()の会長が、「ラムザイヤー教授を入国禁止にしろ!」と騒いだこともありました。(頼まれても行かねぇよw)

 

※光復会:日本からの独立運動をした人々の子孫や遺族からなる団体で、政治団体化している。現会長の金元雄氏は、祖先が中国からの引き揚げ便リストに名前があっただけで独立運動とは何の関係も無いと言う疑惑がある人物。(嘘をつくのは頭髪だけにしろ!w)

 

それはともかく、現在、ラムザイヤー教授の論文を批判する声の一つが、「(実物の)契約書が1枚も見つかってない!」というものです。

批判者(と言うか、一般の韓国人)は、「20万人の、拉致・監禁・性的虐待をされた(=性奴隷)朝鮮人女性がいた」と言うだけで、元慰安婦の証言しか証拠らしきものを出せていないのを棚に上げてるくせに、とは思いますが、前回のエントリーでご紹介したように、李宇衍(イ・ウヨン)博士が、契約行為があった証拠をネットメディアのコラムに執筆されました。

その後、李宇衍博士は、元慰安婦の証言集から「契約があった」を裏付ける証言を発見して、別のコラムをメディアウォッチペン&マイクに寄稿しました。(ペン&マイクの記事には日本語の契約書の雛形がありますが、後ほどご紹介します。)

 

その内容は『シンシアリーのブログ』で紹介されているので、ここでは該当部分を引用させて頂きます。

 

証言集は聞き取り調査の対話をそのまま収録したもののようで、話し言葉で書かれていますが、慰安婦になろうとした女性(○○○と、名前は伏せられています。)が親に同意書の捺印を頼んだときの話を語ったものです。連帯保証人のようなものが必要だったことや、契約条件に「転売禁止」の条項もあったことも伺えます。

 

○○○:「そこまで言うんなら、私が紹介するよ(※同意してやるよ)」、父はそう言って、母も父もハンコを押して、「ところで、祖父母のハンコももらってこいって、どうしましょうか」 「それなら、私が書こう」、父が書いて、お婆さんのもお爺さんのもハンコもらって、結局は全員の同意が得られました。父曰く「あなたに私の娘を売ったから、他のところにまた売ることは許さない」と約束を迫るのですよ。私も「うちの父の要求だけど、そうしてくれますか?」と聞くと、 「それはあなたの好きにしていい」(※と『嫁買い』の男が答えて)、「それでは、そのようにしてください。行きましょう」、と。

ブログ:『イ・ウヨン氏の寄稿文「これが『契約』でないと何だというのだ」(その2)』(その1からの続き)より。

 

 

 

以下は、良く引用される、慰安婦募集の広告の一つ(1944年10月27日付け『毎日新報』)ですが、ここにも「契約及待遇』と書かれており、契約書の有無に関わらず、「契約」という概念があったことが分かります。

 

19441027_prostitute_advertising01
19440726_prostitute_advertising02
左は上の広告と同じもの。右の広告には前借金の上限(三千円迄可)も明記されている。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

さて、ここからが今回のエントリーの本題です。

これはメディアウォッチの記事ですが、既にシンシアリーさんがブログに翻訳されているので、そちらをご紹介します。(『慰安婦契約書の中身(オリジナルではありません)、なんと保坂祐二氏の著書で確認される』)

 

保坂祐二(韓国に帰化した反日教授)の書いた本に、契約書の雛形が掲載されているのを国史教科書研究所の金柄憲(キム・ビョンホン)所長が発見したというのです。

 

阿呆さかwwww

 

20210305_mediawatch_contract

 

これは韓国人向けの本に掲載するためにハングルになっていますが、実物もハングルかどうかは分かりません。

上記ブログにこの内容も翻訳されており、「稼業年限」や「契約金」、「賞与金は・・・とするけど、その半分は貯金すること」、「食費、服、及び小・・・は店主の負担とする」と言った文言が、一部判読不明ではありますが、書かれており、明らかに保坂は契約書の実物(のコピーか何か)を見て写し取ったものと思われます。

この契約書に関する保坂の解説も上記ブログに翻訳されているので、是非ご一読下さい。

まさしく、契約書に他なりません。

 

ここで、ペン&マイクの記事に掲載されていた日本軍慰安婦の契約書をご紹介しますが、おそらく、保坂祐二が著書に掲載したのはこれでしょう。

 

20210306_penenmike_contract

 

ブログ主は、契約書自体は日本語だったと思います。

ドラマを例に出して恐縮ですが、『おしん』でも、文盲の親に代わって、近所の「口入れ屋」(間に入って仲介する人)のおばあさんが年季奉公の契約を取り持っていたように、日本語が分かり、信用のおける人間が近所にいて世話を焼いてくれれば事足りる話です。

 

なお、これを持ってして、「何だ、日本人慰安婦向けの契約書か」とガッカリする必要はありません。

メディアウォッチの記事には、以下のような金柄憲所長の言葉も書かれています。(『シンシアリーのブログ』より訳をお借りします。)

 

今回発掘された契約書に関連しても、契約当事者のハンコが押された実物ではないという理由で、その契約様式が持つ史料的価値を格下げしようとする意見もある。しかし、キム・ビョンホン所長はこれを一蹴した。キム所長は、「現在、保坂前教授の本の契約と同じ形式の契約書に、具体的な契約内容と当事者の名前、そして連帯保証人が明記された稼業契約書」が訴訟の過程で、実際の証拠として提出された事実を確認した」とし「近いうちに、これをまとめて発表する計画だ」と本紙に教えてきた。

 

原告の元朝鮮人慰安婦が提出したものなので、「契約書が1枚も見つかってない!」という反論はこれで崩れることになります。

 

実は、2日ほど前に、ペン&マイクのYouTube番組に反日種族主義の著者の一人、鄭安基博士と柳錫春元延世大学教授が出演されて、ラムザイヤー教授の論文について解説されたのを、ブログ主は、自動字幕+自動翻訳で見ていた所、番組の終了間近に、柳元教授が「あ、その前に...」みたいな感じで、(自動翻訳なので不正確ですが)ニヤリと笑って「実は契約書が見つかりました」と仰っていたのです。(多分)

 

韓国人の学者は、まるで、自分がラムザイヤー教授になったかのように、反論に対する再反論をしているのが、ちょっと面白くもあります。想像ですが、実際に連絡を取ってサポートしているのではないでしょうか。

 

◇ ◇ ◇ ◇

 

ところで、ラムザイヤー教授の論文が載る雑誌(IRLE)の3月号ですが、聯合ニュースの記事によると、雑誌社がラムザイヤー教授に対して(反論に対する)再反論あるいは回答を書くために3月31日を期限としたそうです。従って、必然的に紙の雑誌の出版は4月にずれ込むことになるようです。

 

後ほど、リンクなどを追加しますが、一旦ここまでで公開します。

 

  

  


 

 

 

« 【ラムザイヤー論文】特別寄稿・李宇衍博士:『契約』はあった【ペン&マイク】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文・保坂祐二・金柄憲所長】既に場外乱闘の模様を呈してきた慰安婦議論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ラムザイヤー論文】特別寄稿・李宇衍博士:『契約』はあった【ペン&マイク】 | トップページ | 【ラムザイヤー論文・保坂祐二・金柄憲所長】既に場外乱闘の模様を呈してきた慰安婦議論 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ