最新情報

  • 2024/02/26
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 2019/04/14現在、コメント欄にURLを書く場合は、「https」や「http」はNGワードに設定しているので、それを外すか、例えば「h ttps」の様に書いて下さい。
    メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。






    ** ツイログ/Twilog **

特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【ベルリン/慰安婦像】ベルリン政府首相が像の撤去を求めてミッテ区に圧力をかけていた/時系列まとめ | トップページ | 【言論弾圧】韓国の「5.18関連法」、日本の「ウポポイ」【歴史歪曲】 »

2020/10/28

【日本語】言語から見る韓国(朝鮮人)と日本(日本人)

ブログ主の覚え書きです。

 

 

ブログ主は韓国語(朝鮮語)は全く分からないので、韓国語のテキストを翻訳サイトで機械翻訳して読んでいますが、同音異義語の翻訳間違いや翻訳できない固有名詞などを除けば、おおよそ意味が通る日本語に訳されるので、初めてこれを知った時には驚きました。

特に「格助詞」(所謂「てにをは」)がかなり似ていて(※後述)、これによって語の繋がりが分かるので、語順が比較的自由なことです。〔膠着語〕

 

それでは、日本語と韓国語はどれほど近いのでしょうか?

上述の動画では、縄文時代(およそ1万6千年前前~2500年年前)、遅くとも4千年前に分かれたという服部四郎博士(1908~1995)の説が説明されます。「日本語と朝鮮語が同系統であるとしても、その分裂年代は今から4千年前以降ではまずあり得ない」と言うことで、これは「違い」(=距離)から計算した結果だそうです。

分子生物学とか考古学以外にもこういうアプローチの方法があるのは目から鱗でした。

ブログ主は日本語のルーツや比較言語学に興味があるので、その分野の本は何冊か読みましたが、手元に残っている本『日本語』(金田一春彦著)を調べて見たら、高句麗(?~668年)時代の碑文に類似性が見られることを明治時代に新村出博士(1876~1967)が発見したそうです。

どういうことかと言うと、碑文は所謂漢文で書かれていますが、それにルビが振ってあり、それを読むと日本語の音に似ているのだそうです。と言うことは、4千年以上前に分かれても、この頃はまだ発音が似ていたのかも知れません。

ルビと書きましたが、ハングル(諺文/オンモンまたはオンムン)はまだ発明されていないので、漢字を使っています。これは日本語も、平安時代になってようやく平仮名、片仮名が作られたことを考えると同じようなものです。

日本でも古い書物は漢文で書かれていますが、それを日本語で読み下すように、朝鮮の人も朝鮮語で読み下していたのでしょうね。

また、上述の本によると、日本語と朝鮮語の敬語が、動詞に尊敬表現があるなど比較的似ていてどちらも複雑なのですが、違いがあって、朝鮮語の場合は他者に身内のことを話す時にも「お母様がそう仰っていました」のように敬語を使うそうです。

つまり、朝鮮語では絶対的、日本語は相対的に敬語と謙譲語を使い分けるわけですが、この「相対敬語」は江戸時代に中国から渡ってきたらしいとのこと。(中国語には「お父さん」、「父」、「老父・愚父」のような使い分けがある)

このような事は、当然、位置的に近いシナと朝鮮の間にも、朝鮮と日本にも起こり得る話なのは想像できます。

そして、日本統治時代に多くの日本語の単語(和製漢語)が導入されたので、現代韓国語を日本語に翻訳すると、かなり自然な日本語に翻訳されると言うことなのでしょう。

 

【※格助詞】

調べて見たら、韓国語にはおおよそ以下のような日本語と似た助詞があるようです。

~は 는(ヌン) / 은(ウン)
~が 가(ガ) / 이(イ)
~を 를(ルル) / 을(ウル)
~に(物・場所) 에 (エ)
~に(人) 에게 (エゲ)
~で(場所) 에서 (エソ)
~で(手段) 로(ロ) / 으로(ウロ)

 

日本語教育を学んだ者にはお馴染みの例文「象長い。」は現代韓国語では「코끼리 길다」と書くそうですが、このように「~は」と「~が」の違いが韓国語にもあります。

何故この文が日本語教育で取りあげられるのかと言うと、日本人にはなんでもない「は」と「が」の使い分けを外国人、例えば英語を母国語とする外国人が学習するのは結構難しいからで、逆に言えば、これを教えることもやや大変なわけです。

この例文では、「像は」の「は」は、英語では「topic marker」(表題を際立たせるもの)などと呼ぶように、「象」は主語ではありません。(述語が「長い」なので、主語は「鼻」です。)

まどろっこしく言えば、「象に関して言えば(as for elephant,)、鼻が長い」となるわけですが、韓国人の日本語学習者はこれを難なく理解できます。

念のために書いておきますが、topic markerとしての「は」は比較的簡単に理解されます。

やや難しいのは「私は山田です」と「私が山田です」の様な例。この場合はどちらの「私」も主語です。日本人にはこの2つの文を何も考えずに使い分けるので、いざ、この違いを説明せよ、となると意外に難しいものです。

  

  

 

  


 

 

 

 

« 【ベルリン/慰安婦像】ベルリン政府首相が像の撤去を求めてミッテ区に圧力をかけていた/時系列まとめ | トップページ | 【言論弾圧】韓国の「5.18関連法」、日本の「ウポポイ」【歴史歪曲】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ベルリン/慰安婦像】ベルリン政府首相が像の撤去を求めてミッテ区に圧力をかけていた/時系列まとめ | トップページ | 【言論弾圧】韓国の「5.18関連法」、日本の「ウポポイ」【歴史歪曲】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ