最新情報

  • 2020/10/30
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国】韓国人も目を向け始めた「陸軍特別志願兵制度」 | トップページ | 【ベルリン・慰安婦像】ミッテ区の撤去決定に韓国外務省批判/コリア協会はデモ・訴訟を予定 »

2020/10/08

【慰安婦像】ベルリン市、慰安婦像設置団体に像の撤去を要請、市の公式サイトにも地区長がプレスリリース

公開:2020-10-08 22:40:46 最終更新:2020/10/11 5:57(読みやすいように整理)

ベルリンのミッテ区に設置され、9月28日に除幕式が行われた慰安婦像に対する撤去勧告が10月8日付けでベルリン市の公式サイトに掲載されました。

実は、週末、抗議文を英作文して、今週、関係各署にメールしていたので、嬉しさもひとしおです。

以下、告知文のの翻訳です。(原文は後述)

 

「ミッテ区役所、「平和の像」許可を破棄」

(ベルリンの)ミッテ地区長、シュテファン・フォン・ダッセルがお伝えします。

2020年9月28日にモアビット地区にあるブレマー通りとビルケン通りの角で除幕式が行われた「平和の像」は、再び解体されなければなりません。ミッテ地区事務所は、1年間の期限付きの記念碑設置許可の破棄を、コリア協会に通知しました。

「平和の像」は、事前に都市空間芸術・建造物の間の芸術委員会(KIST)で承認に向けて議論され、紛争における女性への性的暴力に対するメッセージとして評価されました。

しかしながら、「平和の像」は第二次世界大戦中の日本軍の行動のみを扱っており、これは、日本の国及び地方レベル、そしてベルリンでも苛立ちをを引き起こしました。

シュテファン・フォン・ダッセル:「平和の像」とその碑文は、政治的且つ歴史的に負荷の掛かる、複雑な二国間の対立を取りあげるものであり、ドイツ国内で扱うことは適しません。

ここミッテ地区周辺は世界100カ国以上からの人々にとっての故郷であり、そこでは、寛容で、偏見がなく、平和的且つ敬意に満ちて、互いに交流しています。

住民の安寧のために、当局は許認可の役割上、原則的に二国間の、とりわけ歴史的な軋轢に関わることを避けなければなりません。

コリア協会は2020年10月14日迄に「平和の像」を撤去する必要があります。

 

今回の騒動は、コリア協会等反日団体が、平和を願う像のような普遍的なテーマだと偽り、しかも芸術品ということで設置の許可を求め、ミッテ区も設置を許可(1年間の期限付き。恐らく1年毎の更新)したところ、その碑文(※後述)には日本だけを批判する「ヘイト」が書かれていたので、茂木外相や、恐らく、ブログ主のような個人も含めた有名無名の人々から抗議を受け、騙されたことに気付いた、ということだと思います。

どのように茂木外相その他の関係者が抗議したのかは分かりませんが、抗議文を書いていて、①正義連の元理事長が準詐欺罪で在宅起訴された事(2020/10/09時点で業務上横領など8件で起訴。要するに慰安婦はビジネス。)や、②元慰安婦のばあさん(李容洙)が一時的にでも挺対協を批判した事(30年に渡って搾取されたと批判、汚らしい「性奴隷」という言葉で呼ぶなと批判)によって、今後はこの小汚い像に対する抗議が海外でも理解されやすくなったと感じました。この事実が使えるからです。また、広くは知られていませんが、③反日銅像(慰安婦像、徴用工像)を撤去すべきと活動している団体もいます。彼らの存在もアピールすべきです。

不愉快な出来事ですが、こうしたことを韓国人があちこちで繰り返す事により、「平和の像」と称する売春婦像の意味や設置の目的が知られるのは「怪我の功名」ではないでしょうか。

この件では、韓国が騒げば騒ぐほど日本には好都合となる可能性があります。

 

【2020/10/09 19:38追記】

この像を設置した団体の中心である「コリア協会」(Korea Verband:本部はミッテ区にある)のサイトを見たところ、「碑文の内容など事前に求められなかった」、「ミッテ区役所はこの像が象徴している(日帝の)犯罪については知っているはずだ」などと書いてありました。コリア協会はミッテ区にあるし、除幕式には区議会議員も出席していたくらいなので、もしかしたら、これは本当かも知れませんね。実際、過去に(すぐ近くにある)ブランデンブルク門の前で慰安婦像を置いたイベントが行われたことがあります。今回の件を区長自身が事前に知っていたかどうかはともかくとして。(恐らく承認は、担当部署の権限の範囲で行ったことでしょう。)

もしそうだとすると、国際問題になってしまったので、区長が対外的に取り繕ってる可能性も無きにしも非ずです。

コリア協会は「芸術および表現の自由の侵害だ」、「法的措置も辞さない!」と息巻いているので、当分はゴタゴタするかもしれません。地元にはお仲間を多いでしょうし、デモとか座り込みとかやるかもしれません。

 

◆これまでにドイツに設置された慰安婦像

なお、そのサイトに書いてあったのですが、2016年にはフライブルク市に慰安婦像が設置されそうになったのを日本は阻止しています。調べて分かったのは、姉妹都市である松山市の野志克仁市長が外務省の協力を得て、同市に要請したようです。(松山市長GJ!)

 

引用:https://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160917/news20160917549.html

20160917_ehime_matsuyama

 

この件に関しては、フライブルク市長も、「韓国に私は利用された」とドイツメディアのインタビューに答えています。(なでしこアクション:フライブルク市長 ドイツ紙インタビュー「私がこれを知った時、私は悪用されたと感じました。」

また、同サイトに2017年にはレーゲンスブルク(Regensburg)近郊のヴィーゼント(Wiesent)にあるネパールヒマラヤ公園(Nepal-Himalaya-Park)内にある慰安婦像の碑文を外交的に取り外させられたとも書いてありました。恐らく日本大使館等が動いたのでしょう。

この公園のサイトを訪れてみたところ、土下座像が設置された韓国の植物園ような、入場料を支払って入る公園でした。HPには特に慰安婦像の画像等なないようです。中にはネパール風の建物などが建っており、ヒマラヤ原産?の植物などが植えられているようで、韓国国内の植物園のように経営者が積極的に慰安婦像など建てるとは思えないので、韓国系の団体が金でも掴ませたのではないかと思います。

調べたところ、この公園に設置された慰安婦像は欧州初の像で、2体目は今年3月にフランクフルト(Frankfurt)のラインマインにある韓国人教会前に設置されている。

 

◇ ◇ ◇

 

◆ミッテ区長の告知文原文

https://www.berlin.de/ba-mitte/aktuelles/pressemitteilungen/2020/pressemitteilung.1001656.php

Bezirksamt Mitte hebt Genehmigung für „Friedensstatue“ auf
Pressemitteilung Nr. 363/2020 vom 08.10.2020

Der Bezirksbürgermeister von Mitte, Stephan von Dassel, informiert:

Die am 28. September 2020 an der Bremer Straße / Ecke Birkenstraße in Moabit enthüllte „Friedensstatue“ muss wieder abgebaut werden. Die Aufhebung der auf ein Jahr befristeten Genehmigung hat das Bezirksamt Mitte am Mittwoch dem Korea Verband e.V. zugestellt, der das Denkmal beantragt und aufgestellt hatte.

Die „Friedensstatue“ war im Vorfeld der Genehmigung in der Kommission Kunst im Stadtraum / Kunst am Bau (KIST) diskutiert und als Statement gegen sexualisierte Gewalt gegen Frauen in kriegerischen Konflikten gewertet worden.

Eine entsprechende Gestaltung unterblieb jedoch, sodass die „Friedensstatue“ ausschließlich das Verhalten der japanischen Armee im Zweiten Weltkrieg thematisiert. Dies hat in Japan auf nationaler wie lokaler Ebene und auch in Berlin zu Irritationen geführt.

Stephan von Dassel: „Mit der „Friedensstatue“ und ihrer Texttafel wird ein politisch-historisch belasteter und komplexer Konflikt zwischen zwei Staaten aufgegriffen, der sich nicht für die Aufarbeitung in Deutschland eignet. Der Bezirk Mitte ist Heimat für Menschen aus weit mehr als 100 Nationen, die in toleranter, offener, friedlicher und respektvoller Weise miteinander umgehen. Um dieses Miteinander nicht zu gefährden, muss das Bezirksamt in seiner Rolle als Genehmigungsbehörde grundsätzlich auf Parteinahme in zwischenstaatlichen und insbesondere historischen Konflikten verzichten.“

Der Korea Verband hat nun bis zum 14. Oktober 2020 Zeit, die „Friedensstatue“ zu entfernen.

Medienkontakt:
Bezirksamt Mitte, Pressestelle, E-Mail: presse@ba-mitte.berlin.de

 

◇ ◇ ◇

 

◆碑文の内容

「なでしこアクション」のサイトから日本語訳をお借りします。碑文は上下2段に分かれた英語のもので、以下、その文面です。

 

--------- 上段 ---------

平和の像とは
この像の装いは第二次世界大戦前の時代を表します。バッサリと切られた髪は、暴力的に拉致された少女と女性を表しています。握りしめた拳と上げた踵は、家に戻ってからの恥辱と孤立の人生、それにも挫けない強い意志を表しています。肩に乗った鳥は平和と自由、生きる者と死者の絆を表しています。床面に埋め込まれたモザイクは像の影で、年老いた女性をかたどり、正義を求めて過ぎ去った長い時間を強調しています。白い蝶は生まれ変わりのシンボルで、責任ある者からの真摯な謝罪を望んでいます。私たちは少女の横の空いた椅子に横に腰掛けて、被害者の気持ちを感じることができます。将来の世代が忘れないように、そして平和な世界に向けて行動するように、誓いを表しています。

最初の平和像は2011年水曜デモ1000回記念に建てられました。このデモは日本軍性奴隷問題の解決に向けて1992年から韓国ソウルの日本大使館前で続けられています。像のデザインは芸術家のキム・ウンソンとキム・ソギョン、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯によるものです。

--------- 下段 ---------

平和の像
第二次世界大戦中、日本軍は数えきれない数の少女、女性をアジア太平洋地域から拉致し、強制的に性奴隷にしました。この平和の像はこれらの慰安婦と呼ばれる女性たちの苦しみを記憶するものです。1991年8月14日に沈黙を破った勇気ある被害者をたたえ、このような残虐行為が世界に二度と起こらぬよう求めるものです。

平和の像の同盟として、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯より寄贈、韓国協議会「慰安婦」グルーブ による建立

2020年8月14日

 

 

  


 

 

 

« 【韓国】韓国人も目を向け始めた「陸軍特別志願兵制度」 | トップページ | 【ベルリン・慰安婦像】ミッテ区の撤去決定に韓国外務省批判/コリア協会はデモ・訴訟を予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国】韓国人も目を向け始めた「陸軍特別志願兵制度」 | トップページ | 【ベルリン・慰安婦像】ミッテ区の撤去決定に韓国外務省批判/コリア協会はデモ・訴訟を予定 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ