最新情報

  • 2021/01/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の25件の記事

2020/09/30

【ドイツ】ベルリンの慰安婦像に対する抗議文(英文・和文レタードラフト)/用語集

公開:2020-09-30 08:43:36  最終更新:2020/09/30 9:42(加筆)

28日にドイツのベルリンに3体目の慰安婦像が立ちました。これまでの2体とは異なり、公有地に建てられたことは非常に残念でした。

関係各署に抗議文を送るつもりですが、この件は複雑な問題で、そこに何をどこまで書くかは非常に悩ましいところです。

そこで、頭の中を整理するために、(英語に訳すことを念頭に)書きたいことをまとめておこうと思います。

【2020/10/08追記】週末に英作文してみたので、ブログにも記載しておきます。(日本語の下書きは英文に合わせて修正します。若干意訳。)

メールの宛先は「なでしこアクション」のサイトに纏められています。

 

◇ ◇ ◇

Dear 相手の名前

I am Japanese.
I am very disappointed to hear that a so-called "comfort woman" statue was recently erected in Berlin. I'm sure that the purposes of the Korean association and civil groups which built the statue are,
1. anti-Japan propaganda,
2. to break the relationship between Japan and South Korea, and
3. to hurt a friendship between German and Japanese.

I'm afraid that your approval for installation of the statue means cooperation with the association and the groups.

私は日本人です。

今回、ベルリンに慰安婦像が建った事に関して、非常に残念に思います。この像を建てた団体の目的は、反日の為のプロパガンダであり、日韓の関係を壊す事であり、更には、日独両国民の友好関係も壊す事だからです。ベルリン市がこの像の建立を許可したことは、残念ながら、それに協力したことになります。

 

In the first place, the comfort-women issue was a matter of wages which remained unpaid after WW2, and the term "comfort women" refers to women who worked as prostitutes at brothels for the Japanese military (for Japanese, Korean and Taiwanese soldiers), in battle zones during WW2. The majority of comfort women were Japanese.

"A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower;” this description of the comfort women in Report No. 49 of 1 October 1944, issued by the US Office of War Information, is remarkably accurate.

そもそも、慰安婦問題とは、第二次世界大戦の戦地で働いた売春婦の未払い賃金の問題でした。「慰安婦」という言葉は戦地の日本軍(日本人、朝鮮人、台湾人兵士)用売春宿で働く売春婦を指す言葉です。慰安婦の大半は日本人でした。

「『慰安婦』は売春婦以外の何者でもない」:この慰安婦の記述はアメリカのレポート49に書かれていたことであり、非常に正確です。

(レポート49に関しては『【慰安婦問題】2007年に米議会に報告されたIWGレポートとは』を参照のこと)

 

Although South Korean Government and anti-Japan activists claim that Korean women were abducted by Japanese soldiers, they were in fact sold by parents, were deceived by brokers or became prostitutes voluntarily. The most important thing is there are no eye witnesses of abductions. The first self-proclaimed ex-comfort woman who appeared in public on 14 August 1991 said that she was sold for 40 yen by her mother. Comfort women came from very poor families and were recruited by private sex brokers.

韓国政府や反日活動家は、朝鮮女性が日本の兵士に拉致されたと主張しますが、彼女等は実際は親に売られたり、仲介業者に騙されたり、自ら売春婦になりました。最も重大なことは、拉致の目撃者がいないことです。1991年8月14日に最初に自称・元慰安婦として名乗り出た女性は、40円で母親に売られたと言いました。慰安婦は非常に貧しい家の出で、民間の性風俗仲介業に募集されたものです。

 

They were extremely well paid, earning approximately 50 times the salary of an ordinary soldier, and they could take days off. A comfort woman, named Moon Ok-ju, wrote a romantic memory with a Japanese soldier in her book. They could return home after clear their debt. Therefore, they were NOT sex slaves.

彼女等は高給取りで、一般の兵士の50倍の給料を稼いでいました。また、休暇も取れました。文玉珠という慰安婦は日本人兵士とのロマンスを本に書きました。彼女等は借金を返済すれば家に帰ることができました。したがって、決して性奴隷などではありません。

 

After the end of WW2, Japan and ROK negotiated over the settlement of problems in regard to property and claims, for example, unpaid wages of laborers, pensions of veterans and civilian employees, etc., based on treaty of San Francisco, but the issue of wages of prostitutes was not raised for the discussion.

Although Japan offered ROK Government to pay claims each by each, ROK government requested lump-sum payment. After that, the compensation became a domestic probleme of ROK.

戦後、日本と韓国は、サンフランシスコ講和条約に基づき、未収・未払いの精算について交渉します。例えば、労務者の未払い賃金や軍人・軍属の恩給などです。しかし、慰安婦の未払い賃金については議題に上りませんでした。

日本は韓国に対し、個々に支払うことを申し出ましたが、韓国政府は一括での支払いを求めます。その後は、(個人の)補償は韓国国内の問題となりました。

 

Ex-comfort women had been living hard lives, because of their former job. So, Japanese Government decided to pay them settlement money, and most former comfort women received the money. But the problem was a comfort women supporting organization and some ex-comfort women. (The details will be explained afterward.)

元慰安婦はその前職ゆえ、辛い生活を送りました。そこで、日本政府は彼女達に「和解金」を支払うことを決定しました。ほとんどの元慰安婦はその金を受け取りました。問題は慰安婦支援団体と一部の元慰安婦です。(これについては後述します。)

削除:個人的な意見を申しますと、日本政府は彼女達に「謝罪」ではなく「感謝」の言葉を述べるべきだったと思います。それは、戦場の兵士達(日本人、朝鮮人、台湾人)に一時の慰安を与えてくれたからです。しかし、それでは韓国政府は納得しないのは言うまでもありません。

 

As I mentioned above, comfort women were war-time prostitutes and were as same as ones for German military. The difference between Japanese and German systems was recruit and operators of brothels. Japanese brothels were operated by private superintendents, but German brothels were perfectly under control of military. German and Japanese militaries installed brothels in order to prevent rapes and sexually transmitted diseases, and gave regularly a medical examination to comfort women. (For details, please see "Prostitution, Homosexualität, Selbstverstümmelung-Probleme der deutschen Sanitätsführung" 1939-1945. Franz Seidler, Kurt Vowinckel Verlag, 1977)

According to "Zwangsprostitution: Staatlich errichtete Bordelle im Nationalsozialismus" (Christa Paul, 1944/11/1), Nazi provided prostitutes even to 9 concentration camps including Auschwitz for Jewish prisoners. It was orderd by Heinrich Himmler around 1942.

上述のように、慰安婦はドイツの戦時売春婦同様、売春婦でした。日本とドイツのシステムの違いは、日本は民間の業者に慰安婦の募集と売春宿の運営を委託したのに対し、ドイツは完全に政府の管理下に置いたことです。日独両国がそれぞれ売春宿を設置したのは、兵士による強姦や性病を防ぐためでした。慰安婦には定期的に診察がなされました。(ドイツの慰安所に関しては、"Prostitution, Homosexualität, Selbstverstümmelung-Probleme der deutschen Sanitätsführung" 1939-1945. Franz Seidler (Kurt Vowinckel Verlag, 1977)という論文があるので、参照して下さい。/「売春、同性愛、自己毀損 - ドイツ衛生指導の諸問題1939-45」、フランツ・ザイトラー、Kurt Vowinckel出版、1977年)

クリスタ・パウルの『ナチズムと強制売春』によると、ナチスはユダヤ人収容者のために9箇所の強制収容所にすら売春婦を供給したそうです。それは1942年頃、ヒムラーの命令でした。

 

What then, was the differece between the Japanese comfort women and German comfort women?

The reason why only Japan is being criticized has to do with the propaganda campaign based on the false claim that Japansese army forced more than 200,000 women into sex slavery and most of them were killed. It's an absurd and impossible story. But most Koreans believe the story through brainwash-like education.

The claims of "Japanese military's atrocities" are based solely on the oral testimonies of some self-proclaimed ex-comfort women. Their testimonies lack the specific details as to the time, locations, individuals involved, and the evidence has never been verified.

それではドイツと日本の慰安婦にはどのような違いがあったのでしょうか。

何故日本だけが批判されるかというと、日本軍が20万人以上の女性を強制的に性奴隷にし、その殆どが殺されたという誤った主張に基づくプロパガンダに関係します。それは荒唐無稽な物語です。しかし、大半の韓国人は洗脳的な教育を通じてその物語を信じています。

日本軍の残虐行為はもっぱら何人かの自称元慰安婦の口頭証言が元になっています。彼女等の証言は、時、場所、関係者といった具体性に欠け、証拠は確認されていません。

 

Nevertheless, a Korean comfort women supporting organization funded by ROK Government repeats a false claim. It's because of money. In May, one of the former comfort women named Lee Yong-soo said at a press conference, “I have been exploited by Yun Mi-hyang”, who used to be a leader of a comfort women supporting organization funded by ROK government and its citizens. She is now a politician.

それにも関わらず、韓国政府に資金提供されている慰安婦支援団体は誤った主張を繰り返します。それはお金が理由です。5月に李容洙(イ・ヨンス)という一人の元慰安婦が記者会見で次のように言いました。「私は尹美香(ユン・ミヒャン)に食い物にされた。」 彼女は慰安婦支援団体の元理事長で、その団体は政府と市民によって資金提供されています。彼女は今政治家です。

 


According to Lee, Yun Mi-hyang collected a huge amount of donations for 30 years but the donations were hardly used for former comfort women but used to purchase several real estate properties for her own use.Yun was recently indicted without arrest.

She also said that comfort women were not sex-slaves.

cf. article: 'Comfort woman' survivor says she won't be used anymore (Korea JoonAng Daily, 14 May 2020)
https://koreajoongangdaily.joins.com/2020/05/14/socialAffairs/comfort-women-japan-Lee-Yongsoo/20200514193400307.html

(ブログ記事『【慰安婦問題】元慰安婦「性奴隷と言うな!」←これは使える 国連にメールしよう!』)

The members of this organization is also anti-America activists. They sometimes use ex-comfort women like 'a bear at circus'. They protested against the deployment of THAAD missile in South Korea.

李によると、尹美香は30年間莫大な寄付を集めるも、元慰安婦には使わず、いくつもの自分のための不動産を購入していました。尹は最近在宅起訴されました。彼女はまた、慰安婦は性奴隷ではないと言いました。

また、この団体のメンバーは反米活動家でもあります。彼らは時々元慰安婦を「サーカスの熊」のように使います。彼らは韓国へのTHAAD導入に反対しました。

 

This organization violates Vienna Convention on Diplomatic Relations. They erected a comfort-woman statue in front of Japanese Embassy in Seoul. But Korean Government condones such rudeness.

Please keep in mind that there are Korean organization and groups which oppose comfort-woman statues. They hold every Wednesday a gathering near the statue.

この団体は、日本大使館前に慰安婦像を建てるというウィーン条約違反も犯していますが、韓国政府はこれを容認しています。

韓国国内にも慰安婦像を撤去するように求めて毎週抗議活動を行っている人達がいることをどうか知って下さい。彼等は、(慰安婦活動団体の行う、所謂「水曜集会」に対抗して、)同じ日に、同じ場所で抗議デモを行っています。

 

In 2015, the Governments of Japan and ROK signed an agreement about comfort-woman issue and confirmed that the issue is resolved finally and irreversibly. Japanese Government donated one billion yen for a foundation for women's right. Therefore, Korean Government violates also this agreement with the statue in Berlin. President Moon Jae-in unilaterally dismissed the foundation and broke the agreement.

2015年の「慰安婦問題日韓合意」(安倍首相、朴槿恵大統領)では、このような問題を最終的且つ不可逆的に解決するため、安倍首相が「謝罪文」を元慰安婦女性に送り、女性の人権問題に取り組む活動のための財団に日本政府は10億円の資金を提供しました。それ故、韓国政府はベルリンの銅像で、この合意にも違反していることになります。文在寅大統領は一方的に財団を解散し、合意を破棄しました。

 

We, Japanese are angry at Koreans' rudeness. As I wrote at the beginning, if Berlin City supports the organizations which built the statue, it will hurt German and Japanese friendship.

Please withdraw the approval for the statue and remove it.

Sincerely Yours

我々は日本人は韓国人の非礼に怒っています。冒頭に書いたように、もしベルリン市が慰安婦像を建てた団体を支持するのであれば、日独の友好を損ないます。

是非、銅像の許可を取り消し、撤去して下さるよう、お願い申し上げます。

 

◇ ◇ ◇

 

上の文をこれから精査して、必要があれば加筆修正していく予定です。

 

以下にドイツの慰安所の実態を追加。

 

20200930_draft_germany01
20200930_draft_germany02

 

 

以下、ブログ主のメモ

用語集/glossary

英語表記に関するブログ主メモ。(今後、必要に応じて追記)

【正義連(旧挺対協)】(「なでしこアクション」のサイトよりベルリンの慰安婦像碑文の一部)

A gift from The Korean Council for Justice and Remembrance for the Issue of Military Sexual Slavery by Japan, established by AG “Comfort Women” of Korea Verband in the Alliance for the Statue of Peace.

平和の像の同盟として、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯より寄贈、韓国協議会「慰安婦」グルーブ による建立

 

参考資料

◆なでしこアクション→独シュレーダー首相に対する手紙(独語):EIN ÖFFENTLICHER BRIEF an Herrn Gerhard Schröder von Japanischen Frauen

 

【メモ】

Die "Friedenstatue" ist eigentlich die Statue der Verwünschung, ein Symbol des Hasses gegen Japan und des Rassismus.

「平和の像」は実際は呪いの像であり、日本に対するヘイトとレイシズムの象徴である。

 

  


 

 

 

2020/09/28

【歴史歪曲】最近の地理の教科書を見てみよう【ハングル?キムチ?】

Twitterで出回っていた地理の教科書です。

 

2020_geography_textbook01
2020_geography_textbook02

 

地理って、こんなこと学ぶんだっけ?

出版社は第一学習社らしく、タイトルは『高等学校 新版 地理A 世界に目を向け,地域を学ぶ』だそうです。

正直に言って、中学生の教科書かと思ってた...

 

現代のハングルの元になった「訓民正音」が作られたのは15世紀で正しいのですが、漢字を「真書」と言うのに対し、「通俗的な文字」の意味で「諺文(おんむん)」とも呼ばれましたが、これを整理して普及させたのは日本統治時代です。「ハングル」と呼ばれるようになったのも20世紀です。

 

韓国はこれこそ「歴史の歪曲だ!」と怒るべきだと思うw

 

 

  


 

 

 

2020/09/26

【韓国】1939年の朝鮮総督府が作成した観光PR動画/YouTubeの検閲【 백년역사CenturyHistoryさんの動画】

ブログ主の覚え書きとして、最近見た動画と考えた事をメモしておきます。

下の動画は日本が朝鮮を併合(1910年)して約30年後に公開された観光PR動画らしいです。英語のナレーションが付いているので、海外に向けて広報するのが目的だったと思われます。

 

機械翻訳: [1939年] 日本がこの時期に光った朝鮮を世界に紹介する映像、朝鮮総督府鉄道局制作、朝鮮観光広報映像、南満州鉄道を利用した観光コースの一つとして朝鮮を紹介。

原題: [1939년] 일본이 때 빼고 광 낸 조선을 세계에 소개하는 영상, 조선총독부 철도국 제작, 조선 관광홍보 영상, 남만주 철도를 이용한 관광 코스의 하나로 조선을 소개.

 

この動画のup主さん「백년역사CenturyHistory」(「백년역사」は「百年(の)歴史」という意味のようです)は、韓国人向けに日本統治時代の正しい歴史を啓蒙する動画をupされているのですが、日本語が堪能で、一部の動画は日本語字幕を付けてくれています。

この方の動画が素晴らしいのは、丹念に資料(証拠)を探して、編集も上手で、見る者(韓国人)を十分に納得させることです。ちなみにナレーションはプロのような感じですが、本人ではないとのこと。

 

この手の動画をわざわざ観に来る韓国人は、既に「反日種族主義」の洗脳から解けている人が多く、コメントを読むと、それを再確認する為に動画を観ているような印象を受けます。

それでも、日本人向けに作られた動画(コメント欄が日本人のコメントで埋まっている)よりは、韓国人の感想や意見を知ることができるので、ブログ主はなるべく多く機械翻訳で読んでいます。

 

ただ、動画主さんの落ち度ではありませんが、YouTubeの検閲が特に厳しいのが困りもの。上記の動画でも、ブログ主が書いたコメントを含めて、日本語・韓国語を問わず、コメントがごっそりと削除されてしまいました。(この件は後述)

以下のコメントはブログ主が書いたものです。但し、今は削除されてありません。

 

◇ ◇ ◇

こんにちは。CenturyHistory様の趣旨は一貫していますね。朝鮮(半島)は日本統治時代、「日本の一部」だったと。

現代の日本人は、しばしば、日本統治時代を「植民地化」ではなく、「併合」だということに固執します。「植民地」には「搾取・収奪」というイメージがつきまとうからですが、CenturyHistory様が仰るように、当時の日本は、朝鮮半島を日本の一部と考え、文化財を日本の一地方の文化と考えたように、そこに住む人々(=朝鮮人)も日本国民と考えたのです。その行き過ぎた例が「神社への参拝」かも知れませんが、この点で、反日種族主義者が主張する「日本人による朝鮮の近代化は日本の利益のためであり、朝鮮人の幸福のためではない」というのは完全に誤りです。(朝鮮の人達も日本国民だったのですから)

映像の中で韓国の文化が残されていることに驚かれている方々がいらっしゃいますが、それは、日本人は「地方の文化」を大切にするので、当然のことです。もし、韓国の方々が日本にいらっしゃれば、地方の様々な文化が保存されていることに気付かれるでしょう。日本では明治維新以前から「民俗学」というものもありました。

よく勘違いされますが、沖縄(琉球)は古くから日本です。(沖縄の方言は日本語であり、中世の単語が残っている) 昨年、首里城が焼失しましたが、戦後、荒廃した首里城を沖縄県が取り壊そうとしているのを、国宝に指定(1929年)して、それを阻止したのは本土の研究者です。

◇ ◇ ◇

 

これを書いた背景には、韓国では「日帝が朝鮮の文化財を破壊し、朝鮮文化を抹殺した」という誤解があり、この方の動画を観た韓国人が、「それが嘘だとよく分かるね」といったコメントを多く書いているからです。

その誤解(捏造)の一例を挙げると、仏国寺の石窟庵という、洞窟の中に刻まれた石仏群があります。この動画ではありませんが、過去の動画で議論になっていました。韓国では、「あまりの素晴らしさに嫉妬して日本人がコンクリートで塗り固めて毀損した」というのが定説になっているようです。

 

Sekkutsuan01_before
発見当時の石窟庵(Wikipediaより)

 

Sekkutsuan01_after
修復直後の石窟庵

 

当時の技術ではコンクリートでの修復が最善の方法でした。仏国寺の建物も復元前はほぼ廃墟になっているのを日本人が復元しています。

 

Sekkutsuan02_bukkokuji_before
再建前の仏国寺(Wikipediaより)

 

李氏朝鮮時代は儒教が国教となり仏教は棄てられたという事実を踏まえれば、こうした有様になっていたのはある意味当然なのですが、韓国人にとっては、動画で(ビジュアル的に)知ることは新鮮で「目から鱗」なのでしょう。

このような動画に書き込まれた韓国人のコメントを見ると、日本統治下の朝鮮を、「植民地主義時代の欧米の植民地と同様のもの(収奪を目的とした統治)か、それ以上にひどい扱い」という先入観があり、これを払拭するには、まず、「朝鮮人は日本国民であった」ことを理解しないとならないのだと感じます。

と言うのは、この理解なしには、いくら日本統治時代にインフラ整備がなされ、近代化されたことを説いても、「日本の利益のためにやったこと」と反論され、そこで議論が終了してしまうからです。

上の写真のようなbefore/afterの写真を見て、自分で論理的に考えて気付く人もいるのですが、動画主さんが「石窟庵は日本統治時代には『日本の文化財』になったのです。自分達の文化財を自分で壊すのはおかしいでしょう?」という調子で小まめにコメントを返しているのを見て、日本人が考える以上に洗脳が強固なのだと感じます。

その洗脳を解くには、ビジュアル的な資料とともに根気強く論理的に説明する必要があり、それは主に韓国人自身によらないと、日本人では「何が分からないのか分からない」から難しいのでしょう。

 

YouTubeのコメント欄の検閲について

日韓の歴史問題をテーマとした動画では、YouTubeの検閲は顕著です。

なるべくセンシティブな単語は避けるようにして、内容も問題なさそうなのに、投稿した途端に消えたり、しばらくしてから消されることがしばしばあります。

後者は動画の管理者が消しているのかと思った時期もあったのですが、そうでもないようです。以下に、今回、この動画で目撃したことを書き留めておきます。

コメントを投稿してから1日ほど経って、一部(字句レベル)修正して保存しようとしたら、エラーが発生して消えてしまいました。その時に、総コメント数が一気に減ったのに気付いたので、ざっとコメント欄を見たら、直前まであった他の方の日本語のコメントもほとんど消えていました。

その後、動画主さんとコメント欄でやりとりして分かったのですが、2日ほど前にも韓国語のコメントが幾つも消えたそうで、当初はコメントを書いた人が自ら消したのかと思ってガッカリしていたそうです。

動画主さんが消したのではないと確信が持てるのは、ブログ主が書いたコメントに対する動画主の返信が即座に削除されるのを見たからです。返信コメントはメールでも通知されるのですが、コメント欄にはそのコメントが無いのです。そして動画主さんも、「書いても消える」と嘆くように書いていました。

今回はあまりに大勢が同時に被害に遭ったので、皆、おかしいと気付き、YouTubeによって消されたのだと共通認識をしました。

 

ところで、こうしたことがあるため、ブログ主はコメントを投稿する(=[コメント]ボタンを押す)前に、書いたコメントをコピーして保存しておきます。そして、コメントを書き込んだ時は、すぐに「並び替え」を「新しい順」で更新して、総コメント数のカウンターが増えるかどうか確認します。増えていればOKですが、増えていない時は投稿したコメントは検閲に遭ったと理解します。従って、書き込む前/後のコメント数はよく確認する必要があります。

場合によっては、保存したコメントを再度記入欄に貼り付けてから、問題がありそうな単語の一部を伏せ字にすると投稿できる場合もあります。

しばらくして消えるのは、もしかしたら、誰かが組織的にコメントを通報している可能性もあります。(コメントの右側にある「・・・」を縦にしたようなものをクリックすると「報告」できるようになっています。)

 

 

  


 

 

 

【韓国・北朝鮮】韓国人公務員が海上を漂流して北朝鮮軍に射殺・その場で焼却される【時系列まとめ】

公開:2020-09-26 06:52:12  最終更新:2020/10/04 19:30

韓国でまた北朝鮮絡みで異常な事件が発生しました。

韓国人の漁業指導船乗組員(日本で言えば水産庁の役人)が9月21日(月)に漁業指導船の船上から行方不明になり、洋上で射殺・焼却されました。

この事件の異様さは、①韓国側が22日午後3時30分頃に男性を発見した後、同日(22日)午後10時ごろに射殺・火あぶりにされるまで傍観していた事と、②発見後、大統領府に逐一報告されているにも関わらず、24日午前1時26分に事前収録された文在寅大統領の国連演説が放映される後まで公式には発表しなかったという事にあります。

国連演説では南北の和平に各国の協力を求める声明が含まれており、既に北朝鮮軍による蛮行を把握していたのにそのまま放映させたことが非常識であると批判されています。

公表後も、③当初は、公務員の男性が借金(但し200万円程度らしい)を抱えていたことなどが報道され、まるで男性が自殺願望があったかのように扱い、自ら北へ行ったという印象操作をしていました。後ほど、子煩悩な様子などが知人から公表されて、自殺願望には疑問符。また、男性は海上で油をかけられて焼却されたのですが、当初は「火葬」と報道されていました。

また、25日になり、④金正恩氏が「通知文」(「謝罪文」)を韓国に通知した(但し、内容は「謝罪」とはほど遠く、趣旨は「南の言いがかり」だという批判)ことが報道されると、曺国(チョ・グク)氏がこれをSNSで発信し、親曺国派=親文在寅派が一斉にこれをシェアして金正恩を擁護する動きが現れました。それだけでなく、与党議員もこれに追従。

 

以下、記事から拾った日時を時系列に並べます。(ソースの追記や、再度ソースを精査して加筆修正の可能性があります。)

 

◇ ◇ ◇

 

9月21日 13:00 韓国人男性が船上から行方不明になる

13:19頃、携帯の電源が入っていないことが確認される。18時頃迄捜索したが見つからなかった

後に「サンダルが脱ぎ捨ててあった」と発表されるも、そのサンダルはロープの下に埋もれており、「脱ぎ捨てた」とはほど遠い状態だったことが判明。

9月21日 13:50 海洋警察や軍隊などを投入して捜索開始

===

9月22日 15:30頃 小さな浮遊物(チューブ=浮き輪?)に乗って北朝鮮海域に入っている事を確認。男性は衰弱して動けない状態。 

※これ以降韓国側は状況を把握

9月22日 16:00過ぎ 北朝鮮の海上警察のような者が船で近寄り、防毒マスクと防護服を着て至近距離で尋問(韓国軍発表)

9月22日 18:30 文在寅大統領に書面報告 

※これ以降、大統領府には逐一報告

9月22日 21:30頃 北朝鮮、射殺命令(韓国側諜報活動により判明)

男性が乗った浮遊物はロープで固定されていた

9月22日 22:00頃 射殺/20:11頃 火あぶりの状況を確認

※ここまで韓国側は傍観

===

9月23日 1:26 文在寅の演説(15日に録画したVTR)が国連で放映

9月23日 8:30 文在寅大統領に報告

9月23日 23:00頃 報道(第一報?)

===

9月24日 1:00頃 関係部署が集まって会議を開く

(9月24日 10:58~11:18 日韓電話首脳会談)

9月24日 午前中 文在寅大統領、公務員が射殺されて遺体が毀損(きそん)されたという韓国軍の最終報告を受け取る→大統領自身が主催するNSC全体会議ではなく徐薫安保室長が主催する「NSC常任委会議」の招集を指示

9月24日 文在寅大統領、イベントに出席 アカペラコンサートに興じる。

9月24日 11:00 国防部公式発表 北朝鮮の「蛮行」と表現

9月24日 17:15 文在寅大統領、公式発言

青瓦台(韓国大統領府)報道官のブリーフィングを通して、北朝鮮による韓国国民射殺事件との関連で「いかなる理由であっても容認できない。北朝鮮当局は責任ある答弁と措置を取るべき」とコメント

===

9月25日 午後 青瓦台、金正恩からの「謝罪」を公表

内容は「謝罪」とはほど遠いが、与党や大統領周辺は金正恩の謝罪を称賛(カイカイ反応通信:「このような最高指導者はいなかった」北朝鮮の謝罪を称賛する韓国与党=韓国の反応・・・記事中に金正恩からの通知文掲載)

通知文は国家情報院経由で青瓦台に届いた。(洪熒氏によると、北にとっては青瓦台は「朝鮮労働党南支部」のような扱い)

【2020/10/04追記】通知文は国情院と朝鮮労働党傘下の統一戦線部の間の「ホットライン」で届いた由。しかし、25日に一般公開した通知文の文面を翌日書き換えていた。単語を韓国式から北朝鮮式の表現に書き換えているだけでなく、文言を追加したり削除したりと、大幅な加筆修正がなされていた。国情院は米国で言えばCIAのような機関だが、朴智元(パク・チウォン)院長は金大中大統領の時、南北対話のために北朝鮮に裏金を送って逮捕されたことがある人物。つまり、北と通じた人物と言える。言い換えれば、北朝鮮は裏金送金の件で朴智元氏の弱みを握っており、都合の良い人選。(もしかしたら、北が任命した?)

9月27日 北朝鮮、黄海での韓国側の遺体捜索作業に「領海侵犯」と批判

10月03日時点 韓国政府が発表した「公務員が乗っていた『浮遊物』」というのが依然として謎

当初、朝鮮日報は「チューブ」(韓国語では浮き輪の意味とのこと)と書いていた。浮き輪と聞けば誰でも乗っていた船の物と思うが、船から紛失した「浮遊物」になり得る物はない模様。

ニュース番組で下のような再現映像が流れたらしいが、こんなものが都合良く見つかるはずもなく。

 

20201003_korea01

 

◇ ◇ ◇

 

【参考資料】 

  1. 李相哲TV: (臨時速報)北朝鮮と韓国の間に何がおきたのか。(2020.9.25)
    動画公開は25日昼頃
  2. 李相哲TV: (続報)金正恩が韓国に謝罪?命令は誰が出したのか。(2020.9.25)
  3. 言論テレビ: Vol.414 “徴用工”訴訟原告は嘘をついている
     出演者:洪熒、西岡力

 

必要に応じて追記予定。

 

 

  


 

 

 

2020/09/24

【韓国】韓国人学者の直言「日本は資産10兆円を譲った」【文藝春秋】

『文藝春秋』9月号に『李大根/徴用工に日本が保証する理由はない〈韓国人学者の直言「日本は資産10兆円を譲った」〉』(聞き手・黒田勝弘)という李大根(イ・テグン)教授のインタビュー記事が掲載されました。

李教授はニューライト(新保守運動)安秉直(アン・ビンジョク)教授とともに落星台経済研究所を創設した方で、落星台経済研究所には『反日種族主義』の「徴用工(朝鮮半島出身労働者)」の項を担当された李宇衍(イ・ウヨン)氏が研究員として所属しています。

 

この記事は一部、web上でも『遂に現金化へ…「徴用工に日本が補償する道理はない」韓国人学者の直言』というタイトルで公開されており、全文を読みたければ、記事単体でも購入することができます。

以下は目次で、無料で読めるのは「日本は韓国を「収奪」したか?」の途中までです。

  • 協定内容を歪曲している
  • 日本が朝鮮に残した52億ドル
  • 韓国急成長を支えた帰属財産
  • 日本は韓国を「収奪」したか?
  • 没収した財産を韓国に与えた
  • スターリンは帰属財産を残した
  • 植林と教育に尽力した日本人
  • 政治に翻弄される日韓の歴史

 

李教授は韓国の一般的な歴史学者とは異なった主張をしており、2018年の所謂「徴用工裁判」の大法院判決も批判しています。2015年には敗戦時に日本人が朝鮮半島に残した「帰属財産」に関する総合的な研究書である『帰属財産研究』という本を上梓されています。

ブログ主が先日読んだ『反日への最後通告』(池萬元著)でもこの本について言及し、内容を要約していますが、終戦後、株式会社級の大部分は朝鮮人の元従業員などに安価で売り飛ばされたもので、今日の韓国の大企業はほぼ元は日本企業です。

 

 

上記本からごく一部をご紹介すると、

「昭和麒麟ビール」は当時の朝鮮人管理人に払い下げられ、現・斗山グループの「OBビール」に、「サッポロビール」は明成皇后(=閔妃)の姻戚に売り渡されて「朝鮮ビール」(→ハイトビール)に。「鮮京織物株式会社」は工場の生産管理責任者が譲り受けて「SKグループ」の母体へ...。

従って、もし、大法院判決で言うように、“不当な”日本統治時代に朝鮮人を働かせた新日鉄住金のような企業が「戦犯企業」なら、これらの企業も戦犯企業ではないでしょうか。

 

李 「帰属財産」は、終戦後に韓国に進駐し軍政を敷いた米国当局が定めた用語ですが、その後、韓国では反日思想の影響を受け、「敵産」と呼ばれています。終戦時、日本人は政府(総督府)や軍関連など公的な資産だけではなく、民間企業や家屋などの個人資産を含め、莫大な帰属財産を韓国に残したまま帰国させられました。統計資料によると当時の朝鮮半島全体での資産のうち、およそ80~85%が日本人の資産だったとされています。

黒田 日本製鉄だって朝鮮半島に莫大な資産を残しています。先生の本を読んで、日本製鉄からすれば、「われわれが韓国に置いてきた資産で補償すればいいじゃないか」という考え方もありうるのではないかと感じました。それにPOSCOだって70年代に新日鐵の協力で誕生した企業ですしね。過去の補償問題など韓国側で処理すればいいのであって、なぜ今さら日本に要求するのかおかしいと思うでしょう。

李 おっしゃる通りです。いまになって日本企業の財産を差し押さえて、それでもって徴用工に補償するというのは筋が通らない、とする主張は十分に理解できます。終戦後に接収された日本企業は2300社を超え、日本人が朝鮮半島に残した資産総額は米軍当局などの試算では当時の通貨で52億ドルです。工業化が進んでいた北朝鮮に29億ドル、南朝鮮(韓国)は23億ドルという内訳です。

 

記事のタイトルにある「日本は資産10兆円を譲った」の10兆円は「帰属財産」の額を現在の価値に換算したものです。

文在寅やその周辺の従属左派は、しきりに「積弊清算」をいい、李承晩大統領の時代に「親日派」を完全に精算しなかったことで李承晩を親日派呼ばわりし、また、財閥を親日派政権との癒着で成長したと批判しますが、本当に積弊清算をするつもりなら、現在の韓国経済の基盤はほとんど捨てないとなりません。「NO JAPAN」を叫びながら、捨てるものはせいぜいジェットストリームのボールペンとか、安価なユニクロの服の不買程度です。

web上でよく韓国人は「日帝時代のものは朝鮮戦争で破壊されたから、戦後の韓国経済には寄与していない」というようなことを嘯(うそぶ)いていますが、たとえ、建造物などが物理的に壊れたとしても、技術やノウハウといったソフトウェアは残ったはずです。こうしたものは金額には換算できません。

 

ブログ主は話の種にこの記事を購入してみましたが、有料部分に、李教授の『帰属財産研究』はメディアに完全に無視されたそうです。著者の写真も撮影してインタビューもしたのに、その記事はボツになっていたとのことです。

 

 

  


 

 

 

2020/09/22

【書籍】池萬元著『反日への最後通告』(ハート出版)を読んで【書評】

公開:2020-09-22 08:08:56  最終更新:2020/09/22 9:09

以前から気になっていた『反日への最後通告』(池萬元著/ハート出版)。〔原題『조선과 일본 - 한국인이 알수 없었던 진실』(朝鮮と日本-韓国人が知らなかった真実)〕

 

20200922_01

 

日本統治時代の話は(日本人向けには)語り尽くされていると思って後回しにしていたが、池萬元(チ・マンウォン/チ・マノン)博士の数々の発言(後述)を読んで、この本を読んでみたくなり購入。

 

 

慰安婦や徴用問題といったテーマでは『反日種族主義』と被る部分もあるが、システム工学博士でありMBAを取得された博士の視点は、経済学者である李栄薫教授等とはまた違ったものである。

この本は上記のような日本統治時代の事=所謂、植民地近代化論=も扱っているが、一貫するテーマは「日本人と韓国人の【精神性】の違い」であり、どちらかと言うと戦後から現代に至る日本と韓国との比較、特に「なぜ、戦後の荒廃から日本が現在の地位を勝ち得たのか(それに比べて韓国は...)」という事に重点が置かれている。おそらく、韓国人の「反日」の根底には「侮日」があると見抜いてのことだと思う。

池萬元博士が称賛してくれる日本人、特に日本の企業家と労働者の美徳は、日本人が現在もそれを維持しているか?と考えると、日本人がもう一度原点に立ち返るためにこの本から学ぶ点も多いと思う。

 

◇ ◇ ◇

 

李栄薫教授は韓国の「聖域」の一つである「慰安婦問題」に言及して韓国社会からバッシングを受けた。池萬元博士は、慰安婦と並ぶ韓国の別の「聖域」である「光州事件」の真実を追究したことから100件以上もの訴訟を起こされた。(光州事件については後述)

この件に関してはこの本でも扱っており、博士自身の身に起こった激しい攻撃は韓国社会の「病巣」の一端を見ることができる。

日本人がこの本を読む時は、これは韓国人に向けて書かれた本という意識を持たないと、いかに衝撃的な内容かが想像できないと思う。

この本は以下の7つの章より成る。

 

第1章 世界の中の朝鮮
第2章 外国人と内国人が見た朝鮮
第3章 滅ばざるを得なかった朝鮮
第4章 日本軍慰安婦と強制徴用
第5章 日本との決算
第6章 日本は学ぶことの多い国
第7章 韓国を牛耳る左翼勢力の専横的な歴史歪曲

 

第1章と2章では、韓国人がいかに「井の中の蛙」かということを韓国人に向けて突きつけている。特に第2章では、欧米人による「韓国(人)評」を多く引用し、韓国人の「自尊心」(メンツ)を徹底的に叩き潰す。そして、現代韓国人が英雄だの義士だのと称賛する朝鮮人(安重根を含む)が日本の偉人(伊藤博文、渋沢栄一、松下幸之助、etc.)と比べていかに過大評価、というより、間違って評価されているか、一方、「親日派」というレッテルを貼られた朝鮮人(尹致昊李完用等)が、いかに愛国者であり正しい事を言ってたのか、白日の下に晒している。

李氏朝鮮時代や日本統治時代の朝鮮に対する外国人の評価は、『反日への最後通告』を元に作成された下記の動画でも分かる。

 

『친구 ともだち』チャンネルの動画「外国人が見た日韓併合以前の韓国人の暮らし。第1部。
(この動画主は、元々韓国人向けだけに誤った歴史を正す動画を作成。恐らく、日本語訳を付けて紹介されて日本人の関心が高まったために日本語字幕を付けて発信し始めたのだと思われるので、「用日」韓国人とは区別する必要がある。)

 

第6章の「日本は学ぶことの多い国」では、韓国人が「日本は敗戦後、朝鮮戦争を利用して経済復興を成し遂げた(だけの国)」という韓国人の『侮日』を根底から覆すものである。

日本がみすぼらしいトランジスターラジオでアメリカ人に馬鹿にされながらも、徹底的なQC(品質管理)でアメリカの製品を凌駕する過程を韓国人向けに説明している。

この本は『反日種族主義』で「反日」の呪縛から冷めた韓国人を更に啓蒙する書だと思う。そういう意識を持って日本人がこの本を読むと、いかに衝撃的な本であり、タブーに挑戦したかがより理解できると思う。

 

◇ ◇ ◇

 

韓国に於ける「光州事件」の扱い

日本人にとっては、池萬元氏が韓国人にとってどのような存在かが気になると思う。

これを理解するには、日本人にはそれ程関心がない『光州事件』(5.18民主化運動)について、池萬元氏がどれほど満身創痍になりながらも真実を追究し、韓国人からの尊敬を集めているかを知らないと理解できない。

まず、『光州事件』について広辞苑を引くと、「1980年5月、光州市で、軍部による戒厳令拡大に反対する学生・市民を戒厳軍が鎮圧、武力衝突に発展して、多数の死者が出た事件。」と解説され、韓国民主化のための運動であったとしか言わないが、実態は北朝鮮の工作員が主導した共産主義者による暴動であり、しかし、それ以外の解釈をしようとすると池萬元博士のように100件以上もの訴訟を起こされることで、普通の韓国人は口を閉ざさるを得ない。池萬元氏のHPは政府によって閉鎖されても、反共で愛国的な韓国人は彼を支持している。

現在の与党は光州事件の公式評価について反論する者に対し懲役刑を下す法案まで通そうとしている事でも、この事件(暴動)がどれほど文在寅政権にとって「聖域」であるかが分かると思う。

ブログ主はこの本(原書)の評価を探して読んでみたが、実際に購入した読者はほぼ☆5つの評価を付けているのに対し、読まない者から低評価をつけられている。高評価の読者のコメントには「発禁になる前に購入した」というものまであった。

 

池萬元氏ほどの「韓国の知性」を20年近くにもわたって裁判で浪費していることは韓国にとって多くな損失であり、悲劇だと思う。

 

光州事件の首謀者達が北のスパイである証拠は数多く挙げられている。

 

 

518_03

 

光州事件の公式評価について、韓国人が異を唱えられないことがどれほど異常なことかは、たとえば下記の洪熒(ホンヒョン)氏の動画でも分かる。

 

 

現在、韓国与党は光州事件の評価を覆そうとする者に対して懲役7年の刑を与える法律を成立させようとしている。(韓国の名誉毀損の刑罰は最高でも5年)

民主化運動という美名の元に、これに実際に関わったかどうかも関わらずに光州市(5.18補償委員会)が「光州5.18民主有功者」を選定して、恩給のような特権(特別支援金や就職の特権)を与えている事や、なぜか、政権が代わるごとに「有功者」の数が増えているのを見ると、有功者認定が利権となっていることが理解できるだろう。(本来、時間が経つにつれて減るはず)

 

513_01
拾いものの画像にブログ主が追記

 

この有功者の選定は金大中政権の時に決定し、光州事件当時中学生だった者や他の地域の民主化運動家にも「有功者」の認定がされて特権を享受している。(証明書が発行される)

 

518_04
518_05

 

【参考】

 

◇ ◇ ◇

 

おそらく、この本は池萬元博士がブログなどに書き溜めた文が元になっていると思われるが、ブログ主がこの本を読もうと思ったきっかけになった池萬元氏のコラム(実際に同書に収録されている)を紹介する。

 

「日本人たちは憎しみを学ぶことで昇華させた」

製造業や貿易業の仕事に携わる韓国人は、日本の悪口を言ったり憎んだりはしていない。日本から学ぶことが多いからだ。日本を知らない人だけが、過去という氷の棺の中に自分の魂を閉じ込め、日本なら無条件に嫌いだと言っているのだ。60年もの間憎しみ続けて我々に一体何の得があるというのか。我々は考えなければならない。

過去数千年の間、我々民族が同族同士の間で犯した蛮行の中に、日本以上に厳しい事例が果たして本当になかったのだろうか。日本が我々よりも野蛮なのか、そうではないのか、優秀だったか、醜かったか、今の日本人と韓国人を見れば、その違いをまざまざと知ることができる。日本人は今でも我々より、何倍も元気に暮らし、世界で最も尊敬される礼儀作法と信用力を持っている。もし、日本経済と韓国経済の間に万里の長城を築けば、被害は両国ともに生じるが、我々の被害の方がはるかに大きい。外国に行って日本人を罵れば、悪口を言ったものが除け者に合う。認めたくないだろうがこれは現実だ。

我々は日本よりも早く成長したがる。発展の原動力は、創造性と先進科学を収容する姿勢だ。憎しみからは絶対に創造性は生まれない。我々が今からでも考えなければならないのは、日本が米国から学んだ方法を学ばなければならないということだ。

健康薬品ひとつ作るにしても動物を相手に実験をする。人の命というのはそれほど尊いものであるからだ。ところが、米国は原子爆弾を作り、その実験相手に日本人を選んだ。日本人たちの自尊心がどれほど傷ついたことだろうか。放射能とは恐ろしい物質である。日本人たちは、その放射能を子どもの世代まで受け継がなければならないという現実に一体何を思っただろうか。おそらく、我々に原爆が落とされていたのなら、米国は今でも我々の不倶戴天の敵であっただろう。だが、日本人たちはその憎しみを学ぶことで昇華させた。日本人は自分たちより優秀な人の前にはひざまずく。このような姿勢を我々は持っていない。日本人は優秀な米国人から学び、学んで勝たなければならないと考えたのだ。

日本人は一方で、廃墟の地にブラシをかけ、もう一方では、こまめに米国に渡り、工場の門を外からのぞき込んだ。これは彼らよりも優秀な米国を学ぶためだった。米国人たちは、そんな日本人たちを蔑視した。「日本人は寝ても覚めても米国に引っ付くことしかできない。ドアを開けてすべて見せてやれ。」

1957年当時、ダレス米国務長官が、多くの日本群衆に向けて、米国の優越感を表現した。「親愛なる日本国民の皆さん!日本は技術面で永遠に米国と競争することはできません。日本は今、世界最高のハンカチと優れたパジャマを生産しています。なぜそのようなものを米国に輸出しようとしないのですか?」あえて米国を真似るとして、工場の門をのぞき込む見苦しい姿を蔑視したスピーチであったし、1957年に米国に渡ったみすぼらしいトランジスタラジオをあざ笑う言葉だった。

当時、米国は世界のGNPの54%を占めていた。ほぼすべての生産拠点が米国にあり、世界の新製品すべてが「MADE IN USA」だった。彼らは米国で作られていないすべての製品をゴミとして蔑視した。これをNIH症候群(Not Invented Here Syndrome)と呼んだ。

これらの侮辱を跳ね除け、日本人たちは米国から続々と先生たちを呼び寄せた。1950年には、あの有名なデミング博士を、52年に​​はジュラン博士を、54年にはピゲンバウム博士を招き、科学経営、システム管理、統計学的品質管理を覚醒させた。そして、日本は産業界のノーベル賞であるデミング賞(Deming prize)を制定した。日本が今日の品質ナンバーワン国に君臨するのは、米国人の師匠であるデミング博士の存在があったことを世界に示したものである。一方、我々自身を今一度振り返ってみよう。我々は今、外国を排斥する中、狭いナショナリズムに浸っている。我々なら、多くの国民を原爆で殺した敵国の人種、米国人を師匠とし、それを記念して産業界のノーベル賞と呼ばれるデミング賞なるものを制定することができるだろうか。

「米国を模倣しよう(Copy the West)」「米国に追いつく(Catch up with the West)」。日本人は米国を追い越すために情熱を注ぎ知恵を絞った。そして1980年代にはいよいよ日本が生産技術と品質管理で、米国を上回った。その時からしばらくは、米国が日本へ学びに通った。ダレス米国務長官の嘲弄まじりのスピーチから25年、1982年に自動車の米国人顧客満足度調査で、日本の自動車が上位1・2・3位を占めた。一方、米国車はわずかに7位であった。米国人が最も好きな車は米国車ではなく、日本車だったのだ。仕事に没頭し目標を捕らえる姿は美しくはないだろうか。「日本のやつら」がやったことだから、こんなことも見苦しいと見るべきなのだろうか。

日本だけ憎むのではなく、最近では米国を憎む人も増えてきている。優秀な人を見られない心や憎悪する心が、我々に何を持たらすのだろうか。我々よりも立派な人も敵で、我々よりも優秀な国も敵ならば、我々は誰から学び誰とともに生きていけばいいのか。

わが民族同士?外勢を憎み、国際社会に不当な理由を上げながら飢えに苦しむ住民を弾圧して殺す北朝鮮と手を取り合って生きなければならないというのだろうか。憎悪心をそそのかせば団結はできても発展はない。醜い人同士が手を握れば皆が醜くなる。我々が恐るべき対象は北朝鮮ではなく、憎悪心を学ぶ力に昇華させ米国と肩を並べた日本の人々である。我々は日本の学習方法を学ばなければならない。

昨日、自分が何を間違ったのかを問う人々は、昨日の間違いから知恵と教訓を導き出す。しかし、昨日の間違いが誰によってもたらされたのかを問う人々は、昨日の間違いを延々と繰り返すことになるだろう。

池萬元|2011.3.1

(カイカイ反応通信:韓国人「日本人たちは憎しみを学ぶことで昇華させた」より転記)

 

 

  


 

 

 

2020/09/21

【札幌国際大学】日本語能力不足の中国人留学生大量受け入れの札幌国際大学に札幌入管の「指導」【チャンネル北海道】

前回のエントリーでご紹介した「札幌国際大学での日本語能力不足の中国人留学生大量受け入れ」と「それに対処していた学長更迭と教授の懲戒解雇」問題について、チャンネル北海道で続報がありました。

問題の詳細については上述のエントリーをご参照下さい。

 

【ch桜北海道】札幌国際大学に札幌入管の「指導」入る[R2/9/18](26:15~)

2020/09/18
キャスター:川田ただひさ(札幌市議会議員)、コジマ(キャスター)
ゲスト:大月隆寛(札幌国際大学人文学部教授)

 

動画の冒頭でも概要を簡単におさらいしています。

続報というのは、放送日に報道された下記記事についてです。

 

20200918_doushin_sapporo01
画像はこちらのツイートから拝借

 

記事の見出しは『札国際大学 法令違反なし/札幌入管 留学生受け入れで』というもので、また、記事の体裁から小さな扱いだということが見て取れます。

タイトルの意味するところは、「『日本語能力に欠ける留学生を大量に入学させた』との内部通報を受け、聞き取り調査等を実施した結果、通報対象の事実は認められないと結論づけた」ということですが、ポイントは、「入管」の扱う範囲です。

大月教授の解説でなるほどと思ったのが、「不正就労」といった問題なら入管の管轄になりますが、大学や留学生の問題は文部科学省の管轄になります。従って、入管の担当範囲内の「法令」には違反していないというのは正しいのでしょうが、赤枠の部分を読むと、問題ありとして「指導」をしました。

要するに、報道する側(北海道新聞)がどこにウエイトを置いて報道するかの問題です。

 

では、文科省はどうかというと、調べたら、国民民主党が関心を持っていることが分かりました。

埼玉県第9区のすぎむら慎治という方がブログに取りあげています。

 

 

直近の記事によると、「状況を確認したが、指導の必要が無い」という回答だったようです。(以下、一部引用)

 

回答は驚くべきことに、
【入学者選考の実施状況、留学生の成績や授業への出席状況等について確認したが、現時点では直ちに指導を要する状況ではありません】というものでした。

文科省は本年4月「外国人留学生の適切な受入れ及び在籍管理の徹底等について」という通知を出しており、

●『学生数の確保という観点で安易に留学生を受け入れることは厳に慎む』
●『日本語で授業を行う場合、日本語能力試験N2レベル相当以上が目安)を明確化し、適正な水準を維持することが重要』

と明記してあります。(記事の末尾に転載しておきます)

文科省が通知を出した4月9日の時点で、既に札幌国際大学についての報道はなされており、萩生田文科相も記者会見で「確認します」と明言しています。
だから、この通知の起草者が報道を知らなかった筈はありません。

実際に『再発防止』のニュアンスが滲む文書だと感じるのは、私だけではないでしょう。

それにも関わらず、文科省が「現時点で指導の必要はない」と考えるのは矛盾ではないでしょうか。

 

今後、文科省が完全に頬被りしてしまうのか? 

少子化で第二、第三の札幌国際大学が現れないとは言い切れないでしょう。文科省としては主な天下り先は大学なのですから、これを必死に守ろうとするでしょう。

この問題は引き続き注視していきます。

 

  


 

 

 

2020/09/20

【メディア】タイの反政府(反王室)デモを報道する意図は?-本丸は日本の皇室解体なのではないか?【中国共産党】

ブログ主はテレビを観るつもりがなくてもNHK BS1を音声を絞ってつけていることがよくあります。定時にニュースが流れるからで、世間(世界)でなにが起こっているかを知るだけでなく、メディアが何を報道したいのかが見えてくることがあるからです。

ブログ主が最近度々目にして気になっていたのは、タイの反政府デモです。(ニュースのweb版記事は後述)

ブログ主は正直に言ってタイのことは良く知りませんが、王室があって政府は軍事政権という少し変わった二重構造。日本と異なり、国王の政治的発言も多いことは分かっています。一方、「微笑みの国」というキャッチフレーズでからも想像されるように、国民は穏やかで自由に暮らしているという認識です。

しかし、数ヶ月前からタイの若者を中心とした反政府デモ(反王室もセット)の様子をニュースでよく見かけるようになりました。それは大抵、「平和的」なものとして紹介され、少し前は日本のアニメ「とっとこハム太郎」のテーマソングをデモのテーマソングとして使っている、などという報道もありました。要するにデモに対して好意的に報道しています。

前国王は国民の敬愛を集めた一方、現在の国王はやや素行に問題がある事は知られていますが、デモ隊の主張はそういう事ではありません。

昨晩(19日)もそのようなニュースを見て、ふと疑問を呟いた(ツイート)したところ、時間が遅いにも関わらず、比較的多くの反応がありました。

そして、一人の方が教えて下さったのですが、チャンネル桜の青山繁晴参議院議員の番組『【青山繁晴】中国共産党とタイの君主制危機と日本の皇室[桜R2/9/18]』、これは視聴者からの質問に議員が回答するという形式ですが、タイ在住の日本人で、ブログ主と全く同じ疑念を抱いている方からの質問が取りあげられたのです。(質問内容後述)

この方は「デモの影に中共がある」という趣旨で、ブログ主は「NHKがこのデモを頻繁に報道することで、日本での同様の運動を煽っているのではないか?」という違いはありますが、当然、NHKの更にその先には中共等外国勢力も絡んでいるという意味です。

 

【ブログ主】
タイで反国王デモ@BS1

確かに現国王は前国王のようなカリスマ性はない。しかし、デモの主張はそういうことではない。メディアがこれほどデモを報じるのをそのまま信じていいのか?タイ王室批判を報道することで、間接的に皇室批判を煽っているのではないか?
午後10:01 · 2020年9月19日

 

【上記ツイートをRTして】
石井孝明(Ishii Takaaki)
@ishiitakaaki
これは珍しいし、もしかしたら中国がネパールで成功させた工作を実現させている可能性も。そしてアジア最大の敵は皇室があり、かつて戦った日本。

午後10:07 · 2020年9月19日

 

NHKニュース

デモ隊の主張に共産主義的な“臭い”を感じられませんか?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200919/k10012627071000.html
タイ バンコクで反政府デモ 憲法改正や王制改革など訴え
2020年9月19日 19時23分

反政府デモが続いているタイで、プラユット政権が発足して以来、最大規模になるとみられる抗議デモが首都バンコクで始まり、若者たちが、憲法の改正や王制改革などを訴えました。

タイでは、軍事クーデターを主導したプラユット首相が去年の総選挙の後も引き続き政権を率いて、軍の影響力を背景に強権的な姿勢をとっているとして、若者たちが反政府デモを続けていて、国王が現政権を追認しているなどと批判して王制改革まで訴えています。

若者たちは、19日、首都バンコクにあるタマサート大学の敷地内にゲートを壊して突入し、大学の運動場やその周辺で、プラユット政権の発足以来、最大規模になるとみられる抗議デモを行いました。

主催したグループの若者らは、「プラユット首相は退陣しろ」とか、海外の滞在が長い国王について「どうしてタイにいないのだ」などと訴え、軍が政治に関与しやすくなっている憲法の改正や議会の解散、それに王制改革などを訴えました。

参加した人は、「この国は、貧しい人だけが法律によって取り締まられ、金持ちは見逃されるという不正義がある」とか「この国は後退しているので再び前に進み出すよう変化を望んでいる」などと話していました。

今回のデモは、大学生や高校生など若者を中心に5万人を超える人が参加するとみられていて、19日夜遅くまで集会を行った後、20日早朝に、政府の施設などに向かって行進し、要望書を手渡すとしています。

これに対し、プラユット政権は、およそ1万人の警察官を配置して政府の施設の警備にあたらせるほか、軍にも出動の準備を命じるなど、デモ隊の行動に警戒を強めています。

タブーとされてきた「王制改革」要求も

今回の反政府デモでは、これまで議論することさえタブーとされてきた王制改革の要求が公然と唱えられるようになっています。

背景にあるのが、4年前にプミポン前国王が亡くなり、現在のワチラロンコン国王が即位したあとの王室に対する国民の意識の変化です。

特にSNS上では、国王の権限が強化されたことなどに疑問を投げかける投稿がさかんに行われるようになり、先月からは集会やデモで王制改革を求める声が上がるようになりました。

このうち、タマサート大学の学生グループは、▽国王に対する批判などを禁じた憲法の条項の撤廃や、▽国王を中傷した場合、最長で禁錮15年の刑が科される不敬罪の廃止など10の要求項目を掲げ、政府や議会に対し実施や検討を求めています。

学生グループは、こうした法律は表現の自由を侵しているうえ、政権側が反政府運動の取締りに恣意的(しいてき)に利用しているとして、真の民主化を妨げていると主張しています。

また、▽日本円にして数兆円とされる王室の財産については政府と国王個人が管理するものを明確に仕分け、▽政府が配分している王室関連予算を国の財政状況に従って減らすよう求めています。

このほか、▽国王が公の場で政治的な意見を述べることやクーデターを承認することを禁止すべきだとする項目が盛り込まれています。

政権側や王室支持派は

若者たちが求めている王制改革について、プラユット政権は消極的で、王室への批判に対しては断固たる措置をとる姿勢を崩していません。

また、王室を擁護するグループが王室への批判は絶対に許さないとして若者たちを非難する集会を各地で開くなど、国民の分断が深まっています。

一方でプラユット政権は、憲法の改正については前向きな姿勢を示していて、国会で本格的に議論を始めようとしています。

ただ、憲法改正には複雑な手続きがあり、4、5年はかかるとの指摘もあることから、若者たちの間では、憲法改正の議論は単なる懐柔策で、時間稼ぎにすぎないという見方が広がっています。

さらに若者たちの間では、政権の今後の出方に危機感が広がっていて、プラユット政権が国王への忠誠を示すために王制改革を求める動きを武力で鎮圧に乗り出すのではないかと懸念する声も上がっています。

また、プラユット政権が発足以来最大の危機を迎える中で、軍が秩序を回復するという目的で再び軍事クーデターを起こすのではないかという見方も若者たちの間で根強くあります。

タイ経済悪化で閉塞感強まる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、タイの経済が急速に悪化していることも人々の閉塞感に拍車をかけています。(以下略)

 

チャンネル桜:青山繁晴氏への質問

以下、3:49辺りから朗読されるご質問の内容を書き取ったものです。文中は「某国」と書いてあるのを「中国」と読み替えても構わないという注釈があり、青山議員も「中国」と読み替えていたので、ここでも「中国」と記します。また、氏名公開もご本人のご希望なので、ここにも明記致します。青山議員の回答は動画でお聞き下さい。

 

小田謙爾(けんじ)さん(63歳/在タイ王国/教員)

『タイの君主制の危機と日本の皇室について』

タイの地方都市よりお便り致します。タイは「コロナ禍第一波を見事に乗り切りましたが、民政移管しているとは言え、軍政の残滓を引きずった現体制に異説を唱える特に若い国民の声が大きくなっています。

私の勤務先の高校でも、そうした動きが見られ、私自身は生徒諸君に、情熱に駆られて先走って、狡猾な大人に利用されないようにと、呼びかけたばかりです。

さて、もう10年近く前のことになります。タイでの何回か前の政情不安の折でした。当番組で青山さんは、タイの騒擾の背後には、アジア各国の君主制を倒そうとする中国共産党の意図があると看破されました。

中国がアジアに覇を唱えるためには、君主制が邪魔である。彼等は既にネパールでは王制を亡き者にしたが、今度はタイを狙っている、そして最終目標はわが日本の皇室であると。

この恐ろしい展望を10年目に口にしたのは、私が知る限り、青山さんだけです。そして、ついにタイでその時が来てしまいました。全国民の敬愛を一身に集めていた先王の崩御から4年、反軍政の声は王政への疑問符と連動して大きくなりつつあります。

ただ、非常に気になるのは、「民主主義か君主制か」という二者択一に話がすり替えられようとしている点なのです。日本や英国を始めとして、原題に生き残っている君主制は、民主主義との絶妙な調和を成し遂げています。

ところが、この国では今、そのことを意図的に忘れてか、「民主主義をとるか、君主制をとるか」という妙に単純な選択を迫ろうとしているようです。この点に私は、中国共産党の影が見えてしかたがありません。

困ったことに、この国の現政権は、君主と結びついて政権を強化しようとしているのですが、他方、上述の中国に特に経済面で擦り寄ろうとしています。つまり、政権は、反政権=反君主制の運動の背後に中国ありと、真っ向から批判できないのです。

さて、ようやく青山さんに質問です。おそらく今から20数年経った頃に、わが皇室の深刻な危機が訪れます。それは、生きとし生けるものに避けられない「代替わり」がやってくるからです。中国共産党にとっては絶好の機会でしょう。

そして、青山さんも私も、その頃にはもうこの世にいないか、いてももう第一線に立つのが難しい年齢になっています。私達が今のうちに何をするのが、皇室を、そして日本国を守るために一番大切なことだと青山さんはお考えでしょうか。

 

◇ ◇ ◇

 

上記番組が18日放送で、ブログ主が呟いたのが19日だったので、番組は見ていなかったのですが、ブログ主のツイートに反応された方々は既に青山氏の動画を観ていたのかも知れません。

この危機感を多くの人と共有したくてブログにまとめました。

 

 

  


 

 

 

2020/09/18

【アイヌ】利尻から見える北海道アイヌの歴史/アイヌは本当に先住民族なのか?【チャンネル北海道】

少し前の動画ですが、下記の動画の内容を覚え書きとしてブログに記録しておきます。


【ch桜北海道】[特別番組]利尻島から見える北海道アイヌの歴史[R1/7/15]
2019/07/15

出演者(敬称略):小野寺まさる、西谷榮治(郷土歴史研究家)

 

「アイヌは本当に北海道の先住民族なのか?」、「明治より前は北海道はアイヌの土地だったのか?(占有、統治していたのか)」ということを考えるのに良い動画だからですが、それだけでなく、利尻島という島にこれほどの歴史があったのか、と驚いたからです。

 

番組は島の西側にある亦稚(またわっか)という場所から始まります。

 

20190715_rishiri01_map

 

亦稚には海辺からバスターミナルがある高台一帯に縄文~続縄文~擦文文化の遺跡が出土している。利尻の最も古い遺跡があるのは鴛泊(おしどまり)で、ここに住んだ人々は新潟辺りまで南下している。川筋に住み、鮭や鱒を採っていたと考えられる。縄文~続縄文~擦文遺跡は、ここ(西)だけでなく、南や北にもある。

アイヌ語の地名により、利尻島にアイヌが住んでいたことは間違いないが、遺跡等はない。実際にアイヌに関する記録は和人が来てから、文献でのみ分かる。(12:26~:縄文~擦文とアイヌが繋がるかどうかはまだ分かっていない。)

最も古いアイヌに関する記述は1600年代。また、1696年に朝鮮人が漂着してアイヌの人達に会った記録もある。

1807~1809年、ロシアが長崎で幕府に交易を求めるが応じなかったので、武力行使をして、択捉島(えとろふ)、利尻、樺太等を襲撃。それ以前から東北諸藩が警備をしていたが、ロシアに備え、会津藩士(252人)が樺太、利尻島の警備にあたった。そのため、会津藩士8名の墓が3箇所にある。(沓形字種富町、鴛泊字栄町、鴛泊字本泊の3カ所。4人は利尻島警備で、種富駐輪駐車公園敷地内の墓に眠る2人は、樺太警固を終えた帰りの船で亡くなった。)

当時、アイヌは60人台だったのではないかと言われている。

 

20190715_rishiri02_grave

 

会津藩士が警護していた40年後(1848年/嘉永元年6月2日)、黒船が来る前にアメリカ人のラナルド・マクドナルドが利尻を訪れている。なぜ利尻だったのかは分かっていないが、ハワイの新聞で日本が紹介されており、それを読んでいたので開国前の日本を見てみようと考えたと思われる。当時のアメリカはハワイからサハリンの沖まで鯨漁をしていた。そこから南下して礼文島沖で下船して小舟で上陸したことが分かっている。

 

20190715_rishiri03

 

マクドナルドはここに1ヵ月ほどいた後、松前に行き、松前から長崎に送られる。そこで、森山栄之ら14名のオランダ通詞に英語を教え、彼等がペリーの通訳をしている。1849年春に長崎から軍艦に乗ってアメリカに戻る。

利尻島から世界史と日本史が見えてくる。

 

小野寺(スタジオ): 明治維新は1868年だが、それよりかなり早い段階、1807から1809年の間、江戸幕府はロシアの脅威を感じて利尻島に252人の会津藩士を送った。つまり、江戸幕府が統治していたと観ることができる。どう考えても明治時代まではアイヌが統治していたなどとは思えない

19:28~(VTRの続き)利尻には1830年に建立された厳島神社(海の神様)があり、1838年に建立された元泊(もとどまり)神社は総本山となっているので、元泊地区が利尻の中心であった。

 

20190715_rishiri04
20190715_rishiri05_motodomari

 

近くには運上屋(幕府が管理する場所請負人の交易場の経営拠点)もあり、ラナルド・マクドナルドはこの運上屋に約20日程幽閉された。

 

20190715_rishiri06_stonesteps

 

小野寺(スタジオ): 神社を見ても、ここがアイヌに統治されていたのかは疑問だ。実際に北海道には1100年代に建てられた神社もある。
運上屋は1870年に商い場として、和人とアイヌが取引をする場所として、幕府(松前藩)が管理をしていたことが分かっている。マクドナルドがここに20日間幽閉をされ、どのように処するべきか協議をしていたと言うことは、幕府としてしっかり管理していたことになり、北海道も統治されていたと考えられる。

25:19~(VTRの続き)

小野寺: 博物館には様々な発掘物が展示されているが、ここに掲示されている年表(出土品一覧)をみると、アイヌ文化だけ出土品がない。また、和人がずっと住んでいた中で、いつアイヌが来たのか分かっていない。

 

20190715_rishiri07_matawakka

 

小野寺(スタジオ): 亦稚(またわっか)は縄文~擦文の遺跡もあり、アイヌが住んでいたことも分かっている。こういう場所は北海道にもそうそう無い。もし、アイヌが縄文~擦文の人々の末裔だとしたら、同じ場所に更に進化した土器などがあるはずだ。擦文には金属製の製品もあったのに、擦文以降はそういったものも出土していない

となると、昔からの定説ではあるが、アイヌはある時に北海道に侵略してきた狩猟民族であり、先住していた農耕民族はやられてしまったのではないか? アイヌが縄文のDNAを持っているとしたら、擦文の人々、特に女性を生かしていた可能性もある。

 

◇ ◇ ◇

 

以下は参考のため、利尻富士町のサイトにある「利尻島(利尻富士町)の歩み」より一部転記

(古代は略)

【旧石器時代】

1万3000年前 鴛泊小5.6年生見学 (港町1遺跡)栄町キャンプ場遺跡で石器が発見される。利尻島最初のヒトの生活跡。
海水面が上がりサハリンと北海道が分離し、宗谷海峡ができる。

【縄文時代】(1万2000~2300年前)

4500年前~ 円筒土器(港町1遺跡)縄文時代中期。野塚や港町1遺跡で円筒形の土器が発見される。
3500年前~ 縄文時代後期。本泊遺跡など。礼文島船泊遺跡では、集落から本州産のヒスイやイモガイ・タカラガイなどのアクセサリーが発見されている。

【オホーツク文化期】(5~9世紀末)

島内にある多くの遺跡で、集落が発見されている。クジラやクマを信仰し、漁労と海獣猟、ブタの飼育などを営み、大陸や本州との交易品として毛皮などを生産した。

【擦文文化期】(7~13世紀)

本州の律令社会の影響を受け、土師器や鉄、雑穀栽培などが伝わる。住居内にはカマドが設けられた。9世紀ころオホーツク文化も吸収される。

【アイヌ文化期】(13世紀~)

1644【正保元】年 蝦夷地図に「リイシリ」と記載される。文献史料に初めて登場した。

1670【寛文10】年 『津軽一統志』に、和人と利尻に住むアイヌ(300人ほど)との間で海産物の交易をしていた様子が記載される。この記事から、すでに松前藩によるリイシリ場所が開かれていたと考えられる。

1696【元禄9】年 朝鮮人李志恒ら、利尻島に漂着し『漂舟録』に記録する。

1765【明和2】年 本泊に交易施設である運上屋が置かれ、交易品としてアワビやナマコ、タラ、ニシンなどが取引される。
近江商人の岡田弥三右衛門が、松前藩から場所を請負う。

1787【天明7】年 フランス探検家ラ・ペルーズ、宗谷海峡通過中に見た利尻島を「ラングル島」と命名する。

1806【文化3】年 近藤重蔵と田草川伝次郎、訪島し『西蝦夷地日記』に記録する。

1807【文化4】年 ロシア人による利尻島襲撃事件が起き、商船が焼き払われ島民が捕虜に捕られる。

1808【文化5】年 会津藩士の(本泊、慈教寺)幕府の命により、会津藩士ら252名が利尻に派遣され北方警備にあたる。島内には、警備に伴い命を落した藩士らの墓8基が、鴛泊ペシ岬と本泊、種富町に残されている。

1823【文政6】年 近江商人の藤野四郎兵衛が場所を請負う。

1834【天保5】年 松前藩の測量士今井八九郎が利尻島を測量し、精巧な地図を作成する。

1846【弘化3】年 松浦武四郎、島内を踏査し『再航蝦夷日誌』に記録する。

1848【嘉永元】年 ラナルド・マクドナルド野塚にアメリカ青年ラナルド・マクドナルドが上陸する。吉村昭著『海の祭礼』の題材にもなった。

【近現代】

(以下略)

 

 

  


 

 

 

【アイヌ】「北海道・東北縄文遺跡群」の世界遺産登録は要注意!縄文時代の乗っ取りか?【チャンネル北海道】

アイヌを日本、あるいは北海道の先住民族とするには、大きな弱点があります。

それは、12~13世紀に突然北海道に現れて、それ以前の歴史(文化)と連続性がないことです。

アイヌは金属器はもちろん、土器すら作れませんでした。

北海道の場合は、弥生文化がなく、続縄文文化、擦文文化と、土器の形式で分類されており、「鎌倉時代」に当たる辺りからいきなり「アイヌ文化」が現れます。

 

Hokkaido_nenpyo

 

そこで何が進行しているか...?

 

北海道と東日本(特に東北)の縄文文化とアイヌを結びつけようという動きです。

「和人」(ここでは、「非アイヌ」と言う意味で便宜的にこの呼称を使いますが、)の文化である縄文文化を「アイヌの文化」とする動きがあります。つまり、歴史(文化)の乗っ取りです。

 

その兆候が垣間見える記事をご紹介します。(2018年08月16日付け河北新報『縄文の聖地でアイヌ儀式 一関・祭畤地区の有志が復活』・・・画像が崩れているのは、画面全体を一旦PDFで保存した為)

 

20180816_kawakita_ainu

 

これを見た時、怪しいと思って保存して置いたのですが、「復活」とはどういう意味でしょうか?

 

現在、「北海道・東北遺跡群」を世界遺産に登録しようとしています。

縄文文化の痕跡は東日本に多く分析していて、確かに東北以北に顕著なのですが、これをわざわざ「北海道と東北」と切り取って、その共通性に理屈をつけて、世界遺産にする動きがあります。

実際、過去に既に2回、この申請は“国内予選落ち”しているのですが、その理由は、「『縄文遺跡は東日本全域にあるのに、なぜこの地域に限定するのか』という疑問に答えられていないこと」が理由のようです。(記事後述)

それに対し、その中心となっている(いた?)人物(北海道考古学会会長)の反論は、正直に言って、理解できません。

恐らく、地元の方達は無邪気に世界遺産に登録させたいだけでしょうが、「アイヌ」に利用される恐れがある、ということは知っておくべきです。

 

【関連動画】

【ch北海道】アイヌが北海道の先住民族ではないことを学びましょう[H31/4/15]
2019/04/15

キャスター:小野寺まさる、本間奈々(敬称略)

【ch桜北海道】北海道の他に東日本でもアイヌは先住民族?[R2/9/17]
2020/09/17

キャスター:小野寺まさる、本間奈々(敬称略)

※動画の内容は、後ほど追記。

 

◇ ◇ ◇

 

https://www.zaikaisapporo.co.jp/interview/article.php?id=13864
北海道・北東北縄文遺跡群は世界遺産登録でなぜ2回も予選落ちしたのか
2014/09/01 (日)

大島 直行 北海道考古学会会長

 ユネスコの世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、2年連続で国内予選落ちした。致命的欠陥は、〝縄文遺跡は東日本全域にあるのに、なぜこの地域に限定するのか〟という疑問に答えられていないことだ。

日本の考古学はガラパゴスだ

――7月10日に開かれた文化庁の文化審議会特別委員会で、2016年のユネスコ世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」が推薦見送りになりました。
北海道、青森、秋田、岩手の4道県による知事サミットで堀達也知事が02年8月「北の縄文文化回廊づくり構想」を提唱。07年8月の同知事サミットで、4道県一体となり世界文化遺産登録に向けて取り組みを進めることで合意してから、今年で7年たちます。ところが、去年に引き続きユネスコへの推薦を得ることはできませんでした。いってみれば、2年連続の国内予選落ちです。
大島さんは登録を目指す北海道・北東北の18遺跡の1つである北黄金貝塚を所管する伊達市噴火湾文化研究所の所長であり、北海道考古学会会長を務めています。1月には「月と蛇と縄文人」という画期的な著書を上梓しています。
そこでお尋ねします。なぜ、こんな結果になったのでしょうか。
大島 私の著書に対する書評(北海道新聞7月20日付)の中で、学習院大学教授の赤坂憲雄さんが考古学の現状について「100年の歳月を費やして、土器の型式や編年に精力を傾けてきた日本の考古学には、抜きがたくガラパゴスの匂いがする。そこでは、縄文人の世界観とは何か、といった問いそのものが忌避されている」と指摘しています。
それと同じことを中沢新一さん(哲学・人類学・宗教学者)が言っています。
「日本の中では考古学が、茶道や華道のような家元制度の芸とよく似た発展をしているなと思いますね。ひとつひとつの所作にものすごく重大な意味をもたせて分類されていくんだけど、それは閉じられた世界の中だけで意味を持つことで。だけど、お茶にしてもお花にしても、そもそも日本列島の中だけで閉じたものではないわけですよね。考古学ではピークに達している。その方向でいくらやったって、もう何も出てこないとわかっていても、まだそれを続けている。それを踏み破ろうとして、南方に目を向けたり、大陸に目を向けたり、抽象的次元に目を向けたりすると、そういうのは考古学じゃないと言われるから、学者も自己規制してしまう」(坂本龍一・中沢新一「縄文聖地巡礼」木楽舎刊)
まさに日本の考古学の構造的な課題を背負ったまま、北海道・北東北の縄文遺跡群を世界文化遺産に登録しようとするから、こういった結果になるんですよ。ここを解決しなければ世界は認めません。
日本ではどんな土器にも名前がついています、○○式土器と。しかし、○○式土器と名付けたからといって、その土器にどういう意味があるのか誰もわからない。そこには手を出そうとはしません。抽象的なもの、精神的なものにはね。
ところが、日本の考古学の現状など全く知らない国際記念物遺跡会議(イコモス)考古学遺産管理委員会共同委員長のダグラス・カマーさんとグアム大学ミクロネシア地域研究センター長のジョン・ピーターソンさんの2人は、来日した際、私の縄文論に耳を傾けてくれました。
世界遺産に登録される物件は不動産に限られますが、〝土器や土偶の精神性は、縄文文化を説明する上で欠かせない〟として、土器や土偶は動産ですが、〝不動産を説明するための動産はあり〟と評価してくださったのです。
だとすれば、そこをちゃんと担保する推薦書案じゃないと世界文化遺産登録は、先に進みません。だから、実際に出しても出しても推薦は見送られているじゃないですか。

求められるのは顕著な普遍的価値

――縄文文化が世界的に例を見ない特徴を持ったものであるということは、間違いないのですか。
大島 縄文文化が始まった紀元前1万3000年ころから、西アジアを中心に農業牧畜がどんどん広まっています。ところが、日本だけは1万年も狩猟採集社会が続きます。新石器時代に入っても狩猟採集生活を続けたというのは、世界的にもほとんど例がなく、非常に特異な文化と言えます。
――落選した際に文化庁からは「縄文遺跡は東日本全域にあるのに、なぜ北海道と北東北に限定するのか」と、最も基本的な事柄について説明が求められました。ところが、昨年も今年も、その疑問に答えることができませんでした。
大島 北海道・北東北は縄文文化の中でも優れているとか、縄文文化の中核だったなどと漠然とした形容詞では語られているけれども、具体的にどうなのかということを言ってないからです。
落選した理由の中には、ちょっとした工夫で解決できそうな技術的な問題も含まれています。例えば、遺跡の真ん中に道路が通っているところがいくつかあるという指摘です。しかし、イコモスは、どう対策を取るのか、ある程度の見通しを持てばいい、と言ってくれています。また、遺跡を保存するために、遺跡とそれ以外の間にバッファゾーン(緩衝地帯)を設置する必要もありますが、それも技術的な問題にすぎません。
世界文化遺産登録でとくに強く求められるポイントは、顕著な普遍的価値です。
縄文遺跡群世界遺産登録推進会議は、本格的な農牧畜をおこなわない狩猟・採集・漁労を基盤とした定住生活に顕著な普遍的価値があり、北海道・北東北の縄文遺跡群はそれを証明する無二の存在だと主張してきました。だが、それでは説明になっていません。定住型の狩猟採集社会は、北海道・北東北に限らず、縄文文化全体の特質だからです。

北海道・北東北に見られる特色とは

――では、北海道・北東北の縄文遺跡群には、世界文化遺産に登録されるような顕著な普遍的価値はないのですか。

大島 ありますよ。
北海道・北東北は、縄文時代の初めから津軽海峡文化圏と呼ばれる共通の文化基盤を持っていました。
津軽海峡文化圏は①プレ円筒土器文化(1万5000年前?)②円筒土器文化(7000年前?)③十腰内文化(4000年前?)④亀ヶ岡文化(3000年前?)―という4つのステージに整理され、土器や土偶、貝塚や盛り土などをともなった集落構造、ストーンサークル、墓や副葬品などで表される〝高い精神性〟(世界観)でくくられると同時に、特色ある文化ステージが連続します。

――だったら、なぜ、そういった見解が推薦書案に盛り込まれないのですか。

大島 1つは、最初に申し上げたように、現在の考古学では精神的なものに手を付けないからです。
2つめの理由は、縄文遺跡群世界遺産登録推進会議は4道県と18遺跡がある市町によって構成されていますが、推薦書案には現場の学芸員たちの意見が反映されていないからです。表向きは推進会議が作成するのですが、実際には、文化財保護や考古学などの学識経験者7人で構成される専門家委員会に委ねてしまったわけです。
形の上では議論をしたことになっていますが、あまりにも偉い先生方がつくったものですから、事実上、われわれ現場が口を差し挟む雰囲気ではなかったんですよ。専門家委員会のシナリオに基づいてできあがったのが1回目(昨年)の推薦書案で、そこには北海道・北東北に限る理由は書かれていなかったのです。
2回目は、これは大変だということで議論したのですが、1回目と結果的には変わらなかったということです。

――このままでは国内予選すら通りません。どうすればいいと思いますか。

大島 同じことを繰り返しても仕方がありません。最短で3年後、事によっては5年後、10年後を目指して、これを機会に日本の考古学界が総力を挙げて縄文文化の普遍的価値とは何かを研究し、世界に発信し、世界文化遺産登録を目指すべきです。
縄文研究で地域の情報を一番持っているのは、それぞれの地域の学会です。そこにいる研究者の力を結集すべきです。推進会議も4道県の考古学会に議論してもらい、意見を聞くべきです。私が会長を務める北海道考古学会も、少しでも世界遺産登録のお役に立てるよう議論を深めていこうと考えています。

 

一旦、ここまでで公開します。(後ほど動画の内容を追記)

 

 

  


 

 

 

2020/09/16

【札幌国際大学】日本語能力不足の中国人留学生大量受け入れと教授の懲戒解雇問題・誰が利益を得ているのか?【大月隆寛前教授が告発】

チャンネル北海道で取りあげていた問題ですが、単に、少子化による大学経営策では片付けられない問題が含まれているようです。

全国的には報じられていませんが、札幌国際大学(前身は静修短期大学)で語学力不足の外国人留学生(特に、中国人留学生)問題を巡って法人(経営側)と教授会が対立し、理事会は城後豊前学長の更迭を決定、大月隆寛教授が懲戒解雇となりました。

 

20200914_chhokkaido01

 

一見すると単なる内紛とも見えますが、そうとばかりは言えないようです。

札幌国際大学の場合、近年定員割れの状態が続いていたので大量に外国人留学生を受け入れる、と言うのは、納得はできなくとも経営のためにそういう方法もあるだろう事は想像できます。しかし、むしろ札幌国際大学の財政状況は悪化しており、そうなると、中国人留学生を受け入れることで誰が利益を得ているのか?という疑問を抱きます。

この大学の場合、瀋陽(しんよう)の小さな語学学校を留学窓口としており、中国国内の提携校も短期間で20~30校も一気に増えたそうです。こうした仕組みやネットワークを構築するのは容易ではないはずですが、思いついたからと言って、そう簡単にできるものか?

留学ビジネスの「スキーム」(図式というか雛形)がお膳立てされているのではないか? もう少し勘ぐれば、日本への“静かなる侵略”という中国側の思惑で垂らされた釣り針に札幌国際大学の経営陣が引っかかったのではないか?、とも想像される問題です。

 

【ch桜北海道】中国人留学生大量受入問題、追及したら懲戒解雇に![R2/9/14]

キャスター:小野寺まさる(元北海道議会議員)
      本間奈々(キャスター)
ゲ ス ト:大月 隆寛(元札幌国際大学人文学部教授)
      大高 未貴(ジャーナリスト)

 

以下、問題の経緯。(テロップより)

  • 2019年度入学より、上野八郎理事長以下法人側は外国人留学生を大幅に増やして定員充足率をあげる施策を採り始めた。
  • 2018年度内から準備を始め、海外提携校を大幅に増やし、中国の瀋陽に業務委託事務所を置いて学生を募集、入試等を行っていたが、その際、外国人留学生に求められる日本語能力の検証が適正にされないまま、事実上全員合格させていた。
  • その結果、2019年4月の段階から現場の日本語教師達から新入生の日本語能力に問題ありと声が上がり、独自のテストを行ったところ、「N2」(日本語能力試験のレベル)相当の日本語能力に満たない留学生が半数近くいることが分かった。
  • 教学側は能力別にクラス編成をするなど対処に腐心していたところ、これを法人の留学生政策に反対するものと考えた上野八郎理事長以下法人側が、理事等に城後豊前学長の更迭を打診
  • これを知った理事会が外部理事等を中心に事態の是正を求めたが、上野理事長以下法人側は、次期学長候補の選定委員会を立ち上げ、議事録も委員名も明らかにしないまま、次期学長候補を選定。城後前学長交代の理由として、城後前学長が理事会に提出した留学生の現状について作成したエビデンス資料を「怪文書」とし、「差別教育」を行おうとしたことが大学に対する背任行為にあたると一方的に主張。
  • 城後前学長、一部の外部理事の主張は一方的に圧殺され、内部での事態改善は求められないと判断した城後前学長が、今年に入り、外部の関係諸機関に実情を知らせ、報道機関にも協力を求め3月31日に北海道庁で記者会見を開いた。

 

大月隆寛教授の懲戒解雇理由(法人側言い分)は下記の通り。(テロップより)

  1. 3月31日に行われた記者会見に同席していた。
  2. ツイッターで本学の内部情報を漏洩した。
  3. 教授会全員の総意に基づかない文書を城後豊前学長が外部理事に手交する場に立ち会った。
  4. 教授会への出席回数が少ない。

大月教授はこれを大学側の解雇権の乱用、内部告発者への見せしめ的な恫喝・威圧であるとして、現在、地位保全と賃金仮払いの仮処分申し立てをしている。

 

ここまで、番組で提示された「事件」の概要で、以下、番組で語られた内容を纏めます。

 

◇ ◇ ◇

 

この4月から、元文科省役人で、天下り斡旋の前川喜平元事務次官の片腕であった嶋貫和男が理事に正式に就任している。島貫氏は、それ以前から経営戦略委員会という理事直属の組織に入り込んでおり、2018年春から経営に様々な指示を与えているのは議事録にも残っている。たとえば、留学生を招くには「N2」レベルの語学力があることを証明するのは大学の責任だが、「レベルに関しては大学側の裁量の余地がある」という助言を島貫氏が与えた証拠がある。島貫氏の理事就任は、事態を改善しようとしていた者を追い出したり、隅に追いやったりして片付けた後の事。

※ブログ主註:文科省の天下り斡旋事件では、島貫和男氏は発覚時点では既に退官済みだったので処分は下されていない。2017年に国会に参考人招致された島貫氏は天下り先で「月2日勤務で年収1000万円」という好待遇だと話している。(後述【参考記事④】)

 

20170207_shimanuki01
出典:産経web(記事後述)

 

◆留学生を本格的に受け入れる方針にした後、「国際センター」という組織が事務方に設置され、沢田某(不明だがググったところ、沢田隆氏?)という拓銀OBが入っているが、この人物は札幌国際大学に来る前、恵庭の文教大学でも同様の留学生ビジネスを仕切っていた。そのやり方を札幌国際大学でもほぼ踏襲している。この人物が瀋陽の語学学校を窓口にした。その後、2018年度に何度も理事長や事務方トップが中国を訪問し、提携校が20~30校増えた。これを札幌国際大学側だけでできるとは思えず、何らかのビジネスモデルの雛形が既にできているのではないか? 偶然かも知れないが、苫小牧駒澤大学を買収したり、稚内の北星学園にも関わっている京都の育英館という学校法人があるが、ここも瀋陽に日本語学校を持っている。(後述【参考記事②、③】

◆中国人留学生は提携校から直に入るのではなく、瀋陽の日本語学校を介して入学する仕組みになっている。この学校の経営者は中国の少数民族系(大高未貴氏の質問で朝鮮族らしいことが判明)。

◆これは大学のガバナンス(統治の健全性)の問題である。経営と教学側が良い緊張関係にあるのではなく、経営側が暴走しているのが今の状態。

◆「定員充足率をあげて留学生助成金や補助金を受ける施策」と経営側は説明するが、それで獲得できる補助金は2千万円程度。しかし、現理事長になってからの4年間で30億円位“溶かして”いる。(減少している) 初代の理事長はやり手で、百億円くらいお金を貯めていたと言われているが、現在の経営陣は数十億溶かしている。経理も“ザル”で、本丸はこの問題だろう。留学生やスポーツ特待生で定員充足率をあげても、むしろ経営的には4期連続の赤字になっている。では、誰が得をしているのか?

◆北海道だから(メディアの監視も無く)大きな問題にならない。理事長も「(北海道では)道新(=北海道新聞)と財界札幌を抑えておけば問題ない」と嘯(うそぶ)いている。閉ざされた世界でごまかせればどうにでもなると思っているのではないかと個人的に感じている。

◆昨年1500人位行方不明の留学生を出して問題になった東京福祉大学のような事態には今のところなってはいない。しかし、語学力が低く、大学に出てきても授業についてこれない(=授業に出てこない)生徒が出ている。留学生を受け入れると言うことは単に成績管理だけではなく、アルバイトの時間数等の生活面も把握しないとならないが、ある時期までは事務方が管理するだけで、教学側にデータを下ろしてこなかった。

札幌入管には通報しており、7月頃には大学に調査が入ったはず。我々(教学側)はそれに期待している。これで文科省がどこまで手を突っこんでくれるか...前川喜平元事務次官の片腕の島貫氏を堂々と理事に入れて表に出したのは、対文科省のシールド(盾)として期待しているのではないか?(【追記】→2020/09/18付北海道新聞によると、「(入管から)法令違反はないとされたが、指導が入った」由)

◆現在、大学ではお手盛りの「第三者委員会」を設置して調査しているが、全員法人側の人間なので、全く中立性に欠ける。結果は10月末には出るとのことだが、委員の一人は文科省OBで、現役時代に島貫氏から天下り斡旋を2回受けた人物

◆内部の問題だが、問題はあまりにも根深いと思う。だから、国民に広く興味を持って貰いたい。

◆(大高氏より「語学テストのスコアは誤魔化しようがないと思うが、どうやったのか?」の問いに、)正式な「N2」合格証を添付しているケースはいいが、それがない場合、独自のテストをする。ペーパー試験以外にスカイプを使った遠隔でのテストがあるが、その様子をチェックした現場の教師によると、どうも、プロンプターがそばにいるか、予め用意したものを読んでいるのでは?と思わせるケースがあった。留学生の試験は通常の試験と異なり、事務方(国際センター)が管理しており、ほぼ全入になるよう、圧力が掛かっていた証拠も握っている。入管に対してN2相当の語学力があることを証明するのは大学の義務だが、それができていないのではないか。

◆(小野寺氏)そんな留学生に我々の税金を使うのは問題だ

◆(小野寺氏の「学生はどう思っているのか」の問いに、)卒業生の有志が署名と抗議文を大学と文科省に叩きつけた。但し、大学からは未だに回答はない。現役の学生も同調する動きがあったが、仕返しをされる危険性があるので、こちらから抑えている。

◆大学側は「学生ファースト」などと言っているが、卒論を抱えた学生もいるのに、途中で担当教師が切られたわけで。学生にどう説明すべきかと問うたら、「退職したと言っとけ。どうせ分かりっこない。」と言われた。これは録音してある。

◆(小野寺氏「これは大学一つの問題ではない。入管や文科省、税金の話でもあるから、チャンネル北海道でも今後も追っていく。」)ありがたい。とにかく文科省の反応が鈍い。(→小野寺氏「知り合いの代議士に何人かに既に声をかけ始めている。」)

以上。

◇ ◇ ◇

【参考記事①】

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200801/dom2008010003-n1.html
札幌国際大を突然クビ…名物教授・大月隆寛氏が激白!「根拠なく違法」 背景に北海道の「外国人留学生問題」
2020.8.1

 民俗学者で評論活動でも知られる大月隆寛氏(61)が、北海道の札幌国際大学の教授職を懲戒解雇されたのは違法として、地位保全などを求める仮処分を札幌地裁に申し立てた。大月氏は夕刊フジの取材に、北海道の外国人留学生をめぐる問題が背景にあると主張した。

 大月氏は、民俗学や民衆文化論をベースに、地方競馬やマンガなど幅広い分野での評論や言論活動で知られる。国立歴史民俗博物館助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを歴任し、「新しい歴史教科書をつくる会」にも一時参加。2007年に札幌国際大教授に就任した。

 問題が表面化したのは今年3月。退任が決まっていた城後(じょうご)豊前学長が記者会見で、大学側が日本語能力が水準に満たない留学生を入学させたことを批判した。その会見に同席していた大月氏は、6月29日付で突然、懲戒解雇された。会見への同行やSNSで大学の内部情報を漏洩(ろうえい)したことなどを理由に挙げられたとする。

 大月氏は、「会見で発言したわけでもなく、ついていってその場に同席していただけで、懲戒解雇理由の根拠がない。学校法人側が話し合いに応じる気がないため、法的手段に踏み切った」と語る。

 大月氏によると、札幌国際大では定員割れの状態が続き、2017~18年ごろから外国人留学生を増やす方針をとったところ、昨年春以降、「教員の間で、留学生のレベルのばらつきが大きく、授業が成り立たないという報告が上がってきた」という。

 文科省は20年度から、学位が授与される正規の教育課程で日本語で授業を行う場合、留学生は日本語能力試験で難易度が5段階中、2番目に難しい「N2」レベル相当以上が目安としている。

 当時はこの目安は設けられていなかったが、大月氏は「自前で日本語能力テストを実施すると、どうみても『N2』能力のない生徒が半分近くいることが分かった」と振り返る。

 大月氏は留学生の在籍管理などのフォローについても、「本来、ゼミの教員など教学側が把握すべきだが、事務方が一括して教学側に情報をあげていなかった時期もある。特定の科目のみを履修する科目等履修生も、正規の学生といっしょくたにしていた」と指摘する。

 大月氏は「高校の先生や生徒、保護者らも含めて地元の人はこうした状況をよく見ている。いま在籍している学生たちもたまったものではないだろう」と憂える。

 これに対し、札幌国際大の事務局担当者は、「日本語留学試験や日本語能力試験を受けられなかった学生も、救済の意味で本学の独自の筆記試験と入学の面接試験、書類選考を行ったうえで入学させた」と説明。在籍管理についても「徹底している」と強調した。

 大月氏の解任理由については、「記者会見は最後の手段で、万が一不正があったというのなら、北海道庁や文部科学省の担当に行けばいい。同行した先生の罪はどんなに重いか。軽く考えてはいけない」と述べた。

 前出の大月氏は、北海道の外国人留学生をめぐる状況についてこう話す。

 「留学生は大半が中国人だ。専門学校生ビザで日本語学校に来て、『N2』レベルに達せずビザの切れた学生をいったん帰国させ、今度は改めて大学生として受け入れさせる『ビザ・ロンダリング』のようなことも起きている。日本語学校を転々としてきた30代の学生もいる」

 問題の根は深いのか。

【参考記事②】

https://www.sankei.com/life/news/170619/lif1706190008-n1.html
苫小牧駒沢大が中国化する 譲渡先法人理事「中国共産党員」系列高は田中将大投手ら卒業の名門
2017.6.19 08:22

 大リーグ・ヤンキースで活躍する田中将大投手やスピードスケートなどでオリンピックに7回出場した橋本聖子参院議員らを輩出した名門、駒澤大付属苫小牧高校を擁する学校法人駒澤大学(須川法昭理事長)が今年1月、傘下の苫小牧駒澤大学(以下苫駒大)を中国と関係が深い京都市の学校法人に無償で移管譲渡することを決めた。すでに協定書を交わし、文部科学省に設置者変更を申請、認可されれば、来年4月1日から、苫駒大の名前が消える。一部大学関係者や寄付行為者である曹洞宗の関係者の間では、移管譲渡までの経緯が不透明なうえ、苫駒大が“中国人大学”になり、駒大グループが“中国化”するのではないかという不安が広がっている。一体、何が起きているのか?

 移管譲渡を受けるのは「学校法人京都育英館」(松尾英孝理事長)。平成25年4月に設立され、京都看護大学や苫小牧市に隣接する白老町で北海道栄高校(生徒数371人)の運営を手がけている。同法人を設立した「学校法人育英館」(同理事長)は、京都ピアノ技術専門学校や関西語言学院(京都市)、四万十看護学院(高知県四万十市)を運営、中国・瀋陽市では、東北育才外国語学校を設立、経営している。

 ホームページによると、関西語言学院は、中国の高校や大学を卒業した学生を日本の大学や大学院に進学させるための日本語学校。在籍する学生は昨年7月現在で540人で、全員が中国人だ。東北育才外国語学校は東北育才学校(瀋陽市)と共同で設立した中高一貫校で、日本語教育を展開。東北育才外国語学校から関西語言学院、そして日本国内の大学へというルートを構築してきた。(以下略)

【参考記事③】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53784410V21C19A2L41000/
北海道の稚内北星学園大存続へ 京都の学校法人が支援
2019/12/25 16:15

経営危機にある稚内北星学園大学(北海道稚内市)は、専門学校を運営する学校法人育英館(京都市)の支援を受け存続することになった。稚内市の工藤広市長が25日、市議会の全員協議会で表明した。情報メディア学部の単科大であることは変更せず現在、育英館理事長の松尾英孝氏が2020年度から大学理事長になり経営を一新する。

工藤市長によると、体制移行に向け市、大学、育英館で19年度中に協定を結ぶ。20年8月をメドに大学、法人の名称変更を検討している。

日本経済新聞の取材に松尾氏は「ビジネスの世界でロボットなどの情報技術の識見が求められ、情報メディア学部は有望な分野。地方で優秀な人材を育成する」と強調。「地元で広報をくまなく行い志願者増につなげたい」と語った。

育英館は京都府や高知県で看護専門学校や日本語学校などを運営。同じく松尾氏が理事長を務める別法人の京都育英館は苫小牧駒沢大学(苫小牧市)、北海道栄高校(白老町)を運営している。

稚内北星学園大は1987年に短大として開学し、2000年に4年制へ改組した。ここ10年は定員割れが続き充足率が50%台にとどまっていた。経営不振の大学に対する私学助成金を削減する国の方針で国庫補助金が減少。市は16年度から補助金5000万円を支援する一方、存廃を巡り大学と協議していた。

【参考記事④】

https://www.sankei.com/politics/news/170208/plt1702080016-n1.html
嶋貫和男氏「月2日勤務で年収1000万円」に驚きの声 国会内「おお~っ」、ネット上「天下り斡旋してよ~」
2017.2.8

 文部科学省の天下り斡旋問題で、7日に行われた衆院予算委員会の集中審議で参考人として出席した文科省の人事課OBの嶋貫(しまぬき)和男氏(67)が天下り先での厚遇ぶりを認め、波紋を呼んでいる。(中略)

 嶋貫氏は牧原秀樹氏(自民)の「斡旋の中心人物と認定されているが、事実か」との追及に「許される範囲のものと考え、人助けという思いで行ってきたが、監視委員会の報告を受け、自身の認識不足を恥じている。悔いてもいる」と反省の弁を述べた。これについてもツイッター上では「民間の立場で人助けって、そんな道理はない。だったらお金貰わず完全ボランティアでやりなさい」などの批判の声が上がった。

 文科省が6日に発表した調査結果によると、嶋貫氏は人事課で調査官や企画官など要職を歴任し、2009年7月に文科省を退職。保険代理店の顧問や財団法人の審議役に就く傍ら、人事課が作成した退職者リストを活用して再就職の斡旋に関与し13年ごろまでに嶋貫氏と人事課による斡旋体制が形成・拡充された。

 

  


 

 

 

2020/09/15

【プロ「アイヌ」】中身が空っぽな『ウポポイ』展示物-アイヌが働いている会社のノベルティグッズまで展示!?【ウソッポイ】

チャンネル桜で小野寺まさる氏が披露されていた話ですが、ツイートの画像をお借りして、拡散のためにエントリーとします。

 

小野寺まさる
@onoderamasaru

これが国立アイヌ民族博物館のウポポイに展示されているが、この方は悪くない。【現在のアイヌ民族】という常設展示で1人のアイヌの青年が働いている会社が社員に支給している手帳やボールペンや製品カタログを展示している博物館の頭が悪いのだ。これが国立の民族博物館なのだから呆れ果てる。
午前10:35 2020年9月3日

 

要するに、展示する物が少なくて、無理矢理「現代アイヌの生活」みたいなコーナーを作って、会社から支給された事務用品(ノベルティグッズ)や会社のカタログを展示しているという事。

 

20200903_tweet_onodera_ainu01

 

 

スカイプ出演:
小野寺まさる(元北海道議会議員・チャンネル桜北海道キャスター)
本間奈々(国守衆北海道代表・チャンネル桜北海道キャスター)

 

他にも、

  • 縄文土器などの「アイヌ」とは関係ないもので古い展示物はあっても、アイヌ関連では最も古いもので1980年代の展示物。
  • 展示物に出典(出土場所などの由来)がない。しかも、所有者が明記されている。(貸出料を払っている可能性あり?)
  • アイヌの衣装や工芸物は最近作ったもの。(サークルの作品展のようなもの)
  • アクセサリー(「シトキ」=ネックレス)の中にはネットオークションか何かで入手したパーツを使って最近作ったものがある。

 

等々、なかなかブログでご紹介できないのですが、ウポポイには怪しげな展示物が多々あります。

 

20200806_matoba_upopoi02

 

シトキについては、京都の仏具屋に発注していたことも発覚しています。仏具店がHPに書いたことでバレてしまい、さすがに都合が悪いと思ったのか、これは展示されていないそうですが。

 

20200806_matoba_upopoi01

 

上の2枚の画像は、的場光昭氏のYouTube動画《的場塾 第8回 アイヌ先住民族否定論 【番外編】『ウポポイを斬る!』よりキャプチャしたものです。こちらの動画も是非ご覧下さい。

 

動画の中で解説がありますが、本来は下図のように、鉄瓶の蓋やそろばんの珠など、所謂「和人」から入手した物で作られるものなのだそうです。(出展:同上)

 

20200806_matoba_upopoi03

 

これが「国立」の博物館というのだから呆れます。

 

「アイヌ」関係者は、こうした批判を「ヘイトスピーチ」と言って封じ込めようとしています。

 

  


 

 

 

【沖縄・ハンセン病】反基地活動の新たなツール「ハンセン病」

以下、覚え書きとして。

 

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1190409.html
「沖縄差別と同構図」 ハンセン病元患者ら語る 那覇
2020年9月13日

 【那覇】沖縄のハンセン病の歴史を知ってもらおうと元患者や家族が語るトークライブが8月30日、那覇市牧志のブラジル軽食イベントスペース「Punga Ponga(プンガポンガ)」で開かれた。

 この日話をした大宜味村在住の50代男性は、父親がハンセン病の患者だった。男性は、差別を受けたことで酒に溺れた父から家庭内暴力を受けたことで、距離を置いていた。その父から手記の清書を頼まれたことを紹介した。

 書きためた500枚に及ぶ父の手記と、手記に書かれなかった差別に耐えてきた半生が愛楽園の資料館に無記名の証言集で紹介されている事実を知り、衝撃を受けたことを話した。

 男性はハンセン病患者の根絶が国策として掲げられ、患者は社会から強制的に隔離、断種と堕胎を強要されてきた歴史と、沖縄戦、その後の基地問題など沖縄差別の構図は同じだと指摘。「無関心は罪であり共犯である。ハンセン病は『恐ろしい病気』と国民に植え付けた間違いを教科書で教えるべきだ」と持論を訴えた。

 また元患者で沖縄ハンセン病回復者の会共同代表の平良仁雄さん(81)は「ハンセン病患者を価値のない人間だと撲滅するために国は『国辱病』と宣伝してきた。腹の底から込み上げる怒りの根底に平和がある」と強調した。(喜納高宏通信員)

 

* * * *

 

なぜ、沖縄でハンセン病が取りあげられるのかは、こちらのエントリー『【ハンセン病訴訟の不都合な真実】ハンセン病の家族訴訟は沖縄「反基地活動」とリンクしている』をお読み下さい。

 

※沖縄とハンセン病に関する記事はカテゴリー「沖縄(ハンセン病問題)」に分類してあります。

 

 

  


 

 

 

【慰安婦問題】元慰安婦沈美子氏の証言も信じられない/심미자 씨의 위안부 증언도 신빙성 결여

日本語の説明は後半に。

 

20200522_mediawatch_simmija01

 

article full text

http://www.mediawatch.kr/mobile/article.html?no=254809
니시오카 쓰토무 “심미자 씨의 위안부 증언도 신빙성 결여”
일본재판소에서 심 씨를 ‘위안부로 인정’했다는 한국 언론의 보도는 거짓
이우희 기자 wooheepress@naver.com
2020.05.22 12:57:24

일본 내 좌익들의 위안부 관련 거짓말을 바로잡아 온 니시오카 쓰토무(西岡力) 레이타쿠(麗澤)대학 객원교수가 이번에는 한국 언론의 위안부 관련 집단 오보를 지적했다.

니시오카 교수는 21일 페이스북에 ‘위안부 심미자 씨의 증언도 믿을 수 없는 문제에 관하여 (元慰安婦沈美子氏の?言も信じられないことについて)’라는 글을 올렸다.

 

caption for image :▲ 국내 언론이 정대협(현 정의기억연대)을 비판하며 심미자 씨를 정의롭고 진실한 사람인 양 포장하는 것은 생각해볼 문제다. 사진=TV조선 캡처
機械翻訳:韓国のメディアが挺対協(現正義記憶連帯)を批判し、沈美子さんを正義で真面目な人であるかのように包装するのは考慮すべき問題だ。 =写真=TV朝鮮キャプチャー

 

이 글에서 니시오카 교수는 “최근 한국에서는 매스컴이나 관계자들이 심미자(沈美子) 씨와 관련, ‘일본 최고재판소가 최초로 위안부로 인정했다’고 전하고 있다”면서 “그러나 이것은 다음 두 가지 점에서 사실이 아니다”라고 말했다.

우선 심 씨 등이 일본 정부를 상대로 제기한 소송에서는 위안부의 역사적 사실은 쟁점이 아니었다. 전후보상 문제에 관한 조약 검토와 법 해석 등이 쟁점이었을 뿐이라는 것.

니시오카 교수는 “일본 최고재판소는 ‘위안부 인정’이라는 것을 한 바가 없다”며 “심미자 씨는 1991년 12월 6일에 김학순 씨 등 위안부 출신자들과 군인·군속 출신자들이 도쿄 지방재판소(1심)를 통해 일본 정부를 상대로 전후보상을 요구하며 제기한 소송에서 제2차 원고로 참가했다”고 밝혔다.

심 씨 등은 최종 패소했다. 니시오카 교수는 “피고인 일본 정부 측은 어디까지나 조약이나 법 해석 등의 쟁점에서 싸워서 승소한 것”이라며 “일본 정부는 심 씨 등이 자신이 위안부이었다고 주장한 부분을 포함한 역사적 사실에 대해서는 쟁점으로 다툰 바가 없다”고 강조했다. 따라서 “판결에는 심 씨 등의 주장이 그냥 그대로 쓰여 있을 뿐”이라고 그는 덧붙였다.

니시오카 교수는 “최고재판소 판결에서는 ‘소위 군대위안부 관계의 상고인’이라고 하는 표현이 사용되었지만, 이것은 원고인 심 씨 등이 그렇게 주장을 했고, 피고인 일본 정부가 그 점에 대해서는 다투지 않은 결과에 지나지 않는다”고 부연했다.

두 번째로 한국 언론의 보도와 달리 “심미자 씨보다도 1년 8개월 더 일찍 최고재판소로부터 판결을 받은 위안부 출신자가 3명이 있었다”는 게 니시오카 교수의 주장이다.

니시오카 교수는 “하순녀(河順女) 씨를 비롯한 위안부 출신자 3명이 여자근로정신대 출신자 7명과 함께, 1992년 12월 25일에 야마구치 지방재판소에 보상을 요구하는 소송을 제기했다”며 “이들은 1998년 4월에 부분 승소했다. 하지만, 2001년 3월에 히로시마 고등재판소에서는 전면패소했고, 이어 2003년 3월 25일에 최고재판소에서도 상고기각 전면패소 판결이 내려졌다”고 전했다.


한국 언론의 집단 오보 보다 중요한 것은 심 씨의 과거 증언 자체가 황당한 부분이 많아 신빙성이 높지 않다는 점이다. 즉, 그녀가 정말로 종군 위안부였는지도 분명치 않다.

니시오카 교수는 “심 씨의 이야기는 국민학교에 다니고 있었을 때 일본국 지도 위에다가 무궁화 자수를 한 것이 문제가 되어 학교 내에서 경관에게 강간, 고문을 당했고, 의식을 잃어서 깨어나보니 후쿠오카의 위안소였다고 하는 황당무계한 이야기”라고 밝혔다.

이와 관련해 니시오카 교수는 “경관이 교내에서 학생을 강간하거나 고문하거나 할 수는 없다”며 “또 일본군은 어차피 이미 유곽이 존재해서 공창을 이용할 수 있는 일본 국내에서는 군 위안소를 설치한 바 없다”고 지적했다.

결국 “이 때문에 후쿠오카에서 위안부 생활을 했다고 하는 심 씨의 증언은 후쿠오카의 유곽에서 일했다는 것으로 밖에 해석되지 않는다”고 니시오카 교수는 짚었다.

니시오카 교수는 “최근까지 정대협과 함께 반일운동을 계속해왔던 이용수 씨도 거짓 증언을 해왔다”며 “그러나, 실은 이용수 씨보다 이른 시기에 정대협과 격렬하게 대립해왔던 심미자 씨의 증언도 신빙성이 결여되기는 마찬가지”라고 평가했다.

이하 니시오카 교수의 페북 글 전문.

 

from Prof. Nishioka's Facebook


위안부 심미자 씨의 증언도 믿을 수 없는 문제에 관하여
(元慰安婦沈美子氏の証言も信じられないことについて)

니시오카 쓰토무(西岡力) 2020. 5. 21. 페이스북 게재

최근 한국에서는 매스컴이나 관계자들이 심미자(沈美子) 씨와 관련, “일본 최고재판소가 최초로 위안부로 인정했다”고 전하고 있다. 그러나 이것은 다음 두 가지 점에서 사실이 아니다.

첫째, 일본 최고재판소는 ‘위안부 인정’이라는 것을 한 바가 없다.

심미자 씨는 1991년 12월 6일에 김학순 씨 등 위안부 출신자들과 군인·군속 출신자들이 도쿄 지방재판소(1심)를 통해 일본정부를 상대로 전후보상을 요구하며 제기한 소송에서 제 2차 원고로 참가했다. 이 재판의 원고로 위안부 출신자가 9명이 있었다.

2001년 3월에 도쿄지방재판소에서는 원고들이 패소하였고, 이 시점에서 이미 사망자인 김학순 씨, 문옥주 씨 등 3명은 원고에서 빠졌다. 이어 심미자 씨 등 6명이 군인·군속들과 항소했고 2003년 7월에 도쿄고등재판소에서도 원고들이 패소했다. 이들은 최고재판소에 상고했지만, 2004년 11월 29일 최고재판소에서 상고 기각 판결이 내려졌다.

피고인 일본 정부측은 어디까지나 조약이나 법 해석 등의 쟁점에서 싸워서 승소한 것이다. 일본 정부는 심 씨 등이 자신이 위안부이었다고 주장한 부분을 포함한 역사적 사실에 대해서는 쟁점으로 다툰 바가 없다. 따라서 판결에는 심 씨 등의 주장이 그냥 그대로 씌어져 있을 뿐이다.

최고재판소 판결에서는 “소위 군대위안부 관계의 상고인”이라고 하는 표현이 사용되었다. 하지만, 이것은 원고인 심 씨 등이 그렇게 주장을 했고, 피고인 일본 정부가 그 점에 대해서는 다투지 않은 결과에 지나지 않는다. 위안부 인정과는 관계가 없는 것이다.

둘째, 심미자 씨보다도 1년 8개월 더 일찍 최고재판소로부터 판결을 받은 위안부 출신자가 3명이 있었다.

심미자 씨 등의 재판과는 달리 하순녀(河順女) 씨를 비롯한 위안부 출신자 3명이 여자근로정신대 출신자 7명과 함께, 1992년 12월 25일에 야마구치 지방재판소에 보상을 요구하는 소송을 제기했다.

이들은 1998년 4월에 부분 승소했다. 하지만, 2001년 3월에 히로시마 고등재판소에서는 전면패소했고, 이어 2003년 3월 25일에 최고재판소에서도 상고기각 전면패소 판결이 내려졌다. 즉, 심미자 씨 등과 비교해서 1년 8개월 더 일찍 이들이 위안부 출신자로서 처음으로 일본 최고재판소 판결을 받아낸 것이다.

그리고, 심미자 씨는 그녀를 포함시켜서 합계 여섯 사람이 나란히 최고재판소 판결을 받았다. 심미자 씨 이외 원고는, 김란이(金蘭伊), 이귀분(李貴分), 노청자(盧清子), 가네다 기미꼬(金田きみ子/본명 박복순(朴福順)), 김복선(金福善)이다. 즉, 심미자 씨는 일본에서 두번째로 최고재판소 판결을 받은 6명 가운데 1명일 뿐인 것이다.

덧붙이자면, 심미자 씨의 신상과 관련한 이야기 자체가 쉽사리 믿기가 어렵다. 국민학교에 다니고 있었을 때 일본국 지도 위에다가 무궁화 자수를 한 것이 문제가 되어 학교 내에서 경관에게 강간, 고문을 당했고, 의식을 잃어서 깨어나보니 후쿠오카의 위안소였다고 하는 황당무계한 이야기다.

경관이 교내에서 학생을 강간하거나 고문하거나 할 수는 없다. 또 일본군은 어차피 이미 유곽이 존재해서 공창을 이용할 수 있는 일본국내에서는 군 위안소를 설치한 바 없다. 이 때문에 후쿠오카에서 위안부 생활을 했다고 하는 심 씨의 증언은 후쿠오카의 유곽에서 일했다는 것으로 밖에 해석되지 않는다.

최근까지 정대협과 함께 반일운동을 계속해왔던 이용수 씨도 거짓 증언을 해왔다. 그러나, 실은 이용수 씨보다 이른 시기에 정대협과 격렬하게 대립해왔던 심미자 씨의 증언도 신빙성이 결여되기는 마찬가지다.

 

* * * *

 

上記の韓国語記事は保管と拡散のために掲載したものです。

これについて簡単に説明すると、

機械翻訳は以前のエントリー『【慰安婦問題】「沈美子氏は日本も認めた慰安婦」という韓国メディアの嘘』に掲載しています。今年の春、李容洙(イ・ヨンス)という自称元慰安婦(←トランプ大統領に抱きついたばあさん)の化けの皮が韓国でも剥がれ始めた頃、それと対照的に、挺対協と対立して別の組織(「ムクゲ会」)を立ち上げた故・沈美子氏等元慰安婦は“本物”だとする記事やコメントが多く掲載されました。

韓国人によくある単純な二元論で、「挺対協が『悪』なら、それと対立した沈美子氏等は『善』」という論理です。

しかし、西岡力教授がFacebookに「沈美子氏の証言も信憑性がない」と書いたところ、ネットメディアの『メディアウォッチ』が取りあげました。

『メディアウォッチ』は日本語の論文を翻訳して掲載したり、代表の邊熙宰氏も『月刊Hanada』に寄稿したりする保守系のメディアです。恐らく、韓国では「極右」のレッテルを貼られていることでしょう。
 

このエントリーに記事を転記したのは、YouTubeのコメント欄に沈美子氏の証言を英語で要約して投稿すると消されてしまうからです。上の記事もGoogle等では検索されにくくなっているかも知れません。

それ程、彼女の証言は荒唐無稽で、韓国にとっては都合が悪いのです。

 

以下は、『慰安婦と戦場の性』(秦郁彦著)の沈美子氏の証言が書かれた箇所です。

 

20200522_mediawatch_simmija02

 

以下、証言部分をテキスト化したものです。

1924年、朝鮮黄海道の鳳山に出生。父は独立運動に関係して満州に行き不在。12歳で小学校に入り、16歳の1940年3月、警官が学校から連行、警察署で父のことを攻めて拷問し強姦した。何日か意識を失い、気がついた時は知らない場所にいた。
「ここはどこか」と同室の女性たちに聞くと「福岡」の軍慰安所だという。土、日は40~50人の兵にサービスさせられた。1年半後にに神戸へ、8ヵ月後に大阪の将校慰安所へ移ったが、一銭も貰わなかった。
大阪で終戦を迎え、工場で働いたのち、53年(1953年)韓国へ帰った。現在は生活保護を受けている。

 

以下のような脚注が付いています。(出典)

1991年12月に、日本国政府を相手取り東京地裁へ訴訟した「アジア太平洋韓国人犠牲者補償請求事件」の訴状を記載した平林久枝編『強制連行と従軍慰安婦』(日本図書センター、1992)189ページ。

 

裁判の時点では上記のように語っていたことになります。

 

著者(秦郁彦氏)が指摘している通り、38度線より北の黄海道で気を失い、気付いたら福岡にいたなどというのも信じられないし、日本国内(内地)に日本軍向け慰安所などありません。

恐らく、日本に来た経緯を誤魔化したかったのでしょう。

 

韓国人が、なぜ日本人が韓国(人)に対して怒っているのか、なぜ「嫌韓」なのか、その理由が分からないのも尤もな話だと思います。

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/14

【沖縄】沖縄タイムス社員、コロナ給付金の不正受給/県内では多額の詐欺発覚

公開:2020-09-14 07:43:46  最終更新:2020/09/16 7:07

沖縄県を代表する新聞社の一つ、沖縄タイムスの40代の社員が個人事業主を装って、中小企業などを対象にした持続化給付金のみならず、生活困窮者らを対象にした緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請して180万円程を不正に受給していることが発覚しました。(2020/09/16追記:その後、県の感染拡大防止対策奨励金10万円も申請していたことが判明。但し、支給前だった。『沖縄県の奨励金10万円も申請 社員の不正受給問題 タイムス調査で判明』)

別の30代社員は緊急小口資金20万円を不正受給。40代の社員は社内外の同僚や知人15人にも声がけしており、13日迄に他の社員2人が説明会に参加して「手数料」として、1万円から1万数千円支払っていたことも分かりました。

 

20200914_okinawatimes01

 

沖縄県内では、上記犯罪が発覚する前の8日に琉球新報が反社と見られる組織的な不正受給(400人規模)、10日には特定の税理士が1800人程の不正受給の書類を作成して5億円規模の手数料収入を得たことが発覚しています。

この2つの事件が同一のものかは不明ですが、後者だけでも収入から想像するに、県内の不正受給の総額は数十億に上ると思われます。

後述する記事によると、沖縄タイムスの社員による詐欺は後者の税理士から芋づる式に発覚したのではないかと思われます。

現在、2人の社員は「自宅待機」との事ですが、米軍関係者の些細な事故や事件も厳しく追及する沖縄タイムスのことなので、さぞや厳しい処罰を行うことでしょう。

 

ところで、コロナ給付金に関しては、7月上旬に石川県で10万円の個人給付を5人分詐取したという報道がありました。(この件で7月8日にツイートしていたので覚えていました。) それ以降、同様の詐欺はあまり報道されていませんが、沖縄以外にも似たような詐欺事件はあるのではないでしょうか?

組織的ではないから発覚していないのか、発覚しても大きく報道がされていないのか...。これも総括が望まれます。

 

以下、関連記事を時系列に提示します。

 

* * * *

 

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1187437.html
持続化給付金の不正受給4億円超 半グレや暴力団関与か 沖縄県警捜査
2020年9月8日 06:00

 新型コロナウイルス対策で収入が減少した個人事業者に対し、国が最大100万円を支給する持続化給付金を巡り、県内で行われた不正受給の総額が少なくとも4億円以上あることが7日、県警捜査関係者らへの取材で分かった。県警捜査2課と組織犯罪対策課は背後に暴力団組織や、暴力団などに所属せずに犯罪を行う「半グレ」がいる可能性があるとみて、慎重に捜査を進めている。

 捜査関係者らによると7月までに、受給資格のない県内の被雇用者や無職者ら400人以上が、給付金の申請を行ったという。県警は申請を指示したり代行したりする組織がいるとの情報も得ている。申請代行の「手数料」などとして、不正受給した申請人から数十万円を得る手口で、利益を得ている組織がいる可能性がある。県警は背後に暴力団や半グレなどといった反社会的勢力がいるとみて、捜査を進めている。
(以下略)

◇ ◇ ◇

この税理士の件は9日にも報道されている。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/629911
コロナ給付金不正で5億円取得か 那覇の税理士 うその申請1800件
2020年9月10日 06:15

 新型コロナウイルスの影響で減収した個人事業主らが対象の「持続化給付金」を不正に受け取ったとして、沖縄県警の聴取を受けている税理士の男ら2人が、合計で1800件の虚偽申請に関与した疑いがあることが関係者への取材で分かった。2人は手数料や着手金名目で給付額の3割程度を申請名義人から徴収し、5億円規模の額を不正に得ていたとみられる。

 関係者によると那覇市に事務所を構える税理士の男とその知人は、事業実績のない人々に対して虚偽の確定申告などの書類を用意させ、給付手続きを進めていた。ある企業の従業員一人一人をそれぞれ独立した事業主と見立てて書面を作成し、多額の現金を不正に得ていた疑いもある。
(以下略)

◇ ◇ ◇

【沖縄タイムス初報】上記税理士の事件絡みで発覚?、11日に会社に告白、公表は13日

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/631571
沖縄タイムス社員ら2人が不正申請 新型コロナの持続化給付金 1人は100万円受給 「厳正に対処」
2020年9月13日 11:50

(前略) 沖縄タイムス社社員は副業をしていると偽って、県警の調べを受けている税理士事務所で書類を作成し申請。7月に100万円を受給し、手数料として同事務所などに計15万円を支払ったという。また、十数人に声掛けして受給申請を勧めたという。

 社員は不正受給問題の報道を受けて11日に経済産業省へ電話連絡し、給付金の返還手続きを開始するとともに、同省の指導に従って県警に出頭し説明したという。
(以下略)

◇ ◇ ◇

【沖縄タイムス社長謝罪(13日)】

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/631931
タイムス社長が謝罪 社員2人のコロナ給付金不正受給 不正借入金も
2020年9月14日 05:19

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業や個人事業主を対象にした国の持続化給付金の不正受給問題で、沖縄タイムス社の武富和彦社長らは13日、那覇市内の本社で記者会見を開き、同日までの調査結果を公表した。40代男性社員(総務局付課長)が計100万円を不正受給し、ほかにも新型コロナ対策の緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請して計80万円を不正に借り入れていたことを明らかにし、謝罪した。計180万円の返還手続きを進めている。
(以下略)

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/11

【孔子廟裁判】最高裁判決(一次訴訟)の見通しと二次訴訟のポイント【翁長雄志全那覇市長】

9月10日放送のチャンネル桜『沖縄の声』に裁判を担当する徳永信一弁護士が出演され、孔子廟裁判について解説されました。

 

【沖縄の声】那覇市の”憲法違反”を問う、孔子廟は宗教施設で正教分離違反! 孔子廟訴訟[桜R2/9/10]

出演:
   又吉 康隆(沖縄支局キャスター)
   金城 テル(沖縄支局キャスター・孔子廟訴訟原告)
ゲスト:
   徳永 信一(孔子廟訴訟 原告弁護士)
   上原 義雄(元中学校教諭/第二次孔子廟訴訟 原告)

※過去の訴状や判決文は『翁長市政を糺す・那覇市住民訴訟-原告サイト』の「一般社団法人久米祟聖会訴訟裁判資料」のページに掲示されている。

 

これを観てのブログ主の理解は以下のようなものです。

  • 本来、一民間団体である久米崇聖会(くめそうせいかい)に公有地を無償貸与することも問題だが、そこに孔子廟という宗教施設を建て、一族・一門の私的な宗教儀式である釋奠祭禮(せきてんさいれい=その日に降りてくる孔子の霊を供応する儀式)を問題視。この部分を集中して攻め、一次訴訟で「政教分離の憲法違反」という判決を出させ、これを元に、撤去を求める(二次訴訟)というのが目的。
  • 二次訴訟のGOサインは、7月29日付の裁判所からの通知(大法廷回付や上告受理申立の受理)でほぼ最高裁での勝訴を確信したため。

 

地裁・高裁では、被告側は釋奠祭禮(「孔子祭り」と呼んでいる)を公共性があると主張していましたが、宗教儀式であると判断されました。

 

20200910_sekitensairei01

釋奠祭禮の様子(番組内で流れた動画をキャプチャ)

 

* * * *

 

以下、番組での発言内容をメモしておきます。(特に断りがない場合は発言者は徳永弁護士/緑色の文字はブログ主の補足や解釈

 

◆7月29日に裁判所から連絡があり我々(原告側)の上告受理申立が受理された。実は、我々は二審で一部敗訴をしている。一審では181万円を那覇市に支払えという判決が出たが、控訴審(二審)では、金額には言及されなかったからだ。そこで、違憲判決が出ているのに裁判所が金額を決めないのはおかしいと申し立てをし、受理された。最高裁ではこれも含めて判断が示されるのだろう。

◆久米崇聖会と那覇市の上告受理申立は却下されている。(上告の提起と上告受理の申立

◆最高裁には第一~第三まで3つの小法廷(5人の裁判官)があり、原則は小法廷で審理される。大法廷でやると言うことは、5人×3=15人の裁判官で開かれる。
大法廷が開かれるのは一般に憲法判断する場合とよく言われるが、合憲判定なら小法廷でも構わないことになっている。大法廷回付の決定がなされたということは、これまで小法廷で何もやってこなかったのでは無く、大法廷が相応しいという判断がなされたと言うこと。我々の上告受理申立が受理されたのは、二審での一部敗訴が逆転勝訴する可能性が出てきたと考えられる。最高裁では一連の経緯から既に判決は決まっていると予想される。恐らく、判決は年度内だろう。

◆大法廷に回付されるのは、もう一つ、判例変更の場合がある。北海道の空知太(そらちぶと)神社の違憲判決が判例となっているが、これを変えると言うこと。

◆釋奠祭禮とは、久米崇聖会という一族・一門の先祖を供養する私的なお祭り。これを公費でやっていいのか?という問題。(被告側は)公共性があると言うが、地域のお祭りではない。そして、これが儒教の儒教たるところだ。
儒教の基本的な考え方は先祖崇拝。本来の(インドの)仏教は法事もないし、四十九日で輪廻転生して終わり。(祖先の霊が生き続けるという発想はない)インドにはお墓はないし、チベット仏教にもお墓がない。日本へは中国で仏教が儒教の要素と融合したものが伝わった。お盆の儀式(先祖の霊を呼ぶ)も儒教化した仏教。

◆元大阪大学の加地先生(恐らく、加地信行名誉教授)によると、日本の葬式で(完全に灰にしないで)骨を拾って埋葬するのは、火葬ではなく、日本的な土葬なのだそうだ。骨を依り代にして霊が降りてくる。これは儒教の発想。儒教と言うのは土葬にして、肉が落ちて骨だけになるのが2年後くらいなので三回忌をやって、それを依り代にして先祖の霊を呼び戻す。

そう言えば、土葬にした骨を掘り出して洗う「洗骨」という風習がある地域がある。調べたら、日本では南西諸島(琉球諸島、奄美群島)において行われていたという。

◆多くの日本人は儒教と言うと学問であり道徳であると思うが、全ての宗教には学問や哲学、美術といった様々な要素がある。

◆〔又吉〕だから、論語などの学問的な部分を排除して釋奠祭禮をターゲットにしたんですね。

◆〔金城テル〕翁長雄志前市長は選挙の票目当てに久米崇聖会に便宜を図ったと思っている。沖縄ではこのようなことが横行していた。

 

日本は最初に儒教が伝わり、その後まもなく仏教が伝来し、それを国家宗教とした。(但し、上記の説明から、すでに儒教と融合していることになる。)土着の信仰(神道)とも「本地垂迹」で折り合いを付け、以来、仏教は様々な文化を作りだしてきた。このことは朝鮮と比較すると分かりやすい。李氏朝鮮は朱子学を国家宗教として以来、一部を残して仏教は捨てられた。仏教と結びついた「茶の文化」も無くなった。日本が統治した頃、多くの仏教施設は見捨てられ、朽ちかけていた。これの価値を見いだして修復したのが日本人。当時は技術の限界で、コンクリートを使って修復したものもあるが、現在、これをもってして「日帝が遺跡を破壊した」と難癖をつけている。当時、朝鮮は日本の一部だったのだから、日本人が「自国の文化遺産」を破壊するはずがないのだが...。

 

* * * *

 

ブログ主には宗教に関する部分が興味深かったので、これを中心に説明を拾ってみました。

※この記事はカテゴリ「沖縄・裁判(孔子廟裁判)」に分類されています。

 

【追記】

http://www.toyo-keizai.co.jp/news/essay/2010/post_3993.php
2010/06/18
<随筆>◇お茶文化◇ 広島大学 崔 吉城 名誉教授

 先日、韓国全羅南道の長興(チャンフン)、康津(カンジン)、海南(ヘナム)などを旅行し、広い茶畑をみた。私にとってその広い茶畑は異国的な風景であった。なぜなら韓国ではお茶文化がないからである。アジアには茶文化が広く存在しているのに朝鮮半島だけにはそれが抜けている。しかし韓国でも古代から仏教が隆盛であった三国時代、高麗時代には茶文化が一般的に普及していたが、朝鮮王朝になると儒教を国教とし、仏教文化の茶文化を禁圧して消滅させた。お茶を奉げる仏教儀礼の「茶礼(チャレ)」を禁じ、酒を奉げる献杯の儒教「祭祀」を奨励した。しかし儒教の祭祀の名前は未だに「茶礼」とよばれ、儒教祭祀の供物の「茶食(チャシク)」も元来お茶文化の茶菓子である。

 長い間のお茶文化が李朝の「崇儒排仏」政策で完全に消えたわけではない。李朝中期の学者の丁若鏞(1762~1836)は茶から酒への変化に抵抗を感じ、別名を「茶山」と称して、「茶を楽しんでいる民は栄えて、酒を楽しんでいる民は滅びる(飲茶興飲酒亡)」と言っている。彼はカソリックの天主教に関心を注いでいたが、尹志忠などが母親の葬儀を儒教式で行なわず天主教儀式で行ったことで処刑された鎮山事件の余波により天主教会への辛酉迫害が起きた。丁若鏞と彼の次兄は死刑から島流しに減刑され、18年間島流しの生活をした。彼は流配地である全羅道の康津の草堂にて研究し《牧民心書》などの名著を出した。

 私が1960年代に文化財管理局から依頼を受けて茶文化を調査した時は、数か所の寺の坊さんたちが若干栽培しているだけであることが分かった。韓国では一般的に飲茶よりはコーヒーの普及が盛んになり、「茶房(タバン)」と言われてもコーヒーショップを指すものである。喫茶店の茶房には高麗人参茶、紅茶、双和茶、ユルム茶などのメニュがあるが圧倒的にコーヒーが飲まれている。

 私は十回ほどこの茶山草堂を訪ねているが、この度の旅は韓国お茶文化の根源を探り、大きいメッセージを得た旅であった。茶山が島流しされながらも学問に集中し充実した人生を歩んだことを覚え、そこを訪ねて何か元気づけられる修道僧のような気持になる。「茶山草堂(チャサンチョダン)」の堂内には小学生たちがいっぱいおり、古い書堂の生徒の服装に着替えて座って漢字を朗読する体験学習をしていた。韓国民族の生活の中で綿々とその命脈を維持してきたはずの茶文化を韓国の伝統文化として意識し、お茶の名産地として観光化、町おこしに成功している。パンソリの名所に行く山道から見下ろす茶畑は広い。お茶文化の復興を望んだ茶山の夢が現実化されたように感じた。

 私は一行の前に立って自分の人生論を語った。われわれはそれぞれある意味では島流しされているような難境を生きているのかもしれないと前提にし、「人(在日)は島流しの如く故郷を離れても与えられたその場(日本)で生きる道がある」と「茶山草堂」のメッセージがあると言った。同行した人たちはそれぞれ頷いていた。

 

  


 

 

 

 

2020/09/10

【那覇市・孔子廟二次訴訟】孔子廟の撤去を求める新たな裁判始まる

まずは、裁判開始を報じる記事をご紹介します。(ZAKZAKより)

孔子廟撤去、那覇市争う 地裁で審理始まる
2020.9.9

 儒教の祖・孔子を祭る施設「孔子廟」のため、那覇市が公園内の土地を無償で提供していることは憲法の政教分離の原則に違反するとして、市民が市を相手取り、撤去しないことが違法だとの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、那覇地裁であった。市は請求を退けるよう主張した。

 孔子廟をめぐっては、那覇市が使用料を請求しないことの違法性が争われた別訴訟で、那覇地裁と福岡高裁那覇支部判決がいずれも違憲と指摘。上告審の審理は、最高裁大法廷に回付されている。大法廷は憲法判断をする場合などに開かれるため、最高裁も判断を示すとみられる。

 9日の弁論で、原告側は「孔子廟は宗教的施設にほかならない。政教分離原則に違反する便宜供与だ」と訴えた。

金城テルさんの新たな戦いが始まりました。

上記記事には2つの裁判について書かれています。

一つは、那覇市久米崇聖会(くめそうせいかい)という一般社団法人に公有地を無償で提供し、そこに孔子廟という宗教施設を建てていることから、市民が使用料の請求を求めた裁判で、既に結審しており、あとは判決を待つのみとなっています。恐らく「政教分離」に反するとして違憲判決が出ると思われ、二つ目の裁判として、この孔子廟の撤去を求めました。

 

本来は最初から撤去を求めたかったのですが、裁判をシンプルにするという戦術から、まずは土地の使用料徴収を求めたのだそうです。

 

20180413_koushibyou02

孔子廟(久米至聖廟)

  

20180413_koushibyou01

黄色い枠内が孔子廟

 

上の航空写真で、孔子廟の東南に伸びる緑の濃い部分は松山公園(市営)です。南側(下)に駐車場がありますが、この所有者は久米崇聖会です。

つまり、自分達の土地は使わず公有地を無償で借りて、公園に来た客等から駐車場収入を得ていることになります。

これを許可したのは、前沖縄県知事である翁長雄志氏が那覇市長の時です。

この近くには「龍柱」もあり、翁長市長は、この辺り一帯をチャイナタウンにする構想がありました。テルさんはこの龍柱を撤去する運動もしていらっしゃいました。

翁長雄志氏、チャイナタウンと来ると中国の影がちらつきます。

事実、まもなく判決を迎える第一次孔子廟裁判は中国も注視しており、4年ほど前に共産党の機関紙がこの裁判を報じたと、以前、テルさんがキャスターとして出演されているチャンネル桜『沖縄の声』で聞きました。

 

今回の二次訴訟では金城テルさんともうお一方、元中学校教員の上原義雄氏が原告となりました。お二人は「70年安保闘争」の頃からの盟友なのだそうです。

復帰前の沖縄で安保闘争?と思われるかも知れませんが、沖縄の祖国復帰運動は途中から米軍撤退を求める左翼に乗っ取られ、教師の多くは授業もろくにせず、集会に明け暮れていました。テルさんの話によると、集会では北朝鮮の歌など唄っていたそうです。

自分の子供が自習ばかりさせられている金城テルさんは、これはおかしいと立ち上がり、同じく、上原氏も授業を続ける事で左翼教師と戦いました。

日米安全保障条約が延長され、米軍の存続が決定すると、教職員を中心とする復帰運動推進者達は、今度は復帰反対に転じます。

これを許さじと陳情書を携えて国会に向かい、東京で県民の本当の気持ちをアピールした方々の中にテルさんはいらっしゃいました。

 

okinawafukki02

 国会に向かう金城テルさん等陳情団の方達

 

 

沖縄というと「左翼」というイメージですが、ほとんどが県外から来た活動家です。

彼等は、70年安保の時に破れた夢を、亡霊のように未だに沖縄で追い求めているのです。

 

関連記事: 【沖縄】教科書が教えない真実の沖縄祖国復帰の経緯

 

※この記事はカテゴリ「沖縄・裁判(孔子廟裁判)」に追加されています。

 

  


 

 

 

 

2020/09/08

【アイヌ】砂澤陣氏最新動画『アイヌ協会の恒例行事詐取横領!中編』【週刊ポスト記事の続報】

先日のエントリーで週刊ポストの記事について書きましたが、アイヌ系で長年アイヌ協会の不正を追及していらっしゃる砂澤陣氏が新たに動画をupされました。

動画の内容は、週刊ポストの記事『札幌アイヌ協会激震「公費私物化疑惑」を現職理事が集団告発』(2020/08/31)を前提としているので、ご存知の無い方は、上述の前回エントリーか記事をまずお読み下さい。簡単に書けば、札幌雪まつりのアイヌ関連イベントで阿部ユポ氏兄妹で公費を私物化したことを内部告発された件です。
 

 

また、ブログも更新されています。以下、その冒頭部分を引用します。

アイヌ協会の恒例行事詐取横領!中編
2020-09-06

札幌アイヌ協会 阿部一司会長と多原良子副会長一族による公費の私物化が又明らかになったが、告発した側も阿部や多原が実権を握るアイヌ政策費の分配を受けたいがために事実を一部隠蔽し札幌市のアイヌ施策室もこれに加担し、鈴木宗男も関与し続けている。

 

下記は、動画の予告ツイート。一部資料が添付されています。

 

 

 

動画は中間報告という形なので分かり難いかもしれませんが、箇条書きにしてメモをしておきます。

※文中の一人称は砂澤陣氏の事

 

  • 阿部一司(ユポ)氏は第71回札幌雪まつりの「アイヌ文化魅力発信イベント」をアイヌ女性会議・メノコモシモシに再委託されたことは知らなかったと言っているが、私の手元にある委託契約書に阿部一司氏の名前と実妹でメノコモシモシの代表である多原良子氏の名前がある。従って、知らないはずがない。
  • メノコモシモシは一般社団法人で、登記されたのが令和2年1月31日。つまり、札幌雪まつりの直前。(第71回札幌雪まつりは1月31日からプレイベント、開会は2月4日)
  • メノコモシモシの理事に名を連ねている殆どは阿部氏の身内。今井久喜という人物はあちこちで名前を目にする。
  • 「アイヌ文化魅力発信イベント」の収支報告書のメノコモシモシに関する部分は黒塗り。週刊ポストの記事ではメノコモシモシに300万円強の金が流れたと言われているが、恐らくその倍は流れている 現在裏取り中。
  • アイヌアートプロジェクトが告発した側にいるが、この団体も脛に傷を持つ。
  • 告発者の中には良心的な人もいるのだろうが、要は利権の取り合いだろう。
  • 多原良子氏は国連人権委員会で杉田水脈(元国会議員)に絡んだ人物。
  • 札幌市のアイヌ施策課の職員が、とある接骨院(アイヌ協会役員)の家に足繁く通っている
  • 阿部一司氏がどこかに行く時には行き先に鈴木宗男から連絡が入る。また、市の職員も何かと阿部氏や鈴木宗男氏にお伺いを立てる。新党大地の秘書もグル。
  • 記事にあったような恫喝はありえる。かつて、情報を提供してくれたアイヌ系の人がいたが、私に協力するならもう(イベントなどで)踊らせないぞと脅しが入ったことがある。(踊り手には税金から手当がつく)
  • ここに一覧があるが、「アイヌ」は札幌の小学校に行き、生徒の前でアイヌの話をしたり、体験学習に行っている。公費の詐取をやっている連中を子供達を関わらせてはいけない。現在、その資料を整理中。
  • 人物の相関図も準備中。
  • アイヌ協会の収支報告書は、自分の知っている情報からすると、記載されていない数字がある。
  • もう少し裏が取れたら、再度動画をupする。
  • 札幌市のアイヌ施策課が個人の利権に加担している。だからいくら行政に訴えかけても行政は動かない。

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/05

【メディア】相模ダムの石碑に関する奇妙な記事【産経・神奈川版】

9月2日付産経新聞の地方面(神奈川県)にレベルの低い記事があったので、覚え書きとして。

 

神奈川県に相模ダムというダムがあります。

日中戦争のさなかに建設(昭和22年/1947年完成)されたそうですが、それに多くの中国人捕虜と朝鮮半島出身労働者が動員されたそうで、建設中に亡くなられた方のための慰霊碑(記事では単に「石碑」と表記)が県によって平成5年(1993年)に建てられたようなのですが、なんとも不思議な記事でした。

以下がその記事です。

 

20200905_yun_comment01

 

まず、この石碑を建てるための活動をした「相模湖・ダムの歴史を記録する会」の一員らしい相模原市民の橋本登志子氏(肩書は不明)が中国旅行した際に現地の老人に罵られたという思い出話で始まります。

その老人が日本人に対して怒っていたという事は分かります。しかし、この経験と相模ダムの歴史を調べる事とはどう繋がるのでしょうか?

また、83人が亡くなったそうですが、これは中国人捕虜と朝鮮半島出身労働者のみの数字でしょうか? 記事には内訳はありません。

戦時捕虜はともかく、「朝鮮半島から国策で連れて来られた人々」とは、1944年(昭和19年)9月以降の「徴用」によるものでしょうか?

別に都合の悪いことを書くなと言っているわけではありません。「加害者」という言葉を使っているのですから、感情的な言葉を書き連ねる前に、必要な情報を書くべきでしょう。

それとも、相模ダムの恩恵を受けている県民に「罪悪感」を植え付けるのだけが目的なのでしょうか?

 

  


 

 

 

 

【韓国】『知ってはいけない日帝時代の真実』(韓国語サイト)

ブログ主の覚え書きです。

原題『알아서는 안 되는 일제시대의 진실』という韓国語のサイト。副題には「学校で学ばない日本植民地時代の実像」と書かれている。

Google Chromeを使えば、全ページ翻訳でき、リンクで別のページに遷移しても日本語に翻訳されます。

正確な翻訳を知りたい部分は、Papagoにコピペして翻訳がベター。

かなり読み応えがあります。

 

 

  


 

 

 

 

【韓国】現代韓国人の祖父母の世代の話【ユン・ソインさんのYouTube動画のコメントから】

先日(9月2日)、虎ノ門ニュースの大高未貴氏の『ミキペディア』のコーナーでユン・ソイン(尹瑞寅)さんの動画が紹介されました。

ユンさんという方は、知日家でイラストレーター。韓国人旅行者向けに日本の習慣を説明した本も出されています。

 

 

現在はYouTuberとして、様々な動画、特に、「反日種族主義」を正すような動画を多くを発信しています。当然ですが、ユンさんに対する攻撃は多く、上にリンクを貼ったWikipediaを機械翻訳で読むと、誹謗中傷のようなことも書かれています。

2日の虎ノ門ニュースの内容は別途エントリーにするつもりなので、番組で流れた動画についてはそちらでご紹介することとして、ユンさんの別の動画に、自分のお祖父さんに聞いた話を披露していているものがあり、今回のエントリーでは、そのコメントが興味深かったのでご紹介します。

動画は「제가 직접 들었습니다」(私が直接聞きました)というもの。

ユンさん自身の発言は、しゃべり方が独特のテンポなので、「字幕自動生成→自動翻訳」ではほとんど意味が分からないのですが、この動画に触発されて、自分が祖父母などから聞いた話が多く書き込まれています。

例えば、

祖母:日本人達は本当に優しかった。工場では食事を提供され、春と秋には一緒にハイキング。日本の正月だけでなく、旧正月や秋夕にも休暇をくれた。

最後の一文は投稿者が自分を責めているのかな?

20200905_yun_comment01

祖母:「創氏改名」でつけた日本名は良かった。学校は良かった。先生や友達も良かった。

投稿者本人の言葉:本当にその時代を生きた方々の記憶を、むしろ経験しなかった世代が歪曲するアイロニー。

 

20200905_yun_comment02

上記画像のコメントの次のコメントには、「両班の家なので創氏改名を拒んだら、公立の学校に入れて貰えず、私立の学校に行った」ということが書いてあったけれど、それを信じるとすれば、創氏改名は強制では無かったけれど、奨励はしていたので、この人の祖先は、それを拒んだことで何か意地悪をされたのかも知れない。事実かどうは別として、両班は統治時代を良く思っていないらしいことが分かる。

他にも、「日本人は土地を奪わなかった。奪ったのは『赤』(共産主義者)だ」という証言もあった。

父方の祖父は高校で英語を習って、米国統治下では通訳を務めた。もう一人の祖父は志願兵となり、当時の話を武勇伝のように語った。

 

20200905_yun_comment03

 

多い例ではないが、赤枠のように、自分の「想像」(観念)を付け加える人もいる。

それと、「日本がやった悪いことは忘れてはならないが、無条件に反日するのはやめましょう」みたいなコメントはこの動画以外にもよく見かける。でも、その「悪いこと」の具体例が書かれる事は少ない。

最後は、「怒り調節障害」(ハンドルネーム)さんのコメント。(面白いw 「火病」かな?)


20200905_yun_comment04

 

あまり長文ではないものを選んだけど、こういった話が次々と披露されている。祖父母の話は聞いていても、学校で習った歴史に上書きされているようだ。

尤も、自分の周りで考えてみれば、祖父母が自分の孫がどんな歴史教育をされているのかなど、それ程関心は持たないだろうから、積極的には語らないのは普通かも知れない。また、7~8年ほど前には、「日本時代は良かった」と言って殴り殺された老人がいて、その加害者には大した懲罰も科せられなかったので、口をつぐんでいたのかも知れない。

いずれにしても、台湾のように、「学校で反日教育をしても家で祖父母によって矯正された」、ということは韓国では起こらなかった。

その他のコメントで印象に残っているのが、「慰安婦のお祖母さんだけが歴史の証人ではない」というもの。世間が求める証言、発言が許される証言が偏っているということ。

 

ちなみに、ユンさんは名誉毀損で訴えられて裁判中とのこと。

朴槿恵政権時に米価が下がって、農家がデモをしたところ、その内の一人(白南基氏)が放水車で倒れ、意識不明のまま数ヶ月後に亡くなるという事件があったのだけれど、その娘(これも活動家)が、父親が危篤状態なのにバリ島に遊びに行き、それをユンさんが風刺漫画にしたため。

 

20200905_yun_cartoon

 

本人(娘)は自分でSNSにバリ島旅行の写真をupしているのだけれどね。

 

ちなみにこの事件を調べたら、日本のJA(農協)がかなり詳しく報じていた。(組合同士連携しているのだろう。)

9月1日に二審の判決があり、罰金700万ウォン(65万円くらい)。又聞きで確認していないけれど、「罰金」という表現が正確なら、刑事告訴されたということかな?

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/04

【軍艦島】映画『軍艦島』の原作者が韓国の歴史歪曲プロパガンダを批判

朝鮮日報(韓国版)になんともタイムリーな記事が出ました。

9月1日、2日と、虎ノ門ニュースで「産業遺産情報センター」を批判する朝日や毎日の反日記者の件を取りあげ、当ブログでも前回のエントリーで1日の放送内容をまとめましたが、韓国でも当然、そのようなこと(=センターの展示を批判)が行われているのは想像に難くありません。

 

この記事は「産業遺産情報センター」の展示とは関係ないのですが、映画『軍艦島』の原作者が、ソ・ギョンドク誠信女子大学校客員教授(教授とは名ばかりで旭日旗模様に抗議したり、反日活動をしている)が、『軍艦島』に便乗して、NYのタイムズスクエアに日本人の炭鉱夫(軍艦島とは全く関係ない1961年に撮影された写真)の写真をつかった広告を出したり、映画『軍艦島』がきちんと考証をせずに演出したことは、却って、日本人に「韓国人は嘘つき」と反撃される口実になったという批判を記事にしたものです。

 

20200902_gunkanjima02

徐 坰徳(ソ・ギョンドク)教授

 

この教授は、韓国でも、学者としての業績が認められているわけでもなく、単に「反日活動家」として有名で、それで資金を集めているだけだとは知られているようです。

 

原作と映画『軍艦島』とはどれほど違うのかは分かりませんが、映画のストーリーは荒唐無稽で、しかも、実在する軍艦島を舞台にしているのですから、ソ・ギョンドク教授の悪質なプロパガンダを別としても、日本人には到底許せるものではないのですが、少なくともこの小説家の批判は正論です。

 

調べたら、原作の作者は韓水山(ハン・スサン)という人物です。

この本は日本語訳されていて『軍艦島』(上・下)というタイトルで出版されていますが、Amazonの商品ページを見ると、

  • 注目の歴史遺産に秘められた朝鮮人徴用労働者たちの悲劇。
  • 地獄の海底炭鉱に拉致された男たちの苦闘を描く空前の大河小説。

とあるので、ソ・ギョンドク教授に対する批判は、「お前が言うな」と言いたくはありますが、取り敢えず、あまりにもタイムリーだったので、元記事をご紹介します。(翻訳は『KNC』さんのサイトからお借りしました。記事に対する日本人の反応については、リンク先をご覧下さい。)

 

* * * *

 

ハン·スサン、ソ·ギョンドク狙撃「日本が皮肉を言う口実を与えた」
小説軍艦も作家「韓国人はすべて嘘をつく」という抗議の言葉を提供
ペク·スジン記者
入力 2020.09.03 20:22

『軍艦島』を書いた小説家のハン・スサンが、日本の歴史歪曲だけではなく我々側の歴史歪曲も振り返るべきだとし、一部のメディアや学者が主張する『強制動員の朝鮮人122人死亡説』に反論した。 ハン・スサンは世宗(セジョン)大学校・国語国文学科教授で、27年間の資料調査の末に朝鮮人強制徴用者の悲劇を描いた小説、『軍艦度』でチェ・マンシク文学賞を受賞した。

ハン・スサンは季刊文芸雑誌の『大山(テサン)文化』秋号で、『軍艦島が泣いている – 我々の歴史歪曲3:いつまで竹槍の歌を歌わなければならないのか』というタイトルの文章を寄稿した。彼は、「122人の朝鮮人が軍艦島で死亡したという事実は合っている。しかし、122人が日帝による強制動員で死亡したと言えば問題が変わる」と書いた。死亡説の根拠として挙げた軍艦島住居者の『死亡確認書および火葬、埋葬許可証』をまとめた冊子も、『市民団体会員が軍艦島の内部を調査する過程で拾得したもの』ではなく、『匿名の人物によって提供されたもの』と主張した。

ブログ主註:122人死亡説は前回のエントリーで書いたように、長崎の「岡まさはる記念 長崎平和資料館」にある展示が元ネタらしいのですが、この小説家は、122人というのは「合ってる」と言いたいのでしょうか、それとも「根拠が無い」と言いたいのでしょうか?ちょっと分かりづらいのですが、次の文を読むと根拠が無いと言っているようです。数字は間違っています。

彼は、「この文書の重要性は、“122人の朝鮮人が死亡” ではない 」と言いながら、重要なことは「一桁の数字にとどまっていた朝鮮人の死亡者が、1944年は15人、1945年は17人に増加しているという点だ」と付け加えた。

 

また、ニューヨークのタイムズスクエアで流された『軍艦島の真実』の広告についても批判した。彼は、「ソ某教授という人が主導したこの映像物には、“The Island of Hell(地獄の島)” という字幕に続き、“120 killed(120人が殺害された)” という字幕が流れている」とし、字幕が出る際に背景として使われている写真に朝鮮人ではなく、日本人の鉱員が出ていると述べた。彼は、「稚拙でお粗末きわまりない “120 killed” と言いながら無理やり竹槍の歌を歌わせることで、“ほら見ろ。韓国人は皆嘘つきじゃないか” という抗議と揶揄する口実を日本に与えている。その真意が分からない」と述べた。

 

20200902_gunkanjima01

ソ・ギョンドクがタイムズスクエアに出した広告
日本人炭鉱夫を背景に「120人が殺された」のキャプション

 

ブログ主註: この写真が日本人だというのは2017年に指摘されていて、ソ・ギョンドク教授は「ちょっとした勘違い」のような弁明をしているので、このことは韓国人でも知っている人は知っていると思われます。

カイカイ反応通信(2017年07月26日):韓国人「ニューヨークタイムズスクエアに掲載した軍艦島朝鮮人強制徴用者の写真、知ってみたら日本人だった」

 

炭鉱の壁に書かれているとされる『オモニ・ポゴシポ(母さんに会いたい)』、『ペガ・コパヨ(お腹が空いた)』という落書きも、プロパガンダ映画のために捏造されたものと主張した。ハン・スサンは2000年の福岡地域の新聞である西日本新聞の記事を証拠として提示し、1965年に朝鮮総連の団体が『乙巳年の売国奴』という映画を製作した際、捏造した落書きであると指摘した。彼は、「プロパガンダ映画のために捏造された落書きが我々の教科書にまで掲載され、幼い生徒たちの反日感情を増幅するアイテムになった」とし、「今の軍艦島には炭鉱の壁というものが存在しない」と批判した。

 

20200902_gunkanjima03

記事の通り、この落書きは1965年に朝鮮総連が作った映画の小道具
それが、事実と認識され、映画『軍艦島』の演出に使われた

 

ブログ主註:この嘘も映画が公開された直後の2017年に指摘されているようです。

カイカイ反応通信(2017年07月27日):韓国人「軍艦島のハングル落書きの真実=映画の演出」

 

記事の引用ここまで。

* * * *

 

ブログ主は、元記事のコメント欄も読んでみましたが、ほとんど、盲目的な反日煽動に対して批判していました。また、いっこうに目を覚まさない国民に対しても怒っているようです。

尤も、こうした声がマジョリティかと言うとそうではなく、盲目的な反日をする韓国人は、そもそもこんな記事は読まないでしょう。

この記事を掲載した朝鮮日報だって、こうした個々の誤りは指摘しますが、大局的な「歴史観」は一般の韓国人と変わらないし、反日煽動的な記事をよく書いています。下に紹介するコメントでも、朝鮮日報が「産業遺産情報センター」を批判していたらしいことが分かります。

 

以下、コメントの一部をご紹介します。機械翻訳の日本語が分かりやすい部分をを選んだだけで、多くがこのような意見でした。(コメントの後の縦に並んだ数字は、上が「共感」、下が「非共感」/緑色の文字はブログ主註

少なくとも、毎日や朝日の記者よりはよっぽどまともです。

 

* * * *

 

ノ·サンチョル
2020.09.03 22:38:25
我が国の人々はみな小説家だ。 秋長官(法務長官)は小説を書いたが、ユン·ミヒャンは小説を書き、祖国(曺国/チョ・グク)は竹やり歌というパンソリが好きで、全国民はろうそく民主主義という小説を書くのに動員されている。 この地はフィクションとノンフィクションの戦国だ
330
7

パク·ジョンシク
2020.09.03 22:05:39
主体思想派にとって真実は重要ではない。 扇動道具として価値があるかどうかが重要だ。 親日派、土着倭寇(親日派の蔑称)、元慰安婦ハルモニ全部、これらの政治的利益のための道具に過ぎない。 反日と言いながら、後ろでは日本のレクサス車に乗っているやつらだ。 「狂牛病の時は、米国に行って牛肉ステーキを食べた者だ。そんなやつらに煽動される国民が犬豚にすぎない。
425
8

強大種
2020.09.03 22:03:58
先日、朝鮮日報だけでなく、国内の大手新聞社の日本特派員が軍艦も展示会に行って取材した記事を載せた。 ほぼ妄言だの歪曲だのと…軍艦も映画を根拠に批判しているようだった。その記事が歪曲されていないか省みるきっかけになってほしい。 偽りの扇動で支持者を集めることはできるが、国際的には通用しない。 独島、従軍慰安婦、徴用工、収奪、6.25、4.3、5.18...等々、近現代史あるだけ学び、正しく教えるのが正しい。(6.25=朝鮮戦争勃発日〔最近は北が先に進攻したことをぼかしている〕、4.3=済州島事件、5.18=光州事件
182
3

2020.09.03 21:57:31
ファクトが好きなKBS、MBC、SBS、YTNのやつら。 こういうファクトもちょっと放送してみろ。
150
0

強大種
2020.09.03 21:55:57
「ある水産作家が反日種族主義の本を読んだのか」 とにかく正しいことを言ったから本当によかった。 偽りの歴史で国際的に恥をかかせる徐敬徳教授を戒めるのは本当にうまいことだ。
104
2

金雲草
2020.09.03 21:47:43
ところが日帝時代に慰安婦募集広告が日刊紙に掲載されたという台それが事実でしょうか? そしたらおかしくなるって。
45
1

金東鎬
2020.09.03 21:35:04
一人の教授、ムンパに叩かれるだろう。
70
1
ペク·ミニョン
2020.09.03 21:33:21
ここでこのようにすれば、また達磨が土着倭寇と言いながら犬の群れのように飛びかかってくるのではないかと心配になります。
110
1

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/03

【軍艦島】韓国と反日メディアが目の敵にする産業遺産情報センター【虎ノ門ニュース(2020/09/01)】

先日の虎ノ門ニュース『【DHC】2020/9/1(火) 百田尚樹×西岡力×加藤康子×居島一平【虎ノ門ニュース】』の火曜特集『「端島(軍艦島)の真実」』というコーナーがあり、産業遺産情報センター長の加藤康子氏を迎えて、韓国や日本の反日メディアの妨害活動について解説されました。加藤氏は明治の産業革命遺産の価値を15年の歳月をかけて一人で研究し、世界文化遺産登録に尽力した方です。

その内容をテキスト化しておこうと思います。

なお、加藤康子氏はこの回の内容を更に詳しく書いた論文を月刊Hanada2020年10月号に『記者か、活動家か 朝日、毎日が目の敵にする産業遺産情報センター』というタイトルで寄稿されています。

動画の中では日本政府(外務省)が朝鮮半島労働者に関する表現で韓国政府に妥協したことも語られますが、結局これで、韓国がいつまでも軍艦島に粘着し、これを利用して映画を作成したり、プロパガンダに利用されるという、いつものパターンに陥ったことが分かります。

以下、文体を変えます。

 

* * * *

 

◆産業遺産情報センターについて

2015年、『明治日本の産業革命遺産(製鉄、製鋼、造船、石炭産業)』が世界文化遺産に登録され、ICOMOS(イコモス)からの勧告で歴史全体を理解できる施設として産業遺産情報センター)が設立。(『明治の産業革命遺産』HP

※新宿区若松町19-1 総務省第二庁舎別館/最寄駅:都営大江戸線「若松河田」徒歩5分/現在完全予約制

 

20200901_tora8_gunkanjima01

 

第1ゾーン(導入展示)では世界文化遺産に登録されるまでの経緯、第2ゾーン(メイン展示)産業国家への軌跡、第3ゾーンは資料室として、端島(軍艦島)の元島民の証言映像や当時の資料を見ることができる。取材者は第1ゾーンや第2ゾーンを飛ばして、第3ゾーンに直行し、現在、1日30名の予約はほとんど韓国や日本のメディア(朝日、東京、毎日、週刊金曜日、etc.)で埋まっているという。

 

(発言内容敬称略)

西岡力(以下、西岡): 7月9日には朝日が『世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ』と題する社説(後述)を書き、そこには「朝鮮半島出身者の労務動員に暴力を伴うケースがあったことや、過酷な労働を強いたことは当時の政府の公文書などで判明しており、日本の裁判でも被害事実は認められている。」と書かれていた。

加藤康子(以下、加藤): これに驚いた元島民の方々から加藤氏に連絡があり、三菱マテリアルに確認したところ、裁判事例はないとの回答(※)。公文書に関しては朝日から回答があり、「一般例にはあるが、端島についての公文書はない」とのことだった。

※「軍艦島の真実」公式サイト:三菱マテリアル回答書

 

朝日の社説にはすり替えがある。この産業遺産情報センターは明治の産業革命遺産の展示館であり、端島はその内の一つだが、朝日は「戦時労働者(韓国が言うところの「徴用工」)」全般の事を書いている。

これは明らかな嘘である。加藤氏によると、この社説は島民の証言を展示した後に書かれ、証言に対する反論のつもりなのだろうとのこと。

 

◆韓国メディアの批判

聯合ニュース(2020年3月30日)「明治産業遺産は歴史歪曲」 韓国市民団体が周知活動へ

  • VANK 日本の近代産業施設遺産の歴史歪曲を告発する
  • 軍艦島では1943~1945年、500~800人の韓国人が強制労働を強いられ122人が死亡した

SBS(2020年6月14日)

  • 強制徴用犠牲者を記憶するという約束を裏切り、歴史を歪曲する
  • 軍艦島では1943~1945年~(以下、聯合ニュースと同様)

 

加藤: 彼等が出典としているのは、岡正治氏(長崎の私設博物館「岡まさはる記念 長崎平和資料館」※の牧師)。「1943~1945年に122人が死亡した」と書いているが、実際は、1943年に坑内事故で亡くなった半島出身者は5名、44年も5名、坑外が2名、45年は2名しかいない。

※「軍艦島の真実」公式サイト: 岡まさはる記念 長崎平和資料館パンフレットを検証する

 

西岡: 炭鉱労働は危険なことは確かだが、その分、給与が高かった。これは市場原理であって、そのために危険でも働きたいという朝鮮人が多かった。強制的に連れてきた等というのは全くの嘘。
終戦時、200万人の朝鮮人が日本にいた。その内43万人だけが戦時動員(官斡旋、募集、徴用/それ以外の157万人は出稼ぎ移住者やその家族、或いは動員で来て逃げた労働者)だった。当時、日本は、許可無しに来た朝鮮人を送り返していた。農民が多かったので、炭鉱は嫌がり、4割逃げたという数字がある。しかし、逃げただけで他の職業に就いた。つまり、賃金の高い日本に来たかったのだ。

 

20200901_tora8_gunkanjima03

孔柄浩氏TV:国史教科書研究所・金柄憲所長との対談動画
(채널fujichan)

 

◆日本のメディアの批判

20200901_tora8_gunkanjima04

 

西岡: (毎日の記事は)ソウル特派員もやった韓国の専門家。しかし、韓国の専門家なら韓国の立場で物を言うのか? 日本の施設なのだから、日本の立場で見て正しい証言を展示するのが当たり前。彼は誰々の証言を入れたら韓国が納得すると言ったそうだが、韓国が納得することが基準では無い。日本にとって都合が悪くとも、真実なら展示するわけですよね?

加藤: はい

西岡: 被害者は端島の島民の方(ほう)だ。差別をしてないのに差別したとか言われているのだから

 

20200901_tora8_gunkanjima05

中村陽一さん(VTR): (「朝鮮人の方が強制労働で苦しめられたという主張があるが、そういう事はあったのか?」の問いに)韓国が言っていることはみんな嘘。軍艦島ではありえません。朝鮮人にも徴用令が出され、来た人が端島の中で一緒に生活する。東京ドームの1.3倍しかない島で5千人いた。そこで、方や強制労働、方や家族と一緒に生活。そんなことができますか?

 

20200901_tora8_gunkanjima06

YouTube『軍艦島の真実』:端島元島民 鈴木文雄さん(ハングル字幕付き)

 

加藤: この証言ビデオを公開することで、息子さんから『今まで同胞のために尽くしてきて築いたものを全て失うかも知れない』と助言されたが、『真実を語らなくてはならない』と証言して下さった。

西岡: 残念ながら、(鈴木さんは)裏切り者と呼ばれている。

 

◆端島(軍艦島)における捏造の強制労働は「島民に対する人権侵害」

加藤: 南ドイツ新聞(※)では中国人と朝鮮人1千人が殺されて海と廃坑に投げ捨てたというデマを書かれ、元島民の方々は自分達の親や親戚が殺人者か、と嘆き、怒った。(日本政府ではなく加藤氏らが反論して、現在は一文はweb記事から削除されている)

※「軍艦島の真実」公式サイト:南ドイツ新聞への抗議文と回答(回答には現状維持とすると書かれている)

 

◆世界文化遺産登録までの流れと妨害活動

2015年6月21日
岸田文雄外相と韓国ユン・ビョンセ外相(朴槿恵政権)の会談で日韓の世界文化遺産登録の協力を確認

6~7月
会談で協力を確認したにも関わらず、韓国がディスカウント・ジャパン運動で各国を回る

6月30日
委員国が滞在(ドイツ・ボン)するホテルのシンポジウムで日本人左派活動家・矢野秀喜氏がプレゼン

7月5日
世界遺産登録決定

  • 韓国の世界文化遺産候補が先に日本も賛成して登録決定
  • 日韓協議とドイツ議長の裁定で、ユネスコ代表部大使・佐藤地(くに)氏が「その意に反して連れて来られ、厳しい環境で働かされた(forced to work)朝鮮半島出身者がいた」と発表し、世界産業遺産に登録された
  • 韓国の猛反対で委員国の祝福さえ許されなかった

7月6日
南ドイツ新聞による衝撃の捏造報道

【その後の日本国内の動き】(ブログ主追記)

7月10日
自民党外交部会などの合同会議では、日本政府代表の対応への不満が相次ぐ

→安倍晋三首相は10日の衆院平和安全法制特別委員会で「明治日本の産業革命遺産」に関して、植民地時代の朝鮮半島出身者の「徴用」は国際条約が禁じる強制労働にあたらないと強調

7月15日
自民党の外交部会などの合同会議で「強制労働を認めたと誤解された」として、日本の主張をわかりやすく伝えるべきだとの意見があがる

7月17日
自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文元外相)は歴史認識をめぐる対外発信の強化などを政府に要望する提言をまとめた 

 

加藤: ディスカウント・ジャパンは端島を「アウシュビッツ」と同じイメージにするという戦略でやられた。
世界遺産に相応しいかを検証する審査機関はICOMOS(イコモス)という団体で、世界各国の委員が資料を査定する。審査期間中に審査員にアプローチすることは禁止されているが、韓国政府は全委員に登録させないよう説得して回った。
イコモスの審査員は世界遺産委員国の委員とはまた別で、イコモスの審査員はそれだけの反対運動があっても、パーフェクトで登録勧告を出してくれた。
それを承認するのは世界遺産委員国の委員で、今度はこの国を韓国はくまなく回った。市民団体はもちろん、外務大臣や大統領が活動した。

 

市民団体が作成したパンフレットの一部(表紙〔部分〕)

20200901_tora8_gunkanjima10

 

加藤: 2015年にドイツで開催された世界遺産委員会ではポーランドの代表が「この世界遺産委員会は政治に汚染されている」と韓国のロビイングを激しく批判、イコモスの会長も「日本に同情する。良く耐えられる。韓国政府は審査委員全員を反対書面をもって訪問した。ルール違反だからやめてくれとお願いしたが。早くこの世界遺産委員会が終わって欲しい。韓国ロビーは耐えがたい。
一方、委員国は日本政府にも「何も対応せず、韓国を止められない」と辟易していた。
ドイツは完全に韓国の主張に乗ってしまっていた。日本とドイツをパラレル(同様)だと言い、アウシュビッツの例を持ち出したので、「That's unique to Germany(それはドイツ固有のことだ)」と反論した。しかし、日本政府は何もしなかった。
新たな世界遺産が登録されることは委員会にとっても成果であり、喜ばしい事。それなのに、韓国の反対し、議長がそれに乗ってしまい、祝福ができなかった。
投票に持ち込んでも勝てた(登録された)と思う。しかし、日本政府は戦うことを避けた。

西岡: これは「河野談話」と似ている。 日本の官僚はこれは奴隷労働を認めたのではなく、本人が嫌だと言ってるだけなんだというふうに読めるように作ってあると言っているが、それなら、奴隷労働では無かったということを入れるべきだった。こういうことをしたら国際社会は誤解する。
ただ、一つだけ外務省に同情するのは、学者の9割は強制労働だと言っている。
韓国は2005年に国策研究所を作って、学者を集めて広報の材料を作っている。英語のパンフレットを作ってる。嘘が多いがが、そういうことをやってる。しかし、日本にはそれが無い。

加藤: ドイツで日本の活動家の矢野氏が端島を「地獄島」だと言ってプレゼンをしたが、矢野氏自身は1度も軍艦島に行ったことがないと、最近初めて分かった。全く端島を知らない人達の論が主流になってしまった。

西岡: しかし、このセンターは日本の統治全体に関して、アウシュビッツとは違うということを説明してくれた。その意味で非常に心強い。

 

20200901_tora8_gunkanjima11

松本さん(VTR):日本政府もなんとも腰の弱い外交をやるもんかなぁと(思った)。一方的に、抑圧されたような印象を受ける宣伝をされとると。そういうようなものを的確に打ち消すような、日本政府の努力がやっぱり足りなかったと。全能力を傾注して向こうと対等に議論することはする、主張することはする、認めることは素直に認めると、そういうような会議のルールを全うすれば、ああいう無様なことは起きないと思う。


加藤: 松本さんのところを訪れた時、ものすごく怒られた。世界遺産を登録するために端島をこんな風に辱めてって、怒られた。

 

* * * *

 

ブログ主註:日本政府の妥協は、『 日韓、最後に決裂回避 世界遺産登録/「徴用工」表現、ぎりぎりの着地』(日経 2015/7/7)によると、以下のような経緯だった。

外務省幹部によると、岸田文雄外相は2日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と非公式の電話協議に臨んだ。岸田氏は、世界遺産委員会で元徴用工について「強制労働」を意味する「forced labour」ではなく、「forced to work(働かされた)」との表現を使うと伝えた。尹氏は「日本がそういう発言をしたからといって国内の裁判で利用することはない」と答えたという。外務省側は徴用工の表現ぶりで合意したと受け止めた。

だが4日の世界遺産委の直前になって問題が再燃。韓国が同委の場で「forced labour」を使おうとしていたからだ。首相周辺は「外務省の詰めが甘かった」と指摘する。日本側は慌てて翻意を促し「受け入れないと日本は徴用工に言及しない」と迫り、4日の遺産委審議を延期し説得した。

韓国側も最後は受け入れた。日本政府代表は5日の遺産委で、元徴用工に関し「意思に反して連れて来られ(brought against their will)」「厳しい環境の下で働かされた(forced to work under harsh conditions)」と発言。韓国政府代表はこれを引用し「最大限重視する」と述べた。

 

20200901_nikkei_gunkanjima

 

なお、韓国や反日メディアがこの「産業遺産情報センター」に粘着する理由は、下記の記事にヒントがありそうです。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60705640T20C20A6FF8000/
韓国、軍艦島展示で世界遺産取り消し要求 ユネスコに
2020/6/23

【ソウル=恩地洋介】韓国外務省は23日、康京和(カン・ギョンファ)外相が22日、日本の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の登録取り消しを求める書簡を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長宛てに送ったと明らかにした。登録取り消しの検討を要請し、日本に後続措置の履行を促す決定文が世界遺産委員会で採択されるよう協力を求めた。

韓国政府は、産業革命遺産の全体像を紹介する「産業遺産情報センター」での軍艦島に関する展示を巡り「歴史的な事実を歪曲(わいきょく)した内容が含まれる」などと反発している。日本政府は「世界遺産委員会の決議や勧告を真摯に受け止め、約束した措置を誠実に履行している」(菅義偉官房長官)との立場だ。

産業革命遺産が2015年に世界遺産に登録された際、韓国は軍艦島に関し「戦時中、朝鮮半島出身者が強制的に働かされた」として登録に反対。日本政府は「犠牲者を記憶にとどめるために適切な対応を取る」と表明し、韓国側も登録に同意した。

 

この頃、韓国メディアがしきりと「日本は約束を守っていない」と書き立てていました。

上の記事から感じ取れるのは、韓国側に「日本は軍艦島の『負の側面』も展示しろ」と言われ、韓国側にとっては「する」ともとれるような返事をしたのではないかと思います。もちろん、ないものは展示できないし、韓国の意向に沿った嘘の展示をしろと言っている訳ではありませんが、世界遺産登録に尽力した人達の努力を蔑ろにして、その場逃れの玉虫色の回答をしたとしたら...。

結局、韓国が騒ぎ出してから、「何か約束をした」ことを窺わせる発言が出てくるのですから、不信感を抱くのは当然です。日本人こそ、日本の外務省なんて信用していませんから。

 

* * * *

 

【朝日新聞社説】

https://www.asahi.com/articles/DA3S14542366.html?iref=pc_rensai_long_16_article
(社説)世界遺産対立 負の歴史見つめてこそ
2020年7月9日

 国としての対外的な約束は誠実に守る。日本が求めてきた、この原則を自ら曲げるようでは信頼は築けまい。

 5年前に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関する展示をめぐり、日本と韓国の間で摩擦がおきている。戦時中の徴用工の説明について、日本側が十分な対応をしていないからだ。

 登録時、日本政府の代表は世界遺産委員会で「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者らがいた」と言明した。その上で施設の設置など「犠牲者を記憶にとどめるための適切な措置」をとる方針を示した。

 ことし東京都内の国有地で開館した「産業遺産情報センター」がそれに当たるが、展示の一部に韓国側が反発している。

 登録時の日本代表の発言や、徴用に至る制度的な経緯などはパネルで示されているが、問題とされるのは当時についての証言を紹介する部分だ。

 軍艦島と呼ばれる長崎県・端島にあった炭鉱の元住民らが、朝鮮半島出身者への差別などなかった、と語るインタビューが流されている。

 センターによると、証言は今後も増やす方針だが、これまでに面談した元住民らからは差別や虐待の事実を認める証言はなかったとしている。

 当時を知る人びとの証言が、貴重な価値をもつのは論をまたない。しかし、個々の体験の証言を取り上げるだけでは歴史の全体像は把握できない。

 朝鮮半島出身者の労務動員に暴力を伴うケースがあったことや、過酷な労働を強いたことは当時の政府の公文書などで判明しており、日本の裁判でも被害事実は認められている。

 そうした史実も十分説明し、当時の国策の全体像を叙述するのが、あるべき展示の姿だろう。センターは有識者との会合を経て展示を決めたというが、現状では、約束した趣旨を実現しているとは言いがたい。

 最近は、世界的な遺産の認定に政治的思惑が絡むケースが目立つ。そのため「世界の記憶」(旧・記憶遺産)は、当事者間で意見がまとまるまで審査を保留する制度に改められた。

 遺産の価値が世界に認められたからといって、特定の歴史認識にお墨付きが出るわけではない。どの国の歩みにも光と影があり、隣国関係も複雑だ。明暗問わず史実に謙虚に向きあい、未来を考える責任があるのは、日本も韓国も同じだろう。

 明治以降の日本は多くの努力と犠牲の上に、めざましい工業化を遂げた。負の側面には目を向けないというのなら、遺産の輝きは衰えてしまう。

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/02

【ch桜北海道】「北海道旧土人保護法」はアイヌの為の優遇法だった!【小野寺まさる氏解説動画】

『旧土人保護法』については以前のエントリーでご紹介しましたが、「旧土人」(=アイヌ)を保護するための法律です。

後に「土人」という表現が差別的という理由で廃止を求める声もありましたが、それでもアイヌ自身が法律は必要だと、廃止に反対して存続するのですから、これが意味するところは、法律の中身が「差別」を目的とするものではないことです。

また、「旧土人」という呼称は、以前北海道に入植した「和人」を意味する「新土人」と対になる言葉で、単なる行政上の区分けに過ぎません。

ここは絶対におさえておくポイントです。

 

こうした事実を隠して「土人」という言葉だけを切り取り、現代のポリコレの価値観で「土人」という差別的な法律だと印象操作する「アイヌ」(プロ・アイヌという意味で括弧付き)や差別利権に群がる人達がいかに嘘つきか、そしてそれに乗せられる人がいかに知性がないかが分かります。

中身を知れば貧民救済法であり、そして、成立後の経緯は、一般的な生活保護法が整備されていくにつれて旧土人保護法の条文が削られていき、昭和の時代に最早この法律は必要ないのでないかという議論が起きた時に、アイヌ側から残して欲しいという要望がありました。

これがズルズルと尾を引いて、現在のアイヌ新法に繋がるのですが、「アイヌ」に大きな利権を与える口実になってしまったのは既にご承知の通りです。

 

今回は『チャンネル桜北海道』で「旧土人保護法」の解説があったので、あらためてその内容を書き留めておきます。

 

 

この番組のポイントは、

 

  1. 政府のアイヌ有識者懇談会は偏った専門家で構成されている
  2. アイヌ語を奪ったという嘘
  3. 旧土人保護法はアイヌを虐げるための法律という嘘
  4. 明治時代、既にアイヌは和人などと混雑していた
  5. アイヌ協会が編纂した『アイヌ史』に書かれている事実を「アイヌ」は隠している
  6. 「アイヌ」に都合の悪い見解を示す学者を編纂から締め出した

 

です。

以下、動画のキャプチャなどを追記します。

 

1.政府のアイヌ有識者懇談会は偏った専門家で構成されている

 

20200817_chsakura_ainu01

 

2.アイヌ語を奪ったという嘘

英国聖公会がアイヌのための学校を造り、アイヌ語の読み書きを教えるが、日本政府は口出しをしていないことが分かる。また、宣教師は日本政府の教育施策を評価している(「我々には勝ち目がない」と認めている)

 

出典

20200817_chsakura_ainu02
20200817_chsakura_ainu03

 

動画では、聖公会の造った学校のカリキュラム分析表(1週間の事業時間?)が表示されますが、新約聖書(5時間)、旧約聖書(3時間)、祈祷書(2時間)...とキリスト教関連の授業が多く、更に日本語やアイヌ語が数時間ずつと、小野寺氏も仰っているように時間的もかなりの負担になったと想像されます。

 

カリキュラム(一部)

20200817_chsakura_ainu04

 

英国聖公会の伝道師として有名なジョン・バチェラーという人はアイヌ保護に尽力し、信者になるアイヌもいました。動画の趣旨とは関係ありませんが、結局日本人同様にアイヌもキリスト教化されなかったというのは個人的に興味があります。アイヌの宗教観は「カムイ」(←神)からも分かるように、日本人の自然信仰に影響されています。つまり、日本の人土着の信仰心はキリスト教如きでは揺るがないというのは注目すべき点です。

 

3.旧土人保護法はアイヌを虐げるための法律という嘘

旧土人保護法が成立は、以下のような過程を経ています。

 

  • 1893年(明治26年)に加藤正之助が第五回帝国議会において北海道土人保護法を提出するも制定されず。
  • アイヌ自身も代表を送り、法案成立を目指して国会陳情。
  • 1899年(明治32年)第十三回帝国議会にて制定。

 

第五回帝国議会議事録

20200817_chsakura_ainu05
20200817_chsakura_ainu06
20200817_chsakura_ainu07

 

明治31年帝国議会議事録

20200817_chsakura_ainu08
20200817_chsakura_ainu09

 

4.明治時代、既にアイヌは和人などと混雑していた

20200817_chsakura_ainu10

 

ここでは『旧土人保護法』の対象者をどの範囲まで広げるべきかという事を議論しています。

法律の性格が弱者救済、言ってみれば、生活保護的なものなので、非アイヌの配偶者やその子供(間の子=あいのこ=ハーフ)であろうとも、アイヌと同じ生活をしているが故に生活レベルが低いのなら対象にするのは理解できます。

問題は、この曖昧な括りが、「アイヌ民族」の定義の元になってしまったこと。そして、その「アイヌ」の認定者がアイヌ協会の手に渡ったことです。

また、このような性格の法律で、他の生活保護法のようなものが充実してきて『旧土人保護法』の条文を少しずつ削っていったのにも関わらず、『旧土人保護法』を廃止するか否かという議論があった時に、アイヌの要望で廃止しなかったこと。これに、「文化の保護」などという要素が加わって、ズルズルと存続してしまった事も問題だと思います。

 

5.アイヌ協会が編纂した『アイヌ史』に書かれている事実を「アイヌ」は隠している

6.「アイヌ」に都合の悪い見解を示す学者を編纂から締め出した

上記議事録は『アイヌ史』からの引用ですが、こうした歴史があるにも関わらず、「アイヌ」はそれを隠している訳です。また、『アイヌ史』編纂に関わっていた学者である河野本道氏が「アイヌ」に不都合な見解を示すとそれを排除しました。

こうした経緯は、日本政府は残念ながら興味はないのでしょう。しかし、我々日本人は知っておくべきです。

 

 

  


 

 

 

 

2020/09/01

【労組】国民民主党と立憲民主党の統合再編

以下の文章は2018/09/22に下書きとして保存して忘れていたものです。たまたま見つけて読み返してみたら、今と全く同じ同じことをやっているので、公開することにしました。

 

* * * *

 

旧民進(旧民主)の支持母体であった連合の苦悩が続いているようです。

国民民主党(玉木雄一郎代表)と立憲民主党(枝野幸男代表)との間での選挙協力合意が得られるまま来年の参院選に臨まざるを得ないからです。

同内容の記事はしょっちゅう見かけるのですが、2018年9月21日(紙面は22日)付の産経記事に分かりやすい図が載っていたので以下に引用します。

 


2018.9.21 21:01更新

連合、旧民進再結集促すも…「股裂き」参院選へ

 支持政党の分裂という難局に直面した連合が、来年夏の参院選に向け旧民進党系勢力の再結集を呼びかけている。ただ、立憲民主、国民民主両党は、合流はおろか候補者調整にすら着手できていない。連合傘下の産別も「股裂き」を前提に参院選へ走り始めている。(中略)

旧民進再結集促すも「基盤整わず」

 

20180922_sankei_rengo

 

 立憲民主、国民民主両党は、参院選の改選1人区で候補者を一本化すべきだとの認識は共有しているが、具体的な協議が始まる兆しは見えない。改選複数区に至っては競合は避けられない情勢で、立憲民主党は30日の党大会で採択する活動方針に、原則として複数区には独自候補を擁立する方針を盛り込む構えだ。

 強気の立憲民主党に対し国民民主党はいらだちを募らせる。玉木氏は19日、連合傘下のUAゼンセンの大会で「日本で本格的な党首選ができる政党は2つしかない。自民党と国民民主党だ」と訴え、枝野幸男代表の「個人商店」と揶揄(やゆ)される立憲民主党を皮肉った。

 参院選では、旧同盟系のUAゼンセンなどが国民民主党を、旧総評系の自治労などが立憲民主党を支援する構えで、産別間の溝も深まりつつある。UAゼンセン、自動車総連など6産別は21日、「改革、中道の政治を目指す国民民主党と連携を深め、連合の政策実現に邁進(まいしん)する」とうたった参院選への「合同宣言」を発表した。(広池慶一、小沢慶太)

 

自分達の(業界の)声を政治に反映させるため、また、そのための組織内候補を擁立・当選させるために選挙区と立候補者の調整をしたい、というのは、下の世論調査(NHK 2018年9月)を見ても当然のことです。立憲民主党も国民民主党も吹けば飛ぶような支持率で、共倒れを避けるためです。

 

NHK世論調査2018/09

 

上に出てくる「同盟」、「総評」とは下のような区分です。(2017年の日経記事、2018年の東洋経済記事より)

 

連合(旧同盟と旧総評)とは

20171209_chsakura02_rengo

 

JR系労組

20180410_toyokeizai_jr_east01

 

上の図で分かるのは、国民民主党を支持しているのは一般企業の同盟系、立憲民主党を支持しているのは自治労や日教組に代表される総評系の労組です。JRの労組では暴力的な活動をする労組が旧総評系です。

 

沖縄で反基地活動をしている活動家には自治労や日教組が多くいます。よく、「沖教祖」といったのぼり旗を持っているので明らかです。

 

ちなみに、のぼり旗で示威行為をするのは、(以前、チャンネル桜で知りましたが、)参加している証拠を残して、賃金をもらうためなのだそうです。彼等は平気でSNSやHPにのぼり旗や横断幕を掲げた姿の写真を上げるのはそのため。「○○の女性の会」とか「○○平和の会」などというのはそのOBやOG達。

 

もう、お分かりだと思いますが、総評系の団体はつぶれる心配のない職場で働いています。沖縄の活動家は既に年金暮らしも多そうです。

 

ブログ主の働いていた会社でも労働組合はありましたが、こうした組織には加入していませんでした。従って、政治活動は全く強要されず、春闘でベア(ベースアップ)の要求やボーナスを○ヵ月などと要求するくらいだったのですが、無理な要求はできません。それは、組合員であると同時に社員なので、会社の経営が悪化したら本末転倒だからです。更なる要求をする組合員を労働組合側が説得する場合もあります。(その場合は「御用組合」と揶揄されるわけですが。)

 

例えば電力総連は「反原発」を唱える立憲民主党は支持しかねるのも同じ論理です。

 

だから、本来は連合は分裂すべきなのです。

 

 

  


 

 

 

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ