最新情報

  • 2022/08/07
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国】英経済誌『Economist』が文在寅政権批判。大喜びの韓国紙 | トップページ | 【韓国】曺国(チョ・グク)氏の擁護本『チョ・グク白書』と批判本『チョ・グク黒書』相次いで出版 »

2020/08/25

【韓国】戦後3年間の在日朝鮮人引き揚げ推移(1948年で60万人が残留→59年には61万人=所謂「在日韓国人・朝鮮人」)

公開:2020-08-25 20:02:15  最終更新:2020/08/30 9:32

軍艦島の真実』のサイトには「関連資料ライブラリー」というコーナーがあり、様々な資料が掲示されています。この中に「日本における朝鮮少数民族 1904-1950」という本の書き起こしがあります。

この本はの著者、エドワード・W.ワグナーという人物は朝鮮米軍政庁にいた人で、朝鮮研究の第一人者とのことです。原著は1951年に書かれており、日本語訳は日本の外務省アジア極北東アジア課によりなされ、1961年に刊行されました。上記サイトは原著(画像)と日本語版のテキストが掲載されています。

内容は日本と在日朝鮮人との間の対立問題で、占領軍のことは棚に上げて書いていますが、日本人と在日朝鮮人に関して第三者が書いたものとして読む価値はあります。

今回は、この本の中から、在日朝鮮人の引き揚げ経緯をまとめます。

 

下記概念図は、西岡力教授が「歴史問題研究会」に発表した論文『朝鮮人戦時動員に関する統計的分析』(PDF)に掲載した「戦時動員概念図」(後の号で若干修正)をベースにしてブログ主が作成したものです。

何度か他のエントリーにも提示した図ですが、再掲したのは右端の列に「在日朝鮮人数」の推移(1939年~1945年)が書かれているからです。終戦直後は約200万人の在日朝鮮人がいたことをご確認下さい。

 

Wartime_laborer_v13

 

以下は、冒頭にご紹介したワグナーの本から要約したものです。

 

* * * *

 

戦後朝鮮人の引き揚げ経緯

終戦時(1945年8月15日)、日本には約200万人の朝鮮人がおり、1948年8月15日(大韓民国建国)までの3年間に約140万人が帰国する。残りの60万人は、日本で事業を行っている等の理由で残留したことになる。(GHQの指令により、帰国者に対しては途中から資産の持ち出し制限がかかったことも原因。)

 

【帰国者140万人の内訳】

朝鮮人の帰国は大きく3つの時期に分けられ、【第1期】が1945年8月15日~11月末の約3ヶ月半で約80万人が帰国した。11月1日に引き揚げ手続きについての指令が出されるが、この期間は概ね無許可で且つ自力での帰国者が多く、そうした帰国者は52.5万人位いた。彼等は本州南西部や九州の港に行き、漁船を借り入れたり盗んだりして帰国の途に就いた。

【第2期】は1945年12月1日~46年末の1年間で、これは46年末を引き揚げの期限としたためである。徐々に引き揚げ手続きが整えられていき、従って厳格さを増したが、そうした手続きを経て帰国した朝鮮人が約52.5万人で、この網をかいくぐって帰国した者は5万人ほどいた。

この後(1947年1月1日~48年8月15日)も引き続き引き揚げは行われ、これを【第3期】とすると、この期間に約1.5万人が帰国した。日本側の総司令部もこれを好ましいと思い、朝鮮側の軍政庁当局も特に反対はしなかったからである。また、日本政府もできるだけ多くの朝鮮人を厄介払いしたかったので上陸地までの鉄道運賃を無料にすることを申し出た。この頃には日本への不法入国を企てる者も多く、逮捕した朝鮮人を送還するための配船が認められたので、その船を利用することができたため、結局第2期と同様の条件で帰国することができた。

 

* * * *

 

残留した60万人とその後に密入国などでやって来た朝鮮人が在日朝鮮人1世と2世(その子供)ということになります。

 

【追記】下は、1959年7月13日付朝日新聞の記事。

これには「在日朝鮮人の総数は約61万人だが、この内戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人に過ぎないとされている」と書かれています。

概数なので、正確な人数は分かりませんが、1948年8月15日時点でおよそ60万人の残留朝鮮人がいたので、11年ほどの間に約1万人増加したことになります。

記事の後半には「終戦後、昭和20年(1945年)8月から翌年12月まで、希望者が(中略)合計140万人帰還したほか,北朝鮮へは昭和21年(1946年)3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き揚げ計画で350人が帰還」とあり、この期間はワグナーの記述によると【第1期】に当たりますが、帰還者数は3年間の合計が書かれているようです。

 

Chouyo_2

 

ここから朝鮮総連や民団といった組織が生まれてくるわけで、上記本にも多少触れられていますが、これについては別途エントリーにしたいと思います。

 

 

  


 

 

 

 

« 【韓国】英経済誌『Economist』が文在寅政権批判。大喜びの韓国紙 | トップページ | 【韓国】曺国(チョ・グク)氏の擁護本『チョ・グク白書』と批判本『チョ・グク黒書』相次いで出版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国】英経済誌『Economist』が文在寅政権批判。大喜びの韓国紙 | トップページ | 【韓国】曺国(チョ・グク)氏の擁護本『チョ・グク白書』と批判本『チョ・グク黒書』相次いで出版 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ