最新情報

  • 2020/05/27
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01

    Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【武漢肺炎】日本の水際対策時系列まとめ【新型コロナウイルス】 | トップページ | 手縫いでマスクを作ってみた »

2020/04/02

【武漢ウイルス】日本のPCB検査の少なさは「クラスター・サーベイランス」(感染者集団追跡調査)のお陰【4月1日専門家委員会記者会】

4月1日夕方に行われた専門家委員会記者会を観ましたが、そこで、尾身茂副座長が「日本モデル」という言葉を使っていました。(1:53:23~)

これは、今後「日本モデル」と呼ばれて欲しいという希望も込めた言葉ですが、それは、2009年の新型インフルエンザの世界的流行では日本の致死率は「ちょっと少ない」どころではなく「桁違いに少なかった」そうで、その原因として、①国民の健康意識、②医療制度、③学校閉鎖の3つの要素を挙げていました。

これが今回のコロナウイルス対策にも生かされているのです。

 

この内、②の医療制度としては、順番は前後しますが、1:27:45辺りに説明した、日本のクラスター・サーベーランス(感染者集団追跡調査)のノウハウが支えています。

 

このことは後述するとして、日本はコミュニティ(=地域社会等、ある集団)でどれほど感染が広がっているか調査するためにPCRをやるという発想は全く無く、『必要な人に必要な検査をする』ことに主眼を置いています。

日本の医療水準では、PCRをくまなくやらなくとも、肺炎の疑いのある人に対してはPCRをやり、CTも撮れているそうです。

恐らく、日本は人口当たりのCT台数が桁違いに多いことも理由でしょう。(下図)

 

Ct_and_mri

 

つまり、クラスター対策班の働きで、無駄なPCR検査はしなくて済んでいるのです。但し、もう少しPCR検査の能力(受容力)を増やすべきだとは仰いってます。

 

クラスター・サーベーランスの専門家はFETP(Field Epidemiology Training Programme/実地疫学専門家養成コース)という2年間のコースで養成していて、日本では20年以上前から行われているそうです。

動画で尾身先生も仰っていますが、シンガポールは「感染連鎖の可視化」(ツリー化)はほぼ完全にできていると、クラスター対策班のレポート(後述の押谷仁先生の報告書)にも書いてありました。しかし、オーバーシュート(欧米で見られるように、爆発的な患者数の増加のことを指すが、2~3 日で累積患者数が倍増する程度のスピードが継続して認められるものを指す。)をが発生している欧米、少なくとも、イタリアやアメリカではまったくやっていません。

日本が辛くも持ちこたえられているのは彼等の働きによるのです。

 

今回のコロナウイルス対策でも「主戦場」で戦っているのはこの方達だそうで、(PCR検査の)検体の移送も担っています。このコースを卒業した人達は現在全員現場に出ているそうで、各都道府県で知事が依頼して集めた、在宅、リタイヤした保健師にクラスター・サーベイの講習会を開き、その人達が各都道府県に戻ってクラスター・サーベイを行っているとのことです。

このクラスター対策班が今、大変疲弊しているそうです。

 

それに加えて①の日本人の意識の高さ。

こうしたことが今世界から注目されていると仰っていました。

 

ブログ主はこの話を聞いていて驚くと共に、メディアが報道すべきと思ったのですが、全くと言っていいほど注目されません。

 

ダイヤモンド・プリンセス号でもメディアはあら探しばかりしていて、医療チームについて全く報道しませんでしたが、ブログ主もあとから知ったのですが、あそこで医療支援をしていたのは、自衛隊以外には医師会からの要請で集められた民間の医師なのですよね。(cf. 埼玉県の羽生総合病院『ダイヤモンド・プリンセス号へのDMAT派遣について』)

 

【参考】

 

 

日本のPCR検査(の他国に比べての少なさ)に関しては、ネットではもう納得している人が多いのですが、未だに野党やマスコミは批判しています。

彼等は労働者の味方のようなフリをして、実は現場で働いている人達のことなど「物」のようにしか思っていないのです。

海外では決まった時間にベランダや庭先に出て、医療従事者を称えるために拍手をすることが流行っているそうです。

こうしたことは日本人には馴染まないとは思うのですが、日本のメディアはあまりにも現場の苦労に思いを馳せるという姿勢に欠けてるように思います。 

ダイヤモンド・プリンセス号に関して言えば、日本を去るとき、下のような形で日本に対する感謝の気持ちを示してくれましたが、こうしたことも話題にしません。(プリンセス・クルーズの公式Twitterより)

 

20200331_diamond_princess

 

 

話をコロナウイルス対策に戻すと、海外の反日的なメディア(New York TimesやWall Street Journal等)も日本のPCR検査を不十分だと言いますが、実は、日本のコロナウイルス対策のやり方には理由があるわけです。

恐らく、尾身先生が言ってたように、防疫の専門家は分かっていて、だからこそ尾身先生も自信がおありなのでしょう。

 

なお、クラスター対策班がどのようなことをやっているのかは、日本公衆衛生学会のサイトの「クラスター対策研修会(2020年3月29日)」に『COVID-19への対策の概念』(2020 年 3 月 29 日暫定版)という 東北大学大学院医学系研究科・押谷仁先生が作成した報告書(PDF)を読むと分かります。素晴らしい資料です。

 

【参考】会見資料は厚労省の『「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年4月1日)』に掲示されている『「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」』(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議)

 

 

  


 

 

 

« 【武漢肺炎】日本の水際対策時系列まとめ【新型コロナウイルス】 | トップページ | 手縫いでマスクを作ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【武漢肺炎】日本の水際対策時系列まとめ【新型コロナウイルス】 | トップページ | 手縫いでマスクを作ってみた »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ