最新情報

  • 2020/10/30
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の17件の記事

2020/04/26

【北朝鮮】最近の金正恩の動向と報道時系列まとめ(5月2日現在)

公開:2020-04-26 22:23:27  最終更新:2020/05/06 11:14

4月24日(金)の言論テレビ(ゲスト:西岡力氏、洪熒氏)25日26日の李相哲TVで解説された内容を時系列にまとめておきます。各氏の発言・解説は放送日時点のものです。これ以降のソース(動画など)は下記に列記して行きます。

YouTube(主に脱北者ルート)での情報では早々に「死亡説」が流れていますが、ここでは、「報道」の変化をメインに扱っています。

【追記情報】

 ====<肥料工場を視察する金正恩の動画・画像公開>====

今後も新情報があればタイトルも変更し追記していきます。

毎回、洪熒氏は個人的に“ツボる”発言があるのですが、今回は「金正恩は『歩く総合病院』」、「金正恩は『飼育』に失敗した」でしたw

 

* * * *

 

1月  フランスの医師団が北朝鮮入り(複数のメディア)

西岡力氏:私は2月と聞いた。この時に「ステント」を入れる手術をしたのではないか?
この頃から急速に金与正に権限を移譲している。自分の寿命が長くないと思ったのではないか。(4月27日『虎ノ門ニュース』)

4月10日(金) 【金正恩】軍の迫撃砲砲撃訓練を視察したという報道

  • 10日に報道があったので9日?
  • この日は「最高人民会議」が予定されていたが延期されて開かれなかった→2日後に開催

4月11日(土) 【金正恩】朝鮮労働党政治局会議に出席

  • 映像と日時が確認できる最後の動静。
  • 今までなら「拡大政治局会議」で、教室形式(金正恩と対面式)だが政治局員候補委員のみで円卓で行われた。
  • 政治局会議では新型コロナウイルス対策、予算問題、最高人民会議に提出する幹部の人事問題が協議され、金正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長が政治局委員候補に補欠選挙された。(デイリーNKジャパン

この後に金正恩に異変か?

4月12日(日) 【金正恩】最高人民会議に欠席 

4月14日(火) 【北朝鮮】日本海に向け飛翔体を発射(今年5度目)

  • 韓国の合同参謀本部はこの日「北朝鮮は今朝、カンウォンド(江原道)のムンチョン一帯で日本海に向けて短距離巡航ミサイルと推定される飛翔体を数発発射した」と発表(…)このこととともに北朝鮮はウォンサン(元山)一帯で空軍戦闘機の訓練を始めた。
20200414_nk

西岡力氏(5月1日):脱北したアメリカ在住の李正浩(リ・ジョンホ)氏が4月26日『東亜日報』に事故があった可能性があると語った。李氏は鞄にドルを一杯詰めて脱北したが朴槿恵に亡命を断られてアメリカに行った人物。ポジション的にはガセネタを語る人物ではない。(洪熒氏は事故説には懐疑的)

4月15日(水) 【金正恩】太陽節(故金日成主席の生誕記念日)に欠席。妹の金与正も不在。

西岡力氏:通常ならミサイル発射の報道が北朝鮮で翌日にあるが、それがなかった。(北のウォッチャーは)これで何かおかしいと思い始めた。更に決定的になったのは太陽節の欠席だ。

洪熒氏:14日のミサイル発射は金正恩が参加しなかったので北は発表しなかったのだろう。

4月17日(金) 【金正恩】シリア独立74年に際してアサド大統領に祝電

  • この後も、対外的に祝電や答電等が発せられ、北朝鮮メディアの報道上では金正恩は活動を続けている。

4月18日(土) 【トランプ大統領】「金正恩氏から素敵な手紙が届いた」→翌19日、北が否定

  • トランプ氏は十八日の記者会見で、正恩氏から「最近、すてきな手紙を受け取った」と述べ、良好な関係を強調。韓国大統領府関係者によると、トランプ氏は会見に先立ち、文在寅(ムンジェイン)大統領と電話協議した際にも親書が届いたことを伝えていた。(…)
    一方、北朝鮮外務省は十九日、朝鮮中央通信を通じた談話で、「最近、われわれの最高指導部は米大統領にいかなる親書も送ったことはない」と否定。「事実無根の内容をメディアに流している米国指導部の狙いを分析する」とし、「米朝首脳間の関係は、利己的な目的に利用してはならない」と警告した。(東京新聞『トランプ氏「正恩氏からすてきな手紙」 北否定「親書送ってない」

洪熒氏:「手紙」発言は平壌が正常に機能しているかを探るためだったのではないか。

4月18日(土) 【北朝鮮】金日成広場に建造物出現

李相哲氏(4月29日):金正恩の「追悼行事」の準備ではないかと世界ではいわれている。

4月19日(日) 【デイリーNK】「金一族専用病院で心臓血管手術、体調は回復基調」と報道

  • 金正恩氏は4月12日に、北朝鮮平安北道の妙香山地区にある一家の専用病院である香山(ヒャンサン)診療所で、心血管疾患の手術を受け、その後は近くの香山特閣に滞在した。今回の手術では平壌にある金萬有(キム・マニュ)病院の担当外科医が執刀し、ほかにも朝鮮赤十字総合病院、平壌医学大学病院に所属する『第1号』の担当医師たちも動員された。(月刊『正論』メルマガより転記)

4月19日(日) 【FNN(25日報道)】中国の医療チームが北朝鮮入り

FNN『北朝鮮に“医師団派遣” 金正恩氏“健康不安説”の中

  • 中朝関係筋は、FNNの取材に対して、中国共産党の中央対外連絡部の幹部と、心臓外科などの専門医6〜7人が、4月19日に北朝鮮に入ったと明らかにした。
  • 医療機器を持った第2陣が入る可能性も出た。

4月20日(月)~4日間 【米】米韓空軍が合同訓練

4月20日(月) 【米CNN】「金正恩委員長が手術を受け重篤」と報道

  • 韓国大統領府「北朝鮮の特異な動向は識別できていない」
  • 尹外交統一委員長「心血管疾患の手術は合っているようだ」

西岡力氏:週末(18,19日あたり?)から政府関係者が慌ただしく情報を取り始めていたのに気付いた。デイリーNKの報道では普通動かないので変だと思ったが、CNNが報道したことでアメリカ発の情報が流れたのだと理解した。

4月21日(火) 【トランプ大統領】「知らない。誰も確認していない」

  • 北朝鮮メディアは反応無し(異例)

4月21日(火) 【韓国・聯合ニュース】「北朝鮮東部元山(ウォンサン)で金正恩委員長は正常に活動」 

4月22日(水) 【米軍幹部】「今も核戦力と軍を掌握」

  • (重篤説について)ジョン・ハイテン統合参謀本部副議長「確認する情報も否定する情報も持っていない」(4月24日読売紙面)

4月22日(水) 【米・日】米空軍B-1Bと自衛隊のF-16、F-2が日本海で「合同軍事演習」

  • 米本土サウスダコタ州のエルワース空軍基地から核兵器も搭載可能な戦略爆撃機「B-1B」1機が日本へ向けて飛来した。これに、津軽海峡東方の上空付近から、在日米軍三沢基地の戦闘機「F-16」の編隊と航空自衛隊三沢基地の支援戦闘機「F-2」の編隊がエスコート(護衛)する形で同機は日本海へ入って飛行した。(鈴木衛士氏@ライブドアニュースカイカイ情報通信

4月23日(木) 【トランプ大統領】「真偽については分からない」

  • 「無事を祈っている」。CNNの記者に「フェイクニュース」「CNNは古い記録を見たんだ」

西岡力氏:トランプ大統領がどの部分(手術そのものか、重篤説か)についてフェイクニュースと言っているのかは不明。

4月23日(木) 【ロイター通信(25日報道)】中国から医療チーム50名が平壌入り

李相哲氏:自分は22日夜に聞いた。
23日夕、金大中時代に韓国の大統領府国政状況室室長を務めたニュースキャスターの金正奉(キム・ジョンボン)氏がチャン・ソンミンという中国高官がFBに「金正恩は植物状態」と書いたが信憑性は低いとYouTubeで述べた(=Judyさん情報で正確に記述)。→翌24日、韓国・中央日報がその取材記事を書いている。朝日新聞(26日朝刊)は「コロナ対策のために入ったのではないか」と報道しているがこれは疑問。

4月24日(金) 【韓国・東亜日報】ワシントン発の情報として「15日から20日の間に元山で杖などを突かずに歩いている」と報道

  • 北朝鮮国営メディアは2004年に金正恩が足を引きづったり杖を突いて視察する姿を報道した。この時は病を押して国民のために活動する指導者像を示すと共に、深刻な状況ではないことを内外にアピールするものだった。(4月23日付読売)

4月24日(金) 【言論テレビ】

西岡力氏:今のところ、金正恩が手術を受けたかは五分五分。(北朝鮮ウォッチャーの間では)護衛司令部の974部隊(金正恩の警護部隊で今は金与正直属)にコロナ陽性者が出たので元山に逃げたというのが多数意見。

洪熒氏:既に昨日(23日)夜の段階で、中国発の情報では「死亡」説があった。「死亡して遺体処理に取りかかっている」というものもある。
偵察衛星では顔まで識別できないので、今朝の東亜日報の報道は信用できない。

西岡力氏・洪熒氏:何らかの医療的措置(手術)が執られたのは正しいと思う。

西岡力氏:韓国の情報員が持っている国家安保戦略研究所の所長(金正奉/キム・ジョンボン氏)がYouTubeの番組で「金正恩がシンガポールやハノイに来た時、息を切らしていた。あれは心臓の弁膜が悪い」と断定的に言っていた。

洪熒氏:金正恩の一番上の子供は11歳かそこらだから生きている内に権力を継承するのは無理。ただ、もっと年齢の高い子もいるという噂()がある。金正恩は生きている内に子供に継承させられないことは自覚している。だから金与正へ権力を分散させようとしているのだろうが、独裁政権で権力分散は不可能。(金与正に“寝首を掻かれる”可能性がある)

ブログ主註:金正恩の「元カノ」玄松月(ヒョン・ソンウォル)は男の子を産んでいるが、この子のことか?この父親は不明。(cf. ブログ記事『【北朝鮮】李相哲TV:北朝鮮を動かす三人の女性 〜金正恩政権はどうなっているのか』)

 

4月25日(土) 【米国の北朝鮮研究サイト「38NORTH」】元山に停車する金正恩専用列車の写真公表

  • 25日、北朝鮮東部の元山の駅で金正恩(キム・ジョンウン)委員長の専用とみられる列車が停車していたようだと発表した。商業衛星写真を通じて確認したもので、少なくとも21~23日まで停車が確認されている。15日にはなかった。(日経『金正恩氏の列車が元山の駅に停車か 米研究サイト』4月26日)

4月25日(土) 【李相哲TV】「(続報)金正恩の救助失敗か?!(2020.4.25)」

李相哲氏:25日は朝鮮人民軍創建日(かつては軍事パレード等行事があった)だが、現在のところ労働新聞にも金正恩の動静はは何もない。金正恩は何らかの手術を受け、最初は回復基調にあったがその後重篤に陥ったのではないか?
中国からの医療チームは、北京の病院(心臓専門)の医師や人民解放軍の301病院(脳専門の病院)の専門家が行っている。
25日のFNNの報道では「19日に6~7人の中国の医療チームが北朝鮮入り」「医療機器を持った第2陣が入る可能性も出た」とあるので、未だに治療は続いている可能性がある。

 

4月26日(日) 【李相哲TV】「(続報)金正恩に異変、28日までに重大発表か!(2020.4.26)」

李相哲氏:今日、中国(瀋陽)からの情報として、平壌と繋ぐ列車を4月28日から5月20日まで停止すると聞いた。交通機関を止めるのは北朝鮮で異変があった場合よくあること。
23日の50人の医療チーム平壌入りの件については、中国中央委員会の対外連絡部(社会主義国家との関係を司る部署)スンタオ部長から聞いた。23日に医療チームが入った後、中国側は連絡がとれない状態とのこと。
ここまでの情報を総合すると、金正恩が手術を受けたのは12日で、15日~17,18日の間くらいに異変があったのではないか。23日は医療チームを装った中国の代表団で事後の打ち合わせにいった可能性もある。ロイター通信「医療的なアドバイス」と言っているが、いつまで生命を維持するべきかとかいつ発表すべきかを話し合うために行ったのではないか?
香港最大のテレビ「フェニックス」の副局長の女性がSNSに「100%金正恩が再起することはない」と書いたがその後削除。「今回は大局を考えて消しました ハハハ」と書いている。
3時間ほど前(26日午前11時頃?)韓国の安保専門家が動画で「金正恩はまもなく姿を現すだろうという」と発言している。

 

4月27日(月) 【韓国】政府関係者から金正恩の体調不安を否定する発言が相次ぐ

  • 韓国大統領「コロナが南北の連帯と協力の精神を目覚めさせる」…板門店の初会談から2年 (読売新聞)
  • ムン・ジェイン大統領に外交や安全保障の助言を行っているムン・ジョンイン(文正仁)特別補佐官は26日、アメリカのFOXニュースに対し「キム委員長は、生きていて健康だ。13日から東部のウォンサン(元山)に滞在している」と述べました。(…)韓国統一省も27日の記者会見で「北朝鮮の内部に特異な動きはないという立場に変わりはない」と繰り返しました。(…)韓国のシンクタンク「セジョン(世宗)研究所」のチョン・ソンジャン(鄭成長)北朝鮮研究センター長は「キム委員長が重篤であるならば医療施設がぜい弱なウォンサンから、すぐピョンヤンに移送されていたはずだ。近いうちに公の場に姿を現すことが予想される」とする見解を示す(…) (NHK)

洪熒氏(5月1日):「無事」を主張しているのは文在寅側の人物ばかりだ。他はそのようなことはない。

4月27日(月) 【トランプ大統領】「(金正恩の状態は)おおむね承知しているが、今は話せない」「遠くない将来に君たちも知ることになるだろう」

4月29日(水) 李相哲TV「金正恩、一体どんな状態なのか?」

李相哲氏:4月18日に金日成広場に建造物が出現した。これは今(世界で)金正恩の「追悼行事」の準備ではないかと言われている。
アメリカはこの2週間ほど最新鋭の偵察機を飛ばしている。
一方、韓国政府は一貫して金正恩重体説を払拭する情報ばかり流しているが、これは北朝鮮への忖度のためのガセネタと見る。金正恩が無事であれ死亡であれ、ここで余計なことを言うと、その後関係が悪くなるから。また、アメリカは韓国に情報を流していない可能性がある。韓国は半島で主人公ぶりたがっている。
ここまでの情報から、金正恩は手術を受け、一時は経過が良好だったとしても中国の医療チームが必要になり、救命措置を試みたが上手く行かなかった。死亡か意識不明かそこまで重篤でなかったとしても、今は何もできない状態で、かなり深刻な状態と見ている。

 

5月1日(金) 李相哲TV「北朝鮮異常兆候の数々、中朝国境でも異変!」

李相哲氏:中朝国境が緊迫している。①瀋陽のみならならず中国東北の各都市から中朝国境の丹東市(たんとう)と北朝鮮の最北端のクンシュン(?)までの列車を28日から3週間止めた。②丹東に戦車などを乗せた軍事車両を集結させている。(第39集団軍:中国解放軍の北部戦区〔旧・瀋陽軍区〕)③中国が脱北者を銃撃した。(知ってる限りでは脱北者には銃撃をしないという取り決めがある。既に中国への脱北者が急造しているという話もあるので厳しい取り締まりをしているようだ。)
北朝鮮では労働新聞の論説や評論などのワーディング(表現・言い回し)が4月9日以来変わっている。金正恩に言及しないか、金正恩に対する畏敬の表現がない。その他、金正恩が「業務」を行っていない数々の状況証拠がある。

 

5月1日(金) 言論テレビ(櫻井よしこ氏/ゲスト:西岡力氏、洪熒氏)

情報はここまで出ているものと重複するの省略。ここではその他の議論について注目する。

西岡力氏:今、アメリカと中国は「こっちの方が情報を持っている」と情報戦をやっている。シンガポールでの米朝会談以降、アメリカは北朝鮮を中国と切り離そうとしている。
北朝鮮内部には親中派もいる。しかし、金正恩は中国を警戒している。叔父の張成沢(チャン・ソンテク)は中国のような改革開放をやろうとしたので粛正された。シンガポール会談前はアメリカと中国両方を敵にすることはできないので習近平に頭を下げた。金与正が後継するとしたら、路線は金正恩と同じだから中国への警戒は続く。

洪熒氏:朝鮮半島に領土的野心を持っているのは中国のみだ。しかし、中国との関係は(距離をおくとも頼るとも)断言できるほどの証拠はない。2019年6月には習近平が国賓として平壌を訪問しており、北京を訪問した時は妻が習近平に健康問題で相談して薬を処方して貰っている事もある。
金与正が一時的に後継しても、彼女は「首領様」にはなれない。能力的にもそうだし、軍経験がないなど、経歴的な「資格」にも欠けている。

西岡力氏:金正日の時代では「飴と鞭」で軍部にはそれなりの「飴」が与えられてきたが、金正恩(と金与正)の時代になって配給も減らされ、粛正の恐怖で束ねてきた。軍人はかつてのような忠誠心は現在の指導者に対しては抱いていない。

西岡力氏:今、日本政府がやらなくてはならないのは拉致被害者の所在地確認だ。アメリカが攻撃するとしたら、そこ(所在地)を避けて貰わなくてはならないし、自衛隊が救出に向かうことになるかも知れないからだ。

 

5月1日(金) 朴斗鎮TV:金正恩身辺異常説で金政権に危機

朴斗鎮(パク・トゥジン)氏:北朝鮮中央通信TVのニュースを真似た金正恩死亡の動画が作られ、これが北朝鮮にも流入。国民だけでなくエリート層にも動揺が広がっている。

20200501_park01
画像は動画のキャプチャ

 

5月2日(土) 【北朝鮮】朝鮮中央放送「金正恩委員長が肥料工場の竣工式に出席」報道(画像と動画公開)

  • 北朝鮮西部の平安南道で1日に開かれた農業肥料工場の竣工式に参加したと報じた。朝鮮中央通信の詳報によると、竣工式には金正恩氏のほか党や軍の幹部、建設者、労働者など多数が参加したという。金正恩氏自らテープカットに参加し、群衆に手を振ったと伝えている。(日経
  • 聯合ニュース『金正恩氏が20日ぶりに公開活動 健在ぶり示す』に金正恩の画像あり。

5月2日(土) 李相哲TV:金正恩登場の写真を検証する(2020.5.2)

動画では、金正恩の画像を検証して金正恩が出席したのは「事実」と認定して解説。その中でリン酸肥料工場がある中西部の平安南道順川(スンチョン)についての説明が興味深いのでメモ。

李相哲氏:順川は平壌とも近い。この近くにはウラン鉱山もあり、リン酸肥料工場はアメリカ情報当局(CIA)もウラニウムの抽出をしているのではないかと見ている。リン酸の抽出過程でウラニウムの抽出も可能で、ただの肥料工場ではないことは過去に要人が頻繁に視察していることからも伺える。肥料工場の視察というと地味な行動に見えるが、今後更に核開発に拍車を掛ける可能性が高い。

5月3日 李相哲TV:金正恩再登場で何が分かったか(2020.5.3)

李相哲氏:動画や静止画を見ても、左脚を引きずっている。

20200503_lee01

また、通常ならいるはずの崔龍海(チェ・リョンヘ)の姿が無く、代わりにその席に金与正が座っている。

20200503_lee02

 (ブログ主註:チェ・リョンヘ=親中派で、かつては辻元清美とのツーショット写真も

20200503_lee03

 以降仕掛かり中

 

5月3日(日) 【北朝鮮】南北軍事境界線で韓国側に数発の銃撃

  • 韓国軍合同参謀本部が発表したところによりますと、3日朝7時41分ごろ、南北の軍事境界線の中部にある韓国軍の歩哨所が、北朝鮮側から数発の銃撃を受けたということです。

 

5月3日(日) 【トランプ大統領】「彼が戻ってきて嬉しい」とツイート

20200503_trump_tweet

 

 

  


 

 

 

【武漢ウイルス】ドイツのコロナウイルス対策(3)給付金制度(4月21日放送『国際報道2020』)

前回のエントリーの続きです。

4月21日放送のBS1『国際報道2020』で紹介されていたドイツのコロナウイルス対策では医療体勢だけでなく給付金に関しても扱っていました。

 

まずは番組の内容をご紹介します。

取りあげていたのはベルリン在住のピアニスト(峯麻衣子さん/国籍は番組では説明無し)で、ベルリン市は3月から総額1,000億円規模の経済対策を実施、という説明があり、その内容は以下のようなものでした。

 

  • 従業員5人以下の事業所や個人事業主に約60万円の補助金給付。(この金額はおかしい。後述
  • インターネットで申請が可能で、納税者番号を打ち込み10分ほどで完了。峯さん談「簡単すぎで詐欺ではないかと思った」
  • 2日後3ヵ月分の補助金(60万円)が振り込まれた。
  • ベルリンは速さ最優先で簡素化したため、給付金を掠め取るための偽サイトも現れた。

 

* * * *

 

ここで気付かれたかと思いますが、彼女はフリーランス(個人事業主)です。

ドイツには日本やアメリカのような一律の個人向け給付はありません。(と言うか、個人給付がある国の方が珍しい。アメリカの「Stimulus Check〔Money〕についてはこちらのエントリーで説明。韓国も所得下位70%の国民に数万円規模の給付を公約に選挙を戦ったが、選挙が終わったら案の定みみっちくなっていく方向らしいwー韓国のケースは後日追記。

但し、ドイツの場合、子供を持つ家庭には児童手当の形の給付金(最大月額185ユーロ〔2万円強/@116円〕で、当面は前月の収入を基準)や学校閉鎖により12歳未満の子供の世話をするために仕事に行けない場合に賃金の最大67%の補償金(最大6週間)という制度があります。

 

【参考記事】

 

番組ではベルリン市(ベルリンは州と同等)の例として紹介されていましたが、これは国(連邦政府)の政策で、「Corona Zuschuss」(コロナ助成)と呼ばれる「緊急援助金」的に給付される返済不要の給付金です。申請の受付や給付処理自体は州が行っているのだと思います。(これとは別に「Rettungsbeihilfe Corona」という制度もありますが、こちらは「最長2年間で最長50万ユーロの無利子の橋渡し融資」です。)

なお、調べた限りでは番組で言っていた「従業員5人以下の事業所や個人事業主に約60万円の補助金給付」に該当するような金額を見つけられませんでしたが、番組に出演した方のケースの間違いではないかと思います。

フリーランスならその程度でしょうが、従業員5人以下の事業所では少なすぎます。恐らく、下の記事にあるように最大9,000ユーロ(100万円強/@116円)の給付でしょう。

 

https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/03/9202a2d228e79387.html
JETRO:中小企業への給付金など、新型コロナ経済対策を大幅拡張(ドイツ) 
2020年03月26日

(一部引用)

追加された1,225億ユーロの補正予算では、ウイルス拡散防止策(個人保護具の調達、ワクチン開発と治療法の開発促進、連邦軍による支援サービス、および住民への情報提供)に35億ユーロ、パンデミックへの緊急対策用として550億ユーロ、保証および保証の分野で考えられる請求について約59億ユーロの引当金増額、中小企業への給付金500億ユーロなどが盛り込まれた。特に注目されていた中小企業ならびに零細企業(従業員10人未満)に対する支援は、融資ではなく給付金(課税対象)に決定した。コロナ危機の影響で2020年3月11日以降に経済的困難に陥る企業が資金の流動性を確保できるようにするため、従業員5人以下(フルタイム相当)の事業者に対しては3カ月分の緊急支援として、最大9,000ユーロが、従業員10人以下(フルタイム相当)の事業者には同じく最大1万5,000ユーロが、一括で支払われる。もし、家主が家賃を20%以上減額し、かつ給付限度額を超えない場合は、さらに2カ月間の必要資金を申請額に計上できる

 

番組では申請後2日で振り込まれたと迅速性を強調していましたが、これはアメリカと同様、納税者番号(アメリカは社会保険番号、日本ではマイナンバー)と口座が紐つけされているためにできることで、日本がマイナンバーを利用できないのは、政府だけでなく「国民総背番号」対する(一部の)国民の根強い反対があるので、半分は国民自身のせいです。

 

また、企業も欧州では「付加価値税登録者番号」で管理されています。

イギリスの例ですが、以前、IPS細胞の山中伸弥氏がテレビで「英国は飲食店を営む友人に三百万円を振り込み従業員給与も3カ月分補償。法人税も1年間免除」と発言をしたそうです。これを疑う声がSNSであったので、調べたら、事業規模が£15,000~£51,000の事業者は£25,000の給付を受けられるそうで、134円のレートで計算すると335万円くらいなので、本当です。おそらく、山中先生の知人はこの事業規模に該当するのでしょう。

そして、オンラインでの簡単な申請が可能なのは、付加価値税登録者番号に申請に必要な情報が紐付けられているのだと思います。

 

【JETRO】

【イギリスの政府サイト】Financial support for businesses during coronavirus (COVID-19)

 

ドイツも同様の制度があり、しかも、インターネットで簡単に申請ができると別のニュースで見ました。(そのニュースでは複数の州に会社を持つ男性が、州によって加算金が異なっていて別々に申請しないとならないので、州毎にスピードに差があるという事を話していました。)

企業への補助金に関しては、もちろん日本とドイツやイギリス等とを単純に比較することはできません。

 

* * * *

 

大きな違いは、ヨーロッパ各国は強制的に休業を命じていることです。

日本の場合、緊急事態宣言により各都道府県に委ねられていますが、あくまでも「要請」レベルで、休業補償に該当するようなものは「休業協力金」のような名目で、各自治体の財政状況に応じて額はまちまちです。

しかも、額は海外と比べるとかなり見劣りがします。

また、休業要請をされていない企業(商店や飲食業、etc.)も、国民が接触率8割減が求められて外出を「自粛」しているのですから、実際には多くの企業が売上減を余儀なくされています。

自民党の安藤裕議員らの議連は「粗利補償」を提言していますが、日本ももう少し「安心して休業」できる政策をすべきだと思います。

ドイツの感染者数(陽性確定者数)のグラフを見ると、波はあるものの、トレンドとしてはピークアウトしているように思えます。これは強制力ある休業命令やで接触率を減少させたせいでしょう。(相変わらず100人、200人単位で死亡者が出ていますが、医療現場には余裕があるので、PCR検査の多さ=陽性確定者数とは因果関係がありません。)

ドイツや他のヨーロッパ諸国と同程度の厳しい営業停止措置が日本に合っているのかは分かりませんが、この「緩さ」では収束に時間がかかり、補償も少ないので零細企業が持ちこたえられないのではないかと危惧しています。

 

  


 

 

 

2020/04/25

【マスク】手作りマスクのゴム紐の代用品見つけた

こんなの ↓。

 

Mask_band01

 

 

100均で売っているストッキングタイプの排水溝水切りネットです。

ブログ主は普段不織布タイプのものを使っていますが、ふとこれを見たら (ピコーン)と来ました。

 

口の部分が厚く織ってあるので、それに添って切り取れば伸縮性のある紐が取れます。

ゴム感はちょっと緩いかな。

この紐を付けたマスクを試しに一度洗って(※)みましたが、問題はないようです。

 

※手洗い:洗濯用洗剤を溶いた水(ぬるま湯)に10分浸けて手洗い後、ハイターのような塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)漂白剤を溶いた水に10分浸し、良くすすいで陰干し。

 

これだけでは何なので、福井市の生地小売店がアドバイスする布マスクの作り方(型紙付き)を。

 

 

  


 

 

 

2020/04/24

【また朝日か】マスク投げ売りが始まった新大久保の宣伝と取って付けたような安倍総理批判w【AERA】

『品薄のマスクが東京・新宿区の雑貨店に山積みされている理由』と題された記事

 


https://dot.asahi.com/wa/2020042200085.html?page=1
品薄のマスクが東京・新宿区の雑貨店に山積みされている理由

 韓国レストランや韓流ショップが軒を連ねる都内新宿区の大久保通り。先日、通りを歩いていて、思わず足を止める光景が目に入ってきた。

【画像】箱入り以外のマスクも充実… 店内の様子はこちら ←画像へのリンク

 コスメやアクセサリーショップ、雑貨店の店頭に、なぜかマスクが山積みにされているのだ。

 そのうちの一軒に入ると、満面の笑みで店員が対応してくれた。

「1箱50枚入りで税込み3800円ですよ。中国製ですが、3層構造のフィルターを織り込んだ不織布マスクです。個数制限は特にありません。1日当たり300~400箱は売れています。本来、マスクパックをメインにした韓国コスメの専門店ですが、今では売り上げのほとんどが(普通の)マスクですね」
 

 

読んでみると、取材された店側は独自のルートで輸入したと言い、また別の店は、日本人にはお世話になっているのでネットで販売されている価格より安く売っているなどと答えています。

 

先日、ブログ主はホームセンターに行った際に5枚入りで500円弱くらいのマスクを見かけました。別に朝早く行ったわけでもないのにまだたくさんワゴンの中に入っていたので、そろそろマスク不足も解消されつつあるのだと思いました。

ブログ主は花粉症でもないし、風邪気味の時以外にマスクをする習慣はないので、当面は布マスクで乗り切ろうと思っているため購入はしませんでしたが、最近、手作りらしい布マスクをしている人も多く見かけるようになりました。

恐らく、マスクをため込んでいた業者や中国にツテがある業者は、最早マスク価格の高騰は望めないと思っているのでしょう。

AERAの記事は「ここに行けばマスクが手に入る」と宣伝するかのような内容です。

記事には、横浜港にマスク積んだ上海辺りからのコンテナが増えてきたとも書かれているので、これから値崩れしていくことでしょう。

 

と、ブログ主はそんなことを思いつつ、どういう論旨で書いている記事なのかと読み進めると、唐突にこのような文で締めくくられていました。

 

ようやく配布が始まったアベノマスクは総額446億円。時期を逸した上に不良品も相次いでいる。壮大な無駄遣いにならないことを願いたい。(高鍬真之)

 

マスクバブル終焉のお知らせに腹立ち紛れに書いたような捨て台詞wwww

 

ああ、「アベノマスク」に代表される布マスクの普及や安心できる国産マスクの生産開始が腹立たしいのね、と分かる記事でした。

 

 

  


 

 

 

【武漢ウイルス】ドイツのコロナウイルス対策(2)ヨーロッパの近隣諸国より死者数が少ない理由(4月21日放送『国際報道2020』)

前回のエントリーの続きです。

番組では、ドイツが医療崩壊を免れた理由を「ドイツの取り組み」として3つのポイントを挙げて解説していました。

 

  1. 大規模な検査態勢
  2. 自宅療養のサポート
  3. 集中治療のベッド確保

 

以下、その内容と補足を追加していきます。

 

大規模な検査態勢(PCR検査の実施)

ドイツではドライブスルー形式だけでなく、バス車両を臨時の検査場にしてアクセスをしやすくし、100超の民間研究所の協力を得て1週間に35万件実施しています。。

これにより、重症化前の感染者を見つけ出し、いち早く自宅療養に繋げているそうです。

 

なお、ドイツでPCR検査は無料です。後ほどご紹介するニューヨークタイムズの記事によると無料化が決定されたのは3月とのことですが、これにより、更にPCR検査へのアクセスが容易になりました。

希望すれば誰でも受けられる(た)のかは不明です。

ブログ主が以前調べたところでは、PCR検査を受けられる基準は、「熱や咳などの症状があり、2週間以内に下記のいずれかの場所(として、イタリアとかスイスの○○地域とか列記)を訪れた者」となっていました。

 

日本では、①PCRの精度の問題や②検査場所での感染の心配、③マンパワーなどのリソースの不足に加え、④陽性確定者は入院措置という原則(ベッド不足を招く心配)からPCR検査を積極的に行うことは否定的な意見がありました。

この内④に関しては、ドイツでは次項で説明するように問題がありませんでした。

 

自宅療養のサポート

ここではある夫婦(妻が陽性)を取りあげ、ドイツのホームドクター(かかりつけ医)によるサポートを紹介していました。

10年以上前にドイツ語の授業で知りましたが、ドイツではホームドクター制度が徹底していて、最初は必ずクリニック=町医者=に行く必要があり、大きな病院に直接掛かることはできません。

番組で取り上げたケースでは、PCのwebカメラやスマホを通じて医師が状態を確認する様子が紹介されていましたが、ホームドクターは毎日2回確認の電話をすると説明されており、最低、電話での観察が義務づけられています。(自宅療養者が受ける診察の費用については言及がありませんでした。)

これにより、ホームドクターや保健当局が症状が悪化する兆候を見つけ、専門の病院に繋ぐ役割を果たします。

 

この方が住む州で陽性が確認された人の内、自宅療養になったのは8割以上だそうです。

ここで、Worldmeterで23日時点の数字を拾うと、下のようになっているので、ドイツ全体で8割とすると、3万3,600人程が軽症で自宅療養をしている計算となります。(同サイト上では日本はこの数字は公開されておらず、東京都のサイトでも公表していません。)

  • Currently Infected Patients(現在の感染者数):42,033
  • in Mild Condition(中等症患者数):39,125 (93%)
  • Serious or Critical(重症患者数):2,908 (7%)

 

ドイツがいつ頃から軽症者は病院に入院させずに自宅療養とすると決定したのかは不明ですが、日本では当初は入院が原則で、ベッド数の不足が心配されるようになった3月下旬からホテルの借り上げが話題になりました。神奈川県の黒岩知事が「神奈川方式」といって患者と収容施設を3段階に分けて軽症者は自宅またはホテルで療養という方針を会見で発表したのが4月1日です。

日本では自宅かホテルを選択する場合、自宅を選ぶ方が多いそうですが、埼玉で自宅療養中の男性が急死したことを受け、厚労省が「宿泊療養」を積極的に活用する方針に転換しました。

 

早期の医療体勢確保

先月中旬には緊急性のない手術を延期するよう各病院に要請。政府は、要請に従ってベッドを開けた病院には1床につき1日約6万5千円の補助金、集中治療のベッドを新たに設置した場合、1床につき約580万円の給付金を出しています。

この辺りのことはドイツのシュツットガルト在住の川口マーン惠美氏が3月27日付の記事(現代ビジネス『ドイツ政府の「新型コロナ対策」で日本が今すぐ真似すべきこと』でこのように書いていました。

 

実はドイツの病院では、2週間ほど前まで、重症者に対する備えなどまったく整っていなかった。

シュトゥットガルトのある病院でも、州政府に、急遽、受け入れ準備を整えることを要請されたとき、新米の女医は「あまりにも混乱していて、何が何だかわからない」と悲鳴をあげていた。しかし、2週間経った今、「もう、いつ重症の感染者が押し寄せても大丈夫」と胸を張る。

2週間で何が起こったか? 隔離ベッドと、集中治療用のベッドを用意。緊急でない手術は延期にし、スタッフを伝染病に適切に対応できるよう指導。そして、人工呼吸器など必要な医療器具も揃えた

ドイツの医療保険制度は日本ほど平等ではなく、プライベート保険と強制保険に分かれている。いわば、グリーン車と普通車のような格差だ。グリーン車の人は、あらゆることで優遇されることになっており、もちろん、入院すれば個室があてがわれる。

なのに、前述のシュトゥットガルトの病院では、今、グリーン車患者までが、普通車患者とともに3人部屋に押し込めらている。もちろん激しい苦情が出たが、看護師が「今は戦時下だ」と一喝したと言うから凄まじい。

いずれにしても、こうしてドイツの病院では、コロナの感染爆発の前に準備万端が整った。緻密な計画で、ガンガンと秩序を整えていくのは、ドイツ人の一番得意とするところだ。巷では、普段なら全く違ったものを生産している多くの企業が、総出でマスクを作っている。これこそが、まさに彼らの底力である。

ただ、病院としては、手術を止めて、空のベッドを抱えてコロナ患者を待っているだけでは大赤字となる。そこで、用意したベッドには、1日につき1台560ユーロ(約72000円)が保障されることになったという。また、人工呼吸器を備えた重症患者のベッドの場合は、準備代として5万ユーロが支給される。この資金は、国と医療保険会社の連携で支払われている。

ちなみに3月の初め、医療品の不足を恐れたドイツ政府は、防御マスクや人工呼吸器などの国外への持ち出しと輸出を禁じ、困っていた隣国の顰蹙を買った。一方、フランスは、国中のすべての医療用マスクを没収し、国家の管理としたというから、こちらも凄い。日頃、「ヨーロッパは一つ」などといっていた国々が、いざとなると、皆、あっという間に自国ファーストだ。

 

これにより、元々2万8千床あった集中治療のベッドの数は4万床まで増加したそうです。

前回のエントリーで、ドイツのICUベッド数(10万人当たり)が29~30床(日本は5床)と紹介しましたが、2万8千床なら33.7床、4万床では48.7床と驚くべき数字になります。

ここまで読まれたら、ブログ主が前回書いたように、それでなぜ日本の16倍もの死者が出るのだ?と疑問に思うのも理解して頂けると思います。

 

番組ではこのあと国民や事業者に対する給付金の話題に移るのですが、これは別のエントリーにまとめることとして、もう少し医療体勢について補足します。

まず、ドイツの死者数が近隣諸国より圧倒的に少ない理由の一つに、感染者の平均年齢が考えられます。(下記は前回のエントリーから引用)

 

※1 ヨーロッパ各国の感染者数累計と死者数(番組で紹介された数字から)

スペイン(感染者数:20万210人/死者数:2万852人)、イタリア(18万1,228人/2万4,114人)、フランス(15万6,493人/2万265人)、イギリス(12万5,856人/1万6,509人)に比べ、ドイツは感染者数14万7,065人で死者数は4,862人と少ない。

 

ドイツは最初の陽性者(1月27日)こそ武漢帰りのビジネスマン(バイエルン州)でしたが、ドイツにコロナウイルスを持ち込んだのは多くのスキーヤーだったとニューヨークタイムズが書いています。

 

 


感染者の平均年齢は、他の多くの国よりもドイツで低い。初期の患者の多くはオーストリアやイタリアのスキー場でウイルスに感染し、比較的若くて健康であったとKräusslich教授は述べた。

「それはスキーヤーの流行として始まった」と彼は言った。

感染が拡大するにつれて、より高齢の患者が命を落とし、死亡率も高くなったが、2週間前に比べてわずか0.2%の上昇だった。しかし、最新の全国報告によると、この病気に罹患した患者の平均年齢は、フランスでは62.5歳、イタリアでは62歳なのに比べ、49歳と比較的低いままである。

 

【原文】The average age of those infected is lower in Germany than in many other countries. Many of the early patients caught the virus in Austrian and Italian ski resorts and were relatively young and healthy, Professor Kräusslich said.

“It started as an epidemic of skiers,” he said.

As infections have spread, more older people have been hit and the death rate, only 0.2 percent two weeks ago, has risen, too. But the average age of contracting the disease remains relatively low, at 49. In France, it is 62.5 and in Italy 62, according to their latest national reports.
  

 

別の記事で読んだことがあるのですが、ドイツでは老人ホームで感染して亡くなるケースが多いそうです。

 

これだけ称賛すべきドイツでなぜ毎日200人も亡くなっている(下図)のか今のところブログ主には答えは見つかっていません。

 

20200423_worldmeter_germany

 

 

  


 

 

 

【武漢ウイルス】ドイツのコロナウイルス対策(1)(4月21日放送『国際報道2020』)

公開:2020-04-24 07:59:05  最終更新:2020/04/24 9:47

4月21日にBS1の『国際報道2020』でドイツのコロナウイルス対策を特集していました。

ドイツでは周辺の国と比較して死者が少なく(※1)、この番組同様、「なぜドイツは死者数が少ないのか?」という観点で論じられることが多いのですが、ブログ主はこうした記事を読めば読むほど、逆に、なぜ(日本に比べて)死者数が多い(※2)のか?と、疑問に思います。

その答えは見つかっていないのですが、取り敢えず、番組の内容をメモしておこうと思います。

今回のエントリーはまず前提知識として日本とドイツの数値を比較します。

 

※1 ヨーロッパ各国の感染者数累計と死者数(番組で紹介された数字から)

スペイン(感染者数:20万210人/死者数:2万852人)、イタリア(18万1,228人/2万4,114人)、フランス(15万6,493人/2万265人)、イギリス(12万5,856人/1万6,509人)に比べ、ドイツは感染者数14万7,065人で死者数は4,862人と少ない。

 

※2 ドイツと日本(+参考として韓国)の比較(4月23日時点のWorldmeterから)

【ドイツ】陽性確定者(回復者 - 率):150,648 (103,300 - 68%)、死者:5,315、100万人当たりの死者数:63人

【日本】陽性確定者(回復者 - 率):11,950(1,424 - 12%)、死者:299、100万人当たりの死者数:2人

【韓国】陽性確定者:10,694、死者:238、100万人当たりの死者数:5人

  • 日本の治癒率がおかしいのは回復者数が正しく公表されていないからか? 但し、4月23日現在の東京都の数字でも、陽性確定者3,572名、退院937名で26%程度なので、治癒率は低い。
  • 日本と韓国に限らず、東アジアは全体的に死亡率は低い傾向にある。
  • これまでドイツでは、多い日で約300名亡くなり、直近3日間もほぼ毎日200名が亡くなっている。日本では最近は日に10~20名程度の死者数が報告されていて増加傾向にある。(cf. 4月23日の死者数:29名ーこれまでの最高)

 

なお、番組でも集中治療室(ICU)の数が取りあげられていましたが、日本はこの数がかなり少ないことが知られています。

 

※10万人あたりのICUベッド数(4月6日 NHKニュースより)

ドイツ:29~30床
イタリア:12
日本:5

 

これに関しては、日本集中治療医学会の理事長が4月1日付けで声明を出して警鐘を鳴らしています。(以下、一部引用)

 

ドイツでは新型コロナウイルス感染症による死亡者のほとんどはICUで亡くなるのに対し、イタリアでは集中治療を受けることなく多くの人々が亡くなっているのが現状です。イタリアは高齢者が多いことも死亡者が多いことの原因と考えられますが、日本ではイタリアよりも高齢化が進んでいるにもかかわらず、人口10万人あたりのICUのベッド数は5床程度です。これはイタリアの半分以下であり、死者数から見たオーバーシュートは非常に早く訪れることが予想されます。

 

 

ドイツを称賛するニュースがあると、よく、「(死者数の多い)ドイツに学ぶことなどない」と言う方も多いのですが、「反面教師」という言葉があります。

医療崩壊を起こしていない(むしろ、ドイツはイタリアやフランスの患者を受け入れている)でなぜ死者数が多いのか?という観点からもドイツに学べることがあるはずです。

 

なお、ブログ主は、現在のところ日本の死亡率が低いのは「たまたま運が良かった」からではないかと思っています。

それは、ヨーロッパと東アジアの比較から、初期に流行ったウイルスが、東アジアでは比較的に「攻撃性の低い」ものだったのではないかと想像しているからです。

日本の「陽性確定者数」をそのまま鵜呑みにする人は少ないでしょう。善し悪しはともかく、PCR検査は基本的に症状がある等の制限があり、「隠れ陽性者(自然治癒者も含む)」は多いと考えている人は多いと思います。先日、慶應義塾大学病院で新型コロナウイルス以外の患者にPCR検査を実施したところ、67名の内4名から陽性反応が確認されたという報道がありました。その方達はいずれも無症状です。(記事後述)

しかし、ウイルスは変異します。また、中国以外からの国から旅行者等によって持ち込まれた「より攻撃性の高い」ウイルスが優勢になる可能性があると思っています。実際に最近、変死者を調べたら陽性であったり、入院待ちの軽症者が急変して亡くなるケースも出ています。

  

また、日本ではヨーロッパや台湾のような強制性や罰則を伴う行動規制は行われておらず、「要請」レベルの緩い営業制限や「国民のモラル」に頼るしか無いこと。そして、その「モラル」も、湘南海岸に群がる人や他県にパチンコ遠征とかコロナ疎開をする人達を見ると、怪しいものであること。

台湾や韓国のような陽性確定者の活動規制やITを利用した行動管理(GPSや決済情報の収集により行動を他者から可視化)もされていないので、個人が「3密」を避けるしかありません。

最近、積極的に感染拡大対策を打ち出す小池百合子東京都知事を支持する声が聞かれ、それを「政治パフォーマンス」と揶揄する人もいますが、具体的な指示を求めている人も多いのではないでしょうか。

ITを利用した行動管理はプライバシーの観点から議論はあるとは思いますが、国民はどこに感染の危険性があるのか分からずに不安になっていることが、4月12日に放送されたフジ『日曜報道プライム』での韓国のコロナ対策を紹介した後のdボタンを使ったアンケートにも現れていました。コロナ危機の下、「プライバシー重視」は11%、「プライバシーより感染防止優先すべき」が89%だったのです。

憲法や法律で縛られているので政府だけを「無策」と批判するつもりはありませんが、防疫上の観点からはあまりに日本は「戦う態勢」が整っていないと思っています。

 

【関連記事】


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200423/k10012401391000.html
新型コロナ以外の患者6%陽性 地域の状況反映か 慶応大学病院
2020年4月23日

東京の慶応大学病院が今月、新型コロナウイルス以外の患者67人に対して、感染しているかどうか調べる検査を行ったところ、およそ6%の人が陽性だったことが分かり、病院は地域での感染の状況を反映している可能性があるとしています。

慶応大学病院によりますと、今月13日から19日の間に新型コロナウイルス以外の患者、67人に対して、手術前や入院前に感染しているかどうか調べるPCR検査を行ったということです。

患者は全員、新型コロナウイルスに感染した際に見られる症状はありませんでしたが、およそ6%にあたる4人が陽性と確認されたとしています。

この結果について、慶応大学病院は患者は病院の外で感染したものと考えられ、地域での感染状況を反映している可能性があるとしています。(中略)

専門家「予想以上に市中感染者がいる可能性も」

慶応大学病院の調査でおよそ6%に当たる4人の患者が陽性だったことについて、感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎教授は「病院という特殊な環境であるため、そのまま全体に当てはまるかは分からないが、これまでの予想以上に市中に感染者がいる可能性は考えられる。ただ、感染した人からほかの人にどの程度ウイルスが広がるかは分かっていないことも多いので、冷静に対応する必要がある」と話しています。

また、軽症の患者のホテルや自宅での療養について、「この感染症は容体が急激に悪化するおそれがあり、軽くても症状が出ている人に対しては医師が定期的に診察できる態勢が必要だ。今後も自宅で療養する人はさらに増えていくと考えられ、こうした態勢づくりを急ぐ必要がある」と指摘しました。(後略)
 

 

 

  


 

 

 

2020/04/20

【武漢ウイルス】福井県のマスク購入券

福井県が県内の全世帯に「マスク購入券(ハガキ)」を郵送し、最寄りの特定のドラッグストアで必ず100枚(50枚入り2箱)を購入できるシステムを考案しました。価格もドラッグストアは利益を上乗せしないのだそうです。(記事後述)

マスクに関しては、政府の全世帯配布(所謂“アベノマスク”)、朝日新聞の通販(アベノマスクを批判していた朝日が自社の通販サイトで布マスクを販売していて「今こそ布マスクが救世主」などと謳っていた)、そしてこの福井県のマスク購入券等々、皆、イライラしているためか、「右」と「左」で、「敵(?)」の「一部の欠点」をあげつらって「全否定」するという同レベルの争いがネットで見受けられます。

そういう事は無視して、今回の福井方式について考えてみました。

まず、全戸にハガキを配達する方法はアベノマスクでも使われた日本郵便の「配達地域指定郵便物」を利用するのでしょう。

福井県に協力する企業「ゲンキー」は、Wikipediaによると、「ゲンキー株式会社は、福井県坂井市に本社を置く福井県を中心に石川県、岐阜県、愛知県で大型・小商圏型ドラッグストアチェーンを展開する企業。」との事で、地元企業ならではの協力です。

これができるには、県内くまなくチェーン展開している必要もあります。また、マスク購入可能期間内はハガキ持参者を優先して販売するはずです。

福井県の「規模」も適度なのかも知れません。

調べたら、福井県の世帯数は約28万9千世帯(人口:77.89万、面積:4,190 km²)。

比較のためにブログ主が住む神奈川県を調べたらあまりにも規模が違いすぎるので川崎市を例にすると、世帯数は約74万6千(人口:150.35万、面積:144.4 km²)です。

仮に川崎市が同じことをやろうとしても、こうした地元密着の企業はありませんし、仮にどこかの1社に協力を要請したとするも、隣近所の他のドラッグストアが“ぼったくり価格”でも売れているのですから、「機会損失」を強いることになります。ブログ主の近所のドラッグストアが、(十分の供給量があるはずなのに)行く度にトイレットペーパーの価格が上がっていたのを考えると、積極的には協力したくはないでしょう。また、必要なマスクの量も福井の2.6倍くらいになります。

 

日本では、称賛されている台湾のようなマスク管理(国が一括購入、保険証番号で購入できる曜日を限定)のような強権発動はできません。結局は、地方毎の状況に合わせて自治体が工夫するしかないのだと思います。

 

【福井県の公式発表】県民向けにマスク購入をあっせんします(最終更新日 2020年4月19日)

 

【報道】 


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395481000.html
福井県 マスク購入券を県内全世帯に配布へ 50枚入り2箱まで
2020年4月19日

全国的にマスクが品薄となる中、福井県は安心してマスクを手に入れられるよう50枚入りを2箱まで買うことができる購入券を県内の全世帯に配布することにしました。

マスク不足が深刻化する中、福井県は1箱50枚入りのマスク30万箱、合わせて1500万枚を独自に確保しました。

今後、各世帯に配られる購入券を坂井市に本社があるドラッグストアチェーン「ゲンキー」の県内64の店舗に持参すれば、1箱50枚入り税込み2350円のマスクを2箱まで購入できます。

県によりますと、「ゲンキー」は利益を上乗せしない値段で販売することにしていて、一般的な市場価格よりも安いということです。

購入券は今月23日から順次、郵送され、30日までにすべての世帯に届く予定で、有効期間は今月24日から来月10日までです。

福井県によりますと、都道府県が県民向けにマスクの購入をあっせんするのは全国で初めてだということです。

福井県創業・経営課の荒木一男課長は「皆さんが安心してマスクを手に入れられるような仕組みを作りました。在庫も販売期間も十分にあるので販売初日に店に並んだりせず、余裕を持って購入してほしい」と話していました。

 

 

  


 

 

 

2020/04/19

【沖縄】琉球独立活動家がマスク1万枚配布“イベント” 長蛇の列【COVID-19】

ニュースとしては「沖縄出身の男性がマスク配布イベントを行い、広場前に長蛇の列。開始時間前に既に配布終了。貰えなかった人が男性に怒号で警察が割って入る。(日テレNEWS24『マスク配布イベントで怒号・・・警察出動 沖縄』)」というものですが、ここでは「沖縄県民の民度」云々を揶揄したいわけではありません。

 

20200419_okinawa_mask

画像は日テレNEWS24のニュース動画キャプチャ

  

まず、この男性は「サンアロー通商」屋良朝助・取締役社長などと紹介されますが、実は『琉球独立』の活動家で有名人です。(後から分かりましたが、マスク10枚には「はるかなる琉球王国」というタイトルの歴史学習教材なるDVDが付属していたようです。)

 

この時期に人を集めるイベントを催すこと自体が非常識ですが、場所は県庁前の広場(Twitter情報によると集会の許可は取っていないらしい)。そして、沖縄タイムスがまるで宣伝するかのような記事を書いていました。

 

20200419_okinawa_mask02

画像はこちらのツイートより拝借しました。

 

左派のやることは黙認どころか美談扱いなのです。

ブログ主もこのイベントのことはSNSで事前に知っていたのですが、これを話題にする人は既にこのような事態を危惧していました。

なお、YouTubeに『【コロナ闘争勃発】沖縄マスク無料配布 県庁前広場』という、当日の混乱を示す動画がupされています。(他の動画から判断すると、up主さんは無関係の模様です。)

 

 

  


 

 

 

2020/04/18

【武漢ウイルス】「アビガン」の効果/RNAウイルスの増殖のメカニズム

公開:2020-04-18 09:57:45  最終更新:2020/04/20 6:37

日本で開発されたアビガンについて、日本政府は必要とする国に無償で提供することを発表し、備蓄のためにも増産体制に入ることとなりました。また、ドイツ政府は大量調達を決定しています。(下記記事参照)

このアビガンについて調べたことをブログ主の覚え書きとしてエントリーしておきます。

 


ドイツ政府が新型コロナウイルスの治療のため、富士フイルムホールディングス傘下の製薬会社(ブログ主註:富士フイルム富山化学)が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」を大量調達することが2日、わかった。独紙フランクフルター・アルゲマイネなどが報じた。購入の規模は数百万セットになるという。

報道によると、独政府は短期間でのアビガンの備蓄を目指している。軍の協力のもと大学病院などを通じて配布する。

(4月3日付日経『ドイツ、「アビガン」大量調達へ 新型コロナ治療に』より一部転載)

 

なお、原薬(薬の有効成分)の製造も中国から国内生産にシフトし、大手化学メーカーのカネカが供給を発表しました。

 


[東京 17日 ロイター] - カネカ<4118.T>は16日、新型コロナウイルス感染症への治療効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の原薬を供給することで富士フイルムと合意したと発表した。設備投資、人員配置転換や生産計画調整で製造体制を整え、7月から供給を開始する。

(4月17日付ロイター『カネカ、「アビガン」の原薬供給で富士フイルムと合意 7月から供給』より)

 

 

アビガンに関する基本的情報

アビガンについての基本的情報および現状は、4月19日付産経『治験や増産進む「アビガン」 早期投与で効果期待』によると、以下の通りです。

  • 富士フイルム富山化学が富山大名誉教授の白木公康氏と共同開発し(平成26年に新型インフル薬として承認)
  • ウイルスが細胞内で増殖するのに不可欠な遺伝子の複製を妨げる
  • 国内で既に350人以上に投与され、効果があるとの報告が相次ぐ(現時点で新型ウイルスは対象外の病気だが、医療機関の判断で投与)
  • 国は、70万人分となる現在の備蓄量を、今年度中に200万人分まで増やす予定。
  • インドネシアやチェコなど20カ国への無償供与が決まり、30カ国以上とも調整中。

 

アビガンやその他治療薬の効果(機能)

アビガン以外にも武漢ウイルス(COVID-19)の治療薬として複数の薬が期待されています。下の図は産経の記事『新型コロナ 複製ミスで変異、分身を増産』(2020.3.29)の図の一部を紙面からスキャンしたものですが、それぞれ、機能(効果)が異なる事が分かります。

 

20200329_sankei_coronavirus

 

よく見かける武漢ウイルスのイラストですが、突起物は「スパイク」と呼ばれ感染先の細胞にとりつく足がかりのような役目をします。ウイルスの表面(図では同心円状になっている外側の層)は「膜」で、これに含まれる脂質は石鹸で溶けます。内部の紐状の物は「RNA」(リボ核酸)で、武漢ウイルスは「RNAウイルス」の一種です。図では、ウイルスが増殖するステップで放出したRNAの複製を阻害するのがアビガンだと言うことを示しています。

他の治療薬候補については、「フサン」(膵炎〔すいえん〕治療薬)はウイルスが細胞内に侵入するのを阻害、「レムデシビル」(エボラ出血熱治療薬)はRNAの複製を、「カレトラ」(エイズ治療薬)はタンパク質の合成を阻害します。

 

以上は産経の記事の一部を要約したものですが、「RNAウイルス」と「DNAウイルス」の違いについても調べて見ました。

 

RNAウイルスとは(どのようなメカニズムで増殖するのか)

新型コロナウイルス検査 「PCR検査」と「抗体検査キット」の違いは?』〔柳田絵美衣 | 臨床検査技師(ゲノム・病理検査)、国際細胞検査士〕のPCR検査の解説の箇所で分かりやすく説明されています。

その箇所を以下に引用します。

 


■「PCR検査」とは?

ウイルスにはDNAウイルスとRNAウイルスの2種類に分類されるが、コロナウイルスはRNAウイルスに分類される。このため、「ウイルスが存在するか?」を確認するためにはウイルスのRNA(遺伝情報)の有無を確認することになる。しかし「PCR検査」のPCRはPolymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の頭文字をとったもので、微量のDNA断片を増幅して検出する方法である。では、RNAウイルスはどのようにして検出するのか?

◆DNA、RNAとは?

DNA(デオキシリボ核酸、deoxyribonucleic acid)とRNA(リボ核酸、ribonucleic acid)は「核酸」と呼ばれ、核酸にはウイルスの遺伝子が含まれている。つまり、ウイルスの増殖に必要な設計図のようなものが含まれている。

DNAには、生物の体を構成する設計図(遺伝情報)が書き込まれている。DNAは、鎖のような構造をした物質に書き込まれており、DNAは二本の鎖が対になってらせん状の構造をしており、安定した状態にある。

図:DNAらせん構造ー省略

体を構成する際には、この遺伝情報をコピーすることから始まる。

DNAの二本の鎖を解いて一本鎖にし、その鎖をコピーしていく。これを「転写」と呼び、このときコピーされたものがRNAである。このコピーをもとにして蛋白質が作られ、体を構成していくのだ。

図:DNAとRNAの関係ー下図

20200403_rna_dna02

 

RNAは一本の鎖のみであり、DNAに比べて不安定な構造をしている。RNAを遺伝物質として持つRNAウイルスは、遺伝子としての安定性が低いことになる。しかし、不安定であるがため、変異スピードが速いことが特徴の一つでもある。つまり、RNAウイルスは変異スピードがDNAウイルスよりも速いのだ。

表:DNAウイルスとRNAウイルスー省略

RNAは不安定な物質であるため、取り扱いが難しい。そのため、RNAウイルスを調べるためのPCR検査では、まずRNAを安定したDNAに変換してから検査を行う。つまり、RNAウイルスの有無を検査するには、まずRNAをDNAに変換することから始まる。これを「逆転写」と呼ぶ。

DNAやRNAは目に見えず、非常に小さな物質であるため、その存在を確認するには、ある程度の量が必要となる。そのため、次に、量を増やす工程である「増幅」を行うのだ。

順番は、「採取された検体に含まれるRNAをDNAに変換(逆転写)」→「そのDNAを増幅」となる。

DNAの数は1サイクルのPCRでおよそ2倍に増えていく。したがって、20サイクルのPCRにより、最初に存在したDNAのおよそ100万(2の20乗)になる。仮に、ウイルスのDNAが検体の中に存在していなければ、何度PCRを行ったとしても”0”ということになる。

これにより、採取された検体の中に新型コロナウイルスのRNAが含まれていれば、RNAから変換されたDNAが増幅されて陽性となり、検体の中にRNAが含まれていなければ何も増幅されないので陰性となるのだ。

PCR検査では、この増幅工程に時間を要するため、検査結果が判明するまでに数時間要するのだ。

一方、多くの企業や研究所が開発や輸入・販売している「(抗体)検査キット」は、10~20分程度で結果が判明する。

 

RNAウイルスがなぜ「変異」しやすいのかが理解できます。

 

PCR検査の方法として、「採取された検体に含まれるRNAをDNAに変換(逆転写)」と書かれています。ブログ主の勝手な解釈ですが、「圧縮ファイル」(RNA)を「解凍」して元に戻す(DNA)ようなものでしょうか。

人体の細胞内でウイルスが増殖するのも同じ原理のようです。

『ブリタニカ国際大百科事典』(電子辞書)の「RNAウイルス」の説明によると、

 

(RNAのみを持つRNAウイルスは)RNAを基準としてDNAを合成する逆転写酵素(ブログ主註:生物体内に起こる化学反応の触媒となる たんぱく質)、またはRNA依存性DNAポリメラーゼが働いて、細胞内でDNA暗号に戻った後、通常と同様に解読され、タンパク質合成の司令に用いられる。

 

とあります。つまり、RNAが単に複写されるのではなく、ウイルスとなるためには一旦DNAに変換されるというプロセスを経ているようです。

では、アビガンは具体的にどのような作用をするのか、ということについては、日本医事新報社のサイトに『医事新報』(2020年03月28日発行)に掲載された白木公康名誉教授 (千里金蘭大学副学長,富山大学名誉教授(医学部)) の論文が転載されているので、一部引用します。

 


緊急寄稿(2)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療候補薬アビガンの特徴(白木公康)

3. アビガンの抗インフルエンザウイルス活性

アビガンの化学構造は図1(省略)に示したように,アビガンにリボースが付加されると,生体内に存在するAICARに構造が似る。AICARはRNAの材料となるグアノシンやアデノシンの前段階のイノシンに至る前駆物質である。そのため,ウイルスのRNA依存性RNA合成酵素(RdRp)は,伸長中のウイルスRNAに,アビガンをグアノシンやアデノシンと間違えて取り込んでしまい,そこで,RNA合成が停止する。すなわち,アビガンは,RNAウイルスのRNA複製の際に,RNA鎖に取り込まれたところで,RNAの伸長を停止する。この機構は,アシクロビルと同じように,伸長阻止薬(chain terminator)として作用する。そして,アビガンの阻害活性はインフルエンザウイルスだけでなく,ほとんどのRNAウイルスのRdRpに対して,伸長を停止する活性を有する。

 

全てを理解することはできませんが、メカニズムはなんとなく理解できます。

再びブログ主の勝手な解釈ですが、「圧縮ファイル」そのものを変えてしまうので、正しく「解凍」できない、という感じでしょうか。

 

なお、上記サイトには他の薬剤についても解説がなされています。

 

 

  


 

 

 

2020/04/17

高機能のHKマスクとは

ブログ主の覚え書きを兼ねて。

 

香港の化学博士が発案、高機能DIYマスク「HK Mask」とは』という記事を読み、これと全く同じではありませんが、「HKマスクもどき」を作ってみました。

型紙は上記サイトのP.5にリンクがあり、作り方使い方(装着方法)はリンク先の動画が参考になります。

「作り方」の動画は市販のキットを使うようになっていますが、型紙に付属品(ゴムや紐、ワイヤー等)のサイズも書いてあるので、自分で材料を揃える場合に参考になります。

 

正確な情報は上記記事をお読み戴くとして、このマスクの特徴は、表布と裏布を完全に縫い合わせるのではなく、上の部分が開いていて、ポケットのようになっていることです。

 

下の画像は参考までに型紙(PDF)をキャプチャしたので実寸大ではありませんが、見て分かるように立体型のマスクです。

Hk_mask_pattern

外側の布は型紙の外側の実線、内側の布は破線でカットした型紙を使用するので、型紙は2枚プリントする必要があります。

(なお、外側の布の上部に切り込みを入れる意味がブログ主は理解できません。

 

2枚の布は顎の部分だけを縫い合わすので前述のようにポケットのように上部(と下部の左右)が開いており、上からフィルターとしてキッチンペーパーやティッシュペーパーを差し込んで使います。

 

記事によると、

 「医療向けマスクの基準となるのが、0.3μmの粒子捕集効率が95%以上という3M製の防護マスクN95。フィルター製造業者のFOCUS社の協力で計測したところキッチンペーパーで74%以上の数値が出た。ティッシュペーパーでも46%以上という数値が出て、一般人が使うマスクには十分な水準にあることが分かった」

そうです。

 

ブログ主は鼻に沿わせるためのワイヤー(形状記憶テープ)や紐を省略し、耳に掛ける紐(ゴム)だけにしたので、肌への密着度に欠け、上記のような機能は確保できないとは思いますが、単に布を2枚合わせたよりはマシかと思って使っています。

 

 

  


 

 

 

【武漢ウイルス】10万円の個人給付は「自己申告制」?/海外の国民支援策まとめ

公開:2020-04-17 16:25:56  最終更新:2020/04/19 6:57

このエントリーでは、海外の国民支援策についてメモをするつもりで書き始めたのですが、昨日(16日)に突然それまでの「1家庭あたりの条件付き30万円支給」から「制限無し一律10万円給付」という案が浮上し、そして今日になり「自己申告制による10万円給付」を検討という報道がありました。(記事後述)

これに関しては言いたいことは色々とありますが、まだ決定ではなく、「観測気球」である可能性もあるので、取り敢えず、その事実だけを最初に書いておきます。

 

以下、少しずつ書き足していくこととしますが、海外の給付制度や企業への補償など、見聞きしたことを書き留めます。(断片的な情報になります。)

まずは、アメリカのケースです。

 

アメリカ

チャンネル桜の『世界は今』#200(4月16日公開)で、アメリカ在住の日本人の方(伊原太郎さん ) がレポートしてくださったもの。

下の画像は画面のキャプチャにブログ主が書き込んだものですが、大凡はこれで分かるかと思います。

米国のコロナ支援金は通称「Stimulus Money」や「Stimulus Check」と言われ、所得制限があるものの、確定申告している人はその口座に自動的に支給(口座に振り込み)されるそうで、確定申告していない人はネットで申請(口座の登録?)する必要があるとのこと。

法案にトランプ大統領が署名したのが3月27日で4月10日に発効したそうで、部下の女性にも小切手(check)の振り込みの前に確認の通知が来ており、伊原さんも確認したところ、既に振り込まれていたそうです。

 

金額に関しては、ざっくり言うと、満額支給されるのは「年収7万5千ドル(約800万円)以下」の人で、大人に1200ドル(13万円)、17歳以下の子供1人につき$500ドル(5万4千円)。 (現在のドル円為替レートは約108円)

それ以上の年収は減額されるか、高額所得者(9万9千ドル~)は対象外となるそうです。

 
 

20200416_sakura_stimulusmoney

 

なお、この件に関し、今日の午後のBS1『ワールドニュース アメリカ』ではこのようなことを報道(米ABC)していました。

 

既に米政府は8千万人にアメリカ人に送金したと言っているが、一部は情報が間違っていて、中には「口座番号が一つ違う口座に振り込まれていた」り、「何年も使用していない閉鎖された口座に振り込まれた」りしていた。

 

このことに関する幾つかの英文記事(例えば、As stimulus checks hit bank accounts, many encounter roadblocks)を検索して読んだところ、どうやら、確定申告をしておらず、国税局(IRA)のサイトで申請をした人に関して混乱があるようです。登録の際にエラーが出たりと、システム的な問題かと思います。なお、口座が不明で戻された小切手は後に(紙の)小切手が郵送されるとは書いてあります。(「口座番号が一つ違う口座に振り込まれる」というのは、システム的に起こったのではなく、人為的な入力ミスでしょう。常識的に考えれば、全く違う口座に送金したのなら理解できますが、一文字だけ間違うなどというのは、むしろプログラム化されたシステムにとって難しいからです。)

 

イタリア

同じ番組でイタリアからのレポート(カンパナ・マウリツィオさん)もありましたが、個人給付に関しては話にも出ていないようです。

なお、カンパナさん個人のYouTube動画によると、個人事業主に対しては600ユーロ(約7万円/4月19日時点で為替レートは117円程)を給付することは決定しているそうですが、一向に支払われないので州(ミラノがあるロンバルディア州)が肩代わり?して支払おうという動きがあるそうです。

同じ動画の中でスイスに対する言及があったので、次項にメモします。

 

スイス

全ての個人事業主に対しネット手続きをすれば昨年の総売上の10%を政府が貸付。(カンパナさんの知人の話によると、申請して3日後に送金されたとのこと) 無利子無担保で5年間返済が猶予されるとのこと。

 

取り敢えずここまでで一旦公開します。

 

 

【参考記事①】日本の個人給付


https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200417-OYT1T50080/
10万円、一律給付へ…自己申告制で「5月中にはできる」
2020/04/17 07:22

 政府・与党は16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国民1人あたり10万円を給付する方針を決めた。所得制限は設けず、5月中の給付開始を目指す。政府は、10万円給付を盛り込んだ2020年度補正予算案を20日に閣議決定し、27日に国会提出する。

 政府がいったん閣議決定した予算案を組み替えるのは極めて異例だ。

 安倍首相は16日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部で「外出自粛をはじめ、様々な行動が制約されることとなる全国すべての国民を対象に、一律1人あたり10万円の給付を行う方向」だと語った。

 予算案の組み替えでは、10万円給付を追加する代わりに、減収世帯への30万円給付を取り下げる。これによる追加の予算規模は約8兆円に上る見通し。

 一律給付は高額所得者も受け取ることができる。ただ、受け取りにあたっては市区町村に申請する形を取るため、申請しなければ辞退も可能だ。

 09年、全国民に一律で配った定額給付金は、行政側が受け取る人の住所や口座の事前確認に手間取り、給付までに約3か月かかった。自己申告制にすれば、その都度、確認すれば済むため、「5月中には給付できる」(政府関係者)という。

 10万円の一律給付は、公明党の強い要求を受けたものだ。

 首相は16日午前、公明党の山口代表と電話で協議した。山口氏は所得制限なしの一律10万円給付を補正予算案に盛り込むよう求め、首相は「検討する」と応じた。これを受け、首相は首相官邸で麻生副総理兼財務相、自民党の二階幹事長や岸田政調会長らと相次いで会談し、補正予算案を組み替える考えを伝えた。

 政府は、減収世帯への30万円の支給を盛り込んだ20年度補正予算案を7日の臨時閣議で決定した。与党は20日に予算案の国会審議を始め、24日までに成立させる段取りを描いていた。

 しかし、支給対象の世帯が全世帯の約2割にとどまることなどから、野党だけでなく、与党内からも「不十分だ」「制度が分かりづらい」といった批判が上がっていた。
 

 

 

  


 

 

 

2020/04/16

星野源氏の動画と安倍総理のコラボに思うー「それにつけてもアベの憎さよ」

ミュージシャンの星野源氏の動画を使って自由にコラボするお遊びが流行っており、それに安倍総理が自宅でくつろぐ様子の動画を合わせました。

ブログ主はニュースで見ただけで実際の動画(インスタグラムらしい)をフルでは見ていませんが、こんな動画です。

 

20200414_gendai_hoshino

 

一般人だけでなく、芸能人なども批判しているのをチラホラと見聞きします。

ソファーで犬を撫でたり紅茶を飲むだけのこの動画がなぜそれほど神経を逆撫でするのか?

 

現代ビジネスの『星野源「うちで踊ろう」安倍首相 “コラボ事件” に抱いた強烈な違和感 音楽ジャーナリストとして思うこと』(柴那典)を読んで、その理由が分かりました。

 

この動画は沢山の人に反感を与えた。星野源のファン、音楽やエンタテインメントの関係者、「うちで踊ろう」のムーブメントを楽しんでいた人だけでなく、多くの人に拒絶反応のような感情をもたらした。

筆者個人の第一印象は「とても邪悪なもの、醜悪なものを目の当たりにした」というものだった。まず率直に思ったのは「それは為政者のすることではない」ということだ。

 

と罵詈雑言から始まり、この後、歌詞の意味の解説が続き、「うち」は「おうち(at home)」ではなく「室内(inside)」だ、等と書いています。

 

これを読んで、こんなに長々と書く必要ないのに...と思いました。

 

「それにつけても金の欲しさよ」

 

ブログ主は多分『笑点』ででもこの遊びを知ったのだと思いますが、Wikipediaの説明を借りると、

 

“下の句を「それにつけても金の欲しさよ」に付け合うことで、どんな風雅な句も狂歌の体に収斂させてしまう言葉遊び”

 

だそうで、「金欲し付合」と呼び、中期に流行った遊びだそうです。

「付合」は「つけあい」と読み、二人以上で、次つぎと前句(まえく)に付け句をすることですが、柴氏の評論はまさにこれ。

 

「それにつけてもアベの憎さよ」

 

差し詰め、「アベ憎し付合」といったところでしょうか。

尤もらしく説明をつけても、「狂歌」の類いなのです。

 

 

  


 

 

 

2020/04/12

【武漢肺炎】台湾が昨年12月31日にWHOに送ったメールを公開【全文】

台湾(陳時中衛生福利部長)が昨年12月31日にWHOに「武漢で非定型肺炎が発生している」旨警告したメールを公開しました。その中には、直接の言及ではありませんが、「ヒトヒト感染」を示唆しています。

 


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012382351000.html
台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎”

2020年4月11日

新型コロナウイルスへのWHO=世界保健機関の初期対応をめぐり、台湾当局は、去年12月にWHOに送った文書を公表し、中国でヒトからヒトへの感染が疑われる事案が起きていると警告していたと強調しました。
WHOの対応を批判するアメリカに歩調をあわせた形です。

アメリカ国務省は10日、WHOについて「台湾から早期に受けた通知を国際社会に示さなかった。公衆衛生より政治を優先した」などと批判しましたが、AFP通信の取材に対しWHOは「台湾からの通知にヒトからヒトへの感染について言及はなかった」と否定しました。

これについて台湾当局は11日、WHOに対して去年12月末に送った通知の全文を公表しました。

文書には「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」などと書かれています。

台湾の陳時中衛生福利部長は会見で「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」と述べ、文書はヒトからヒトへの感染が疑われる事案が起きていると警告していたと強調しました。

台湾は、WHOの対応は中国寄りだと批判するアメリカのトランプ政権に歩調をあわせた形です。
 

 

故・李文亮医師が原因不明の肺炎をグループチャットに発信し警告をしたのが昨年12月30日なので、台湾は既にこの時点で情報を掴んでいたと思われます。

なお、何の番組(ネット番組)で見たかは失念したのですが、台湾は武漢の異変に気付くと「人」を送り込んで調査したと聞きました。台湾なら中国に対してこのような「諜報活動」を行っていても不思議ではありません。

また、台湾は2月6日に中国各省市に居住する中国人の入境を全面的に見合わせる措置を執った(cf. 日本が湖北省からの入国を禁止したのが2月1日)のですが、昨年から情報を掴んでいたのならこの対応の早さも頷けます。

 

以下、ニュース画像から書き取った電子メールの全文です。

 

News Resources today indicate that at least seven atypical pneumonia cases were reported in Wuhan, China. Their health authorities replied to the media that the cases were believed not SARS; however the samples are still under examination, and cases have been isolated for treatment.

I would greatly appreciate it if you have relevant information to share with us.

Thanks you very much in advanced for your attention to this matter.

Best Regards

 

 

Banner_wuhanvirus2

 

 

  


 

 

 

2020/04/10

神奈川県医師会『本当のことを知ってください! ~新型コロナウイルス感染症について~』(4月7日付)

神奈川県医師会のサイトに『本当のことを知ってください! ~新型コロナウイルス感染症について~』というメッセージ(PDF)が掲載されていました。

安易なコメンテーターが視聴者を煽るマスコミへの批判、PCRのこと、医療関係者への偏見、等、分かり易く切実なメッセージなので、アクセスしやすいように全文をコピペしておきます。

 

◆侮らないで◆

連日の報道で、親も子供もストレスで大変ですとマスコミが取り上げています。だから、ストレス発散のために、外出したいという気持ちもわかります。
爆発的な感染拡大に若い人たちに危機感はないのは当然かもしれません。若い人は感染しても比較的軽症ですむとの報道があるからです。しかし現実は違います。若い人でも、重症化して一定数以上は死亡するのです。現実を見つめてください。
もし、自分の知り合いの人がコロナ感染症で亡くなられたらきっと哀しいはずです。そして、亡くなった人にうつしたあなたが、入院せずに軽度ですんでも本当に喜べるでしょうか。不用意に動き回るということは、その可能性を増やしてしまうことなのです。今は我慢する時なのだということを、ぜひ理解してください。出来るだけ冷静に、そして自分を大切に、そして周囲の人を大切に考えてください。


◆ごまかされないで◆

この新しい未知のウイルスに、本当の専門家がいません。本当は誰もわからないのです。過去の類似のウイルスの経験のみですべてを語ろうとする危うさがあります。そして専門家でもないコメンテーターが、まるでエンターテインメントのように同じような主張を繰り返しているテレビ報道があります。
視聴者の不安に寄り添うコメンテーターは、聞いていても視聴者の心情に心地よく響くものです。不安や苛立ちかが多い時こそ、慎重に考えてください。
実際の診療現場の実情に即した意見かどうかがとても重要です。正しい考えが、市民や県民に反映されないと不安だけが広まってしまいます。危機感だけあおり、感情的に的外れのお話を展開しているその時に、国籍を持たず、国境を持たないウイルスは密やかに感染を拡大しているのです。
第一線で活躍している医師は、現場対応に追われてテレビに出ている時間はありません。出演している医療関係者も長時間メディアに出てくる時間があれば、出来るだけ早く第一線の医療現場に戻ってきて、今現場で戦っている医療従事者と一緒に奮闘すべきだろうと思います。

◆PCR検査の本当◆

医療関係者は、もうすでに感染のストレスの中で連日戦っています。その中で、PCR検査を何が何でも数多くするべきだという人がいます。しかしながら、新型コロナウイルスのPCR 検査の感度は高くて70%程度です。つまり、30%以上の人は感染しているのに「陰性」と判定され、「偽陰性」となります。
検査をすり抜けた感染者が必ずいることを、決して忘れないでください。
さっさとドライブスルー方式の検査をすればよいという人がいます。その手技の途中で、手袋や保護服を一つひとつ交換しているのでしょうか。もし複数の患者さんへ対応すると、二次感染の可能性も考えなければなりません。正確で次の検査の人に二次感染の危険性が及ばないようにするには、一人の患者さんの検査が終わったら、すべてのマスク・ゴーグル・保護服などを、検査した本人も慎重に外側を触れないように脱いで、破棄処分しなければなりません。マスク・保護服など必須装備が絶対的に不足する中、どうすればよいのでしょうか。次の患者さんに感染させないようにするために、消毒や交換のため、30 分以上1 時間近く必要となります。テレビなどのメディアに登場する人は、本当のPCR検査の実情を知っているのでしょうか。そして、専門家という人は実際にやったことがあるのでしょうか。

◆胸部レントゲン検査やCT検査の困難◆

胸部レントゲン検査やCT 検査を、もっと積極的にしないのは怠慢だという人がいます。もし、疑われるとした患者さんを撮影したとすると、次の別の患者さんを検査する予定となっても、その人が二次感染しないように、部屋全体を換気するとともに装置をアルコール消毒しなければなりません。その作業は30 分以上、1 時間近く必要となります。アルコールが不足する中、どうすればいいのでしょうか。メディアなどで主張する専門家やコメンテーターは、そのようなことを考えたことがあるでしょうか。

◆医療機関の現状◆

今後感染のスピードが上がると、重症例も当然増えてきます。もし何百人もの感染者が同時に出れば、その人たちを病院で治療しなければいけません。医療機関のベッドは、またたく間に埋まってしまいます。それでも心筋梗塞や脳梗塞やがんなどの患者さんに対しては、いつものように対応しなければなりません。今までと同じように医療は維持しなければならないのです。
軽症の人は、自宅や宿泊施設に移って静養や療養してもらい、少しでも新型コロナ感染症の人のために、病院のベッドを空けるなどの素早い行動が必要です。そして、新型コロナ感染者の治療が終わり、社会復帰しても良いというときこそ、素早くPCR検査をやって確認し、ベッドを開けなければなりません。そのためにも、少しでも時間が必要なのです。医療機関に時間をください。
コロナ感染者の増加を、少しでも緩やかなカーブにしなければ、医療は崩壊します。

◆医療機関への偏見や差別◆

皆さんは、咳をしたり、熱が出ていたりする人が近くにいたら、きっと嫌な顔をして、文句を言うか、離れていくことでしょう。今この時も医療関係者は、コロナ感染の恐怖の中で戦っています。戦っている医療機関の医師や看護師や事務職員にも、子供や孫、そして親はいます。その愛する人たちに、うつすかもしれないという恐怖の内で、医療職という使命の中で戦っています。そして自分の子供が、バイキンと言われ、いじめにあうかもしれないという、悲しみとも戦っています。
市中の診療所ならば、医師自身が罹ったら、当然一定期間休診にするばかりでなく、診療所のすべてのスタッフやその家族の心配もしなければなりません。そして、自分の家族そのものに危害が及ぶことになります。実際に病院の中で重症の患者さんの治療を毎日繰り返し繰り返し治療にあたり、家に帰っても人工呼吸器の音が耳から離れず、懸命にしている立ち向かっている医師や看護師の人たちのことを想像してください。そんな恐怖といら立ちと、そしてストレスの毎日の中で生活しています。
わかってください。知ってください。理解してください。感染が拡大すれば、誰もが感染者になります。そのとき、偏見や差別を受けたらどんな思いをするのか、一人ひとりが賢明に考えて、不確かな情報に惑わされて。人を決して傷つけないように、正しい情報に基づいた冷静な行動をするようにしてほしいのです。まして、地域の医療機関の活動が差別意識で妨げられるようなことは、決してあってはならないことでしょう。


◆一緒に戦いましょう◆
もう少し、もう少し我慢して下さい。四週間、何か月いや一年以上になるかもしれません。病と闘って生きていたいと、つらい治療と闘っている患者さんもいます。生きていることだけでも幸せなのだと、ぜひ、ぜひ思ってください。
安易に外出して、密集、密閉、密接のところには絶対行かないでください。あなたの行動が、新しい患者さんを作ってしまうかもしれません。
お願いします。私たち医療従事者も、ストレスや恐怖に我慢して戦っています。お願いします。皆さんはぜひ、我慢と闘って、我慢してください。戦いは、長くてつらいかもしれませんが、みんなで手を取り合っていきましょう。

 

 

  


 

 

 

2020/04/06

【韓国総選挙】選挙の争点は『韓日戦』あるいは『曺国(チョ・グク)vs. 検事総長』?

公開:2020-04-06 08:54:38  最終更新:2020/04/06 13:49

4月15日の韓国総選挙まで残すところ10日程になり、最新の世論調査が出ました。

数字は後述しますが、結論から言えば、文在寅の支持率が更に上昇し、政党支持率でも与党側(左派小政党も含む)が強く、数字通りなら与党側の圧勝の様相です。

また、本来、文在寅大統領の任期途中での中間評価となるべきところを、コロナウイルスのせいもあって争点がぼやけてしまっています。

それは、与党側(支持者)が選挙を『韓日戦』と位置づけるキャンペーンを張っているために、野党までその土俵に乗っかってしまい、与野党で「愛国」を競っている始末だからです。

それに加え、文在寅支持を強く押し出す比例制党(「開かれた民主党」)が曺国(チョ・グク)を起訴した尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長との対決姿勢を強く押し出し、「曺国復活支持vs.不支持」あるいは「曺国vs.検事総長」の構図になっています。

 

以下、主に、先週金曜日(4月3日)放送の『言論テレビ』(西岡力氏、洪熒〔ホン・ヒョン〕氏)と李相哲TV『選挙でチョ・グク(玉ネギ男)復活なるか?〜総選挙シリーズ④(2020.4.5)』の李相哲・龍谷大学教授の解説を基にまとめました。

 

文在寅大統領の支持率は3週連続「支持>不支持」

直近(4月第1週)の世論調査では、文在寅大統領支持は56%(+6%)、不支持36%(ー3%)で、3週連続、支持が不支持を上回っており、支持の理由は「コロナ対策(でよくやっている)」が58%を占めています。

前回のエントリー『【韓国総選挙】新型コロナウイルスは文在寅の追い風に【言論テレビ2020/03/20】』にも書きましたが、3月30日付デイリー新潮の『コロナ対策で「文在寅」の人気急上昇 選挙を控え「韓国すごいぞ!」と国民を“洗脳”』(鈴置高史)でも詳しく説明されています。

但し、政権が選挙が終わるまで感染者の数を控えているという情報(西岡氏によると「噂」ではなく「情報」)があるそうで、洪熒氏も、選挙が終われば一挙に数字が増えると仰っていたので、信憑性がある情報のようです。

 

政党支持率は与党>野党

同じく直近の支持率は以下の通りです。(赤字が「左派」という説明なので「未来統合党」は本来黒字で書くべき)

 

20200403_genron01

 

争点1「曺国vs.検事総長」

選挙の一つの側面として、「曺国(チョ・グク)氏の復活」があります。

これは、比例政党「開かれた民主党」(Wikipediaは『ヨルリン民主党』と表記)がまさしくそれを掲げて設立されており、曺国氏(12の罪状で在宅起訴)の側近や彼にまつわる不正(疑惑)に関与した人物を候補に立て、あからさまに尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長の逮捕を公約に掲げています。(李相哲TVに詳しい)

上図の支持率(10%)で計算すると、47議席×0.1=4.7→4~5議席の獲得が見込まれます。(画像は後ほど追加)

言論テレビによると、左派は文在寅の路線を継げるのは曺国しかいないと見ており(西岡力氏)、曺国を復活させることが文在寅の弾劾や任期後の訴追を回避する方法だと考えています。

洪熒氏は左派の最終的な目的は曺国氏を次期大統領にすることだと仰っています。これにより、洪熒氏の表現を借りると『(韓国版)文化大革命』を完成させるのです。

 

争点2「韓日戦」

下のポスターは与党支持者が作ったもので、これ以外にも安重根をモチーフにした横断幕も目にしました。

 

20200403_genron02

 

縦書きの漢字は「朝鮮(日報)」、「中央(日報)」、「東亜(日報)」、「自由韓国党(現・未来統合党)」と書かれており、赤字で書かれていることから、日本側(=親日勢力)というレッテルを貼っています。

しかし、これに対し、未来統合党は選挙運動で『独島は我が領土』の替え歌を歌って愛国をアピールするなどしており、完全に与党側の土俵に乗っかってしまっています。(これがよく分かる朝鮮日報の記事があったので後述します。【関連記事-1】)

洪熒氏は、未来統合党の代表・黄教安(ファン・ギョアン)は「左派のアバター(化身)」であり、野党は「左派」でないだけで「保守」ではない、と言い切っていますが、『反日種族主義』の李栄薫(イ・ヨンフン)教授も以前から野党を見限るような発言もしていました。

また、このポスターには「「反民族特別委員会(※)が再び開かれる」と書いてあるそうです。(※李承晩政権が設置した親日派弾圧の委員会)つまり、李承晩ができなかった事=積弊清算を完遂する意思を示しています。

また、金九(李舜臣の右側の丸眼鏡を掛けた人物)は抗日の義士であると共に、終戦後の「韓国」(南朝鮮)の建国を妨害した人物で、ここから伺えるのは『大韓民国の否定』です。

以前から西尾氏や洪氏が指摘している通り、「反日」は隠れ蓑で、従北左派の正体は『反韓』なのです。

 

本来は「従北左派vs.自由民主主義」の戦いの構図にしなくてはならないのに、そうならないことが良識的な韓国人にとっては悩みの種です。

 

【参考】

 

 

【関連記事-1】

「土着倭寇」とは「土着」=韓国の、「倭寇」。つまり、「韓国内の親日派」を蔑んだ言い方。また、「壬辰倭乱」とは「文禄・慶長の役(秀吉の朝鮮出兵)、「宣祖」は文禄・慶長の役の際に国防を疎かにしていた朝鮮の王


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/06/2020040680089.html
4・15韓国総選挙、とにもかくにも韓日戦
韓国与党「野党は土着倭寇、義兵決起」…野党「新型コロナは壬辰倭乱、文在寅は宣祖
2020/04/06

 今月15日の総選挙まであと十日となった5日、与野党は「韓日問題」でまた正面衝突した。共に民主党などの与党とその周辺では野党・未来統合党のことを「土着倭寇」「親日勢力」と言い、未来統合党側は新型コロナウイルス問題を壬辰倭乱(日本側呼称:文禄・慶長の役)に例えて「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は無能な宣祖(朝鮮時代の第14代国王)だ」と対抗している。

 共に民主党は各候補の選挙陣営に配布した「総選挙戦略広報遊説マニュアル」で、「国民たちは今回の選挙を『韓日戦』と呼んでいる。日本政府には屈従的だが、韓国政府を非難することにばかりきゅうきゅうとしている未来統合党に審判を下してほしい」という内容を盛り込んだ。共に民主党の比例衛星政党である共に市民党チェ・ベグン常任共同選挙対策委員長は先日、「(今回の総選挙は)国内政治であるかのように偽装された韓日戦」「共に市民党は義兵であり、反対側には未来統合党がいる」と言った。与党系支持者はソーシャル・メディアなどで「未来統合党は土着倭寇」「土着倭寇を撲滅しよう」「義兵が立ち上がるべき時」「今回の韓日戦は何が何でも勝とう」と声高に叫んでいる。

 すると、未来統合党は現与党やその周辺のことを宣祖になぞらえて反撃した。未来統合党のキム・ウン候補(ソウル松坡甲選挙区)は同日、「今回の新型コロナウイルス問題はいろいろな点で壬辰倭乱を連想させる」「宣祖は事前に戦争を防ぐことができのたにもかかわらず、無能で全国民を戦争の惨禍に陥れた」と言った。さらに、「義兵(医療従事者)たちの活躍でかろうじて戦争を収拾した後、宣祖がしたことと言えば、自分こそ最高の戦功者だと自画自賛することだった」「戦功を横取りするため義兵長たちを迫害した」「我が国の医療従事者たちは今、金徳齢(キム・ドクリョン)、郭再祐(クァク・ジェウ)両将軍のように迫害されているが、歴史が証明してくれるだろう」と述べた。

 与党支持層が「韓国の防疫が欧米に比べて成功したのは『文在寅保有国』だからだ」と言うと、未来統合党支持者たちは「文大統領のおかげではなく、韓国の社会・医療システム、医療従事者・公務員・専門家をはじめとする全国民の協力のおかげだ」と反論した。未来統合党の比例衛星政党である未来韓国党の元裕哲(ウォン・ユチョル)代表は同日、比例代表候補1番の尹柱卿(ユン・ジュギョン)元独立記念館館長と一緒に尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の祠堂である忠清南道礼山郡の忠義祠を参拝した。尹柱卿元館長は尹奉吉義士の孫娘だ。

 

 

  


 

 

 

2020/04/03

手縫いでマスクを作ってみた

国会中継を観ながら家にある布やゴム紐(5mm幅の平ゴム)を使って布製のマスクを作ってみました。

元々、一般の人がよく掛けている不織布のマスク(サージカルマスク)も「感染予防」の効果は無く、自分の唾の飛散を防止する程度ですが、それでも、今はマスクを掛けている人が多いので、互いに付けていれば、気休め以上の効果はあると思います。

作り方は数日前の新聞に載っていたユザワヤ(手芸店)の指導する作り方ですが、ミシンが無いので、少しアレンジして手縫いで作りました。(ミシン縫いの方法はユザワヤのYouTubeチャンネルに動画があります。)

 

Mask00

 

以下、ポイントをメモします。

 

【材料】

  • 表側の布: 20cm(横)×17cm(縦)・・・「綿」や「麻」
  • ガーゼ: 15cm(横)×17cm(縦)・・・ガーゼのハンカチ(2枚重ね)を使用。無ければ「さらし」
  • セットアップテープ(形状保持テープ): 5mm幅、長さ8cm ・・・省略。
  • ゴム: 約30cm×2本 ・・・ヘアゴム、平ゴム

 

実は試作品で「セットアップテープ」の代用としてリボンタイ(?内側に針金の入っていて袋の口を閉じる為のラッピング用品)を使ってみたのですが、布マスクだと割と肌にフィットするので、あまり効果を感じませんでした。

 

【作り方】

1.布とガーゼを縫い合わせ、筒状にする。(次のステップで裏返すので表面を内側に)

  • 布がずれないように適宜まち針を打つ。
  • 「並縫い」をする範囲は緑の矢印で示した範囲で可。※縫い初めと縫い終わりは「返し縫い」(一針戻って二重に縫う)、数針毎に「返し縫い」をすると強い。

 

Mask01

 

2.セットアップテープを挿入する為なので省略可能だが、補強のために「並縫い」。

 

Mask02

 

3.4.【省略】

Mask03

 

Mask04

 

5.6.プリーツを作る。

  • 絵は裏側から見たところ。表側から見ると完成図の様に折れている。

 

Mask05

 

Mask06

 

7.プリーツを固定するために「並縫い」。

  • 布がずれないように適宜まち針を打つ。

 

Mask07

 

8.ゴムを通すために筒状に縫う。

  • 手縫いの場合は「まつり縫い」で留める。(スカートなどの裾上げの縫い方)

 

Mask08

 

9.ゴムを通す。

Mask09

 

 

  


 

 

 

2020/04/02

【武漢ウイルス】日本のPCB検査の少なさは「クラスター・サーベイランス」(感染者集団追跡調査)のお陰【4月1日専門家委員会記者会】

4月1日夕方に行われた専門家委員会記者会を観ましたが、そこで、尾身茂副座長が「日本モデル」という言葉を使っていました。(1:53:23~)

これは、今後「日本モデル」と呼ばれて欲しいという希望も込めた言葉ですが、それは、2009年の新型インフルエンザの世界的流行では日本の致死率は「ちょっと少ない」どころではなく「桁違いに少なかった」そうで、その原因として、①国民の健康意識、②医療制度、③学校閉鎖の3つの要素を挙げていました。

これが今回のコロナウイルス対策にも生かされているのです。

 

この内、②の医療制度としては、順番は前後しますが、1:27:45辺りに説明した、日本のクラスター・サーベーランス(感染者集団追跡調査)のノウハウが支えています。

 

このことは後述するとして、日本はコミュニティ(=地域社会等、ある集団)でどれほど感染が広がっているか調査するためにPCRをやるという発想は全く無く、『必要な人に必要な検査をする』ことに主眼を置いています。

日本の医療水準では、PCRをくまなくやらなくとも、肺炎の疑いのある人に対してはPCRをやり、CTも撮れているそうです。

恐らく、日本は人口当たりのCT台数が桁違いに多いことも理由でしょう。(下図)

 

Ct_and_mri

 

つまり、クラスター対策班の働きで、無駄なPCR検査はしなくて済んでいるのです。但し、もう少しPCR検査の能力(受容力)を増やすべきだとは仰いってます。

 

クラスター・サーベーランスの専門家はFETP(Field Epidemiology Training Programme/実地疫学専門家養成コース)という2年間のコースで養成していて、日本では20年以上前から行われているそうです。

動画で尾身先生も仰っていますが、シンガポールは「感染連鎖の可視化」(ツリー化)はほぼ完全にできていると、クラスター対策班のレポート(後述の押谷仁先生の報告書)にも書いてありました。しかし、オーバーシュート(欧米で見られるように、爆発的な患者数の増加のことを指すが、2~3 日で累積患者数が倍増する程度のスピードが継続して認められるものを指す。)をが発生している欧米、少なくとも、イタリアやアメリカではまったくやっていません。

日本が辛くも持ちこたえられているのは彼等の働きによるのです。

 

今回のコロナウイルス対策でも「主戦場」で戦っているのはこの方達だそうで、(PCR検査の)検体の移送も担っています。このコースを卒業した人達は現在全員現場に出ているそうで、各都道府県で知事が依頼して集めた、在宅、リタイヤした保健師にクラスター・サーベイの講習会を開き、その人達が各都道府県に戻ってクラスター・サーベイを行っているとのことです。

このクラスター対策班が今、大変疲弊しているそうです。

 

それに加えて①の日本人の意識の高さ。

こうしたことが今世界から注目されていると仰っていました。

 

ブログ主はこの話を聞いていて驚くと共に、メディアが報道すべきと思ったのですが、全くと言っていいほど注目されません。

 

ダイヤモンド・プリンセス号でもメディアはあら探しばかりしていて、医療チームについて全く報道しませんでしたが、ブログ主もあとから知ったのですが、あそこで医療支援をしていたのは、自衛隊以外には医師会からの要請で集められた民間の医師なのですよね。(cf. 埼玉県の羽生総合病院『ダイヤモンド・プリンセス号へのDMAT派遣について』)

 

【参考】

 

 

日本のPCR検査(の他国に比べての少なさ)に関しては、ネットではもう納得している人が多いのですが、未だに野党やマスコミは批判しています。

彼等は労働者の味方のようなフリをして、実は現場で働いている人達のことなど「物」のようにしか思っていないのです。

海外では決まった時間にベランダや庭先に出て、医療従事者を称えるために拍手をすることが流行っているそうです。

こうしたことは日本人には馴染まないとは思うのですが、日本のメディアはあまりにも現場の苦労に思いを馳せるという姿勢に欠けてるように思います。 

ダイヤモンド・プリンセス号に関して言えば、日本を去るとき、下のような形で日本に対する感謝の気持ちを示してくれましたが、こうしたことも話題にしません。(プリンセス・クルーズの公式Twitterより)

 

20200331_diamond_princess

 

 

話をコロナウイルス対策に戻すと、海外の反日的なメディア(New York TimesやWall Street Journal等)も日本のPCR検査を不十分だと言いますが、実は、日本のコロナウイルス対策のやり方には理由があるわけです。

恐らく、尾身先生が言ってたように、防疫の専門家は分かっていて、だからこそ尾身先生も自信がおありなのでしょう。

 

なお、クラスター対策班がどのようなことをやっているのかは、日本公衆衛生学会のサイトの「クラスター対策研修会(2020年3月29日)」に『COVID-19への対策の概念』(2020 年 3 月 29 日暫定版)という 東北大学大学院医学系研究科・押谷仁先生が作成した報告書(PDF)を読むと分かります。素晴らしい資料です。

 

【参考】会見資料は厚労省の『「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年4月1日)』に掲示されている『「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」』(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議)

 

 

  


 

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ