最新情報

  • 2020/07/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の15件の記事

2019/12/31

【沖縄】首里城再建募金に使途はアンケートで→「は?再建に使わないの?」【焼け太り】

首里城火災(10月31日)から二ヵ月経ち、現時点で12億円以上の寄付が集まったそうですが、その使途はアンケートで決めるようです。

アンケートの対象も県民や団体、高額寄付者に限られそうで、再建に使われると思って寄付した方にはご愁傷様でした。

 

以下は琉球新報の記事です。

 


https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1050905.html

首里城再建寄付金の使い道をアンケートへ 沖縄県が方針、意見踏まえて条例化
2019年12月31日

 沖縄県は30日までに、首里城再建へ向けて県に寄せられた寄付金の使い道について、県民の意見を踏まえた条例を制定することを決めた。アンケートで広く一般県民から意見を集めるほか、関係団体や寄付者らからの意見も聴き、広い範囲で使い道を検討した上で条例化する。アンケートのためのホームページ設置も検討している。那覇市は、同市に届けられた寄付金を県に託す方針。27日までに県と那覇市には県内外や国外から計約12億4千万円の寄付金が集まっている。

 寄付金を首里城再興にどう生かすかについて、県幹部の一人は「広い範囲で練り、どこまで使途として認められるか、アンケートを通じ、県民の意見を踏まえて決めたい。寄付者は正殿本体に使ってほしいところもあると思うので、関係団体や高額寄付者らの意見も聴いた上で条例化を目指したい」と述べた。

 寄付金は、県には27日現在、「ふるさと納税」や口座振り込みなどを通じて8億4千万円余りが寄せられている。那覇市には26日時点で約3億9千万円が集まっている。

 首里城は、城郭内は国営公園であるため政府は、県と連携し国の責任で対応する方針を示している。一方、県は「首里城再興の基本的な考え方」で、琉球文化の再興や、琉球文化を体現できる場として周辺地域の整備検討、風格ある歴史的環境の創出などを盛り込んだ。

 那覇市議会や地元からは中城城跡や円覚寺、御茶屋御殿の復元を期待する声も強い。県民の間には、組踊や古典音楽といった琉球文化などソフト面の強化や、日本軍第32軍司令部の地下壕跡の公開を求める声もある。県によるアンケート実施や寄付金使途の条例化は、こうした意見を踏まえ、首里城再興事業へ県民の幅広い意見を反映させる狙いがある。

 

素直に国に渡せばいいんじゃないですかねえ。

 

 

  


 

 

 

2019/12/27

【台風19号】多摩川の被害とその原因(大田区)

【台風19号】多摩川の被害とその原因(二子玉川、高津、小杉、幸区戸手)』というエントリーで多摩川の洪水被害をまとめておきましたが、東京都側は二子玉川(世田谷区)だけでなく、大田区(世田谷の下流側に隣接)にも被害があったということなので、記録しておきます。

記事によると、世田谷区の水門が閉められなかったために川の水が逆流し、しかし、土地の低い下流側の大田区が被害を受けた、ということのようです。

 


https://www.yomiuri.co.jp/national/20191222-OYT1T50092/
読売:台風19号で浸水の世田谷区、交通規制で水門閉鎖を断念…住民説明会で明かす
2019/12/22

 台風19号で多摩川沿いの東京都世田谷区などの住宅が広範囲で浸水した問題を巡り、同区は21日、台風への対応に関する住民説明会を開き、約430人が出席した。区が管理する水門「等々力排水樋門」(同区玉堤)が閉められなかったことについて、「交通規制で車両が通れず(職員の現場到着を)断念した」と説明し、理解を求めた。

 この問題では、大田区は、同樋門が閉められなかった結果、多摩川の水が逆流し、土地の低い大田区側に流入したと説明している。世田谷区や都は内水氾濫など複合的な要因があるとの見方を示している。

 世田谷区の説明によると、区管理の水門6か所のうち5か所は、10月12日午後8時頃までに閉めた。等々力排水樋門にも区職員が向かったが、交通規制で車両が通れず、強風や道路の冠水もあり、現場にたどり着けなかったという。

 対策として同区は、水門を所有する国や都に、より安全な場所で操作できるようにすることを求めている。また水門閉鎖後も排水できるように、大型ポンプ車の購入を検討していることも明らかにした。詳細な浸水原因は検証委員会で調べる。

 

 

  


 

 

 

2019/12/19

【韓国】反日教育を強要された学校に反旗を翻した高校生【文藝春秋インタビュー】

公開:2019-12-19 16:46:36  最終更新:2019/12/20 11:45

以前のエントリーでもご紹介しましたが、ソウルの仁憲高校という公立の進学校の生徒の一部が、「政治的に中立な教育を受ける権利」を主張し、学校と全面対決をしています。

更に最近進展があったようなので、記録としてブログに書き留めておこうと思います。

 

日本でも日教組という組織がありますが、韓国では全教組と言う、櫻井よしこ氏によると、日教組を10倍くらいひどくした労組(どんだけひどいんだ...)があり、この高校の教師がそれに属しているとかで、日頃から反日教育をおこなっていたそうです。それが、マラソン大会用に反日スローガンを書くように言われ、一人一人壇上で披露して、反日スローガンを叫ばされたので、一部の高校生が密かに動画を撮影してYouTubeにupし、告発しました。

この活動の中心は崔君と金君という二人の男子高生ですが、現在、彼等に賛同する生徒は全校500名の内150人程いるそうです。

彼等はFacebookも立ち上げ、弁護士もつけ、彼等をサポートする団体も幾つか現れましたが、最近記事になっていたのは、彼等が校門前にテントを張って抗議活動に入ったということです。

 

Judyさんのツイートより。

12月18日
仁憲高校「学生守護連盟」の 金花浪君と崔仁鎬君の記者会見

「仁憲高校は飼育場、ソウル市教育庁は飼育共助機関」「僕達は最後まで全教組と闘う」
今日は学校の前で抗議の泊まり込み。23日は光化門で抗議集会。

 

20191218_hannichi01

 

この間、別の生徒から動画を無断で公開された(一応、顔にはモザイク処理がなされています)ということで名誉毀損で訴えられたこともあり、朝鮮日報日本語版の記事によると、学校は社会奉仕を命じ、保護者と共に5時間の「学校暴力相談センター特別教育」を受けるよう指示したそうです。

この高校生達に『文藝春秋』がインタビューを行いました。

その一部がネットで公開されています。『勇気ある高校生の声に耳を傾けよ 韓国高校生は「反日教育」に反対します! 』という記事です。

 

 

この記事によると崔君は日本に3度旅行したことがある親日家、金君は元々日本は好きでなかったといいます。しかし、学校のサークルで社会問題を学んでいる内に反日感情は払拭され、敵だと考える必要はないという考えに至ったそうです。

実は、このブログを書いている少し前にテレビをつけてザッピングしていたら、丁度この話題をワイドショーで取りあげていました。

彼等は抗議のために髪を剃っている映像がありましたが、韓国では何かに抗議したりするときに髪を剃るということは度々あります。

ブログ主が観たワイドショーでは例の金慶珠氏が「大人達(保守派・進歩派)の代理戦争をさせられている」というコメントをしていましたが、たとえ大人のサポートを受けていようとも、インタビューを読むと、彼等は自分の頭で考え行動していることが分かります。

韓国は日本よりも学生運動が活発で、それで政権を倒したことがあることも自慢です。この高校生達がやっていることはまさに韓国ご自慢の「体制に歯向かう若者」なわけで、イデオロギーが異なれば「やらされている」と貶めるのはフェアではありません。

韓国では日本の「リベラル」(嘗ては「革新派」と呼ばれた)は「進歩派」を標榜するのですが、実は単なる左翼であり、リベラルでも進歩的でも全く無いことが分かります。

 

なお、本文とは関係ありませんが、『文藝春秋』はネットでの記事の単体売り(100~200円程だそうです)や、月額制(70本以上の記事が読めるらしい)を始めました。

ブログ主も月刊誌など、読みたい記事が複数の雑誌に渡ることがよくあり、別の言い方をすると、読みたい記事は数本だけのことが多いので、文藝春秋のような試みは大歓迎で、他紙もこれに続いて欲しいと思います。

 

【関連記事】

 


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/22/2019112280058.html
記事入力 : 2019/11/22 11:40
仁憲高校生徒「ソウル市教育庁の調査はいかさま」

 「予想はしていましたが、実際に何の懲戒もないという結果を聞き、惨憺(さんたん)とした思いで力が抜けました」

 仁憲高校(ソウル市冠岳区奉天洞)の「政治偏向教育」を外部に伝えた同校3年生のキム・ファラン君(18)は21日、ソウル市教育庁が「仁憲高校の問題は法的・行政的な懲戒の対象ではない」との判断を下した直後に上記のように述べた。キム君は「勇気を出して世の中に伝えたが、大人たちは今日も私たちに『イルベ』『極右』などとレッテルを貼った」とも主張した。キム君は先月から偏向教育に反対する生徒たちのグループ「学生(生徒)守護連合」の代表を務めている。

 キム君はソウル市教育庁の調査結果について「教育庁と政治教師たちによるいかさまゴーストップ(花札遊戯の一つ)だ」とも批判した。同校の教師らが生徒たちに「チョ・グクに関するニュースはフェイク」と主張したことについて教育庁は「生徒が提出した映像から、事実とは異なる部分を確認する際に出た発言」と指摘した。「お前はイルベか」という教師の発言についても教育庁は「生徒が『うそをついているのはチョ・グクです』と言ったときに偶発的に出た」と説明した。これらの調査結果についてキム君は「教育の担当者が生徒たちに責任を押し付けるなどあり得ない。惨憺とした思いだ」と述べた。

 キム君は校内の雰囲気について「今後もこの学校に通わねばならない1年生と2年生は今回の結果に特に動揺している」と伝えた。キム君は「政治偏向の問題を取り上げると、教師たちからの冷たい視線を感じる。学校生活記録簿などでの不利益を恐れる生徒たちは、自分の考えを口にもできない」とも説明した。守護連合によると、最近は一部生徒たちが教監(教頭)などに校内での公開聴聞会の開催を要求したが、受け入れられなかったという。これについて学校側は本紙からの取材要請にも応じなかった。3年生の別の生徒は「(ソウル市の)チョ・ヒヨン教育監(教育長)も政治思想注入の共犯だと思う」と述べた。

 守護連合の生徒たちは23日、ソウル市教育庁前で今回の調査結果に抗議する会見を行うことにした。

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/27/2019112780007.html
記事入力 : 2019/11/27 08:54
生徒の反日偏向告発、仁憲高校内で「名誉毀損」論争

 偏向教育で論議を呼び、最近教育庁が「特別奨学士」(現場教育実践を指導する教育公務員)による事実確認を行った仁憲高校(ソウル市冠岳区)で政治的偏向教育を最初に問題提起した3年生の生徒、チェ・インホさん(18)が校内暴力問題を審議する「学校暴力対策自治委員会」にかけられたことが分かった。チェさんの暴露映像の背景に映っていた生徒から「名誉毀損」との申告が寄せられたためだという。チェさんは「モザイク処理で識別が不可能な映像だ」と反論している。

 仁憲高は「チェさんが他の学生の名誉を毀損したかどうかを判断する」とし、26日の同委に今回の案件を上程した。学校関係者によると、チェさんが政治的偏向教育の証拠として、10月18日にユーチューブ、フェイスブックに掲載した校内行事の映像に映った一部の生徒が問題を提起したためだという。学生らは「許可なく映像を大衆に公開したことを謝罪し、映像を削除すべきだ」と要求しているとされる。

 チェさんは同委には出席せず、「弁護士同席で陳述したい」とし、同委を来月まで延期するよう要求した。学校側は同委でチェさんに対する懲戒に関する議論があったか、チェさんの延期要求を受け入れるかどうかなどについて、本紙の質問には「答えられない」としている。

 チェさんは「映像に登場する全ての人物をモザイク処理して投稿したにもかかわらず、何が名誉毀損で何が校内暴力なのか納得できない。公益のための情報提供を校内暴力と見なすことは、問題を提起した生徒に学校側が圧力を加えようとする別の意図があるのではないかと思う」と反発している。チェさん側の張達寧(チャン・ダルヨン)弁護士は「顔を全てモザイク処理したため、名誉毀損は成立しない」と主張した。チェさんは自分を同委に通報した生徒を「集団いじめ」の疑いで逆に通報した状況だ。

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/17/2019121780010.html
仁憲高校、政治教師暴露した生徒に社会奉仕措置…保護者にも特別教育
2019/12/17

 ソウル・仁憲高校が教師の政治偏向教育を初めて公の場で問題提起した生徒はもちろん、その保護者に対してまで懲戒処分を下していたことが分かった。情報提供動画に登場した生徒たちの名誉を毀損したという理由だったが、その動画で生徒たちの顔にはモザイク処理が施されていた。

 仁憲高校の生徒たちが16日に明らかにしたところによると、同校では先日、3年生チェ・インホ君(18)に対する学校暴力対策自治委員会(学暴委)を開き、15時間の社会奉仕措置を下した。また、同校側はチェ・インホ君とその保護者に5時間ずつ、いわゆる「学校暴力相談センター特別教育」を受けるよう指示したという。

 今回の学暴委は、チェ・インホ君が今年10月に政治偏向教育の証拠としてインターネット上に掲載した校内行事の動画に写っていた生徒2人がチェ君のことを申告したことから、今月10日に開かれた。動画には同校の校内マラソン時に教師たちの要求で反日スローガンを叫ぶ生徒たちの様子が写っていた。チェ・インホ君は動画に写っている教師・生徒全員の顔をモザイク処理した上で、フェイスブックやユーチューブにアップロードし、本格的に問題提起を開始した。チェ・インホ君はその後、生徒2人の名誉毀損申告について「顔を認識することができないのになぜ名誉毀損なのか」と反発していた。

 この日の学暴委は同校の教務部長、保護者3人、警察官1人など計8人が出席する中で行われ、結果は13日に当事者に通知された。学暴委はチェ・インホ君に対し、情報提供動画に登場した女子生徒たちに書面で謝罪することも指示している。

 

 

 

  


 

 

 

2019/12/18

【再掲】習近平国家主席の国賓招待に反対する訪日阻止署名

電子署名が可能になったので再掲します。
  

No_kinpei_j

 

日本人を不当に拘束し、領海を毎日のように侵犯する中国の習近平国家主席の国賓招待に断固反対します。

香港やウイグル、チベット、南モンゴルで人権を弾圧し、アジアで侵略行為を進める血塗られた指導者を天皇陛下の国賓として招くことを断じて許すことをできません。

天安門事件後、世界が中国に対して経済制裁をする中、日本が真っ先に経済制裁をやめ、天皇陛下の訪中も実現させた。あの二の舞を演じてはなりません。

 

賛同される方は「習近平氏来日反対」署名にご協力をお願い致します。

https://kunimorishu.jp/

チャンネル桜・頑張れ日本!全国行動委員会、国守衆・全国評議会

 

※紙ベースの署名に加え、ネットでの署名も可能になりました。上記『国守衆』のサイトの「署名登録フォームはこちらから」をクリックすると署名フォームに移動します。

 

画像は自由にお使い下さい。下は英語版です。

 

No_kinpei_e

 

 

  


 

 

 

【韓国】『反日種族主義』(李栄薫著)感想

公開:2019-12-18 08:18:21  最終更新:2019/12/18 9:46

『反日種族主義』 - この本を読んだ日本人の読者の多くは、勇敢にも、誤った日本統治時代の歴史認識を糺す本、という認識を持つと思います。もちろん、頁の多くはそのことに費やされており、この本自体は『“反日”種族主義』の打破が大きなテーマなので、その部分に注目するのは誤りではありません。

しかし、この本の本質はエピローグにあります。真の愛国者である李栄薫(イ・ヨンフン)教授の憂国の書であり、読者(韓国人)に亡国の危機を訴えているのです。

毎日新聞(※後述)がこの本を「文在寅政権に代表される進歩派勢力への敵意、あるいは悪意があまりにも強く前面に出ている」と評していましたが、それがこの本の本意であり「主」であり、慰安婦や徴用工といったものの事実を暴くのは読者を覚醒させるための手段であり「従」なのです。

 

* * * *

  

西岡力氏もよく解説していますが、現在の韓国には左派によって流布された「韓国は汚(けが)れた国」という認識があります。このことを巻末の解説を書いた久保田るり子氏(産経新聞編集委員)の言葉を借りて説明すると、「大韓民国は日本統治時代の親日勢力が米国にすり寄って造った国」ということになっているのです。

日本人はこれを聞くと驚くのですが、最初の大統領である李承晩(リ・ショウバン/イ・スンマン)は韓国では「親日」ということになっています。そして日本の敗戦で「棚ぼた」のように建国できた国には「正統性」も無いという認識です。(下記参照)

 


https://japanese.joins.com/JArticle/139218
【社説】「歴史の監獄」に51年間閉じ込められた李承晩(中央日報日本語版2011.04.17)より一部引用

権威主義政権が勢力を伸ばした70~80年代の大学街では4月になれば「民主化デモ」が相次いだ。その過程で“建国大統領”李承晩は、4・19世代の次世代の40~50代にまで「不正選挙をした独裁者」のイメージで刻みつけられた。世代を飛び越え「歴史の監獄」に閉じ込められたのだ。学生運動家たちが愛読した解放戦後史の認識※1)などは李承晩に対して「親日派を重用し単独政府を樹立して南北分断を固定化させた」と非難を浴びせた。李承晩のイメージは満身瘡痍となった。大韓民国の正統性も大いに打撃を受けた。建国大統領の李承晩がみずぼらしくなるほど運動界では抗日武装闘争をしたという金日成(キム・イルソン)に対する関心は大きくなった。そうして80年代が流れた。

 

※1『解放戦後史の認識』は1979年から10年がかりで刊行された6巻からなる全集で、これが「大韓民国否定説」を決定的にしたそうで、これへのアンカーとして2006年に日本とアメリカの研究者も参加した『解放前後史の再認識』という論集が出版され、李栄薫教授はその内容を解説した『大韓民国の物語』という本をお書きになっています。(文藝春秋社:『大韓民国の物語』書評参考)

 

日本人からすると李承晩を「親米」はともかく、「親日」とは考えることはできず、また、実際に彼が行った数々の行為を称賛することはできませんが、少なくとも建国時点では、「反共」の立場でまずは南半分だけで建国を目指す李承晩の路線は最も妥当で、また、彼が若き日に獄中で書いた『独立精神』は自由民主主義の確立を唱えたものです。

『李承晩TV』や『李承晩学堂』の名前はこの『独立精神』に立ち返ろうという意思が込められているのです。

また、第2代の大統領である朴正煕(ボク・セイキ/パク・チョンヒ)に対しても、韓国左派は「親日」または「日韓交渉に於いて、はした金で妥協した売国奴」といったレッテルを貼って貶めています。彼もまた強力な「反共」主義者でした。

李承晩は、韓国人に元々あった「反日」をさらに増長させた張本人だとは思いますが、そうした彼にさえ「親日」というレッテルを貼り、建国の歴史を貶めることは、実は「親北」(従北)や共産主義への傾倒を推進するための、左派による姑息で且つ非常に有効的な手段なのです。

そして、更に「民族統一」という、韓国国民が抗い難いスローガンが利用されます。

本来は、共産主義者・全体主義と対立すべきは自由民主主義なのですが、前者がイデオロギーで強固に団結しているのに対し、それに反対する保守陣営は「反共」で結集するしかないのでは、防戦一方にならざるを得ません。従って、現在の反政権側も「チョ・グクの更迭」や「GSOMIA維持」といった目先のことでしか戦えません。

  

* * * *

  

エピローグで李栄薫教授は、左派勢力が、憲法に書かれている「自由民主主義」から「自由」を消そうとしていることの意味を説明しています。「デモクラシー(democracy)」は「専政政治(autocracy)」に相対するもので「民主主義」と訳すよりは「民主政治」とすべきで、「多数決で意思決定」をする方法論に過ぎず、そこから「自由」が奪われることの危機を訴えています。

韓国のマスメディアや言論界、アカデミズムの世界は左派の独擅場となり、自由闊達な議論ができませんが、その最たるものが「反日」に凝り固まった日本統治時代の歴史です。

こうした、「個人が集団に没我した社会」を「民族」以下の「種族」と定義し、未成熟な韓国社会を言い表しています。その最も盲目的なものが「“反日”種族主義」であるが故に『李承晩TV』の中で『反日種族主義打破』シリーズを講義しましたが、これは李栄薫教授が目指す「目的」に到達するまでの一つの壁に過ぎません。

しかし、あまりにも高い壁です。

韓国国民の大多数がこれを受け止められないとしたら、永遠に自由民主主義は根付かないでしょう。

 

この本は『反日種族主義』にスポットを当てたため、李栄薫教授の主張や『李承晩TV』の講義の全てを網羅するものではありません。たとえば、日本統治時代の「光」を語るなら、もう少し李朝時代の「影」にも言及した方がいいのではないかと思いました。また、韓国人特有のシャーマニズムやトーテミズムだけでなく、李朝時代の国教である朱子学の弊害についても語るべきだと思います。

とは言え、この本が有害図書に指定されず、韓国でベストセラーになったことは大きな一歩であると思います。

 

 

* * * *

 

※毎日新聞記事

有料記事なので、無料で読める部分のみ引用しますが、表題から、大凡言いたいことは想像できます。

  


https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191205/pol/00m/010/026000c
「反日種族主義」が示す韓国社会の分断
澤田克己・外信部長
2019年12月10日

「日本が経済戦争をしかけてきた」という反感が韓国に広まっていた今年夏。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近である曺国(チョ・グク)氏は、激しい日本非難をフェイスブック上で繰り返した。SNSを活用して「敵」をやりこめる発信は曺氏が得意とするもので、法相に指名されて自らのスキャンダルが発覚した時には過去の発言がブーメランのように返ってきて窮地に追い込まれた。

 その曺氏が8月5日に書き込んだのが、李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大教授らが書いた本「反日種族主義」への批判だった。いや、批判などというレベルではない。曺氏は「吐き気を催す本だ」と決めつけ、同書を評価する「一部政治家と記者を『反逆・売国の親日派』という呼び方以外のなんと呼べばいいのか、私は知らない」とこきおろした。

 日韓摩擦が激化する最中の7月10日に発売された「反日種族主義」はそれまでも話題となっていたが、曺氏の書き込みで一気に注目度が高まった。グーグル・トレンドによると、「反日種族主義」という検索数が最も多くなった8月13日を100とした時に、書き込みのあった5日に15だった検索数が、翌6日には92へと急上昇し、増減を繰り返しながらも8月下旬までその波が続いた。韓国の検索市場でグーグルのシェアは高くないのだが、傾向を見る参考にはなるだろう。

 実際に、曺氏の書き込み以降の売れ行きはすごかった。ソウル都心の大型書店・教保文庫の週間ベストセラーランキングで、書き込み直後に7位と初のトップ10入りを果たし、翌週から3週連続で1位となったのだ。文在寅政権に反対する大型集会は、都心の光化門広場付近で開かれることが多い。教保文庫は広場に面したビルの地下にあるため、集会参加者が帰り際にこの本を買っていくという光景がよく見られたという。

 私も、8月中旬に教保文庫で買った一人である。曺氏のように「吐き気を催す」ことはなかったが、それでも一読して抱いた感覚はざらついた、不思議なものだった。解釈が強引だったり、一方的だったりという点が目につくし、既に知られていることが多いものの、事実関係は調べられている。ただ、執筆者の持つ怨念(おんねん)というか、文在寅政権に代表される進歩派勢力への敵意、あるいは悪意があまりにも強く前面に出ていてけおされるのだ。事実関係を淡々と書いてくれていれば素直に評価できるのに、あまりにも感情的な日記を読まされ…

 

この本は、李承晩学堂の講義の内、商業ベースに乗りやすい部分を切り取った感は否めません。

この本のタイトルが、例えば「日帝36年の真実」とかいうものではなく「反日種族主義」であることの真意に気付かなければ、記事の筆者のように、やや唐突に挿入される左派批判に違和感を感じるのかもしれません。

 

 

  


 

 

 

2019/12/15

【書籍】『日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想』任文桓(イム・ムナン)著-(2)朝鮮戦争

掲題の本はだいぶ前に読み終わっていたのですが、文中、理解できなかった部分を調べていたので、続きを書くのに時間が経過してしまいました。(→前回のエントリー

今回は著者が経験した朝鮮戦争について書き留めておこうと思います。

 

朝鮮戦争

著者の経歴については次回あらためて書きますが、1935年(昭和10年)、日本で東京帝大法学部を28歳で卒業すると拓務省に採用され、同年、朝鮮総督府への出向を命じられます。ここで終戦を迎え(45年/昭和20年)、米国統治、大韓民国成立(48年/昭和23年)と経験、その2年後の1950年6月25日に突如北朝鮮が38度線を越えて南進を開始します。

「突如」と書きましたが、動乱の1年前の1949年6月8日には駐韓米軍の全員撤収を発表し、国民が不安視する中、さっさとこれを完了します。また、5ヵ月前の1950年(昭和25年)1月12日にアチソン国務長官が発表した、いわゆるアチソンラインを知って、韓国人は孤独感にさいなまれていたようです。

アチソンラインとは米国の安全保障は日本、沖縄、フィリピンを結ぶラインというもので、韓国は枠外に置かれたからです。

 

* * * *

 

この本を読む前は、同じ民族による戦争と言っても単純に北朝鮮と韓国の戦争と考えていたのですが、正しくは、同時に韓国国内の内乱でした。これは、同じ地上戦と言っても例えば沖縄戦とは異なります。

大韓民国は成立時点から多くの共産主義者を抱えていたので、北朝鮮の南進に呼応して彼等も同胞を襲います。

考えてみれば、48年には済州島四・三事件 が起きていました。この事件に関する記述は、立場によってバイアスがかかりすぎているのですが、一つの説としては「共産主義者の暴動」です。

新政府も、最終的には李承晩と中国に逃れていた臨時政府のメンバーが手を組むのですが、そこに落ちつくまで、共産主義者の一派も加わり、覇権争いを行っていました。

 

著者は家族と別れて約90日間の逃避行を行うのですが、その間、出会う人間が「どちらの側」であるかを見極めないとならないのです。

例えば、後家さん(未亡人達)が北の側につき、「右翼人狩り」のようなことを率先して行いました。著者はこのことを、儒教社会にあって再婚が許されなかった後家は社会の変革を求めていたのだろうと想像しています。

また、ある集落に逃げ込んでも、そこが共産主義者の村ではないかと疑心暗鬼になります。ある集落ではたまたま共産主義者は1件のみで村八分のようになっていたので安全でした。

共産軍がソウル市内に入ってくると「右翼人」の自首が奨励されます。自首すれば許されると宣伝して、それに応じた者達は結局北に連れて行かれてその後の行方知れずになります。

 

ここで少し詳しく時系列を追うと、李承晩大統領は27日未明には密かに漢江を渡り、ソウルの南に位置する水原市に逃亡します。そして、28日の午前2時半には漢江橋が爆破され、多くのソウル市民が川の北側に取り残され、ソウルを占拠した共産軍の手に落ちます。

本来は市民の避難を考慮して、橋の爆破は28日の朝と命令されていたのに、軍の責任者が慌てすぎて夜中に行ってしまったと書いていますが、朝なら朝で、避難する人でごった返している橋を落としていたのではないかと思います。27日の時点で、大統領はソウルにいて首都を死守しているという虚報を流していたのですから、数時間の猶予では手際よく市民が避難することは不可能だったでしょう。

橋が爆破されていることさえ知らない市民が車で橋を渡ろうとして、次々と切れた橋の先で川に落ちていく光景が目撃されています。

結局李承晩は8月20日には釜山に首都を移すのですが、9月15日にマッカーサーの仁川上陸作戦があり、28日にはソウルを奪還し、李承晩も韓国軍に北進命令(38度線突破)を出します。

恐らく、90日間の逃避行とはこの辺りまでの出来事だと思うのですが、本の中ではここから53年7月の休戦協定までの戦争の状況は語られません。実際には10月20日には平壌を占領するも、中共軍の参戦により、翌年の1月4日には再びソウルが奪われるのですが。

 

1953年(昭和28年)、著者はすでに官職は退いていて朝鮮商船の社長となっている時に8年ぶりに日本を訪れ、友人知人と旧交を温めます。

その時に6・25、即ち朝鮮戦争のことを説明するのですが、理解して貰えません。そこで、こう結論づけて話を切り上げたと、その時の言葉を書いているので、一部をご紹介します。

「東京空襲のときには空さえ警戒しておれば良かったので、地上の人間には分裂も敵もいなかった。地上の人間同士は信じ合っていた。ところが自由と共産との戦争が地上で繰り広げられると、人間社会が不信の渦巻きの中に投げ込まれ、長く苦しい時が刻まれていく。なにしろ街角で知人に会うのが一倍怖いという哀れな人の世の中になる。密告が怖いからだ。(以下略)」

 

* * * *

 

これを書くに当たって、『「ひとりがたり馬渕睦夫」#17 朝鮮半島問題とは何か?① 朝鮮戦争に見る近代史の真実』を再度視聴してみましたが、この戦争は不思議な点が多く、韓国国内ではどのように総括されているのだろう?と思います。

馬渕大使が仰るように、アチソンラインの発表は北に対して「南進」しても良いというサインのように思えるし、中共軍を指揮していた林彪には米軍の作戦が筒抜けだったと言います。国連軍を指揮したマッカーサーは、「勝てる作戦」を本国から拒否されました。そして、大統領はアメリカの息の掛かった李承晩。仕組まれた戦争である可能性が大なのですが...

 

次回、著者が新政権で接した李承晩大統領について書くとともに、この本の感想のようなものを述べたいと思います。

 

 

 

 

  


 

 

 

2019/12/12

【中国】習近平国家主席の国賓招待に反対する!【訪日阻止署名】

公開:2019-12-12 17:31:20  最終更新:2019/12/18 8:28

  

No_kinpei_j

 

日本人を不当に拘束し、領海を毎日のように侵犯する中国の習近平国家主席の国賓招待に断固反対します。

香港やウイグル、チベット、南モンゴルで人権を弾圧し、アジアで侵略行為を進める血塗られた指導者を天皇陛下の国賓として招くことを断じて許すことをできません。

天安門事件後、世界が中国に対して経済制裁をする中、日本が真っ先に経済制裁をやめ、天皇陛下の訪中も実現させた。あの二の舞を演じてはなりません。

 

賛同される方は「習近平氏来日反対」署名にご協力をお願い致します。

https://kunimorishu.jp/

チャンネル桜・頑張れ日本!全国行動委員会、国守衆・全国評議会

 

※紙ベースの署名に加え、ネットでの署名も可能になりました。上記『国守衆』のサイトの「署名登録フォームはこちらから」をクリックすると署名フォームに移動します。

 

画像は自由にお使い下さい。下は英語版です。

 

No_kinpei_e

 

 

  


 

 

 

2019/12/05

【北海道】北海道の土地が危ない! 帯広市拓成町で朝鮮総連議長が来賓挨拶【虎ノ門ニュース(2019/12/05)】

以前のエントリー『【北海道】北海道の土地が危ない! 帯広市拓成町のその後』でご紹介しましたが、現在、拓成町で着々と中国による開発が進められています。

中国と書きましたが、実態は不明で、北朝鮮(朝鮮総連)やアイヌとも関係があるということは以前説明しました。

そのエントリーの中で2016年の産経新聞の記事をご紹介しましたが、そこに、2015年に「収穫祭」と称して朝鮮総連議長等が来賓として挨拶したことが書かれています。

今朝(2019/12/05)の虎ノ門ニュースにて、その時の動画が公開されたので、改めて記事にしておきます。(動画は1週間ほどで消えてしまうのでご覧になる場合はお早めに。)

 

まずは、前回ご紹介した産経の記事の冒頭部分をあらためて引用します。

  


https://www.sankei.com/premium/news/160509/prm1605090005-n1.html
【北海道が危ない(上)】中国生まれの「反天皇」農場主が帯広で170haを取得したのはなぜか? 朝鮮総連議長らにもお披露目し…

 

2016.5.14 13:00
 北海道は平成24年4月、水源地を売買する際、事前届け出を求める水資源保全条例を施行した。それから4年。道内の外国資本の動向を追う。

 (編集委員 宮本雅史)

 3月中旬の北海道帯広市。深い雪に包まれたJR帯広駅から道道216号線を南西へ約30キロ。日高山脈の麓、拓成町に入ると、戸蔦別川沿いに広大な農地が広がる。農場に沿って幅10メートルの道路が整備されている。さらに幅10メートルの作業用道路が敷設されているといい、セスナ機なら離着陸できそうだ。

 農場の入り口からコンクリートの敷石が敷設されたゆるやかな坂道を登ると、左右にグリーンやグレーのバンガロー風の建物が立ち並ぶ。奥にはL字型の建物が建設中だ。関係者によると、バンガロー風の建物は1階が寝室。居間は吹き抜けで2階はロフト形式。1棟に6人は住める広さで、建設費用は1棟1500万円ぐらいだという。

 従業員によると、農場ではヤマブドウやモモ、カキ、グミ、スモモなどの果樹類を育てているという。

 農場の経営者(73)は、複数の企業の会長職を務める地元財界の有力者。「これまでに(東京ドーム約36個分に当たる)170ヘクタールを買収し、最終的には400~500ヘクタールまで広げ、バンガローも年内には7棟建てる。いずれはヘリポートの建設も予定している」と語る

×  ×

 昨年10月31日、この農場に朝鮮総連の許宗萬議長や議長補佐、朝鮮大学校長、同大教授、それに横浜中華街華僑連合会長らが訪れた。名目は「収穫祭」への参加だったが、実質的には農場の紹介が狙いだったといわれる。地元メディアも同席したが、記事にはならなかった。

 農場の経営者は取材に天皇陛下をののしり、政府の農業政策を批判。「このままでは、日本人は食べるものがなくなってしまう。花崗岩を使った有機農法を進める。北朝鮮は花崗岩を使った有機農法をしているので一昨年、その調査に平壌に行った。朝鮮総連がおかしいというのは問題。自分たちとは同じ遺伝子だから、もっと理解していかないとだめだ」と力説し、「有機農法をやりたければ、ロシア人でも北朝鮮人でも受け入れる」と続けた。

 経営者は中国・済南生まれだという。「華僑に依頼して、農場でとれた農産物を売るルートを探っている。有機農法を勉強したいのなら、中国人にもただで教える。北朝鮮も中国もロシアも関係ない。バンガローは、有機農法に関心のある研究者らのための宿泊施設にする」と強調する。

(以下略)
©2016 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

 

朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長は、先日のエントリーでもご紹介したように、今年の3月10日行われた北朝鮮の「最高人民会議」の代議員(=日本で言えば国会議員)に当選した在日朝鮮人5人の内の一人です。

以下、該当部分のみ引用します。

 

 選挙は今月10日に実施された。代議員は687人。それによると、在日朝鮮人は朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長、南昇祐(ナム・スンウ)副議長、姜秋蓮(カン・チュリョン)副議長(在日本朝鮮民主女性同盟中央委員長)、朴忠佑(パク・チュンウ)在日本朝鮮商工連合会会長、韓東成(ハン・ドンソン)朝鮮大学校学長だという。朴在日本朝鮮商工連合会会長と韓朝鮮大学校学長は初めての代議員。任期は5年としている。

 

以下は、虎ノ門ニュースのキャプチャです。

 

問題のビデオ。これは有本氏が入手したらしく、市販されているものではありません。

 

20191205_tora8_01

 

パッケージに石碑のようなものが描かれていますが、これは以前ご紹介した石碑と同じもので、これ以外にも「アイヌ沢」と書かれた石碑やアイヌと朝鮮を関係づけるような説明板などもここにはあります。

 

20181210_obihiro05

 

下は「収穫祭」という名のお披露目パーティーのようなイベントで一番最初に挨拶に立った許宗萬(ホ・ジョンマン)議長です。番組でも有森氏が指摘していましたが、朝鮮総連は拉致とも関わっており、破防法に基づく調査対象団体です。

 

20191205_tora8_02

 

朝鮮総連が破防法による監視団体であることを問いただした、松原仁議員の質問主意書及び政府答弁はこちらのエントリー『【北朝鮮】松原仁議員の「朝鮮総連による対日有害活動等に関する質問主意書」に対する政府答弁』に提示しています。

 

 

  


 

 

 

【旭日旗問題】韓国語で日本の主張を発信している在日韓国人のYouTuber

ブログ主も最近知ったのですが、韓国語で日韓の歴史問題などを解説して下さっている在日コリアンの方がいらっしゃいます。

ゆんばん(윤방)さんと仰り、YouTubeチャンネル名は『Oldman tube ゆんばん윤방』です。

スタンスは右でも左でも無く、また、日韓問題には中立ですが、あまりにも韓国(政府)などがデタラメな情報を発信しているので、誤解に基づいた「反日」を正そうと動画で発信して下さっています。

 

どうか、チャンネルの登録や各動画への「イイネ」、コメントなどで応援して差し上げて下さい。

 

プロフィールのようなものは動画の発言から知ったものなので、もし、誤解があったら訂正して頂きたいのですが、父上が韓国人、母上は日本人で、国籍は韓国のようです。若い頃に韓国に留学され、韓国語が話せるため、基本的には韓国語で様々な話題を発信されています。(Live配信は日本語でチャットに来る韓国人のために時折韓国語を交えます。)

upされている動画のタイトルは、日本人が見ると(日本からアクセスすると?)日本語になっていますが、韓国人が見ると韓国語になるように設定されているそうで、YouTubeのお薦め動画などから流入してくる韓国人も増えているそうですが、当然、誹謗中傷のコメントも受けています。

 

さて、最新の動画は『旭日旗』問題でした。(リンク先は動画)

短い動画(5分弱)ですが、語られているのは、①ナチス・ドイツとは事なり、日本はユダヤ人を救った側であること、②旭日デザインは縁起の良い伝統的な意匠であること(大東亜戦争に限って使われたものではないこと)、③韓国人は旭日旗を攻撃するが、朝日新聞の社旗などは批判せず、つまり、味方には批判しないというダブルスタンダードであること、④韓国以外の国は旭日旗に文句を言わないこと、等を説明されています。

もし、この説明に加えるとしたら、⑤韓国はヘイトスピーチに「旭日旗」利用しているだけであり、それはせいぜい10年程前に始まったこと、くらいでしょうか。つまり、「レイシズム」によるものということです。

他の国の人からすれば、韓国が官民を挙げて、このようなあからさまな「ヘイト」をするとは想像の範囲外なので騙されてしまうのでしょうから、「韓国とはそういう国なのだ」とアピールしないとダメだと思います。

 

下の画像はよくSNSで観かけるもので、もちろん無駄とは言いませんが、上記①~④(あるいは⑤)と共に伝えないと、「言葉足らず」なところがあります。

 

Risingsun_is_not_hakenkreuz

 

一番下の図ですが、大政翼賛会のシンボルマークは戦争(戦闘)において使われたものではありません。一方、ナチス党旗(Nazi Swastika)の意匠は、第三帝国下にあっては国旗でもあり、海軍旗でもあったので、仮にナチス・ドイツと日本を同一視するなら、日章旗(=日の丸)でもあり、旭日旗(≈海軍旗)でもあったことになります。根本的に「ナチス・ドイツ」と「連綿と続く日本」とは異なるのだという説明が必要です。

 

ついでに書くと、旭日デザインは大漁旗などに使われている縁起の良いもの、という説明だけでは不十分で、それはハーケンクロイツ(鍵十字マーク)そのものは、日本で寺に使われる「卍」と同じもの(ヴァリエーション)、即ち、吉祥の印でしかないからです。

日本語のWikipedia『ナチス・ドイツの国旗』には「白い円はアーリア人を表し、その中のハーケンクロイツ(スワスチカ)は、幸運の印であるとしている。 」と書かれていますが、少し前に読売新聞に書かれていた説明は若干異なり、「左卍=インドで、インド・アーリア民族、即ち白人を表している」とありました。

 

なお、下の画像はSNSで出回っているマンガ仕立ての説明。(サイズが大きいのでTwitterに上げてリンクさせています。)

 

reising_sun

 

 

  


 

 

 

2019/12/04

【北朝鮮】李相哲TV:北朝鮮を動かす三人の女性 〜金正恩政権はどうなっているのか

公開:2019-12-04 00:46:41  最終更新:2019/12/04 9:27

以前のエントリーで2本目の動画を先にご紹介しましたが、こちらが1本目の動画です。

 


緊急対談企画!!李相哲TV、李相哲氏との対談!その1 ~北朝鮮を動かす三人の女性 〜金正恩政権はどうなっているのか~

上のURLはゲストの朴斗鎮氏のチャンネルに上がっているもので、李相哲TVの動画はこちら

 

本題に入る前の朴斗鎮氏の経歴も興味が湧くかと思います。

1968年~75年まで朝鮮大学校で政治経済学部の教員として勤務されていたという。

大学での講義内容は、朝鮮労働党の政策や対南政策、つまり韓国をどう攻め落とすか、マルクス・レーニン主義の経済学と幅広く教えたのは、総連ではこのような思想的な科目は選ばれた人間のみが担当するからで、一人が様々な科目を受け持つとのこと。更に、朝鮮大学の部長をすれば副議長に進む出世コースだそうです。

現在の学長の韓東成(ハン・ドンソン)氏も元々学部長だったそうですが、少し前にこのようなニュースがありました。

 


https://www.excite.co.jp/news/article/Economic_84497/
最高人民会議代議員に在日・朝鮮大学校学長ら(exciteニュース/2019年3月19日)

 日本の「国会」にあたる北朝鮮の「最高人民会議」議員選挙で在日の北朝鮮人5人が当選し、代議員に選ばれたと「朝鮮新報」が伝えたことを聯合ニュースが18日までに報じた。

 選挙は今月10日に実施された。代議員は687人。それによると、在日朝鮮人は朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長、南昇祐(ナム・スンウ)副議長、姜秋蓮(カン・チュリョン)副議長(在日本朝鮮民主女性同盟中央委員長)、朴忠佑(パク・チュンウ)在日本朝鮮商工連合会会長、韓東成(ハン・ドンソン)朝鮮大学校学長だという。朴在日本朝鮮商工連合会会長と韓朝鮮大学校学長は初めての代議員。任期は5年としている。

 新たな代議員による最高人民会議は4月に開かれる予定。最高人民会議は北朝鮮の憲法上の最高主権機関で国の予算や国家機関の人事などを決める機関。今回の代議員選挙では金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が当選した。

 また、聯合ニュースは「今回の選挙で昨年からの2回の米朝首脳会談で対米交渉を担った李容浩(リ・ヨンホ)外相と崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が新たに代議員となった」とし「北朝鮮がそれだけ対米交渉を重視していることの表れと受け止められる」との見方を伝えた。

 

また、朝鮮大学校を辞めて朝鮮総連を離れたきっかけも語られていましたが、72年に韓徳銖(ハン・ドクス)という議長とNo.2の金炳植(キム・ビョンシク)との権力闘争で、番組では語られませんでしたが、議長の自宅に盗聴器をしかけたことがバレる前から空手の有段者を集めた私兵を擁し、様々な謀略をめぐらしますが失脚します。72年に会議で平壌に行かされた後、二度と日本に戻れなかったのです。(『わが朝鮮総連の罪と罰』)

しかし、盗聴器事件で、総連幹部の実態や社会主義の建前が嘘であることが分かり、朴氏は職を辞したと話されています。この朝大も巻き込んだ権力闘争については産経新聞『【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(39)「政治の道具」にされた朝大 最後までトップに固執した総連議長』にも書かれています。以下、一部引用。

 


https://www.sankei.com/life/news/181014/lif1810140048-n5.html
(P.5より)

 朴(ブログ主註:動画の朴斗鎮氏ではなく、朝大の副学長を23年間務めた朴庸坤氏で、『ある在日朝鮮社会科学者の散策』の著者)の著書には、1960年代後半、韓にとってかわろうとした金炳植(キム・ビョンシク)(総連第一副議長、後に失脚して北朝鮮へ送還)とが、朝大を巻き込んだ激しい権力闘争を繰り広げたことが詳しく綴(つづ)られている。《(韓が拠点とする朝大への)金炳植の陰湿な攻撃が始まった…大学の教職員の思想点検が始まった。極左学生運動の内ゲバ的な自己批判だった…「まず徹底的に叩(たた)け。腑抜(ふぬ)けにしろ。それから種を蒔(ま)け」》(同書)

 教育機関にあるまじき暴力・監視・密告…。金炳植は、北朝鮮の初代最高権力者、金日成(キム・イルソン)の思想だけを神のごとく崇(あが)めさせ、それをタテにして総連内の権力を掌握しようとした。

 

以下、動画のまとめと言うよりは、動画に登場する3人の女性(+金正恩の妻)やその他の人物についてメモしておきます。

 

【金一族家系図】

Kim_family02

 

Risolju李雪主(リ・ソルジュ)

金正恩の妻。
財務に明るい?
 

Kimyojong金与正(キム・ヨジョン)

宣伝煽動部の第一副部長→組織指導部(異動)
最近は序列トップで組織指導部を牛耳っている。
組織指導部が全てを支配。
この下に軍や政府を指揮する部署がある
キム・ヨジョン氏が若手を差配している。


 

Hyonsongwol01玄松月(ヒョン・ソンウォル)

金正恩の元カノ?と噂される。
キムヨジョンが抜けた宣伝煽動部に。
離婚している。
男の子を産んでいる。


 

Choesonhui崔善姫(チェ・ソンヒ)

元通訳。
北朝鮮外務省の北米局長だったが、最近、外務次官に昇進した。(朝日/2018年3月8日)
1年ほど前外務省の中で亡命者が出るなど問題があり、外務省の査察の先頭に立ったのが彼女で功績を挙げた。


 

2本目の動画で話されていたかと思いますが、父親(金正日)はまだ、気にくわないことがあっても、それで援助を引き出すネタにするようなところがあったのですが、現在の首領は怒りをストレートに表すだけで、幼さを感じます。

以下、仕掛かり中。

Kimhyokchol_kimyongchol

 

この2人は、2月のハノイ会談が不調に終わった責任を問われ、処刑または強制収容所送りになったと朝鮮日報が5月31日に報じました。しかし、その約1ヵ月後の6月3日、金英哲氏は公の場に出席、写真も公開されました。以下は朝鮮日報の報道を報じるAFPの記事より引用。

 

 朝鮮日報は消息筋情報として、「金革哲氏は3月、外務省幹部4人と共に美林(Mirim)空港で、処刑された」と伝えた。

 金革哲氏は、ベトナムの首都ハノイで2月に行われた金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領による首脳会談の実務交渉を担当し、ハノイに向かう金委員長の特別列車にも同乗していた。だが、米国側に取り込まれ「最高指導者を裏切った」として、銃殺されたという。

 共に処刑された外務省幹部4人の氏名は明らかになっていない。

 このほか、朝鮮日報によると、米朝首脳会談の北朝鮮側の通訳シン・ヘヨン(Shin Hye Yong)氏が、会談の席で金委員長の言葉を正しく訳さず、交渉を決裂させたとして、政治犯収容所に送られたという。

 さらに、金英哲(キム・ヨンチョル、Kim Yong Chol)朝鮮労働党副委員長も強制労働施設に収容されたと、同紙は伝えている。金英哲氏は、ハノイ会談に向け、非核化問題などでマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官との交渉に臨んだ人物。

 

 

  


 

 

 

2019/12/03

【韓国】ソウルで「歴史歪曲反日銅像設置中断せよ」 徴用工像を批判する記者会見

『反日種族主義』で徴用工のパートを執筆されたイ・ウヨン博士等が記者会見を開いたという記事が中央日報日本語版に掲載されました。

元々、彼等は街頭で徴用工像の撤去を求めるデモを定期的に行うなど、徴用工像に象徴される歴史の嘘を批判しています。

「徴用工像のモデルは日本人である」と発言した事で像の作者の夫婦(慰安婦像や済州島のライダイハン像の夫婦)から名誉毀損などで訴えられており、記者会見はその反論ですが、記事中の写真のキャプションには「反日銅像真実糾明共同対策委員会スタート記者会見と歴史ファクト資料展示会が2日にソウル市内で開かれた。」とあるので、展示会も行った模様です。

なお、記事の最後に徴用工像の設置場所が列記されていますが、その内の「京都」というのは、京都市右京区の『マンガン記念館』(私設の記念館)です。詳しくはこちらの記事『【徴用工問題】韓国より前に、既に京都に徴用工像が建てられているのを知っていますか?【虎ノ門ニュース2017/09/19】』をお読み下さい。

 

念のため韓国語の記事(”역사 왜곡 반일 동상 설치 중단하라”..반일 동상 진실규명 공대위 기자회견)も確認しましたが、文章は同じで、韓国記事には徴用工像のモデルとされる人物が写っている旭川新聞の記事も掲載されています。

 


https://japanese.joins.com/JArticle/260143
「歴史歪曲反日銅像設置中断せよ」…反日銅像真実糾明共同対策委員会が記者会見
2019.12.03

「日帝徴用労働者像のモデルは日本人」と話して銅像を作った作家に訴訟を起こされた人たちが「韓国民の名誉を失墜させる歴史歪曲反日銅像設置を中断せよ」と要求した。

大田(テジョン)市議会のキム・ソヨン議員と落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員、地域市民連帯のチュ・ドンシク代表とチェ・ドクヒョ代表(韓国人権ニュース)らを中心に構成された「反日銅像真実糾明共同対策委員会」は2日午後、ソウル市内で記者会見を行った。

彼らは「徴用労働者像作家であるキム・ソギョン、キム・ウンソン夫妻に起こされた名誉毀損と損賠請求訴訟に対応するために共同対策委員会を作った」と述べた。共同対策委員会には慰安婦と労務動員労働者銅像設置に反対する会、反日民族主義に反対する会、韓国近現代史研究会、国史教科書研究所などの団体も参加した。

共同対策委員会は声明を出し、「作家は労働者像が想像力の結果というが、作家の想像力は政府の過去の公式記録に影響を受けざるを得ない。大韓民国国民ならばだれでも徴用について教科書や釜山(プサン)国立日帝強制動員歴史館追悼塔に掲示された写真などを記憶できる」とした。

彼らは「教科書などに出ている徴用関連写真は1926年9月9日に日本の旭川新聞に掲載されたものであり、写真の登場人物は建設現場に監禁され強制労働に苦しめられた日本人10人のうちの1人」とした。イ・ウヨン研究委員は「銅像の姿のようにやせこけて肋骨が浮き出ている写真の中の徴用労働者はこの日本人が唯一だ」と説明した。

共同対策委員会は「こうした事実が知らされると韓国政府は今年小学校6年生の社会科国定教科書に出ているこの日本人徴用者の写真にシールを張って使い、行政安全部所管である釜山国立日帝強制動員歴史館追悼塔に掲示された該当写真も撤去した」とした。共同対策委員会は「徴用労働者像の下部に彫られた『お母さん会いたい』という文言も問題」とした。「この言葉は韓国人徴用労働者が炭鉱に残したものではなく、1965年に朝鮮総連系芸術家同盟が韓日修交に反対するための映画『乙巳年の売国奴』を制作する過程でねつ造されたことが確認された」とした。

彼らは「竜山(ヨンサン)駅広場労働者像周辺に設置された石碑には狭い坑道で斜めにうつ伏せになった姿勢で石炭を掘る坑夫の写真が掲示されている。この写真も朝鮮人徴用の代表的なイメージとして使用されてきたが、実際は日本人鉱夫と判明した」と話した。共同対策委員会は「芸術作品だからと聖域はありえず、芸術なのか政治宣伝物なのか議論の余地がある歴史的銅像に対し考証と関連ファクトは明確に検証されなければならない」と話した。

一方、キム・ウンソン氏夫妻は最近「キム・ソヨン議員らが『日本の労務者をモデルにして徴用労働者像を作った』という虚偽事実を流布し名誉を傷つけられた」とし、彼らに各6000万ウォンずつ支払うよう求める趣旨の損害賠償請求訴訟を起こした

彼らは訴状で、「徴用に対する悩みと歴史が労働者像に込められなければならなかったため特定人物をモデルにせず私たちが構想したイメージで作った。労働者像のあちこちにも作家の想像的表現を込めた」と話した。キム氏夫妻は「2016年8月24日から8月13日まで強制徴用労働者像を作り、京都、ソウル・竜山駅、釜山、済州(チェジュ)、大田などに設置した」と付け加えた。

 

 

  


 

 

 

2019/12/02

【北朝鮮】李相哲TV:朴斗鎮氏インタビュー『金正恩はなぜ「年末」にこだわるのか?』(2019/12/01)


李相哲・龍谷大学教授が朴斗鎮(パク・トゥジン)氏を招いてインタビューされました。

この内容をメモしておきます。

 


金正恩はなぜ「年末」にこだわるのか?(2019.12.1 コリア国際研究所長・朴斗鎮さんを招いて)

朴斗鎮氏YouTubeチャンネル『朴斗鎮TV』にも同じ動画がupされています。

 

インタビュー動画は2本あり、こちらは2本目。1本目で朴斗鎮氏が紹介されていますが、78歳とのことで、とてもそうは見えず驚きました。朝鮮総連を離れた理由もそこで語られています。(1本目の動画については人物の関係図を作って別のエントリーにする予定。)

 

予め、以下に動画で話される出来事等、今年の動きを時系列に並べておきます。

 

2月27、28日 米朝ハノイ会談

4月13日 金正恩委員長、最高人民会議にてハノイ会談を批判。「今年末までは忍耐心を持って米国の勇断を待つ」とトランプ大統領に警告。

5月31日 韓国・朝鮮日報が、ハノイ会談の実務担当者が処刑あるいは強制労働施設に収容させたと報道。

6月3日 強制労働説の金英哲氏が金正恩氏らとともに公演の席にいたと発表され、写真も公開される。

6月26日 文在寅大統領は、この日公開された海外通信社向け書面インタビューで、「寧辺(ヨンビョン)核施設全部が検証の下で全面的に完全廃棄されれば、北朝鮮の非核化は『取り返しのつかない段階』(→後戻りできない?)に入ったと評価できるだろう」、「第3回米朝首脳会談のための水面下での対話が進んでいる」と回答。

6月30日 G20大阪サミットで来日したトランプ大統領が金正恩委員長と板門店で対談。

8月15日 光復節演説で「南北統一で日本を追い越す」。

8月16日 金正恩委員長「ゆでた牛の頭も天を仰いで大笑いする」「本当に見るもまれな厚かましい人間だ」と罵倒。

11月5日 文在寅大統領から金正恩委員長にASEAN会議への招待状が届く。(21日に北朝鮮が発表して判明)なお、この日、脱北者2名を秘密裏に北朝鮮に引き渡す。

11月21日 金正恩委員長、釜山でのASEAN会議(11月25日~)への文在寅大統領からの招待状を公開し、「子供なら分別がなく牛角の上に卵を積む工夫をしたというだろうが、南朝鮮社会を動かすという人々が自身らの過失を冷静に判断することに息を整える代わりに、水の上に絵を描く考えばかりしている」という口調で招待拒絶の意向を明らかに。

 

■トランプの娘婿クシュナー氏が中心となって、既に米国の鉱山財閥などが北朝鮮の利権を狙ってチームができている。NYタイムスがシンガポール会談(2018年)の後すっぱ抜いた。金正恩はトランプさえ攻略すればなんとかなると思っているようだ。

■8月からロケット砲を4回発射しているが、連続発射の間隔が徐々に短くなっている。1回目は17分、前回は3分、今回は30秒。4月の最高人民会議で「年末」という期限を自ら切ってしまったので金正恩は焦っている。ミサイルを見せつけてトランプを急かしている。

■(番組収録時の)昨日の労働新聞について:北の発表は裏を読まなくてはならない。「(自分に対する)忠誠が低下している」ことを暴露している。

■ハノイ(2月)の失敗がものすごく影響を与えている。4月の談話の前の2ヵ月は粛正など、事態の収拾にかかったのだろう。それ以降、金正恩がいかに偉大な指導者かという記事が立て続けに出た。と言うことは国内が相当揺れたはずだ。

■いい加減なことを言う文在寅にも怒った。(時系列参照)

■東京オリンピックに何かやるかも知れないが、絶対に利用させてはいけない。IOCのバッハに気をつけろ。

 

 

  


 

 

 

2019/12/01

【光州月桂洞古墳群】韓国にある「倭系」古墳とは

2019/11/20付読売新聞に「韓国南西部『倭系』古墳を歩く』という記事がありました。

韓国云々というより、日本人の歴史として興味深いので備忘録として記事にしておきます。

 

取りあげているのは光州市にある「月桂洞古墳群」で、この辺りには前方後円墳が点在しているとのことです。

以前のエントリーで百済(4~7世紀/663年、白村江の戦いで滅亡)時代の『陵山里古墳群』について、棺材に日本にしか産しないコウヤマキが使われていることを書きましたが、光州市に日本の古墳文化後期に現れる前方後円墳があるということは、『倭』の影響を受けた、というよりは日本人の祖先が住んでいて、日本(現在の九州や中国地方)との間で行き来をしていたと考える方が妥当ではないかと思います。

 

下の画像は記事にブログ主が地図を追加してコラージュしたものです。地図中の赤丸が光州広域市にある「月桂洞古墳群」で、地図にピンクの色づけをしたところは全羅南道ですが、光州市はその中にあるものの、光州広域市として独立しています。

地図には百済の『陵山里古墳群』や『武寧王陵』、記事中に出てくる『金山里古墳群』も書き込みました。ここからは2014年に鳥や人物などを象った『形象埴輪』が韓国で初めて出土され、石が敷かれた墳丘にも『倭系』の特徴が現れているということです。



 

20191120_yomiuri_zenpokoenfun01

 

話を『陸山里古墳群』(と『宋山里古墳群』)に戻すと、これらがあるのは全羅南道の北、現在の「忠清南道」という行政区で、全羅南道と併せて、『三国時代』の百済があった辺りです。三国時代の三国とは百済、新羅、高句麗ですが、朝鮮半島の南部には古代に『伽耶(かや)=任那』という国があり、ここに任那日本府という軍政府が置かれていたと歴史では習います。

シナの歴史書である『三国志』「魏書」東夷伝には、三国時代の前の三韓時代が書かれていて、そこには、下記のように書かれています。(cf. 東夷伝条=『魏志倭人伝』・・・卑弥呼の記述がある)

 

韓在帶方之南,東西以海爲限,南與倭接,方可四千里。有三種,一曰馬韓,二曰辰韓,三曰弁韓。辰韓者,古之辰國也。馬韓在西。
— 『三国志』卷三十 東夷伝 韓条

【現代語訳】韓は帯方郡の南にあり、東西は海を限界とし、南は倭と接し、四方は四千里ばかり。韓には三種あり、一に馬韓、二に辰韓、三に弁韓。辰韓とは昔の辰国のことで馬韓は西にある

 

任那日本府という語感からは出先機関のような印象を受けますが、朝鮮半島の南の一部は「倭国」であり、古墳から、更に百済にも日本人が住んでいたと思われます。

 

記事中、よく分からないのは、「月桂洞古墳群の築造時期、周囲は『馬韓』と呼ばれ、百済と倭(日本)が支配を競った」という部分です。馬韓は百済に統一されたのではなかったですか?
  

【※記事1】


https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H6L_W4A221C1000000/
韓国で形象埴輪出土 日本の祭礼伝わった可能性
2014/12/26付

【ソウル=共同】韓国南西部、全羅南道の咸平にある5世紀後半から6世紀前半に造られた古墳で、鶏などをかたどった形象埴輪(はにわ)の破片が出土したと、発掘に当たった地元の全南文化財研究所が26日までに明らかにした。

同研究所の依頼で破片の写真を見て確認した花園大の高橋克寿教授によると、韓国では円筒埴輪の出土例はあるが、形象埴輪の出土が確認されたことはない。北朝鮮領内で発見の情報もなく、朝鮮半島初の出土確認とみられる。

形象埴輪は葬送時の儀礼など古墳を巡る祭礼、祭祀(さいし)に関わる場面を表したと考えられており、日本で行われていた祭礼の形式や他界の観念が伝わっていた可能性があることを示す発見だと高橋教授は指摘している。

破片は「金山里方台形古墳」で見つかった。鶏の頭や首、羽の部分で、馬形と人形の埴輪の一部の可能性がある破片もあった。ほかに円筒埴輪や瓦形土器、中国由来の磁器も出土した。

全南文化財研究所の李釩起責任研究員は「中国大陸と朝鮮半島、日本の間で交流が盛んに行われていたことを示している」と話している。

 

 

  


 

 

 

【アイヌ新法と琉球独立】必見!「討論会 アイヌ新法はなぜ問題か?」2019/11/30 札幌講演会【動画】

取り急ぎ情報共有のため。アイヌの実態など、かなり生々しい話も出ているので動画は削除される恐れもあります。ご視聴はお早めに。

 

講演会は昨日(11月30日)に札幌で行われ、LIVE配信されました。

現在は篠原常一郎氏のYouTubeチャンネルで公開されています。

 

パネリスト(敬称略):小野寺まさる、的場光昭、仲村覚、篠原常一郎

 

 

 


https://www.sankei.com/politics/news/191130/plt1911300016-n1.html
アイヌ新法問う討論会 第2弾は騒動起きず
2019.11.30

 5月施行のアイヌ施策推進法(アイヌ新法)を問う討論会が30日夜、札幌市厚別区の区民ホールで開催され、約220人が参加した。9月に開かれた講演会の第2弾。前回は、会場前で参加者の一部とヘイトスピーチに反対する団体のメンバーらとの小競り合いが発生。警官が出動する騒ぎに発展したが、今回はトラブルは起きなかった。(寺田理恵)

 今回の討論会のタイトルは「アイヌ新法がなぜ問題か?」。日本会議北海道本部のアイヌ問題検討委員会が主催し、前回講演会「あなたもなれる? みんなで“アイヌ”になろう?」の第2弾として実施された。

 前回は同市白石区の区民ホールで行われ、開催を前に反ヘイト団体が「講演会のタイトルがヘイトスピーチだ」などとして、市に利用を制限するよう要望書を提出。新法4条のアイヌ差別禁止規定を根拠に挙げた。

 だが、区民ホールは先着順などで利用者が決まる貸室の一つで、市は「承認時に講演会の内容までは確認しない」とした。このため、反ヘイト団体のメンバーらが会場前で抗議行動をしていた。市によると、今回は開催前日までに苦情などは寄せられなかった。

 この日の討論会では、元道議の小野寺秀氏が司会を務め、登壇者3人がアイヌの人々を先住民族とした新法に疑義を呈した。沖縄出身のジャーナリスト、仲村覚氏は「(沖縄の人々を先住民族として認めさせられると)『琉球独立などというな』というと、『ヘイトだ』といわれる恐れがある」などと問題提起した。

 アイヌ問題をめぐっては、新法で初めて「先住民族であるアイヌの人々」と明記された。しかし、新法が土地や資源などに関する先住権に触れていないことを課題とする意見がある。新法には「アイヌの人々」の定義に関する規定がなく、「あいまいだ」と批判する人々もいる。

 

 

  


 

 

 

【直球】ハリー・ハリス駐韓大使「文在寅の周囲って従北左派ばかりだってほんと?」

崔碩栄氏のTwitterより。

9月にハリス駐韓米国大使が韓国与野党議員たちと非公開面談をしたときの質問が今になって漏れ、話題になっているとのこと。

ハリス:文大統領が従北左派に囲まれているという記事があったが、本当なのか?

与党議員:その話は止めましょう

 

ハンバーガーの件と言い、すっとぼけたおっさんだなw

 

以下、Google翻訳。

http://www.donga.com/news/article/all/20191129/98601249/1

ハリス "文大統領、従北左派に囲まれている"発言論議
入力2019-11-30 03:00 修正2019-11-30 03:00

9月に与野党議員の会合で「そのような話ができるようだ"と述べ
、当時與議員"やめよう」のテーマ変え
美大使館「プライベート面談... ノーコメント"


ハリーハリス駐韓米国大使(写真)があることが必要国会議員たちに会った席で"ムン・ジェイン大統領が従北左派に囲まれているという話があるようだ」と発言したことが一歩遅れて知られて論議がおきている。

複数の国会関係者によると、ハリス大使は今年9月に自由韓国党ギムハクヨン議員が会長を務めた大韓民国の未来の革新フォーラム所属の与野党議員10人余りに会った席でこのような発言をしたと伝えられた。当時ハリス大使の言及に与党議員が「そのような話はやめよう」として話題を変えたし、参加者は伝えた。駐韓米国大使が与野党議員たちに会った席で、大統領周辺人物の理念偏向性に関する話を取り出したのは異例だ。

4つ星将軍である米太平洋司令官(現、インド・太平洋司令官)を務めた後、駐韓米国大使に、昨年赴任したハリス大使は最近の韓米防衛費分担金特別協定(SMA)の交渉局面でも議員に会って大幅引き上げを要求する発言を繰り返し「非外交的である」という懸念を山がある。この論争について駐韓米国大使館のスポークスマンは、「我々は、非公開で行われた外交関連議論にはコメントしない」とし「面談前に合意された(対話がプライベートという)原則を遵守しようとする」と述べた。

 

 

  


 

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ