最新情報

  • 2019/12/02
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【えっ?w】【韓国の長寿ブランド】500億本売れた国民的発酵乳「ヤクルト」 | トップページ | 【琉球処分】戦後の沖縄言論界で歪められていった沖縄の歴史【歴史学者 玉城有一朗博士講演】 »

2019/11/05

百済の陵山里古墳群の棺は日本にしかないコウヤマキで造られていた/発掘調査は日本統治時代

以前読んだ『法隆寺を支えた木』(NHKブックス/西岡常一、小原二郎著)という本を読み返してみました。

 

この本の著者の一人、西岡常一氏というのは最後の宮大工と呼ばれた方で、法隆寺の大工棟梁として昭和の大修理をや薬師寺の再建を手がけられました。もう一人の小原二郎(こはらじろう)氏は建築や木材工学の専門家で、小原氏の書かれたパートは木材についての学術的な記述になります。

先日、首里城のことを調べていて、首里城にはイヌマキ(犬槙=所謂「マキ」【※1】)が使われていたことを知り、それで、この本の小原氏のパートにマキのことが書かれているのを思いだしたからです。

 

【※1】 いぬ‐まき【犬槙】
マキ科の常緑高木。いわゆるマキのこと。元来はスギをマキと言ったのに対して、この種をいやしんでの名。暖地に自生。高さ20メートルに達する。樹皮は灰褐色で縦にさけてはげる。葉は線形。5月に小花を開く。種子は緑色で、基部にある仮種皮が赤色。材は耐久・耐虫性にすぐれ、器具用、特に桶類に適する。クサマキ。漢名、羅漢松。

広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

 

「2 古代人と木」(P.162~)の章に書いてありますが、「古事記」と「日本書紀」には53種、27科40属の樹木が登場するのだそうです。

素戔嗚尊(スサノオノミコト)髭や胸毛などを抜いて撒くとが木が生え、尊はそれぞれの用途を指示するという逸話が紹介されていますが、「ヒノキは宮殿に、スギとクスノキは舟に、マキは棺に使え」と教えたということを書かかれているそうです。(詳細後述)

 

現在の韓国、百済の陵山里古墳群(ユネスコ世界遺産)を調査した尾中文彦博士は全ての棺にコウヤマキ( 高野槙【※2】)が使われていることを発見しました。コウヤマキは世界で一属一種、日本にしかない木です。つまり、日本から運んだものだったのです。(PDF『季刊 森林総研』No.34 P.1

 

【※2】 こうや‐まき【高野槙】 カウ‥
(高野山に多く産するからいう)日本特産のスギ科の常緑高木。会津地方と木曾地方より西に自生。高さ約40メートルに達する。樹皮は赤褐色でヒノキに似、葉は輪生。春、雄花・雌花を生じ、花後、球果を結ぶ。材は桶・船材・橋梁材としてすぐれ、樹皮は「まいはだ」と称し、水槽・船などの空隙をふさぐのに用いる。木曾五木の一つ。姿が美しく、庭園などにも栽植。ホンマキ。クサマキ。

※ブログ主註:コウヤマキは秋篠宮家の悠仁親王の「お印」ともなっています。

 

Korea_kofun01

 

小原教授は博物館で実物を見て、想像を遙かに超えた大きさだと驚いたそうですが、当時の日本人は既にそれだけの木材を伐採し、海を越えて運ぶという技術を持っていたことになります。

尾中博士はまた、朝鮮楽浪の古墳の棺材もコウヨウザン(広葉杉)というヒノキ科の木材で造られていることを調べました。これは中国には産しますが、朝鮮には分布しません。更に、楽浪と韓国の慶州の「金冠塚」古墳群からクスノキ(楠)も出土していますが、クスノキは日本や台湾、中国南部にのみ分布しており、済州島以外、朝鮮半島には分布していません。

日本の遺跡から出土する木製品も用材はおおよそ決まっており、例えば、登呂遺跡から発掘された田舟(深田で、苗・刈穂や肥料を運ぶ舟。苗舟)は素戔嗚尊のお言葉通りスギで造られていました。

日本人はこのように「木」というものを昔からよく知っていたわけです。

 

さて、百済の古墳の棺材がコウヤマキだということを韓国では知られているのだろうか?ということが気になるかも知れません。

たまたま尾中文彦博士のことを調べていて見つけたのですが、「棺材が日本にしか無いコウヤマキ」という事実が重要なエピソードとして使われている韓国の小説があるようです。(詳細後述)

ただ、事実とフィクションを織り交ぜたようなスタイルらしく、読者がこれを事実だと受け止めているかは分かりません。

 

なお、陵山里古墳群と同時(2015年)に世界遺産に指定された武寧王陵(宋山里古墳群)の棺材もコウヤマキです。位置は陵山里古墳群の東側。(ソウルナビの『宋山里古墳群』のサイト)

 

素戔嗚尊神話

み熊野ねっと」というサイトに「木の神・スサノオ神話」がありました。このサイトは他にも熊野に関する興味深い話をたくさん紹介しています。

ここでは、素戔嗚尊が木を創造した逸話部分を引用させていただきます。(是非、リンク先で全文をお読み下さい。)

 


http://www.mikumano.net/setsuwa/susanoo.html

 はじめイタケル(ブログ主註:五十猛神/イタケルノカミ)が天降るときに、たくさんの木の種をもって降ったが、韓地では播かずに、すべて日本に持ち帰って日本の国中に播いて、国土を全部青山にしてしまった
 この功によりイタケルは、有功(いさおし)の神とされ、紀伊国に鎮座する大神となった。

 また「一書に曰く」として、次のようなことも書かれています。

 スサノオがいうのに、「韓郷の島には金銀がある。わが子が治める国に船がなかったら困るだろう」と(『日本書紀』では、スサノオと奇稲田姫〔クシイナダヒメ〕の子が大己貴神〔オオアナムチノカミ。大国主神ともいいます〕。スサノオに代わり地上を治め、葦原中国〔アシハラノナカツクニ〕を作りました)。
 そこで、スサノオ、ひげを抜いて放つと、そのひげが杉の木になった。胸毛を抜いて放つと檜に、尻毛は槙に、眉毛は樟になった

 「杉と樟は、船を造るのによい。檜は宮を造るのに、槙は現世の国民の棺を造るのによい。たくさんの木の種を播こう」
 スサノオの子、イタケル、オオヤツヒメノミコト、ツマツヒメノミコト。この三柱の神が木種を播いた。
 その後、スサノオは熊成山(くまなりやま)を通って、とうとう根の国に入った。

 

小説『第四の帝国』

チェ・インホ (최인호/崔仁浩)という作家の『第四の帝国』(제4의 제국)という小説に「木棺の秘密」という章があり、そこにコウヤマキのエピソードが出てきます。

公式には「クリ」で造られていると発表されていた棺の用材が、実は日本にしか産しないコウヤマキだったという秘密を主人公が知ってしまう、という件(くだり)です。

なんか意味深ですね。

ブログ主がこの小説の一部が掲載されたサイトを見つけられたのは、「尾中文彦」という文字(漢字)があったからですが、機械翻訳でも余り違和感が無く読めますから、興味があったらお読み下さい。(Google Chromeを使うとページ単位の翻訳が容易です。)

一部機械翻訳したものを引用します。

 


パク・サンジンは対物レンズの回転軸を回して、細胞の大きさを50倍から100倍で、100倍から300倍に拡大してみた。最終的に500倍の大きさに拡大しよう低木の細胞が明確に明らかになった。

その瞬間。

パク・サンジンは心臓が止まる衝撃を感じた。

顕微鏡で見た細胞は、まるで良質の繊維の組織のように一年間育った年輪が細かく表れていた。しかし、驚くべきことに、細胞の中にあるべき松脂穴が見えなかったのだ。

松脂(松津、pine resin)

松から出てきた淡黄色の樹脂としては、必ず松の植物では、細胞の中に松脂が出てくる穴があるように決まっている。したがって松脂穴がない場合、その木は松がないのだ。松脂を分泌する小さな泉がない松は、世界的に存在しない。単一の例外であれば、日本の南部地方でのみ生えているコウヤマキ(金松)でのみ可能である。

パク・サンジンは再び慎重に接眼レンズを覗いてみた。明らかに無零怒大王低木の細胞では、松脂を分泌する小さな穴が見えなかった。

「こんなことが」

パク・サンジンは鈍い鈍器で頭を強打された感じだった。

彼は最初のイゴンムから標本を受けた瞬間低木の材質が、韓国で自生している松たりケヤキに漠然と推定していた。実際に顕微鏡を使って確認した結果、細胞組織は、松のそれと似ていた。しかし、どういうことか、必ず松脂を分泌するセムグモンが必要なのに、それが見えなかったのだ。

パク・サンジンは二回、三回繰り返し確認したが、決して松脂穴を確認することができなかった。

 

「無零怒大王」(機械翻訳ママ)の墳墓は架空のものかも知れません。主人公はこれを公表しようかどうか迷い、「それでも地球は回っている」というガリレオの心境に陥ります。

 


その頃パク・サンジンの心に勇気を呼び起こした新たな事実が明らかになる。

偶然1936年発刊された日本京都大学のオナカ(尾中文彦)の論文集を求め読んだ直後にパク・サンジンは大きな衝撃に陥ることになるだろう。オナカはパク・サンジンと同様に、元の農学を専攻した学者であったが、考古学首在学」に関心を持って早くからその方面に多くの研究をしていた大学者であった。

パク・サンジンが京都大学に留学中の純粋な木材組織学に関する研究というよりも木で作られた文化財の中に隠された秘密を見つけることに、自分も知らないうちに陥って昔の木の材質と保存方法を勉強する「ゴーゴー首在学」の分野に興味を持つようになったのも大先輩であり、考古学木材学の権威である大中の影響のためであったのだ。

1915年。

日本植民地時代だったこの頃、付与から論山に向かって約3km離れており、サビのロスアンジェルス(羅城)東に該当する野山に並んで並んでいた古墳が日本の学者によって集中的に発掘調査され始めた。この発掘作業を指揮した人は、有名な歴史学者梅原(梅原末治)。1915年から1937年に至るまで、日本の学者たちによって前後2行3基ずつ、計6基の古墳が確認されており、そのうちの4つの墓が発掘調査されたものである。この野山の古墳群は、「陵山里古墳群(陵山里古墳群)」に呼ばれ、この古墳が注目されたのは、この墓が百済の王陵と推定されていたからである。したがって、「陵山里王陵」とも呼ばれるこの古墳群は、史跡第14号に指定されている。

その後1971年に補修工事の際に再び1期の古墳が発掘されることで、現在のすべての7基の古墳が確認されている。

 

この部分はおそらく事実を元にしているのでしょうから、陵山里古墳群が調査されたのは日本統治時代だったようです。

実は、このエントリーの冒頭で尾中文彦博士がなぜ韓国で古墳の調査ができたのだろう?と少し不思議に思っていたのですが、調べたら没年が1950年ですから、考えてみればそういう時代だったのですね。

別に恩に着せるつもりはありませんが、このこと一つとっても、日本が韓国の学術分野での近代化にどれほど貢献したのかが分かりますね。

 

 

  


 

 

 

 

« 【えっ?w】【韓国の長寿ブランド】500億本売れた国民的発酵乳「ヤクルト」 | トップページ | 【琉球処分】戦後の沖縄言論界で歪められていった沖縄の歴史【歴史学者 玉城有一朗博士講演】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【えっ?w】【韓国の長寿ブランド】500億本売れた国民的発酵乳「ヤクルト」 | トップページ | 【琉球処分】戦後の沖縄言論界で歪められていった沖縄の歴史【歴史学者 玉城有一朗博士講演】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ