最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【反日種族主義】11月14日、文藝春秋社より発売(予約受付中) | トップページ | 桃太郎侍はいつごろ悪を成敗していたのか? »

2019/10/14

江戸時代のコスプレパーティーを描いた水彩画「長崎屋宴会図」と葛飾北斎の「日本橋本石町長崎屋」

少し前に興味深い記事を読売新聞で読んだので覚え書きとして。

下の記事は日経(共同通信)の記事ですが、江戸を訪れたオランダ商館長らが和装し、日本の学者等が洋装したところを描いた水彩画が見つかったそうです。

読売にはもう少し詳しく書いてあり、オランダの古書店から神田外語大の松田清・同大客員教授(日本洋学史)に連絡があったとのこと。

 


https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50080100R20C19A9CR0000?s=5
江戸で日蘭仮装パーティー 出島商館長らと親密交流
2019年9月21日

江戸時代後期に長崎・出島のオランダ商館長らが和装し、日本の蘭学者が洋装して、商館長一行の江戸滞在時の定宿「長崎屋」で"仮装パーティー"を楽しむ様子を描いた水彩画がオランダで見つかった

長崎屋は、蘭学者の前野良沢や大槻玄沢も訪れた日蘭学術交流の拠点だった。絵を調査した松田清・京都大名誉教授は「蘭学者の語学力が飛躍的に向上し、オランダ人と親密に文化交流していたことを裏付ける貴重な史料だ」としている。

「長崎屋宴会図」と命名され、購入した神田外語大(千葉市)が11月に付属図書館で公開する。

長崎屋を巡っては、浮世絵師の葛飾北斎が窓外の見物人を描いた版画「日本橋本石町長崎屋」が有名。商館付き医師が10年に描いた広間の絵も知られていたが、商館長らと日本人との宴席を活写した絵が確認されるのは初めてという。

水彩画は縦32センチ、横42.5センチで、余白にオランダ語で書かれた説明と署名から、徳川将軍家の侍医で植物学者の桂川甫賢(ほけん)の作と判明。ドイツ人医師シーボルトが商館に赴任する前年の1822(文政5)年の宴会を描いたことも分かった。

長崎屋2階の広間での宴会は、商館長ブロンホフと商館員フィッセルが着物姿で帯刀して座布団に座り、いす席には帽子やコート、キュロットを着用した甫賢と幕府天文台翻訳官の馬場貞由、中津藩主側近の神谷弘孝が描かれている。

長崎屋の主人らも同席。甫賢ら3人の絵には前任の商館長が授けたオランダ名が書き添えられており、3人が上座に、商館長らが下座に就いているのも余興の一環とみられる。〔共同〕

 

オランダで見つかったという絵は下の絵です。

 

20191002_nikkei_holland

 

長崎屋とは江戸幕府御用達の薬種問屋であり、宿屋であったとWikipediaにも書かれています。場所は「新日本橋」(総武線)の駅の近く(日本橋本石町三丁目/現在の住所:東京都中央区日本橋室町4-2)で、描かれている座敷は別邸とのこと。

後に書記役が書いた本によると、日本側が洋装を集め、江戸の礼儀作法やおもてなしを教えようと企画したものだそうですが、コスプレをする必要はなさそうなので、余興のようなものなのでしょうか。絵は惜別に当たって商館長側に贈られたそうなので、送別パーティなのかも知れません。

水彩画というのも面白いと思います。

記事にも葛飾北斎が窓外の見物人を描いた版画「日本橋本石町長崎屋」が有名とありますが、このような絵です。

 

20191002_yomiuri01

 

江戸時代の好奇心旺盛な庶民の姿が描かれたより精細な画像は早稲田大学のサイトPDFで公開されています。

これらの絵は11月1日~14日まで、神田外語大の付属図書館で公開(入場無料)されるとのこと。

 

 

  


 

 

 

« 【反日種族主義】11月14日、文藝春秋社より発売(予約受付中) | トップページ | 桃太郎侍はいつごろ悪を成敗していたのか? »

コメント

恐れ入りますが、WEB上にこのような史料(画像)を無断で載せるのは、著作権法の違反になり、犯罪です!小学生でもわかる事だと思いますが?どういう認識でこのブログを運営なさっていらっしゃるんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【反日種族主義】11月14日、文藝春秋社より発売(予約受付中) | トップページ | 桃太郎侍はいつごろ悪を成敗していたのか? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ