最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【公用文】「こども」の表記は「子供」→「子ども」→「子供」? | トップページ | 【また朝日か】朝日:私は雨男、産経:誇り持てる自衛隊を作りたい【河野防衛相の発言】 »

2019/10/28

韓国KBSで進歩派(+朝日)vs.保守派(+産経)メディアが討論。多くの批判にMCの反論は...

たまたま目に付いた朝鮮日報のツイート(記事)。何事かと思って調べてみたら興味が湧いたので、あらましをメモしておきます。

事の発端は、去る25日にKBS(日本で言うNHKのような韓国の公共放送)で、進歩派対保守派で日韓問題を討論する番組『時事直撃』(시사 직격 )。

進歩派は日本で言えばリベラル・革新ですが、この場合は、韓国擁護派vs.日本擁護派ととればいいのだと思います。(「保守派」だからと言って親日ではないので。)

この番組については、まとめサイトの『政治知新』と『アノニマス・ポスト』が記事にしていましたので、詳しくはそちらをお読み下さい。

面白いのは、韓国側がハンギョレ新聞+朝日新聞、日本側が朝鮮日報+産経新聞という組み合わせで、朝日新聞からは中野晃記者、産経新聞からは久保田るり子記者が参加しました。朝鮮日報は韓国の最大発行部数の新聞で、保守と言われています。

特に注目されているのは、久保田記者の「日本の『嫌韓』は先に韓国が『反日』をしたせいだ」、「韓国の反日は文在寅の歴史観のせいだ」という内容の発言のようです。

また、久保田記者は日本語、中野記者は韓国語を話したそうですが、その中で久保田記者が「文在寅“大統領”」ではなく「文在寅“氏”」と呼んだことも問題視されているようです。(この項、追記予定)

朝鮮日報の記者も「徴用工裁判」の大法院判決に疑義を示したようで、これも批判されています。

 

ブログ主が目にした朝鮮日報の記事(後述)は、この後日談のような記事で、放送終了後、「KBSは親日放送か!」、「番組を終了して謝罪せよ!」、「なぜ、朝鮮日報や産経を出した!」というような批判が殺到し、それに対して、MCを勤めたイム氏(弁護士のようです。임재성 / Lim, Jae Sung / 林宰成)が自身のFacebookで弁明というか反論をした、というもの。(朝鮮日報の記事は「謝罪」と表現しているようですが、機械翻訳で読んでみたところ、そういう印象ではありませんでした。)

朝鮮日報の記事は、単にイム氏のFacebookの内容を引用して紹介するだけで、朝鮮日報の意見はなく、ややずるいと思いますが、ストレートニュースと言えばストレートニュースです。

 

ただ、ここで注意しなくてはならないのは、テレビ局にわざわざ意見を言うような視聴者は苦情しか言わないのが殆どでしょう。朝鮮日報の記事に付けられたコメントは圧倒的に久保田記者を擁護するものでした。

しかし、これもまた注意しなくてはならないのは、番組を観て意見を書いているのか、記事を読んだだけなのかは不明なこと、それと、反文在寅の読者が、「敵(文在寅)の敵(産経)は味方」の論理で久保田記者に同意しているのかもしれません。

 

追記:プレビュー版動画を見つけました。(公式ではないようですが)

討論は意外なことに、居酒屋で行われたようで、想像していたのとは異なって和気あいあいとしたムードです。調べたら新大久保の居酒屋での収録でした。

 

20191025_kbs01

 

下は乾杯シーン。

 

20191025_kbs02

 

 

朝鮮日報の記事

記事の内容は前述のようにイム氏のFBの引用程度なので全文は引用しませんが、こちら(『"한일관계, 문재인씨 역사관 탓" 논란에···'시사직격' MC 사과』)の記事です。

この記事をGoogle翻訳を使って日本語に訳すと、『「韓日関係、ムン・ジェイン氏の歴史観のせい」論議に···「時事直撃」のMCリンゴ』となるのですが、どうも最後の「リンゴ」と訳される単語「사과」は「謝罪」という意味もあるようです。スラングのようなものかも知れません。)

しかし、後述するイム氏のメッセージを読むと「謝罪」だけではないような気がします。

なお、前述のように、記事に付けられたコメントは、久保田氏を擁護するものが多いようです。

 

イム氏のFBでの謝罪(反論)をGoogle翻訳で読むと...

まず、司会をしたイム弁護士とは、どうやら「(自称)徴用工裁判」でよく見かける、メガネを掛けた男性弁護士イム・ジェソン氏のようです。(下の画像はFBからのキャプチャ)

 

20191028_lim02

 

この人選の時点で、中立であるべきMCとしてどうなのよ?とは思いますが、それはFBに書かれたメッセージで判断して下さい。

以下はGoogle翻訳ですので、韓国語が分かる方は原文をお読み下さい。自身の感情を吐露している部分はともかく、割とまともなことを言っているようにブログ主には思えるのですが。

FBの記事についたコメントを幾つか翻訳して読んでみたところ、イム氏のフォロワーは左派が多そうなので批判が多いのですが、それだけでもないようです。(FBの機械翻訳は精度が悪いので、Google翻訳にコピペして読んでみました。)

 


https://www.facebook.com/jaesung.lim.182/posts/3044778365549045

KBS示唆直撃(以下「直撃」)MCイムジェソンです。

1。
この記事は、2019. 10. 25.放映された "韓日、認識と理解2部作 - 日韓特派員の会話」(以下、「特派員対話」)編についてくださる多くの批判に番組MCとして捧げる言葉です。

時事教養番組は、特に「直撃」の場合MCは対外的にプログラムを代表するとともに、対内的にもアイテム選定からMCメント整理まで多くの部分参加して一緒に決めています。当然特派員会話編の視聴者の方々の評価も私は答えなければならないの分け前と責任があります。

簡単に言ってより少し長くても率直な言葉をしたいと思います。

2。
特派員会話編についてくださる意見の両方刻み聞いて、また読んでいます。特に「追跡60分KBSスペシャルを廃止して作ったのがせいぜいこんな親日放送か」という批判は重いです。長い伝統と高い信頼を持っていたプログラムの後を継ぐ負担感は大きくならざるをえなかった、プログラムの初期に多くの方々に失望感をささげたという点で残念です。

私たちの企画のもは「韓日認識と理解」という少し硬めのタイトルの1、2部作を通じ、2018. 10. 30.最高裁判決から1年の間に行われた日韓関係の問題で十分に照明されなかった部分を「深く」さらし者ました。

1部は日本製鉄を相手に20年以上行われた強制動員損害賠償訴訟の歴史とその訴訟の原告であった被害者の祖父4分の話(「チュンシクの時間」)でした。過去1年の間に50分の地上波番組が完全に一つの訴訟と4人の被害者に集中している場合は、なかったことを知っています。外交葛藤、経済報復という国家間の対立の中に埋め、肝心の私たちでさえ、日本と韓国の法廷で闘った被害者の歴史と彼らの痛みを十分に知って分割しました。新生プログラムであり、放映時間にサッカーまで重なって高くない視聴率を記録し、話題性もなかった。この機会を借りてでも、多くの方々がいただきたい放送です。

2部は韓国と日本社会が持つ「現在の両国の認識」を両国の代表的進歩 - 保守新聞の特派員出身の記者を通じて盛り込ん者ました。多くの方がサンケイ - 朝鮮日報という媒体選定自体を批判しておりますが、安倍政権下での産経は、日本政府とオピニオングループに相当な影響力を及ぼしている媒体です。朝鮮日報に批判的であれ、そうでなくても朝鮮日報が持っている現実的な販売部数と影響力は否定できません。ハンギョレと朝日だけで、韓国と日本の社会に「現存」の声を完全に込めたと見るのは困難です。

それでも、なぜ必ず産経ヨトニャ、なぜ朝鮮日報ヨトニャは批判は漏れていただきます。

3。
多くの方が産経と朝鮮日報記者の発言を指摘し「親日放送」、「売国放送」と批判れます。この部分には、少し受け入れ難い部分と、解明したいの部分があります。

まず、ちょっと受け入れ難い部分は特派員の会話編は、韓国と日本の進歩 - 保守メディアの2:2の議論形式であったため、MCが議論司会の役割をして介入も可能な限り減らしました。討論で一方の発言が、プログラム全体の意図や評価にすぐにつながることはありません。 100分討論にホン・ジュンピョ前代表が「私はXXXナイフ合うとした」と発言し、その発言が放送に出て行ったで、100分討論が、そのような志向や意見を持っていると見ることができないのと同じです。

しかし、多くの方々が、なぜ怒りおられるのに対して理解して納得することができます。現場にいた私もそうでした。 1965年の請求権協定、2018年最高裁判決、日韓関係の葛藤の原因部分における限られた時間のために十分な攻防が行われなかったのは残念です。ハンギョレ記者は「最高裁判決は正義の判決であり、1965年に比べて、両国の人権意識が大きく上方された状況で、1965年だけ話をすることはできない」、朝日記者は「2018年の最高裁判決の原告の方が大阪で初めての訴訟を開始することと、お会いし、記事を複数回使った。ところがヨウンテク、新川でき祖父がすべて亡くなった後に最高裁判決が宣告された。日本企業としては謝罪して賠償する機会を逃したのだ。誰のための最高裁判決のか」と吐露する姿を反論として込めたが、放送メディアの特性上、「強く」話をすることが印象に残るのは簡単です。ハンギョレ、朝日記者の発言が視聴者の方々に十分に伝達されなかったことができたことです。

残念ながら、日本のメディアで「知韓派」と評価することができる人々の合理的な発言は消え長いです。日本の世論調査で80-90%の人が「韓国最高裁判決を理解できない」と答えています。韓国メディアは韓国に友好的な日本の知識人の発言が選別されて紹介されるが、現実を完全に認識する必要があります多くの方が産経記者の発言の中で「韓日関係の問題の原因は、ムン・ジェイン氏の歴史観」という表現をそのまま放送に送りだし点を指摘しておられます。その発言を、私は私の口に再び繰り返す場面が放送に出てくる、現場でその話を聞く私もショックでした。しかし、そのような認識が、日本社会に存在し、また極端だと片付けることができない程度の割合を占めていることは事実であれば、それ「対面」する必要があります。加害国が加わるの歴史を否定し、被害国政府伴うの「歴史観」が指摘する状況を「編集」してしまうのではなく、対面して議論して、なぜそのような認識が存在するかどうか分析することが直撃の目標でした。この目標果たして放送で十分実装されたかという指摘には、不足したという点を認めている。

朝鮮日報記者の1965年の請求権協定の発言も、2018年の最高裁判決とは反対の主張と分析であるが、法律や学界で少数派と評価するのは難しいの割合を占めている認識です。私を含めた強制動員訴訟に参加した法律や支援団体は長い時間それに対抗論争をして、運動をしてきました。プログラム内で十分に論じる機会があったら良かっただろうが、これも私たちが「対面」しなければならない私たちの社会の内部に存在する声です。

それでも、「反論権が十分に確保されていなかったことではないか」、「サンケイ - 朝鮮日報記者の立場だけが浮き彫りになった」との批判はやはり漏れております。

4。
MCとしては、特派員会話編撮影を終え欲が一つありました。朝日新聞中野明記者が韓国人に知られるのができたら心でした。残念ながらそのようにされていませんでした。

日本人としての専門的な内容について、韓国語で討論するのは難しいことだが、中野記者は、長時間録画過程すべて韓国語での議論を行いました(パネリストとしてかなりのペナルティでしかありません)、また、自分が話をする内容に関連する記事をすべてスクラップして取りまとめてきました。朝日新聞論説委員ほどの人が、そのように誠実に議論を準備して韓国語ですべての答えをする姿で尊敬ができました。

中野記者は年月号の話では、日本の製鉄訴訟に参加した原告の方が判決を見られずに亡くなった話に涙を浮かべイショトゴ、討論が終わってから、私に強制動員被害者の方の現在の状況について別に質問したりしました。ソウルと東京の対立で注目されない日本の地方都市の物語を、不買運動で発生する打撃を伝えました。今、日本の右翼勢力は「朝日新聞廃刊」を叫んでいます。自国の責任を指摘して批判することの重みは異なるしかありません。

放送には追加かなかったが、少し前に対馬で開かれた4・3犠牲者慰霊祭が参加した話では、出席者全員が粛然しました。 4・3当時収蔵された犠牲者の遺体が対馬まで押されてきたが、これを対馬に居住する日本人が収拾してサドルし、自費で供養塔を立て代を継いで慰霊祭を続けています。中野記者は最近、この慰霊祭に出席し、韓国と日本の歴史の中で、これらの連携があり、また、続いているという記事を費やしたが、現在の日韓雰囲気の中でよく伝達されなかった残念でした。朝日新聞東京地域版では、この記事が載せられず、韓国でも済州地域のメディアだけが扱ったということです

5。
いただく批判や意見、時間を送信したり、無視しないで、十分な申し上げ理解を求めます。

 

産経新聞の記者の発言は既にご紹介しましたが、朝鮮日報の記者は昨年の大法院判決に疑義を呈する発言をしたようで、イム氏は、そういう意見もあると認めています。

そして、韓国メディアは日本側の発言(主に朝日的な発言)を選別する傾向があるが、それ以外の意見にも「対面」(翻訳ママ。直視とかそういう意味かと)すべきと言っています。

 

番組を観ていたわけではないのでうかつなことは言えませんが、日本の討論番組(BSの『深層ニュース』とか『プライムニュース』とか)で韓国人の大学教授などが言いたい放題なのはよく見ます。よほど韓国では珍しい形式の番組だったのでしょうね。

 

青字で湿した部分は、どうやらオンエアされなかった部分のようですが、朝日の記者は、『済州島四.三事件』の際に流れ着いた済州島民の遺体を対馬の島民が手厚く葬り、毎年慰霊をしていることを語ったようです。すると、その場が「粛然」(機械翻訳ママ)としたらしいことが分かります。

これこそ放送して欲しかった部分ですが...。

 


『済州島事件』とは李承晩大統領が反乱分子の制圧(を口実)に、大粛正を行った事件で、大阪の鶴橋辺りに住んでいる在日コリアンはこの事件で逃げてきた韓国人が多くを占めていると聞いています。

少し話が逸れますが、李承晩TV(『反日種族主義』)の視聴者、と言うか、信奉者は、番組のせいで李承晩信奉者が多いようです。恐らく、善悪の二元論に陥りやすいせいかと思いますが、功罪を論じずに、イ・ヨンフン教授が尊敬するから...という盲目的なものをコメントから感じられるのです。

これはこれで危険だな、とブログ主は感じます。

イ・ヨンフン教授は「反共」、「自由主義」という李承晩の建国の精神を尊敬していると仰っています。

まあ、これについては尊重しますが、日本人にとっては、李承晩ラインを勝手に引き、竹島周辺で漁をしていた漁船を片っ端から拿捕して人質とする行為、韓国人にとっても、国内での数々の大虐殺はどのように評価しているのでしょうか。

と思って、少し検索したら、こんな中央日報の記事(2013.04.10)が見つかりました。

歴史上の人物論じるのに、もう少し多角的に見られないのでしょうか...

 

 

「文在寅“氏”」という表現

このことは、こちらのツイート(ゆうき氏)で理解できました。

 

「もう一つ問題になったのは、久保田記者が文在寅大統領を、「大統領」という敬称をつけずに、「文在寅氏」と呼んだことだった。」

日韓両国語はなまじ類似点が多いためにこういうすれ違いが起きやすいよね。

 

久保田記者は日本語で「文在寅氏」(あるいは「文在寅さん」)と呼んだらしいのですが、その訳語の「씨」は韓国社会では失礼にあたるそうです。(しかし、浅羽祐樹同志社大教授は以下のようにツイート)

 
ゆうき氏:しかも、韓国語で話していたのならまだしも久保田さんは日本語で話してるわけで、それをもって無礼とするのはかなりのお門違いと言わざるを得ない。

浅羽氏:ソヌジョンさんが「『天皇に戦争責任がある』と外の人が言うのは当然だ」というのと同じで、「ムン氏」「ムンさん」と日本語で呼称しただけで問題にするのはオカシイ。逆に中野さんのように「大統領」に敬語を用いるのは違和感がある。

 

「씨」の用法については、こちらの説明(wiktionary)をお読み下さい。

この件は、KBSの字幕の付け方に配慮が必要だったようです。

 

  

  


 

 

 

« 【公用文】「こども」の表記は「子供」→「子ども」→「子供」? | トップページ | 【また朝日か】朝日:私は雨男、産経:誇り持てる自衛隊を作りたい【河野防衛相の発言】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【公用文】「こども」の表記は「子供」→「子ども」→「子供」? | トップページ | 【また朝日か】朝日:私は雨男、産経:誇り持てる自衛隊を作りたい【河野防衛相の発言】 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ