最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【韓国】同じ弁護士会が行っている対日訴訟とライダイハン訴訟 | トップページ | 【またTBSか】「ドイツでは慰安婦像を展示している!」・「ドイツではー」の出羽守 »

2019/08/07

【対韓輸出管理】『信用状の再保証』ってなに?/「再保証をやめろ!」と言う人は日本製品ボイコットを叫ぶ韓国人と同レベル

対韓輸出管理が問題になり、ネットで良く目にするのは「韓国の銀行は信用度が低く、L/C(信用状)を日本の銀行が保証しないと受け取って貰えない...」という趣旨の発言です。だから、「邦銀は再保証をやめろ」と続きます。

この再保証という意味がしばらく分からなかったのですが、どうやら「確認信用状(Confirmed L/C)のことだとようやく分かりました。

信用状についての基礎的な説明は後述しますが、普通は、その国(例えば韓国)の銀行では信用度が低いというのなら、韓国国内の他国の信用のある銀行のL/Cしか受け取らないと輸入者に言って、韓国の銀行発行のL/Cを避けます。

従って、通常の信用状は「無確認信用状(Unconfirmed L/C)と言います。

想像ですが、韓国内でL/Cを発行するような銀行は国策銀行なので、そこを使うような制限があるのかも知れません。そこで、その銀行では保証が十分でないとなると、別の銀行の「支払い保証」をつけて貰います。

信用状の発行は銀行業務、つまり、商売の一つなので、「邦銀は再保証(確認)をやめろ」と叫ぶのは、「スーパーマーケットに日本製品を置くな!」くらい、子どもっぽい意見だと分かると思います。

韓国の銀行に融資している邦銀がきちんとリスク管理をするのは企業としては当たり前のことで、それは必要なことですが、国民感情に押されて「保証をやめる」とか馬鹿馬鹿しい話です。

 

 

輸出手続きの流れ ~L/C(信用状)、B/L(船荷証券)とは~

輸出手続きにおいて、様々な書類が必要になりますが、“キモ”となるのは、L/CとB/Lです。

そして、今回、話題になったのは「輸出承認許可証」(E/L: Export License)ですね。

当然ですが、承認の必要な商品を輸出する場合、出荷の前に輸出者は必要な書類を揃えて(商品の性質によって必要な書類は異なり、経産省のサイトに記載されている)経産省に提出し、許可を得なければなりません。

今回話題となった3品目の場合、以前は、同一業者への同一商品の輸出では1度許可を取ればそれが3年間有効だったのが、7月4日から契約の都度許可を取らなくてはならなくなりました。(複数回の出荷を1契約で取り決めることはあり得ます)

韓国の企業としては、ここで90日くらい足止めを食うので焦っているのです。また、過去3年間の輸入品の使用実績の提出を求められているので、もし、“横流し”をしていたとしたら、この書類は提出できないでしょう。

輸出許可や書類の作成に時間は掛かると言っても、やましいことがなければ粛々と書類を作成して輸出業者に提出すればいいだけの話です。

 

Export_image

 

流れとしては上図の通りですが、先に「船荷証券」(B/L:Bill of Lading)について説明すると、これは貨物を引き渡したときに受け取る書類で、要するに貨物引き取り証のようなもの。輸入業者にとっては、港に届いた貨物を引き取るのに必要になります。従って、有価証券です。

輸出業者としては貨物を船会社に引き渡してB/Lを受け取ったら、これを銀行に買い取って貰えば代金決済は完了となります。

 

「信用状」(L/C: Letter of Credit)とは輸入地(ここでは韓国)の銀行が支払い保証をするもので、当然、輸入者に十分な与信があるはずで、最終的に輸入者がB/Lを買い取ることを前提とする「保証」です。

L/Cを「発行する」ことは、一般に「開設する」と言います。英語では「open」という動詞を使います。

L/Cが開設されたことは、輸出業者は日本国内の銀行を通じて知り(通知銀行と呼ばれる)、これ受け取ったら契約通りの内容になっているかチェックした後、出荷に取りかかります。

あとは、L/Cとは逆の流れでB/Lが輸入者の手元に届きます。

 

話は前後しますが、輸入者はB/Lを受け取ってしまったら、貨物船が沈没しようがB/Lを買い取って貰えます。が、その場合、L/Cが「取り消し不能」(Irrevocable)となっていることが重要で、前述の確認/無確認信用状とは別のレベルの話ですが、このように信用状にも様々な種類があり、契約の段階でどのような信用状か、あるいは信用状を受け取った際に約束通りの信用状か、輸出者はこれをしっかりと確認することが重要です。

 

 

  


 

 

 

 

« 【韓国】同じ弁護士会が行っている対日訴訟とライダイハン訴訟 | トップページ | 【またTBSか】「ドイツでは慰安婦像を展示している!」・「ドイツではー」の出羽守 »

コメント

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【韓国】同じ弁護士会が行っている対日訴訟とライダイハン訴訟 | トップページ | 【またTBSか】「ドイツでは慰安婦像を展示している!」・「ドイツではー」の出羽守 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ