最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の33件の記事

2019/08/31

【韓国】文在寅大統領、ASEAN「言いつけ外交」の旅へ/韓国を一喝したインドネシアのアリ・ムルトポ将軍

韓国の文在寅大統領が明日(9月1日)からタイとミャンマー、ラオスの3か国を歴訪し、ホワイト国除外(現在は「ホワイト国」という名称を使わず、カテゴリーAからBへの格下げ)の不当性を訴えるそうです。

またお得意の「言いつけ」外交です。(NHKの記事内で言及しているバンコクポストの記事は『Taking strong partnerships forward』)

 


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056561000.html
韓国大統領 日韓の事態打開へASEANに協力求める考え
2019年8月30日 12時08分

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は東南アジアへの歴訪を前に、タイの新聞の書面インタビューに応じ、日本の輸出管理の強化について改めて批判するとともに、事態の打開に向けてASEAN=東南アジア諸国連合に協力を求めていく考えを示しました。

韓国のムン・ジェイン大統領は1日からASEAN加盟国のタイとミャンマー、ラオスの3か国を歴訪する予定で、これを前にタイの英字新聞バンコクポストの書面インタビューに応じました。

この中でムン大統領は日本政府が輸出管理の優遇措置の対象国から韓国を除外したことについて「日本が歴史問題に絡めて不当な経済措置をとったことが非常に懸念される。歴史問題と経済協力は分けて対応すべきだ」と述べ、「経済報復だ」という考えを改めて示して批判しました。

そして「日本の措置は韓国だけでなく、世界経済にも否定的な影響を及ぼす」と訴えました。

そのうえでムン大統領は日本との対抗措置の応酬は望まないとして、「日本の手をとり、協力する用意はある。日本が対話と外交協議に出てくるよう、ASEANに協力を求める」と述べました。

韓国は今月、タイで開かれたASEAN関連の会議でも、日本の輸出管理の強化についてとりあげていて、事態の打開に向けてASEAN諸国に協力を呼びかける姿勢を強めています。

 

こうした韓国政府の行動にはもはや驚きませんが、ASEAN(※)と聞いて思い出すことがあります。それは、『日韓2000年の真実』(名越二荒之助-なこし ふたらのすけ-編著)という本に書いてあったコラムです。

 


※アセアン【ASEAN】
(Association of South-East Asian Nations)東南アジア諸国連合。1967年にインドネシア・シンガポール・タイ・フィリピン・マレーシアの5カ国で結成した地域協力機構。84年ブルネイ、95年ベトナム、97年ラオス・ミャンマー、99年カンボジアが加盟。決定機関である外相会議の下にジャカルタに常設の事務局を置く。

広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

 

ASEANは1966年(昭和41年)2月に佐藤栄作首相と会見したインドネシア大統領特別補佐官のアリ・ムルトポ将軍が構想を明らかにして日本に協力を求め、翌67年に発足しました。

 

インドネシアは、日本がたった9日間の戦闘で連合軍を降伏させ、終戦後も2000人の日本人が独立戦争に馳せ参じて共に戦い、350年間のオランダ支配から独立せしめた国です。

昭和17年(1942年)1月11日、9時50分、300もの落下傘部隊がランゴアン飛行場に降下しますが、それを見た地元の人々は「神話」が現実となった思ったそうです。

その神話とは「ジョヨボヨの予言」と呼ばれるもので、「我が民族が危機に瀕するとき、空から白馬の天使が舞い降りて助けてくれる」というものでした。白い落下傘が、彼等の目には神話の天使に見えたのでした。

上記は『日本が戦ってくれて感謝しています』(井上和彦著)を参考に書いたものですが、終戦までの日本占領下では学校を建て、禁止されていたインドネシア語を普及させ、PETAという義勇軍も作っています。日本軍人は彼等と共に独立戦争を戦ったのでした。

 

 

上記本は文庫本(産経NF文庫)で2分冊のものが出ています。

 

下はPETAの軍旗(Wikimediaより)

 

Flag of PETA (Pembela Tanah Air)

 

1977年、マニラでアジア各国の軍部代表が集まった会議でのこと、フィリピンと韓国の代表が延々と日本を批判する演説を行い、列席の日本代表の自衛官は一言も発しなかったそうです。

そこで、発言の機会を要求したのがアリ・ムルトポ将軍です。

以下、『日韓2000年の真実』から、将軍の発言を一部引用します。

 


日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示したもので、チンギス・ハンとともにアジア人の誇りである。(中略)

ここで、インドネシアの日本民族の価値についての見方を申し上げる。今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら、アジアとアフリカは非常に困る。その時に韓国が一番困ると思う。(中略)

もし日本がシンガポールの位置にあったら、インドネシア人少なくとも百万人が日本に住み、日本人と同等の教育を受けるから、その人間関係から日本の技術、市場、金融、スタッフ等を活用することができる。だから企業の成功は容易である。つまり、日本の近いところに位置していることは幸運なのだ。経済的恩恵を連続的に受けていると言ってもよいぐらいだ。(中略)

つまり、我々インドネシア人は「日本は何もしてくれなくてもよい」と考えている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分アジア・アフリカに尽くしている。日本は存在するだけで十分アジア・アフリカに尽くしている、と考えている。

だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている。日本から援助を貰うだけで応援しないのでは運命共同体の一員とは言えないし、対等のパートナーとも言えないのではないか。

 

【追記】バンコクポストの記事

ちゃんと読んでいなかったけど、ざっと読んだら、北朝鮮の事にも言及しています。(この件、必要があったら追記します。言いつけ部分は赤字の質問の部分)

 


https://www.bangkokpost.com/thailand/general/1739147/taking-strong-partnerships-forward
Taking strong partnerships forward
South Korean President Moon Jae-in on ties with Thailand, Asean, and North Korea
published : 30 Aug 2019 at 04:00

In a written interview with the Bangkok Post, President Moon Jae-in of the Republic of Korea gives his views on Thai-Korean relations and South Korea's stance on regional issues, ahead of his trip to Thailand on Sept 1-3.

What is the expected outcome of your visit to Thailand?

First of all, I would like to express my profound gratitude to the Thai Government and people for inviting me. I would also like to take this opportunity to convey my deepest condolences and respect for His Majesty King Bhumibol Adulyadej The Great once again. At the same time, my congratulations go to His Majesty King Maha Vajiralongkorn Phra Vajiraklaochaoyuhua on his coronation this year. I wish Thailand continued success under His Majesty's leadership.

Thailand is a true friend of the Republic of Korea and was the first country to come to its aid in the midst of great turmoil during the Korean War. The Korean people will never forget the dedication and sacrifice of the Thai Korean War veterans and remain grateful to this day. During my visit to Thailand, I would like to convey our heartfelt appreciation to them in person.

Marking 60 years of diplomatic ties last year, Thailand and Korea established a strategic partnership. I regard relations with Thailand as being very important, and I want to see our relationship make further strides. To this end, I look forward to envisioning and discussing with Prime Minister Prayut Chan-o-cha the next 60 years of working together. Thailand, as the Chair of Asean for 2019, is spearheading peace and sustainable development in the region. We will also discuss cooperation between Asean and the Republic of Korea, as we celebrate the 30th anniversary of the establishment of our dialogue partnership.

How would you describe bilateral relations between Korea and Thailand? Are there any new areas you would like to strengthen in Thai-Korean relations?

Ever since the establishment of diplomatic ties, our two countries have made steady progress in a variety of areas, including politics, the economy, culture and people-to-people exchanges. The Royal Thai Navy frigate HTMS Bhumibol Adulyadej, named after the Thai people's most revered king, was built in Korea. I'm pleased that we will be contributing to the security and defence of Thailand. Approximately 400 Korean companies are doing business in Thailand and guiding our two countries to common prosperity. In addition, annual trade volume reached a record high of US$14 billion last year.

In particular, the peoples of our two countries are curious about each other and share a mutual affection. About 2.3 million tourists from both countries visit Seoul, Busan, Bangkok, Chiang Mai and Phuket each year through daily direct flights. Moreover, some 40,000 people are studying the Korean language in Thailand, the largest number in the world. A number of talented young Thais are making a name for themselves on the world stage as members of K-pop acts, including Nichkhun of 2PM and Lisa of Blackpink.

I have high hopes for the future. Thailand and Korea already cooperate in many fields such as infrastructure, water management, environment, national defence and the defence industry. Bilateral cooperation will continue to expand and I also look forward to our two countries working together in responding to the Fourth Industrial Revolution era. Some of the countless sectors in which our two nations can collaborate are next-generation vehicles, robots, bioscience and smart electronics. By linking the Thai government's Thailand 4.0 policy and the Korean government's innovative growth initiative, we will be able to create not only synergy effects, but also future growth engines together.

What sort of role do you see for Asean in the denuclearisation of North Korea? How can Asean benefit if the peace process on the Korean Peninsula makes progress?

I am grateful to those Asean member states that maintain diplomatic relations with both South and North Korea for providing steadfast support in our journey towards peace on the Korean Peninsula. Asean and the Republic of Korea have shared an understanding that the North Korean nuclear issue should be resolved in a peaceful way and that a peace regime should be established on the peninsula to serve regional peace and stability.

Asean has served as an important communication channel between North Korea and the international community. In 2000, North Korea joined the Asean Regional Forum under Thailand's active auspices. This remains the only regional security consultative forum that North Korea is participating in. The fact that the two historic US-North Korea summits were held in Singapore and Hanoi demonstrates the immensely constructive role that Asean is playing in the peace process on the Korean Peninsula. During the 2019 Asean-related foreign ministers' meetings in which Thailand exhibited its leadership as the chair earlier this month, Asean spared no effort in providing support to sustain the momentum for dialogue.

Peace built on the Korean Peninsula is not confined exclusively to the peninsula. In the 21st century, borders are meaningless. Each country's economy and security are intertwined with those of other countries. I am convinced that peace on a Korean Peninsula free of confrontation and conflict will lead to prosperity not only on the peninsula, but also in East Asia, including Asean. This is the peace economy that my administration envisions. I hope Asean will continue to take part in our efforts to build peace on the Korean Peninsula.

Should North Korean leader Kim Jong-un be invited to the Asean-Republic of Korea Commemorative Summit in Busan or the pre-East Asia Summit in Bangkok? Why and how has he pledged his commitment to denuclearisation to you?

Korea will host the Asean-Republic of Korea Commemorative Summit and Mekong-Korea Summit in Busan in November to celebrate the 30th anniversary of Asean-ROK dialogue relations. In this regard, President Joko Widodo of Indonesia proposed inviting Chairman Kim Jong-un to the upcoming summit, and the proposal was endorsed by a number of heads of state. It would be a very meaningful occasion for peace on the Korean Peninsula and in East Asia, if Chairman Kim is given the chance to join the gathering. At the East Asia Summit due to be held in Bangkok, East Asian countries would be able to discuss in detail with North Korea about possible areas of cooperation between them.

Of course, the decision on whether to invite Chairman Kim should be made in light of the progress being made in the peace process on the Korean Peninsula, including the dialogue between the United States and North Korea. We will continue to engage in related consultations with Asean countries.

Chairman Kim has personally made clear his commitment to complete denuclearisation on various occasions, including the three inter-Korean summits last year and the two summits with the United States. Chairman Kim personally expressed his willingness to move forward by opting for economic development instead of nuclear programmes. What matters most is for North Korea to actually put denuclearisation into concrete action. I hope that Asean will play a big role in helping North Korea abandon its nuclear programmes and stand together with all of us through economic cooperation.

Why are Asean and India the focus of your New Southern Policy?

The New Southern Policy, which I announced at the first Asean Summit following my inauguration, is all about cooperation for people, prosperity and peace, and it aims to help all peoples lead better lives in enhanced peace and happiness. Asean and India are the policy's initial focal points because -- being Korea's close neighbours -- the two regions have greater potential than other regions for people on all sides to grow closer and work together for common prosperity.

Since establishing dialogue relations in 1989, Korea and Asean have retained close ties when it comes to maintaining peace and stability in East Asia, economic development, and people-to-people and cultural exchanges. Asean is Korea's second largest trading partner, and the number of mutual visitors surpassed 11 million for the first time last year. In particular, Asean is geopolitically important as evidenced by how some major countries are focusing on the region by announcing relevant regional cooperation initiatives.

India is also growing dynamically and leading the global economy. Based on the common goal of peace and stability in our respective regions, Korea and India have steadily developed bilateral relations by establishing a special strategic partnership in 2015. In addition, there is plenty of room for cooperation since Indian Prime Minister Modi's Act East Policy and my administration's New Southern Policy share common features.

Asean is very concerned about the trade dispute between the United States and China as well as the Korea-Japan quarrel. Is there anything Asean can do to resolve the current stand-offs?

Asean member states are achieving common prosperity based on great respect for each other, more so than in any other region in the world. Asean, Korea and Japan all have grown through the free trade order. Asean and Korea must demonstrate by themselves that free trade is the path to shared prosperity, and must prevent trade conflicts between major powers and the spread of protectionism through such efforts.

It is very worrisome that Japan recently carried out an unwarranted economic retaliation against Korea in relation to history issues. It is all the more shocking because Japan has benefited considerably from the free trade order down the years and actively championed free trade on the international stage. The damage inflicted by Japan's measures will negatively impact not only Korea but also the global economy.

The Korean government intends to resolve the issue diplomatically through dialogue. The world has achieved common prosperity through a highly sophisticated division of labour. Korea and Japan have cooperated with each other for thousands of years. Korea's position is that history issues should be dealt with separately from economic cooperation, which must be maintained. It makes no sense to hurt each other's economy because of issues that lie outside the economic realm. A vicious cycle of response and counter-response is not desirable.

I'm ready to embrace and cooperate with Japan when it returns to the table for dialogue and cooperation, whenever that may be. I hope Japan and Korea will fulfill our responsibility so that future generations in East Asia will be able to experience prosperity achieved through cooperation. I would like to ask Asean, a close friend who cooperates with both Korea and Japan, to work together to steer Japan to the path of dialogue and diplomatic consultation.

What are the main reasons why Korea has been so interested in developing the Mekong River? What will you say to the Mekong leaders when you meet them for the first time at the end of November?

The Mekong River is called Indochina's lifeline since it is four times as long as the Korean Peninsula and more than 300 million people reside along it. The Mekong is the world's largest freshwater fishing ground and boasts the greatest biodiversity on earth after the Amazon, and the surrounding lands are fertile. Korea is confident that the Mekong will become a driving force behind Indochina's development. We also believe that Indochina's development is closely linked to Korea's own development.

To bring more happiness to people in the region, Korea has started to build infrastructure and cooperate in the management of water resources. In addition to ongoing bilateral projects with five Mekong nations, Korea is engaged in cooperation projects with related international organisations, including the Mekong River Commission. We are also seeking cooperation with regard to water resources management with ACMECS, a Thai-led regional economic consultation body.

I hope we will be able to help the residents of the Mekong region achieve sustainable development in the area by sharing and safely and effectively utilising their water resources. I will discuss the areas of cooperation to be prioritised at the inaugural Mekong-Korea Summit to be held in Korea in November. I will speak about sharing Korea's experience of economic development and achieving the Miracle on the Mekong River by emulating the Miracle on the Hangang River.

What is your concrete plan for East Asia? Could you please clarify the "bridge state theory"?

Thailand did not experience colonisation, but most East Asian countries suffered the tragic history of being reduced to an arena for competition among major powers. In geopolitical terms, Korea is the only country to be surrounded by four major powers, and it had no choice but to be cast to the periphery of the continent or ocean when it lacked strength.

A bridging nation is one that overcomes such a fate, draws on respective strengths associated with continental and maritime countries and links them together, thereby taking the lead in cooperation that benefits one another. To this end, we have to protect the international order founded on free trade above all and establish equitable and inclusive relations with each country.

Korea believes the establishment of peace on the Korean Peninsula is the beginning of a bridging nation. When South and North Korea work together and establish a peace-driven economy, they will be able to closely cooperate not only with China, Russia and Central Asian nations to the north but also with Europe. This is the Korean government's New Northern Policy. To the south, we will be able to cooperate with Asean and India and achieve inclusive growth. This is the New Southern Policy.

The New Northern Policy and New Southern Policy are not separate initiatives.

All countries will be able to share new opportunities for progress when they are connected through a bridge. Envisioning an Asian community where diverse forms of cooperation blossom among different countries on an equal footing, I hope that Korea will become a bridging nation that contributes to peace and prosperity.

 

Moon touts strength of Korea-Thailand partnership

Post Reporters

President Moon Jae-in of South Korea has announced a strengthening of the partnership between Thailand and the Republic of Korea as he prepares to visit the kingdom on Sunday.

President Moon expects cooperation to grow during the so-called Fourth Industrial Revolution, citing long-standing relations between the two countries. "I would like to express my profound gratitude to the government and people for inviting me. I would also like to take this opportunity to convey my deepest condolences and respect for His Majesty King Bhumibol Adulyadej The Great, once again. At the same time, my congratulations go to His Majesty King Maha Vajiralongkorn Phra Vajiraklaochaoyuhua on his coronation this year. I wish Thailand continued success under His Majesty's leadership," he said.

"Thailand is a true friend of the Republic of Korea and was the first country to come to its aid amid great turmoil during the Korean War. The Korean people will never forget the dedication and sacrifice of the Thai Korean War veterans and remain grateful to this day. During my visit to Thailand, I would like to convey our heartfelt appreciation to them in person," he added.

"Marking 60 years of diplomatic ties last year, Thailand and Korea established a strategic partnership. I regard relations with Thailand as being important, and I want to see our relationship make further strides. To this end, I look forward to discussing with Prime Minister Prayut Chan-o-cha the next 60 years of working together. Thailand, as the chair of Asean for 2019, is spearheading peace and sustainable development in the region." President Moon said he hopes Asean countries will be able to help ease the diplomatic spat between South Korea and Japan.

 

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/29

【BS11「報道ライブ インサイドOUT」】韓国の歴代政権における「反日」の推移

27日放送のBS11「報道ライブ インサイドOUT」は韓国のホワイト国除外を目前にして、元経産省の細川 昌彦・中部大学特任教授)と西岡 力・麗澤大学 客員教授のお二人が出演され、特に西岡氏からは地上波で聞けないような説明が聞けました。

動画は9月10日まで視聴可能ですので、是非ご覧になることをお薦めします。(CMがカットされて46分程度)

このエントリーでは西岡力氏が説明した、韓国の反日の系譜の部分を中心に番組の内容をまとめておこうと思います。

 


「対日強硬の韓国・文政権正体とは? 日韓不信の真相に迫る」

韓国への輸出規制をめぐり、政府は優遇対象の「グループA(ホワイト国)」のリストから韓国を外す政令を28日から施行する。
対して韓国の文在寅大統領は、15日の「光復節」では、それまで荒げたトーンを鎮静化させて、日本に「対話と協力」を呼び掛けた。だが22日には、日韓の軍事情報協定「GSOMIA(ジーソミア)」の破棄を決定し、対話ではなく対日強硬姿勢を選ぶことを、再び鮮明にしている。
そんな文政権の「反日路線」を支える側近たちの正体とは?
日韓問題の行方を検証する。

ゲスト
細川 昌彦(中部大学中部高等学術研究所 特任教授)、西岡 力(麗澤大学 客員教授)

 

 

明白になった「文在寅の正体」

以下、発言内容を要約して枠内に記述。(敬称略、以下同)

 

西岡: 8月15日の演説は大手マスコミは「融和的」というがそうは思わない。演説の中で、「日清戦争から日露、満州事変...第二次世界大戦で東アジアは平和になった」と言った。その後の戦争には言及していない。つまり、東アジアに戦争をもたらしたのは日本だと言っている。

もう一つ、大陸と海洋の間の「橋梁国家」を目指すと言った。大陸国家とは中露と北朝鮮、海洋国家とは日米韓。韓国は、そこから出るという宣言だ。

盧武鉉大統領が嘗て「米朝の間のバランサーになりたい」と言って物議を醸したことがあったが、同じことを言っている。

対し、安倍政権は「日韓請求権協定違反の解消など信頼関係を回復して約束を守って貰いたい」旨の発言。

細川: 常に本質から焦点をずらしている。

西岡: 昨年の10月の大法院判決から始まっている。

韓国の大法院と日本の最高裁判所の判決が異なったのだから、条約で解決すべき問題。条約・協定は、司法を含む国家全体を拘束すると、国際法の教科書にも書いてあること。

文在寅大統領は韓国は三権分立の国だと言うが、それは日本もそうであり、従って、日本の司法判断を覆すことができない。日本企業の資産に韓国側が手を付けるということは絶対に認められない。

日本は譲歩して、①まずは外交交渉、②次に仲裁委員会を作る、という手順を踏んで解決しようと提案している。しかし、それも応じない。

 

韓国の反日の変遷

 

20190827_bs11_insideout01

 

西岡: 朴正煕大統領もアメリカで「私は親日家反日かと問われたら反日だが、今は国家のために日本と手を結ぶことが大事だ」と言って国交正常化をした。

彼の反日は、朝鮮総連を日本が取り締まらない。その結果朝鮮総連に洗脳された在日朝鮮人が自分の妻を殺すという事件が起こり、洗脳した人物まで分かっているので朴大統領はそれを取り締まれと言ったが日本がやらなかったので、大統領は断交も検討した。つまり、「日本は共産主義に甘い」という理由での反日だった。

全斗煥政権になると、第一次教科書問題が起きた。(侵略を進出と書き換えたという日本のマスコミの誤報によるもの)中国共産党と全斗煥政権と日本の左派が組んで歴史問題で経済協力を得るという功利的反日が始まる。

盧泰愚政権も日本から先端技術を得るために慰安婦問題をやった。

しかし、韓国が先進国となり経済協力が見込めないとなると、支持率を上げるために竹島を利用。

現在の文在寅大統領は北と組んで日本と戦うと明言した。

文大統領の「反日」は実は「反米・親北」。これは韓国の国是を覆すもの。

 

内戦状態の韓国

西岡: 従って8月15日に反文在寅デモが起きた。現在は文在寅サイド(従北)と、それを阻止しようとする人達との間で国が二分され、内戦状態と言ってよい

司会者: しかし、韓国では大統領の権限が非常に強く、青瓦台に入っている取り巻きが左派で固められているという。

西岡: 80年代に学生運動が革命運動化した。北朝鮮の短波ラジオを聴いて、北朝鮮の思想で革命をしようとしていた人達、所謂、主体思想派が今でも転向せずにいる。秘書官の半分くらいがそうだ。

曺国(チョ・グク)も暴力革命をしようとした過去を隠すこともせず、そういう人間が法務大臣になろうとしている。連合赤軍にいたような人がそのまま青瓦台に入っているようなもの。

反日の裏に反米・反自由民主主義がある

韓国は内戦が起きている。

今はクーデターができる時代ではないので、保守派は10月には100万人集めて香港のようなデモをやると言っている。民主的な手続きの中で文政権を倒すつもりだ。

これが成功したら韓国は本当の先進国になれる。あるいは、失敗して「向こう側」に行ってしまうのか。

文在寅は野党議員の時、金大中がなくなったときの追悼行事で、金大中が在任中に言った「低いレベルのでの連邦制と 南北連合」が今もできていないことが恥ずかしい、自分が政権を取ったらそれを成就すると言っている。

細川: ベルリンの壁崩壊時点で東と西のGDP差は1:3と言われていたが、韓国と北朝鮮は1:50。南北統一など、誰が見ても夢物語。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/27

【韓国】BBC、HARDtalkのキャスターに韓国外相 康 京和(カン・ギョンファ)が完膚なきまでに叩きのめされる【日本語字幕付き動画】

去る8月22日に中国滞在中の康 京和(カン・ギョンファ)外務大臣が英BBCのHARDtalkという番組でインタビューを受けました。

20分超とやや長いのですが、日本のマスコミにはできない突っ込み。

胸がスカッとするので、是非ご覧下さい。字幕付きの動画がnicovideoにupされています。(ログインせずに誰でも見られます)

 


【韓国】BBCによる韓国外相へのインタビュー(日本語字幕付き)【GSOMIA】

【韓国外交部・文字書き起こし】BBC HARDtalk with Kang Kyung-wha - Foreign Minister of South Korea(8.22)
Date : 2019-08-23 17:44:24

 

字幕はコメント表示がONになった状態で表示されます。(右下のバルーンのアイコンでON/OFFを切り替えることができます)

 

20190822_bbc

 

HARDtalkへようこそ。スティーブン・サッカです。

(...)

ゲストは韓国外務大臣、カン・ギョンファです。

彼女の国はアメリカ、そして日本との調和を現在進行形で乱しています。

これは韓国にどのような隙を生み出すのでしょうか。

 

で始まるインタビューは、いつものように過去の歴史を持ち出す外務大臣に対して、「何で今更ほじくり返すの?」と制し、「はっきり言って、日本に対抗できる国力じゃないでしょ?」と突っこみます。

なお、文字に書き起こしたものが韓国の外務省のサイトに掲載されているので、上にリンクを貼りました。

 

 

  


 

 

 

 

【韓国】文在寅政権を理解するキーワードは「反韓」

韓国政府がGSOMIAの破棄を決定したことは、日本がフッ化水素などの3品目の輸出管理を厳格化したり、韓国をホワイト国から除外したりしたことの対抗策だと捉えている節がありますが、それは誤りです。

輸入企業がきちんと輸入品を管理していることが分かれば日本が輸出許可を出すことは、既に2件のサムソン向けの輸出を許可したことでも分かります。

なのに、韓国政府が国内企業の利益を考えて輸入管理を厳格に行う方向に向かわないのは何故か?

文在寅やこの政権を支持する労組のような従北派は、そもそも、南朝鮮(韓国)単独で国が成立したことが不満で、それを認めた戦後の「西側」体制を恨んでいるのです。

政権の本当の敵はアメリカです。

従って、その体制で生きながらえた財閥も敵、南側単独で独立させた李承晩や日本と妥協して国を発展させた朴正煕のような指導者も敵、敗戦国なのにアメリカの傘の元に西側面をしている日本も敵で、「反日」はそのシンボリックなものなのです。

我々日本人は、国(韓国)を壊すようなことをまさかやろうとしていないだろうと考えていますが、日本にも「反日」はいるではありませんか。

立憲民主党とか共産党とかが政権を取ったと思えば理解できるでしょう。

文在寅政権は本気で国を破壊しようとしているのです。

 

以下は、以前のエントリーに追記したことですが、再掲します。

 


韓国左派の歴史観

ところで、今朝(8月23日)の産経新聞『正論』コラムは西岡力氏が寄稿されていました。(『韓国変質、登場したアンチ反日』)

そこに書かれている韓国、特に左派・従北の歴史観をご紹介します。

これはよく西岡力氏がネット番組などで説明されていることですが、なぜ左派が反日をしつつ、一方で「ライダイハン」での反韓活動をするのか、ということが分かると思います。

 

  • 80年代以降、各界格層に「反韓史観」が急速に拡散。
  • 韓国という国は日本統治期に協力した親日派とその後裔が支配層に君臨している汚れた国で、武装独立闘争をした金日成が親日派を全面的に処断した北朝鮮こそ民族の正統性を持つ。
  • この歴史観により、例えば、韓国近代化を果たした朴正煕大統領は日本の陸軍士官学校を卒業した親日派。

 

保守派の「反日」は歪んだ「愛国心」の現れですが、まあ、理屈としては分からないではありません。一方、左派の「反日」は「反韓」と同根のものなのです。

【2019/08/24追記】統一日報(在日韓国人による新聞)に参考となる記事があったのでご紹介します。

 


http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86321&thread=01r02
立証された韓日GSOMIAの効用
反日と反米はコインの両面
2019年08月01日

(一部引用)
日本と米国は、中・ロや金正恩の挑戦には沈黙しながら反日のみを煽る文在寅のため苦心している。文在寅は、すでに韓米同盟からの離脱を決心したかのように行動している。文在寅はトランプ大統領にインド太平洋戦略に積極的に協力するという約束を簡単に捨てた。文在寅は、甚だしくは反米人物として有名な自分の外交安保特別補佐官の文正仁を駐米大使に内定した。米国が文正仁へのアグレマンを拒否すれば、これを韓米同盟離脱の口実として利用するつもりだろう。
文政権の反日は、反日を装った反米だ。文政権の核心がGSOMIAの廃棄を匂わせるのは、韓米同盟から離脱を示唆するものだ。米国は、文政権の限界をテストし、様々な抑止策を講じている。ボルトン補佐官が、韓国の在韓米軍駐留費の支援金を大幅に引き上げる踏み絵を突きつけたのもそういう次元と言えよう。

 

上記記事は8月1日付ですが、その後、文正仁氏は辞退をしたそうです。しかし、辞退とは表向きで、アメリカ側から拒否されたのだろうと、統一日報は報じています。(8月15日付『駐米大使候補を忌避人物に認定』)

なお、「アグレマン」という言葉は英語で言えば「アグリーメント」(agreement=同意)のフランス語ですが、辞書によると「アグレマン」として「特定の人を外交使節に任命するに先立って、派遣される相手国が与える同意の意思表示。(―を求める)」という説明があるので、外交用語になっているようです。

 


 

韓国の場合は、国民に元々ある「反日」感情を利用すればいいので、国民の支持を得やすいと考えての「反日」ですが、その究極の目的は「南北統一」であり、その手段の一つとしての「反日」です。

 

『反日種族主義』で目覚めた韓国人が言っているのは別に「親日」ではありません。「アンチ『反日』」です。

彼等は全教組(日本で言えば日教組)の反日歴史教育が事実に基づかない事に気付き、惨めだけれど歴史の事実に目を向けようとしています。それは、反日教育の目的を理解したからです。

ブログ主が「韓国」という国には匙を投げても、そういう人達は応援しようと考えるのは、日本の反日勢力にもその責任があること、日本人だって程度の違いこそあれ、目覚めたのはつい最近のことで、保守は「日教組」や「文科省」的なものと戦ってるからです。

日本でも沖縄など、かなり「主体思想」派に汚染され、韓国からもそういう輩が頻繁に来ていますが、その元凶も韓国国内のチュサッパ。目覚めた韓国人が国を変えられれば、沖縄や日本国内に巣くう反日にもダメージとなると思うからです。

韓国国内の少数派の意見を無視して「韓国人は~」と単純化するなら沖縄も「反日」になってしまいます。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/25

【李承晩TV/反日種族主義】日本の歴史を講義する動画

最近、少しずつ『李承晩TV」の韓国語版(日本語字幕のない動画)を自動翻訳の字幕で観ているのですが、日本統治時代だけではなく、様々な講義を行っているようです。(字幕の付け方はこちらのエントリーの『外国語のYouTube動画を自動翻訳の字幕付きで視聴するには』参照)

 

たまたま見つけた動画は「한국인들의 반일감정, 그 역사적 뿌리」(Google翻訳:韓国人の反日感情は、その歴史的ルーツ)というシリーズ(1、2)では、統治以前の日韓の歴史を扱っていました。

 


한국인들의 반일감정, 그 역사적 뿌리 (1)

 

1は日本の歴史の講義で、16世紀の織田信長の時代から始まります。

日本が16世紀には世界に門戸を開き、ヨーロッパの学問を吸収し、江戸時代には一般国民にも本が普及していた、というような内容で、どうも韓国では「日本は韓国よりも30年進んでいる」(←この根拠は不明)とされているらしく、しかし、「実はその差は300年だ」という講義でした。

日本がヨーロッパの国々との交易で輸出していたものは豊臣秀吉が朝鮮から連れ帰った陶工の作る陶磁器しかないような説明には苦笑してしまいましたが、特に九州の各藩がこうした交易により利益を得るだけで無く教育を普及させたり、殖産興業を行っていたりという説明は、日本人なら予備知識があるのでおおよそ理解できます。

2は朝鮮史で、こちらは殆ど予備知識がないので理解できませんでしたが、シナ(主に清)に隷属していた歴史です。

 

当然ですが、その時代の韓国の歴史を知っている日本人はほとんどいないのと同様、韓国人視聴者にとっては初めて学ぶ日本の歴史で、朝鮮半島との違いに少なからずショックをうけているようでした。

例えば、コメントはこんな感じ。

 


(Google翻訳)韓国の歴史も多く歪曲されていますねどこにも触れていないファクトを知り、ありがとうございます
本当に情けない朝鮮でしたね世の中やほとんど二百年を他国の王の祭祀をささげなんて...現実感は着実に行方不明になったね、今もそう。この国の民はいつ目覚める突進。息苦しいです。良い講義感謝!

 

少し前にブログに書いた『チャンネル桜』の韓国からのレポートで、李承晩TVで学んだ男の子が相当ショックを受けてたと宮本さんが仰っていましたが、こういうことだったのだと理解ができました。

上で「清に隷属していた」と書きましたが、日本人の感覚だとそうですが、「華夷秩序」の歴史観では朝鮮は「小中華」、日本を「弟」のように見下しているのが普通で、しかも歴史教科書には「日本に対して○○を教えてやった」とか「伝えてやった」みたいなことばかり書いてあるのですから、事実を知って、実際の日本との差に愕然としたのでしょう。

 

このエントリーは、別にそういう韓国をバカにするために書いているのではありません。

李承晩学堂の動画や『反日種族主義』の存在が、ブログ主が想像していたよりもずっと韓国政府や一部の人達にとって「危険」で「敵視」されるものだということが分かったからです。

それにしても影響力大きさに驚きます。

やはり、どのような迫害に遭っても事実を追及しているイ・ヨンフン教授やイ・ウヨン先生の真摯さ、高潔さによるものでしょうか。

 

「この本が100万部売れたら韓国は変われる」というコメントも見かけましたが、日本で出版されて、日本でもたくさん売れたら(絶対に売れると思いますが、韓国は意外と日本のブームが逆輸入されるので)何かかが起こるのではないでしょうか。

 

 

  


 

 

 

 

【GSOMIA破棄】韓国「米国は韓日に失望している」→米国「文在寅だけだぞ」

GSOMIA破棄に関し、韓国政府の説明は当初「アメリカは理解している」でしたが、翌日「疎通した」と言い直しました。

アメリカも「嘘(Lie)」という直接的な言葉で否定しています。

また、与党が「アメリカの『失望』は韓国だけを指すものではなく韓日双方に対するものだ」と発言していましたが、アメリカは「文在寅政権」と名指しました。

 

16

 


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/24/2019082480010.html
「米が理解した」と言っていた青瓦台、翌日「米と疎通した」と言い直す
2019/08/24
 青瓦台(韓国大統領府)は23日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定前に米国と協議し、コミュニケーションを取ったとした。前日は「米国に理解を求め、米国は理解した」と言っていた。だが米国政府消息筋はこの日、「韓国政府は一度も米国の理解を得たことはない」と発言した。これにより「青瓦台のうそ」論争が大きくなったことを受け、後になって言葉を変えたのだ。

 金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次超は23日のブリーフィングで「米国は韓国にGSOMIA延長を希望した」「米国が表明した失望感は米国側の希望が実現しないかったことに伴うもの」と語った。続いて「外交的努力にもかかわらず日本から反応がなければGSOMIAの終了は避けられない、という点を(米国に)持続的に説明した」として、「私がホワイトハウスに行って相手方と会ったときも、このポイントを強調した」と発言した。「米国が理解したのか」という質問が相次いだが、これに対する回答は避け、事前協議の事実だけを強調した、政界からは「政府は波紋を小さくするためうそをついたのではないか」という批判の声が上がった。

 与党「共に民主党」の李海植(イ・ヘシク)スポークスマンは23日「米国政府が遠回しに遺憾を表明しているその実際の内容は、これまでの日本の傲慢な態度を併せての表現」と主張した。米国政府の懸念は韓国に向けたものではなく、日本を含む「韓日」双方を意識したものだという趣旨だ。その上でイ・スポークスマンは「一部メディアや野党は、あたかも韓米同盟と韓米日安全保障協力体系が崩壊するかのように不安をあおっている」として野党やメディアを批判した。しかし外交関係者の間からは、米国の強い懸念の表明を「我田引水」の形で解釈したという批判の声が上がった。

 与党内の日本経済侵略対策特別委の委員長を務める崔宰誠(チェ・ジェソン)議員も取材陣に対して、米国の「失望した」という反応について「(韓日)両国に共通的に語り掛ける、そういう基調を下敷きにしているもの」「GSOMIA終了は実際的には日本がさせたこと。(韓国政府は)日本の実質的な破棄を受け入れたのと変わらない」と主張した。

 

down_arrow

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/24/2019082480005.html?ent_rank_news
米「文在寅政権、GSOMIAうそ」
2019/08/24

 米国務省と国防総省は22日(現地時間)、青瓦台の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に対して一斉に「文在寅(ムン・ジェイン)政権(Moon administration)に強い懸念と失望を表明する」との見解を明らかにした。米国が公式論評で「ROK(韓国)」と呼ばずに「文在寅政権」と呼ぶのは非常に異例なことだ

 これについてトランプ政権の高官は本紙に「(GSOMIA破棄が)文大統領の決定だということに焦点を合わせるためのものだ」と説明した。それだけ米国が文大統領と青瓦台に強い不満を持っているという意味だ。

(中略)

トランプ政権の高官はまた、青瓦台がGSOMIA破棄について「米国が理解を示した」と説明したことに関して、本紙に「うそ(lie)」だとして、「明確に言って事実ではない。ここ(駐米韓国大使館)とソウルの(韓国)外交部に抗議した」と語った。記者の質問に答えたものだが、「うそ」という表現を使ったのも極めてまれなことだ。

 米政府高官は同日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに「(GSOMIA破棄は)文在寅政権が(韓米日)集団安保に献身しているかどうかに対する根本的な疑問を赤裸々に現したものだ」と語った。

 

 

  


 

 

 

 

【GSOMIA破棄】韓国軍の発表が日本より30分遅れだったのは?

昨日、北朝鮮がロケット(弾道ミサイル)を2発発射し、日本側の発表が韓国より30分早かったということが話題になりました。

下はテレビ朝日のニュースですが、調べて見ると、発表のスピードに注目したのは韓国メディアのようです。(記事後述)

 


https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000162744.html

韓国発表は日本の30分後 事実確認に時間かかったか
2019/08/24 11:59

 北朝鮮のミサイル発射について韓国軍の発表は、日本政府の発表から30分ほど後でした。発射と着弾地点の情報をいち早く把握できず、事実確認に時間がかかったとみられます。

 韓国は北朝鮮のミサイルを監視できる衛星を持っておらず、アメリカや日本の情報に頼っています。一方、韓国軍はイージス艦のレーダーなどで発射地点やミサイルの軌道を分析できます。今回、韓国軍の発表は日本政府の発表から30分ほど後でした。発射と着弾地点の情報などをいち早く把握できなかったとみられます。また、当初発表されたミサイルの飛行距離は日本と韓国で数字が違っていました。韓国がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を日本に通告した影響が懸念されるなか、協定は11月22日まで有効なため韓国軍は24日も日本から要請があり、関連情報を共有するとしています。

 

これには“裏”があるのではないかと思っているのですが、それは後述することとして、今朝の産経新聞に掲載されていた織田邦男元空将のインタビューから引用してご紹介します。

 


GSOMIAは平成28年(2016年)11月に結ばれたが、これまで共有された情報はわずか29件に過ぎない。その殆どが北朝鮮による弾道ミサイル関連だ。韓国側からは発射の兆候発射直後の探知情報がもたらされるが、こうした情報は米国からもリアルタイムで日本は情報を得ている

逆に、GSOMIAがなくなって大損するのは韓国だ。日本は水平線上から出てきたミサイルをレーダーで捉え、水面に着弾するまで正確に追尾している。この情報がGSOMIAに基づいて韓国にもたらされているが、協定を破棄すれば入手する術はなくなる。

 

「米国からもリアルタイムで情報を得ている」という部分ですが、今朝(25日)の読売にもう少し具体的に書いてありました。

 

20190825_yomiuri_gsomia01

 

このイラストの記事によると、「北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、米軍の早期警戒衛星がいち早く探知し、発射地点や方角などの情報を自衛隊と共有。自衛隊は日本海に展開するイージス艦や日本本土に配備するレーダーで追尾し、着弾地点などを確認」しているそうで、ミサイルが短距離だったり、低空を飛行する場合は日本のレーダーでは捉えられず、韓国軍のレーダー情報が必要とのことです。

また、韓国側は逆に「遠くまで飛んだミサイルについてはレーダーで捕捉できない」のだそうです。

記事には書いていませんが、韓国がいち早く得る情報は、佐藤正久外務副大臣がよくテレビで語っているのは、「振動やヒューミント(Humint:諜報活動)による情報」ということです。

 

ここで改めてGSOMIAとは、ということを考えてみると、下は適当に拾った画像(AbemaTV)で、今回、GSOMIAの説明によく使われる図ですが、ややミスリードさせるものだと思います。

 

20190825_abema_gsomia

 

日本と韓国の間の矢印が、日-米、米-韓と同じ矢印で描かれています。

しかし、8月22日にBSフジ・プライムニュースに出演された伊藤俊幸元海将の説明によると、「日韓は軍事同盟を結んでいないので、直接情報をやり取りする“道具”がない。情報はものすごく高度なので、ちゃんとしたシステムでお互いが繋がっていないとやりとしてはいけないことになっている」ということだそうです。

なんとなくこれで分かるのは、日韓は、リアルタイムでシステム的に直接情報は共有していないということです。

本当にアメリカを通さずに直接情報をやり取りできるのは「会議の場」のみだそうで、(機械的な)情報のやり取りは米国経由とのことでした。

こうなると、日-韓間のGSOMIAの必然性は?と考えずにはいられませんが、そもそもGSOMIAとは「General Security of Military Information Agreement」(軍事情報包括保護協定)と、機密保護の主眼が置かれた協定で、その結果、情報を共有できる、というものです。

システム的に連携しているのは日-米、米-韓の間だけなので、現在でも、例えば韓国から10の情報をアメリカが受け取っても、10を日本に流しているのか、7しか流していないのかは日本からは分からないのですが、アメリカ側にとっては今後この“フィルターがけ”がより煩雑になる、というようなことを番組で解説されていました。

 

番組では伊藤氏が気になることを仰っていました。

それは、7月に北朝鮮が発射した弾道ミサイルの距離を韓国軍が修正して発表した際に、「日本からの情報によると」とわざわざ言っていたということが普通はあり得ないとのことです。(別に言う必要も無いという意味。)

恐らく、韓国軍内部のGSOMIAを破棄して貰いたくない人からのリークだと思う、と伊藤氏は仰っていました。

 

ここで、最初に提示した、「韓国軍の発表が30分遅れた」ということも同様の“シグナル”ではないでしょうか。

今までの経験から言うと、北がミサイルを発射してテレビでニュース速報が入るときなど、まずは「韓国軍当局によると北から○発の飛翔体が...」という、発射したことだけは韓国軍がいち早く発表しています。

たまたま今回はテレビを観ていなかったので、第一報がどのように報道されたのかは分からないのですが、自衛隊がメディア(一般国民)向けにアナウンスできるタイミングでは韓国軍も情報は補足していると思われます。実際にGSOMIAは11月まで有効なので日本は情報を渡していると思いますし、また、上の図の米軍の早期警戒衛星の情報は韓国軍とは共用しているはずですから。

 

もし、韓国軍が意図して“サボタージュ”のようなことをやったとしたら、青瓦台に対する反発の現れではないでしょうか。

なお、GSOMIA破棄に関して韓国側が「今まで日本と共有した情報は29件しかなかった(から破棄しても構わない)」ということを発表しましたが、件数を公開することも常識では考えられないそうです。(それは素人でも理解できます。)

更に、Humintの情報が得られないことで拉致被害者の情報が入らなくなるという人がいるらしく、それは伊藤氏が否定していました。軍事情報ではないので、情報収集は別ルートとのことです。

 

韓国 聯合ニュース

機械翻訳のため、分かりにくいのですが、どうやら、「初期段階」での捕捉は韓国の方が早いが、「地球の曲率」により捕捉には限界があり、日本の情報に頼らなくてはならない場合がある、ということを吐露しています。

また、今回は第一報では後れを取ったが、7月と違って、最終的な距離や高度などの公開は韓国の方が早かった、と自慢しているようです。

確かに公開は早かったのでしょうが、その情報を韓国が独自に収集できたのかどうかははっきりとは書いていませんね。

わざわざ公表時間を図まで使って、韓国メディアが相当拘っているのが分かります。

 


https://www.yna.co.kr/view/AKR20190824028900504
日、「北ミサイル」韓より先に発表... 「支所迷子(ブログ主註:GSOMIA?)終結」意識したのか

日本の共同通信はこの日午前7時24分「北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとみられる」は、日本政府の発表内容を報告した。 これは、韓国国防部の発表(午前7時36分)より12分も早い時点である。

この日まで今年に入って行われた8回の北朝鮮の短距離発射体発射で常に韓国合同参謀本部の発表が日本軍当局より早かったことを考慮すれば異例である。

韓国はグリーンパイン級弾道弾早期警報レーダーとイージス艦弾道弾探知レーダー(SPY-1D)などで、北朝鮮のミサイル発射を探知する

この時、地球の曲率のために、具体的な発射時刻などの初期段階にあって、日本よりもはるかに正確な情報を確保することになると伝えられた。

韓国軍当局は、発射の事実を確認したとすぐにこれを発表したりはしない。

米国軍当局と疎通して発射距離と高さ、仕様などの分析をどの程度進行した後、確認された情報を開示するものである。

この日、日本が「北朝鮮のミサイル発射」自体は先に発表したが、弾道ミサイルかどうかと高度、距離、発射場所や方向などの具体的な情報は、韓国が先に公開した

日本が「北朝鮮のミサイル発射」の発表を急ぐことを置いて「韓国の支所ミア中断決定に基づいて、北朝鮮の核・ミサイル情報取得に支障が生じたことではないか」は、日本国内の懸念を払拭するためだという分析が出ている。

しかし、今回の日本の急速な発表は、北朝鮮の発射体発射が最高の高さは97㎞に及ぶ高度に行われますし、最初捕捉視点も韓国より遅いことが分かった。 北朝鮮のジョガク発射は、地球の曲率のために、日本の探知レーダーが無用の長物になる場合が少なくないという。

日本が11月24日まで有効な消ミアに基づいて韓国に関連情報の共有を要求されたことも、北朝鮮のミサイル情報を自分たちだけの情報力と分析するには限界があるという事実を迂回的に示している。

韓国も北朝鮮と接しており、ミサイル捕捉に有利な環境にありますが、情報の完全性を備えるためには、日本の支援が必要である。

韓国政府は、7月25日に発射した北朝鮮の短距離弾道ミサイル2発のフライト軌跡情報を支所迷子に基づいて、日本側から受信したものと伝えられた。

当時、北朝鮮は元山保土ヶ谷半島一帯で北東方方向に2発の弾道ミサイルを発射したが、地球の曲率により、韓国の弾道弾探知レーダーは終末段階の検出には限界があったことが分かった

 

(図でNHKより早いのは共同通信らしいです。)

20190825_rengo_gsomia01

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/24

【韓国】左翼人脈だけで固められた文在寅政権中枢/法務長官に指名された曺国(チェ・グク)とは

今朝(24日)の読売に韓国のGSOMIA破棄に関連する記事として『文政権 醜聞隠しの見方』という在韓国の記者からの記事が掲載されていました。(8面=国際面)

20日~22日調査の世論調査で不支持率(49% 前回比+6pt)が支持率(45% 前回比▲2pt)を上回ったという数字を紹介しつつ、政局が混迷していることを伝えるものです。

 

この記事で取りあげられているのは文在寅氏の側近である曺国(チェ・グク)氏で、記事によると、

  • 家族ぐるみの不透明な投資ファンド運営・資産隠し
  • 娘の不正入試疑惑(名門・高麗大に筆記試験の不要な特別枠で入学)
  • 更にネットの朝鮮日報韓国語版の記事によると、娘については2度落第する程度の成績なのに6期連続して計1,200万ウォンの奨学金を受けた

ことなどが取り沙汰されているそうで、公聴会が開かれる予定だとのことです。

面白いことに、韓国では大騒ぎになっているようなのに、朝鮮日報や中央日報の日本語版ではほとんどそのスキャンダルを報じていません。少し前に、日本語版が「親日」的だと政府から批判されたので、文政権の恥部は報じにくいのかも知れません。

 

なお、「チェ」の文字は「曺」(上の部分は縦棒1本)が正しいようですが、辞典で調べたら、「曹」(縦棒2本、重曹の「曹」)とは同じ字のようで、ネットでは「曹国」あるいは「曹國」と表記されていることも多いようです。

 

ただ、また日本のメディア批判になってしまいますが、上記のようなスキャンダルが話題になっているのは事実とは言え、問題とされるべきはその経歴で、例えば「統一日報」(在日韓国人による新聞)では、アメリカに拒否された(表向きは辞退)駐米大使の人事と共にこの曺国氏に言及しています。

 


http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86349&thread=01r01
駐米大使候補を忌避人物に認定
米政府も持て余す文政権の存在
2019年08月15日

(一部引用)

米国と文政権の緊張が高まったのは、文在寅が自分の外交安保特別補佐官を駐米大使に内定したと発表したことに起因する。文在寅は、これまで法に基づく人事聴聞会の結果を無視、親北・反米の人物を起用してきた。しかし、駐米大使は米国の同意(アグレマン)が必要だ。反米的人物を指名するのは、米国への侮辱だ。

文在寅は今月9日、文政権の後期を担当する内閣の陣容を発表(指名)した。公務員になる資格もない反米・親北人物がほとんどだ。特に、前青瓦台民情首席の曺國を法務部長官に指名した。曺国は極左の南韓社会主義同盟の出身だ
今回の人事で注目されたのが駐米大使だ。文在寅は先月、自分の外交安保特別補佐官の文正仁を駐米大使に内定した。文正仁は代表的な親北・反米人物だ。ところが正式な任命発表の前日、文正仁は駐米大使職を辞退した。米国側が非公開に忌避人物として通告したと見られる文正仁への忌避人物宣言は事実上、文在寅自身を避けるべき人物と宣言したも同然だ。
米国はまた、2011年3月以降、北韓を訪問した韓国人に対し今月6日からビザなしの米国入国を規制すると発表した。この措置は、明白かつ単純な親北・反米人物だけでない、開城工団など対北経済協力事業を推進してきた人々を規制する措置だ。数万人の韓国人が規制対象となる。米国は自国の法律的措置で、韓国の対北経済協力を止めたのだ。

 

曺国氏については、『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)の著者である崔 碩栄氏のブログ『反日の急先鋒、韓国の新法務長官の暗い過去』が分かりやすいかと思います。

 

ブログ主が日本のメディアで物足りないのは、文在寅政権の「反日」部分にスポットを当てるのみで、文在寅政権に入り込んでいる主体思想派(チュチェ思想/韓国語ではチュサッパ)の存在を伝えずにいることです。

ネットでこのような問題に関心がある方には周知の事実ですが、こうしたグループの存在は日本のメディアではタブーなのかもしれません。

韓国のこうした現状を知れば知るほど、例えば沖縄で起きていることにそっくりだと思えてきますが、日本でも同じように“汚染”が進んでいるという実態から目を逸らさせたいのでしょう。

 

【言論テレビ】左翼人脈だけで固められた文在寅政権中枢

なお、8月9日放送の『言論テレビ』でも文在寅を取り巻く人物としてこの曺国氏が取りあげられていました。

 

20190809_genrontv

 

与党(立法)はもちろんですが、司法、行政、軍に至るまで、80年代に学生運動に身を投じていただけでなく、地下組織活動などを行って暴力で革命を起こそうとしていた人物で固めているとのことです。

上段の3名について、番組で説明された内容をメモしておきます。

金 命洙(キム・ミョンス)最高裁長官

ウリ法律研究会という左派の判事達の会長
地方裁判所の長官で、高裁の長官もやったことも最高裁の判事の経験も無い人物を文在寅が最高裁長官に任命。
前任者は徴用工裁判の審議を止めていたという理由で逮捕された。文在寅は任期切れの最高裁判事を左派で固めてから徴用工裁判を再開させた。

尹 錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長

朴槿恵弾劾を企画したグループの一人。タブレット端末の捏造に関与したと言われている。
ソウル大学在学中、光州事件の模擬裁判で検事役をやり、全斗煥大統領に死刑判決を下した人物。

曺国(チェ・グク)法務長官に指名(公聴会待ちで就任はまだ)

最年少でソウル大学に入学し、大学院卒業後法科大学の講師をしているときに南朝鮮社会労働者同盟(番組ではこう言っていましたが、「南韓社会主義同盟」と同じ団体かと思います。)という地下組織活動で国家保安法で有罪判決(2年6ヵ月/執行猶予)を受けた。最近でも過去の活動を誇らしげにテレビで公言。
弁護士資格も持っていない。
また、『反日種族主義』をSNSで「吐き気がする」と批判しているが読んでいない。(批判するのに韓国日報のレビューをコピペしているので、レビューだけ読んで批判していると思われる。)
それに対して、イ・ヨンフン教授は本の内容を批判するなら、学者として学問的に反論せよと言ったが沈黙。

なお、洪氏によると、彼は髪をかき上げるのがクセで、それで知力の低い女性が騙される、のだそうです。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/23

【チャンネル桜】韓国からのレポート(イ・ヨンフン教授、光復節)/韓国左派の歴史観(西岡力氏)

公開: 2019-08-23 15:02:23  最終更新: 2019/08/24 12:46

最近観た動画の覚え書きです。

 


【世界は今… #168】韓国の反日感情の根源暴露!イ・ヨンフン教授/ カナダ、オンタリオ州の印象 / ほか/バルセロナテロ事件とスペイン中央情報局 / 水野久

44:39~
https://youtu.be/SnCVXfKyx_Q?t=2679

■ 韓国・仁川市 - 宮本富士子さん
・韓国の反日感情の根源を堂々と明らかにした、ソウル大学イ・ヨンフン教授
・8月15日の光復節での、韓国保守系国民の動きと一般民衆の考え

 

韓国からのレポートは掲題の通り、イ・ヨンフン教授の近著『反日種族主義』と光復節のデモの様子です。

レポートをして下さっている宮本さんは、日頃から歴史の勉強会に参加されているそうで、多分、その時に撮影されたのだと思いますが、イ・ヨンフン教授とのツーショットの写真を披露されていました。

宮本さんによると、『反日種族主義』は韓国側で日本語に翻訳して既に日本の出版社に送っていると言うことなので、校正を経て、以前から言われているように、9月か10月頃には日本で出版されるようです。

下のキャプチャは光復節(8月15日)の時に撮影した写真を見せてくれているところですが、光化門広場での光復節の会場を作るのに、日本の重機が多数使われていたそうです。

 

20190822_chsakura_korea

 

 

韓国左派の歴史観

ところで、今朝(8月23日)の産経新聞『正論』コラムは西岡力氏が寄稿されていました。(『韓国変質、登場したアンチ反日』)

そこに書かれている韓国、特に左派・従北の歴史観をご紹介します。

これはよく西岡力氏がネット番組などで説明されていることですが、なぜ左派が反日をしつつ、一方で「ライダイハン」での反韓活動をするのか、ということが分かると思います。

 

  • 80年代以降、各界格層に「反韓史観」が急速に拡散。
  • 韓国という国は日本統治期に協力した親日派とその後裔が支配層に君臨している汚れた国で、武装独立闘争をした金日成が親日派を全面的に処断した北朝鮮こそ民族の正統性を持つ。
  • この歴史観により、例えば、韓国近代化を果たした朴正煕大統領は日本の陸軍士官学校を卒業した親日派。

 

保守派の「反日」は歪んだ「愛国心」の現れですが、まあ、理屈としては分からないではありません。一方、左派の「反日」は「反韓」と同根のものなのです。

【2019/08/24追記】統一日報(在日韓国人による新聞)に参考となる記事があったのでご紹介します。

 

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86321&thread=01r02
立証された韓日GSOMIAの効用
反日と反米はコインの両面
2019年08月01日

(一部引用)
日本と米国は、中・ロや金正恩の挑戦には沈黙しながら反日のみを煽る文在寅のため苦心している。文在寅は、すでに韓米同盟からの離脱を決心したかのように行動している。文在寅はトランプ大統領にインド太平洋戦略に積極的に協力するという約束を簡単に捨てた。文在寅は、甚だしくは反米人物として有名な自分の外交安保特別補佐官の文正仁を駐米大使に内定した。米国が文正仁へのアグレマンを拒否すれば、これを韓米同盟離脱の口実として利用するつもりだろう。
文政権の反日は、反日を装った反米だ。文政権の核心がGSOMIAの廃棄を匂わせるのは、韓米同盟から離脱を示唆するものだ。米国は、文政権の限界をテストし、様々な抑止策を講じている。ボルトン補佐官が、韓国の在韓米軍駐留費の支援金を大幅に引き上げる踏み絵を突きつけたのもそういう次元と言えよう。

 

上記記事は8月1日付ですが、その後、文正仁氏は辞退をしたそうです。しかし、辞退とは表向きで、アメリカ側から拒否されたのだろうと、統一日報は報じています。(8月15日付『駐米大使候補を忌避人物に認定』)

なお、「アグレマン」という言葉は英語で言えば「アグリーメント」(agreement=同意)のフランス語ですが、辞書によると「アグレマン」として「特定の人を外交使節に任命するに先立って、派遣される相手国が与える同意の意思表示。(―を求める)」という説明があるので、外交用語になっているようです。



 

  


 

 

 

 

2019/08/22

韓国、GSOMIA破棄!

Bakabon

 

暇だったので、こんなの作ってみましたw

 

 

  


 

 

 

 

【書籍】『北朝鮮がつくった韓国大統領 -文在寅政権実録-』(李相哲著)/日本人もストローマン論法に陥っていないだろうか

今朝(8月22日)の朝鮮日報電子版を見ていて目に留まった記事があります。

それは『李石基、朝鮮日報を訴えた「スパイ活動報道」損賠訴訟で敗訴が確定』(記事は2019/08/21付)というもの。

李石基(イ・ソッキ)とは2013年に現役国会議員でありながら、国家転覆を企てて有罪判決を受けた人物です。(求刑は懲役20年と10年の公民権停止→2015年、最高裁で懲役9年が確定)

21日付で報じられたこの判決自体は当時のメディアの報道が名誉毀損に当たると李石基が訴えたものですが、彼が計画したことは、反北の朴槿恵政権が成立した直後の南北の対立が高まったさなか、自分が率いる地下革命組織(RO=Revolutionary Organization)に、戦争が勃発したら、それに乗じて統一革命を起こすというもので、電話局や石油貯蔵施設などの主要施設を攻撃するといった具体的なものでした。

 

実は、ブログ主もこの人物のことは昨日読んだ『北朝鮮がつくった韓国大統領 -文在寅政権実録-』(李相哲著/産経新聞出版)で知りました。一昨日の夕方届き、面白くて昨日一気に読んだ本です。

 

 

この本は副題に「文在寅政権」と入っているので、現政権のことのみについて書いた本と勘違いするかもしれませんが、反北の立場のために左派勢力から徹底的に攻撃されて弾劾された朴槿恵、親北政権のルーツである金大中、そしてその直系の盧武鉉について論じられており、現在、韓国で起こっていることを理解するのに役に立つ本です。(この本については後述)

 

* * * *

ストローマン論法に陥る多くの日本人

日本では韓国の出来事は比較的多く伝えられているとは思いますが、今や多くの日本人が気づいたように、本質的なことには目が向かないようにバイアスをかけて報道されています。

反日デモと同時に起きた反文在寅デモがほとんど報道されないことがいい例ですが、日本のメディアは韓国の「反日」の部分にしかスポットを当てません。

日本でもすっかり知られた「積弊精算」という言葉もそうです。

これは単に「親日派の排除」という伝えられ方をしますが、正しくは(アメリカや日本といった)『西側』か(従北の)『東側』かという対立の中での、西側の象徴としての「日本」と捉えるべきで、韓国という国は1948年の「大韓民国」成立以来、特殊な「東西冷戦」が続いているのです。

もちろん、韓国国民全体に「反日感情」はあります。

しかし、これは「保守派」(反北)と「左派・進歩派」(従北)に関わらず根底にあるもので、「保守派」即ち「親日」ではないことは朴槿恵政権を見ても分かるでしょう。

別次元の話です。

韓国の政治を論じていて、「でも、どのみち反日でしょ」と結論づけようとするのは「知的に不誠実」です。

 

国民は散々反日教育をされているので単純な反日だと思いますが、政治の世界では「親日」は、敵視する相手、例えば「反・従北」派に張るレッテルとして便利だから使っているに過ぎないと思います。しかし、よくよく「親日」レッテルで攻撃する相手を見ると「反北派」であり、「韓米同盟を支持する人たち」です。

先日の反文在寅デモでも韓国国旗と共に星条旗が多数振られていましたが、韓国国内では頻繁に退役軍人が反文在寅デモを行っていることは日本ではほとんど報道されません。

この対立は門田隆将の言葉を借りると「ドリーマー」(dreamer:夢想家)と「リアリスト」(realist:現実主義者)です。

 

日本人も知らず知らずのうちにメディアの偏向報道にだまされて、韓国を「反日」か「そうでないか」(「親日」とまでは言いにくいので)という二元論でしか語らない人が多数見られます。

これは主に地上波メディアが、韓国政治家や労組の反日活動にしか目を向けさせないようにして、その裏にある親米勢力(というか韓米同盟肯定派)と従北勢力の対立を隠しているからだと思います。

韓国の反日運動(実際は従北勢力の労組などが主導)で、日本製品ボイコットをやりつつ「NO安部」をスローガンにしているのは分かりやすく、トランプ大統領と信頼関係を築いていると言われる安倍政権は彼らの敵であり、それを誤魔化すために「軍国化」等という理由を持ち出しているわけです。

こうした、"敵”の「本質」では無い「部分」を攻撃対象として議論をすり替えることを『ストローマン手法(論法)』と言いますが、韓国の「反日」部分にしか目を向けない日本人もまたストローマン論法に陥っています。

ブログ主は韓国国内の理不尽な反日は批判したり反論して当然だと思いますが、次元の違う話を一緒にするな、ということが言いたいのです。

韓国政府や日本の反日メディアが論点をずらすのはもう分かりきったはずなのに、こと韓国のこととなると「どのみち反日だし」で思考停止してしまうのは相手の術中にはまっているのです。

 

もう一つ分かりやすい例を挙げるとイ・ヨンフン教授やイ・ウヨン氏は別に親日ではなく、事実を追求して誤った歴史観を正そうとしているだけです。しかし、この活動が結果として「日本に利する」行為だと言って「親日」のレッテルを貼るのは、国民の多くが多かれ少なかれ「反日」なので、それを味方にしようとしているわけです。

イ・ヨンフン教授が取り立てて親日でないことは主催されている研究所に「李承晩学堂」と「李承晩」の名前を冠していることからも分かります。

おそらく、李承晩は日本人が最も嫌う韓国人の一人でしょう。しかし、ブログ主も韓国の歴史を知って分かったのは、大韓民国が成立する際、①共産主義者(親ソ)、②民族統一派、③親米反共の三組織(とその指導者)の選択肢があり、③で、初めから現実路線として南単独での国家樹立を目指したのが李承晩なのだそうです。

イ・ヨンフン教授が李承晩の建国の精神に立ち返れというのは、こういう理由があるのだと思います。

 

ところで、労組に牛耳られている韓国メディアが「親日」のレッテル張りして攻撃しているイ・ヨンフン教授等が著した『反日種族主義』ですが、今回は少し様相が異なります。

ブログ主は李承晩TVの日本語字幕のない番組のコメントも丹念に読んでいるのですが、「おじいさんに聞いた話と辻褄が合った」というコメントがありました。

ブログ主は韓国の教科書の詳細は分かりませんが、おそらく矛盾だらけのはずです。以前も書きましたが、「独立門」(元は清からの使者を迎えるための「迎恩門」で、清からの独立を祝ってそれを壊した跡に建てられた門)の建立年を知って意味が分からない韓国人も多いそうです。

以前、産経の記事で読んだのですが、韓国では歴史を語るときに必ず「善・悪」の評価を加える悪い癖があるそうで、"日本のお陰で独立できた”という事実はあってはならないこととして教えないのでしょう。

韓国人が学校で習った自国の歴史に疑問の目を向け始めた今、メディアはその攻撃の度合いを増しているようです。最新の李承晩TVの動画(韓国語のみ)を観て大凡分かったのは、今度はSBS(これは民間放送)が従来からの対日史観を改めて紹介し、イ・ヨンフン教授の発言を切り取って『反日種族主義』を攻撃する番組を報道したようです。(コメントを見ると、李承晩TVも切り取られないように録画した方がいいと、心配する声が多く上がっていました。)

まあ、日本のメディアと同じようなものですが、「自虐史観」に反発する日本人と、「自分たちにとって心地よい歴史観」を覆される韓国人とでは、乗り越える壁の高さが違います。

既にワイドショー(『モーニングショー』かなにか)で『反日種族主義』を青木理氏が批判していたようですが、今後、日本のメディアや左派勢力が露骨になると想像します。

 

* * * *

 

『北朝鮮がつくった韓国大統領 -文在寅政権実録-』について

北朝鮮がつくった韓国大統領 -文在寅政権実録-』(李相哲著/産経新聞出版)について、もう少し補足しておきます。

著者の李相哲氏は、この本の中で、日本では報道されないか、されても断片的にしにか報道されない事件や出来事を時系列に沿って提示するだけでなく、その意味を韓国人記者や識者の証言や政治家の回顧録などから丹念に拾って論理的に検証しています。

 

例えば、冒頭にご紹介した李石基(イ・ソッキ)の事件など、ほとんどの日本人は関心を示さないでしょうが、朴槿恵政権時に提出された逮捕同意案に反対した1割の議員に文在寅が含まれていることなど、文在寅の「正体」を暴くエピソードが数多紹介されます。

彼(李石基)は90年代から地下組織で活動しており、2002年に逮捕、服役していますが、盧武鉉政権の時に「特別放免」、更にその2年後に公民権も回復してます。この時の大統領秘書室長が文在寅です。

朴槿恵が李石基を逮捕したことを著者は「ルビコン川を渡った」と表していますが、李が属していた統合進歩党の解散命令だけでなく、民労総(全国民主労働組合総連盟)の傘下で急進的な左派労組の一つである全国教職員労働組合(全教祖)を非合法団体に指定しています。

つまり、彼女は左派との全面戦争に突入したのです。

彼女にとって不幸だったのはセウォル号事件の発生です。これで、著者によると「無能」ぶりを露呈してしまいました。

現在、韓国で起こっていることが何に起因しているのか、それを詳しく知りたい方にはおすすめの一冊です。

 

李石基に関する記事

下に李石基に関する記事を時系列に集めました。なお、李石基について調べていたら、何故か日本の「レイバーネット」が李石基を擁護する記事がたくさん見つかりました。分かりやすいですね。

 

https://blogos.com/article/69499/
韓国統合進歩党・李石基議員の「内乱陰謀事件」は、北朝鮮による朝鮮半島統一・「大高句麗国建設」の前兆か

板垣英憲 2013年09月06日 03:24

◆「内乱陰謀事件」で韓国統合進歩党の李石基(イ・ソッキ)議員に対する逮捕同意案が4日午後4時25分、国会本会議場で投票289人のうち賛成258票、反対14票、棄権11票、無効6票により可決された。李石基議員は同日午後8時26分、国家情報院の職員に強制拘引され、水原地裁に移送された。(以下略)

 

* * * *

 

http://news.onekoreanews.net/print_paper.php?number=74596
【統一日報】軽すぎた李石基への懲役20年求刑
2014年02月05日

 内乱陰謀罪などに問われていた統合進歩党の李石基議員に懲役20年・資格停止(公民権停止)10年が求刑された。この事件は、憲法機関である国会議員が、国会を革命の橋頭堡として大韓民国に抗敵した内乱陰謀だ。大多数の国民は李石基と、彼が中心となって組織したRO(革命組織=Revolutionary Organization)の国家に対する反逆が、この求刑によってある程度立証されたと見る。

 しかし、李石基に対する求刑は軽すぎる。休戦状態の大韓民国で、交戦相手の北韓側に積極的に呼応し、大韓民国の転覆を図った李石基には、与敵罪(刑法93条)が適用されるべきだった。司法当局は、前職国情院長や警察庁長などを断罪する以上に、従北反逆勢力を断罪すべきである。従北勢力の跋扈は、韓国の法治が萎縮しているために起きたものだ。

 1審裁判を通じて明らかになった李石基とROの反逆行為は、法の寛容の範囲を遥かに超えたものだった。彼らは主体思想で理念武装し、大韓民国を敵と規定した。北韓が6・25南侵戦争(朝鮮戦争)時、大韓民国を攻撃する戦場で歌われた「赤旗歌」を歌い、北韓式用語で学習し、革命家に徹底した。ちなみに李石基が所属する統合進歩党は、党の公式行事で愛国歌(韓国国歌)を歌わない。

 李石基のROはあらゆる活動記録を暗号化し、捜査当局の押収捜索と逮捕に激しく抵抗した。ROやその”殻”にすぎない統進党は、法廷闘争を通じて大韓民国の司法制度を嘲弄、妨害した。

 李石基とROの目標と活動は、戦時において敵地で破壊およびサボタージュ工作を実行する特殊部隊の任務、つまり旧ソ連の情報機関が自由世界に対して目論んだ破壊工作そのものだ。

統進党と李石基の「反逆性」

 李石基は、1999年に国家情報院が摘発した民革党事件で、平壌との繋がりが立証されている。民主革命党は、朝鮮労働党の指揮下にあった地下政党で、南朝鮮労働党と並ぶ従北組織だ。別の言い方をすれば、ROは平壌の偵察総局に呼応する韓国内の別働隊だ。

 統進党は、多くの党員が法の裁きを受けている状況で、反省するどころかROを正当化し、庇護することに総力を動員した。反逆を庇護する行為も反逆だ。つまり、統進党全体が国家と憲法に対する反逆勢力である。

 統進党への政党解散請求があまりにも遅すぎたことを指摘する声は以前からあったが、こういう抵抗こそ、彼らがその「反逆性」を自ら証明したことになる。

憂うべき国会のサボタージュ

 統進党の反逆を増長させたのは、ほかの政党と国会だ。国会は、李石基の逮捕動議案を通させておきながら、李石基の議員職除名に関しては5カ月も措置を取っていない。もちろん、この政治的サボタージュの中心は統進党と運命共同体である民主党内のいわゆる「386主思派」、「親盧グループ」だ。

 相手政党の単純な失言や個人的スキャンダルに対しても議員職辞退。これは、や政界引退を強く要求してきた民主党が、李石基とROの内乱陰謀については、裁判中という理由で国会次元の懲戒を拒否している同じく裁判中である「国家情報院の選挙介入」という一方的な政治攻勢を既成事実化し、それを根拠に国家情報院を無力化させ、さらには大統領の辞任までを要求する野党の攻勢と矛盾する。彼らの主張が全く説得力のない政治的扇動であることを証明するものだ。

 われわれは今の政界と国会を憂慮し慨嘆せざるをえない。北韓の核ミサイルの実戦配備によって、休戦後、大韓民国の安保が致命的な危険に陥った今、安保の中枢である国家情報院の機能を決定的に弱体化させる利敵行為で与野党が合意したからだ。国政の混乱の中心が国会であり既成政党だ。朴大統領は国家情報院法改正案を国会に戻すべきだ。

 

* * * *

 

https://www.sankei.com/world/news/150122/wor1501220027-n1.html
【産経】韓国親北左派の元議員、実刑確定
2015.1.22 17:59

【ソウル=名村隆寛】韓国の最高裁は22日、北朝鮮に通じた地下組織を作り韓国の体制転覆を企てたとして、内乱扇動や国家保安法違反などの罪に問われた左派系野党、統合進歩党(解党済み)の元議員、李石基被告に対し、懲役9年(1審懲役12年、2審同9年)の判決を言い渡した。内乱陰謀罪は2審同様、認められなかった。

 また、元同党員らも、2審と同じく懲役3~5年の判決を受けた。統合進歩党は昨年12月、憲法裁判所の政党解散審判で解散宣告を受けた。

 

* * * *

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/21/2019082180221.html
【朝鮮日報】李石基、朝鮮日報を訴えた「スパイ活動報道」損賠訴訟で敗訴が確定
2019/08/21

 李石基(イ・ソッキ)元統合進歩党議員が、報道内容によって自身の名誉が傷つけられたとして朝鮮日報とTV朝鮮を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、同議員の敗訴が確定した。

 大法院(最高裁)2部(主審:ノ・ジョンヒ大法官)は、李元議員が朝鮮日報とTV朝鮮などを相手取って起こした損害賠償請求訴訟の上告審で、原告敗訴との判決を下した原審を確定させたと21日明らかにした。

 朝鮮日報とTV朝鮮は2013年9月、内乱扇動容疑などで逮捕された李元議員について「北朝鮮のためにスパイ活動をしたと見なければならない」「李元議員が息子に主体思想(北朝鮮および朝鮮労働党の政治思想)を徹底的に勉強するよう言っていたことが分かった」などの内容を報道した。

 これに対し、李元議員は「虚偽の事実によって名誉を傷つけられた」として、慰謝料1億ウォン(現在のレートで約884万円)の支払いを求める訴訟を提起した。

 一審と二審は「悪意的だとか、甚だしく軽率な攻撃によって相当性を顕著に失ったと考えるのは困難だ」として「報道当時、李元議員は現役の国会議員で、価値観・世界観まで国民の健全な監視と批判の対象だった」と指摘した。

 その上で「(李元議員の)犯罪(容疑)内容は、国会議員が犯したとは到底信じられないほど衝撃的だった上に、事案が極めて重大で、各種の疑惑を迅速に報道しなければならない公益上の必要性が大きかった」とも説明した。

 さらに「国会議員の神聖な義務を根源的にないがしろにする内容の容疑で捜査を受ける状況であれば、関連する報道は、メディア本来の機能である監視・批判・けん制が全て可能になるよう幅広く保障されなければならない」と指摘した。

 大法院も原審の判断に誤りはないとの見方を示した。

 李元議員は15年1月、内乱扇動などの罪で懲役9年、資格停止7年の刑が確定し、現在は収監されている。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/21

【Windows10】フォトギャラリー(Windows Essentials 2012)をWindows10にインストールする

既にMicrosoftでは配布・サポートを終了しているフォトギャラリー(Windows Essentials 2012のコンポーネントの一つ。Liveメールも含まれる。)ですが、ちょっとした画像の修正(傾き補正、明るさ、トリミング、サイズ変更、etc.)ならこれで十分です。

このインストールファイル(exeファイル)を保存して公開してくださっているサイトを見つけたので、覚え書きとしてメモしておきます。

ダウンロードした後は自分でCD-ROMにでもコピーして保存しておくといいでしょう。

 

Windows フォトギャラリーを手に入れる方法(Windows 10 動作確認済み)

インストール方法も書いてあります。

 

ブログ主は取りあえずフォトギャラリーとLiveメールのみインストールしましたが、どちらも支障なく使えています。

 

併せてこちらも参考にしてください。

 

Microsoftフォトギャラリーの元画像を定期的に削除する/保存場所を変更する

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/20

【Windows10】Outlook(メーラー)に2つめのメールアドレスを追加したら規定のメールアドレスになってしまったのを解消する方法

ブログ主の覚え書きです。

新しいPC(Windows10)を購入してメーラーとしてOutlookを設定したのですが、最初にメインで使用するメール(A@nifty.comとします)を設定後、セカンドメール(B@outlook.comとします)を追加したところ、Bが規定のメールになってしまいました。

また、RSSフィード(購読ブログの通知)を追加しても、BのRSSフィードに登録されてしまいます。

これを解消するには、

  1. ファイル→アカウント情報画面→アカウントでAを指定し、「アカウントの設定」→「アカウントの設定」
  2. 「アカウント設定」ダイアログボックスの「メール」タブと「データファイル」タブの両方でAを規定に設定する。

以上

 

  


 

 

 

 

【(自称)徴用工問題】韓国国内の「強制徴用」の定義とは?/韓国区内補償の時系列まとめ

先週、BSフジ・プライムニュースにイ・ウヨン先生が出演されたときも話題になっていましたが、韓国でよく使われる「強制徴用」という言葉は「徴用」自体がある程度「強制」を含んだ言葉なわけで、変な造語です。

取りあえずはこの言葉を受け入れて、「強制的に動員された」と理解したとしても、日本と韓国ではその意味合いが異なります。

 

このエントリーでは、事実(日本側の「募集」、「官斡旋」、「徴用」)と、韓国側の補償状況を時系列にまとめておくことにします。

 

下に、まず、事実を時系列に並べてみます。(西岡力氏の論文と1959年7月13日付朝日新聞記事より/青字は徴兵に関する出来事を追加)

これによると、日本側の認識は1944年9月~45年3月までの7ヶ月間が「強制的に動員した」期間で、その実数は245名です。この間、自主的に職を求めて日本に渡ってきた労働者は多数おり、現在日本に住む在日コリアンはその子孫ということです。

在日コリアンの約9割は朝鮮半島の南部、現在の韓国出身者と言われています。多くは元農業従事者などで、慣れない炭鉱の仕事を嫌って逃げた者ものも多く、それらは「自由労働者」と呼ばれます。(戦後は不法滞在だが、国交回復の際に結ばれた日韓基本条約の付属協約である「地位協定」によって2世までは永住許可を得ている。)

 

1938年4月 国家総動員法1939年

1938年4月 【朝鮮】韓国人陸軍特別志願兵制 開始

1939年7月 内地では「国民徴用令」による大々的な労働者の動員(朝鮮では徴用令は発動されず)

1939年9月 【朝鮮】「募集」形式での動員~1942年1月

1942年2月 【朝鮮】「官斡旋」(総督府の行政機関が前面に出ての動員)

1942年4月 【台湾】「徴兵制」実施

1942年5月 【朝鮮】「徴兵制」実施

1944年9月 【朝鮮】法的拘束力のある「国民徴用令

1945年3月 【朝鮮】朝鮮と内地間の連絡船がほぼ欠航となり、「国民徴用令」による動員は7ヶ月間で合計245人

 

Chouyo_2

 

一方、韓国側では、盧武鉉政権時に行った調査により、「強制徴用」の範囲は1931年~45年までとされています。

下は、韓国国内で行われた補償金(慰労金)の支払いを時系列に並べたもので、まずは、朴正煕政権以降(1971年~)を見てみます。(ソースは後述)

 

1910年 日韓併合

 : : :

1965年 日韓請求権協定 韓国政府が日本政府から韓国側の請求権の金額を一括受領

1971年1月 対日民間請求権の申告法 制定

  • 申告対象9件の内8件は日本銀行券や日本国際、生命保険などの財産関係、1件のみが「軍人、軍属または労務者で召集または徴用され1945年8月15日以前に死亡した者」つまり被徴用死亡者が対象で負傷者は対象とならず

1971年5月21日~72年3月20日 申告の受付

  • 財産関係131,033件、人命関係142,820件が受理された。

1974年4月12日 請求権補償法 制定

1975年~77年 補償金支給 

  • 財産関係は66億2900万ウォン、死亡者に25億6,560万ウォン(30万ウォン/一人)支給された。30万ウォンは当時の軍警死亡者の水準を採用。総計91億8,769万ウォン。

 

これを見ると、日本人なら恩給を貰えたはずの軍属の負傷者は漏れていますが、被徴用者と死亡者への補償(但し、韓国の水準での支払い)は概ね完了しています。

しかし、韓国内では大きな誤解があるようで、それは、「無償3億ドルが全て補償金に充てられるべきという勘違い」が元になっており、そのため、朴正煕が大半を横取りしたという批判です。

被徴用者への25億6千万ウォンが無償3億ドル(1974年のレートで1,452億ウォン)の内1.8%に過ぎないので「雀の涙補償」と批判されているそうですが、日韓の請求交渉で日本側の被徴用者補償額は7,700万円(500万ドル超=1974年のレートで24億2千万ウォン)と見積もられたので、ほぼその額と一致した額が補償に充てられているのが分かります。

また、個人ではありませんが、請求権を持ったいくつかの金融機関(朝興銀行、農協、水協、金融組合連合会など)に対しては補償しなかったそうです。

 

負傷者や行方不明者が補償を受けられないことに対しての批判が継続されたので、盧武鉉政権が2004年に強制動員真相究明法制定、2005年~2015年末迄の約10年をかけて強制動員の被害者申告を受け、強制動員実体に関する調査研究を官民共同で行いました。(この委員会の政府側委員に文在寅)

以下、その経緯です。

 


2005年2月 同委員会発足

  • 軍人、軍務員、労務者、慰安婦など約228,000名の被害申告受付開始

2007年12月 国外強制動員犠牲者などの支援法 制定

2010年3月 「対日抗争期 強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援に関する特別法」制定

  • 真相究明法、犠牲者支援を統合したもの
  • これにより、新たに補償金を支給(1975年~77年に補償金を受けた死亡者からは30万ウォンの現在価値相当額234万ウォンを控除)
  • 未収金1円あたり2,000ウォンの未収金支援金として支給、生存者に対しては医療支援金を支給。
  • 2015年までに6,088億ウォンが支給された

 

この2010年の統合法で問題があるのは、補償対象者の定義と範囲です。

以下は、後述する動画の字幕を書き写します。(句読点を修正)

 


国外強制動員被害を「満州事変(ブログ主註:1931年)以後太平洋戦争に至る時期に日帝によって強制動員され、軍人、軍務員、労務者、慰安婦などの生活を強要された者が受けた、生命、身体、財産などの被害」と言いました。

また、国外強制動員犠牲者を「1938年4月1日から1945年8月15日の間に日帝によって、軍人、軍務員、労務者などで国外に強制動員され、その期間中、または国内に帰ってくる過程で死亡したり行方不明になった人、または大統領令で定めた負傷で障害を受けた人」と定めました。

 

要するに前段は「生存者」、後段は「死亡者と負傷者(障害者)」を表します。

時期の開始日が1931年と38年で異なりますが、労務者に限っても、1944年9月~1945年3月までの「国民徴用令」以外の自由意志で渡航した時期も"強制制があった”という定義になってしまったのです。

つまり、韓国政府が勝手にその"枠”を広げたので、これは韓国国内の問題であると共に、ここ迄で補償は終了しているはずです。

 

以前のエントリーにも書きましたが、昨年の韓国大法院(最高裁)判決の原告4名は国民徴用令による「徴用工」ではなく、時期的に「募集」に応じて朝鮮半島から内地に来た単なる労働者ですが、韓国国内の定義では「強制徴用」ということになります。

ここに前述のエントリーから、各原告の状況を再掲します。

  • 原告4人のうち2人は、1943年9月頃、旧日本製鉄(現・新日鐵住金)が平壌で行っていた工員募集の公告を見て応募し、面接を経て合格。大坂の製鉄所で訓練工として労役に従事した。
  • もう1人の原告は、41年、大田(てじょん)市長の推薦で動員され、日本に渡って、釜石製鉄所で労役に従事した。
  • 原告最後の1人は43年1月頃、群山府(現・韓国群山)の指示を受けて募集され、八幡製鉄所で業務に従事した。

 

BSフジ・プライムニュースでのイ・ウヨン氏の説明によると、原告4名の内、生存者は1名で、上記のどれがその方かは分かりませんが、よくニュースなどで映される老人ということになります。そして、彼の未収金は「5日分の賃金」だそうです。

韓国内では政府が日本から一括して受け取っているのだからと、政府に補償金を請求する原告もいます。しかし、彼らの場合は請求できる日本企業が既に現存しないといった理由からです。

 

以下は、西岡氏の論文や韓国国内の補償状況を説明した李承晩TVの動画で、上記の説明のソースです。上で見てきたように、韓国政府は十分すぎる範囲で補償を行っており、今、賠償を求めている韓国人は既に何度か補償金をもらっているか、2010年に何らかの理由で対象外になった人たちのはずで、動画はそれを批判しています。

 


歴史認識問題研究 第2号

12. Never ending story ー"賠償!賠償!賠償!"

 

上記説明と重複しますが、大法院判決後の読売の記事(2018/11/02付)を再掲します。

 

20181102_yomiuri01

 

【追記】朝鮮日報:強制徴用被害者遺族「日本から受け取った請求権資金、私たちの分をください」と憲法訴願


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/15/2019081580014.html
記事入力 : 2019/08/15 09:59
強制徴用被害者遺族「日本から受け取った請求権資金、私たちの分をください」と憲法訴願

 日帝強占期に日本軍に連行された強制徴兵の被害者遺族が1965年の韓日請求権協定で韓国政府が日本から受け取った対日請求権資金のうち、被害者の分が支給されないのは違憲だとする憲法訴願を申し立てた。

 日帝の強制徴兵による被害者の遺族83人は14日、「大韓民国政府が受け取った対日請求権資金で遺族に補償する内容の立法を行わないのは違憲だ」とし、憲法裁判所に憲法訴願を申し立てた。

 原告が主張する対日請求権資金とは、韓国政府が1965年の韓日請求権協定で日本から受け取った5億米ドル(2億米ドルの借款含む)を指す。当時韓国政府が日本に要求した8項目の補償リストに「戦争による非徴用者の被害補償」が含まれていたにもかかわらず、強制徴兵の被害者にいかなる補償もなされなかったというのが原告の主張だ。

 韓国政府は強制徴兵による死者、行方不明者には2000万ウォン(約174万円)、負傷者には2000万ウォン以下の範囲で慰労金を支給したが、慰労金ではなく、立法を通じ、強制徴兵被害者の被害程度に応じた補償金を支払うことを求めた格好だ。

 遺族らは「強制徴兵された被害者は対日請求権資金に対する直接的な請求権を持っているにもかかわらず、政府は被害者に(補償金を)支払うことなく、経済協力資金として使ってしまった。国が強制徴兵被害者の命の価値を横領したものだ」と主張した。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/18

【韓国】反日デモより規模が大きかった反文在寅デモを黙殺/イ・ヨンフン教授告訴される

8月15日の韓国の光復節では大規模な反日デモが行われたという報道を日本のテレビでも報道していました。しかし、同じ場所で「反文在寅デモ」がもっと大きな規模で行われていたということはほとんど報道されません。

と思っていたら、今朝(8月18日)の『日曜報道 THE PRIME』(フジ/7:30~)では現地で取材して報道していました。しかし、まともに報道したのはこの番組くらいではないでしょうか。

これは韓国でも同様で、8月16日放送の『言論テレビ』で洪熒(ホン・ヒョン)氏が仰るには、韓国メディアは親北で極左の民主労組の傘下の言論労組に牛耳られているのでほとんど報じられなかったとのことです。

 

文演説の真意は腹の底から「反日反韓」
独裁文在寅退陣デモに市民10万人が集結!


櫻LIVE】第356回 - 西岡力・麗澤大学客員教授/洪熒・元駐日韓国大使館公使 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

(YouTubeのプレビュー版では冒頭の12分位を公開しています。無料で観られる本放送は金曜9時から。有料会員ならいつでも動画を観ることができます。)

 

日曜報道では、取材した松山キャスターも「見た感じでは反日デモより反文在寅デモの方が多い」と言っていましたが、西岡力氏によると、主催者の1団体は参加者数を30万と発表したが、西岡氏とも近い別の団体は少なくとも10万と見たと話したそうで、一方の反日デモは主催者発表が10万で、実際はそれよりかなり少なかったと言うことです。(篠原常一郎氏の情報では主催者発表30万人で実際は5万人。更にこの動画で篠原氏は文在寅の光復節スピーチで「我が政府が推進している【人間中心】、相互繁栄の...」にチュチェ思想を感じ取っています。)

反日デモは光化門の前の広場だけだったのに比べ、反文在寅デモは光化門から崇礼門 (南大門)までの通りを埋めたということで、距離を調べたら凡そ1.7Kmくらいあるので、数倍の規模と言ってもよいでしょう。(フォンさん「20倍!」)

この辺りまではYouTubeの動画で見られると思います。

 

話が前後しますが、今回のテーマは「反文在寅の大きなうねり」とでもいうようなもので、『反日種族主義』のイ・ヨンフン教授の近況も取り上げていました。左翼や左翼メディアからの攻撃がますます激しくなっているようです。

 

ブログ主はたまたま李承晩TVの最新の動画(韓国語版)を見ていたので、告訴されていることは知っていたのですが、その罪状を聞いて呆れてしまいました。(韓国語版の動画を日本語字幕で観る方法は後述)

 

20190816_rheesyngman01

 

一つは、イ教授が親日のレッテルを貼られているので、「自分の家系は臨時政府に関わった人間のもの」と発言したことで、革命家を冒涜しているという罪、もう一つは元慰安婦や徴用工の人たちの名誉を傷つけたという罪。

更に、経歴詐称で批判されているとのことですが、この理由も滑稽なもの。

イ・ヨンフン教授は名門ソウル大学の教授を定年退職されたそうですが、ソウル大学では15年間教授を務めると自動的に名誉教授の称号を与えるそうで、実際に教授は15年には4ヶ月ほど足りずに名誉教授の資格は得ていないのですが、メディアなどが紹介するときにはソウル大学を定年退職したような教授は名誉教授の称号で呼ぶという慣習があるらしく、勝手に肩書きをつけられているのだそうです。

つまり、教授の預かり知らないところで付けられた肩書きで批判されているとのことです。

また、少し前に韓国の公営放送が教授を追いかけ回して、あまりにしつこくマイクを向けるので小競り合いになったそうですが、その場面も何度もテレビで流され、この件でも最近告発されたとのことです。

 

洪氏が主幹を務める『統一日報』にこのことが書いてあるので一部引用します。

 

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86359&thread=01r04
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
「反日の竹槍を打ち壊し、反文在寅の竹槍を掲げよう」
2019年08月15日

(一部引用)
今、文在寅・主思派政権の偽善と邪悪が国内外に知られた。このとき、彼らの反日種族主義が攻撃されたのだ。
文政権と左派は当初は無視する姿勢を取ったが、韓国のメディアが114に及ぶ参考文献を収録しているこの重要な著作を紹介する書評を出さないにもかかわらず、『反日種族主義』がベストセラーになるや、著者らを威嚇している。李栄薫教授と共著者たちが危険にさらされている。ついに扇動メディアを動員して暴力的に妨害し始めた。公営放送のMBCが、その急先鋒に立った。
MBCは李栄薫教授に無理やりインタビューを強要し、これを言論の自由と言い、彼らの行動を正当化する捏造放送までした。MBCなど左翼の主張は、韓国人として本当に恥ずかしく慨嘆すべきことだとする。左翼媒体は文在寅の家族関係などは全く報道せず、タイに逃れた娘家族は追跡せず、反日種族主義の著者たちを攻撃している。

 

洪氏によると、左翼がイ・ヨンフン教授を攻撃すればする程「英雄」となっているそうです。

 

外国語のYouTube動画を自動翻訳の字幕付きで視聴するには

これは、自動字幕機能を使い、更にそれを日本語に翻訳しつつ見るので、完璧ではないのですが、李承晩TVでは7割くらいは理解できます。(自分の持っている知識と、想像力を最大限活用する必要がありますが。)

方法をメモしておきます。

  1. 動画の右下にある歯車のアイコン(設定)をクリックして「字幕 オフ」を選択(クリック)。
  2. 「韓国語(自動生成)」を選択。
  3. 再び「設定」をクリックし、「字幕 韓国語(自動生成)」をクリックするとメニューに「自動翻訳」という項目が追加されているのでそれをクリックすると言語が選べる。
  4. 字幕の色や文字の大きさは「字幕」メニューの「オプション」で変更できる。(この設定は一度設定すると記憶される模様)

 

Google翻訳を使って外国語のサイトをまるごと、あるいは文章を翻訳する

なお、動画に付けられたコメントなどはGoogle翻訳で「韓国語」→「日本語」に翻訳すれば、元の文章があまり砕けたものでなければ、意味が分かる程度には翻訳されます。

下の画像は既にGoogle翻訳の画面が表示された状態ですが、Googleのトップページ等にある「Googleアプリ」(①)メニューから「翻訳」(②)を選択すると下の画像のような画面(③)が表示されます。

翻訳元と翻訳先の言語を指定(④)して、翻訳元の文章や文字列を貼り付ければ(⑤)自動翻訳されます。

 

20190816_rheesyngman02

 

なお、経験から言うと、韓国語→日本語(あるいはその逆)では否定文は苦手のようです。韓国語もおそらくそうなのでしょうが、日本語では英語のような明示的な否定語がないせいか、訳してみて、文脈上、否定形になるはずの文が肯定文になることがしばしばあります。

一度、自分で書いた日本語の文章を韓国語に翻訳してから、再度日本語に変換してみたことがありますが、そのときに否定文が肯定文になってしまったのを経験しました。
 

 

反日デモの報道(産経)

 

https://www.sankei.com/world/news/190815/wor1908150019-n1.html
雨の中、抗議集会 光復節の韓国 安倍首相糾弾のロウク集会も
2019.8.15

【ソウル=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の15日、韓国では歴史問題や日本政府による輸出管理厳格化などをめぐり日本を批判する抗議集会や行進が、各地で行われた。

 首都ソウルの天候はこの日、朝から雨。ソウル市庁前の広場では複数の市民団体で構成する「強制動員問題解決と対日過去清算のための共同行動」が、いわゆる徴用工問題について日本に抗議する集会を開いた。集会参加者らはレインコートを着たり傘を差したりして「日本は謝罪せよ!」「安倍(晋三首相)は謝罪せよ!」などと気勢を上げた。

 集会には元徴用工だったと主張する男性らも参加。亡くなった元徴用工らの遺影を掲げ、日本大使館前まで行進し、徴用工問題の解決を求める署名を大使館側に渡した。

 ソウル中心部の光化門広場では、極左労組の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)が全国労働者大会を開催。夕方からは労組など750余りの市民団体共催の、安倍晋三首相を糾弾するロウソク集会が開かれた。集会では、日本政府の輸出管理厳格化を「経済報復だ」と批判し、これに対抗して韓国で展開されている日本製品の不買運動への参加を訴えた。

 また、この集会は、反日ではなく「反安倍」を訴えるものであることを強調。「NOアベ」と記されたプラカードやロウソクをともした紙コップを手に、安倍首相を「アベ!」と呼び捨てにし、「アベは退陣せよ!」などと叫んだ。さらに、日本国内の反安倍政権勢力との市民同士の連帯を訴えた。

 関係者は、このロウソク集会への参加者を10万人ほどと予想していたが、実際の参加者は目標を下回ったようだ。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/17

【反日種族主義】イ・ウヨン先生も執筆陣のお一人の『反日種族主義』、9月に日本で出版予定!

取りあえず、お知らせまで。

こちらのツイートに埋め込まれた動画(頭出し済み)によると、翻訳はすでに終わり、9月には大手出版社から発売予定とのこと。

 

 

 

上記動画は画面中の「YouTube」の文字(YouTube.comで視聴する)をクリックするか、以下のリンクからYouTubeで見ることができます。

 

【質疑応答】iRICH 国際歴史論戦研究所 国連人権理事会 派遣団 報告会 ⑩ 2019/8/6 参議院議員会館

 

昨日は、BSフジ・プライムニュースにイ・ウヨン先生が出演されました。この番組の感想なども後ほど追加するかもしれませんが、一旦、公開します。

 

 

  


 

 

 

2019/08/14

【(自称)徴用工問題】「徴用工解決済み」を支持したのはポンペオ国務長官。河野太郎外相に。

前回のエントリーで全文が読めなかった毎日新聞の記事『米、「徴用工解決済み」を支持 日本に複数回伝達』ですが、14日付読売新聞朝刊に後追いの記事が載っていました。

 

 

記事によると、ASEAN関連外相会議の期間中、河野外相が「サンフランシスコ講和条約をひっくり返す真似はできない」と言い、ポンペオ氏がこれに「分かっている」と応じた、というもので、読売はこの会話を複数の政府関係者に確認したとのことです。

 

前回説明したように、日韓請求権・経済協力協定はサンフランシスコ講和条約に基づいています。

第4条の(b)で日本は朝鮮半島の資産放棄、(a)で互いの債権債務を清算するよう書かれている。韓国はこれに従い「対日8項目」を要求、日本は未払い賃金等を含めて無償3億ドルを韓国に支払い、解決済みです。

 

日韓請求権協定を含む日韓基本条約を「卓袱台返し」するような韓国の行為は戦後の国際秩序を蔑ろにするものであり、およそ国際常識を無視するものです。

韓国外交部は講和会議に参加できなかったのでサンフランシスコ講和条約など関係ないと言っていますが、それは「日本から切り離された一部」だからで、独立もこの条約に書かれてあること。参加しなくても当事者であることは変わりありません。

連合国側でもないのに、後出しジャンケンのように「精神的苦痛」などという新しい概念を持ちだして強請・たかりを平然とやってのける厚顔無恥な国には相応の制裁をすべきです。

 

 

  


 

 

 

2019/08/13

【韓国】気でも狂ったか? サンフランシスコ講和条約さえデタラメな解釈をする韓国政府

韓国KBS、というか韓国外交部が訳の分からないことを言い出しています。

  

丸数字は便宜的にブログ主が振りました。


http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=73010
韓国は平和条約に関係せず 外交部が反論
2019-08-13 13:34:29

①日本の一部のメディアが、サンフランシスコ平和条約で多くの締約国が日本への賠償請求権を放棄した条項を根拠として挙げ、強制徴用に関する韓国の賠償請求権は存在しないという趣旨の解釈をしていることについて、韓国外交部は「その条項と韓国は関係ない」と反論しました。

②日本の一部のメディアは11日、「1951年に結ばれたサンフランシスコ平和条約は請求権の放棄に関する条項を盛り込んでいる」としたうえで、「これにもとづいてアメリカも、最高裁にあたる韓国大法院の元徴用工への賠償判決が1965年に締結された韓日請求権協定に反するという立場を支持している」と報じました。

③これに対して外交部当局者は、12日、記者団に「韓国は当時、サンフランシスコ平和条約に戦勝国として参加することができなかった。この条約の締約国が請求権を放棄した条項と韓国とは関係がない」と反論しました。

サンフランシスコ条約は1951年9月に日本と連合国の間で結ばれたもので、14条に「戦争の遂行中に日本国及びその国民がとった行動から生じた連合国及びその国民のほかの請求権を放棄する」と明記されています。

⑤外交部の当局者は、「しかし、韓国は当時、戦勝国でなかったため、当事者にはなれず、この条約にもとづいて強制徴用の賠償請求権を放棄したとみることはできない」と説明しています。

 

この記事は、一言で言えば、「韓国は戦勝国なのに、サンフランシスコ講和会議に参加させて貰えなかったのでサンフランシスコ条約なんて知るか!」って言っているのです。

 

段落①は、内容からして記事の「リード」(要約)に当たると思われるので、①と②の「一部メディア」とは同じものを指していると思われますが、恐らく毎日の記事でしょう。(『米、「徴用工解決済み」を支持 日本に複数回伝達』毎日新聞2019年8月11日)

しかし、有料記事で全文が読めないため、ここはひとまず先に進みます。

段落③については、言っていることは一応尤もです。韓国は1919年の上海臨時政府の設立(日本に宣戦布告したが、連合国には相手にされなかった)を根拠にサンフランシスコ条約に「戦勝国」面して参加しようとしたのですが、認められませんでした。そして、記事の中の「条約の締結国」=連合国側であるわけもないので、連合国側に関わる条項には関係ありません。

その条項とは、④で言っている14条ですが、繰り返しますが、戦勝国側に関わる条項なので韓国には関係ありません。

日本が戦争中に一時占領した国、例えばフィリピンやインドネシア、パラオなどはここに含まれます。

ここで②に戻りますが、「1951年に結ばれたサンフランシスコ平和条約は請求権の放棄に関する条項を盛り込んでいる」というのは、第4条(と第2条)のはずです。下にサンフランシスコ平和条約の条文を示します。

 


http://www.chukai.ne.jp/~masago/sanfran.html
日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)

第二条

(a) 日本国は、朝鮮の独立を承認して、済洲島、巨文島及び欝陵島を含む朝鮮に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。

(以下略)

第四条

(a) この条の(b)の規定を留保して、日本国及びその国民の財産で第二条に掲げる地域にあるもの並びに日本国及びその国民の請求権(債権を含む。)で現にこれらの地域の施政を行つている当局及びそこの住民(法人を含む。)に対するものの処理並びに日本国におけるこれらの当局及び住民の財産並びに日本国及びその国民に対するこれらの当局及び住民の請求権(債権を含む。)の処理は、日本国とこれらの当局との間の特別取極(とりきめ)の主題とする

第二条に掲げる地域にある連合国又はその国民の財産は、まだ返還されていない限り、施政を行つている当局が現状で返還しなければならない。(国民という語は、この条約で用いるときはいつでも、法人を含む。)

(b) 日本国は、第二条及び第三条に掲げる地域のいずれかにある合衆国軍政府により、又はその指令に従つて行われた日本国及びその国民の財産の処理の効力を承認する。

(c)省略

 

これは、前回のエントリーで説明した内容です。

まず、第2条で朝鮮半島の独立を承認し、そこに於ける請求権を放棄させられ、第4条(b)により資産をアメリカに接収されます。そして、第4条(a)で、当事国(日韓)で債権債務の清算をしなさい、ということを言っています。

これに基づいて日韓国交正常化の協議の中で交渉し、それが「日韓請求権協定」となるわけです。

 

しかし、そうなると、⑤の、

“外交部の当局者は、「しかし、韓国は当時、戦勝国でなかったため、当事者にはなれず、この条約にもとづいて強制徴用の賠償請求権を放棄したとみることはできない」と説明しています。”

とは、何を言っているのでしょう?

もしかしたら、戦勝国のつもりで、②の、「1951年に結ばれたサンフランシスコ平和条約は請求権の放棄に関する条項を盛り込んでいる」は第14条のこととし、

韓国は戦勝国だから第14条の対象国だ! しかし、戦勝国としてサンフランシスコ条約に参加させて貰えなかったので、第14条のことなど知るか!

と言っているのでしょうか?

 

恐らくそうなのでしょう。

段落③の、「戦勝国として参加することができなかった」という言い方に表れています。

 

それは、文在寅大統領が1919年に上海に臨時政府を設立した年を建国年としているからです。(本来の建国年は日本の降伏後の1948年)

つまり、文在寅政権下では、“1919年に臨時政府を設立して大韓民国が建国され、日本に宣戦布告して戦勝国となった”というファンタジーが歴史となっています。

 

このことは2年ほど前に『【徴用工問題とはなにか?】政権が変わると建国記念日がコロコロ変わる国、韓国』に書きましたが、時の政権によって19年建国説、48年建国説とコロコロと変わっています。

左派政権は、「アジアにおける『悪』は日本であり、アジア各国は日本に侵略された」という主張ですが、そうなると、終戦まで朝鮮人が「日本国民」だったという事実は非常に都合が悪いため、「19年建国説」に固執するのです。

 

実は、前回紹介した動画の最初の方でこれに関係することを説明しています。

 


7. そもそも請求するものがあまりなかった - 請求権協定の真実

オリジナル(字幕無し):[위기 한국의 근원 : 반일 종족주의 (14)] 애당초 청구할 게 별로 없었다 - 청구권협정의 진실

  • https://youtu.be/LKjze4jgLAE (字幕付きの約6ヵ月前に公開)
  • 2019年8月14日時点 再生回数 9,646回、グッド 717、バッド 26

 

 

20190611_isunman01

 

20190611_isunman02

 

韓国はもちろん戦勝国ではなく、また、フィリピンやインドネシアのように戦争中に一時的に占領された国々と同じではありません。

しかし、それを理解していない韓国人が多いので、

 

なぜ、35年間支配された韓国が3億ドル(借款を含めると5億ドル)で、わずか3~5年占領されたに過ぎないフィリピンは5億5千万ドル、インドネシアは2億2千300万ドル貰えるのだ!

 

という不満があるのです。

 

つまり、韓国人にはこのレベルから教えないとダメなのです。

尤も、サンフランシスコ条約なんて学校で教えるわけありません。教えたら第2条で韓国が出てきてしまうので、自分達が戦勝国でも占領された国でもないという事実を知ってしまいますから。

どうです? 異常な国でしょう?

 

なお、この動画では、国交正常化交渉の経緯の一端にも触れており、日本人にも役に立つので、是非全編ご覧になることをお薦めします。

 

最後に、あらためておさらいの意味で、以前掲載した記事(大法院判決に対する坂元茂樹教授の見解)を再掲します。

ここに書いてあるように、日本と韓国はサンフランシスコ条約(の第4条)に基づいて財産請求権を処理し、日韓請求権・経済協力協定を結んだのです。

 

20181031_yomiuri03

 

【参考】毎日新聞の記事(無料公開部分)

 


https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/030/305000c
米、「徴用工解決済み」を支持 日本に複数回伝達
会員限定有料記事 毎日新聞2019年8月11日 02時00分(最終更新 8月12日 17時08分)

 韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決を巡り、米国政府が日本政府に「元徴用工への損害賠償を含む請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済み」とする日本の法的立場を支持する意向を伝えている。日本政府関係者が明らかにした。米国は元徴用工問題で日韓に歩み寄りを促すが、日本側は「原則的な主張は米国の理解を得ている」と受け止め、韓国政府に賠償の肩代わりなど「請求権協定違反」の是正を引き続き求める方針だ。

 外務省は、昨年10月の韓国最高裁判決を受けて、原告側が米国にある日本企業の資産差し押さえを申し立て…

 

 

  


 

 

 

【(自称)徴用工問題】日韓請求権協定の交渉中に生存者の精神的苦痛に対する賠償を要求していた韓国政府

いわゆる元徴用工、正しくは朝鮮半島出身の労働者ですが、韓国の反日種族主義を打破するためにYouTubeで講義をしている李承晩TVの『7. そもそも請求するものがあまりなかった - 請求権協定の真実』という動画で、日韓交渉の第5回、張勉(チョン・ミョン)政府の時、韓国側は「精神的・肉体的苦痛に対する保障」を持ち出しだしたが、日本政府に拒否されると、その後は扱われないままだったと説明されています。

まずは該当部分を時間指定してブログ主のツイートに埋め込んだので、ご確認下さい。

 

 

  

現在問題になっている「徴用工裁判」とは「日韓請求権協定」に関わることで、この協定は、日韓両国の債権債務の清算が目的です。

動画の説明を引用すると、日本人・日本企業が朝鮮半島に残した財産は、1946年の評価額で52億ドルを超え、その内22億ドルが韓国に属していました。これはアメリカに接収され、韓国に引き渡されることになります。

これで、韓国側の要求はほぼ満たされているので、それ以外の双方の請求権を「調整」するというのが交渉の目的となります。

韓国は骨董品や美術品など、返還要求をまとめますが、それが8項目の「対日請求要綱」で、日本はいくつかを認めます。

この第5項に含まれていたのは労働者の未払い賃金や死亡者の恩給などで、日本側は直接個人に支払うつもりでしたが、韓国側が「こちらで払うからまとめてくれ」と言って、無償3億ドルの「援助金」に含めて払ったというのは有名な話です。(最終的には、韓国に無償3億+円借款2億ドルの合計5億ドル-総額1800億円)の経済支援が合意された。)

これについては、恐らく終戦間際の短期間の賃金と「強制貯金」(日本人も対象)が含まれているのではないかと思いますが、それらはたかが知れ、動画によると日本側の見積もりは約7,700万円程度でした。この交渉は第6回目から行われました。

前述のように第5回で韓国側が要求した「生存者の精神的苦痛」に対する補償は、日本側が「日本人の労働者に対してはそのような性質の保障は支払っていない」という反論で終わっているようで、結局、日韓請求権協定には盛り込まれなかったのですから、韓国側は諦めたということになります。

 

さて、日本が未払い賃金等を含めて与えた無償3億ドルから、どのように労働者に支払われたかと言うと、死亡者や疾病者に対してだけで、未払い賃金は支払われませんでした。これが尾を引くです。

チャンネル桜の番組『夢を紡いで』(後ほどリンクを貼ります)で西岡力氏は、恩給を直接日本に支払われたら、朝鮮戦争の従軍者との差が付いてしまう(当然、日本の恩給の方が額が多い)というものと、一時的に労働者に支払ってしまうとそれで終わりだが、経済復興に使えば国民全体に恩恵がある、という理由だったそうです。

これは韓国人が評価を下すべき話ですが、実際に「漢江の奇跡」という経済成長がなされ、朴正煕の目的はその通りになりました。

 

これで、未払い賃金等はそのままになってしまったかと言うとそうではありません。

 

【朝日新聞Globe+】
https://globe.asahi.com/article/11919752
韓国人記者が見た元徴用工裁判
2018.11.02

(一部引用)

今回の判決文を隅々まで読んでみた。そこには請求権協定締結後、韓国で起きた徴用工問題を巡る動きが詳しく書かれていた。

韓国政府は徴用工らへの補償のため、1974年に法律を制定し、77年6月まで8万4千人余に約92億ウォンを支払った。日本から請求権協定で得た無償資金の9・7%にあたる。更に、韓国政府は2007年に特別法を制定。総額6200億ウォンを支給するなどした。

黄宣真 朝日新聞ソウル支局記者

 

韓国政府が調査して支払い範囲を決めたのに、これにまだ漏れる“元徴用工”とは一体どのような人達なのでしょうか?

 

尤も、今回大法院が持ち出したのは、日韓請求権協定の交渉の中で諦めた「日帝強占期の精神的苦痛」などという理由です。

これを、無償3億ドルには賠償的性格があるとして、日本ではなくて韓国政府に支払いを求める遺族もいます。(下の記事) しかし、どちらも「いつまで他人にたかってるんだろう」としか思えません。

 

20190808_sankei

 

ただ、韓国政府に求めるならそれは韓国の国内問題で済みます。

しかし、日本に対する賠償請求はそれとは異なり、日韓国交回正常化交渉で両国が苦労して妥協点を見つけたことを根底から覆す行為です。

 

ここで念のために書きますが、日韓請求権協定は、日韓基本条約の付随協約の1つで、この他に漁業協定や地位協定があり、このように条約と協約はワンセットなのです。

この協約を破棄するとなると日韓基本条約そのものが成り立たず、だから“卓袱台返し”などと言われるわけです。

ちなみに「地位協定」では在日コリアン2世までの永住許可が含まれています。(3世以降は特別許可とかなんとか曖昧な理由)

つまり、この永住許可も根拠がなくなるわけで、お帰り願うか、他の在日外国人同様の扱いにすべき、という議論になります。

 

なお、この動画はもう少し内容を見ていきたいのですが、それはエントリーを改めることとします。

 

 

  


 

 

 

2019/08/11

「慰安婦像」を「平和の少女像」にすり替える活動がドイツと日本で進行中。NHKも加担?

10cm程の大きさの慰安婦像をゲリラ的に設置するキャンペーンが展開されているようです。(吉田康一郎氏のツイートより)

 

Small_prostitute01

 

あいちトリエンナーレに関する報道でも等身大の慰安婦像の横に小さなブロンズ像のようなものが置かれている写真があるので、この像に気付かれた方も多いかと思います。

この像は販売をされているようなので、おそらく目立たないように個人でもできる活動として、また、資金稼ぎの目的もあるのではないかと思います。

また、「慰安婦」が実は単なる売春婦だったことがイ・ヨンフン先生等のご尽力で洗脳教育を受けた韓国の若者ですら知り始めた為か、「平和の少女像」などと一般化あるいは汎用的な呼び名に変えて誤魔化そうとしているような戦略を感じます。

 

ここで話題が飛びますが、吉田氏のツイートを見る前に、ブログ主は10日の午前中、BS1のニュースを見ていて、あることに気付きました。

 

Small_prostitute02_nhk01

 

あいちトリエンナーレの問題を単なる「慰安婦像の撤去」問題としているという憤りと同時に「少女像」という呼び名に違和感を覚えたのです。

そこですぐにweb記事を調べて見ると、NHKは「少女像」と呼んでいることが分かりました。

 

Small_prostitute02_nhk02

 

ブログ主の記憶では近頃の日本の報道では「慰安婦像」と呼ぶのが普通なので、「少女像」という呼ぶのを聞いて、あれ?と思ったのです。

 

タイトルに「ドイツと日本で」と書きましたが、実は、既にドイツではこの小さな像をあちこちに置く運動が行われています。

 

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55665894.html
10cmにも満たない少女像まで…ドイツから次々と少女像を撤去する日本

元記事は韓国の記事: http://naver.me/5vRDgEcF (2019.08.04付)

(該当部分のみ引用)

  • 4日、ドイツで活動する韓国関連の市民団体であるKorea Verbandによると、同団体のハン・ジョンファ代表は、2017年初めにベルリン北部のブランデンブルク州の小都市と、ラーフェンスブリュックナチス強制収容所記念館(Ravensbruck Memorial)に「小さな少女像」を展示した。
    (ブログ主註: 正しいスペルはKoreaverbandとRavensbrück Memorial)
     
  • ラーフェンスブリュック強制収容所は、ナチス時代、体制に反抗する女性を閉じ込めた女性専用収容所であった。
     
  • しかし、現地の日本大使館側がこれを知った昨年1月頃、ブランデンブルク州当局と記念館を相手に抗議し、展示物から少女像を撤去することを要求した。

 

上記記事は例のコリア協会と日本大使館によるいたちごっこのような攻防を報じているもので、先日のエントリーに書いたベルリンのGEDOKというギャラリーに展示された慰安婦像について、TBSは以下のように報道していましたが、上記記事でも、同様のことが書かれています。

 

TBS記事: 団体はベルリンの日本大使館から慰安婦問題についての日本政府の見解が書かれた手紙を受け取りましたが、少女像の撤去や展示の中止までは要請されていないということです。

上記記事: ベルリンの女性アーティスト展示館である「GEDOK」が2日から始めた「TOYS ARE US」展示会に少女像が出品されると、駐独日本大使館はGEDOK側に公文書を送った。

 

今気付きましたが、TBSの記事のネタ元はどうやら「Koreaverband」ですね。「団体は~」とコリア協会が主語になっています。

前にも書きましたが、ドイツではニュースにもならないような小さな展覧会なので、TBS(JNN)がそこまで情報収集能力があるとは考えにくいのです。

 

この、「小さな『平和の少女像』」、もとい、「ちいさな『売春婦像』」の運動は注視する必要があります。

 

 

  


 

 

 

2019/08/10

なぜ「安重根の記念碑」が宮城県の大林寺にあるのか?

公開: 2019-08-10 12:31:12  最終更新: 2019/09/16 7:10

以前、たまたまTwitterで見かけた、安重根の記念碑を示す案内板。

 

Anjukon01

 

「こんな物を税金で建てるな!」というコメントと共にupされていた画像です。

今日もたまたまこの碑と徴用工像、慰安婦像を同列視するツイートを見かけたので、今回は、なぜ宮城県に安重根の記念碑があるのか?というお話です。

 

このような案内板が立っていると言うことは、安重根の“整地”として訪れる韓国人観光客が多いのかも知れません。

「安重根記念碑」という名称も実はおかしいのですが、その記念碑の意味が正しく韓国人に伝わっているのでしょうか...

 

 

『日韓2000年の真実』(名越 二荒之助)によると、この碑は安重根と千葉十七の友情を顕彰する碑なのだそうです。

 

千葉十七は明治18年に宮城県に生まれ、今はこの碑のある大林寺に眠っています。

彼が旅順刑務所で安重根(1879~1910)の看守の任務を命ぜられたのは27歳の時。安とはほぼ同年代です。

 

この本を読んで知ったのですが、逮捕後に安を取り調べてみると、安重根は事実を正しく認識しておらず、伊藤博文に恨みを持ったのは様々な誤解からでした。

無知な愛国者というわけです。

逮捕されて後、自分が誤解をしていたと気付いた安は獄中で伊藤公やその家族にお詫びしたいと真情を吐露し、千葉もそんな安に筆や墨、紙などを差し入れて、できる範囲の処遇をしました。(安重根は書が上手だったそうです。)

明治43年(1910年)2月14日に安は死刑判決を受けますが、罪を認めていた彼は控訴はせず、3月26日に処刑の日を迎えます。

そして、刑場に向かう直前、安は千葉に、世話になったお礼として書をしたためて贈ります。

千葉は日本に帰国しても安の遺墨や遺影を仏壇に供えて供養し続けました。

月日が流れ、昭和54年の安重根の生誕百周年が韓国で行われることとなり、千葉十七の遺族はその遺墨を寄贈します。

こうしたことがきっかけで、二人の友情を称える碑を建てようということになり、有志によって寄付された金で1年半後に千葉の眠る大林寺に記念碑が建てられたのです。

現在はこのようなエピソードは忘れられているか、あるいは韓国では違うストーリーになっているのかも知れませんが、せめて日本人は事実を知っておくべきでしょう。

 

【追記】ふと思ったのですが、安重根の裁判記録や調書ってなぜ公開されないんでしょう。ブログ主が知らないだけかも知れませんが。

安重根が自分の過ちに気付いて伊藤博文やその家族に謝罪の意を表していたことなどは、上述の本に書かれているくらいですから、どこかに書かれたものがあるはずですよね? それを公にしたくない力が働いているような気がします。

 

【2019/09/16追記】その後、和田政宗議員の働きにより、案内板は撤去されたそうです。(リンク先は撤去をアナウンスする和田議員のツイート)

 

201909_anjukon

 

 

  


 

 

 

2019/08/09

【あいちトリエンナーレ】『表現の不自由展・その後』の責任者とその黒幕

まず最初に書いておくべきですが、今回の企画展中止では様々な団体が中止に対して抗議の声を上げ始めています。

それは「表現の自由を尊重せよ」というだけでなく、「権力によって潰された」という被害者の側に立ってのものです。

しかし、「表現の自由」には制限があることを知るべきで、また、この作品群にSNSなどで不快感を示している名も無き国民の意見に耳を傾けないのは卑怯です。

 

* * * *

 

企画展の実行委員会(アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三の各氏)が8月3日、企画展の突然の中止に抗議する声明文を提出しました。

朝日の記事【①】によると提出先は大村秀章愛知県知事宛のようですが、抗議文【②】によると、中止の決定の責任者として、大村知事だけでなく、津田大介氏の名前も挙げてます。

津田氏とこの5名の実行委員会メンバーとの関係が不明だったのですが、週刊新潮の最新号によると、「主催者側や津田氏との全面対決の姿勢」とあり、津田氏と実行委員会は一枚岩ではないことが分かります。

(記事の画像はTwitterで見かけたもので、興味があればこちらのツイートをご参照下さい。)

なお、この5名も色々と問題があるようで、それは後述します。

 

津田大介氏と『表現の不自由展・その後』実行委員会メンバーとの関係は?

新潮の記事より時系列を整理すると、

 

2012年 ニコンサロンで予定されていた慰安婦の写真展が中止されたニュースを見た永田浩三氏(武蔵大学教授)が知り合いのギャラリーで実現させる。これをきっかけに『表現の不自由展』が開始。

2015年 津田氏が『表現の不自由展』を知る。(津田氏談)

2018年6月 『表現の不自由展』主催者の一人のイベントがあり、トリエンナーレへの参加を要請。(津田氏談)

しかし、あいちトリエンナーレに出品する作品を巡っては意見の違いがあり、“溝”が。(津田氏談)

 

つまり、この時点で、作品の選択権は永田浩三氏を中心とする実行委員会側が握っていることになります。

また、津田氏には芸術監督としての仕事はしておらず、その能力も無かったことが分かります。

 

慰安婦像展示の経緯は?

慰安婦像の展示の経緯は不明ですが、永田氏はNHKで“日本軍性奴隷制を裁く性国際戦犯法廷”という番組を作成した人物で、慰安婦像を持ち込んだのはこの人物である可能性は大いにあります。

また、ドイツで慰安婦像をあちこちの展覧会に展示する活動を行っている団体(Koreaverband/コリア協会)との関係もありそうな気がします。

ブログ主が拘るのは、反日的な「芸術作品」と「慰安婦像」は分けて考えなくてはならないということ。

美術展にかこつけて慰安婦像を展示するというやりかたはドイツの美術展と同じであり、別の力が働いたのか、あるいは永田浩三氏がその一味なのか、ここは慰安婦像が展示された経緯を明らかにしないとダメです。

 

責任者はあくまでも津田大介氏と大村秀章愛知県知事

しかし、津田氏が慰安婦像の展示にどのようなな関わりがあろうと、芸術監督として責任は彼にあります。

また、慰安婦像以外の展示物は過去に展示を断られたもので、いくら『表現の不自由展・その後』などと銘打っても、今回あらためて公共の場に展示していいものかどうかを判断されるのは当然のことです。

税金が投入される(予定であった)イベントであることも、更に厳しい目で判断される理由となります。

 

そうなると、必ず物議を醸す作品であることが分かっていて許可を出した大村知事と津田氏に責任があることは明白で、許可を受けた実行委員会メンバーが3日で中止されたことに怒るというのは、道理としては正しいと思います。

 

このような事態になった今、なぜ津田大介氏が芸術監督として選ばれたのか?、選考委員がいたのは分かっていますが、彼を推薦した人物は誰か?どのような経緯で決定したのか?等、検証されるべきです。

 

 

東浩紀氏の責任は?

もう一人、登場人物としては、津田大介氏と動画で対談していた東浩紀という人物がいます。

彼はどういう立場だったのかというと、Blogosに転載された記事(元はキャリコネ編集部の記事)によると、企画アドバイザーということですが何もしていないと白状しています。動画から判断すると津田大介氏とは親しいようですから、友人に肩書だけ与えて報酬を受け取る便宜を図ったとしたら、トリエンナーレを仲間で食い物にしていることになります。なお、記事によると、東氏はトリエンナーレ委嘱料辞退の申し出をしたようです。

 

https://blogos.com/article/396417/
東浩紀、あいちトリエンナーレの騒動を謝罪 慰安婦像・天皇制の作品出展は「知っていた」「力不足を反省しています」
2019年08月07日

(該当部分のみ引用)

「ぼくの肩書きは『企画アドバイザー』となっていますが、実行委員会から委嘱された業務は、芸術監督のいわば相談役です。業務は監督個人との面談やメールのやりとりが主で、キュレイター会議には数回しか出席しておらず、作家の選定にも関わっていません」

「僕は7月末より国外に出ており、騒動の起点になった展示を見ていません。(以下略)

 

 

企画展『表現の不自由展・その後』の実行委員会メンバーとはどんな人達?

ここで、先日の虎ノ門ニュースで有本恵子氏が暴露した実行委員会メンバーの“素性”をご紹介します。(Dappi氏のツイートをお借りします。)

 

アライ=ヒロユキ→赤旗のお抱え

岡本友佳→週刊金曜日などの編集者

小倉利丸→天皇制反対運動に参加

永田浩三→NHKで“日本軍性奴隷制を裁く性国際戦犯法廷”という番組を作成

 

 

企画展の出品者は? 企画展中止に抗議したアーティスト達は?

企画展には15名ほどの出品者の名前がありますが、その作品の思想性に疑問は感じても、企画展の実行そのものとは切り離して考えるべきです。(しかし、名前は覚えておいた方が良さそうです。)

なお、この実行委員会の抗議文とは別に72名ほどのアーティストが企画展の中止に対して抗議をしています。【③】

これはこれで、企画展の性質や中止の経緯を知っての行動なので、芸術家の感覚と個人の常識とのバランスに疑問を呈されてもしかたがありません。

 

* * * *

 

①朝日新聞記事

https://www.asahi.com/articles/ASM865HL9M86OIPE02X.html
表現の不自由展「再開を」実行委メンバーが知事に質問状
2019年8月6日19時50分

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となったことを受け、企画展の開催に向けて動いてきた実行委員会のメンバーが6日、芸術祭の実行委員会会長の大村秀章知事あてに、中止の理由などを問う公開質問状を提出した。

 メンバーは県庁で記者会見を開き、「文化の力が卑劣な言論テロに屈しないことを日本だけでなく、世界に示してほしい」などと、企画展の再開を訴えた。

 公開質問状で「開会後たった3日で中止するとの決定を一方的に通告された」と主張。津田氏から口頭で説明されただけで「文書での中止の通告も、理由も明示されていない」とし、中止を判断した具体的な理由や経緯などについて、10日までに文書で回答するよう求めた。

 企画展の会場は、事務局の了解を得て保全しているといい、「会期末までの展示」を要求している。

 企画展は、慰安婦を表現した少…

 

②実行委員会抗議文

 

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20284
「表現の不自由展・その後」の一方的中止に抗議する

 あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長の大村秀章知事と津田大介芸術監督が、「表現の不自由展・その後」を本日8月3日で展示中止と発表したことに対して、私たち「表現の不自由展・その後」実行委員会一同は強く反対し、抗議します。

 本展は、ジャーナリストである津田大介芸術監督が2015年に私たちが開催した「表現の不自由展」を見て、あいちトリエンナーレ2019でぜひ「その後」したいという意欲的な呼びかけに共感し、企画・キュレーションを担ってきました。

 今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。しかし、開始からわずか3日で中止するとは到底信じられません。16組の参加作家のみなさん、そして企画趣旨に理解を示してくださる観客のみなさんに対する責任を、どのように考えての判断なのでしょうか。

 今回の中止決定は、私たちに向けて一方的に通告されたものです。疑義があれば誠実に協議して解決を図るという契約書の趣旨にも反する行為です。

 何より、圧力によって人々の目の前から消された表現を集めて現代日本の表現の不自由状況を考えるという企画を、その主催者が自ら弾圧するということは、歴史的暴挙と言わざるを得ません。戦後日本最大の検閲事件となるでしょう。

 私たちは、あくまで本展を会期末まで継続することを強く希望します。一方的な中止決定に対しては、法的対抗手段も検討していることを申し添えます。

2019年8月3日

「表現の不自由展・その後」実行委員会

アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三

 

 

③72名のアーティストの抗議文を報じる毎日記事とそこに掲載されていた抗議文及び署名者一覧

https://mainichi.jp/articles/20190806/k00/00m/040/117000c
「立場違い尊重、開かれた議論を」あいちトリエンナーレ参加者抗議声明
2019年8月6日 16時50分(最終更新 8月6日 17時05分)

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止された問題で、芸術祭の参加アーティストが6日、連名で政治的介入と暴力、脅迫に抗議する声明を発表した。全文は以下の通り。

 

「テロ予告と脅迫に強く抗議」
アーティスト・ステートメント
あいちトリエンナーレ2019 「表現の不自由展・その後」の展示セクションの閉鎖について

2019年8月6日

私たちは以下に署名する、あいちトリエンナーレ2019に世界各地から参加するアーティストたちです。ここに日本各地の美術館から撤去されるなどした作品を集めた『表現の不自由展・その後』の展示セクションの閉鎖についての考えを述べたいと思います。

津田大介芸術監督はあいちトリエンナーレ2019のコンセプトとして「情の時代」をテーマとして選びました。そこにはこのように書かれています。

「現在、世界は共通の悩みを抱えている。テロの頻発、国内労働者の雇用削減、治安や生活苦への不安。欧米では難民や移民への忌避感がかつてないほどに高まり、2016年にはイギリスがEUからの離脱を決定。アメリカでは自国第一政策を前面に掲げるトランプ大統領が選出され、ここ日本でも近年は排外主義を隠さない言説の勢いが増している。源泉にあるのは不安だ。先行きがわからないという不安。安全が脅かされ、危険に晒(さら)されるのではないのかという不安。」(津田大介『情の時代』コンセプト)

私たちの多くは、現在、日本で噴出する感情のうねりを前に、不安を抱いています。私たちが参加する展覧会への政治介入が、そして脅迫さえもが——それがたとえひとつの作品に対してであったとしても、ひとつのコーナーに対してであったとしても——行われることに深い憂慮を感じています。7月18日に起きた京都アニメーション放火事件を想起させるようなガソリンを使ったテロまがいの予告や、脅迫と受け取れる多くの電話やメールが関係者に寄せられていた事実を私たちは知っています。開催期間中、私たちの作品を鑑賞する人びとに危害が及ぶ可能性を、私たちは憂い、そのテロ予告と脅迫に強く抗議します。

「安全確保の上、展示は継続されるべき」

私たちの作品を見守る関係者、そして観客の心身の安全が確保されることは絶対の条件になります。その上で『表現の不自由展・その後』の展示は継続されるべきであったと考えます。人びとに開かれた、公共の場であるはずの展覧会の展示が閉鎖されてしまうことは、それらの作品を見る機会を人びとから奪い、活発な議論を閉ざすことであり、作品を前に抱く怒りや悲しみの感情を含めて多様な受け取られ方が失われてしまうことです。一部の政治家による、展示や上映、公演への暴力的な介入、そして緊急対応としての閉鎖へと追い込んでいくような脅迫と恫喝(どうかつ)に、私たちは強く反対し抗議します。

私たちは抑圧と分断ではなく、連帯のためにさまざまな手法を駆使し、地理的・政治的な信条の隔たりを越えて、自由に思考するための可能性に賭け、芸術実践を行ってきました。私たちアーティストは、不透明な状況の中で工夫し、立体制作によって、テキストによって、絵画制作によって、パフォーマンスによって、演奏によって、映像によって、メディア・テクノロジーによって、協働によって、サイコマジックによって、迂回(うかい)路を探すことによって、たとえ暫定的であったとしても、それらさまざまな方法論によって、人間の抱く愛情や悲しみ、怒りや思いやり、時に殺意すらも想像力に転回させうる場所を芸術祭の中に作ろうとしてきました。

「連帯し、新たな答えを導き出す」

私たちが求めるのは暴力とは真逆の、時間のかかる読解と地道な理解への道筋です。個々の意見や立場の違いを尊重し、すべての人びとに開かれた議論と、その実現のための芸術祭です。私たちは、ここに、政治的圧力や脅迫から自由である芸術祭の回復と継続、安全が担保された上での自由闊達(かったつ)な議論の場が開かれることを求めます。私たちは連帯し、共に考え、新たな答えを導き出すことを諦めません。

あいちトリエンナーレ2019 参加アーティスト 72名

賛同者一覧(2019年8月6日現在)

青木美紅

伊藤ガビン

石場文子

市原佐都子

今津景

今村洋平

イム・ミヌク

岩崎貴宏

アンナ・ヴィット

碓井ゆい

エキソニモ

越後正志

遠藤幹子

大浦信行

大橋藍

大山奈津子(しんかぞく)

岡本光博

ピア・カミル

レジーナ・ホセ・ガリンド

ドラ・ガルシア

ミリアム・カーン

キュンチョメ

葛宇路(グゥ・ユルー)

クワクボリョウタ

小泉明郎

こまんべ(しんかぞく)

小森はるか

澤田華

白川昌生

嶋田美子

菅俊一

スタジオ・ドリフト

高嶺格

高山明

田中功起

津田道子

Chim↑Pom

TM(しんかぞく)

dividual inc.

ハビエル・テジェス

戸田ひかる

富田克也

トモトシ

永田康祐

永幡幸司

パク・チャンキョン

半坂優衣(しんかぞく)

広瀬奈々子

ジェームズ・ブライドル

キャンディス・ブレイツ

タニア・ブルゲラ

藤井光

藤原葵

ヘザー・デューイ=ハグボーグ

BeBe(しんかぞく)

星ヲ輪ユメカ(しんかぞく)

桝本 佳子

アマンダ・マルティネス

クラウディア・マルティネス・ガライ

繭見(しんかぞく)

三浦基

ミヤタナナ(しんかぞく)

ジェイソン・メイリング

モニカ・メイヤー

袁廣鳴(ユェン・グァンミン)

弓指寛治

吉開菜央

よしだ智恵(しんかぞく)

梁志和(リョン・チーウォー)+黄志恒(サラ・ウォン)

鷲尾友公

和田 唯奈(しんかぞく)

ワンフレーズ・ポリティクス(しんかぞく)

 

 

  


 

 

 

2019/08/08

【NHK】NHKと西早稲田界隈の闇は深い:日本消費者連盟の声明をいちいち報じる必要があるの?

Twitterのタイムラインに流れて来たニュース。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012028431000.html
芸術祭 少女像などの展示 日本消費者連盟 展示再開求める声明
2019年8月8日 19時09分

愛知県で開かれている国際芸術祭で、慰安婦問題を象徴する少女像などの展示が中止されたことを受けて、日本消費者連盟は展示の再開を求める声明を発表しました。

声明では、今回の展示に対し、脅迫や抗議が殺到し、企画展が中止に追い込まれたことについて「消費者運動を掲げて活動している市民団体にとって、とても残念で悔しいことです。今回のてんまつは市民の『知る権利』を侵害し、私たちの『自由に生きる権利』を葬り去るもので、市民、消費者に対する重大な権利侵害です」としました。

そのうえで、「今からでも間に合います。私たちの社会が失ったものを取り返すことができます。私たちは今回の企画展の再開を心から求めます」と訴えました。

 

一見、日本消費者センターと紛らわしい名前で勘違いしたけど、日本消費者連盟って?

と、思って調べたら、住所は「東京都新宿区西早稲田1丁目9−19」。

 

NPO団体だって。そもそも、そんな一団体の声明をいちいち報じる必要があるの?

 

 

  


 

 

 

【あいちトリエンナーレ】『表現の不自由展・その後』の慰安婦像とドイツの美術展での慰安婦像との同時性/慰安婦像の異質性

あいちトリエンナーレの企画展『表現の不自由展・その後』については様々レベルでの欺瞞が暴かれつつありますが、ここでは「慰安婦像」に注目してみたいと思います。

なんとなく、「反日」というテーマで一括りにされていますが、慰安婦像だけが異質なのです。

他の展示物は一応「芸術作品」です。

しかし、「慰安婦像」は説明するまでもなく、政治的な意味を込めた像であり、これ自体は芸術作品ではありません。

 

『表現の不自由展・その後』だけを見ていると気づかないかも知れませんが、前回のエントリーにも書いたように、ベルリンでも同時に「TOYS ARE US」という展覧会が開催されていて、どうもこれをバックアップしているのが、在ドイツのKoreaverand(Verbandは協会とか連盟、連合、ここでは「コリア協会」と訳します)というNPO団体。

ホームページを見てみると、北と南の統一を推進するというようなことを言っています。

 

ちなみに4月にはハイデルベルクにあるGEDOK(このギャラリーはドイツ各地にあるようです)ではコリアン系のドイツ人らしき女性芸術家が「天皇の贈り物」(要するに「慰安婦」)というタイトルの作品を展示しています。但し、慰安婦像はなし。

ベルリンの展覧会やコリア協会についてはまゐまいさんという方がTwitterにまとめて下さっていますので、こちらをご覧下さい。

 

ブログ主は、まゐまいさんの一連のツイートを見ていて、この慰安婦像の画像に既視感がありました。

ドルトムントの写真だそうです。

 

Aichi_triennial05

 

韓国のメディア、ハンギョレが使っているこの画像と同じです。

 

Aichi_triennial06

 

ハンギョレはドイツの美術展とあいちトリエンナーレを一連の活動と見ているようです。

 

こうなると、例えばこういう推理も可能です。

あいちトリエンナーレに慰安婦像を展示することありきで『表現の不自由展・その後』が企画され、慰安婦像の政治性を薄めるために「反日」をテーマとする「(一応)芸術作品」を何点か集めた。

ここまで陰謀論に傾かなくても、少なくとも、あいちトリエンナーレに慰安婦像をねじ込もうとした勢力と津田大介氏に何か接点があるとは考えられないでしょうか。

 

もう少し情報を追加する予定ですが、一旦ここで公開します。

 

 

  


 

 

 

2019/08/07

【またTBSか】「ドイツでは慰安婦像を展示している!」・「ドイツではー」の出羽守

TBSがまたアホみたいなニュースを報じていたようです。

ドイツでは慰安婦像を展示した美術展をやっているのに、日本は表現の自由がない!とか言いたいのだと思いますが...

 

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3744645.html
愛知・芸術祭で展示中止の「慰安婦少女像」 ドイツでは展示続く
6日 12時49分

 愛知県の芸術祭で慰安婦を象徴する少女像を含む企画展が中止されましたが、ドイツのベルリンでは同様の少女像が展示され続けています。

 「旅する平和像」と題された少女像が展示されているのは、今月2日からベルリンのギャラリーで始まった展覧会です。

 作者は愛知で展示が中止された少女像と同じ韓国人芸術家の夫婦ですが、展覧会に地元自治体などからの公的補助は支給されていません。

 主催するドイツの女性芸術団体は、愛知の状況がよく分からないとした上で、「いまも少女像は展示されています。それが私たちの答えです。誰からも抗議は受けていません」としています。

 「ドイツでは基本的に芸術上の表現は自由です。この作品には人をひきつける力があります」(女性芸術団体「GEDOK」展示責任者 フラウケ・ベークさん)

 団体はベルリンの日本大使館から慰安婦問題についての日本政府の見解が書かれた手紙を受け取りましたが、少女像の撤去や展示の中止までは要請されていないということです。

 JNNの取材に対し、日本大使館は「本件への対応を含めて、その詳細について回答は差し控えたい」としています。

 

20190806_tbs_gedok_prostitute

 

 

GEDOKという名前を頼りに検索してみたら、ホームページGoogleMapに建物などの画像が見つかりました。

慰安婦像の画像もGoogleMapのこの場所にupされているので、間違いありません。

美術館ではなくて小さなギャラリーで、ここを根城にしているのか、単に今回借りただけかは知りませんが、東京を想像したら分かるように、ベルリンなら掃いて捨てるほどあるようなギャラリー。

 

Am 14. August 2019, dem japanisch/koreanischen Gedenktag der Trostfrauen, ist die Galerie bis 22 Uhr geöffnet.

 

8月14日は「慰安婦記念日」なのだそうです。(なんだ、そりゃ   )

 

取り敢えず出品者の名前をコピペして記録しておきましょう。 キムさんが何人かいますね。

 

Mica Bara | Heike Franziska Bartsch | Frauke Beeck | Jeanne Fredac | Laura Kärki | Eun-Sung Kim und Seo-Kyung Kim | Mi Ran Kim | Regina Mielich | Nur Özalp | Gertraude Pohl | Iris Weirich

 

 

こんな小さな仲間内の美術展みたいなものをTBSが見つけて取材するとは思えないので、仲間が社内にいるのだろうと思っていたら、こういうのはコーディネーターが暗躍しているのだと教えていただきました。

日本大使館が対応するのかどうかは分かりませんが、こんな私的な展覧会にいちいち文句言わなくてはならないとしたら、ご苦労なことです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【対韓輸出管理】『信用状の再保証』ってなに?/「再保証をやめろ!」と言う人は日本製品ボイコットを叫ぶ韓国人と同レベル

対韓輸出管理が問題になり、ネットで良く目にするのは「韓国の銀行は信用度が低く、L/C(信用状)を日本の銀行が保証しないと受け取って貰えない...」という趣旨の発言です。だから、「邦銀は再保証をやめろ」と続きます。

この再保証という意味がしばらく分からなかったのですが、どうやら「確認信用状(Confirmed L/C)のことだとようやく分かりました。

信用状についての基礎的な説明は後述しますが、普通は、その国(例えば韓国)の銀行では信用度が低いというのなら、韓国国内の他国の信用のある銀行のL/Cしか受け取らないと輸入者に言って、韓国の銀行発行のL/Cを避けます。

従って、通常の信用状は「無確認信用状(Unconfirmed L/C)と言います。

想像ですが、韓国内でL/Cを発行するような銀行は国策銀行なので、そこを使うような制限があるのかも知れません。そこで、その銀行では保証が十分でないとなると、別の銀行の「支払い保証」をつけて貰います。

信用状の発行は銀行業務、つまり、商売の一つなので、「邦銀は再保証(確認)をやめろ」と叫ぶのは、「スーパーマーケットに日本製品を置くな!」くらい、子どもっぽい意見だと分かると思います。

韓国の銀行に融資している邦銀がきちんとリスク管理をするのは企業としては当たり前のことで、それは必要なことですが、国民感情に押されて「保証をやめる」とか馬鹿馬鹿しい話です。

 

 

輸出手続きの流れ ~L/C(信用状)、B/L(船荷証券)とは~

輸出手続きにおいて、様々な書類が必要になりますが、“キモ”となるのは、L/CとB/Lです。

そして、今回、話題になったのは「輸出承認許可証」(E/L: Export License)ですね。

当然ですが、承認の必要な商品を輸出する場合、出荷の前に輸出者は必要な書類を揃えて(商品の性質によって必要な書類は異なり、経産省のサイトに記載されている)経産省に提出し、許可を得なければなりません。

今回話題となった3品目の場合、以前は、同一業者への同一商品の輸出では1度許可を取ればそれが3年間有効だったのが、7月4日から契約の都度許可を取らなくてはならなくなりました。(複数回の出荷を1契約で取り決めることはあり得ます)

韓国の企業としては、ここで90日くらい足止めを食うので焦っているのです。また、過去3年間の輸入品の使用実績の提出を求められているので、もし、“横流し”をしていたとしたら、この書類は提出できないでしょう。

輸出許可や書類の作成に時間は掛かると言っても、やましいことがなければ粛々と書類を作成して輸出業者に提出すればいいだけの話です。

 

Export_image

 

流れとしては上図の通りですが、先に「船荷証券」(B/L:Bill of Lading)について説明すると、これは貨物を引き渡したときに受け取る書類で、要するに貨物引き取り証のようなもの。輸入業者にとっては、港に届いた貨物を引き取るのに必要になります。従って、有価証券です。

輸出業者としては貨物を船会社に引き渡してB/Lを受け取ったら、これを銀行に買い取って貰えば代金決済は完了となります。

 

「信用状」(L/C: Letter of Credit)とは輸入地(ここでは韓国)の銀行が支払い保証をするもので、当然、輸入者に十分な与信があるはずで、最終的に輸入者がB/Lを買い取ることを前提とする「保証」です。

L/Cを「発行する」ことは、一般に「開設する」と言います。英語では「open」という動詞を使います。

L/Cが開設されたことは、輸出業者は日本国内の銀行を通じて知り(通知銀行と呼ばれる)、これ受け取ったら契約通りの内容になっているかチェックした後、出荷に取りかかります。

あとは、L/Cとは逆の流れでB/Lが輸入者の手元に届きます。

 

話は前後しますが、輸入者はB/Lを受け取ってしまったら、貨物船が沈没しようがB/Lを買い取って貰えます。が、その場合、L/Cが「取り消し不能」(Irrevocable)となっていることが重要で、前述の確認/無確認信用状とは別のレベルの話ですが、このように信用状にも様々な種類があり、契約の段階でどのような信用状か、あるいは信用状を受け取った際に約束通りの信用状か、輸出者はこれをしっかりと確認することが重要です。

 

 

  


 

 

 

 

2019/08/06

【韓国】同じ弁護士会が行っている対日訴訟とライダイハン訴訟

当ブログでも以前から警鐘を鳴らしていますが、韓国発の慰安婦問題とライダイハンは同じ勢力(例えば、慰安婦像を作った夫婦)が行っています。

そして、日本相手に訴訟を起こしている弁護士会は、ベトナム戦争で韓国人がベトナム人に対して行った非道な行為を訴える活動をしています。

それがよく分かる朝鮮日報の記事が出ていたので記録しておきます。

この二種類の訴訟を同じ弁護士会がやっていることを不思議に思われるかも知れませんが、これは日本の反日勢力を考えれば理解できます。

彼等は「反日」は方便で、実は「反韓国」なのです。

彼等が信奉しているのは「北朝鮮」。いわゆるチュサッパと呼ばれる親北勢力ですから、韓国を日本や米国との同盟から離脱させ、世界に韓国の悪評をまき散らして孤立させれば、北朝鮮の利益になると考えているのです。

従って、ライダイハン問題について、日本人はニヤニヤと笑って見ている程度ならいいのですが、これを応援しようなどと変に関わることは彼等の思う壺です。

 

記事によると、この弁護士会は「民主社会のための弁護士会」(民弁)というそうですが、これに異議を唱える他の弁護士の発言も紹介されています。それを読むと、韓国のダメさ加減がよく分かります。

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/31/2019073180066.html
民弁、今度は「韓国軍に虐殺されたベトナム民間人損害賠償請求訴訟」
2019/07/31

 民主社会のための弁護士会(民弁)に所属する弁護士らは、日帝による強制徴用被害者に続き、ベトナム戦争中に韓国軍によって被害を受けたベトナムの被害者に代わり、韓国政府を相手取り、損害賠償訴訟を起こすことを決めた。民弁は革新傾向の弁護士団体だ。

 法曹界によると、民弁は2017年、ベトナム戦争期の韓国軍による民間人虐殺真相究明のためのタスクフォース(TF)を設置した。同TFには現在、10人前後の民弁所属弁護士が加わっているとされる。弁護士らは24日、全会員1200人余りに電子メールを送り、ベトナムの民間人虐殺被害者の損害賠償請求訴訟を進める代理人団を募集することを明らかにした。

 弁護士らは「TFは昨年、市民平和法廷を開催し、ベトナム民間人の虐殺被害の事実を知ってもらい、大韓民国の法的責任を問う活動を進めた」とした上で、「今年からベトナムの民間人虐殺被害者に代わり、大韓民国政府を相手取った損害賠償請求訴訟を実際に行いたい」と表明した。

 弁護士らは「民弁の会員は長期にわたり、国民が日本に謝罪と損害賠償を要求する活動を支援してきた。同じ線上で大韓民国の軍人がベトナムの民間人を虐殺した過ちについて、被害者が大韓民国政府から謝罪と賠償を受けられるように支援する使命も民弁の弁護士にはあるはずだ。これは普遍的な人権問題だからだ」と指摘した。

 弁護士らは「歴史的な訴訟を共にする弁護士を求める」とし、既に弁護士9人が参加しており、さらに5人の代理人を募集すると説明した。特に新人弁護士の積極的な参加を待っているとした。民弁のベトナム戦争TFは韓国軍に家族を奪われたと証言しているベトナム人、グエン・ティ・タンさんらと共に昨年と今年初めに青瓦台と国会で事態解決を求める記者会見を開いた。TFはベトナム人らから訴訟委任を受けている状況で、いつでも提訴することが可能だ。

 法曹界からは批判的な意見も聞かれる。徐正旭(ソ・ジョンウク)弁護士は「国際法的に戦争犯罪は国家間の条約を通じて賠償金を支払い、その後国内で解決するケースが大部分だ。個々人が戦争相手国の責任を問い始めれば、紛争にきりがない」と指摘した。匿名の弁護士は「普遍的人権の問題ならば、日帝による提岩里虐殺事件から6・25戦争の数多くの民間人虐殺被害者まで全部集めて訴訟を行うべきではないか」と主張した。別の弁護士は「6・25南侵被害について、北朝鮮を提訴するのが先だ」との意見だ。

 民弁のTFは今回の訴訟を起こす理由として、「普遍的人権の問題」を掲げているが、民弁がこれまで北朝鮮の人権にがほとんど言及してこなかったと指摘する声もある。法曹界関係者は「これまで民弁レベルで政治犯弾圧など北朝鮮住民の劣悪な人権状況に声を上げた記憶はない」「ダブルスタンダードだ」と話した。2016年に脱北した北朝鮮レストラン従業員らについて、一部の民弁所属弁護士は「計画的脱北」だとの疑惑を提起し、「望まない人は北に送り返すべきだ」と主張した。大韓弁護士協会のキム・ヒョン前会長は「北朝鮮の人権に沈黙しておきながら、歴史的必要性で行われたベトナム戦争について国に責任を問うというのは理解し難い」と述べた。

 「ベトナム民間人虐殺」被害者訴訟は日帝強制徴用訴訟を率いてきた民弁所属の弁護士が中心となって推進している。民弁所属のある弁護士は「率直に言って、今回の訴訟趣旨には同感しない。日帝徴用者の賠償をめぐる対立が高まる中、さらに別の政治的注目を集めるための訴訟提起ではないかと思うと残念だ」と話した。

 

「国際法的に戦争犯罪は国家間の条約を通じて賠償金を支払い、その後国内で解決するケースが大部分だ。個々人が戦争相手国の責任を問い始めれば、紛争にきりがない」

どの口が言う、と思います。

 

さて、この民弁ですが、同じく北朝鮮を信奉している文在寅大統領と歩調が合っているかというと、そうでもないようです。

それをキャノングローバル戦略研究所が書いているので、該当部分だけを引用します。

 

https://www.canon-igs.org/column/security/20181218_5424.html
市民団体の政権批判、激化する権力闘争...苦境に立たされる文在寅政権
2018.12.18

文在寅政権と有力市民団体との対立激化

 そうした雰囲気とは対照的に、最近激しい文政権批判を行うようになったのが労働組合を中心とする進歩系市民団体である。一般に日本から見ると、こうした数々の市民団体と文在寅政権はお互いの利害が一致し、良好な関係を維持していると思われがちだ。文政権誕生の原動力となった「ろうそく集会」を主導したのは彼らだからである。

 しかしながら、弾力労働制を拡大しようとする政府に対し、これまで政権と蜜月関係と言われてきた三大進歩系団体1が反旗を翻すようになった。11月14日に韓国最大の労組である全国民主労働組合総連盟(民主労総)が記者会見を開き、反政府闘争を宣言した。前日には大検察庁庁舎内に押し入り占拠するという事態が起き、波紋を呼んだ。12月1日には民主労総が別の進歩系団体と結成した組織が、「文在寅政権は公約を履行せず、親財閥政策を展開して「ろうそく」の民意から遠ざかっている」と国会前で批判を展開した2。こうした暴力的な抗議運動も辞さない労組側に対して、ついに青瓦台高官は「文在寅政権は全国民主労働組合総連盟だけの政府でも、参与連帯だけの政府でも、また民主社会のための弁護士会だけの政府でもない」とのコメントを発表した3。両者の対立は激化するばかりだ。

 代表的な市民団体の一つで、長年にわたって慰安婦問題に取り組んできた正義記憶連帯(ブログ主註:旧・挺対協)も、常に現政権寄りの団体とは限らない。2018年3月の文大統領ベトナム訪問前には、ベトナム戦争に参戦した韓国軍の行為に対し、ベトナムへの公式謝罪を求める声が韓国の市民団体を中心に高まった。当時は正義記憶連帯代表のユン・ミヒャン氏を中心に、駐韓ベトナム大使館前で政府が公式に謝罪するよう連日デモ活動を行なっていた。さらに、同団体以外にも、与党議員の中から文大統領に対し、政府による公式謝罪を求める声が上がっていたのである4。

 これに対し、文大統領はベトナムでの首脳会談の席上、「我々の心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表する」と述べた。これは具体的な加害行為に言及しない不完全な謝罪ではあったものの、その後韓国国内で「もっとしっかり謝罪せよ」と運動が盛り上がった形跡は見られない。こうした決着の背景には、「(この程度の文言になったのは)韓国からの謝罪を求めないベトナム側の意向に最大限配慮した結果だ5」といった声もあったようだ。いずれにせよ、同時期に問題が再燃した日本との間の慰安婦問題とは対照的な動きである。

 以上の通り、現在韓国では、進歩政権とはいえども、時には自らに対して批判の矛先を向ける市民団体の扱いに苦慮することが少なくないということだ。

【脚注】

1: 全国民主労働組合総連盟(民主労総)、参与連帯、民主社会のための弁護士会(民主弁護士会)のこと

 

 

  


 

 

 

 

【川崎市】刑事罰付きヘイトスピーチ条例に全国から反対の声を!(8月9日まで)【パブリックコメント】

現在、川崎市は50万円以下の刑事罰付きヘイトスピーチ条例を作ろうとして、パブリックコメントを募集しています。

法律に詳しい人によると、法律としてのヘイトスピーチ法にすら罰則規定が付いておらず、条例にて法律の範囲以上のことをやるにはかなりハードルが高いそうなので、こういう条例案を作ること自体、川崎市が異常だということですが、パブリックコメントを募集している以上は、市民だけでなく国民が声を上げないと、今後なし崩し的に他の自治体で同様のことが行われ、その度に反対運動で無駄なエネルギーを使うことになるので、ここで歯止めを掛ける必要があります。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46496940U9A620C1L82000/
川崎市の差別禁止条例、ヘイトスピーチに罰金刑
2019/6/24

川崎市は24日、差別禁止条例の素案を公表した。特定の人種や民族を侮辱し、憎悪をあおるヘイトスピーチを繰り返した場合、50万円以下の罰金とする全国初の刑事罰を盛り込んだ。12月市議会での成立を目指す。

「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例(仮称)」の素案によると、市内の道路や公園、広場など公共の場所における拡声器の使用やビラの配布などによるヘイトスピーチを禁止する。

違反した場合は、市長が違反行為を行わないようまず「勧告」し、2回目の違反では「命令」する。3回目に違反した場合は氏名の公表に加え、検察官による起訴を経て裁判所が罰金刑を言い渡す手順になる。

インターネット上での差別表現も禁止し、プロバイダーに削除要請する規定も盛り込むものの、刑事罰の対象からは外す。

7月8日から8月9日までパブリックコメントを募集し、12月議会での成立を目指す。罰則部分については周知期間を設けるため、早ければ2020年7月の施行となる見通しだ。

 

下はこの件に関する川崎市のサイトです。意見は川崎市民以外でも送れ、住所も一部だけでも受け付けられるので、是非、反対の意見を送って下さるよう、お願いいたします。

 

「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)に関する意見募集について

  • 資料(PDF): 「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)(PDF形式, 199KB)
  • ネットからの意見入力: 「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)についてのパブリックコメント(意見書
  • ネットからの意見送付の他、郵送や持参も可

 

 

関連する情報はこの後掲載しますが、ネットメディアでは様々な問題を指摘されています。

問題点としては、

  • 条例は法律を上書きする権利はないので法律以上のことはできない(ヘイトスピーチ法には罰則規定はない)
     
    cf. 【憲法第九十四条】 地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。

  • 地方自治法14条3項には罰則は付けられると書いてあるが、条例に刑事罰は勝手に設けることはできず、あくまでも法律で委任されていてことが前提で、それは最高裁の判決になっている。
     

こうした法的な問題点以外には、

  • 特定の民族だけを対象にしており、一方通行的な罰則は「逆差別」である。
     
  • 「差別」や「ヘイト」は、受けた側がそう感じたら「ヘイト」という曖昧なもので、恣意的な運用も可能であり、単に特定の民族に特権を与えるだけ。
     
  • このような条例は「多文化共生」に逆行するもので、実は「差別の再生産」に他ならない。新たな軋轢や対立、分断を生み出す。(活動をしている人間はそれが目的)

 

後ほどご紹介する動画で山岡鉄秀氏が仰っていますが、川崎市のある議員に聞いたところ、在特会(在日特権を許さない市民の会)のような団体の活動をピンポイントに封じるためのものだそうです。

ブログ主は彼等にはシンパシーは感じませんが、言論封殺は看過できません。昨年、川崎市産業文化会館での講演会が反対者によって妨害される様子を動画などで観ましたが、反対デモをやっている人達も一般市民から見ると普通ではありませんでした。(資料-2)

殆どの在日コリアンは静かに暮らしていると思います。「アイヌ」問題でも感じたのですが、声を上げない(そのグループの中の)マジョリティを無視してイデオロギー闘争に利用する人々は、実は彼等の人権など考えていないのだと思います。

 

関連動画

【ch桜北海道】北海道新聞に宣戦布告!公開質問状を解説[R1/6/27]


【ch桜北海道】スクープ!北海道の学校に配布された過激派左翼の機関紙![R1/7/1]

 

【上念司の深掘り】Part8-④ ●●市のヘイトスピーチ条例がやばすぎる!?

【出演者】
上念 司(経済評論家)
山岡 鉄秀(AJCN.inc)
篠原 常一郎(ジャーナリスト 元日本共産党 国会議員秘書)

 

資料-1

この条例案を川崎市に要望を出しているのはこの団体。

 

20190301_townnews

 

 

先日川崎駅前で配布していたビラ。一民族だけのために活動していることが分かります。

 

Hate_speech02_flyer

 

資料-2

 

Hate_speech03

 

https://www.sankei.com/affairs/news/180603/afr1806030021-n1.html
「反ヘイト条例は是か非か」討論会が反対派の抗議で中止 講演の弁護士ら、会場に入れず
2018.6.3 20:15

 ヘイトスピーチ対策法施行から2年となる3日、川崎市川崎区の川崎市教育文化会館で3日に開催する予定だった市民団体「ヘイトスピーチを考える会」主催の講演会が、会館前に押しかけた反対派市民団体の関係者らにふさがれ、考える会は集会を延期した。

 主催者の実質的な代表が右派団体「日本第一党」最高顧問を務める瀬戸弘幸氏(66)であることから、市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」を中心に反発、講演会の中止を呼びかけていた。

 集会は「反ヘイト条例は是か非か」という題で政策討論会を開く予定だったが、数日前から対レイシスト行動集団(前身は「レイシストをしばき隊」)がツイッターなどで「ヘイト集会を許すな」などとして、中止に追い込むよう宣言し、集結を呼びかけていた。

 会館の関係者によると、開場1時間前の午後1時ごろから、抗議に集まった数百人が、講演会関係者らの入館を阻み、激しいもみ合いとなった。

 神奈川県警機動隊は現場で警戒したものの、押しかけた講演会反対派が出入口周辺に座り込むなどし、講演会参加者が入館するスペースを確保することができなかった。(以下略)

 

 

  


 

 

 

2019/08/04

韓国紙幣のホログラムは日本製。と言うか、精巧な偽造防止を施した札を刷れるのは世界で2社しかないらしい

日本製品の排除運動が行われている韓国ですが、5千ウォンと1万ウォンのホログラムは日本製という記事がネットで紹介されていました。

2008年の記事で、まあ、よく見つけるものだと感心します。

 

https://japanese.joins.com/article/155/103155.html
韓国紙幣に独島の絵…ホログラムは日本製
2008年08月04日15時10分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

 市中に出回っている1万ウォン札と5千ウォン札には独島(トクト、日本名・竹島)が韓国領土に属している。

偽造防止のため、中央左側に付着している銀色のホログラムの地図に描かれている。偽装紙幣防止用のホログラムには太極の模様、額面の数字、太極旗(テグッキ、韓国の国旗)の師卦とともに独島を含む韓半島の地図が描かれている。見る角度によって、3種類の絵が浮かび上がる。2005年、貨幣図案諮問委員の1人がホログラムの模様として韓半島の地図と太極の模様を提案した。ほかの委員が地図に独島を入れる条件で賛成した。韓半島の地図には済州島(チェジュド)、鬱陵島(ウルルンド)、独島が鮮明に表示されている。

韓国銀行の関係者は「地図がとても小さく、代表的な島だけ強調して入れた」と話している。制作過程で独島が太極旗の師卦と重なり、はっきり見ることができず、これを修正するために2カ月を要したという。

実はこの独島が描かれているホログラムは日本製だ。韓国銀行と造幣公社によると、日本の図版社は2005年に国際入札を通じ、ホログラムの供給業者となった。造幣公社側は「韓国の5000ウォン札と1万ウォン札に使えるホログラムを作っている会社が世界に2カ所ある」とし「このうち、日本の業者が安い価格を提示したため、このホログラムを使っている」と話している。

 

ひとしきり笑った後でブログ主が気になったのは「韓国の5000ウォン札と1万ウォン札に使えるホログラムを作っている会社が世界に2カ所ある」という部分。

調べて見たら、日本の紙幣の印刷機は小森コーポレーションという企業が独占していているのだそうです。

 

http://www.komori.co.jp/hp/ir/
KOMORIは日本で唯一の紙幣印刷機メーカーです

あなたのお財布の中にある紙幣。実は、当社の印刷機械で印刷しています。
半世紀にもわたる納入実績を持つ日本をはじめ、ドイツ、ナイジェリア、そしてインドなどでも当社の印刷機械が使われています。
言うまでもなく紙幣には、偽造が非常に困難な最先端の印刷技術が利用されています。当社の技術が、我が国の経済の安定や信用に貢献しているのです。

 

「ホログラムを作っている」とありますが、正確には、「高度なホログラムを施したお札を印刷できる印刷機を作っている」という意味でしょう。

ということは、韓国の2種類のお札はこの会社の印刷機で刷られていることになります。

 

そして、もう一社とはどこか。

こちらはソースがはっきりしないのですが、何かの記事を引用したらしいブログ記事が見つかりました。一部を引用させていただきます。

もう一社というのはスイスにある企業なのですね。

 

https://blogs.yahoo.co.jp/yynatunatu1108yysummer/16966396.html
日本の紙幣印刷機は優秀だった!
2015/11/27(金) 午前 2:52

印刷機は、どういうワケか、スイスにあるグローバル企業がほぼ独占市場なのだそうだ。

しかし、独占であるが故に印刷機の部品不足、故障の対応の遅延、機械の高騰などと、問題が噴出。

そこに割って入ってきたのが日本の紙幣印刷機だ。

その点を日本の大蔵省お抱えメーカー(小森コーポレーションという)が正攻法で突き、最終的にこのスイスのメーカーと一騎打ちの末に、落札したのが、インドの新しい紙幣を印刷する印刷機(実際には、ルピーの下落などの憂き目に会い、両者で1工場ずつになったそうだ)は日本製だったのだ!

 

お笑いネタから思わぬことを知りました。

 

 

  


 

 

 

【あいちトリエンナーレ】大村秀章愛知県知事や「表現の不自由展」実行委員会よ、被害者ぶるな!

本題に入る前に。

先日、美容院に行って、そこの奥様に会ったら、韓流ドラマファンだったのに嫌韓に変わっていましたw

聞いたら、レーダー照射事件で目覚めて、韓国人YouTuber(多分、このウォークさんという方)の動画で色々と学んだのだそうです。

ブログ主は正直に言って、韓国人が日本語で「アンチ韓国」の動画、例えば、慰安婦はただの売春婦だとかを説明する動画のどこに需要があるのだろう?と思っていました。(やるなら、韓国語で韓国人向けにやれよ、という意味) 内容は、日本のネットで拾ったような情報ですし。

でも、専門家が直接説明しているものを見たり、書籍を読まないような韓流ファンのご婦人には有効なのだと知った次第。

「あの国は一旦つぶさなくてはならない!」だって。 

ついでに、この方はアンチNHKになっていましたw

 

前振りとして書いたエピソードですが意味があって、レーダー照射事件辺りから、もはや日本のメディアですら韓国政府や国民の反日活動が非常に幼稚で下品だということは隠せなくなりました。

しかし、日本国内にいる反日はまだまだ知らない人も多いようで、今やマスコミはその存在を隠すのに必死です。

それを感じたのが、現在、名古屋で開催されているあいちトリエンナーレとその中の展示の一つである「表現の不自由展・その後」。

ネットで様々な情報を見ている方はこれがどのようなものかはご存知でしょうが、大手メディアが流す情報だけだと、多分、「慰安婦像などが展示されているらしいが、脅迫があって展示をやめるらしい」くらいしか伝わっておらず、この展示物がどれほど「日本ヘイト」に満ちたものかは知らないのではないでしょうか。

 

慰安婦像以外の展示作品を一点だけ、ツイートをお借りしてご紹介します。

 

 

 

 

そう、いつの間にか、「日本や日本国民を侮辱する展示をした『加害者』」の立場から「脅迫を受けて活動を阻害された『被害者』」の立場にポジションを変え、一部のマスコミはそのように印象付けを行っています。

韓国との問題だって、日本の国旗や安倍総理が侮辱されている光景は嬉々としてニュースなどで流しますが、この展示の実態は隠していますよね。

 

下は、大村秀章知事とあいちトリエンナーレの芸術監督の津田大介氏の会見を報道する朝日新聞と中日新聞(=東京新聞)。

 

https://www.asahi.com/articles/ASM835SDPM83OIPE01R.html?iref=pc_extlink
「撤去しなければガソリンの脅迫も」企画展中止に知事
2019年8月3日18時04分

 愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の企画展「表現の不自由展・その後」の中止が決まった。実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は3日、記者会見し、表現の不自由展について「昨夜津田監督と話をして、(企画展を)本日までにする」と述べた。

 大村知事は会見で、「これ以上エスカレートすると、安心して楽しくご覧になることが難しいと危惧している。テロ予告や脅迫の電話等もあり、総合的に判断した。撤去をしなければガソリン携行缶を持ってお邪魔するというファクスもあった」と説明した。

 「こうした卑劣な非人道的なファクス、メール、恫喝(どうかつ)脅迫の電話等で、事務局がまひしているのも事実。行政が展覧会の中身にコミットしてしまうのは控えなければならず、芸術祭じゃなくなる。しかし、諸般の状況を総合的に鑑み、円滑な運営のための判断だ」と述べた。

 

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019080202100041.html
抗議殺到…津田大介監督、涙の説明 従軍慰安婦像に似た平和の少女像展示「あいちトリエンナーレ」

【画像省略】目に涙をためながら会見する「あいちトリエンナーレ2019」の津田大介芸術監督=名古屋・栄の愛知芸術文化センターで(岡本沙樹撮影) 

 「表現の不自由展」そのものが表現の不自由さにぶち当たっている。愛知芸術文化センター(名古屋市)などで1日~10月14日、開かれている国際美術展「あいちトリエンナーレ」をめぐり、主催者に抗議の電話が殺到し、2日、名古屋市内で会見した津田大介芸術監督は対象となる作品の展示継続の是非を検討していると明らかにした。表現の自由を問う趣旨が、慰安婦問題と誤認されSNSで拡散されていることが背景にある。

 一番の抗議の対象は韓国の彫刻家による慰安婦像を表現した「平和の少女像」。1日、実行委員会事務局にかかった電話は200件、メールは500件。テロ予告や脅迫めいた抗議もあるという。

 2015年、東京で開かれた「表現の不自由展」の「その後」がテーマ。津田監督は「作品が撤去された事実を提示し、問いたい。相応な理由がある作品を集めるむちゃな企画。15年以降も展示できないことが相次いでおり、何十時間も議論して実現にこぎつけた」。菅官房長官が補助金交付の是非に言及し、河村たかし名古屋市長が展示中止を求めている。「話題になるのはこのような形でなければよかった」。

 津田監督らが議論を重ねたことは、丁寧な説明板に表れている。「過去に何かしらの理由で展示ができなくなってしまった作品です」。表現の自由は「無制限に認められるわけではなく、他者の人権を損なう場合は調整が行われます」。津田監督は「どこに(調整の)ラインが引けるのか個人の判断が分かれる。実物を見た人の反応は驚くほどいい」と訴える。「|少女像」の説明には「正式名称『平和の碑』。『慰安婦像』ではない」とある。

 トリエンナーレのテーマは「情の時代」。津田監督は今の状況を「情報で感情があおられている」。作品を見ずに感情がひとり歩きする現況を嘆く。「僕への抗議はいいが、仲間への抗議を(なくなるよう)なんとか好転させたい」。目に涙をためて訴えた。

 

lhttps://www.asahi.com/articles/ASM836T7WM83OIPE02P.html
津田大介氏「電話で文化潰す悪しき事例作ってしまった」
2019年8月3日

 愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止が発表された。芸術監督を務める津田大介氏が開いた記者会見の主な一問一答は次の通り。

(どうでもいいので、以下略)

 

 

そもそも、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」で実際にどのような展示がなされていたのか、きちんと報道したメディアはどれほどいるでしょうか?

ブログ主はもちろん脅迫行為など是とするものではありませんが、ここまで過激な抗議がある背景を何故報道しないのでしょうか。

実は、展示物を紹介したメディアがあります。

それは、韓国KBS。日本で言うNHKのような公共放送です。下のツイートに埋め込まれた動画をご覧下さい。

 

 

 

 

日本のメディアには取材させないのかしないのかは分かりませんが、KBSには取材を許可して韓国では映像が流された。この意味は?

 

幸い、国(文化庁)から支出される金はまだ支払われておらず、数名の国会議員が阻止に動いています。

 

https://www.sankei.com/world/news/190802/wor1908020034-n1.html
自民「護る会」、慰安婦像展示イベント「公金投じて行うな」
2019/08/02 18:21

 自民党の保守系若手議員のグループ「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会、代表幹事・青山繁晴参院議員)は2日、名古屋市で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「平和の少女像」(慰安婦像)や昭和天皇の写真が燃えているような作品が展示されていることについて「公金を投じて行われるべきものではない」などとする意見を表明した。

 護る会は展示について「『芸術』や『表現の自由』を掲げた事実上の政治プロパガンダであり、公金を投じて行われるべきではない」とした上で、「国や関係自治体に速やかに適切な対応を求める」とした。

 イベントは文化庁の補助事業として愛知県などがつくる実行委員会が主催。1日から開催され、ジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めている。

 護る会はまた、緊迫している中東ホルムズ海峡へ日本が独自に自衛隊を派遣するよう求めた。「わが国タンカーの安全確保のため、護衛艦を派遣すべきだ」と主張。米国が参加を呼びかける有志連合については「別途検討すべきだ」とした。

 

* * * *

山田宏議員ツイート: https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1157895713113571328

この「意見表明」を、2日午後、自由民主党本部において林幹事長代理を通じて二階幹事長に、2日夕刻に総理官邸において西村官房副長官を通じて安倍総理に、それぞれ渡しました。(→意見表明

 

これで、予算が下りなければ、不足分は愛知県が補填することになるでしょう。

あとは、愛知県民や名古屋市民の出番です。住民監査請求から提訴へGO!

 

最後にオマケの画像を。過去の津田氏のインタビューらしく、ネットで拾いました。

 

Aichi_triennial01_tsuda

 

どの口が言う。

 

おまけ、その2。権力を笠に着る小物っぷり。

 

Aichi_triennial02_tsuda

 

  


 

 

 

2019/08/03

【アイヌ問題】アイヌ政策に関するパブリックコメントに意見を!(意見サンプル公開)

公開: 2019-08-03 09:44:09  最終更新: 2019/08/03 11:03 

アイヌ新法が既に施行され、現在、政府は以下の要領で、アイヌ政策を(北海道だけでなく)全国に拡大するために広く意見を募集しています。

 

アイヌ施策の総合的かつ効果的な推進を図るための基本的な方針案に関する意見募集について

締め切り:2019年08月13日(24時迄)←期間が短いので注意

 

パブリックコメントというと構えてしまうかも知れませんが、このパブコメは少し異例で、法令案や条例案の是非を問うようなものではなく、幅広く意見を募集しているため、アイヌ政策の問題点など、おかしいと思うとことを自由に書けます。

概要は上記サイトにPDFで公開されていますが、意見を書く場合の参考になるようにと、様々な方がご自分が送った意見をweb上に公開しています。こちらをお読みになったほうが、「アイヌ政策(アイヌ新法)の何が問題なのか?」については理解が早いのではないかと思います。

公開して下さった方の意図を勝手に解釈し、URLを明記した上でその意見をコピペさせていただきますので、参考にしてパブコメに意見を送っていただければ幸いです。(ブログ主註を赤字でインラインで挿入しています

アイヌの文化は尊重しますが、“アイヌが日本の先住民である”といった間違った歴史認識を正さなければ、我々の子孫に大きな禍根を残すことになります。

 

①上念司氏FBより

https://www.facebook.com/jonen.tsukasa/posts/2363578163703890

アイヌ文化の継承と保護を図っていくために、この補助金が適切に管理、運用されることを希望します。報道によれば、アイヌ協会には北朝鮮の影響を受けたチュチェ思想信奉者が多数入り込んでおり、本来のアイヌ文化の継承とは関係のない政治的なプロパガンダ、日本からの独立運動を本気で進めようとしている人もいるそうです。これは明らかな補助金の目的外使用であり、こういった活動をする人間がアイヌ新法関連予算の差配を行っていたとしたら由々しき事態です。

そこで、このような疑いをもたれることが内容、以下の4点について客観的且つ検証可能な形で厳格な運用をされるよう提言いたします。

1.アイヌ人の認定

アイヌ協会によるアイヌ人認定基準が極めて恣意的で客観的ではありません。
現在の基準では、アイヌ協会さえ認めれば在日朝鮮人であってもアイヌ人と認定される可能性があります。アイヌ人でない人をアイヌ人として保護するのは立法趣旨に反します。例えば、戸籍に基づき、最低でも3親等以内に1名以上のアイヌ人がいない限りアイヌ人と認定しないなど、客観的な認定要件を必須とするよう指導をお願いします。

【ブログ主註】(赤字で。以下同) 砂澤陣氏のように明らかなアイヌ系日本人でも、アイヌ協会の方針に異議を唱えると「アイヌ協会」を除名され、「アイヌ」としての施策を受けることから排除している。このような団体を「民族」と言えるのか?
また、上には外国人がアイヌ人と認定される可能性に言及されているが、これは既にある。アイヌの認定条件に、「配偶者」や「アイヌと暮らしている」というような逃げ道があるため、そもそも国籍は問題にしていない。

2.アイヌ文化の認定

アイヌと一口に言っても、元々5つぐらいの部族に分かれ、それぞれ独自の言語、文化を持っていました。この言語的、文化的ディテールを無視して「アイヌ文化」として一括りにすることは文化の破壊、歴史の改竄に当たります。観光目的に後から作られた偽のアイヌ舞踊などが国の補助を得て広まることはアイヌ文化に対する冒とくです。考古学的、民俗学的な立場から検証可能に耐えうる、真のアイヌ文化のディテールこそ保存、維持されなければなりません。ウポポイ等で行われる、展示、パフォーマンスについて、学術的な検証、監査を実施するようお願いします。

【ブログ主註】現在行われている各種祭りは昭和の高度成長期の旅行ブームで「ショー」として創作されたもの。例えば、イオマンテ(熊送りの儀式)も元々は熊を惨殺するもので、一旦禁止されているのをショーとして復活。アイヌの伝承(物語)も「募集」して作っているものがある。ヒップホップやモダンダンスも補助金の対象。

3.補助金監査の徹底

アイヌ新法制定以前に、アイヌ協会はたびたび不正流用問題を起こしております。こういった補助金の不正利用は絶対にあってはなりません。また、不正流用とは別に、本来アイヌの文化を保護するために使われるべき補助金が、外国の特定政治勢力の宣伝活動に利用されることは言語道断です。年間40億円にも上る補助金が、本当に有効に使われているのか、厳格な監査を実施してください。

【ブログ主註】例えば最近増えている「アイヌ料理」も、交易で得た「塩」くらいしか調味料がなく、通常は海水で味付けしていた程度のものなのに創作している。しかし、それを「文化の伝承」の名の下で補助金を受けて「アイヌ料理の店」を出している。(正しい「アイヌ料理」についてはこちらを参照:明治期に北海道を旅したイザベラ・バードの旅行記より)

4.不正支出への厳しい対応

もし監査において不正流用が発覚した場合、担当者の刑事訴追はもちろん、対象となった事業に対する補助の永久凍結なども含む厳しい処分をお願いします。

 

②木村光氏公開PDFより

Tweet: https://twitter.com/_hikarukimura/status/1157210389760729088
PDF: https://drive.google.com/file/d/1ug1dHh2ws15zCa0R-R3phtY4TRZjNxeP/view

アイヌ施策の総合的かつ効果的な推進を図るための基本的な方針
パブリックコメント用参考文章

1,アイヌは複数の部族集団の集まりと認識しています。それをひとくくりにする政策は逆にアイヌ人に対する差別と感じるが、どう考えているのか?

2,アイヌ文化の保護は理解できるが、それと国が大金をかけて保護する必要があるのか?また多額の資金を使って施設を作るようだが、それは適切と裏付けする根拠は何でしょうか?

3,アイヌ保護団体 北海道アイヌ協会による、不明瞭な予算支出や利権の温情になっている事例が多数あります。こちらの精査、整理、場合によっては解体および健全な団体への移行などは検討しているのか?

4,アイヌ人への認定を北海道アイヌ協会がしているとのことですが、認定の仕方が不明瞭と聞きました。アイヌ政策の根幹の部分なので、その不明瞭な認定をやめ、DNA 鑑定や血統や家系図の確認など、だれもが納得できる方法を樹立していただきたいと思いますが、いかがお考えでしょうか?

【ブログ主註】「アイヌ」認定が不明瞭なのは確かだが、仮に「和人」や「朝鮮人」と交雑していても、統一した文化や言語を守っていれば「民族」と言えるので、DNA鑑定を持ち出すのは誤り。(「人種」の問題ではないので) また、戸籍にはアイヌなどという記載はなく、古い戸籍簿は封印されているので、戸籍では証明できない。

5,諸外国勢力による工作が確認できる事例が多発しています。中国による民族融和による日本分断政策、ロシアによるアイヌ民族認定による北方領土併合、北朝鮮のチュチェ思想工作など、日本を分断する活動と思われます。それに対する規制や対応措置などは検討していますか?

6,アイヌ人への土地の開放や返還する活動があると聞いています。一部居留地の開発は理解できるが、5,への懸念がある以上、簡単に行うことではないと思いますが、どう考えているのですか?

【ブログ主註】今のところ政府は土地の返還には応じていない。しかし、アイヌ協会が自主憲法や軍隊を持つことまで議論している証拠があり、自治領を狙っていることは間違いない。そこに中国は目をつけていて、「ウポポイ」建設予定地を訪問したりしている。また、北海道の首長が中国資本の引き入れに熱心で、これも不安視される。

7,日本人(国内の多民族を含む)との交流を歴史的見地からわかる資料の作成をお願いしたい。差別や迫害が一部にあったかもしれないが、それがすべてではないはず。天皇陛下との交流があった資料なども発見されたと聞きます。両論併記された検証可能な情報開示、発信を心が得ていただきたい。

【ブログ主註】明治期の「旧土人保護法」は名前から差別的な法律とデマを広めているが、実際は無学で貧しく、衛生観念も乏しかった当時のアイヌを保護するのが目的で、土地を与え、学校や病院、風呂なども与えている。徐々に生活弱者救済の汎用的な法律ができて旧土人保護法は死文化していったが、一部のアイヌ(協会)が既得権益とこれに固執し、廃止の代わりに制定されたのが新たなアイヌ文化保護法。この時に、文字通り文化保護だけを目的にした施策だけを行えばよかったが、様々な福祉特権が北海道では残ってしまった。これを全国展開する目的なのが「アイヌ新法」である。

 

以下追記。

 

③ブログ主補足意見

①、②に追加することとして、頭の中を整理するために思いつくまま追記していきます。(加筆修正の可能性あり)

1. 歴史の捏造は許されない

アイヌ文化が確認されるのは歴史区分で言うと「鎌倉」時代以降で、北海道にはそれより遙かに古い遺跡や土偶などの発掘物もあり、先住民族ではない。考古学の時代まで遡らなくても、北海道にはアイヌ出現以前にできた神社もあり、「和人」が既に北海道にいたことは事実で、政治家や官僚の「政治的思惑」で歴史を捏造するのは許されない。

「シャクシャインの戦い」(1669)のように、アイヌの部族間の闘争に端を発した争いをあたかも「和人の圧政に耐えかねたアイヌが反乱をお起こし、和人に殺された」などと、アイヌに都合のよい歴史の改ざんがまかり通っている。現代の我々は後世の日本人に正しい歴史を伝える義務があり、ここで歴史の改ざんはくいとめなくてはならない。

「ウポポイ」で「歴史」を展示するなら、「旧土人保護法」はその名の通り、弱者であるアイヌを保護するための法律であり、アイヌの福祉政策であったことも展示すべきである。「民族共生」などと銘打っておいて、一方的な「アイヌ協会」のプロパガンダ施設とすることは国民の税金を使っている以上許容されるものではない。

2. 差別とは何か

まず、日本政府としてアイヌを差別したことはないという前提に立つべき。民間や地域社会で、異なった習俗を持つ家庭や貧富の差がある家の娘や息子との結婚を反対されたり、見た目が異なる子どもが学校出虐められたりするのは、是とはしないが、これはアイヌと和人の間に限ったことではない。従って、国が謝罪したり補償をするべき性質のものではない。

かつて地域社会でそのような差別があったとしても現代はそのようなことはなく、(アイヌから見た)「和人」に不必要な人権教育などを行って「贖罪意識」を植え付けようとする方法は、「差別の再生産」である。

また、作られた民族「アイヌ」だけに様々な特権を与えることは「逆差別」であり、民族共生の精神にも反する。

 

  


 

 

 

2019/08/02

頭にウジでも湧いてんのか:韓国与党「韓日は離れることのできない隣国」

取り敢えず、記録として保存。

 

https://japanese.joins.com/article/081/256081.html
「韓日は離れることのできない隣国」 雰囲気変わった韓国与党代表
2019年07月31日07時24分

# 「葛藤がこのような形で大きくなって命を懸けてやれば、共倒れしてしまうという考えだ」〔文喜相(ムン・ヒサン)国会議長〕

# 「日本は別れることはできない隣国だ。感情があってもうまく鎮めて共存しなければならない」〔李海チャン(イ・ヘチャン)共に民主党代表〕

30日、文喜相議長と李海チャン代表、国会訪日団団長である無所属の徐清源(ソ・チョンウォン)議員をはじめ、元老級の政治家が同時に「韓日間葛藤が深まる状況を食い止め、対話を始めるべきだ」という声を出した。国会では「日本の輸出規制措置が継続する限り、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を維持することはできない」〔共に民主党・崔宰誠(チェ・ジェソン)議員〕という主張が続くなど、依然として対日強硬雰囲気が強い状況での異例の光景だった。

折しも与党の一部からは「これまで対話の門を閉めていた日本から変化の雰囲気が感知される」という話も聞こえた。「ホワイトリストから除外されれば両国関係が手の施しようがないほど悪化する」〔康京和(カン・ギョンファ)外交部長官〕という言葉のように、韓日葛藤の重大な変曲点になる日本閣議の決定を控え、破局を防ぐための水面下の動きが本格化している雰囲気だ。

この日午前10時30分、李海チャン代表の定例懇談会の時から、今までとは異なるメッセージが出るようになった。それまで李代表は日本の経済報復を「経済侵略」と規定しながら「非常な覚悟で臨まなければならない」と注文してきた。だが、この日記者との問答過程から出た李代表のメッセージはこうだ。

--GSOMIAを廃棄しようとの主張がある。党の経済侵略特別委でも廃棄意見を出したが。

「我々が提供する情報もあり、日本が提供するものもある。そのため北東アジアの平和のためには、私は必要だと考える。感情的には『経済交流もまともにしないのに軍事情報交流が話になるか』という主張もある。慎重に判断しなければならない問題だ」

--党の一部からは東京オリンピック(五輪)ボイコットの話も出ている。

「韓日間には感情があっても隣国だ。別れることはできない隣国なので、感情があってもうまく鎮めて共存できる関係を結ばなければならない。経済報復は報復で、スポーツ交流は別個だ。党次元で反対したりそのようにするべきではない」

李代表のこの変化に、ある民主党関係者は「李代表が国会外交統一委員会委員をやりながら、このような問題に識見がある」としながら「ホワイトリスト排除の決定が迫る中でメッセージを調節しなければなければならないと考えたようだ」と話した。

党指導部のある議員も「代表は最終的なスピーカーなので慎重に述べざるを得ない。高度な政務的返答をしたもの」と話した。懇談会開始30分後の午前11時、文喜相議長が31日に派遣する超党派的訪日団も懇談会を開いた。団長は院内最多当選(8選)であり、韓日議会外交フォーラム会長である徐清源(ソ・チョンウォン)議員が務め、韓日議員連盟会長である民主党の姜昌一(カン・チャンイル)議員も同伴する。訪日団にはこの外にも、民主党の元恵栄(ウォン・ヘヨン)・金振杓(キム・ジンピョ)、自由韓国党の元裕哲(ウォン・ユチョル)・金光琳(キム・グァンリム)・尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)、正しい未来党の金東チョル(キム・ドンチョル)、平和党の趙培淑(チョ・べスク)、正義党の李貞味 (イ・ジョンミ)各議員も合流して総勢10人で構成された。

文議長は「超党派的に訪日する理由は2つある。1つ目は輸出規制措置を直ちに撤回することで、2つ目はホワイトリストから韓国を除く措置が絶対あってはいけないという考えを伝達すること」と話した。徐清源議員は「日本に行って我々の立場を伝達し、両国がこれ以上悪化することを防ぐ触媒剤役を果たしたいと考えている」と話した。

訪日団の活動に対し、ハン・ミンス国会報道官は「額賀福志郎日韓議員連盟会長と面談して昼食を共にする。翌日には日本自民党の指導部と面談日程が決まっている。日本議会指導部数人と会うだろう」と話した。

李海チャン代表の「ワンテンポ休んでいく」発言と訪日団の訪問と重なり、与党圏からは「全く対話をしない」という日本側の雰囲気が「それでも会わなければならないのでは」という方向に変わっているという話も出ている。与党高位関係者は「先週末でさえ、日本は最初から韓国との対話窓口を閉ざしていたが、今週に入り『ひとまず会うべきではないか』という雰囲気が捉えられたという」とし「この状態が持続すれば日本にも良いことはないという判断がはたらいたものと解釈できる」と話した。文議長のある参謀も「少し前まで日本側の主要人物との接触は難しかったが、少しずつ用心深く雰囲気が変わりつつある」と伝えた。

このような動きが青瓦台(チョンワデ、大統領府)とのやり取りの中で行われているのかどうかについて、李代表側は「別途話をして、特別な言葉も必要なく常時疎通している」とし、文議長側も「やり取りはある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国会の超党派的な対応を求めたことに対する応答」と話した。

青瓦台の高位関係者も「対話と外交的努力を常にしてきており、今後も継続するという動きの延長線」と明らかにした。また別の青瓦台関係者は「対話を通じて問題を解決するという大きな原則の下で、今回の国会のさまざまな動きは党が主導したもの」と伝えた。

 

 

  


 

 

 

【韓国ホワイト国除外】8月2日深夜にNHKが流した不思議なニュース

覚え書きとして。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190802/k10012018281000.html
米高官「韓国の優遇措置除外に懸念」 ロイター通信
2019年8月2日 1時56分

ロイター通信はアメリカ政府高官の話としてアメリカ政府が日本が韓国を輸出管理の優遇対象国から除外する措置に踏み切ることに懸念を抱いていると伝えました。また日韓両国の対立のさらなる悪化への懸念を示したうえで、対話の時間を確保するため両国に新たな措置を停止する合意を検討するよう求めたとしています。一方でこの高官は韓国が国内の反日感情をあおろうとしていることを懸念していると述べたということです。

 

NHKが8月2日深夜に出した記事。

たまたまTwitterのタイムラインを見ていて流れて来たので開いたらこの内容でした。

しかし、どこ発(「ワシントン発」とか)ともいつの発言かも書かれていない、記事の体をなしていない記事。

検索しても、それらしい英文の記事は見当たらない。

不思議。まさか、先日流れたニュースを焼き直したんじゃないよね?

 

20190802_nhk

 

 

  


 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

最近のコメント

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ