最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【北朝鮮】松原仁議員の「朝鮮総連による対日有害活動等に関する質問主意書」に対する政府答弁 | トップページ | 【また朝日か】「G20の記念撮影のバックに大阪城は韓国への配慮が欠けている!」 »

2019/05/24

【中国】中国によるプロパガンダ/無断で日本のEEZ内で海洋調査して論文を発表

中国が我が国のEEZ(exclusive economic zone 排他的経済水域)内での無断調査による論文が増加しているとの記事が23日付読売朝刊にありました。

 

20190524_yomiuri_china03

 

EEZとは、沿岸から200海里の水域で、沿岸国に生物・非生物資源の探査・開発に関する主権的権利が認められます。

現在、尖閣諸島周辺の接続水域(24海里内)に毎日のように来ている中国工船(5月23日現在、42日連続※)に比べると調査船の確認は件数は少ないのですが、最近では3月にありました。(記事後述) 

※「中国公船等による尖閣諸島周辺の接続水域内入域及び領海侵入隻数(日毎)」は月別に海上保安庁のサイトで公開。

 

20190524_eez

 

読売の記事によると、国際海洋法条約では他国の領海やEEZで調査を行う場合は開始の6ヵ月前迄に、調査の地点や目的、使用する船舶や研究者名などを提出して同意を得る必要があるそうです。(批准していない米国などもこれを守っている由。)

海上保安庁は確認次第、無線で中止を呼びかけるなどの警告を行っていますが、相手が調査船であるため、できうることは限られています。

 

https://www.sankei.com/politics/news/190323/plt1903230018-n1.html
中国船、沖ノ鳥島沖EEZで海洋調査 海保が中止要求
2019.3.23 18:36

 23日午後0時30分ごろ、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)から東北東約165キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「嘉庚」(カコウ)がロープのようなものを海中に垂らして航行しているのを海上保安庁の航空機が発見。目的を確認したところ、「海水温度の調査にあたっている」と応答した。海保は、海洋調査を実施していると判断し、無線で中止を求めたが、同船から応答はなかった。

 約1時間後、同船はロープを垂らした状態で沖ノ鳥島の東北東約160キロのEEZを西向けに航行を続け、海保は巡視船を向かわせている。

 国連海洋法条約では、他国のEEZでの無断の海洋調査は認められていない。

 

20190524_yomiuri_china02

 

無断で調査しているため、その目的等実態が分からず、それを知るのが、科学誌などで発表される論文ということになります。

11年10月には英ネイチャー誌が、中国が東シナ海関連の論文に自分達が主張する広大な領海線を書き込む例が目立つとして、「領有権争いを科学に持ち込むな」という批判する論説を掲載したこともあったそうですが、尖閣諸島周辺の航行といい、論文発表といい、中国は着々と既成事実を作っているようです。

 

以下は、虎ノ門ニュースにも出演されることが多い東海大学海洋学部の山田古彦教授のインタビュー。

 

20190524_yomiuri_china04

 

 

  


 

 

 

« 【北朝鮮】松原仁議員の「朝鮮総連による対日有害活動等に関する質問主意書」に対する政府答弁 | トップページ | 【また朝日か】「G20の記念撮影のバックに大阪城は韓国への配慮が欠けている!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【北朝鮮】松原仁議員の「朝鮮総連による対日有害活動等に関する質問主意書」に対する政府答弁 | トップページ | 【また朝日か】「G20の記念撮影のバックに大阪城は韓国への配慮が欠けている!」 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ