最新情報

  • 2019/08/18
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【GHQ焚書】No.1 支那事変(日中戦争)/通州事件 | トップページ | 【韓国】反日種族主義打破のための李栄薫(イ・ヨンフン)教授の講義動画 »

2019/05/20

【中国近代史】1.満州事変に至るまで/1919年前後~北伐完成~中共内戦

公開: 2019-05-20 23:28:20  最終更新: 2019/05/22 15:14 

ブログ主の頭の整理のため。(この記事は加筆修正の可能性があります。)

 

辛亥革命

1911年辛亥の年の10月10日に武昌(湖北省/現在は武漢の一部)に挙兵した革命軍により辛亥革命(しんがい・かくめい)が起こり、清朝が倒れます(1912年2月 宣統帝・溥儀退位)。当時、孫文は不在でした。Wikipediaの説明によると米国で遊説中とのことですが、黄文雄氏によると、“その横暴な性格や資金問題のもつれから革命派に追放されてアメリカに蟄居して”おり、“革命の報を聞いたのは勃発から3日後の新聞”だそうです。

武昌蜂起から1ヵ月内に各省が独立、戦闘らしい戦闘は武昌のみで無血革命でした。

 

China01

 

黄文雄氏によると、革命勢力が挙兵を計画していたところ、政府側の手入れを受けて指導者が逃げてしまい、残されたメンバーが切羽詰まって兵を挙げたところ、砲声一発で官憲側が逃げ出し、武昌はあっさりと彼等の手に落ちてしまったという滑稽なもので、当時の模様を記録した『武昌首義紀実』という本は台湾では蒋介石時代に発禁になっているとのことです。

 

革命勢力はその後まとまらず、ヨーロッパから帰国した孫文が1912年1月1日に南京に中華民国臨時政府を建て臨時大統領になりますが、革命後の実権を握った袁世凱(えんせいがい)との妥協を余儀なくされ、3月、袁世凱が初代大統領となり、1916年に失脚するまで権力の座につきます。

ちなみに、台湾で元号のように使われる中華民国(民国)は1912年1月1日を民国元年とし、現在(2019年)は民国108年となります。

 

軍閥

袁世凱は軍閥(清末から中華民国にかけて各地方に割拠した私的軍事集団)の最大の軍閥、北洋軍閥(ほくようぐんばつ)の巨頭で、これ以降、中国(以降、中華人民共和国と区別するためシナと表記)は軍閥がはびこります。軍閥は軍人と言うだけでなく、小君主のようなもので、地租、通行税などを徴収、鉄道収入などもその手に収め、通貨や公債も勝手に発行していました。

中華民国の初代大統領となった袁世凱が失脚しても、その縄張りは依然として残り、後継者が現れます。「北京政府」と称されますが、全土を統一した政府ではなく、これ以降、革命勢力が拠点とする広東と併せて、北(守旧派)vs.南(革命勢力)、更に各地に軍閥が残るという構図が続きます。

のちに蒋介石(しょうかいせき)が北方の軍閥政府を打倒するために「北伐」(1922年~)を行いますが、これも南方の軍閥を支配下に置いてのものです。

日本は日露戦争後、ポーツマス条約〔1905年(明治38)9月5日〕により、関東州の租借権や南満洲の鉄道・鉱山開発を始めとする権益を得ますが、張作霖爆殺事件で知られる張作霖(ちょうさくりん)も軍閥の一人で、満州を統治していました。日露戦争中にロシア軍に従っていたために日本軍に逮捕されますが、一命を取り留め、以降、日本側に付き、日本も軍閥の内戦には不干渉で、張の満州統治を支援していました。

清朝滅亡後のシナでは、軍閥が支配する政府とは名ばかりの北京政府がある状態で1919年に孫文が中華民国を再興(南京政府)し、1921年に上海で中国共産党が結成されます。国を代表する政府が存在せず、国の体をなしていませんでした。国民革命軍、共産党が組織した紅軍(こうぐん)、軍閥と、混沌とした内戦状態が続きます

 

コミンテルン

ロシア革命(1917年)の後、レーニンらの指導下にモスクワで創立されたコミンテルンはすぐにアジアへの展開を開始します。日本や中国にコミンテルン支部を作り、シナにおいては共産党の指導を行います。

蒋介石(国民党)の陰には英米の支援があり、共産党と合作中はソ連コミンテルンがついていたことになり、日本は実は英米(ソ)と戦っていたことになります。最後に疲弊した国民党を倒した共産党が漁夫の利を占めたわけです。

 

経緯(1919年~1931年)

1919年3月 【ソ連】コミンテルン(第三インターナショナル)創立

  • レーニンらの指導下にモスクワで創立、国際共産主義運動の指導に当たる。
     

1919年(大正8年)5月4日 五・四(ごし)運動

  • 1919年5月4日、北京に起こった学生デモ隊と軍警の衝突事件に端を発した、中国民衆の反帝反封建運動。パリ講和会議(1919年、第一次大戦の講和を議した国際会議)において日本の山東利権を承認していた民国政府の態度を不満として起こり、全国的な大衆運動に発展した。
  • 日清・日露戦争に勝利後、清国の留学生が日本に殺到し、日本のナショナリズムに刺激されて留学生中心の革命団体が日本で創設された。しかし、皮肉なことに彼等に芽生えたナショナリズムが、その後、「反日」という形で高揚する。「排外主義」を伴うこのナショナリズムを巧みに日本に向けさせたのが英米だった。これらの国は財力に物をいわせ、学校や病院の開設といった文化事業や留学生を受け入れるなど、親英米派を育成することに努め、「反日」から「侮日」になった。(黄文雄氏)
  • 日本の内閣: 原敬(はらたかし)総理 1918年9月29日 - 1921年11月4日

 

1919年9月 カラハン宣言

  • カラハン(Lev Mikhailovich Karakhan)はソ連の外交官で、1919年、中国に対する不平等条約破棄を宣言(シナに対する甘言)。20年9月にも。

 

1919年(大正8年)10月10日 孫文、中国国民党再興

  • 最初の国民党(12年~13年)は袁世凱に弾圧され解散。

 

Sun Yat-sen and Chiang Kai-shek

孫文(右)と蒋介石(左)
(画像はWikimediaより表示)

 

  • 📖 広辞苑 そん‐ぶん【孫文】
    (Sun Wen)中国の革命家・政治家。字は逸仙。中山と号。広東香山県(現、中山市)の人。初め医者となり、やがて興中会を組織、さらに中国同盟会を結成、三民主義を提唱、革命運動に尽力。しばしば日本へ亡命。1911年の辛亥革命に際し臨時大総統に選ばれたが、直ちに袁世凱に譲り、袁および段祺瑞(だんきずい)らの軍閥の専制化に反対、反袁運動をおこす。19年中国国民党を組織し、さらに国共合作をすすめ、新三民主義の下で、国民革命の実現をめざしたが、半ばにして北京で没。著「三民主義」「建国方略」など。(1866~1925)
  • 📖 広辞苑 しょう‐かいせき【蔣介石】 シヤウ‥
    (Jiang Jieshi; Chiang Kai-shek)中国の政治家。中華民国総統。浙江奉化出身。日本に留学、軍事を学ぶ。辛亥革命に参加。孫文によりモスクワに派遣され、黄埔軍官学校を創設、国民革命軍を養成して北伐に成功、のち反共独裁化。国民党政府最高指導者として、抗日戦争を遂行。第二次大戦後、国共内戦に敗れ、台湾に退いたが、反共復国を呼号し続けた。(1887~1975)

 

1921年(大正10年)7月1日 李大釗(りたいしょう)、陳独秀らがコミンテルンの指導で中国共産党を結成(上海)

  • 📖 広辞苑 ちん‐どくしゅう【陳独秀】 ‥シウ
    (Chen Duxiu)中国の思想家・政治家。字は仲甫。安徽懐寧の人。日本に留学。1915年雑誌「新青年」を創刊して伝統的儒教倫理を否定。北京大学文科学長となり、新文化運動を指導。21年中国共産党初代総書記、29年トロツキストとして除名。著「独秀文存」。(1879~1942)
  • 📖 広辞苑 り‐たいしょう【李大釗】 ‥セウ
    (Li Dazhao)中国の学者・思想家。日本留学。北京大学図書館主任、五‐四運動後、教授。中国共産党創立に従事、理論家として活躍。国共分裂後、張作霖のため逮捕され殺害。(1889~1927)
  • コミンテルン=第三インターナショナル: 世界各国の共産党の国際組織。1919年、レーニンらの指導下にモスクワで創立。
  • 1922年5月 第1次全国労働大会が共産党の指導により広東で開かれる。これ以降、労働運動が活発化して各地でストライキを起こす。この後、25年の五・三〇事件で労働運動が「反帝国主義」化する。

 

1921年 11月~22年2月 ワシントン会議

  • 第一次大戦後の1921年11月~22年2月、米大統領ハーディングの提唱によりワシントンで開かれた海軍軍備制限問題および極東・太平洋問題に関する国際会議。イギリス・アメリカ・フランス・イタリア・日本の海軍主力艦の制限が約され、中国に関する九カ国条約・四カ国条約が成立、日英同盟は廃止。日本の、大陸おける特殊権益を認めた「石井=ランシング協定」破棄
  • 九カ国条約は、中国進出に出遅れたアメリカの、各国の抜け駆けを牽制する意味があった。これ以降、日本の大陸に対する権益に対してはこの条約を盾に批判される。日露戦争以降、日英同盟の必要性は低くなっていたが、廃止されたことにより日本はアメリカの軍事力に単独で対処しなくてはならなくなった(アメリカによる日英分断)。

 

1923年(大正12年) 1月26日 孫文=ヨッフェ共同宣言

1924年(大正13年)10月10日 孫文、中国国民党再興

  • 📖 広辞苑 ヨッフェ【Adol’f Abramovich Ioffe】
    ソ連の政治家。十月革命後、1918年ブレスト‐リトフスク講和会議全権、22年極東全権代表として長春で中国と、翌年東京で日本と交渉。のちトロツキー派を支持。自殺。(1883~1927)
  • 孫文=ヨッフェ共同宣言: 共産組織やソビエト制度はシナに適用できないこと、シナの統一と独立に対し、ソ連は同上と援助を送ること、帝政時代の中露条約の破棄を基礎として鉄道の管理などの交渉を開始すること、等を共同宣言→24年、孫文は「連ソ、容共、農工援助」の政策を掲げ、国共合体、国民革命を志向する。
  • 日本の内閣: 加藤友三郎(かとうともさぶろう)総理 1922年6月12日 - 1923年8月24日
    日本の内閣: 加藤高明(かとうたかあき)総理 1924年6月11日 - 1926年1月28日

 

1924年1月 第一次国共合作(~27年7月)

  • 中国国民党と中国共産党との協力体制。
  • 1920年、コミンテルン第2回大会において、レーニンは、「プロレタリア階級の勢力が微弱な間は一時的にブルジョアやインテリゲンチア(知識層)と提携して帝国主義を排除し、力が付いたらブルジョアに反抗すべし」旨の綱領を示す。これに従い、李大釗らが国民党に国民党入党を希望、孫文は承諾。つまり、共産党にとって、孫文がブルジョアであり、国民党がインテリゲンチアであった。果たして、共産党の影響が強くなり、国民党内に右派と左派が対立し始める。

 

1925年(大正14年) 3月12日 孫文死去

  • 蒋介石、孫文の死後、27年に宋慶齢(そうけいれい/孫文の妻、弟は浙江財閥の代表者、宋子文)の妹の宋美齢(そうびれい)と結婚し、孫文の後継者となる。

 

1926年(大正15年) 7月 北伐開始

  • 北方の軍閥政府を打倒するため、広東の国民党革命政府が行なった戦争。蔣介石を総司令とする国民革命軍は1926年7月広州を出発、28年6月北京に入城。北京を「北平」と改める。
  • 共産党は北伐に反対。なぜなら、北伐が成功してしまうと蒋介石の功績となり、蒋介石の勢力を増大することになるため。
  • コミンテルンは12月、共産党に対して、国民党との合作をはかりつつ、農業革命を実行し、労働運動を強化することを求める。→右派と左派の乖離が広がる。

 

China02

 

1927年(昭和2年)4月12日  上海クーデター(反共クーデター)
  →7月 国共分離を宣言

  • 孫文の死後、左右の対立が激化。広東〔1921年に広東の軍閥・陳炯明(ちんけいめい)、孫文を大総統(元首の称号)に担ぎ、広東政府を組織していた。〕から国民政府を移す際、左派と共産党が武漢を主張し、孫文は南昌を主張したが武漢に決定。しかし、北伐の途中、1927年3月に南京に入城したとき「南京事件」が起こる。革命軍の一部が日・英・米などの領事館を襲撃し暴行を働き、英米がそれに対し砲撃した事件だ。列国の抗議はソ連的勢力に対する抗議で、蒋介石は共産党と袂を分かつ決意をする。南京に国民政府を樹立し、共産党の排除を明言する。武漢政府はこれに反発、南京と武漢で対立するが、左派の領袖、汪兆銘(おうちょうめい)は共産党が農民を武装させて注記するつもりがあることを知ると、共産党員を追い出す。
  • 日本の内閣: 田中義一(たなかぎいち) 1927年4月20日 - 1929年7月2日

 

1927年8月1日 南昌暴動(共産党の武装蜂起)

  • 紅軍成立の契機となる。(8月1日は人民解放軍の建軍記念日となっている。)
  • 1928年、、毛沢東、井岡山(せいこうざん)に革命根拠地を建設。
  • 広東コミューンなど、各地にソビエト区(解放区)を建設し、地主や富農から土地を没収、貧農に分配。民衆の支持を集め、紅軍増大。

 

1928年(昭和3年) 北伐完成

  • 北方の軍閥政府を打倒するため、広東の国民党革命政府が行なった戦争。蔣介石を総司令とする国民革命軍は1926年7月広州を出発、28年6月北京に入城。
  • 1928年6月4日 張作霖爆殺事件: 北伐によって北京を追われた張作霖が奉天に戻る時に列車が爆破されて殺害された事件。これ以前、張作霖は北京(直隷軍)と22年、24年と戦っており、北京の実権を握っていた。また、死亡する1ヵ月ほど前には革命軍と衝突し、日本は居留民保護のため出兵し、革命軍と交戦した。【済南事件(1928年5月3日】
    張作霖の死後、息子の張学良(ちょうがくりょう)が跡を継ぐが、国民政府に与して抗日の立場を取る。満州事変は柳条湖事件をきっかけに~と言われるが、度重なる張学良の挑発が原因。
  • 北伐が完成したからと言って、軍閥がなくなったわけではなく、新興資産階級を地盤とする新軍閥に姿を変えただけであった。蒋介石もまたその一人で、彼を支えるのは浙江財閥(宋ファミリー)やイギリス・アメリカであった。北伐完成後は、地方や党内の反蒋勢力を次々に圧し、独裁権力を増す。こうなると、彼にとっての最大の敵は共産党となる。

 

1930年(昭和5年)~1931年(昭和6年) 第1次~第3次剿共軍 派兵

  • 剿共軍(そうきょうぐん)とは共産党勢力討伐軍のこと。(「剿」とは「殺す、分散した盗賊をさっとさらえるように捕らえる」という意味で、「掃」の字を当てることもある。
  • 第3次までは失敗。この後、満州事変や上海事変(第一次)が起こるので討伐はしばらく停止。

 

1931年(昭和6年)9月18日 柳条湖事件→満州事変

1932年(昭和7年)3月1日 満州国建国

1932年(昭和7)1月28日~5月 上海事変(第一次上海事変)

1933年(昭和8年)5月 塘沽(タンクー)停戦協定=満州事変終了

  • 日本の内閣: 若槻礼次郎(わかつきれいじろう) 【第2次若槻内閣】1931年4月14日 - 1931年12月13日
    日本の内閣: 犬養毅(いぬかいつよし) 1931年12月13日 - 1932年5月16日
    日本の内閣: 斎藤実(さいとうまこと) 1932年5月26日 - 1934年7月8日

 

参考図書・関連動画

 

 

 

 


 

 

 

« 【GHQ焚書】No.1 支那事変(日中戦争)/通州事件 | トップページ | 【韓国】反日種族主義打破のための李栄薫(イ・ヨンフン)教授の講義動画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【GHQ焚書】No.1 支那事変(日中戦争)/通州事件 | トップページ | 【韓国】反日種族主義打破のための李栄薫(イ・ヨンフン)教授の講義動画 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ