最新情報

  • 2019/05/20
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

    2019年5月28日(火)02:00 ~ 06:00 の間、ココログシステムメンテナンスのため、閲覧ができなくなります。
    予め、ご不便をお詫びいたします。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【アイヌ問題】アイヌ新法、4月19日成立 | トップページ | 台湾籍日本人の国籍復帰と戦後補償 »

2019/04/24

台湾人日本兵戦後補償請求訴訟

公開: 2019-04-24 22:39:19  最終更新: 2019/04/26 11:27 

※公開後、もう少し詳細が分かったので加筆修正しました。このエントリーの続きは、次の『台湾籍日本人の国籍復帰と戦後補償』に記していますので、併せてお読み下さい。

 

今日、たまたまネットで聴いたラジオ「沖縄防衛情報局」(YouTube)で知ったのですが、「台湾人日本兵戦後補償請求訴訟」の準備が進んでいるそうです。

「沖縄防衛情報局」とは、沖縄で保守活動を行っている我那覇真子さん一家とブログ「狼魔人日記」の筆者である江崎孝氏がパーソナリティを務める番組ですが、それだけでは少し飲み込めないところもあって調べてみました。

「台湾人日本兵戦後補償請求訴訟」と聞くと、韓国の「慰安婦訴訟」とか「(自称)徴用工訴訟」とかと同じようなものと思われるかも知れませんが、意味合いが全く異なります。ご存命の台湾人の元日本軍属の方達はお金より、日本人として戦ったという証が欲しいのです。

それを認めて欲しいが故の訴訟なのだそうです。

 

  

ご存知のように、同じ日本であった韓国はと言うと、日韓基本条約により、戦後補償という事実上の賠償金のようなものを日本は支払いました。それを韓国政府が戦時徴用された韓国人にきちんと支払わなかったことが現在の「(自称)徴用工訴訟」に繋がるのですが、それはまた別の話で、日本は韓国人には補償をしました。

しかし、台湾に関しては、日本兵として戦った彼等には恩給などの補償もされず(詳細後述)、その後、台湾は蒋介石の国民党時代になり、彼等は迫害される立場になりました。

また、日本がその後、日中国交回復を重視し、台湾についてはなおざりにしてきたという背景もあります。

訴訟の原告になろうとしている方々の願いは日本軍人だったことを認めて貰って死にたい、ということだそうです。

 

「沖縄防衛情報局」を聴いただけでは分からなかったのですが、その後、調べたら、この訴訟の世話人となっているのは、先日、勝訴した「孔子廟裁判」の弁護士である徳永信一弁護士であることが分かりました。このことは、ニッポン放送のラジオ番組「須田慎一郎のニュースアウトサイダー」(3月16日放送)YouTubeで聴いて分かりました。

 

http://www.1242.com/lf/articles/166032/?cat=politics_economy&pg=outsider
弁護士徳永信一 「靖国神社参拝問題」や「台湾人日本兵戦後補償請求訴訟」を語る!
2019/03/22 13:00

(中央が徳永弁護士)

 

20190322_nippon01

 

※以下の記事部分はこのエントリーのテーマとは関係ないのですが、徳永弁護士のスタンスというか、過去に行ってきた弁護活動が分かるのでそのまま引用します。

靖国神社参拝訴訟はどうやって起きた?

東島: 徳永さんは1958年、昭和33年生まれ大阪府のご出身です。京都大学法学部を卒業され、司法修習生を経て、1988年に弁護士登録。大阪弁護士会所属の弁護士でいらっしゃいます。薬害エイズ事件、北朝鮮拉致問題などを積極的に担当されて2014年には首相による靖国神社参拝が憲法違反であるという、いわゆる「靖国神社参拝訴訟」では靖国神社を支援する代理人を務められました。

須田: 色々と注目を集めている裁判・事件を扱ってきたということなんですけれども、まず伺いたいのは安倍総理の靖国神社参拝が憲法違反だということで訴訟を起こされた際の法定代理人でしたが、これは何が問題だったのですか?

徳永: 遡って、小泉さんが靖国神社に参拝された時のことを覚えていらっしゃいますよね?小泉さんが参拝した後、日本全国で7箇所の裁判所に「政教分離に違反する=憲法に違反するんだ」という裁判がおこされました。これは憲法20条の「政教分離」に違反するから許されないぞと。しかも当時は珍しかったのですが原告たちをインターネットで募集して何百人も原告を集めて、訴えました。その中に在日韓国人だけでなく、在韓韓国人や在中中国人の方々が「アジアの人たちは怒っているんだぞ」ということで小泉さん・日本・靖国神社まで訴えたという事件がありました。私は当時は靖国神社も国も小泉さんもどの代理人も務めていないんですよ。

その裁判をやるときに彼らが言っていることは、「戦後の清算もきちっとされていない中で日本の首相が靖国神社に参拝するということは絶対に許されない!しかも靖国神社には私たちの祖先の魂が強制連行されてきているんだ」と言っていました。傍聴に行かれた遺族の方々がそれを見て、靖国神社が好き放題にやられているわけですよ。それに対して、当時の日本の裁判担当のお役人たちは積極的に反応しなかったんですね。それで靖国神社を大切に思う人たちの補助参加というやり方を考えて、彼らの裁判の中に割って入ったということです。

その裁判が小泉さん側の勝訴で終わったんだけれでも、今度は安倍さんが靖国神社参拝をした後、また同じ人たちが大阪と東京に同じような裁判を訴えたわけです。それで補助参加という形でまた裁判をやってきたというということです。

須田: そうすると一連の訴訟の背景に中国共産党や中国政府の意向というか狙いを感じることができるのですが、そのあたりはどうなのでしょうか?

徳永: そこについては流石の僕も慎重に言葉を選ばないといけないところなのですが、前面に出ているのは常に韓国の人たちなんですよね。それから北朝鮮。そしてその背後にやはり中国の影が見えるなというのはあって、その辺がスキッと見えたのがこの台湾人訴訟なんですよ。

須田: 今日のメインテーマでもあるのですが、台湾人の日本兵戦後補償請求訴訟という訴訟が提起されていて、これは入り口のところではやはり台湾人日本兵に関して戦後、賠償が行われていないからその補償を求めてという裁判ですよね?

徳永: もちろんそうですね。ただ、大事なことはその裁判はまだ起こしていなくて、今その準備をしているということです。

須田: 今、日本では徴用工の問題や従軍慰安婦の問題などを韓国とやっているわけですが、それに台湾の人たちも参加してきたという理解でいいわけですか?

徳永: それは全く違うんです!(続きは以下のラジオで)

 

須田慎一郎のニュースアウトサイダー 第59回 2019年3月16日放送分 ゲスト:弁護士 徳永信一さん

 

この番組を聴けば分かるのですが、日本の国会議員も、戦後なおざりにしてきた台湾籍日本軍属の補償問題について動いていたようですが、実現には至りませんでした。

また、「慰安婦問題」に関する「償い金」の支払いと一緒に補償金を支払う話もあったようですが、そのような形では受け取りたくないという気持ちから反対運動があり、実現しませんでした。

 

以下、これに関連する情報をメモしておきます。

 

沖縄県糸満市摩文仁の台湾人戦没者の碑「台湾之塔」

記事は掲題の件とは直接関係はありませんが、昨年(2018年)6月に「台湾之塔」を李登輝元総統が訪れて慰霊をされました。

 

https://vpoint.jp/okinawa/115161.html
中国の覇権主義を批判
2018/6/25(月)

 沖縄を訪問中の台湾の李登輝元総統(95)は24日、糸満市摩文仁の平和祈念公園にある台湾人戦没者の碑「台湾之塔」で開かれた慰霊祭に出席した。慰霊祭では、李氏が「為國作見證(国のために実践せよの意味)」と揮毫(きごう)した石碑を台湾人元日本兵らと除幕し、参列した日台の関係者約120人と共に新たな碑の設置を祝った。

 李氏は講話の中で、「戦争では多くの尊い命が犠牲になった」と涙ぐみながら、「先人たちが示してくれた道筋は、私たちの生きるべき道を示唆してくれている」と強調。「それが、碑に書かれている国のために実践するということで、平和、自由、民主主義が後世まで永続するよう願ってやまない」と述べた。

 李氏は23日夕、糸満市のホテルで開かれた歓迎晩餐(ばんさん)会では中国の脅威と日台連携をテーマに講演。「中国は周辺国と絶えず緊張状態をつくり出し潜在的な軍事衝突の可能性を生み出している」と指摘、「台湾も中国の軍事的恫喝(どうかつ)を受けている」と訴え、海洋進出を狙う中国の覇権主義を厳しく批判した。

 その上で、「日本の関与なくして朝鮮半島とアジアの平和は実現しない」と強調。さらに「自由や民主主義の価値観を共有する日台米が経済、文化、軍事面で連携して専制的な独裁国家(中国)の覇権主義を抑え込まなければならない」と訴えた。

 除幕式は日本台湾平和基金会(西田健次郎理事長)が主催。晩餐会は同会と日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)が共催した。

 

 

日本台湾平和基金会のサイト

この団体(日本台湾平和基金会)この訴訟に関わっているということは後日分かりました。

「マスコミ報道」のページに「台湾之塔」に関する記事が多数掲載されています。下はその一つ。

 

『台湾』(中公新書/伊藤潔著) P.129~ 「戦時体制下の台湾人」

以前もこの『台湾』という本をご紹介したことがありますが、伊藤潔と日本名ですが、元々は台湾の方です。

この章から部分的に抜粋してご紹介します。

 

戦局の悪化と著しい兵員の消耗に伴い、1944年9月に台湾にも徴兵制が施行され、この時には2万2千余名が徴集された。(中略)終戦を迎え、あまつさえ日本の台湾放棄により、台湾人は「日本人」でなくなるのである。

1973年4月の厚生省援護局の史料によれば、戦争に駆り出された台湾人の軍人は8万433名、軍属と軍夫は12万6750名で、合計20万7183名であり、戦士及び病死者は3万3040名となっている。これは7人に一人の高率であり、終戦時の台湾の人口(約600万人)のほぼ200人に一人が戦争の犠牲になったことになる。

これら3万余名の台湾人犠牲者を始め、負傷した軍人、軍属、軍夫は、戦後、日本国籍を失ったことを理由に、なんら補償も受けていない。

その後、1974年末にインドネシアのモロタイ島に残留、30年ぶりに発見された元日本兵で先住民のスニオン(日本名は中村輝夫)の救出を契機に、台湾人元軍人、軍属、軍夫の補償運動が展開された。そして、訴訟では日本国籍の喪失を理由に敗訴となったが、1987年9月に成立した議員立法の「台湾住民である戦殁者の遺族等に対する弔慰金等に関する法律」で、戦病死と重傷者を対象に一人につき200万円の弔慰金が、日本政府から支払われた。

しかし、同じ「日本兵」として戦地で血を流しながら、戦後における日本人と台湾人の処遇には雲泥の差がある。また、アメリカやイギリス、フランスなどは宗主国として植民地の民を戦場に送った国々は、手厚い戦後補償を施している。この彼我の違いを見れば、台湾人に対する「一視同仁」や「皇民化」の同化政策は、ただの統治の手段に過ぎないと批判されても、致し方あるまい。

 

「沖縄防衛情報局」でこの話をされた江崎氏も徳永弁護士も中村輝夫さんについて語っていますが、ブログ主は、中村輝夫さんというは、たまたまつい最近Twitterで見て知りました。

小野田寛郎さんや横井庄一さんが発見された直後に見つかったそうですが、30年間、日本人と思って潜伏していた中村さんが故郷に戻ったときは、国民党の台湾でした。そのせいかどうかは分かりませんが、発見された当時は非常にお元気だった中村さんは台湾に戻られて数年後にお亡くなりになったそうです。

 

 

 

 

  


 

 

 

« 【アイヌ問題】アイヌ新法、4月19日成立 | トップページ | 台湾籍日本人の国籍復帰と戦後補償 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アイヌ問題】アイヌ新法、4月19日成立 | トップページ | 台湾籍日本人の国籍復帰と戦後補償 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ