お詫び

このサイトに関して




  • 2019/02/28
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。


当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【また朝日か】アイヌ新法を報じる英文記事でまた反日記事 | トップページ | 【また朝日か】『五輪開会式でアイヌの踊りを』/日本外国特派員協会でのアイヌ関係者の会見 »

2019/03/02

『あいぬ物語』(樺太アイヌである山辺安之助の半生記)

ツイッターで以下のようなコメントを読んで『あいぬ物語』を知ったので、興味を持ち、図書館で借りてみました。(『金田一京助全集 第6巻』に金田一の前書きと共に収録)

 

露の文豪チェーホフ『ギリヤーク人がアイヌ女を奴隷として〜』として記載、樺太アイヌで露に帰属した方は過酷だった事は容易に想像出来ますが、樺太アイヌで日本に帰属した山辺安之助の自伝『あいぬ物語』を読めば日本国が如何に手厚く保護していたかが理解出来ます。が現状制度は是正されるべきですね

 

 

 

 

山辺安之助(やまべやすのすけ)がどのような人物かは、リンク先のWikipediaを読めば大凡分かり、その生涯も説明されているので、この本に書かれている内容も想像がつくかと思いますが、この本は、樺太アイヌである山辺安之助の口述をアイヌ語研究者の金田一京助が筆記したものです。

彼は日本語は話せましたが、金田一が「アイヌ自身の文学」である証拠に、敢えてアイヌ語で語ってもらい、アルファベットで書きとりました。この本では読者が読みやすいようにアイヌ語をカタカナでルビのように記述しています。

実際、彼はアイヌ語で語る方が不自由だと金田一は書いており、また、本来語彙が豊富なのにアイヌ語そのものの表現力の乏しさで、「普通のアイヌの話」になってしまった、と金田一は書いています。

 

1867年(慶応3年) 生まれで、幼くして両親を亡くし、樺太千島交換条約(明治8)で北海道に移住、その後再び樺太に戻りますが、対雁(ついしかり)村(現江別市)の土人学校の様子、漁師としての生活、日露戦争、白瀬矗(しらせ のぶ)の南極探検隊に加わった話など、アイヌ自身が語るものとして一級の資料と言えます。

 

例えば、下は、西郷従道(さいごう つぐみち-西郷隆盛の弟)に会ったときのエピソードで、西郷従道侯爵がアイヌと酒を飲み踊っているのを永山武四郎大佐が「侯爵とあろう方が、アイヌ風情と踊って」と諌めたところ、西郷が言った言葉です。

 

ainu_monogatari

 

調べたところ、西郷は明治15年1月11日に開拓使長官の職に就いているので、この頃の話だと思います。

時代は前後しますが、明治11年、山辺は初めて対雁(ついしかり)村にできた土人学校に通います。この当時は、明治維新で政府はやらねばならないことが山ほどあっただろうに、よくここまで手が回ったと感心します。

とは言え、全て初めての試みですから、教師と言っても医者が兼ねていたり、読み書きそろばんではなく、撃剣(剣術?)ばかり教える教師もいたり、始めはなかなか学校らしくならなかったようですが、教師に連れられて札幌の祭に行ったことは「何もかも皆楽しかった」と書いています。

彼はまもなく働く年齢になり学校を去りましたが、もう少し勉強したらもっと読み書きができたのにと述懐しています。

 

日露戦争は樺太に戻ったあとで経験します。村人総出で貢献したので、平尾中隊長がいかほどの報償が欲しいかと尋ねますが、それに対して山辺は下のように答えます。

 

 

ainu_monogatari

 

 

南極探検に関しては、国家事業ではないとして参加取りやめを勧められますが、「昨日承諾し、今日違約したら『やっぱりアイヌだなぁ』とさげすまれる。それは我慢できない。」と参加しています。

 

この本は「終わりに臨んで」という章で締めくくられていますが、最後にその章をご紹介します。

 

20190206_asahi_e

 

 

この章の前は南極から戻る話なので、彼の半世紀としてはそこで終わりますが、金田一の前書きによると「アイヌを救うものは、決してなまやさしい慈善などではない。宗教でもない。善政でもない。ただ教育だ。」と言って、土人学校を設立します。

 

ところで、3月1日にアイヌ協会が日本外国特派員協会で会見し、「アイヌ新法」への不満を述べました。これは別途ご紹介しますが、(アイヌの権利を奪ったことへの) 「謝罪や、自決権が、今回の新法には何も謳われていない」というものです。

山辺の崇高な人柄を知った後でこのニュースを聞き、その落差に愕然とさせられました。

 

 

 

 

 


 

« 【また朝日か】アイヌ新法を報じる英文記事でまた反日記事 | トップページ | 【また朝日か】『五輪開会式でアイヌの踊りを』/日本外国特派員協会でのアイヌ関係者の会見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【また朝日か】アイヌ新法を報じる英文記事でまた反日記事 | トップページ | 【また朝日か】『五輪開会式でアイヌの踊りを』/日本外国特派員協会でのアイヌ関係者の会見 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ