最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【アイヌ新法】アイヌの血を引かない者も含まれるアイヌ人口調査!? | トップページ | 【アイヌ問題】旧土人保護法とは? »

2019/02/13

【アイヌ新法】アイヌ協会の言う「差別」の保障を国に求めるのは筋違い

アイヌ新法のそもそもの問題は「アイヌ」の定義がはっきりしないことです。

現状は、

 

旧土人保護法廃止により、 和人・アイヌの別なく、日本人です。 戸籍に明記されていないと云う事。 現在、協会員のみが、「法的にはアイヌ」。

http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1623.html

 

上は、アイヌの血を引くふわふわ様のブログから。(大変興味深い記事がたくさんあります。)

 

こうして、民族の体をなしていない団体を「民族」とよび、更には「日本の先住民族」と呼ぶのは言語道断です。

 

 

 

 

確かに、「アイヌ」と総称された、一般の日本人(「和人」)とは異なった風習・文化を持った方々が明治期くらいまで主に北海道にいたのですが、呼ぶとしたら、「先住民」ではなく、せいぜい北海道の「原住民」です。

 

 

国が推進しようとしているアイヌ新法では、アイヌを(日本の)「先住民族」と認めようとしています。

これが成立してしまえば、日本全国に散らばっている(自称かもしれない)「アイヌ」がその土地で「先住民」として特権的な立場になるのです。

 

* * * *

 

原住民を別の言葉で言うと「土着民」、平たい言葉で言うと「土人」です。

単なる、明治維新後のニュー・カマーの存在で相対的に発生した括りなのです。→【2019/02/21追記】本日の虎ノ門ニュースに出演された小野寺まさる氏の説明で知ったのですが、「旧土人」とは別に「新土人」という言葉があり、これは開拓民のことを指したそうです。つまり、アイヌが呼ぶシャモ(和人)です。つまり、「土人」は「(既に定着していた)定住者」程度の意味なのです。

 

従って、前回ご紹介した鈴木宗男議員のインタビュー動画の中で「旧土人保護法が名前からして差別的だ」というのも嘘です。

下は第5回帝国議会の議事録で、この時には法案は成立しなかったのですが、個々の言葉が現代の感覚で差別的だとしても、アイヌの保護を訴えているというのが分かると思います。

 

Copy_int_cerd_ngo_jpn_31750_e02007

 

 

また、鈴木氏は差別の例として和人がアイヌから鮭を買うときに、落語の「とき蕎麦」のようなやり方で数をごまかしたというエピソードを紹介しますが、それは個人間の取引における詐欺的行為であり、日本政府(明治政府)が法的に差別したことの証拠ではありません。

参政権や被選挙権だって、教育を受ける権利もアイヌは始めから有していたはずです。

 

民間の「差別」、これは道徳的な問題(現代的な言い方をすれば人権問題)であり、これは国の問題と分けて考える必要があります。

学校で虐められたとか、結婚の時に差別された、あるいは就職の時に差別された、等というのはあくまでも個人間や地域社会での話。

 

ここに北海道大学が2012年の聞き取り調査をまとめたものがあります。これを読んでみれば、彼等の受けた「差別」がそういったレベルのものであることが分かります。また、中には、アイヌ者会の中で(アイヌ系の)血の濃い薄いによる(これは双方向の差別あり)や協会の一部だけがいい思いをしているという不満も。

魚臭いとか貧乏だとかという理由で虐められたというのは、アイヌ社会での話なのですが、アイヌと関係ない話で、閉鎖的なコミュニティでは往々にあることです。

 

https://www.cais.hokudai.ac.jp/result/

一例

 

アイヌ協会の言う「我々は差別されたのだから国はその補償をしろ」という論理は筋違いなのです。

 

 

 

 

 


 

« 【アイヌ新法】アイヌの血を引かない者も含まれるアイヌ人口調査!? | トップページ | 【アイヌ問題】旧土人保護法とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【アイヌ新法】アイヌの血を引かない者も含まれるアイヌ人口調査!? | トップページ | 【アイヌ問題】旧土人保護法とは? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ