お詫び

このサイトに関して




  • 2019/02/28
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。


当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« トランプ大統領に向けられる「ハリウッドの怨念」 | トップページ | 【改正アイヌ新法】自民党、法案了承/日本維新の会・丸山ほだか議員が問題点を質疑 »

2019/02/05

【北海道】「開拓」の歴史が「侵略」の歴史に書き換えられつつある

少し古い記事ですが、2015年にこのようなことがありました。

 

https://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/11/09/0008551134.shtml
デイリースポーツ: ハム、アイヌ協会に謝罪しバナー撤去
2015.11.09

 日本ハムは9日、北海道・新千歳空港内に掲出していた「北海道は、開拓者の大地だ。」の文言を表記していたバナー広告を、撤去すると発表した。

 公益社団法人北海道アイヌ協会より先住民族の権利を害し、不適切な表現と指摘を受けたため。今後はデザインを変えて再掲出する予定。

 6月から縦5・5メートル、横2メートルの大谷、中田らがデザインされた同広告を空港内に設置していた。球団は「今後も歴史認識を深め、敬意をもって発展的な関係構築に努めてまいる所存です。アイヌ民族の皆様に対して配慮に欠けたことはお詫びすべきとの理由から、可及的速やかに取り下げる判断に至りました」と、謝罪した。

 

【キャプチャ】

Womens_march

 

 

 

 

以前のエントリーで今年のセンター試験の問題を提示しましたが、なにやら、「北海道は長らくどこの国も属さずに、アイヌなどの人々が独自の文化を築いてきた」土地で、「北海道やその周辺地域に日本やロシアが進出し、領土に組み込んで」いったということになっているようです。

「長らく」とか「など」、「その周辺地域」とか、ぼかして断定しないような書き方もいやらしいのですが、「北海道はアイヌなどの先住民族の土地で、日本(和人)に奪われた」というストーリーです。

 

また、ブログ主は存在すら知らなかったのですが、札幌市厚別区に「百年記念塔」という北海道開拓使設置100年を記念した塔があり、この建設費の一部は道民の浄財で賄われたそうですが、老朽化のため取り壊されることが決定した、というニュースが最近話題になりました。

敢えて以下に、イデオロギー臭の強い北海道新聞の記事を引用します。

 

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/273216
北海道新聞: 百年記念塔解体 節目を考え直す契機に
02/04 05:00

 道が道立野幌森林公園(札幌市厚別区)にある北海道百年記念塔を解体する方針を正式に決めた。

 老朽化が進んで安全面に問題があるのに加え、維持改修に約30億円かかると試算されている。

 地元住民を中心に存続を求める動きもあるが、厳しい道財政を考えれば解体はやむを得まい。

 解体後の跡地には、新しいモニュメントを整備する方向だ。そこに、どんな願いを込めるのか。

 記念塔は、1869年(明治2年)に北海道開拓使が置かれてから100年に当たって造られ、アイヌ民族にとっては開拓の裏側で強いられた同化政策や差別の象徴だとの批判がある

 このことを忘れてはならない。

 記念塔の解体を機に、北海道の歴史を、和人の開拓史に限定することなく、先住民族を含めた先人の思いを引き継ぐ営みとして捉え直すべきだ

 鉄骨造りの高さ100メートルの記念塔は1968年、北海道100年記念事業として着工。総工費5億円をかけて70年に完成した。

 展望台から石狩平野が一望できたが、腐食した金属片が落下するなど危険な状態になり、2014年から展望台の内部と周辺への立ち入りが禁止されている。

 道が昨年末、塔を含む百年記念施設の今後のあり方を示す構想をまとめ、塔については「老朽化の進展を完全に防ぐことは困難」と結論づけた。

 道民からの意見聴取でも解体論が多く、道の判断はこうした声を踏まえたものだろう。

 記念塔の建設当時は「開基」や「開道」といった言葉が使われ、和人の入植で土地を奪われたアイヌ民族への配慮に欠けているとの批判が根強くあった。

 それだけに、新しいモニュメントには、和人とアイヌ民族との歴史観の相違などを乗り越えるような理念が求められる。

 かつて塔の撤去を望んだというアイヌ民族の中にも「塔があった場所を民族共生のシンボルに」との意見がある。

 道などは昨年、「北海道150年事業」を展開した。幕末の探検家松浦武四郎が名付け親となり、明治政府が北海道と命名したことを起点とした。

 節目の定義を改めても、「開基意識」を払拭(ふっしょく)できていないとの指摘が依然としてある。

 北海道の今が多様な歴史と文化が折り重なって成り立っていることを再認識し、次世代につないでいかなければならない。

 

タイトルに『「開拓」の歴史が「侵略」の歴史に書き換えられつつある』と書きましたが、既に、「開拓」は「侵略」と置き換えられているようです。

 

 

アイヌ政策拡大に対する反対署名

 

20180720_hokkaido06

 

菅義偉官房長官を座長とするアイヌ政策推進会議は、現在は北海道内で行われている「アイヌ利権」を全国展開しようとしています。

 

当ブログではこの法案に反対する署名に協力しています。

 

署名を呼びかける『日本国民の声・北海道』のサイトはこちら

 

上記サイトの署名ページはこちら。(印刷して使える署名用紙もあり)

 

 

 

 

 

 


 

« トランプ大統領に向けられる「ハリウッドの怨念」 | トップページ | 【改正アイヌ新法】自民党、法案了承/日本維新の会・丸山ほだか議員が問題点を質疑 »

コメント

【ブログ主】
かずぅ様
わざわざコメントをありがとうございました。
このブログを立ち上げたきっかけが同窓会(と言う名前の飲み会)の連絡用だっただけで、完全な個人ブログです。
自分が興味あって調べたことの覚え書きのようなものですが、目下の関心事の一つが北海道の問題なので、政府の動きなど、今後も記録していきます。

道民ですが、アイヌ問題についていろいろ調べているうちにこちらにたどり着きました。
このブログの情報量はすごいですね。大変なものです。
一方で同窓会ブログという建前になってるのが不思議な感じもw
一体ブログ主さんは何者なのかという素朴な疑問も湧いてくるわけですが、
今後ものぞかせていただきます。

私が関心を持つきっかけは小野寺まさるさんの講演でしたが、
一連の危険な兆候に目が離せません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ大統領に向けられる「ハリウッドの怨念」 | トップページ | 【改正アイヌ新法】自民党、法案了承/日本維新の会・丸山ほだか議員が問題点を質疑 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ