最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« アイヌ新法、センター試験、北朝鮮、カジノ利権 | トップページ | 【沖縄】左翼の本音「県民投票は選挙の原動力のため」 »

2019/01/24

【産経】韓国はなぜ約束守れない/「春秋の筆法」とは

数日前(1月17日付)の産経に興味深い考察が掲載されており、少し遅れてweb上にも掲載されたのでご紹介します。(署名以下の文章がweb版では追記されています。)

 

【朝鮮半島を読む】韓国はなぜ約束守れない 「遡及法」がまかり通る国
2019.1.20 01:00|

 

ここに書かれていることを簡単に要約すると、

 

  • 韓国では政権が代わると「歴史の立て直し」(ヨクサ パロ セウギ)が行われるが、彼等の歴史観は「どれが悪くて、どれが善かった」という善悪の価値をつけて語られる。
     
  • 韓国人は「約束を守る」ことよりも「それが正しい(オルバルダ)かどうか」が優先される。

 

ということで、この2つの日本人には理解しがたい価値観により、法律も遡及される、ということが解説されています。

 

 

 

実際に、これにより、過去、2人の大統領が新たに制定された法律で投獄されています。(以下、記事より引用)

 

韓国では実際、新たに制定された法律により、2人の大統領経験者が過去の事件で投獄されている。80年5月に韓国南西部の光州で、軍が民主化を求める学生らを武力鎮圧した責任者を処罰するため、95年に「5・18民主化運動などに関する特例法」が制定された。同法により、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)両元大統領が逮捕された。これも当時の金泳三(キム・ヨンサム)政権下で行われた「歴史の立て直し」の一環だ。

 

それにしても、この文を読んで韓国独特の考え方を知っても、我々日本人は、「どうやって付き合えばいいのよ 」と途方に暮れるだけですが...

 

* * * *

 

ところで、このエントリーの本題はこちらなのですが、この記事の冒頭に出てくる『春秋の筆法』なる言葉。

ブログ主は浅学のため、よく分からなかったので、少し調べてみました。

 

まず、記事の冒頭部分を引用します。

 

 小倉紀蔵(おぐら・きぞう)京都大教授によれば、日本と韓国とでは歴史観がだいぶ違うという。小倉氏は「なぜ日本人は過去の糾弾をしないのかということを韓国人はよくいう。過去の糾弾というのは、儒教的な意味でいえば毀誉褒貶(きよほうへん)の『春秋の筆法』によって、どれが悪くて、どれが善かったという、必ず善悪の価値を付けて歴史を描くことをいう。そういう歴史観こそが文明だと思っている」(「心で知る、韓国」)と指摘する。

 

毀誉褒貶の毀誉はけなすことと褒めること、褒貶は褒めることとけなすこと、様々な世間の評判という意味で「賛否両論」のような意味です。

辞書に載っていた例は、「彼の企画力は素晴らしいが、マスコミへのなりふり構わぬ名前の売り込みが不評で、毀誉褒貶まちまちだ。」というもの。

 

次に広辞苑(日本語変換ソフトに付属しているもの)の春秋の筆法の説明。

 

しゅんじゅう‐の‐ひっぽう【春秋の筆法】 ‥ジウ‥パフ
「春秋」のように批判の態度が中正できびしいこと。また、間接の原因を直接の原因であるようにいう論法

広辞苑 第六版 (C)2008  株式会社岩波書店

 

やや説明が簡単すぎるのですが、2つの意味があることがわかります。

ここ(この記事)では前者の意味ですが、韓国では歴史を論じるに当たっては、善悪で厳しく糾弾するが、それが中正(公平中立)ではないので筆者の水沼啓子編集委員は「韓国版『春秋の筆法』」と書いているのでしょう。

もう少し、この言葉について、別の辞書(電子辞書の四字熟語辞典)で『春秋筆法』調べて見ると、「春秋」(儒教の五経=5つの経典、易・書・詩・礼(らい)・春秋=の一つ)は書き方が厳正であったことから、このような喩えになったという説明がありました。

 

分かりにくいのは、後者の「間接の原因を直接の原因であるようにいう論法」。

これは、四字熟語辞典には詳しい説明がなく、ネットの『コトバンク』によると、〔「春秋」が些事をとりあげて、大局への関係を説く論法であることから〕 間接的な原因を直接的な原因として表現する論法、とのことです。

春秋の筆法をもってすれば」の形で使うようで、四字熟語辞典にはこのような例が出ていました。

 

新党首のA氏は、前回の選挙では私と入れ替わりで当選した。春秋の筆法をもってすれば、私が彼を党首にしたようなものだ。

 

この例で理解はできましたが、これだと、「自分が落選して(あるいは、自分は立候補を取りやめたから?)、彼は当選し、党首にもなれたんだ」という自虐ネタみたいなものなので、冗談にしかなりません。

おそらく、「春秋の筆法」の使いどころは、自分の功績などたいして無いくせに、さも自分のお陰だと言わんばかりの発言に、「お前、そういうのを『春秋の筆法』って言うんだよ!」と突っこむときでしょうね。

 

良い例が即座に見つかりませんが、立憲民主党の長妻議員とか、しょっちゅう、春秋の筆法を使っているような気がします。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

« アイヌ新法、センター試験、北朝鮮、カジノ利権 | トップページ | 【沖縄】左翼の本音「県民投票は選挙の原動力のため」 »

コメント

名無し様

コメント、ありがとうございました。
このエントリーは産経の記事を読んで覚え書きとメモしていたものですが、地上波以外(BSフジ・プライムニュースとかネット番組とか)では、韓国人が物事、例えば歴史を「正・悪」で判断するということはよく聞きます。
そして、”徴用工”裁判でもこの論理がまかり通っています。

■【徴用工問題とはなにか?】1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みと言えるほど単純ではない
http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/1965-830a.html

2012年の最高裁の判断は、「韓国憲法の規定に照らすと、日帝占領期の韓半島支配は規範的観点から不法な独占に過ぎない。日本判決をそのまま承認するのは、韓国の善良な風俗その他の社会秩序に違反する。従って、我が国で日本の判決を承認し、その効力を認定できない。」というものでした。

「価値観が変わったのだから、過去に合法だったことも不法だ」という、見事な訴求法で、およそ常識とは外れています。

日本人(だけではないと思いますが)には理解できなくとも、そういうのが韓国人の発想法なんだと知らないとならないですね。尤も、それを知ったら「永久に分かり合えない」という結論しか出ないかもしれませんが...
 

大変勉強になりました。理科系出身であり、歴史や古典を掘り下げて勉強せず、「春秋の筆法」や「毀誉褒貶」や「儒教の本質」を、知りませんでした。
 文政権や前歴代韓国大統領に対する仕打ち、北朝鮮の粛清など、朝鮮民族の特性を、本ブログで理解することが出来ました。
 半導体関連の仕事で、35年位前に韓国に行った時、上司から「豊臣秀吉の話はするな」と言われました。現地韓国法人の人とある程度仲良くなると、秀吉の話となり、理科系なので秀吉を知らないと返答すると、大学出ても知らないとかと言われました。
 今回の日韓対立でも、一部マスコミのように単純に「泥仕合辞めよう」でなく、両国の歴史や文化背景を分析して(単純に日韓併合だけでなく)、文化相違の対立を解説して欲しいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイヌ新法、センター試験、北朝鮮、カジノ利権 | トップページ | 【沖縄】左翼の本音「県民投票は選挙の原動力のため」 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ