このサイトに関して




  • 2018/12/11
    ブログを更新しました。
    2018/04/26
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。


当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。(加計学園問題関連の画像はご自由にお使い下さい。)

    コメントにURLを貼る場合は、「http://」、「https://」を除いて貼り付けて下さい。(NGワードに指定しています。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー
















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会

管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【沖縄】シナとの冊封体制と渡来人「久米三十六姓」 | トップページ | 【徴用工・慰安婦】英字紙ジャパンタイムズが英語表記の「強制性」を除いた表現に変更 »

2018/11/30

【北海道】IR利権がアイヌの手に?-アメリカ先住民族カジノとの連携-

Twitterで見かけた気になる報道をブログ主の覚え書きとしてメモしておきます。

まずはそのtweetです。

 

 

 

 

 

話題となっている北海道新聞の報道。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00010001-doshin-hok

苫小牧市IR誘致 海外の運営企業、アイヌ民族との協業構想も
11/27(火) 13:58配信

ハードロックなど6社がPRに熱

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致している苫小牧市で、海外IR運営企業の売り込みが活発になってきた。開発構想を公表した6社の中には「アイヌ民族との協働」を掲げる社もあり、PRは熱を帯びる。一方、苫小牧市は市民に対し、海外企業の計画内容の詳細を説明していない。市民理解が進まず、知事の誘致判断の時期も見通せないにもかかわらず、先行する海外企業の動きが際立っている。

米の先住民族がシャクシャイン法要祭に

 9月下旬の日高管内新ひだか町。アイヌ民族の英雄、シャクシャイン法要祭の会場に米フロリダ州の先住民セミノール族が初めて参加し、アイヌ民族の団体幹部に文化や歴史について質問をした。懇談はわずか10分。アイヌ民族関係者は「単なる文化交流」と思っていた。

 だが、3週間後の10月15日、苫小牧市で開かれた海外IR企業の構想発表で、米娯楽企業の日本法人ハードロック・ジャパン社の担当者は「弊社の親会社に関係するセミノール族の首長が先月、アイヌ民族の方と文化交流し仲良くなった」と地元企業関係者ら約150人を前にアピールした。

 米娯楽企業大手ハードロック・インターナショナルの親会社は、セミノール族がルーツのリゾート運営会社「ザ・セミノール・トライブ・オブ・フロリダ」。この日の構想発表に参加した米4社のうち、ハードロック社を含む3社はいずれも先住民が経営に携わる「インディアンカジノ」だ。
「インディアンカジノ」、全米で500カ所

 国内外のIR事情に詳しい大阪商業大の美原融教授は「米国では先住民が自治区を持つ居留地で、賭博行為を合法化し先住民がカジノを運営する事例が多い」と話す。インディアンカジノは全米で大小合わせ500カ所あり、一般的な商業カジノとほぼ同数に上る。

 構想発表は8月も開かれ、10月と合わせ6社が参加した。このうちインディアンカジノ系の3社はいずれもアイヌ民族との協働を口にした。出席した地元企業関係者は「IRとは関係ないアイヌ民族を持ち出すとは。売り込みに貪欲だ」と驚いた。

 各社は苫小牧での事務所開設も進める。カナダのIR投資会社クレアベスト社が今年1月に事務所を開設。ハードロック社は来年1月の開設を目指す。他2社も事務所を設ける予定だ。

ギャンブル依存症対策は? IRへの疑問が相次ぐ

 一方、市民の多くはIRへの関心が薄く、慎重な意見も根強い。

 「IRはカジノさえなければ誘致してもよい」「苫小牧の街中に人が来てくれるのか」「ギャンブル依存症対策はどうなっている」。誘致を目指す苫小牧市が市民の理解を得るため、10月下旬に開いた市民説明会では、IRへの疑問が相次いだ。

 市は説明会を市内17カ所で順次開き、6月に公表した「苫小牧国際リゾート構想」を提示した。新千歳空港に近い植苗地区を候補地とする構想は、苫小牧にふさわしい整備内容をまとめ、IR企業に実現を求めるのが狙い。ただ、市国際リゾート戦略室は「まずはIRそのものを理解してもらうのが説明会の目的」と言い、IR企業の動向や事業計画には積極的に触れていない。

 過熱気味の海外企業の動向が市民に十分伝わらない現状に、「カジノ(賭博場)誘致に反対する苫小牧市民の会」の篠原昌彦共同代表は「利益の多くが海外企業に持っていかれ、苫小牧経済には残らないのではないか。市は海外企業の動きをすべて市民に説明する責任がある」と指摘した。(山田一輝、田鍋里奈)

 

アメリカのカジノがアメリカ先住民の利権になっているとは知りませんでしたが、それ自体はどうでもいいことです。

問題は、『先住民』ネットワークを駆使して国内に新たな利権が生み出されようとしていること。

 

北海道のIRの件がどうなるかは分かりませんが、「アイヌとは」という定義も曖昧なままに「先住民族」と認めてしまった政府、道内だけの利権を日本全国に展開しようという動き(アイヌ新法)等々、菅義偉官房長官肝いりの「アイヌ政策推進会議」の議事録を読めば読むほど、アイヌ問題はもう手遅れなのではないかと危惧されます。

 

 

 

 


 

« 【沖縄】シナとの冊封体制と渡来人「久米三十六姓」 | トップページ | 【徴用工・慰安婦】英字紙ジャパンタイムズが英語表記の「強制性」を除いた表現に変更 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【沖縄】シナとの冊封体制と渡来人「久米三十六姓」 | トップページ | 【徴用工・慰安婦】英字紙ジャパンタイムズが英語表記の「強制性」を除いた表現に変更 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ