最新情報

  • 2020/09/16
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。

    コメントは承認無しで掲載されますが、ココログの仕様で投稿されたコメントが画面に反映されるのにはしばらく時間が掛かります。ご了承下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_wuhanvirus2

    banner_kunimori01


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【エネルギー】再生可能エネルギーの課題 (1)発電調整/太陽光発電の出力制限 | トップページ | 「築地場内で営業続ける」人達とは? »

2018/10/14

「日本の借金1000兆円」の大嘘

よく、マスコミは「国の借金1000兆円」などと煽り、財政健全化のためには消費税増税やむなし、といった論調の記事を書きますが、これが正しくないというロイターのコラムがあったので、ブログ主の覚え書きとしてメモしておきます。国外の記事としては初めて見ました。

 

経済評論家の中には「借金○○兆円だから日本は破綻するというのは嘘」という正しい見方を主張する人は決して少なくないのですが、テレビ(新聞も)、こうした声は全く無視して、財務省の言うことをそのまま垂れ流しています。(唯一、産経の田村秀男氏くらいか。)

そもそも、「借金」などという表現が間違いで、正しくは簿記の「貸借対照表」(B/L:balance sheet)で言う「負債の部」の話。商業高校の生徒でさえ理解できる話ですが、「借金」などというネガティブな言葉を使い、ミスリードさせているのです。(ブログ主は、新卒の内定期間中に簿記二級をとったレベル ですが、それでも理解できます。)

 

 

 

 

下のコラムは日本語訳されたもので、日本人向けにタイトルを意訳していますが、オリジナルは「IMF rightly focuses on left side of public ledger」(直訳:IMFは公的帳簿の左側に焦点を合わせる)というもので、貸借対照表の左側、即ち「資産の部」を注視すべきと言っています。

今後、「日本の借金が~」、「プライマリーバランスが~」と言うマスコミ、評論家はもれなく財務省の回し者と思って間違いありません。(巷間言われていることですが、財務省は安倍政権に増税をさせてから退陣させようと目論んでいるのです。これも「安倍降ろし」の一環。)

 

https://jp.reuters.com/article/imf-g20-breakingviews-idJPKCN1ML0NF

コラム:日本の純資産はプラマイゼロ、IMFの新国富論
ロイター 2018年10月13日 / 20:05

[ロンドン 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 企業を分析する際に、負債だけをみる人は真剣な投資家とは言えないだろう。しかし、こと国の分析となると、その国の富よりも債務にばかり着目するファンドマネジャーは多い。

国際通貨基金(IMF)は、国家財務の資産側にもスポットライトを当てることで、バランスを取り戻そうと努めている。

IMFが10日公表した世界経済生産の61%を占める31カ国の財政モニター報告書には、驚くべき指摘が並んでいる。公的部門の正味資産の合計額は101兆ドル(約1京1000兆円)に上り、合計国内総生産(GDP)の219%に相当する。一方、公的債務の合計は同94%であり、資産はその倍以上あるということになる。

巨額の借金を抱える日本の場合、負債額はGDPの283%に相当するが、その半分以上を日本銀行を含めた政府機関が抱えている。他の資産も考慮に入れて試算すると、日本の「純資産」はほぼプラスマイナスゼロになると、IMFは指摘している。

一方で、財政黒字を誇るドイツの場合、純資産はマイナスだ。

こうした分析は、完璧にはほど遠い。根拠となっているデータは統一性に欠ける。そして、資産と負債の全体像を把握しようとする中で、公的年金制度の将来的なコストや、地下に眠る自然資源の価値などについては、大胆な推計を用いることになる。また、国有企業や資産は簡単には売却できない。

だがそれでも、国の富をより明確に把握することは、いくつかのポジティブな効果をもたらす。1つには、純資産を増大させる公共投資と、借金で財源を作った補助金の区別が明確になる。また、よりよく資産を管理するよう国に圧力が加わる。

IMFがモニターした31カ国の資産利益率は、2010─16年において平均1.9%だった。これに加えて、GDPの3%程度の利益を搾り出すことができれば、先進国が徴収する法人税と同程度の歳入を手にすることになる。

こうした説明責任に対する政治的な消極姿勢が、公共資産に関する公式データの不備を招いているのだろう。

たがその中でも、一部の国は自ら範を示しつつある。ニュージーランドは、6月までの1年間で純資産が1300億ニュージーランドドル(約9兆4000億円)に達し、GDP比で45%と前年の40%から増加したと発表した。

IMFに背中を押され、他の国も、近くバランスシートの資産側について、より詳細な情報を投資家に提供し始めるのではないだろうか。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

 

これを説明しているのが、一つは高橋洋一氏のコラムです。たまたま、このロイターの記事は高橋氏のツイートで知ったので敬意を表してご紹介しますが、探せばもう少し分かりやすい(簡単に書かれた)記事があるかも知れません。

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/47156
「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか…
2015/12/28 高橋洋一

 

以下はブログ主の覚え書きとして、英文のロイターの記事。日本語の記事はこれを訳したもの。

 

https://www.reuters.com/article/us-imf-g20-breakingviews/breakingviews-imf-rightly-focuses-on-left-side-of-public-ledger-idUSKCN1MK10Y
October 10, 2018 / 6:32 PM
Breakingviews - IMF rightly focuses on left side of public ledger
Peter Thal Larsen

LONDON (Reuters Breakingviews) - No serious investor would analyse a company by looking only at its liabilities. When it comes to countries, however, money managers tend to pay far more attention to government debt than national wealth. The International Monetary Fund is trying to restore some balance by shining a spotlight on the asset side of the public ledger.

An analysis of 31 countries, published in the IMF’s latest Fiscal Monitor on Wednesday, throws up some startling findings. The combined public assets of these countries are $101 trillion, or 219 percent of total gross domestic product. That’s more than twice the 94 percent of GDP that they owe.

Indebted Japan has gross borrowings equivalent to 283 percent of GDP. But more than half of this is held by the public sector, including the central bank. Throw in other assets, and the country’s net worth is close to zero, the IMF reckons. Fiscally responsible Germany, meanwhile, has a negative net worth.

This analysis is far from perfect. The underlying data is patchy. Meanwhile, a snapshot of assets and liabilities involves making some big assumptions about, say, the future cost of public pensions, or the value of natural resources that are still underground. Besides, state-owned companies or property cannot be easily sold.

Even so, a clearer accounting of national wealth would have several positive effects. For one, it helps distinguish between public investment – which should boost net worth – and debt-funded handouts. It also puts pressure on governments to manage their assets better. The IMF reckons the 31 countries in its study managed an average annual return on assets of just 1.9 percent between 2010 and 2016. Squeezing out the equivalent of another 3 percent of GDP would bring in as much revenue in a year as all developed economies currently collect in corporate tax.


Political reluctance to face such accountability helps explain why official data on public assets is so poor. Some countries are, however, showing the way. New Zealand says its net worth in the year to June rose to NZ$ 130 billion ($83 billion), or almost 45 percent of GDP, from 40 percent a year earlier. With a push from the IMF, other nations may soon also be offering investors a better picture of the left side of the balance sheet.

 

 

 

 

 


 

« 【エネルギー】再生可能エネルギーの課題 (1)発電調整/太陽光発電の出力制限 | トップページ | 「築地場内で営業続ける」人達とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【エネルギー】再生可能エネルギーの課題 (1)発電調整/太陽光発電の出力制限 | トップページ | 「築地場内で営業続ける」人達とは? »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

カテゴリー

無料ブログはココログ