最新情報

  • 2019/10/15
    ブログを更新しました。
    2018/04/30
    冷やし中華...じゃなかった、Twitterはじめました。

このサイトに関して



当サイトご利用上の注意

  • 記事へのリンクはご自由になさって結構です。
    但し、画像等、記事内のコンテンツの無断転載、画像への直接リンクによるまとめサイト等他サイトへの転載は固くお断りします。

    2019/04/14現在、コメント欄の認証方法やNGワード設定等、時々変更しています。メールアドレスの入力が求められる場合、とりあえずメールアドレスの形をしていれば(@の前は適当でも)OKです。

    上記に関し、詳しくは下記バナーから「当サイトについて」をお読み下さい。



    このブログの趣旨など。コメント欄はゲストブックとしてご利用下さい。


    記事についてご不明な点などはメールでは回答しかねますので、各記事のコメント欄にお願いします。




特設コーナー

  • Banner_kanan_fund


















外部サイト(その他)

  • 台湾の名前で東京オリンピック参加を!署名活動


    憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会









管理人ポータル

大師小同窓会関連












  • 画像を提供、あるいはオリジナル写真を貸して下さる方は管理人までご連絡ください。


我が町!大師の情報

  • 大師の歴史・町名の由来

各種ノウハウ集



私家版スクラップブック

  • ブログ主の個人的スクラップブック集です。

    100円ショップの木箱やディスプレイケースなどを利用したドールハウスのまとめページです。

    メンテナンス中のため一時アクセスを制限しています。

友達の輪・お薦めSHOP

  • CHITIのボディデザイン
    魅せるボディデザイン/カラダ作りの本質とは!?
    川崎市在住のインストラクターが近隣のスポーツ施設や公園・ご自宅でのパーソナルトレーニング受け付けます。




    かわさき楽大師

    ファッション・雑貨の店 「+R」

    ヘアーサロンE'(イーダッシュ)


« 【書籍】「海の武士道」-英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」と工藤俊作艦長- | トップページ | 【書籍】『台湾人と日本精神』 (小学館文庫/蔡 焜燦)読了 »

2018/08/03

ラオスのダム決壊事故-デマを拡散して訂正しない虎ノ門ニュース

公開: 2018/08/03 10:57  最終更新: 2018/08/03 11:57  

7月23日にラオス(the Lao People's Democratic Republic/ラオス人民民主共和国)でダムの決壊による洪水が発生しました。

 

原因はまだ不明ですが、今週の火曜日(7月31日)の虎ノ門ニュースで百田尚樹氏が間違った説明をし、ブログ主は番組中にメールでそれを指摘しても、その後訂正はされなかったので、(Twitterでは既に書いていますが)ブログでも覚え書きとしてメモしておきます。

間違いというのは、単に複数あるダム(ここでは狭義の「堰」・「堤」の部分)の工法の「アースフィルダム」、「ロックフィルダム」について、前者を「韓国式」、後者を「日本式」ダムの作り方と紹介したことです。後述(【追記】)しますが、Twitterのデマを鵜呑みにしたものと思われます。

 

Dam01

 

 

 

 

ここでは「アースフィルダム」、「ロックフィルダム」と単純に書きましたが、内側の層の作り方は様々で、例えばECRD dam=Earth Core Rockfill Damなど、細かな分類がありますが、「アースフィルダム」も「ロックフィルダム」も一般的な工法に過ぎず、ここに韓国式も日本式もありません。(熊谷組の子ども向けに書かれたダムの種類の説明にも代表的な工法としてアースフィルダムは説明されています。)

「工法の選択が不味かった」、あるいは「施工が手抜きだった」という議論はあってもいいのですが、「韓国式」という説明は誤りです。

 

念のために書いておきますが、ブログ主は虎ノ門ニュースはほぼ毎日観ており、特に百田氏の回(火曜日)はニュース解説以外の蘊蓄が面白いので楽しみにして観ています。それ故に、誤りはその場で正して戴きたかったのです。別の番組ですが、DHCテレビジョンが製作している「ニュース女子」では訴訟を起こされており、こちらの件についてはブログ主は全面的にDHCを応援しますが、誤りをそのままにしておくことは、DHCの姿勢に対して悪印象を持たれる恐れがあります。

 

下に最近の記事を引用しましたが、建設はSK建設など韓国企業とタイ、ラオスの企業との合弁会社(Xe-Pian Xe-Namnoy Power Co., Ltd.
/略称:PNPC)で、韓国側はSK建設26%、韓国西電力(Korea Western Power Co., Ltd. /略称:KOWEPO)25%の出資比率です。

 

各種ドキュメント公開ページ: http://www.pnpclaos.com/index.php/en/environmental-social/control-documents

 

 

https://www.sankei.com/world/news/180801/wor1808010018-n1.html

2018.8.1 22:24更新
韓国SKなど建設のダム決壊 ラオス首相は建設会社の責任追及

 【シンガポール=吉村英輝、ソウル=名村隆寛】ラオス南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムで7月23日に起きた決壊をめぐる情報が錯綜(さくそう)している。当初は数百人以上が行方不明になったとされたが、発生から1週間以上たった1日になっても全容は不明なままだ。救援の見通しも立たない。

 ラオス首相府は先月25日現在の被害として、死者26人、行方不明者131人、避難者約6600人、被災家屋約1300戸と発表した。その後、地元当局などが死者数を11人と下方修正したが、その他の被害状況などは不明だ。

 ダムの建設は、SK建設など韓国企業とタイ、ラオスの企業との合弁会社が進めていた。ラオスのトンルン首相は「ダムが決壊した原因を徹底的に調査する」として、合弁会社側の責任を追及する姿勢をみせている。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「欠陥建築か、大雨にかかわらず水をためすぎた判断が原因だろう」との専門家の見方を伝えている。合弁会社側は「予想を上回る大雨が原因」と主張している。

(以下略)

 

位置関係を表す図(ブログ主が複数画像を合成し、適宜文字で補足したもの)は下図の通りで、図-①を見れば分かるように高原(テーブル状の台地)にダム湖は存在します。

Xe-Pian Xe-Namnoy Power Co., Ltdという企業名が示すように、2つのメインダムがあり、北西に位置するセピエン(Xe-Pien)ダム湖とセナムノイダム湖は水路(Transfer Conduct)で繋がっており(図-②)、発電施設のあるセナムノイダム湖へ水を供給する役目です。

セナムノイダム湖の発電施設は南東側にあり、そのための水は地中のパイプで供給されます(図-①、③)

 

Dam03

 

図-①にはサドルダム(saddle dam/鞍部ダム、補助ダム)が3つ示されていますが、セナムノイダム湖には全部で6つのサドルダムがあります。

サドルダムのサドル(saddle)とは稜線の低くなった部分=鞍部(登山用語ではコル、日本語では「乗っ越し」)で、ダム湖の水量を保つために塞ぐ堰(せき)。

今回決壊したサドルダムは図に示したサドルダム-Dです。(公式サイトで公開されている資料ではA~Fの番号が振られている。)

図-③で、この決壊によりどの範囲に洪水が起こったのか分かります。

 

今回決壊したサドルダム-Dは確かにアースフィルダムらしいのは公式の資料(PDF-下はその部分をキャプチャしたもの。)で、メインダムにはロックフィルダムを採用しています。

 

DjdtitlUcAEsfi1.jpg

 

下はメインダムの全景。いつの時点の画像化は分かりませんが、排水施設(洪水吐)から水が流れているということは、一度は満水にしたこともあるということを示します。

 

DjjeYCnUwAA6tyX.jpg

 

洪水吐のある部分は元の地形をそのまま利用しているように見えますが、その右側の「く」の字の部分を見ると、2つの堤が連続しています。

 

下はその2つの堤の構造を説明した図で、百田氏が日本式と説明した構造そのものです。(www.yooshin.co.kr/upload/20_14_0.pdfより)

 

Dam04  

 

ちなみに下の画像は決壊直前のサドルダムーD。 地震の直後の地面のように地中から崩れているらしいことは素人目にも分かります。表面のアスファルトの遮水が十分でなかったのかは分かりませんが、ダム湖側(左側)の水中部分が崩れて沈下しているようです。

 

Dam05s

 

好きな番組ですが、間違いを指摘しないとフェアではないので、ブログに簡単にまとめておきました。

 

【追記】: 下のツイートを百田氏がリツイートしていることからも分かるように、まことしやかな図で騙されたのだとは思いますが、どこからか持ってきた図に、ご丁寧に小さく「日本式」、「韓国式」(赤の下線部分)などと書き加えられています。

 

Dam02

 

Twitterをやっていると分かりますが、自分が「こうあって欲しい」情報を見つけると、そのソースも確認せずにリツイートする人が多すぎます。

 

 

 

 


 

« 【書籍】「海の武士道」-英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」と工藤俊作艦長- | トップページ | 【書籍】『台湾人と日本精神』 (小学館文庫/蔡 焜燦)読了 »

コメント

>名無し様

百田氏が発言していないことで反論されても困ります。
百田氏はロックフィルダムで造るべきなのにアースフィルダムを造った、などとは言っていません。単純にそれぞれを日本式ダム、韓国式ダムと呼び、韓国はこういうダム(ロックフィルダム)は造れないという趣旨の発言をしたのです。
現にメインダムはロックフィルダムですから、百田氏の発言は誤りです。

以上

韓国のはアースダムと書きましたが何故か、それはロックフィルダムより工賃が安いです
その上に手抜き工事でもっと工賃を浮かせています、これはアースフィルダムの工法を大きく逸脱して不安定にしているからです、その結果決壊して大惨事になりましたそれを韓国側
では自然災害だ挙句は日本に責任があると言いました、ですがこれはSK建設が設計図の通りに工事をせず手抜きをしたことに原因があります、これはもう韓国方式と呼ぶのが相応しいです、設計図に手抜きをしても大丈夫だとは書いてありませんし設計図とはかけ離れた
独自の工法だと言っても過言ではないと思います。

名無し様


>韓国はこの式、日本はこの式と読めますが?
そう画像に書いてあることが、この画像が捏造だということです。
アースフィルダムは日本でも使われる工法で、韓国式ということはありません。

なお、ダム崩壊の正式な報告書が出ましたが、原因は透水性のある土壌で、本来はその部分の土壌を改良すべきだったわけです。
結果として崩壊したサドルダムはロックフィル式で作り直しているようですが、アースフィル=「韓国式」とロックフィル=「日本式」は誤りで、百田氏は捏造した画像で騙されたということを書いています。

人間、誰でも間違いはあるので、間違えたことが悪いのではありません。誤りを訂正しないことが問題なのです。

韓国はこの式、日本はこの式と読めますが?
いずれにしろ日本より安い金額で請負ったがロックフィル式だと金がかかる
だからアースダム方式にしたと更に手抜きをした事実が調査で指摘されている
そして被害者に今年から23年までに1500万ドルを支援するという、どういうことだ
工期手抜きで早めてそれに対してボーナスを貰った、しかも天文学的な損害に
なるのに貰ったボーナスにも及ばない金額を提示する卑しい魂胆、これはもう
天文学的な金額の賠償を要求されたら会社を計画倒産させて胡散霧散にして
逃げ出す気満々じゃないか多分政府もSK建設に失態を押し付けて逃げるだろう
な。でも今韓国はそれどころじゃない後継政権がどう対処するかだな。

【ブログ主】
図は決壊したサドルダムDはなく、メインダムの構造図ですので、メインダムはロックフィルダムということです。
従って、「アースフィルダムは韓国式、ロックフィルダムは日本式」という番組での百田氏の説明は誤りです。
そしてそれはTwitterで流布されていた誤った図をそのまま説明したものでした。
なお、当方は番組途中に気付いたので、その旨を番組宛にメールしましたが、何ら訂正はなされませんでした。
人間ですから、間違えることは仕方がありませんが、間違いを指摘されたら素直に訂正すべきです。

ちなみに、最近事故調査の結果が出て、サドルダム(全部で5つ)はコンクリートで作り直すべしという意見が出されたそうです。
しかし、百田氏の発言の意味とこの意見の意味は異なります。
韓国SKは本来コンクリートで造るべきダムをアースフィルで造りましたが、それは「韓国式」だからではなく、地質調査などの基本的な部分で誤り、工法を間違えたのでした。

ラオスのダムで検索してたらたどり着きましたのでコメント
>下はその2つの堤の構造を説明した図で、百田氏が日本式と説明した構造そのものです
本来その図の構造じゃないとダメなはずなのに崩れてふたがあいてみれば、
実際は韓国式と揶揄されるインチキ構造になってたって話じゃないんですかね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】「海の武士道」-英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」と工藤俊作艦長- | トップページ | 【書籍】『台湾人と日本精神』 (小学館文庫/蔡 焜燦)読了 »

counter since 2018/12/25

  • Flag Counter

    FLAG Counterのロゴをクリックすると、更に詳しい分析結果が表示されます。
    ココログのアクセス解析よりは少ない数字になるようです。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sponsored link


ドールハウス工作おすすめ参考図書

ドールハウス工作おすすめアイテム(材料・工具)

カテゴリー

無料ブログはココログ